外国為替ニュース

テイクプロフィットとは

テイクプロフィットとは
世界的にも非常に注目されているのが、「トライセクター・リーダー(Tri-sector Leader)」の重要性です。民間(企業)・公共(政府)・社会(非営利団体)の3つを横断して活躍するリーダーがこれからの時代を切り拓いていくという考え方です。マイクロソフトから今は財団活動に身を投じているビル・ゲイツも一例です。また、アル・ゴアは副大統領まで政治を極めた後に「不都合な真実」で環境活動家として名を成し、さらには環境市場への投資で財を成しています。シェリル・サンドバーグも世界銀行でのキャリアをGoogleで開花させ、FacebookのCOOとして辣腕を振るっていますが、ユーザーデータ問題への対処でも彼女の行政経験が活かされるでしょう。どれか一つだけの経験しかないというシングルセクターリーダーでは頭打ちになるという考えは世界中の経営者たちに広がっています。仕事をしていく上で、セクターをまたぐ、つなぐといった経験が極めて重要になってきているのです。

【EAご紹介】GZ_RSI_multi_M5

■EA対応業者について GMT_Offset値が GMT+2 , GMT+3 の業者 になります。 ■投資コンセプトおよび特徴 ・ 「RSI」 と 「エンベロープ」 、 「チャートパターン」 を利用した 逆張り型EA であり、短時間足でエントリー、決済をする デイトレード性が高いシステム です。(まれに数日ポジションを保有します) ・最大ポジション数を1としているため、リスク管理がし易いです。 ・ナンピン、マーチンゲールなどのリスクの高い手法は使っていません。 ・複数通貨ペアの ポートフォリオ を組むことにより、 利益の最大化および最大ドローダウンの低下 を行っています。 ・短期で爆発的に利益を得るEAではなく、 長期(1年単位など)での運用 を目的としたシステムとなります。 ・週跨りのリスクを考慮し、 週末決済機能 を搭載しております。 ■開発時のこだわり ・バックテストに TDS(Tick Data Suite) を使用しているため、通常のバックテスト (疑似ティック)に比べ、よりリアルの相場に近い環境でも優位性があることを確認しています。 ・東日本大震災、ギリシャ危機、チャイナショックなどの大きなイベントも乗り越えられるよう、 バックテストは2008年から10年以上のデータを元にしました。 ・FXをギャンブルではなく、株などと同様に資産運用の一部としてご採用頂けるよう、長期で テイクプロフィットとは 安定して利益を上げられるようなEA設計としています。

■バックテスト詳細(12年) ・ツール : TDS(Tick data suite) ・期間 テイクプロフィットとは : 2008年1月1日 ~ 2020年8月30日 ・ヒストリカルデータ: dukascopy ・ロット数: 0.1 lot ・手数料: 0.テイクプロフィットとは 1 lot(往復)=70円 テイクプロフィットとは ■ポートフォリオ(5通貨ペア)

1.最大スプレッド → 最大スプレッドのピップス数です。(設定値を超えた場合は取引致しません) (デフォルト:3.0pips) 2.スリッページ → スリッページです。(pips単位) (デフォルト:3pips) 3.ロット数 → 固定のロット数です。 テイクプロフィットとは (デフォルト:0.1lot) 4.マジックナンバー → マジックナンバーです。 他の自動売買ソフトウェア(EA)と同時に使用する場合は、 他のEAのMAGICと競合しないように設定を変更してください。 5.ストップロス → ストップ値のpips数を設定ください。 6.テイクプロフィット → リミット値のpips数を設定ください。 7.コメント → トレードコメントを設定ください。 【各通貨ペアのデフォルト設定】 <EURJPY> MAGIC: 202255101 SL: 80 TP: 100 コメント: 24866:GZ_RSI_multi_M5_EURJPY <EURUSD> MAGIC: 202255102 SL: 100 テイクプロフィットとは TP: 100 コメント: 24866:GZ_RSI_multi_M5_EURUSD <GBPJPY> MAGIC: 202255103 SL: 120 TP: 180 コメント: 24866:GZ_RSI_multi_M5_GBPJPY <GBPUSD> テイクプロフィットとは MAGIC: 202255104 SL: 100 テイクプロフィットとは TP: 100 コメント: 24866:GZ_RSI_multi_M5_GBPUSD <USDJPY> MAGIC: 202255105 SL: 100 TP: 100 コメント: 24866:GZ_RSI_multi_M5_USDJPY ■開発方針 1. エントリー、決済の判断はローソク確定後に行う。 2. バックテストに「 TDS(Tick data suite) 」を使用する 3. 取引数において年間で最低50~100回はあること 4. バックテストの期間は最低10年はあること 5. 過剰最適を避けること ■皆様の大切な資金を守るためのお願い ・必ず「 ニューヨーク時間(冬時間GMT+2、夏時間GMT+3) 」のブローカーで ご使用ください。(多くのブローカーが採用しており基準となっているためです) ・ テイクプロフィットとは 長期運用(1年単位など) をお願い致します。 ・相場は何が起こるかわかりません。短期的にみると勝つか負けるかは運次第となりますが、 バックテスト結果の通り、長期的に右肩上がりとなっているので、非常にエッジのある システムであると考えております。

18年間プロダクトマネジメントを生業にして来た男を支える「5%の光」とは~楽天トラベル齊藤満氏の流儀【及川卓也のプロダクトマネジャー探訪】

共にMicrosoftでプログラムマネジャーをしていた経験を持つ及川氏と齊藤氏

齊藤 開発のことが分かり過ぎていると、PDM自らが「ここまでやるのは無理かも」と考えがちだからです。本来、PDMはユーザーインタビューだったりユーザーリサーチの結果を踏まえた上で、ユーザーにとって最もベストなこと、そしてクライアントにとって最良なのは何かを考えてPRD(Product Requirement Document / 製品要求仕様書)を書くべきだと思うんです。そこで技術的な制約を考慮してはいけない。

及川 PDMが高い要求をすることで、エンジニアチームと「健全な衝突」をしなければ良いモノができないと?

齊藤 そう思います。私がMicrosoft本社で働いていた時、こんなやり取りがあったのを思い出します。私の作った担当製品のプログラム仕様を見せたら、エンジニアにこう言われたんです。「お前、ディベロッパーをナメてんのか」と(苦笑)。

及川 「ソフトウエアに不可能はない」ってヤツですね。

齊藤 ええ、かのデビット・カトラー(編集部注:名著『闘うプログラマー~ビル・ゲイツの野望を担った男たち』でも知られる、Microsoft Windows NTなどの開発設計者)の言葉そのものです。

及川 PRDを作成する段階では、エンジニアチームの意見は聞かないんですね。

齊藤 正確には、開発におけるウィッシュリストをエンジニアも含めたチーム全員に開放しているので、そこから意見を吸い上げたりはしていますが。エンジニアチームには、我々が作成したPRDから【Devスペック】と【テストスペック】のドキュメントを作成します。

及川 ここでも、「ソフトウエアには不可能はない。唯一あるとしたら、それはリソース的な制約なんだ」というカトラーの金言をベースにしているわけですね。

齊藤 そうです。

及川 ちなみに、以前、ある企業のCTOに「プロダクトマネジャーはPL(損益計算書)も見るべき」と言われたことがあるのですが、楽天トラベルではいかがですか?

齊藤 本質的には見るべきだと思っています。ただ、楽天トラベルでは、まだそこまでできるPDMが育っていないというのが現状です。

及川 もう少し細かく聞きます。具体的なプロフィットとロスで言うと、どこまで見ることを期待していますか?

齊藤 私たちはGMSと呼んでいるんですが、ある機能をリリースしたことで起こる、売上や利益への影響度を見るべきだと言っています。

及川 なるほど。事業全体のPLを見るとなると、セールスの売上やそれに紐づくコストなどとPDMの範疇を超えてしまう部分も出てきますから、あくまでもサービスやプロダクトに限定するというのは理に叶っていると思います。

齊藤 そう思います。そこは私も悩みのタネです。私の中では、自分が本当に使いたいと思えるプロダクトを考える脳みそが全体の9割。ですからまだ、プロフィットを考えるのは、試行錯誤中という他ありません。

及川 四半期ごとにそれを見るのか、それを2年間猶予を持たせてくれるのかによっても違いますしね。

齊藤 確かに、そう思います。

及川 もし2年間猶予があったら、ひたすらユーザー体験を良くしていけば結果は付いてくることを証明できると思いますが、四半期で見られてしまったらおそらく証明することはできないでしょう。かといって、短期的なプロフィットを求めれば、長期的にはユーザーが離れていくリスクもある。

齊藤 はい。まさにそこも現在進行形で悩んでいるところです。おっしゃる通りPLを見過ぎると、現状の延長線上にあるようなアイデアしか出せなくなってしまいますし。

クロスフィールズが生み出す「世界で通用するリーダー」とは

世界的にも非常に注目されているのが、「トライセクター・リーダー(Tri-sector Leader)」の重要性です。民間(企業)・公共(政府)・社会(非営利団体)の3つを横断して活躍するリーダーがこれからの時代を切り拓いていくという考え方です。マイクロソフトから今は財団活動に身を投じているビル・ゲイツも一例です。また、アル・ゴアは副大統領まで政治を極めた後に「不都合な真実」で環境活動家として名を成し、さらには環境市場への投資で財を成しています。シェリル・サンドバーグも世界銀行でのキャリアをGoogleで開花させ、FacebookのCOOとして辣腕を振るっていますが、ユーザーデータ問題への対処でも彼女の行政経験が活かされるでしょう。どれか一つだけの経験しかないというシングルセクターリーダーでは頭打ちになるという考えは世界中の経営者たちに広がっています。仕事をしていく上で、セクターをまたぐ、つなぐといった経験が極めて重要になってきているのです。

クロスフィールズ自体からもトライセクター・リーダーを生み出せると考えていますか。

まさに私たちのメンバーも、社会課題領域とビジネス領域の両方を行き来しています。たとえば、クロスフィールズを退職したメンバーの例では、三井物産や伊藤忠といった大手商社からクロスフィールズを経て、海外のトップスクールに留学し、マッキンゼーからオファーを断ってその先のチャレンジをしている例があります。また、GEからクロスフィールズを経て、自身で起業した例もあります。いずれもクロスフィールズにいた3年ほどで、この世界観を見て自分のやりたいことを見つけたり、探索すべき方向性を切り拓いたりしているのです。キャリアにおいて、この「意図的な踏み外し」を一度してみると、自分の方向性が見つけやすいのではないでしょうか。NPOという特殊なキャリアを経るとその先が厳しくなるというイメージは実際には当てはまりません。そういった意味で、クロスフィールズ自身がトライセクター・リーダーを生み出す場として機能していると思います。

クロスフィールズが株式会社ではなくNPOである意味は何でしょうか。

NPOはNon-Profit Organizationの略で、非営利団体といわれますが、利益についての考え方も改めるべきかもしれませんね。

NPOを「ノン・プロフィット」と訳すのには違和感があって、正しくは「ノット・フォー・プロフィット」、つまり営利が目的ではない、と考えるべきだと思っています。むしろプロフィットをしっかりと作って課題解決に向かうのが本質であり、企業と同様に経営していくものなのです。最近のベンチャー企業にも「ノット・フォー・プロフィット」の精神は見受けられます。利益は手段として必要だが、それよりも社会を変えるのだという気概ある経営者がたくさんいます。若い世代においては、ベンチャーとNPOの世界観が近づきつつあるのですね。

クロスフィールズのメンバーたちは、実際どのように活動されているのですか。

核になるのは「プロジェクトマネージャー」という役割です。留職プログラムを取り入れる企業人事部の方と一緒にプログラムの企画を行うとともに、派遣される社員の方がアジアの社会課題の現場で成果を出すまでを一貫して伴走します。イメージとしては、日本ではスーツを着て人事部に出入りしてかっちりと仕事をし、新興国ではバックパッカーのように駆けずり回って共感を武器に仕事をしながら、1つ1つ手作りでプログラムを作っていく感じですね(笑)。

留職プログラムは、大きくは「企画設計」「実施支援」の2つのステップがあります。
企画設計では、主に人事部の方と一緒にプロジェクトを企画していきます。
企業のニーズに応えるプログラムを設計し、人事担当者と一緒に派遣者を面接・選考し、その方のこれまでのキャリアやスキル等について聞き取りながら、マッチする活動団体のテーマや、業務内容の要件定義を行います。同時に留職先となる新興国側のNPOや社会的企業の候補団体と交渉し、現地の課題を抽出します。非常に高度な問題解決スキルを発揮しながら、日本語と英語でコミュニケーションし、日本企業と新興国NPOという全く異なるコミュニティ双方のニーズを合致させていくのがプロジェクトマネージャーのミッションとなります。

クロスフィールズ自体の今後をどう考えていますか。

これまでの7年間は留職プログラムの確立に集中してきましたが、留職の社会的インパクトを力強く感じ始めたいま、事業領域を拡張しはじめているところです。留職の対象は主に若手でしたが、現在のマネジメント、エグゼクティブ層にもアプローチを始めています。「社会課題体感フィールドスタディ」という1週間程度のプログラムで、先日も6社の大企業から部課長の方々13人をインドの農村部にお連れしました。実はインドでは地方でもIoT化が進んでいて、たとえば乳牛にウェラブルデバイスが付けられており、搾乳のタイミングが自動で分かり、搾乳するとその値決めもその場でできるようになっています。中間業者を外せるので、市場の活性化につながっています。また、遠隔診療も、日本より圧倒的に進んでいます。このプログラムでは、そうした進化の現場とともに、スラムの現状も見ていただき、世界の裏側の人たちの生活に思いを馳せるとともに、テクノロジーがそうした世の中を変えていく状態をリアルに感じていただきます。大企業の役員や部長が持っているイメージを壊すようなギャップを感じて頂くのです。
1週間ですが、エグゼクティブの方に社会課題の現場を体感いただくことで、「自社もこれから変わらねば」という危機感と、「若手のチャレンジを応援しよう」という意識の醸成につながるのです。大手の自動車会社や通信会社の40代50代の部長クラスで経営企画や新規事業開発などに携わられているような方が参加されていますが、企業からの反響が大きく、このプログラムは新規の受付をいったんお断りしているような状況です。
もう一つ、日本国内でもフィールドスタディを試みています。これは、東北の、東日本大震災の今まだ残る爪あとを見て回り、社会課題を正面から感じる体験です。被災地の現状や原発が引き起こしたことの結果を改めて直視することで、エグゼクティブに刺激を与えていますが、ひいては企業の経営のあり方にも影響を与えていけるものと、今まさに確信を深めているところです。企業と社会課題を結びつける方法は、このようにまだいろいろと考えられます。そうした新規事業の企画開発にもどんどんチャレンジしていきたいですね。

シンプルプル テイクプロフィットとは USDJPY 5分足

2016年1月に資金131万円で運用開始していたら、214万円に。
年間平均の利益は12万円でした。 算出方法はこちら

テイクプロフィットとは テイクプロフィットとは テイクプロフィットとは テイクプロフィットとは
指標 システム
登録前
システム
登録後
全期間
平均年利 33.0% -11.0% 9.0%
検証年月 3年1ヶ月 3年5ヶ月 6年6ヶ月
勝率(月単位) 73.0% 39.0% 55.0%
売買数 3488回 2411回 5899回
プロフィットファクター 1.41 0.82 1.13
最大ドローダウン額 - - 63万円
トレード平均期間 0.5日 0.7日 0.6日
勝率(トレード別単位) 66.0% 58.0% 62.テイクプロフィットとは 0%
ペイオフレシオ 0.73 0.59 0.67
期待値 381円 テイクプロフィットとは / 0.0% -203円 / 0.0% 129円 / 0.0%
テラスによる検証の詳細
通貨ペア USDJPY スプレッド 約1.5 pips
時間足 5分足 レバレッジ 25倍
基本ロット 一万通貨 最大ポジション数 20
※利益グラフの上に表記している資金(万円)は、「最大ポジション保有時に必要な証拠金」+「過去に発生した最大ドローダウン額」を余裕資金として足したものです。
※本システムを含むメタトレーダー4の最大ドローダウン額は「決済」ベースではなく、より実運用に近い「含み損」ベースでの算出です。

システム説明

~基本情報~
・EA名:Simpleple(シンプルプル)
・通貨ペア:USDJPY
・取引スタイル:デイトレード、スイングトレード
・使用時間足:5分足
・推奨ブローカー:全ブローカーで稼働可能

高収益を得ることができる上に、損失を被る危険性も少ないEAです。
3年間のバックテストでは
最大ドローダウンが21.2%
資産2.6倍
と好成績です。
(テストしたブローカーはOANDAのリアル口座です)

本EAはパラメータ設定画面で各取引の最大損失(%)を設定できます。
各取引での最大損失をあらかじめ設定しておくことで
リスクを限定でき、メンタル的に落ち着いてトレードができます。


~その他~
・ナンピンやマーチンゲール法のような危険な手法は一切使用していません。
・テイクプロフィットとストップロスを注文と同時に入れますので、急にPCが落ちてしまった、などの不測の事態でも焦る必要はありません。
・最大同時保有ポジションは10ですが、基本的には3以内におさまります。
・各取引の最大損失(%)の推奨は1%です。


トレードシステム・EAを手に入れる


このトレードシステム・EA(ロジック非公開型)を 29,800円 (税込)で手に入れることができます。

よくある質問

複数のFX会社で稼働させたり、同時にいくつも運用したいのですが、稼働制限はありますか? いいえ、特に稼働制限は行っておりませんので、どのFX会社でも、またいくつでも同時に稼働いただけます。 損切りは行いますか? はい。無限に損失が発生しないように、損切りを行うようになっています。
相場の状況により10〜80pipsの範囲で損切りします。 複数枚の投資を行いますか? はい。最大10枚まで投資を行います。 少ない資金で投資をはじめられますか? 基本ロットを変更できますので、少ない資金で投資がはじめられます。
たとえば、基本ロットを1万通貨ではなく、1000通貨に変えることで、10分の1の資金で投資をはじめることができます。ただし、1000通貨で投資が可能なFXブローカーで取引をする必要があります。
国内ではForex.com Japan、海外ではFXDDなどが1000通貨対応のFXブローカーです。
逆に基本ロットを増やすことで、多くの資金を投資することもできます。 購入後のサポートはありますか? マニュアルにて各種設定などの解説をしておりますが、
さらにメールによるユーザー・サポートを行っておりますので、ご安心ください。 円口座でも自動売買できますか? はい。ドル口座はもちろん、円口座にも対応しています。 このシステムトレードを利用できるFX業者はどこですか? MetaTrader 4 を取引プラットフォームとして採用しているFX業者ならばどちらでも使用可能です。 システムトレードする通貨ペアを教えてください。 次の1通貨ペアでトレードできます。
アメリカドル/日本円(USDJPY) 何分足のチャートを利用しますか? 5分足です。

MT4のウィークリーオープン水平ターゲットラインインジケーター

ウィークリーオープン水平ターゲットラインインジケーターとは何ですか?

ウィークリーオープン水平ターゲットラインインジケーターはどのように機能しますか?

このウィークリーオープン水平ターゲットラインインジケーターには、その週の始値を中央線として自動的にマークし、それを1週間延長するアルゴリズムがあります。 次に、ポイントで指定された距離に基づいて、中央の線の上下に2本のターゲット線をプロットします。 距離を測定するために使用されるポイント値は、トレーダーによって選択されます。 ただし、これは50ピップまたは500ポイントの距離で事前設定されています。

MT4のウィークリーオープン水平ターゲットラインインジケーターの使用方法

トレードセットアップを購入する

いつ入るの?

いつ終了しますか?

トレードセットアップを売る

いつ入るの?

いつ終了しますか?

結論

ウィークリーオープン水平ターゲットラインインジケーターは完全に正確ではありません。 ただし、この指標を使用するトレーダーは、ターゲットを十分に遠くに配置してリスクと報酬の比率を非常に高くすることができるため、そうである必要はありません。 価格は目標に到達する場合と到達しない場合がありますが、目標に到達する取引は通常、損失に比べて利益が大きくなるはずです。 それでも、トレーダーは誤ったシグナルを頻繁に取引することを避ける必要があります。そのような損失は蓄積され、勝った取引の利益を無効にする可能性があるからです。


MT4のウィークリーオープン水平ターゲットラインインジケーターーが将来の価格変動を予測するのに役立つ過去および現在の価格情報を分析するために使用されます。 トレーダーは、プラットフォームに含まれる幅広い技術指標に加えて、指定された要因に基づいて独自のカスタムインジケーターを作成したり、MT4 インジケーター ライブラリーからダウンロードすることができます。

MT4のウィークリーオープン水平ターゲットラインインジケーター は、将来の価格変動の予測を目的とした証券価格および/または数量の数学的操作である。 ポジションの開閉方法の決定は、テクニカル指標からのシグナルに基づいて行うことができます。機能に応じて、インジケーターはトレンドインジケーターとオシレーターの2つのグループに分けられます。 トレンドインジケーターは、価格の方向性を評価し、回転モーメントを同期的に検出したり、遅延を検出したりするのに役立ちます。発振器は、回転モーメントを前方または同期的に検出できます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる