初心者にもわかる

損益の計算方法と1日の獲得目安

損益の計算方法と1日の獲得目安
つのだ

損益の計算方法と1日の獲得目安

損益計算書(Income Statement)

損益計算書は、貸借対照表(Balance Sheet)、キャッシュフロー計算書(Statement of Cash Flows)、株主資本等変動計算書(Statement of Share holders’ Equity)と並ぶ、財務諸表四本柱の一つです。

損益計算書の種類

区分損益計算書の読み方

区分損益計算書は一般的に次のような科目で構成されます。
・純売上:総売上(Gross Sales)から割引、返品を引いたものです。
・売上原価:売上に対する商材の原価です。製造業では人件費や材料費、販売業では仕入費用などが含まれます。
・売上総利益:純売上から売上原価を引いたもので、ここから各種費用が賄われます。Gross IncomeまたはGross Marginなどと記載されることもあります。
・販売費及び一般管理費:減価償却費を含む業務全般に関する費用が含まれます。
・営業利益:売上総利益からSG&Aを引いたもので、業務から得た利益を表します。さらに通常業務に関係ない収益や費用(利息収入/支払いや会社が保有する株式の配当金等)も計上します。
・税引前利益:課税前の利益です。この数値を基準に課税されます。Income before Taxと記載されることもあります。
・純利益:会社がどのくらい利益を上げているかの指標となる数字です。業績によってはマイナスになることもあります。毎年の当期純利益の合計から配当金などを引いたものが利益剰余金となり、会社の資本として認識されます。

損益計算書の分析

貸借対照表(Balance Sheet)

貸借対照表の構成

資産とは、企業が所有している物品や権利の総称です。代表例として現金、売掛金、在庫、土地、建物などが挙げられます。資産の中でも現金・売掛金・在庫は流動資産(Current Asset)、土地・建物などは固定資産(Fixed Asset)と分けて認識します。

負債とは、企業が負担しなければならない義務の総称です。負債は銀行や投資家から得た短期・長期の借入金や、取引先への買掛金、税金や給与の未払金も含みます。これらも資産と同じように短期借入金・買掛金・未払金は流動負債(Current Liability)、長期借入金は固定負債(Long-Term Liability)と分けて認識します。

流動比率(Current Ratio)

「流動比率=総流動資産額(Current Asset)÷ 総流動負債額(Current Liability)」で表され、企業が抱えている短期負債の返済能力を示します。この数値が1に近づくほど流動資産・負債の額が近しいことを示し、1を下回ると流動負債をすぐに支払える能力がないことになります。

当座比率(Quick Ratio)

負債資本比率(Debt-to-Equity Ratio)

キャッシュフロー計算書(Statement 損益の計算方法と1日の獲得目安 of Cash Flows)

こうしたことを防ぎ、企業の資金の流れを把握するためにまとめたものがキャッシュフロー計算書(Statementof Cash Flows)です。会社の状態を深く理解するためにも、貸借対照表(Balance Sheet)や損益計算書(Income Statement)と同じく重要な資料です。この計算書は次の3つのセクションから成り、これらの数値を合算すると資金の出入りが分かります。

営業キャッシュフロー(Cash Flow from Operations)

企業の純粋な営業活動によって発生した資金の流れです。営業CF(CashFlow)が持続的にプラスになっている企業は通常業務が順調で、今後の成長も期待できると考えられるでしょう。投資キャッシュフロー(Cash Flow from Investing)

ROE(自己資本利益率)の業種別適正水準と改善方法

roe

同業他社のROEを知りたいけど知る方法がないと諦めている方がおられるかもしれませんが、経済産業省が企業活動基本調査を実施しておりその調査結果を公表してくれています。
その中に業種別の当期純利益と純資産が開示されています。
自己資本と純資産は少し異なる部分がありますが多くの会社においては一致するため、この純資産と当期純利益を用いることによって業種別のROEの目安を簡便的に算定することができます。
この調査の対象は、従業者50人以上かつ資本金又は出資金3,000万円以上の会社となっています。

損益の計算方法と1日の獲得目安
業種ROE
鉱業、採石業、砂利採取業3.5%
電気・ガス業5.9%
331 電気業6.2%
341 ガス業4.8%
クレジットカード業、割賦金融業2.8%
物品賃貸業8.7%
702 産業用機械器具賃貸業(レンタルを含む)8.4%
703 事務用機械器具賃貸業(レンタルを含む)10.4%
704 自動車賃貸業(レンタルを除く)10.4%
705 スポーツ・娯楽用品賃貸業(レンタルを含む)1.0%
708 その他の物品賃貸業(レンタルを含む)6.8%
学術研究、専門・技術サービス業4.9%
710 学術・開発研究機関14.7%
726 デザイン業14.4%
728 エンジニアリング業-11.5%
730 広告業11.4%
743 機械設計業10.9%
744 商品・非破壊検査業10.1%
745 計量証明業11.0%
746 写真業4.損益の計算方法と1日の獲得目安 8%
その他の産業11.9%

(注)純資産と当期純利益を用いて簡便的に計算しています。
(注)小数第2位を四捨五入しています。
経済産業省「2019年企業活動基本調査確報-平成30年度実績-」から算定。

自己資本比率とは。業種別適正水準と改善方法

equity-ratio

他人資本(負債)は、流動項目と固定項目で返済の時期に違いはあれど必ず返済しなければならないものであり、それが借入金や社債であれば利息の支払も必要になります。
一方、自己資本は、返済する必要はありませんし配当金の支払を必ずしなければならないということでもありません。
もし業績や景気が悪くなったときでも、他人資本であれば返済や利息の支払いをする必要がありますが、自己資本であればそのような支出は絶対に必要という訳ではありません。

黒字倒産という言葉があります。
損益計算書では黒字なのですが、資金が足りずに倒産してしまうことです。
借入金があり返済に追われている場合、いくら黒字であってもそれ以上に返済する必要があればキャッシュの減少が続いていくので企業は財務的にしんどいのです。
キャッシュアウトが不要な自己資本が多く、キャッシュアウトが必要な他人資本が少なければ、企業がしんどくなった時でも生き残ることができます。
自己資本比率は、高ければ高いほど財務的には安全なのです。

一方で、自己資本比率が高い=企業価値が高い とはなりません。
他人資本(負債)を利用することにより利益を獲得することができれば、負債がてこ(レバレッジ)の働きをしROE(自己資本利益率)を増幅させることができます。
負債にはいわゆる財務レバレッジ効果があるのです。

自己資本比率が高ければ財務的には安全ですが企業価値は最大化できません。
自己資本比率が低ければ財務的には危険ですが企業価値を高められる可能性があります。
つまり、自己資本比率は高すぎても低すぎてもよくありません。

自己資本比率の業種別適正水準

一般的には、自己資本比率は50%が目安であると言われています。
果たして本当でしょうか。
もう少し詳しく見ていきましょう。

経済産業省が企業活動基本調査というものを毎年実施しており公表してくれています。
その中に業種別の自己資本比率が記載されており、平成30年(平成29年度実績)では全業種合計で自己資本比率は42.3%となっています(下図参照)。
自己資本比率は約40%が平均でありこれを目安にすることができます。
また、自己資本比率が50%以上であれば優良企業の目安にすることもできるでしょう。

業種別に見てみると業種によっても違いがあるようです。
自己資本比率が高い業種は、出版業(75.0%)・鉱業、採石業、砂利採取業(73.2%)・その他の製造業(68.9%)となっています。
また、自己資本比率が低い業種は、クレジットカード業、割賦金融業(10.8%)・物品賃貸業(13.9%)・電気業(20.1%)となっています。

損益の計算方法と1日の獲得目安 損益の計算方法と1日の獲得目安 損益の計算方法と1日の獲得目安 損益の計算方法と1日の獲得目安
業種自己資本比率
合計42.3%
鉱業、採石業、砂利採取業73.2%
製造業51%
食料品製造業48.2%
飲料・たばこ・飼料製造業48.3%
繊維工業48.4%
木材・木製品製造業(家具を除く)42.7%
家具・装備品製造業60.2%
パルプ・紙・紙加工品製造業39.6%
印刷・同関連業51.8%
化学工業56.損益の計算方法と1日の獲得目安 7%
石油製品・石炭製品製造業26.1%
プラスチック製品製造業50.6%
ゴム製品製造業56.6%
なめし革・同製品・毛皮製造業53.損益の計算方法と1日の獲得目安 2%
窯業・土石製品製造業53.8%
鉄鋼業44.2%
非鉄金属製造業41.1%
金属製品製造業52.4%
はん用機械器具製造業52.1%
生産用機械器具製造業56.2%
業務用機械器具製造業57%
電子部品・デバイス・電子回路製造業51%
電気機械器具製造業37.8%
情報通信機械器具製造業42.8%
輸送用機械器具製造業53.4%
その他の製造業68.9%
電気・ガス業23.1%
電気業20.1%
ガス業50.3%
情報通信業51.5%
ソフトウェア業46.7%
情報処理・提供サービス業47.6%
インターネット附随サービス業61.4%
映画・ビデオ制作業(※)65.2%
新聞業52.4%
出版業75%
卸売業37.9%
繊維品卸売業40.3%
衣服・身の回り品卸売業53.6%
農畜産物・水産物卸売業40.3%
食料・飲料卸売業33.7%
建築材料卸売業34.4%
化学製品卸売業36.8%
石油・鉱物卸売業30.8%
鉄鋼製品卸売業29.3%
非鉄金属卸売業26.7%
再生資源卸売業39.2%
産業機械器具卸売業46.6%
自動車卸売業40.5%
電気機械器具卸売業47.2%
その他の機械器具卸売業41%
家具・建具・じゅう器等卸売業51.1%
医薬品・化粧品等卸売業43.6%
紙、紙製品卸売業30.9%
その他の卸売業38.8%
小売業42.5%
織物・衣服・身の回り品小売業45.2%
飲食料品小売業44.7%
自動車・自転車小売業30.4%
機械器具小売業48.8%
家具・建具・じゅう器小売業46.7%
医薬品・化粧品小売業43.6%
燃料小売業38.6%
その他の小売業46.9%
無店舗小売業53.6%
クレジットカード業、割賦金融業10.8%
物品賃貸業13.9%
学術研究、専門・技術サービス業46.8%
飲食サービス業45.9%
生活関連サービス業、娯楽業38.5%
個人教授所34.7%
サービス業(*)50.1%

自己資本比率の改善方法

同業他社と比べて在庫が多いようであれば在庫を減らすことができないかを検討する必要があります。
その際には、棚卸資産回転期間の分析が有効です。
コラム「棚卸資産回転期間の業種別適正水準と改善方法」
また、同業他社と比べて売掛金や受取手形が多いようであれば売上債権を減らすことができないかの検討が必要でしょう。
その際には、売上債権回転期間の分析が有効です。
コラム「売上債権回転期間の業種別適正水準と改善方法」
その他にも、遊休資産を売却するなど様々な資産圧縮により獲得した資金で借入金を返済すれば総資産を減少させることができます。

equity-ratio-kaizen

自己資本比率とM&A

M&A(Mergers and Acquisitions)には多額の資金が必要になる場合があります。
よい案件であればあるほど買収価額も高くなります。
売手に支払う購入対価のみならず、M&Aの仲介会社に対する手数料や専門家へのデューデリジェンス費用も必要になります。
M&Aに必要な資金のすべてを自己資金で賄えればよいのですが、自己資金だけでは間に合わない事が多く、また事業の不確実性に備えるため、金融機関等から借入をするケースが多くなっています。
もし全額を借入金によりM&Aを行うと、自己資本比率が低下してしまいます。
計算式の分子の自己資本は変化しませんが、分母の総資産が増加するためです。

一般的に、M&Aを積極的に行っている企業は自己資本比率が低下することが多くなっています。
ただし、事業の選択と集中を行い、既存事業の縮小・売却を進めながら新規事業への進出を行うと、自己資本比率を悪化させることなくM&Aを行うことが可能です。
上場会社であれば増資という選択肢もあるため、自己資本によりM&Aを行うこともできます。
なお、近年では超低金利が長引いているため長期的な資金を社債で調達する企業が増えており増資が減っている傾向が見られます。

財務デューデリジェンス・税務デューデリジェンス

財務デューデリジェンス(財務DD)は財務諸表監査の知識と経験があり、財務的なリスクを見抜ける能力に長けている公認会計士に依頼する方が安心です。
税務デューデリジェンス(税務DD)は税の専門家である税理士に依頼するのがよいでしょう。
税理士法人MFMではM&Aのデューデリジェンスの経験が豊富な公認会計士・税理士の有資格者によるデューデリジェンスを行っています。
どれだけ小さい案件のM&Aであっても四大監査法人出身の公認会計士がデューデリジェンス業務を監督しているため、安心してお任せ頂けます。
簡易的な財務DDや税務DDを 20 万円~で実施しています。
サービス案内「簡易財務デューデリジェンス・簡易税務デューデリジェンス」

店舗の売上アップには売上分析が重要。仕組みや方法を徹底解説します。

店舗の売上アップには売上分析が重要。仕組みや方法を徹底解説します。

売上アップ

店舗・小売の売上とは?計算方法を紹介

売上の計算方法

売上の仕組み

【来店客数】
来店客数は、店舗にやってきたお客様の人数です。ここで注意しておきたいのは、「来店はしたものの、何も購入せずに帰る」方もいることから、来店者数が必ずしも購買客数と一致するとは限らない点にあります。

【購買率】
来店したお客様のうち、実際に商品を購入した方の割合を示すのが「購買率」です。購買率は以下の計算式で求めます。

【客単価】
客単価は、1回の買い物でお客様が支払う金額の平均です。客単価を出すときは、このような計算式を使います。

売上と利益を分解する!店舗分析には多角的な視点が不可欠

売上と利益の違い

【値入高】
商品の販売価格を決定することを値入といいます。そして商品の販売価格から、原価(商品やサービスを作るのにかかった費用)を引くと、値入高が求められます。言わば、値入高は商品やサービスを販売した際、期待できる利益です。

【値入率】
値入率は、商品の売価に対する利益の割合を表す指標です。値入率が高ければ高いほど、販売時の利益が多く出ることとなります。

値入率(%) =(想定売価 - 仕入原価)÷ 想定売価 × 100

【利掛率】
利掛率は、原価に対する値入高の割合を指します。

利掛率=値入高÷原価×100

【粗利益高】
粗利益(荒利益)とは、実際の売買利益高のことです。売上と売上原価との差額のため、売上から売上原価を引くことで求められます。また、「粗利」と略されることもあります。

粗利益高=売上-売上原価

【ロス率】
何らかの原因により、商品が提供できないと「ロス」が発生します。飲食店では材料の過剰な仕入れやメニューの作り直し、小売店では万引きや内部スタッフの横領によって発生することが多いようです。

売上に対するロスの割合は、以下の計算式で確認できます。
ロス率(%)=ロス÷売上(実績)×100

似ているようで全く違う!利益の種類

利益の種類

【売上高総利益】

売上-売上原価

【営業利益】

売上高総利益-販管費

【総利益】

営業利益+営業外収益

【純利益(経常利益)】

総利益-営業外費用

損益分岐点の計算方法とは

損益分岐点の計算方法

飲食店で必要な固定費

●F/Lコスト
飲食店経営において重要な費用と言えば、食材費(Food)と人件費(Labor)の合計となるF/Lコストです。F/Lコストを売上で割ったものをF/L比率と言います。F/L比率の目安は、50%と言われています。F/L比率が50%を上回るようだと利益率が低いことが考えられるので、人件費や食材費の改善をしましょう。

●賃料
一般的に、売上に対して家賃は7〜10%ほどが適していると言われています。店舗物件はエリアや面積、階数によって大きく異なるため、売上をもとに適した物件を探すことが重要です。

●水道光熱費
賃料と同じく、水道光熱費も一般的に売上の5〜10%ほどに保つことで無理なく利益を上げられると言われています。夏や冬など、空調を入れることも多い季節でもこの比率を意識しておきましょう。

飲食店の場合は回転率も重要!

回転率=1日の来客数÷客席数

売上=客単価×(座席×回転率)

店舗の売上をあげるための方法

店舗の売上をあげるための方法

来客数を上げるための施策

客単価を上げるための施策

販売・売上管理の業務を効率化するためには

ITツールによる業務効率化

販売管理システムやPOS導入のメリット

企業では、売上管理システムや在庫管理システムを導入している場合が多いですが、店舗では売上管理、在庫管理から売上分析まで一気通貫で行えるPOSシステムの普及が進んでいます。POSとは、販売時点情報管理(Point of Sale)の略称です。通常のレジスター型のPOSシステムのほか、ハンディターミナル型のPOSシステム、タブレットやスマートフォンなどにインストールして利用できるPOSシステムも存在します。POSシステム導入すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

1.手打ちのレジよりも会計処理がスムーズ
商品コードのスキャンにより処理が行われるため、手打ちのレジに比べ会計処理がスムーズです。混雑を解消できるため、お客様へのストレスもなくなります。また会計時のミスの低減にも繋がります。

2.販売情報の可視化 損益の計算方法と1日の獲得目安
会計を行うだけの一般的なレジとは異なり、POSシステムでは「いつ・どの商品を・どんなお客様に・いくつ販売したのか」といった情報がデータベースに蓄積されていきます。このデータをもとに、売れ筋の商品や客層、時間帯を分析し、マーケティングに活かすことができるのもPOSシステム導入のメリットです。

3.複数店舗の一元管理
売上データの一元管理が可能なため複数店舗の経営をしている場合は、本部が状況をリアルタイムに把握して、在庫管理の最適化を図ることができます。店舗ごとの比較も可能です。

4.業務効率化
売上の締め、日報、分析などさまざまな業務の効率化を期待できます。効率化して生まれた時間を、店舗レイアウトの変更やPOP制作など、他の業務に向けることで、良好なサイクルの店舗運営を可能にします。

FXの資金管理|計算方法と正しいリスクコントロールを徹底解説

つのだ(笑顔)

つのだ

資金管理とは?

FXの資金管理とは?

つのだ(考える)

つのだ

資金管理はトレード手法より大事って本当?

初心者が必ずやるべき資金管理方法

つのだ(笑顔)

つのだ

損失リスクは証拠金に対する割合(%)で決める

まず資金管理において最も大切なのは「 損失リスクを証拠金に対する割合(%)で決める 」ということです。

資金管理の比較その2

つのだ(笑顔)

つのだ

許容損失額から注文時の取引量を決めよう!

つのだ(笑顔)

つのだ

取引量(ロット数) 」を決めます。 証拠金10万円、損失リスク3%以内に抑える資金管理ルールの場合で考えてみます。 1回のトレードの許容損失額は3000円でトレードするにはどのようにトレードすればいいのでしょうか?詳しく解説していきたいと思います。 まず損切り幅、利確幅はともに30Pipsに設定し、次に損失許容額が3000円になるように次の計算式を用いて取引量を計算します。 具体的な方法として、下の3つの手順に沿って取引量を決めていきます。 [自由ボックス青 損益の計算方法と1日の獲得目安 title="3つの手順" heading content ] また、この資金管理を用いることで「 取引量はいくらがいいのかわからない 」「 とりあえず1万通貨でトレードしよう 」となんとなく売買している方もルールに基づいて取引量を調整できます。 [char no=40 char="つのだ(笑顔)"]このように損失リスク◯%でトレードするためには、損切り幅と取引量の調整してトレードするのです!次にトレードスタイルごとに資金管理方法を詳しく解説していきます![/char] --->

損切り幅に合わせて取引量(ロット数)を変える

①スキャルピングの場合

スキャルピングの損切りと資金管理方法

②スイングトレードの場合

スイングトレードの損切りと資金管理方法

つのだ(笑顔)

つのだ

損失リスクは3%以内

ここまで読んでいく中で「 損失リスクって何%にすればいいの? 」と感じる方もいると思います。

1回のリスクを1万円と決めた場合

資金管理の比較その2

つのだ(標準)

つのだ

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる