取引ガイド

ダブルトップとダブルボトムとは

ダブルトップとダブルボトムとは
図4

【FX】「ダブルトップ」「ダブルボトム」とは?【チャートパターン】

FXテクニカル分析

この記事ではFXにおけるチャートパターン 「ダブルトップ」「ダブルボトム」について以下のような疑問や悩みに応えられるよう詳しく説明しています。

  • チャートパターンについて勉強しており、「ダブルトップ」の 特徴 を知りたい
  • 他の相場の 転換パターン も知りたい
  • 「ダブルトップ」「ダブルボトム」の エントリーポイント は?
  • 「ダブルトップ」「ダブルボトム」だと思っても ダマシ によく合う

FXチャートパターン「ダブルトップ」「ダブルボトム」とは?

「ダブルトップ」「ダブルボトム」は相場の転換点に現れることがあるチャートパターン で、これが現れると トレンドが転換する可能性を示唆しています。

チャート形状としては、 「ダブルトップ」であればアルファベットの「M」のような形、「ダブルボトム」であればアルファベットの「W」のような形になります が、「ダブルトップ」を例に取って図で表すと以下のような形状になります。

図1

AとBのポイントで高値を抑えられた後、AとBの間の安値に合わせて引ける ネックラインを下抜けた段階で「ダブルトップ」の完成 です。

AとBは 必ずしも高値がぴったり揃うわけではなく 、Aの方が高かったり、Bの方が高かったりもします。

「ダブルトップ」の上下逆転バージョンが「ダブルボトム」となり、更にもう1つ頭が増える「トリプルトップ」、「トリプルボトム」などもあります。

図2

また、相場の転換点で出ることのある、似たようなチャートパターンに「ヘッドアンドショルダー(三尊・逆三尊)」があります。

「ダブルトップ」「ダブルボトム」のエントリーと決済

「ダブルトップ」「ダブルボトム」のエントリーポイント及び決済ポイントについて説明します。

図3

「ダブルトップ」「ダブルボトム」の注意点

「ダブルトップ」や「ダブルボトム」の注意点として、 ネックラインを抜けた後にダマシに合うことがあります。

図4

1点目は 「ダブルトップ」であれば相場の高値圏「ダブルボトム」であれば相場の底値圏で出現しているかどうか です。

基本的に相場の転換ポイントで出るチャートパターンになりますので、レンジ相場の中間付近で「ダブルトップ」や「ダブルボトム」のチャートパターンが出たからと言ってエントリーしたとしても、それは「ダブルトップ」「ダブルボトム」ではなく、 もみ合いの中で生まれたダマシ ですので、結果としてロスカットされる可能性は高いと思います。

ダマシを避けるためにも、 しっかりと環境認識を行い、相場背景を読み取った上で、相場の高値圏底値圏で「ダブルトップ」「ダブルボトム」のチャートパターンを当てはめていく必要があります。

2点目は 「ダブルトップ」であれば最高値でしっかりとレジスタンスされているか、「ダブルボトム」であれば最安値でしっかりとサポートされているか を確認した方がより精度が高まります。

【FX】ダブルトップ・ダブルボトムとは だましにあわないエントリーポイント

そのまんまなんですが二つの山・谷ということです。

チャートでいうと

この部分ですね

このように 高値にチャレンジしたけど上がりきれずにもしくは多少高値が更新したけれど下がっていく形をダブルトップ といいます。

安値をチャレンジしたけれど更新出来ずにまたは多少安値を更新したけれど下げきれずに上がっていっていく形をダブルボトム といいます。

ダブルトップとダブルボトムとは

ダブルトップ・ダブルボトムのエントリーポイント

ネックライン割れでのエントリー

ネックラインを割った戻しでエントリー

高値更新出来ないと判断した段階でのエントリー


個人的にはお勧めのエントリータイミングです。が難易度は高く、他のエントリーより裁量が必要で勝率も落ちます。その代わりの勝てた時はpipsも大きく取れ、損切りも浅く済むことが多いです。

ダブルトップ・ダブルボトムの損切りライン

押し安値・戻り高値をチェック

ダブルトップとダブルボトムとは

ダブルトップ・ダブルボトムの効果的な使い方

ダブルトップ・ダブルボトムは単体で使っても優位性はそこまでありませんが、使うべきタイミングで出てくれば非常に効果的に使えます。

反発が起こりそうなところ

平行チャネルで勢いが失われてきたところ

ネックラインがそのまま重要水平線

鉄板レベルのお勧めエントリーポイント

上位足のダブルトップ・ボトムのエントリー手法

ダブルトップネックラインまでを狙ったエントリー

ダブルトップ・ボトムの中の下位足ダブルトップ・ボトム


このエントリーはダブルトップ・ボトムの形成前にエントリーをかけますので、プライスアクション次第ではそのまま持っていければ大きなpipsを狙うことも出来ます。状況に応じて使い分けていきましょう。

ダブルトップとダブルボトムとは?売買シグナルの見方や注意点をご紹介!

チャート

LINE

送る

FXでトレードしていると、アルファベットの「M」や「W」のようなチャートパターンを見たことがあるのではないでしょうか?

これらは、 ダブルトップダブルボトム と呼ばれ、相場の転換点を示す典型的なチャートパターンです。

この記事では、 ダブルトップとダブルボトムとは何かチャートパターンの形や売買シグナルの見方注意点 を初心者の方にもわかりやすくご紹介します。

ダブルトップとダブルボトムとは?

ダブルトップダブルボトムのチャートパターンの形や特徴についてご紹介します。

ダブルトップ

ダブルトップ

ダブルトップとは、 上昇トレンドが終わる天井付近に現れ、 相場がこれから反転することを示すチャートパターン です。

上昇トレンドの最中に一旦下落し、その後、前回の高値付近まで反発しても、 直近高値を超えられず、再び下落 します。

そして、2度目の下落で直近安値のネックラインを割れると、ダブルトップの形になります。

ダブルボトム

ダブルボトム

ダブルボトムとは、 下降トレンドの終わりに現れるので相場の底を示し、下降トレンドが上昇トレンドに転換することを示すチャートパターン です。

下落トレンドの最中に一旦上昇し、その後前回の安値付近まで押し戻されても、 直近安値まで割り込まず、再び上昇 します。

そして、2度目の上昇で直近高値のネックラインを超えれば、ダブルボトムの形になります。

ネックライン

ネックラインとは、ダブルトップの場合は、直近安値のサポートラインダブルボトムの場合は、直近高値のレジスタンスラインのことです。

    ダブルトップ: 2度目の下落がネックラインを割り込むとダブルトップの形が完成

ダブルトップとダブルボトムの売買シグナルの見方とは?

ダブルトップとダブルボトムの売買シグナルの見方についてご紹介します。

WHAT

ダブルトップの売りシグナル

ダブルトップ

ダブルトップ
➡︎ 上昇トレンドが下降トレンドに反転する際に現れ、 売りを示すシグナル

ダブルトップの形が完成し、さらにネックラインを割れたポイントが 売りシグナル です。

ネックラインを割り込むと、 直近の高値からネックラインまでの値幅と同じ分、下落する傾向 があります。

これは、上昇トレンドで買いエントリーしていたトレーダーが、相場が繰り返し反発したのを見て「これ以上は上昇しないだろう」と売りにまわるので、相場が反転して下落します。

ダブルボトムの買いシグナル

ダブルボトム

ダブルボトム
➡︎ 下降トレンドが上昇トレンドに反転する際に現れ、 買いを示すシグナル

ダブルボトムの形が完成し、ネックラインを超えたポイントが 買いシグナル です。

ネックラインを超えてから、 直近安値からネックラインまでの値幅と同じ分、上昇する傾向 があります。

これは、下落トレンドで売りエントリーしていたトレーダーが、相場が繰り返し反発したのを見て「これ以上は下落しないだろう」と買いにまわることで、相場が反転して上昇します。

ダブルトップとダブルボトムの注意点と対策方法とは?

ダブルトップとダブルボトムの注意点とその対策方法についてご紹介します。

チェック

ダマシにあうことがある

ダマシ

図のように、ダブルトップを形成した後、下がると見せかけて上昇し続けたり、またその逆になったりすることもあります。

これは ダマシ と呼ばれ、 ダブルトップやダブルボトムにもダマシが発生することがあるので、注意が必要 です。

勝率が高いポイントに絞る

ダブルトップとダブルボトムの できるだけ勝率が高いポイントでエントリーすることで、ダマシに引っかかる可能性を低くすることができます。

1.レジスタンスライン(上値抵抗線)付近は、 売りの勢力 が強く、ダブルトップを形成した場合は、 上値を抑えられて下落する可能性 が高まります。

2.サポートライン(下値支持線)付近は、 買いの勢力 が強く、ダブルボトムを形成した場合は、 下値を支えられて上昇する 可能性が高まります。

「ダブルトップとダブルボトムとは?売買シグナルの見方や注意点」のまとめ

この記事では、 ダブルトップとダブルボトムとは何か、チャートパターンの形や売買シグナルの見方、注意点 を初心者の方にもわかりやすくご紹介しました。

ダブルトップダブルボトムは、FXでよく見られる 相場の転換点を示すチャートパターン です。

FXの「ダブルボトム」には2種類ある!?(ダブルトップも同様)

アイキャッチ画像

トレード手法

「ダブルボトム」とは

FXのチャート分析において代表的な「チャートパターン」というのがいくつもありますが、その代表的なものが「ダブルボトム」「 ダブルトップ 」ですね。

形だけ覚えるのではなく、 なぜ反転のサインと呼ばれるのか?という本質を理解しましょう という解説を以前にしてますので、詳しくはそちらの記事を読んでみてください。

「調整」と「反転」の2種類

2種類のダブルボトムというのは 「調整」 と 「反転」 です。

ダブルフラクタル1

上の画像は、2つとも「ダブルボトム」のネックライン抜けの場面ではありますが、 「本質」 的には違うというのが分かりますでしょうか?

それは、 「下降波が反転する」 というイメージと、 「下降波が調整に入る」 というイメージですね。

ダブルフラクタル2

そうなんです、右側の小さいダブルボトムは、フラクタル構造的に 「下位レベルのダブルボトム」 だったんですね。

つまり、下降波にとって下位レベルのダブルボトムということは、 下降波の「反転」ではなくて下降波が「調整」に入る 、つまり上昇調整波が発生する、もしくは発生したと判断されるネックラインと言えます。

ダブルフラクタル3

下位レベルのダブルボトムのネックラインを上抜けることによって ピンク色 の下位レベルの下降トレンドは「反転」します。

ダブルフラクタル4

そして、サポートを抜けられずに上昇反発した上昇波がこのネックラインを抜けることで、緑色レベルの 「反転」 になるわけです。

今の話で気づいた方もいると思いますが、厳密にはダブルボトムは 「反転」 の1種類しかありません。

なので、フラクタル構造的に 「調整」 と 「反転」 の2種類のダブルボトムが存在しているというイメージを持っている方が対応しやすかったりします。

単純には、 その波レベルにとって小さいダブルボトムは「調整」になりがちであり、大きなダブルボトムは「反転」になりがち ということ。

上に紹介した記事にも書きましたが、ダブルボトムの本質的な部分は、 「本命の戻り売り勢力が入ってきて出来上がった砦(戻り高値・ネックライン)が上抜けてしまうことで、その波レベルの下降トレンドの継続のシナリオが破綻する」 という点です。

ダブルトップとダブルボトムパターンとは何か? & どのように使うのか?

Double Bottom

市場が過買収水準に達すれば、抵抗に直面してダブルトップパターンを形成することができます。 これは、相場が下落してから支持水準が見つかるまで、最初のピークから始まる。 この時点ではパターンを検知することはできません。 最初の天井を形成した後、相場は支持線(ネックライン)まで下落し、再び反発して新たに形成された抵抗をテストします。 相場がこれを突破できなければ、2番目のピークを形成する。 トレーダーはトレンドを警戒し、相場がネックラインを下回れば、売りに出る準備をしなければなりません。

ダブルボトム の場合と同じ Breakout テクニックが使用できますが、ルールが反転する。

ダブルボトムsとダブルトップsは、仮想通貨の取引に適していますか?

確実にYesと言えます! この二つのパターンは普遍的で、仮想通貨を含む全ての市場でうまく作動します。 もし、このようなパターンが現れる頻度は、例えば外国為替市場より低いこともあります。 しかしチャートで見つけると同様の関連を持っている。

ダブルトップ vs. ダブルボトム : 違い

ダブルトップとダブルボトムは、完全に反対という点以外は根本的な違いがありません。 つまり、ダブルボトムの場合、上昇トレンドが正しいということは、ダブルトップの場合、下落トレンドでも同じだということです。 後者は下落反転の信号だからです。

長所と短所

2つのパターンの最大の長所は、M15、H1、H4またはD1のような数時間帯に効果的だという点です。 そのためデイトレーダー、スイングトレーダー及びポジショントレーダーともに使用できます。 また、株式、外国為替、原材料及び仮想通貨とよく作動する普遍的なパターンです。

他の技術的パターンと同様にメリットもありますが、デメリットもある。 最大の短所はダブルトップもダブルボトムも、新しく形成されたトレンドが強固になるとは言い切れないという点です。 例えば、ダブルボトムの場合、売り手は3番目に相場を下げる機会を見つけるかもしれないし、さらには支持線下に突破を試みることもある。 したがって、トレーダーはストップロスのようなリスク管理ツールを使用しなければなりません。

避けるべきミス

ダブルボトムを利用して取引する人々の主なミスの一つは、相場がパターンのネックラインを超えた直後に買い取ることです。 この場合、慎重でないと、より大きな流れに立ち向かって取引することになりかねません。 市場が強い下落の中間にあり「小さな」ダブルボトムパターンを形成すれば、これを無視して一般的な下落トレンドを続けていく可能性が高い。

これを避けるためには、20日移動平均(MA)を追加しなければなりません。 ダブルトップとダブルボトムとは もしMAより相場が低ければ、ネックラインブレイクアウトを買収してはいけません。 ダブルトップを利用して取引を行う際に、相場は期間20日MAを超えてはいけません。

リスクマネジメント

ダブルトップ ダブルトップとダブルボトムとは 及び ダブルボトムは最も信頼できるチャートパターンの一つですが、すべての場合におけるトレンドの反転を保障することはできません。 ダブルトップとダブルボトムとは 残高による深刻な損失を回避するため,いくつかの基本技術を適用することでリスクを軽減する必要があります.

最も重要なステップは、ストップロスの注文をすることです。そうすることで、相場が急に下落した場合の損失を減らすことができます。ブレーキアウト(ネックライン)と抵抗(ダブルトップの場合)又は支持(ダブルボトムの場合)の間にストップロスを設定しなければなりません。

一貫性を高め、長期目標に集中するためには取引当たり残高の1%以上を使用してはなりません。 それはリスクマネジメントの黄金率のひとつです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる