初心者向けFXトレード

FX取引の規制について Regulation

FX取引の規制について Regulation
下請法第2条(定義) (参照条文) 9 資本金の額又は出資の総額が1,000万円を超える法人たる事業者から役員の任免、業務の執行又は存立について支配を受け、 【条件1】かつ、その事業者から製造委託等を受ける法人たる事業者が、 その製造委託等に係る製造、修理、作成又は提供の行為の全部又は相当部分について再委託をする場合 【条件2】 (第7項第1号又は第2号に該当する者がそれぞれ前項第1号又は第2号に該当する者に対し製造委託等をする場合及び第7項第3号又は第4号に該当する者がそれぞれ前項第2号又は第3号に該当する者に対し情報成果物作成委託又は役務提供委託をする場合を除く。) 【補足】において、再委託を受ける事業者が、役員の任免、業務の執行又は存立について支配をし、かつ、製造委託等をする当該事業者から 直接製造委託等を受けるものとすれば前項各号のいずれかに該当することとなる 【前提条件】 事業者であるときは、この法律の適用については、再委託をする事業者は親事業者と、再委託を受ける事業者は下請事業者とみなす。 引用元:下請法 – e-Gov法令検索 – 電子政府の総合窓口e-Gov イーガブ

日本のファンド(集団投資スキーム)規制

組合の業務執行を決定するには、原則として総組合員の同意が必要となり、重要な財産の処分及び譲受け並びに多額の借財について総組合員の同意を要する点については契約での排除が制限されている(同法12条)など、全組合員が一定程度主体的にその運用に関与する必要がある。投資対象として特段制限は設けられていないが、投資ビークル自体にLLPが用いられることは多くない(LPSの無限責任組合員としてLLPが用いられることはある)。

(表1 日本の組合型ファンドの概要まとめ)

FX取引の規制について Regulation
民法上の組合匿名組合投資事業有限責任組合有限責任事業組合
構成員無限責任の組合員無限責任の営業者と有限責任の匿名組合員(*1)無限責任組合員と有限責任組合員有限責任組合員
契約形態組合員全員を当事者とする契約営業者と匿名組合の2者間契約組合員全員を当事者とする契約組合員全員を当事者とする契約
登記の要否不要不要
組合財産の帰属総組合員の合有営業者総組合員の合有総組合員の合有
業務執行総組合員 但し、組合契約で業務執行者を定めることができる営業者無限責任組合員総組合員 但し、組合の業務執行の一部を特定の組合員に委任できる
事業の範囲制限なし制限なし株式、各種債券、金銭債権、匿名組合契約の出資持分等の取得・保有など投資事業有限責任組合法3条1項に掲げるものに限る。 外国法人の有価証券は50%未満。暗号資産への投資は不可次の業務以外は制限なし ①性質上組合員の責任の限度を出資の価額とすることが適当でない専門家の業務 ②組合の債権者に不当な損害を与えるおそれがある業務

2. ファンド持分の金商法上の有価証券該当性

3. 各種の規制

(1) 開示に関する規制

(2) 募集・私募に関する業規制

(3) 運用に関する業規制

(4) 募集・私募、運用の委託

①募集・私募の委託

②運用の委託

(5) 適格機関投資家等特例業務

なお、この制度は悪質な業者の利用によって投資被害事例が増加したこと等を理由に、平成 27 年金商法改正で規制が強化された。上記②の49名以下の投資家の範囲は不適格機関投資家に該当しない限り無制限であった(一般の個人投資家も対象に含まれていた)が、同規制強化後は、上場会社、資本金が5000万円以上である法人、保有資産1 億円以上で証券口座開設後1年を経過している個人といった特定の者に限定された。

(FX取引の規制について Regulation 表2 適格機関投資家党特例業務の49名以下投資家の範囲)

平成27年改正以前同改正以降
全ての組合型ファンド特に制限なく誰でも投資可能通常の組合型ファンド上場会社、資本金が5000万円以上である法人、保有資産1 億円以上で証券口座開設後1年を経過している個人など
ベンチャーファンド特例上記に加え、①上場会社の役員、②過去5年以内に上場会社の役員であった者等

(6) 当局による監督

第二種金融商品取引業者や投資運用業者に対しては、内閣総理大臣(金融庁)による監督がなされ、顧客資産の分別管理(金商法40条の3)等といった金融商品取引業者としての規制を遵守する必要が生じる。これらの規制に違反すると、業務改善命令等の行政処分がなされる(同法51条等)。なお、適格機関投資家等特例業者については、第二種金融商品取引業や投資運用業よりも緩和された規制が適用されることとなる。

Blackwell Global

Financial Conduct Authority

FCA

Securities and Futures Commission of Hong Kong

SFC

Securities and Futures Commission of Hong Kong

SFC

Securities and Futures Commission of Hong Kong

SFC

Securities and Exchange Regulator of Cambodia

SERC

VPS Standard

WikiFX VPSの最もお手頃なプランです / どんなFX業者のMetaTraderでも稼働可能です

ブローカー情報

Blackwell Global Investments Limited

201 Church Street, Sandyport, FX取引の規制について Regulation West Bay Street, P.O. Box N-3406, FX取引の規制について Regulation Nassau, Bahamas.

  • 取引環境 --
  • 最大レバレッジ FX取引の規制について Regulation 1 : 100
  • 最低入金額 >$100,000
  • 最小スプレッド --
  • 取引品種 --
  • 通貨 --
  • 取引環境 --
  • 最大レバレッジ 1 : 200
  • 最低入金額 $500 – FX取引の規制について Regulation 100,000
  • 最小スプレッド --
  • 取引品種 --
  • 通貨 --

  • 通貨 32
  • ミニマム取引サイズ --
  • EA対応
  • 入金方法 (4+) Bank transfer Skrill Neteller VISA
  • 出金方法 (4+) VISA Neteller Bank transfer Skrill
  • コミッション --
  • 通貨 32
  • ミニマム取引サイズ --
  • EA対応
  • 入金方法 (4+) Bank transfer Skrill Neteller VISA
  • 出金方法 (4+) VISA Neteller Bank transfer Skrill
  • コミッション --

海外FX会社:2022年おすすめの海外FX口座を比較。

詳細についてはスクロールしてください

FX取引とは

FX取引の仕組み

FX取引は日本で合法?

海外FX会社とは

海外FX会社を利用するメリット

  • 海外FX会社の最大の魅力は、1000:1以上のレバレッジを提供していることです。つまり、資本が少なくても、非常に高額の取引を行うことができます。対照的に、金融庁によって認可されたブローカーは、マージンの25倍のレバレッジ制限を設定しています。
  • 海外FX会社は「ゼロカット」システムを適用することができます。これにより、トレーダーは、オファーのレバレッジが高いにもかかわらず、マージンを超えて損失を出すことはありません。対照的に、日本の国内FX会社は、ゼロカットシステムを提供していません。これは、価格の急激な変動によりストップロスシステムが作動しない可能性がある、市場のボラティリティが大きい期間中に特に重要になることがあります。
  • 海外FX会社は、国内FX会社よりも気前の良いボーナスの仕組みを提供することがあります。

海外FX会社を利用するデメリット

  • 免許のない海外FX会社に日本語のウェブサイトがあっても、スタッフが日本語を話せない場合があります。したがって、サイトの使い方やブローカーが提供するサービスについて質問がある場合に、あまりサポートを受けられない可能性があります。
  • サービスについて苦情があった場合、または不当な扱いを受けたと思われる場合、救済措置が制限されます。さらには、詐欺行為で損失を被った場合、金融庁はトレーダーを助けることができません。
  • 海外FX会社を利用する場合でも、日本で確定申告と納税を行う必要があります。実際に、国内で認可されたブローカーを使用する場合よりも、支払う税金がかなり高くなる可能性があります。
  • 出金に関するブローカーのルールは理解しづらいかもしれません。たとえば、出金は入金後30日間経過してからでなければできないという規則がある場合があります。さらに、出金に関する規則は頻繁に変更される可能性があります。
  • 入金は国外の銀行で行われるため、出金の際に追加料金がかかる場合があります。
  • スプレッドと取引の全体的なコストは、金融庁免許のあるブローカーを使用する場合よりも高くなる可能性があります。たとえば、ある大手国内FX会社は、USD/JPYペアで1000米ドルあたり0.2円の固定スプレッドを提供していますが、海外FX会社が提供するスプレッドは、その10倍にもなる可能性があります。
  • 免許のない海外FX会社は、国内FX会社が提供する教育プログラムを提供していないことがあり、初心者には不向きな場合があります。
  • さらに、レバレッジで取引することで利益を大幅に増やすことができますが、損失を拡大する可能性もあるため、正しい使い方がわからない場合は非常にリスクが高くなります。

FX取引と株取引の違い

  • FX取引の通貨はペアで取引されますが、株取引の株式は現金で購入される現物株式となります。
  • FX市場は、すべての取引と参加者が秘匿されている、取引が分散化された市場です。一方、株式市場では取引が集中化され、売り手と買い手の公的記録は保管されています。
  • FX取引は参入コストが低いと言われています。株取引では、一定の利益をあげるために多額の資金が必要になるため、一般の投資家には少し手を出し辛いかもしれません。

FX取引は、トレーダーが取引されている資産の所有権を取得することはありません。CFDのFX取引では、トレーダーは取引に関わる資産の将来価値を予測し取引を行うため、現物の売買は発生しません。

レバレッジとは

これには2つの効果があります。FX取引への参入コストが低いままであるということと、利益または損失が最大化されることです。トレーダーは、取引全額の損失に責任を負います。

FX初心者の学習方法

英語がわからなくても口座を開設できますか?

FX戦略の選び方

FX取引を始めるのに必要な資金

FX取引のリスク

リスク1:FX相場は、ときに非常に変動が激しくなります。この変動が激しいタイミングを上手く利用することで資産を増やすことも可能ですが、一方で短期間で損失を被る可能性もあります。取引を行っている場合は、常に取引を監視している必要があります。

リスク2:FXマーケットには変動の要素があまりにも多く存在し、予測はほぼ不可能です。トレーダーは損失を最小限に抑えるために、利益と損益の目標比率を設定する必要があります。

リスク3: CFD取引にはレバレッジを使う必要があります。レバレッジは取引で利益を増幅するためのツールですが、取引口座から自動的に引き落とされてしまう損失も増幅します。口座残高は、1回の取引で消滅する可能性があります。

リスク4:取引の利息を請求される場合があります。たとえば、トムネ調整が適用されている取引を翌日に持ち越す場合、利息を請求される場合があります。これは、FX会社がこの手数料を支払うために口座から資金を差し引くことを意味します。

Blackwell Global

Financial Conduct Authority

FCA

Securities and Futures Commission of Hong Kong

SFC

Securities and Futures Commission of Hong Kong

SFC

Securities and Futures Commission of Hong Kong

SFC

Securities and Exchange Regulator of Cambodia

SERC

VPS Standard

WikiFX VPSの最もお手頃なプランです / どんなFX業者のMetaTraderでも稼働可能です

ブローカー情報

Blackwell Global Investments Limited

201 Church Street, Sandyport, West FX取引の規制について Regulation Bay Street, P.O. Box N-3406, Nassau, Bahamas.

  • 取引環境 --
  • 最大レバレッジ 1 : 100
  • 最低入金額 >$100,000
  • 最小スプレッド --
  • 取引品種 --
  • 通貨 --
  • 取引環境 --
  • 最大レバレッジ 1 : 200
  • 最低入金額 $500 – 100,000
  • 最小スプレッド --
  • 取引品種 --
  • 通貨 --

  • 通貨 32
  • ミニマム取引サイズ --
  • EA対応
  • 入金方法 (4+) Bank transfer Skrill Neteller VISA
  • 出金方法 (4+) VISA Neteller Bank transfer Skrill
  • コミッション --
  • 通貨 32
  • ミニマム取引サイズ --
  • EA対応
  • 入金方法 (4+) Bank transfer Skrill Neteller VISA
  • 出金方法 (4+) VISA Neteller Bank transfer Skrill
  • コミッション --

トンネル会社規制とは?大手企業の子会社にも下請法が適用される条件は?

下請法第2条(定義)

(参照条文)

9 資本金の額又は出資の総額が1,000万円を超える法人たる事業者から役員の任免、業務の執行又は存立について支配を受け、 【条件1】かつ、その事業者から製造委託等を受ける法人たる事業者が、 その製造委託等に係る製造、修理、作成又は提供の行為の全部又は相当部分について再委託をする場合 【条件2】 (第7項第1号又は第2号に該当する者がそれぞれ前項第1号又は第2号に該当する者に対し製造委託等をする場合及び第7項第3号又は第4号に該当する者がそれぞれ前項第2号又は第3号に該当する者に対し情報成果物作成委託又は役務提供委託をする場合を除く。) 【補足】において、再委託を受ける事業者が、役員の任免、業務の執行又は存立について支配をし、かつ、製造委託等をする当該事業者から 直接製造委託等を受けるものとすれば前項各号のいずれかに該当することとなる FX取引の規制について Regulation FX取引の規制について Regulation 【前提条件】 事業者であるときは、この法律の適用については、再委託をする事業者は親事業者と、再委託を受ける事業者は下請事業者とみなす。

引用元:下請法 – e-Gov法令検索 – 電子政府の総合窓口e-Gov イーガブ

トンネル会社規制概念図

【条件1】支配関係

例えば,親会社の議決権が過半数の場合,常勤役員の過半数が親会社の関係者である場合又は実質的に役員の任免が親会社に支配されている場合

引用元: 下請取引適正化推進講習会テキストp.15

【条件2】業務の全部または相当部分について再委託をすること

例えば,親会社から受けた委託の額又は量の 50%以上を再委託(複数の下請事業者に業務を委託している場合は,その総計)している場合

引用元: 下請取引適正化推進講習会テキストp.15

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる