取引システム

スリッページとは何ですか

スリッページとは何ですか
指値注文の仕組み

スリッページとは - クリックした時と約定した時の価格がズレる?!

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng スリッページとは何ですか Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

掲載情報について 当サイトに掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。また、掲載されている評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 口コミの内容はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 最新情報は各FX会社の公式サイトにてご確認ください。 『みんかぶ(FX/為替)』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 キャンペーン・特典は各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。 ランキング根拠について 各ランキングページに評価項目を掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。

FXのスリッページとは何?【発生する仕組みや防ぐ方法を解説】

FXのスリッページとは

FXのスリッページとは

指値注文の仕組み

と思うかもしれませんが、逆指値注文は細かくいうと「 設定価格になったことをきっかけに発注される成行注文 」というシステムなんです。

FXのスリッページとは

逆指値注文の仕組み

スリッページが発生しやすいとき

流動性が低い時間帯のFX取引

FXのスリッページとは

FXの流動性

というわけで、流動性が低くなるほど「 思惑どおりの売買が成立しない ≒ スリッページが発生しやすい 」ということを認識しておきましょう。

スリッページを回避したいのなら、 流動性が高い時間帯でのFX取引 が無難ですね。

  1. 9:00(東京市場が開く時刻)
  2. 17:00(ロンドン市場が開く時刻)
  3. 22:00(ニューヨーク市場が開く時刻)

流動性が低い通貨ペアでのFX取引

日本円の絡む通貨ペアでもっとも流動性が高いのは「 米ドル/日本円 」です。

通貨ペアごとの流動性の判断基準は、 よく聞くメジャーな通貨ほど流動性が高い という認識でOKだと思います。

経済指標の発表直後

週末リスクでレートが乖離したとき

つまり、 土曜日と日曜日のおよそ2日間は空白期間 になります。

もしその2日間で世界経済に大きな出来事があると、 金曜日の 終値 おわりね と月曜の 始値 はじめね がレートが乖離 してしまうリスクがあります。

これを「 週末リスク 」と言います。

FXのスリッページとは

週末リスクによるレートの乖離

スリッページとは?意味と注意点をわかりやすく解説!【お金マン】

お金まん.png

スリッページ幅は固定ではありませんので、発注・決済でそれぞれ0.5pips、1.0pipsとしています。
この例では、一回のトレードでスリッページによる損失が1.5pipsとなることが確認できますね。
「このくらいの損失は気にならない」と言う方もいると思いますが、冒頭でいった通りスキャルピングなど短期間に複数回のトレードを行う手法で大きな損失に繋がってしまいます。
ただし、発注・決済タイミングのズレによっては、得をすることもあります。
<スリッページがない場合> <(a)スリッページがある場合>
発注ポイント:100.050 発注ポイント:100.045
決済ポイント:100.150 決済ポイント:100.160
収 益:10.0 pips 収 益:11.5 pips

スリッページの発生要因は?毎回発生するの?

【お金マン】8月2記事目③.png

① 証券会社におけるシステム強度の強弱:タイムラグ
発注・注文から約定までには、証券会社を介しているためタイムラグが大きければ大きいほど、スリッページが大きくなります。
こちらの要因は今までの説明でイメージしやすいと思います。

② 相場における値動きの高低:急激な値動き
重要な経済指標が発表された際や、週明けでマーケットが開いた直後などは一時的に値動きが激しくなります。
この値動きの激しさに比例してスリッページも大きくなります。
例えば、値動きの速度が10倍になったとすると、本来0.1pipsだったスリッページが1pipsとなります。

★☆★ シストレちゃんねる から お得なお知らせ ! ★☆★

デモ訴求ページTOP画像.png

スリッページを減らしたい!対策ってあるの?

① 約定力の高い証券会社を選ぶ
システム強度の強弱は約定力として各証券会社が提示しています。
FXを始める場合、証券会社を選択する必要がありますが、皆さんはどのような指標で選んでいるでしょうか?
多くの方は、スプレッドおよびスワップポイントの大きさや取引プラットホームで選択しており、約定力を気にしている方は少ないと思います。
しかしながら、ここまで説明した通りスリッページは短期売買において無視できない損失につながるため、これを減らす約定力を証券会社選択の1つの項目として考慮しておくことは重要です。

② スリッページ許容範囲を設定する
多くの証券会社では、スリッページの許容範囲を設定しておくことができます。
スリッページの許容範囲を0.1pipsと設定すると、上下0.1pipsまでのスリッページなら約定して、これ以上のスリッページの場合は約定しないようにできます。
これにより、スリッページによる損失を減らすことができますね!

許容スリッページとは?設定方法は?

先ほどのスリッページ許容範囲は自由に設定することができます。
そこで、「スリッページ許容範囲をどの程度の大きさに設定すればいいの?」と疑問を持つ方も多いと思いますので、ここでは適切なスリッページ設定について紹介します。

スリッページ設定範囲は取引スタイルおよび相場の状況、通貨ペアにより変えていきましょう。
<取引スタイル>
・短期売買(スキャルピング):0.1~ 1.0pips
・デイトレード:~5.0pips
・スイングトレード:~5.0pips
<相場の状況>
・値動きが激しい相場:~5.0pips
<通貨ペア> スリッページとは何ですか
・低ボラティリティ(USD/JPY、AUD/JPY):0.1~0.5pips
・高ボラティリティ(GBP/JPY、EUR/JPY):0.5~1.0pips

スリッページ対策をする上での注意点

ちなみに、スキャルピングが難しい、トレードしにくいと感じる方はFX自動売買を使うのもおすすめです。
使ったことのない方は、是非一度アイネット証券のループイフダンを使ってみてください。
参考)ループイフダンってどうなの?
参考)FX自動売買のおすすめランキング

FXのスリッページとは何?【発生する仕組みや防ぐ方法を解説】

FXのスリッページとは

FXのスリッページとは

指値注文の仕組み

と思うかもしれませんが、逆指値注文は細かくいうと「 設定価格になったことをきっかけに発注される成行注文 」というシステムなんです。

FXのスリッページとは

逆指値注文の仕組み

スリッページが発生しやすいとき

流動性が低い時間帯のFX取引

FXのスリッページとは

FXの流動性

というわけで、流動性が低くなるほど「 思惑どおりの売買が成立しない スリッページとは何ですか ≒ スリッページが発生しやすい 」ということを認識しておきましょう。

スリッページを回避したいのなら、 流動性が高い時間帯でのFX取引 が無難ですね。

  1. 9:00(東京市場が開く時刻)
  2. スリッページとは何ですか
  3. 17:00(ロンドン市場が開く時刻)
  4. 22:00(ニューヨーク市場が開く時刻)

流動性が低い通貨ペアでのFX取引

日本円の絡む通貨ペアでもっとも流動性が高いのは「 米ドル/日本円 」です。

通貨ペアごとの流動性の判断基準は、 よく聞くメジャーな通貨ほど流動性が高い という認識でOKだと思います。

経済指標の発表直後

週末リスクでレートが乖離したとき

つまり、 土曜日と日曜日のおよそ2日間は空白期間 になります。

もしその2日間で世界経済に大きな出来事があると、 金曜日の 終値 おわりね と月曜の 始値 はじめね がレートが乖離 してしまうリスクがあります。

これを「 週末リスク 」と言います。

FXのスリッページとは

週末リスクによるレートの乖離

FXの約定方式のカウントダウン方式とストリーミング方式の違いは何ですか?

マーケット・エグゼキューション = カウントダウン

LAND-FX

Axiory

IronFX

IronFX

ページナビゲーション

  1. ホーム
  2. FAQ
  3. FXの約定方式のカウントダウン方式とストリーミング方式の違いは何ですか?

最近のコメント

ゆうま のコメント

liam のコメント

iiiiiii のコメント

kaede のコメント

わんちゃん のコメント

gggggg のコメント

海外FX会社

仮想通貨取引所

新着情報・お知らせ

  • XM(XMTrading)が、最大レバレッジを1,000倍に引き上げ
  • SimpleFX(シンプルFX)が、最大レバレッジを1,000倍に引き上げ
  • FXGTが、無料VPSホスティングサービスを提供開始
  • XM(XMTrading)が、仮想通貨取引を再開 - ハイレバ250倍&スワップフリー&24時間365日取引できる
  • HotForex(ホットフォレックス)が、ブランド名を「HFM(HF Markets、HFマーケット)」に変更
  • easyMarkets(イージーマーケット)が、MT5口座を提供開始 - MT5(メタトレーダー5)は変動スプレッド

重要なお知らせ

  • SuperForex(スーパーフォレックス)より、模倣サイトを使った詐欺に関する注意喚起
  • AXIORY(アキシオリー)より、模倣サイトおよびAXIORYを名乗る偽メールに関する注意喚起
  • HotForex(ホットフォレックス)より、偽装サイトに関する注意喚起
  • XM(XMTrading)より、偽サイトや偽アプリに関する注意喚起 - 詐欺に注意
  • AXIORY(アキシオリー)より、お中元ボーナスキャンペーンに関する大切なお願い
  • 廣常智輝(広常智輝、ひろつねともき、Tomoki Hirotsune、徳島県名西郡石井町在住)への警告

キャンペーン

  • IRONX 抽選プレゼント 10ドル分のETC×10名様
  • LAND-FX 100%入金ボーナス
  • XMTrading ロイヤルティプログラム 最大20 XMP/ロット
  • XMTrading 100%+20%入金ボーナス
  • GeneTrade 75%入金ボーナス
  • exness Premier キャッシュバック 最大3ドル/ロット

キャンペーンとボーナス

ニュース・リリース

コントラクト

みんなで海外FXは、個人投資家・トレーダーのためのFX・株式投資総合情報サイトです。 日本国外の証券会社(海外証券会社)、日本国外のFX会社(海外FX会社)の情報を中心に、投資用の各種海外口座における会社選びや口座選びの安心と安全の目安を提供します。 これから海外口座で投資(FXや株式、CFDなど)を始める方も、既に海外口座をご利用でも、どんな方でもご利用いただける情報の提供を行っています。 2016年より、海外取引所を中心に仮想通貨取引所および仮想通貨販売所の掲載を開始しました。

投資は、開始される前に市場の仕組みや各社の定める規定や契約を十分に認識し、取引システムの操作方法への理解を深めていただく必要があります。 金融サービスガイドやリスクの説明は、各社のサポートデスクまでお問い合わせください。 取引を開始される前に、金融サービスガイドやリスク説明をお読みいただくようお願いいたします。 いついかなる場面でも、必ずご自身の意思で投資を開始されてください。

みんなで海外FXが提供する全てのサービス及び全ての情報は、FXや株式投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、勧誘を目的としたものではありません。あわせて、当サイトは、主にユーロ圏在住の日本語スピーカーの方へ向けたものであり、日本在住の方を勧誘することを意図したものではありません。 みんなで海外FXに含まれる市場分析やその他情報は全て個人の見解であり、情報の正確性・普遍性などにおきまして一切の保証・確約をするものでもございません。みんなで海外FXの情報やその内容につきましては万全を期しておりますがその内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じたいかなる損害についてもみんなで海外FXおよび本情報提供者は一切の責任を負うものではないことを予めご了承ください。 みんなで海外FXでは、各種の投資商品及び投資におけるアドバイスは提供しておりません。 みんなで海外FX上の記載事項は、予告なしに内容が変更又は廃止される場合がございます。 ユーザーは、FX会社(海外FX会社、海外FX業者、海外証券会社)の選択、取引口座(海外口座、海外FX口座、証券口座)の開設、資金のご入金、投資行為、その全てをご自身の責任で行うものです。みんなで海外FXは、ユーザーのどのような行為であってもユーザーの責任のもとで発生したいかなる損害に対して責任を負いかねます。 実際に利用する取引口座の設定や環境(スプレッド、ロスカット、マージンコール、取り扱い銘柄など)必ずご自身でご利用となるFX会社(証券会社)にてご確認ください。 みんなで海外FXは、ユーザーが利用するFX会社(証券会社)が提供するサービスにつきまして、一切の責任を負わず、FX会社はみんなで海外FXが提供するサービスに責任を負いません。ご利用のFX会社とみんなで海外FX、それぞれに対しユーザーがその全責任を負う必要があります。 上記されるユーザーの責任につきましては、みんなで海外FXにFXや株式投資だけではなく掲載される全てのファイナンシャル・サービス(電子マネー、オンライン・ウォレット、市況配信サービスなど)においても同様です。投資の抱えるリスクについて十分にご理解とご納得の上でお取引してください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる