FXトレーダー

マーチンゲール法とは

マーチンゲール法とは
あかね

【徹底分析】マーチンでオンカジは勝てるのか?飛躍的に勝率をあげる方法とは?

オンカジって楽しいけどなかなか周りにやってる人がいない… みんなと情報を集めたり楽しく話したりしたい… そんな方たちの為にオープンチャットグループ、作りました! オンカジ大好きな人が集まって 成果報告お得な情報、などについて話していければいいなと思います。 今ならオープンチャット参加特典としてカジノの大人気ゲーム、”ブラックジャック”の攻略法をプレゼント! 入退室は自由なのでぜひチラッと覗いてみて下さい。

では、今回は先に結論からお伝えします!ズバリ!

「ギャンブルで有名なマーチンは、カジノはもちろんオンカジでも十分に通用します!!」 マーチンゲール法とは

オンカジでマーチンは通用するのか?徹底検証&勝率を挙げる秘策を伝授!

    • マーチンゲール法ってどんな方法?
    • マーチンが有効なオンカジゲームって何?
    • オンカジでマーチンを実践する手順は?
    • オンカジでマーチンって確率論的にどうなの?シミュレーションしてみた結果がコレ!
    • マーチンゲール法をオンカジで実践する際のメリット・デメリット
    • オンカジでの勝率を飛躍的に上げる?マーチン必勝法とは?
    • マーチンとの相性バツグンな組み合わせ!オンカジで実践するならコレがオススメ!
    • マーチン以外のオンカジ戦略BET法は?

    マーチンゲール法ってどんな方法?

    ーチンゲール法とは、勝率50%つまり2倍配当の主にテーブルゲームなどに有効な、画期的かつ最古かつシンプルなベッティングシステムです。

    仮に連敗を重ねていったとしても、 1 度の勝利だけで、最終的には利益を得られるので有名な攻略法です。

    「とにかく 1 回でも勝てば良い」という分かりやすい戦略です。

    実践中は「前回BET額×2倍」を単位とします。

            • 最初に 1 ドル賭けてゲームをスタートする
            • 負けたら次のゲームで倍額BET( 2 ドル)する
            • また負けたら次のゲームで倍額BEYする( 4 ドル)
            • 更に負けたら次のゲームで 8 ドルBET…といった具合で掛け金を倍にして進めていくのが基本戦略です。

            仮に連続して負けたとしても、1回勝利した時点でトータル負け分を帳消しにしてくれます。後程分かりやすく図でも記載したので確認してみてください。

            マーチンが有効なオンカジゲームって何?

            このマーチンという攻略法は、 2 倍配当のGAMEに有効です。

            つまり基本的には勝率約50%、配当が 2 倍のゲームを選ぶと相性が良いです。

            【2倍配当のゲーム例】

            バカラ ( マーチンゲール法とは プレイヤー / バンカー )

            ルーレット ( 赤・黒 / 奇数・偶数 / (1-18) ・ (19-36))

            ※注意点として、ルーレットを選ぶ際は、 “00” 込のアメリカンタイプよりもヨーロピアンやフレンチタイプの方が確率的に良いです。

            オンカジでマーチンを実践する手順は?

            • STEP1. 初期投資額を決めて BET する。 $ 10で勝ちたいなら、最初の BET 額は $1 0です。
            • STEP2. 勝負に負けたら、次回の賭け金を前回の 2 倍( $ 20)に増やしていきます。
            • STEP3 . ゲーム進行毎に初期投資額の「 2 倍→ 4 倍→ 8 倍→ 16 倍……」と BET 額を増やします。
            • STEP4. 勝負に勝った時点で、初期投資の同額が利益となる。
            • FINAL. 最初の投資額に戻します。(ここでいうなら $ 10)サイクルは一旦終了

            その後に、もしプレー続けるなら初期投資額を新たに決めてトライします。

            オンカジでマーチンって確率論的にどうなの?シミュレーションしてみた結果がコレ!

            今回はルーレットを例にあげてイーブンマネーでのゲームプレイを前提として勝率を 50% と仮定した場合のケースを考えていきたいと思います。

            (“0”や”00”も含めるので、実際は50%より低い確率となります)

            1回目の勝率は50%【100%-(負ける勝率50%)】なので、繰り返しになりますが、 1 回目に負ける確率も当然50%となります。

            2 マーチンゲール法とは 回目も負ける確率は50%なのですが、 1 回目、 2 回目と連続で負ける確率の計算は50%×50%= 25 %となります。逆に言うと 2 回連続では負けない確率は、100%-25%(1.2回連続して負ける確率)=75%となりますよね。

            以下の図は上記の法則に従って、 10 回連続で負ける確率のシミュレーションをしてみた結果です。

            シミュレーションは 10 回目までとしていますが、 10 回目の連敗確率を見て頂くと 0.10% 未満となるため、この語 11 連敗の確立は 99.90% 以上の確率で無いと言えるのではないでしょうか?

            但し、注意しておきたい要素の一つとして、ルーレットのイーブンマネーの場合、実際のところゼロの数字も含めるので、連敗する確率は、シミュレーションの数字より少し高い数値となります。

            こちらは調べた結果ですが、1ゲームの負ける率が、 アメリカンルーレットの場合が 19/37 、 ヨーロピアン・フレンチルーレットの場合が 20/38 となります。

            • イーブンマネーとは具体的に言うと、赤or黒、奇数or偶数、前半or後半などの理論上、約50%の確率で当たり、配当が2倍になってくる分かりやすい場所に賭けるやり方です、結果的に賭けた金額と同等の配当が期待できるとされているためイーブンマネーと呼ばれる。

            マーチンゲール法をオンカジで実践する際のメリット・デメリット

            結論からいうとオンカジでマーチンを使用した場合の最大のメリットは誰でも簡単に実践できる という点ではないでしょうか。
            複雑な計算や知識は必要がないため、オンカジ以外での普段のギャンブルでのBET法としても即実践可能ですよね。リアルカジノ(ランドカジノ)に行かれた際は、場の緊張もあるので、最初の 1 晩目の 2 時間くらいは、ゆっくりとマーチンでルーレットやバカラでのPLAYを楽しむのが良いと思いますよ。

            そして、次に大きなメリットとしては、マーチンの法則を守った賭け方をしている限り、 1回の勝利で、それまでの負け分がチャラになり利益が出る!ということですね!

            仮定論ですが、 1 ドル( 105 円とした場合)からBETをスタートした場合、先ほど確率は、ほぼ無いに等しいとお伝えした、(ただしゼロではない)ように、 1 0回連続の負けを期した場合、なんと 11 回目のBET額は 1,024 ドル( 107,520 円)にもなります。確かにこれはキツイですよね~。

            オンカジでの勝率を飛躍的に上げる?マーチン必勝法とは?

            ズバリ!オンカジでマーチンを実践した場合の必勝法とは 「連敗の回数をできるだけ抑える努力をする」 ことです。

            如何ですか? 4 回目以降からは連敗確率が 6.25% とかなり下がりますよね?

            そうです!マーチンでの勝率を挙げる方法とはズバリ! 「毎回勝負しない」

            つまり、勝負に挑むのは 「 3 回連続で同じ結果が出るのを見届けた後にすることが有効なのです」

            マーチンとの相性バツグンな組み合わせ!オンカジで実践するならコレがオススメ!

            オススメなオンカジはズバリ!!ベラジョンでしょう! ルーレットゲームも豊富ですし、何より安心の 365 日日本語対応とライセンスやRNGの信頼度が人気の理由です。ベラジョンの人気理由はカジノダンジョンサイト内の コチラの記事 をご覧になってみてくださいね!

            そして、やはり、万人にオススメのマーチンが試せるオンカジゲームはルーレットです!
            理由としては、ルーレットは単純に出る目を予想するゲームですので、ルールも単純であり結果が早く出るという事です。

            ところで、ベラジョンカジノにはrelax rouletteというルーレットゲームがあるのですが、こちらは表示も見やすくシンプルかつエレガントなゲーム画面なので、初心者にも安心してオススメできます。

            ルーレットの種類について

            ルーレットには大きく分けて 2 つの種類があります。

            「ヨーロピアンルーレット」と「アメリカンルーレット」の 2 種類です。
            この二つの違いは『ゼロの数』と『ホイールの数字の並び』です。

            ヨーロピアンルーレットの場合は37パターンの目があります。

            1~36までの数字と「0」となります。

            アメリカンルーレットの場合は38パターンの目があります。

            1~36までの数字と「0」そして「00」となります。

            • ヨーロピアンルーレット : 18/37 × 100 = 65%
            • アメリカンルーレット : 18/38 × 100 = 37%

            上記の通り、オンカジでマーチンゲール法を試すなら、「ヨーロピアンルーレット」を選ぶと良いでしょう。

            マーチン以外のオンカジ戦略BET法は?

            以下 Wikipediaより参照

            グランマーチンゲール

            マーチンゲールのバリエーションの一つである。大マーチンゲールとも呼ばれる。

            まず 1 単位賭け、負ければその倍の 2 単位 +1 の合計 3 単位、さらに負ければ倍の 6 単位 +1 の合計 7 単位、と賭けていく手法である。常に試行回数× 1 単位を得ること狙う攻撃的な手法。マーチンゲールよりパンクのリスクは高くなる。

            パーレー

            逆マーチンゲールとも呼ばれ、その名の通りマーチンゲールの反対の手法をとる。

            すなわち、 1 単位賭けた後、勝てばその倍の 2 単位、さらに勝てばその倍の 4 単位、負ければ 1 単位に戻す、という手法である。もちろん、勝ち続けても 1 回でも負ければ損となるため、どこかで 1 単位に戻して獲得金をしっかりと自分のものにする。分散はマーチンゲールの鏡対照となる。

            稀に大勝するが、多くは小敗してしまうスタイルである。

            ダランベール

            ジャン・ル・ロン・ダランベール が開発したと言われる手法である。近年はこの手法およびバリエーションに人気がある。

            マーチンゲールと異なり、負けた場合には賭け金を 1 単位だけ増やす(勝った場合は 1 単位減らす)手法である。一度の勝ちでただちに全ての負けを取り返すことはできないが、負け続けてもチップの減りは緩やかになる。逆ダランベールも存在する。また、グランマーチンゲールに倣って、増減に偏りをつけるバリエーションもある。

            ピラミッド

            ダランベールのバリエーションの一つである。

            最初のベットを 1 単位でなく例えば 5 単位とし、勝った場合は 1 単位減らし、負けた場合は 1 単位増やす。ダランベールより更にチップの増減が緩やかになる。リミットに到達した場合(例えば上限の 9 、下限の 1 )元の 5 単位に戻す方法と、そのまま続ける手法とがある。

            ベッティングシステム マーチンゲール法とは – Wikipedia

              • マーチンゲール法について
              • マーチンが向いているオンカジゲームについて
              • オンカジでマーチン法を実践する手順について
              • オンカジでマーチンって確率論的について
              • マーチンのメリット・デメリットについて
              • オンカジでの勝率を飛躍的に上げる為のマーチン必勝法について
              • マーチンとの相性が良い組み合わせは?オンカジサイトとゲーム紹介
              • マーチン以外のオンカジで実践できる賭け方について

              ①日本人に一番人気 有名オンラインカジノ ベラジョン (Vera John)

              まず初めに、当サイトが自信をもって、皆さまにオススメするのは ベラジョンカジノ(Vera John)です!基本的にここでプレイすることで困るようなことはまずありません!! 最近は、日本向けに新規参入しても、すぐに撤退してしますオンラインカジノも、珍しくないので 最大級かつ、長く利用されている老舗というのは貴重です! 何と言っても、お勧め最大の理由は老舗ならではの安定した信頼性の高さです! 全てにおいて安心してプレーヤーが利用できますね! もちろん 、 様々な入金ボーナスやプロモーションに関しても、 ベラジョン は優秀 です! さらに、入出金に関しても初心者にとって分かりやすい仕様になっており、入出金の選択肢が非常に充実しているのもオススメ の理由です。 老舗の大手だけあって、ベラジョンも 24時間365日安心の日本語対応 ですから、 初心者のプレイヤーでも安心してオンラインカジノを快適にプレイすることが可能です!! また、ベラジョン では初心者が見落としがちな、 オンカジで稼いだ時に必要な税金申告 の際にもオススメのオンカジですよ! 当サイト(カジノダンジョン)からベラジョンに登録して頂くと、こちらも限定の特別登録ボーナスもあります ので、是非ご利用くださいね! 下記のバナーをクリックして、登録していただければ入金不要ボーナスが自動進呈されますよ!

              ②日本人に一番人気 有名オンラインカジノ ボンズカジノ (Bons)

              2つ目に当サイトがオススメするのは日本人専用に作られたボンズカジノ(BONS)です! ボンズは2019年に開設された日本人向けのオンラインカジノです! 新規のオンラインカジノ?と聞くと皆さんは、安全性に不安を覚えるかもしれませんが、大丈夫! なんと、 ボンズカジノの運営会社はオンラインカジノのcasino-xやジョイカジノも運営している大手です! ボンズカジノレビュー、知らなきゃ損のオンラインカジノ! さらに、厳しいと言われるキュラソーライセンスを取得しているので、ご安心ください! マーチンゲール法とは 今なら当サイト経由で40ドルの無料登録(入金不要)ボーナスが貰えるので是非お役立てくださいね! 使用方法は詳しくコチラからご確認ください! マーチンゲール法とは マーチンゲール法とは マーチンゲール法とは
              公式サイト 公式サイトはこちら
              入金不要ボーナス 40ドル(当サイト経由限定)
              ゲーム数 2,000種類以上
              サポート対応 24時間365日対応
              出金限度額 1,000万円

              ボンズカジノ(BONS)の特徴は?

              1. なんと!カジノだけでなくブックメーカーも遊べる!
              2. 入出金方法が充実している
              3. VIP特典の昇格条件が明確で分かりやすい
              4. 本サイト経由での特典ボーナスがヤバイ!(40ドル入金不要ボーナス・200%の初回入金ボーナス 200回のフリースピン(マーチンゲール法とは 1日20回×10日間連続)業界最大手のエボリューション社の1,000円分のライブルーレット 1,000円分のフリースポーツベット等、メガ盛り!!)

              メジャースポーツからマイナースポーツまで幅広いジャンルを取り扱っているので、結構ブックメーカーとしてもボンズカジノは秀逸です。 賭ける項目も充実していて試合の勝敗はもちろん、両チームの合計得点やコレクトスコア、クリーンシートといった項目でベットすることもできます。 ちなみにコレ、結構野球やサッカー好きにはたまらないとおもうのですが、 なんと、ボンズカジノでは日本のプロ野球やJリーグに賭けることもできます。 日本の試合にベットしたい方には、特にボンズカジノはおすすめですよ! また、 ボンズカジノは日本人ユーザー向けに作られたサービスなので、日本円表記になっている マーチンゲール法とは のも特徴です。 意外とややこしいドルやユーロ表記と違って残高の計算が不要なので、快適にプレイできますよ! さらに、入金に際、利用できるクレジットカードの種類が豊富で、VISAやmastercardだけでなく、 AMEXやJCBにも対応しています! (一般的にAMEX・JCBは、対応していない所が多いです。ちなみにラキニキなどは対応してません) もちろん安心の24時間、日本語対応OKです!

              マーチンゲール法とは

              マーチンゲール法は名前を聞いたことがなくても、ギャンブルをしたことがある人であれば誰でも一度は思いついたことがある非常にポピュラーな手法のことです。
              やり方は簡単で賭け金が二倍になるゲームで負けたら賭け金を倍にして、勝つまで続ける方法となります。
              勝てばそれまでの負けを取り返すことができ、大きな連敗は滅多に起きないという理論のもと、高い勝率を期待することができます。
              実際に勝率が五分五分であれば破産するまで連敗をすることは滅多にないので、一回あたりの勝率に関しては非常に高いものとなっています。
              これだけ見ればマーチンゲール法は優れた手法に思えますが、実際にはそうではなく極めてリスクの高い方法で小さなリターンしか取れない方法であるため注意が必要です。

              負けたら賭け金を倍にしていくため、少し連敗が続けば賭け金がすぐに膨れ上がり、賭け金が大きくなっても返ってくる金額は変わりません。
              それまで多額の出費が存在しているので、大きく戻ってくるように見えて最初の賭け金分の利益しかでないためです。
              たった一回だけ勝つことができればいいと考えるのであれば、マーチンゲール法はほぼ目的を達成することができますが、もしも上手く行かなかった場合には取り返しがつかないほどの損失を出してしまいます。

              マーチンゲール法は無尽蔵な資金があり、相手が常に賭けを受け入れてくれる場合においては負けることはありません。
              どれだけ連敗が続こうとも資金が無限にあるわけですから、勝つまで続ければいいためです。
              現実的にはそもそも無尽蔵な資金があるわけがありませんし、もう一つの問題が相手が賭けを受け入れてくれるとは限らないためです。
              賭けを受け入れる側としては、際限なく受け続ければ必ず自分が負けてしまいますから、いつまでも受け続けるということはありません。
              どこかで上限を設けてそれ以上の賭けを受け付けてくれなくなるので、ある段階に到達すると賭け金を倍にして負けを取り返すことができなくなってしまうのです。
              上限というのも長く続けて行くのであれば、すぐに到達してしまう程度のものなので、何度も繰り返していれば遠くない将来にいつか引っかかってしまいます。
              10連敗をする確率は勝率が5割だとして1024回に1回ですから、滅多に起こらないことのように思えます。
              しかし、毎回毎回賭け金倍にして賭けていくという方法を取っていれば、そこまで低い確率ではありません。
              一回の利益が極小の方法なので納得できる利益を得るためには、必然的に回数を重ねることになり、回数が重なれば1024分の1程度のことであれば、それなりに起こりうる確率となってしまいます。
              たった一回のマーチンゲール法で負けてしまうのは余程運が悪かったと言えますが、繰り返しているうちに負けるのは必然となります。
              交通量の多い信号のない道路を横断してもひかれてしまう可能性はそれほど多くなくても、何度も渡っていればいつかは事故に巻き込まれてしまうのと同じことです。
              目先の勝率で考えれば優秀な方法に見えますが、冷静に考えてみれば極小のリターンを極大のリスクで取りに行っているに過ぎませんから、熱くなったときに取り戻そうとして賭け金を倍にするのは御法度です。
              方法としてこのようなやり方もあると知っておくのは良いのですが、それを実際に試して見ようと考えるのは止めましょう。

              © Copyright 2022年 入金不要ボーナスを使いこなせ!. All Rights Reserved. Vilva | Developed By マーチンゲール法とは Blossom Themes. Powered by WordPress.

              マーチンゲール法とは

              マーチンゲール法は名前を聞いたことがなくても、ギャンブルをしたことがある人であれば誰でも一度は思いついたことがある非常にポピュラーな手法のことです。
              やり方は簡単で賭け金が二倍になるゲームで負けたら賭け金を倍にして、勝つまで続ける方法となります。
              勝てばそれまでの負けを取り返すことができ、大きな連敗は滅多に起きないという理論のもと、高い勝率を期待することができます。
              実際に勝率が五分五分であれば破産するまで連敗をすることは滅多にないので、一回あたりの勝率に関しては非常に高いものとなっています。
              これだけ見ればマーチンゲール法は優れた手法に思えますが、実際にはそうではなく極めてリスクの高い方法で小さなリターンしか取れない方法であるため注意が必要です。

              負けたら賭け金を倍にしていくため、少し連敗が続けば賭け金がすぐに膨れ上がり、賭け金が大きくなっても返ってくる金額は変わりません。
              それまで多額の出費が存在しているので、大きく戻ってくるように見えて最初の賭け金分の利益しかでないためです。
              たった一回だけ勝つことができればいいと考えるのであれば、マーチンゲール法はほぼ目的を達成することができますが、もしも上手く行かなかった場合には取り返しがつかないほどの損失を出してしまいます。

              マーチンゲール法は無尽蔵な資金があり、相手が常に賭けを受け入れてくれる場合においては負けることはありません。
              どれだけ連敗が続こうとも資金が無限にあるわけですから、勝つまで続ければいいためです。
              現実的にはそもそも無尽蔵な資金があるわけがありませんし、もう一つの問題が相手が賭けを受け入れてくれるとは限らないためです。
              賭けを受け入れる側としては、際限なく受け続ければ必ず自分が負けてしまいますから、いつまでも受け続けるということはありません。
              どこかで上限を設けてそれ以上の賭けを受け付けてくれなくなるので、ある段階に到達すると賭け金を倍にして負けを取り返すことができなくなってしまうのです。
              上限というのも長く続けて行くのであれば、すぐに到達してしまう程度のものなので、何度も繰り返していれば遠くない将来にいつか引っかかってしまいます。
              10連敗をする確率は勝率が5割だとして1024回に1回ですから、滅多に起こらないことのように思えます。
              しかし、毎回毎回賭け金倍にして賭けていくという方法を取っていれば、そこまで低い確率ではありません。
              一回の利益が極小の方法なので納得できる利益を得るためには、必然的に回数を重ねることになり、回数が重なれば1024分の1程度のことであれば、それなりに起こりうる確率となってしまいます。
              たった一回のマーチンゲール法で負けてしまうのは余程運が悪かったと言えますが、繰り返しているうちに負けるのは必然となります。
              交通量の多い信号のない道路を横断してもひかれてしまう可能性はそれほど多くなくても、何度も渡っていればいつかは事故に巻き込まれてしまうのと同じことです。
              目先の勝率で考えれば優秀な方法に見えますが、冷静に考えてみれば極小のリターンを極大のリスクで取りに行っているに過ぎませんから、熱くなったときに取り戻そうとして賭け金を倍にするのは御法度です。
              方法としてこのようなやり方もあると知っておくのは良いのですが、それを実際に試して見ようと考えるのは止めましょう。

              © Copyright 2022年 入金不要ボーナスを使いこなせ!. All Rights Reserved. Vilva | Developed By マーチンゲール法とは Blossom Themes. Powered by WordPress.

              マーチンゲール法はバイナリーオプションの必勝法!?トレード結果を表で解説!

              マーチンゲール法はバイナリーオプションの必勝法!?トレード結果を表で解説!

              ジロー

              ジロー

              あかね

              あかね

              ジロー

              ジロー

              あかね

              あかね

              ジロー

              ジロー

              マーチンゲール法とは この記事はこんな方におすすめ

              • マーチンゲール法に興味があり、これからバイナリーオプションの取引で使おうと思っている方
              • バイナリーオプションの必勝法を探している初心者の方
              • チャート分析以外で取引を有利にする資金管理法について勉強している方

              結論から言うと、マーチンゲール法はバイナリーオプションの必勝法ではありません。

              マーチンゲール法(Martingale method)とは

              マーチンゲール法(Martingale method)とは

              マーチンゲール法(Martingale method)は、カジノなどで2倍の配当があるような場合で勝率が約1/2の場合に利用されることがあるベッティングシステム (Betting system)です。

              ベッティングシステム (Betting system) とは、カジノなどのギャンブルで、どのような賭け方(ベット)をするかの戦略のことで、ベッティングストラテジ (Betting strategy)、マネーマネジメント (Money management)とも呼ばれます。

              ジロー

              ジロー

              バカラの勝ち方完全解説!バカラで勝てる18個の攻略法とその使い方

              バカラをプレイする女性

              【使用する状況】ゲームに負けた時
              【使用する前の準備】1.2.3の数列をはじめに記入(メモ帳などに)
              【ゲームの賭け金】記録の左端と右端の数値を合計した金額
              【ゲームに負けた場合】記録した数列の右端に賭けた金額を記録 マーチンゲール法とは
              【ゲームに勝った場合】記録した数列の両端を1つずつ消していく(勝率が3分の1あるゲームに対しては2つずつ消していく)
              【攻略法の止め時】記録した数字が全て無くなった時、または1つのみとなった時(この時点で利益は確定となります。)

              モンテカルロ法のメリット

              • 賭け金の増減が緩やかなので連敗が続いても大きく負けることはない
              • 数列が全て無くなった時、もしくは1つのみとなった時、利益は確定される

              モンテカルロ法 リスクと解決策

              モンテカルロ法をうまく使うポイント

              • ゲームの勝敗によって毎回賭ける金額が異なってくる攻略法なので、最初はメモ帳などに記録しながら行っていく
              モンテカルロ法を完全解説|確実に利益を出せるカジノ必勝法

              ウィナーズ投資法

              ウィナーズ投資法の流れ(使用例)

              ウィナーズ投資法 負けた場合

              ウィナーズ投資法 勝った場合

              【使用する状況】2連敗以上した時
              【ゲームの賭け金】記録の左端の数字を2倍にした金額を次のゲームにベット
              【ゲームに負けた場合】数列の右端に賭けた金額を記録
              【ゲームに勝った場合】数列の左端の数字を1つ削除
              【攻略法の止め時】記録した数字が全て無くなった時(この時点で利益は確定となります。)

              ウィナーズ投資法のメリット

              • 連敗が続いても賭け金が大きくなることがない
              • 5連敗後の5連勝などの結果の場合、同じ五分五分でも利益を出すことができる

              ウィナーズ投資法 リスクと解決策

              ウィナーズ投資法 勝ち負けが交互となった場合

              ウィナーズ投資法をうまく使う2つのポイント

              1. 勝ち負けが交互となる勝負の場合、深追いせずに一度ゲームを切り上げて再スタートする
              2. 慣れるまではメモ帳などに勝負を記録して行きながら攻略法を使う
              確実に稼ぐためのウィナーズ投資法|少ないリスクで利益を獲得

              グランマーチンゲール法

              グランマーチンゲール法の流れ(使用例)

              グランマーチンゲール法の流れ(使用例)

              【使用する状況】ゲームに負けた時
              【ゲームに負けた場合】賭け金を2倍にした額+α(最初の賭け金)を次のゲームに賭ける
              【ゲームに勝った場合】それまで賭けていた倍賭け+αの金額をリセットする

              グランマーチンゲール法のメリット

              • 勝った場合の利益が大きい為、連敗時の損失額を一度で取り戻すことが出来る。
              • 連敗が続いても1度の勝ちで利益を出すことが出来る

              グランマーチンゲール法 リスクと解決策

              グランマーチンゲール法 連敗時の損失額

              グランマーチンゲール法をうまく使う4つのポイント

              1. 倍賭けのリスクを抑えるため最初の賭け金は小さく設定しておく
              2. テーブルに設定されているリミット額を確認し、できる限り限度額の大きいテーブルを使用する
              3. 連敗の回数(賭け金の上限)を決めておく
              4. 最初からゲームに賭け金をベットするのではなく、様子を見てゲームに参加する
              一撃で利益が出るグランマーチンゲール法の実践例と検証結果

              3倍マーチンゲール法

              3倍マーチンゲール法の流れ(使用例)

              3倍マーチンゲール法の流れ(使用例)

              【使用する状況】ゲームに負けた時
              【ゲームに負けた場合】賭け金を3倍にして次のゲームに賭ける
              【ゲームに勝った場合】それまで賭けていた3倍賭けの金額をリセットする

              3倍マーチンゲール法のメリット

              • 勝利時の儲けが高い

              3倍マーチンゲール法 リスクと解決策

              3倍マーチンゲール法 連敗時の損失額

              3倍マーチンゲール法の応用

              3倍マーチンゲール法の応用

              3倍マーチンゲール法をうまく使う5つのポイント

              1. テーブルリミットや賭け金の増大を考え、投資法を使用するタイミングをずらす(例:3度目の負けから使用)
              2. 連敗が続くと賭け金の増大が激しいので、最初の賭け金は少なめに設定しておく
              3. 予め遊ぶテーブルのリミット額を確認しておく
              4. テーブルリミットの上限額が高いテーブルで遊ぶ
              5. 連敗の回数(賭け金の上限)を決めておく
              3倍マーチンゲール法の全て|負けを利用して大きな利益を獲得

              勝った時に使う6つのバカラ攻略法

              パーレー法(逆マーチンゲール法)

              パーレー法(逆マーチンゲール法)の流れ(使用例)

              バーレー法(逆マーチンゲール法)の流れ(使用例)

              【使用する状況】ゲームに勝った時
              【ゲームに勝った場合】賭け金を2倍にして次のゲームに賭ける
              【攻略法の止め時】ある程度の利益を出せたら一度攻略法を切り上げる

              パーレー法(逆マーチンゲール法)のメリット

                マーチンゲール法とは
              • 連勝すればするほど大きな利益を得ることができる
              • 勝つたびに賭け金を倍増していく攻略法なのでリスクが少ない

              パーレー法(逆マーチンゲール法) リスクと解決策

              バーレー法(逆マーチンゲール法) 連勝後の負け

              パーレー法(逆マーチンゲール法)をうまく使う3つのポイント

              1. ゲームを始める前に目標金額(利益達成額)を決めておく
              2. 連勝の回数(引き際)を決めておく
              3. 負けて全ての利益を失う前に、目標金額が達成出来たら攻略法を切り上げる
              パーレー法を徹底検証|攻めの必勝法で短時間に大きな利益を獲得

              グランパーレー法

              グランパーレー法の流れ(使用例)

              グランバーレー法の流れ(使用例)

              【使用する状況】ゲームに勝った時
              【ゲームに勝った場合】賭け金の2倍+α(最初の賭け金)を次のゲームに賭ける
              【攻略法の止め時】ある程度の利益を出せたら攻略法をリセットする

              グランパーレー法のメリット

              • パーレー法よりも利益を追求した攻略法
              • 連勝時の利益が非常に大きい

              グランパーレー法 リスクと解決策

              リスクその① 連勝後の負け

              グランバーレー法 連勝後の負け

              グランバーレー法 3連勝のサイクル

              リスクその② 勝ち負けが交互となった場合

              グランバーレー法 勝ち負けが交互となった場合

              グランパーレー法をうまく使う4つのポイント

              1. 目標金額(利益達成額)を決めてからゲームを行う
              2. 連勝の回数を決めておく
              3. リスクを抑えるなら3連勝1サイクル
              4. 勝ち負けが交互になる勝負では一度攻略法を切り上げて、再度流れを確認しながら攻略法を使用する
              大きく稼げるカジノ必勝法!グランパーレー法の検証結果と実践例

              グッドマン1235法

              グッドマン1235法の流れ(使用例)

              グッドマン1235法の流れ(使用例)

              【使用する状況】ゲームに勝った時
              【ゲームに負けた場合】攻略法をリセットし再スタート
              【ゲームに勝った場合】「1235」と順に賭け金を賭けていく(単価が1ドルの場合)

              グッドマン1235法のメリット

              • 2連勝さえしてしまえば、その直後のゲームで負けても利益を残すことができる

              グッドマン1235法 リスクと解決策

              グッドマン1235法 勝ち負けが交互となった場合

              グッドマン1235法をうまく使うポイント

              • 勝ち負けが交互の勝負の場合、深追いせずに一度ゲームを切り上げて攻略法を再スタートさせる
              【徹底解説】効果的なグッドマン法(1235法)の賭け方と注意点

              バーネット1326法

              バーネット1326法の流れ(使用例)

              バーネット1326法の流れ(使用例)

              【使用する状況】ゲームに勝った時
              【ゲームに負けた場合】攻略法をリセットし再スタート
              【ゲームに勝った場合】「1326」と順に賭け金を賭けていく(単価が1ドルの場合)

              バーネット1326法のメリット

              • 2連勝さえすれば直後のゲームで負けても利益を出すことができる
              • 連敗が続いても賭け金の増大が緩やかで、損失額も大きくならない

              バーネット1326法 リスクと解決策

              バーネット1326法 勝ち負けが交互となった場合

              バーネット1326法をうまく使うポイント

              • 勝ち負けが交互となるゲーム結果が続く場合は、一度切り上げて再度攻略法をスタートさせる
              長期戦で確実に利益を増やす手堅いバーネット法(1326法)

              イーストコーストプログレッション法

              イーストコーストプログレッション法の流れ(使用例)

              イーストコーストプログレッション法の流れ(使用例)

              【使用する状況】ゲームに勝った時
              【ゲームに負けた場合】攻略法を終了
              【ゲームに勝った場合】勝ち金の4分の1を手元に残し、残りの4分の3の金額を次のゲームに賭ける

              イーストコーストプログレッション法のメリット

              • 利益の増え方は少ないが、連勝時に負けたときでも利益を残せる

              イーストコーストプログレッション法をうまく使うポイント

              • 長時間かけてコツコツ稼ぎたいときに使用
              勝っても負けても利益が上がるイーストコーストプログレッション法

              オスカーズグラインド法

              ゲームに勝った時に賭け金を1単位増やしていく戦略内容となります。 大負けすることはなく、着実に稼ぐことに向いている攻略法となります。 ゲームに勝った時に使ってください。

              オスカーズグラインド法の流れ(使用例)

              オスカーズグラインド法の流れ(使用例)

              【使用する状況】ゲームに勝った時
              【ゲームに負けた場合】賭け金は変えずに同額を次のゲームに賭ける
              【ゲームに勝った場合】1単位の賭け金を増やして次のゲームに賭ける(1単位が1ドルの場合、1ドル→2ドル→3ドル、1単位が5ドルの場合、5ドル→10ドル→15ドル)
              【攻略法の止め時】勝った時のトータル金額が±0となった時、利益が出た場合(最初のゲームで利益が出たらその時点でやり直し)

              オスカーズグラインド法のメリット

              • 長期戦になっても資金の増減が緩やか

              オスカーズグラインド法をうまく使うポイント

              • 累計損益が±0となったとき、賭け金(単位)が大きくなっているようなら、一度初期値に戻し、大きくなった賭け金をリセットする
              カジノで着実に稼げるオスカーズグラインド法を使いこなす全知識

              その他6つのバカラ攻略法

              ハーフストップ法

              ハーフストップ法の流れ(使用例)

              ハーフストップ法の流れ(使用例)

              【使用する状況】利益が出た時
              【使用する賭け金】利益の半分
              【1ゲーム時に賭ける金額】利益の半分内の金額で自由に賭け金を設定
              【攻略法を使用してさらに利益を出した場合】一度ゲームを切り上げ、再度半分の額を使用する賭け金として設定しなおす

              ハーフストップ法のメリット

              • 利益の半分は確実に確保できる
              • ギャンブルゲームに必須な「止め時のタイミング」を教えてくれる

              ハーフストップ法をうまく使うポイント

              • 利益の半分を全て失って攻略法を終了するのではなく、ある程度利益が出た時点で一度仕切り直しをする
              ハーフストップ法|利益を確実に残すカジノ必勝法の検証結果と実践例

              ピラミッド法(ダランベール法)

              ピラミッド法(ダランベール法)の流れ(使用例)

              ピラミッド法(ダランベール法)の流れ(使用例)

              【使用する状況】どのゲームでも使用可能
              【ゲームに負けた場合】賭け金を1単位増やした額をベット(1単位とは最初の賭け金)
              【ゲームに勝った場合】賭け金を1単位減らした額をベット(1単位とは最初の賭け金)

              ピラミッド法(ダランベール法)のメリット

              • 連敗続きの場合でも資金の増減が緩やか

              ピラミッド法(ダランベール法) リスクと解決策

              ピラミッド法(ダランベール法) 最初で連敗が続いてしまった場合

              ピラミッド法(ダランベール法)をうまく使うポイント

              1. ゲームを始めた時に連敗が続くようなら一度仕切り直しをする
              2. 短期戦ではなく、長期戦でコツコツ稼ぎたい場合に使用
              少ない資金で稼ぐ!数学者が開発したピラミッド法(ダランベール法)

              10ユニット法

              10ユニット法の流れ(使用例)

              10ユニット法 使用する前の準備

              10ユニット法 勝った場合

              10ユニット法 負けた場合

              【使用する状況】どのゲームでも使用可能
              【ゲームを始める前の準備】10ユニット分の数値「1111111111」を用意。(1ユニット=目標金額÷10) 例:目標金額10ドルだった場合、1ユニット当たりの金額は1ドルとなる
              【リミット数の設定】ユニット数(リミット数)=負け額限度額 勝った場合、勝った分のユニット数をリミットに追加。負けた場合、負けた分のユニット数をリミットに追加。
              【賭け金】ユニット数列の左端と右端の数字を合計したユニット数をベット(1ユニットの単価が1ドルの場合、数列「11111」の2ユニット分の金額2ドルを賭ける)
              【ゲームに負けた場合】ユニットの数列の右端に使った賭け金(ユニット数)の数字を記入
              【ゲームに勝った場合】ユニットの数列の左端と右端をそれぞれ1つずつ消す

              10ユニット法のメリット

              • 数列(10ユニット)を全て消すことができれば利益は確定される

              10ユニット法 リスクと解決策

              残高リミット数が足りない場合

              ゲームが進行していき、「10 11 12 13 マーチンゲール法とは マーチンゲール法とは 14 15」と言った数列になった場合、通常の賭け金は「数列の両端を足した25ユニット分」の賭け金が必要となりますが、リミット数が20ユニットの場合は賭けることができません。この場合は、数列の左端のユニット数を賭け金としましょう。(10ユニット)

              残高リミット数が足りない場合②

              通常の賭け金は、数列「10 11 12 13 14 15」の両端を合計した25ユニット分の賭け金となります。しかしこの場合、リミット数が5ユニットしかありませんので、左端の数字のユニット数ですら用意できません。このような状況の場合は、全てのリミット分のユニット数を賭けてゲームを行いましょう。(5ユニット)

              関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる