外国為替

FXのスリッページとは何ですか?

FXのスリッページとは何ですか?
もっちゃん

窓埋めEA徹底検証|有用性と実戦投入を阻害する2つの問題

窓開けEA

戦略&業者研究

窓埋めEA徹底検証|有用性と実戦投入を阻害する2つの問題

窓埋めとは?

FXでは、市場が週末に閉まることから、 月曜朝の始値と前週末の終値にすき間(窓)が開く ことがあります。

そして、この窓はだいたい短時間で埋まるのが相場のパターンなので、この 窓を埋めようとする相場のパターンを利用してトレードするのが窓埋めです

窓埋めのイメージ

窓埋めこそMT4がおすすめ!

その点、MT4なら、 日曜の晩、PCのMT4を起ち上げておくだけ です。MT4が自動でトレードしてくれるので、普段どおりの生活を送れます。

窓埋めEAの試作

窓埋めEAの改良

  • 窓が大きすぎたり小さすぎればエントリーを見送る。
  • 月曜オープン直後は窓を拡げる方向に動くことが多いので、さらに利ザヤ(利益)を稼ぐ。すなわち、エントリー条件を満たす窓が開いた場合でも、すぐにエントリーするのではなく、さらに数pips拡がるのを待つ。
  • FXのスリッページとは何ですか?
  • 決裁タイミングを逃さぬよう、3種類の撤退ルールを用意した。すなわち、逆指値(ストップロス)、トレーリングストップ、エントリー後に一定時間経過したら決裁する時間ストップを組み合わせた。

窓埋めEAのバックテスト

  • テスト期間:2005/1/1~2018/12/31の 14年間
  • モデル:全ティック (利用可能な最小時間枠による最も正確な方法)
  • ヒストリカルデータ:FXDD
  • 時間足:5分足
  • エントリーする窓サイズの下限:7pips
  • エントリーする窓サイズの上限:120pips
  • ストップロス:40pips
  • 時間ストップ:8時間後

USDJPY

PFも1.73と 一番成績が良かった です。このままの設定でも使えそうです。

窓埋め:USDJPY

GBPJPY

窓埋め:GBPJPY

EURUSD

窓埋め:EURUSD

GBPUSD

2009年の1~3月だけよくないです。他の期間は現在までいい感じです。

窓埋め:GBPUSD

USDCHF

窓埋め:USDCHF

窓埋めEAの実戦投入を阻害する2つの問題

こういう ”相場の隙”FXのスリッページとは何ですか? を突くような手法 の多くは、その特性から、リアル取引するには 2つの大きな問題 があるのです。

窓埋めトレードは禁止行為?

調べてみると、他にも 窓埋めトレードを禁止しているFX業者は多い ようです。

スリッページに注意!

2つ目の問題は、窓埋めの時間帯は スリッページが発生しやすい ことです。

バックテストは勝ち
デモ口座は負け

窓埋めEAの関連記事

MT4トレーダー必見!

公式サイトへ

MT4トレーダー必見!

MT4をするなら XMTrading がおすすめです。 24時間日本語対応、レバレッジ888倍、お得なボーナスなどで、日本で人気No.1のFX業者です。 スマホ・PC・Macすべて同じ口座で取引できます。

MT4をVPS稼働したいなら、このMT4専用VPSがおすすめです。 安心の東証一部上場企業、実績も十分、初期費用0円なので気楽に試してみましょう♪

MT4用のPC購入をお考えなら、豊富な品揃えと価格の安さで、メーカー直販の レノボ・ショッピング がおすすめです。 大幅値引きの期間限定セールをお見逃しなく!

公式サイトへ

●免責及び注意事項●
当サイトの全てのコンテンツは管理人自身による情報の提供を目的としており、投資行動を勧誘・助言するものではありません。
当サイトに掲載している全ての情報について、その正確性、完全性、有用性等について保証するものではありません。
個々の取引において生じたいかなる損失について、当サイトの管理人は一切の責任を負いかねます。
取引にあたっては、FXという金融商品のリスクを十分に理解した上で、ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
当サイトの記載内容は、予告なしに変更することがあります。


サイト管理人の鈴木亜留人です。
いろいろあって会社が辛くなり、転職や独立起業を夢みて、資格勉強、FX、心理学など始める。
すると、副産物(各種専門知識や心理学効果で業績UP)のおかげで評価が上がり、出世もしたので、とりあえず同じ会社でリーマン継続。
いろいろやって気付いたノウハウがたくさんあるので、このサイトですべて公開します。
似た境遇の方には役立つ情報がきっとあるはず!

優良海外FX業者の見分け方とおすすめ優良海外FX業者を海外FXを10社以上使ってきた私が紹介

優良海外FX業者の見分け方とおおすすめ海外FX業者を紹介

海外FX

優良海外FX業者の見分け方ポイント

ポイント

金融ライセンスを取得している

各国で金融ライセンスを取得するには厳しい審査を通過する必要があるため、金融ライセンスを取得しているのは非常にポイントが高いです。 特にイギリスやキプロスの金融ライセンスは非常に審査が厳しいため、これらの国で金融ライセンスを取得している業者はそれだけで信頼性アップ です。

運営歴が5年以上

SNSなどで出金拒否の噂がない

優良な業者は国外・国内を問わず理由もなく出金拒否を行いません。

日本語でサポートがしっかり受けられる

ストップ狩りや約定拒否を行わない

DD取引/OTC(FX業者との相対取引)

NDD取引(ノン・ディーリング・デスク)

ほぼ全ての取引が『トレーダー対市場』だと勘違いされているトレーダーの方も居ますが、国内FX業者は『トレーダー対FX業者』なのです。筆者もFXを始める前までは全ての取引が『トレーダー対市場』だと誤解していました。

DD取引/OTC(相対取引)の場合、FX業者はトレーダーからの注文に対してインターバンク市場でカバーを取ります。なので最終的には『トレーダー対市場』にはなりますが、それも直接的ではありませんし、インターバンク市場にカバーを取るか取らないかの判断はFX業者の自由です。

取引自体はトレーダーとFX業者の間で成立しており、極端な話、FX業者は市場がどんなレートであれトレーダーに全く違うレートを提示するのも可能なのです。でも実際には市場と極端に違うレートをFX業者が提示することはほとんどありませんが…。

ストップ狩りとは

ここでいうストップ狩りとは、顧客の注文が全てそのFX業者には見えているため、顧客が大損しないように出している損切のためのストップロスの注文も当然丸見えです。レートがそういったストップロス注文が多い相場に近づいた時、意図的にFX業者がレートを操作しストップロス注文を約定し、それをすぐにインターバンク市場でカバーをとって利ザヤを稼ぐ行為のことです。

国内FX業者はほとんどがDD取引/OTC(相対取引)であり、ほぼ全てストップ狩りを行っている可能性があります。しかも我々が外部からそれを完全に見抜くのは至難の業です。

しかしそもそもそんな心配がいらない取引方法もあります。それがNDD取引(ノン・ディーリング・デスク)です。

海外FX業者の場合、NDD取引(ノン・ディーリング・デスク)を採用しているFX業者も多く、取引に対する手数料のみで収益を挙げている海外FX業者も存在します。

【週間チャート分析】あなたの目線の判断ツールは何ですか?【2022年7月11日~】

もっちゃん

もっちゃん

もっちゃん

EURUSD

今週の振り返り

来週の戦略

もっちゃん

GBPUSD

今週の振り返り

もっちゃん

FXのダウ理論とは?どこよりもわかりやすく本当の使い方教えます! 絶対に外せないテクニカル分析はこれだ! こんにちは!もっちゃんです! 今回はFXにおけるダウ理論について話していきたいと思います。 ・ダウ理論って何?・ダウ理論っ…

FXで勝つための移動平均線の使い方やおすすめの期間設定はこれだ! 知っていましたか? 移動平均線こそが神ツールだということを (いたって真面目です) 今回は移動平均線の使い方やおすすめの設定期間などを詳しく紹介していきたいと思い…

来週の戦略

USDJPY

今週の振り返り

もっちゃん

来週の戦略

もっちゃん

今週のトレード

ドルカナダ(ロング)

ユーロポンド(ショート)

もっちゃん

もっちゃん

FXのダウ理論とは?どこよりもわかりやすく本当の使い方教えます! 絶対に外せないテクニカル分析はこれだ! こんにちは!もっちゃんです! 今回はFXにおけるダウ理論について話していきたいと思います。 ・ダウ理論って何?・ダウ理論っ…

もっちゃん

XMTrading

おすすめFX口座 XMTrading

  • 入金ボーナス最大50万円もらえる!
  • 最大レバレッジ888倍で資金倍増も!
  • ゼロカットシステムで資金がマイナスにならない!

コメントする コメントをキャンセル

FX歴10年。FXを完全独学でやっている30代♂️ 再現性の高い手法(デイトレ&スイングトレード)を開発。 FXの経験を活かし、ためになることを記事に書いています。一度も資金を飛ばしたことがない超高防御力(?)トレーダー。
個別FXコンサルも行っております(実績あり)

FXのスリッページとは何ですか?

XMの約定力は業界でも最高レベルの高さ です。

XMはなんと 平均約定率 99.98%、 そして全注文の 99.35%が1秒以内 FXのスリッページとは何ですか? で約定します。
さらに、注文価格と約定価格にズレが生じる スリッページも滅多に発生しません。

当然ですが約定力の強さはFXトレードの利益に直結します。

ただし、注意しなければいけないのは、どんなに約定力が強いXMであってもスリッページを完全に防ぐことは出来ないという点です

・XMの約定力とは?
・XMの約定力が高い2つ理由
・XMの約定力が高いことのメリット
・【ここだけは注意】約定力が高くてもスリッページは起こる!

1.XMの約定力とは?

冒頭でもお伝えした通り、FXにおける約定力とはトレードの際、トレーダーが希望する価格で注文を約定させる力のことを言います。

・約定拒否が起こらない
・約定までの時間が短い
・注文価格と約定価格のズレ(スリッページ)が生じにくい

1-1.約定拒否が起こらない!約定率は99.98%

XMは 約定率99.98% を誇ります。

約定率とは、全ての取引のうち約定された取引の割合を示す数値です。取引成立の割合はほぼ100%つまりこの数値は、 XMでは約定拒否がほぼ0 であることを示しています。

1-2.約定までの時間が短い

XMは 全ての注文のうちの99.35%が、注文から1秒以内に約定 します。
取引サーバーの増強に力を入れることで、業界最速の取引スピードを実現しています。

1-3.注文価格と約定価格のズレ(スリッページ)が生じにくい

FX業者の約定力を図る要素の中でもでも、最も大きな問題となるのが スリッページ です。
そして XMのトレードではスリッページも滅多に起こりません

例えばドル円の取引で1ドル115.00円で買い注文を入れても、実際に約定された価格115.03円だったということは実際によく起こります。

このような現象をスリッページと言い、価格が「すべる」などと表現します。

スリッページの発生は、トレーダーが思い通りのトレードができていないことを示すものであります。この意味で スリッページが少ないことは業者の約定力を示す指標 となるというわけです。

スリッページは基本的に、トレードの約定が遅れる状況で発生します。しかしXMの場合、すでに確認した通り、全トレードの99.35%が1秒以内に約定する環境が整えられているため、スリページ自体が滅多に起こりません。

2.XMの約定力が高い2つ理由

2-1.取引の透明性が高いNDD方式を採用

FXの取引方式には、トレーダーとFX業者が取引には、DD方式(ディーリングデスク方式)NDD方式(ノン・ディーリングデスク方式)の2つの方式があります。

これらのうち XMはNDD方式を採用 していますが、 NDD方式は特にスリッページや約定拒否が発生しにくく約定力が高い という特徴があります。

DD方式は図に示す通り、トレーダーが実際に為替取引が行われるインターバンク市場と直接取引するのではなくディーラー(FX業者)がその取引を仲介します。

これに対してNDD方式ではディーラーが取引に介入することはなく、トレーダーがインターバンクと直接取引を行います。

■DD方式のデメリット

DD方式は特に国内FX業者が多く採用する取引方式ですが、取引を仲介するディーラーの裁量で取引を意図的にコントロールできるため 取引の透明性が低い という欠点があります。

■DD方式で取引の透明性が低いとなぜ良くないのか

・スリッページ(注文レートと実際に約定した約定レートとの間に差が発生する)
・約定拒否(トレーダーが高い利益を確保できる取引を拒否する)
・ストップ狩り(ストップロス注文を狙って利益を獲得する)

などを起こすことによってトレーダーの利益を削ぎ、自分の利益とするというわけです。

もちろん DD方式でスリッページや約定拒否が行われれば当然、約定力は低下 します。

これに対してXMの採用するNDD方式は取引をコントロールするディーラーが存在しないため、 恣意的な取引が発生する余地はなく、透明性の高い取引を実現する ことができます。

もちろん意図的なスリッページや約定拒否が発生する余地はなく、必然的に約定力は高くなり、かつトレーダーが利益を生みやすい環境が整備されるというわけです。

国内FX業者がDD方式を採用する理由
DD方式は国内FX業者が多く採用取引方式として知られていますが、この理由はDD方式がFX業者の利益を上げやすいという点にあります。

なぜならDD方式では常にディーラー(FX業者)が取引を仲介するため、取引を業者の都合に合わせてコントロールできてしまうからです。

つまりスプレッドを狭く設定しても、都合が悪い場合は約定拒否やスリッページによってトレーダーの利益を削ることもできるため、業者の利益を確保できるというわけです。

XMをはじめとする海外FX業者のNDD方式ではこのような操作はできません。これがNDD方式が透明性が高いと言われる理由です。

高いレバレッジの危険性からXMのリスクを指摘する声もありますが、取引の透明性という点で考えれば、XMのほうが国内FXよりもリスクが低いということが、この取引方式の違いからりかいすることができます。

2-2.マリー取引によってスリッページの発生を回避

XMの約定力がたかいもう一つの理由が マリー取引 と言われる取引方式です。
マリー取引が成立すれば、事実上スリッページが発生することはありません

NDD方式が、トレーダーがディーラーを介さずにインターバンクと直接取引をする仕組みであることはお伝えしましたが、このNDD方式による取引も、さらにマリー取引カラー取引という2つの手法があります。

カバー取引とはトレーダーの注文をインターバンクに流し取引を成立させる取引手法です。もちろんNDD方式であればディーラーによる意図的なスリッページの発生はありませんが、インターバンクの為替相場の変動状況によってスリッページが発生すれば、これを防ぐことはできません。

これに対してマリー取引とはFX業者が自社で抱える顧客(トレーダー)の注文同士を相殺させることで、より早い取引の約定を実現する取引手法です。

マリー取引では、インターバンクに取引を流す前に、自社のトレーダー同士で売買を成立させてしまうためスリッページが発生する余地がありません

XMではこのマリー取引を採用しており、取引のオーダーを受けた場合、まず社内での売買(マリー取引)の成立を目指します。

そしてマリー取引が成立しない場合(自社内で取引が成立できない場合)のみ、カバー取引によってインターバンクへ注文を流すという方式をとっています。

これによってXMはスリッページの発生を可能な限り低くできるだけでなく、 約定拒否やリクオート(注文価格で約定されずに、FX業者から別の価格での約定を提示される)は一切発生しない FXのスリッページとは何ですか? 取引環境を提供しています。

3.XMの約定力が高いことのメリット

3-1.利益を得るタイミングを逃さない

約定力の高さは、端的に「注文した価格で約定する」確率が高いことを意味します。つまり トレーダーは思い通りの取引ができる取引環境 であると言うことです。

この意味でも 約定力の高さはFX取引で利益を上げるためには切り離せない 要素であると言えます。

3-2.意図しない損失の拡大を防ぐことができる

約定力の高さは 損失の拡大を防ぐ点でも重要 な要素です。

FX取引は、利益と損失を繰り返しながらトータルで利益を重ねる投資手法です。このため、いかなるトレーダーも損失を確定する取引は一定の割合で発生します。そしてそのような状況で重要になるのが損切りです。

3-3.スキャルピングによって利益を出しやすい

約定力の高さは、特に スキャルピングを行うトレーダーには大きなメリット をもたらします。

もちろん短時間の取引では、約定までにかかる時間の短さも問題になります。

・価格が滑らない(スリッページが発生しない)
・約定までの時間が短い

という要素は不可欠です。つまり 約定力の高い会社を選ぶことが必須の条件 であると言えるでしょう。

4.【ここだけは注意】約定力が高いXMでもスリッページは起こる!

ここまでXMの約定力の高さについて詳しく解説してきましたが、注意しなければいけないのは、いくら 約定力が高いXMであってもスリッページは起こり得る ということです。

4-1.スリッページが起こる3つのタイミング

スリッページが起こる3つのタイミング
為替レートが急激に変動した場面
極端に売買注文が少ない時間帯
回線やインフラに問題が発生した場面

①為替レートが急激に変動した場面

スリッページを最も警戒する場面は 相場の急変するタイミング です。

相場が急変するタイミングでは、注文が売りか買いのどちらかに偏るため取引が相殺できずに約定に遅延が発生します。

しかし相場が急変するタイミングでは、注文が売りか買いのどちらかに偏るため取引が成立せず、約定価格が注文価格から大きく滑る状況が起こるというわけです。

・重要な経済指標が発表されるタイミング
・突発的な自然災害
・週末の要人による発言の直後の週明け相場

②極端に売買注文が少ない時間帯

反対に 取引が少ない時間帯もスリッページが発生 しやすくなります。

取引が少なく、流動性の低い時間帯は取引の参加者が少なく、FXの売買が成立しにくくなります。
注文が少ない要注意の時間帯は日本時間の早朝5時〜7時です。

このためニューヨーク市場が閉じてからオセアニア市場が開くまで、つまり日本時間の早朝5時〜7時のタイミングが最も取引が少なくスリッページも発生しやすくなると言うことです。

③回線やインフラに問題が発生した場面

スリッページは インターネット回線の速度やFX業者のサーバーの処理速度によって引き起こされる 場合もあります。

4-2.スリッページを回避する2つの対処法

スリッページの2つの対処法
経済指標発表の時間帯は取引を休む
注文の少ない時間帯(早朝5時〜7時)を避けて取引する

①経済指標発表の時間帯は取引を休む

突発的な価格変動は避けることは難しいですが、 指標発表などの日程はあらかじめ告知されている ため、前もって知ることができます。

そして指標発表の前後に取引を控えることで、スリッページに巻き込まれるリスクを大きく減らすことができます。

②注文の少ない時間帯(早朝5時〜7時)を避けて取引する

スリッページは取引量が少ない時間帯に発生しやすいため、この時間帯を避ければスリッページのリスクを大きく減らすことができます。

お伝えした通り、FXの取引量はニューヨーク市場が閉まってからオセアニア市場が開くまでの日本時間の 早朝5時〜7時の時間帯に最小 となることはすでにわかっています。

この時間帯はスリッページが発生しやすいだけでなく、スプレッド幅も広がりやすく、FXの取引にはあまり適さない時間帯と言えます。

4-3.XMではスリッページ許容範囲の設定ができない

XMでは トレードの際、スリッページ許容範囲の設定ができません 。この点についてはあらかじめ注意しておく必要があります。

しかしXMではこの許容範囲設定ができないため、どんなに大きなスリッページが発生した場合でも、取引は約定されてしまいます。この点は取引におけるリスクであると言えるでしょう。

ただし冒頭でもお伝えした通り、XMでスリッページが起こるケースは少なく、そもそもXMのスリッページに巻き込まれるリスクはたいへん低いため、総合的に判断すれば十分な安全性が保たれていると言うことができるでしょう。

まとめ

XMの約定力は業界でも最高レベルの高さ です。

XMでなんと 平均約定率 99.98%、 そして全注文の 99.35%が1秒以内 で約定します。
さらに、注文価格と約定価格にズレが生じる スリッページも滅多に発生しません。

・取引の透明性が高いNDD方式を採用
・マリー取引によってスリッページの発生を回避

・利益を得るタイミングを逃さない
・意図しない損失の拡大を防ぐことができる
・スキャルピングによって利益を出しやすい

・スリッページが起こる3つのタイミング
・スリッページの2つの対処法

またXMのスリッページに関わるデメリットとして、XMではスリッページ許容範囲の設定ができないことについても詳しくお伝えしました。

ただしこれもお伝えした通り、XMでスリッページが起こるケースは非常に少なく、総合的に判断すれば取引における安全性は十分に保たれていると言うことができるでしょう。

日本人利用者No1のXM Trading(XMトレーディング)

おすすめ度 ★★★★★

日本でも認知度も人気度も一番高い海外FX業者です。XMは世界に70万人以上の顧客を持つグローバルな海外 FX業者です。従業員数も180名を超え、日本人スタッフも15名以上在籍しています。
日本語サポートも充実しており、チャットでサポート対応もしてくれます。そういった経緯から現在日本人利用者が最も多い業者で、初心者から上級者まで幅広い層から定評がある会社です。
どこに口座開設をしようかな?と悩んでいる人はまず手始めにXMをおすすめします。

アバター

編集長 櫻井

大学卒業後就職するも半年で会社が倒産。就職先が無くIT業界に入りたくてひたすら1年間勉強とバイトをして会社を立ち上げる。順調に成長していたが大きな案件でトラブルを抱え2000万の案件が無くなり全力を注いでたため資金ショート。会社を畳む。 経験を生かしIT会社に就職。そこの先輩のすすめで株をやるがリーマンショックが絡み見事に失敗。その後自身のトレードノウハウをコツコツと身につけ、FXだけで生活できるレベルまでトレーダーとして成長。 IT会社から転職し海外FX徹底比較ドットコムのサイト立ち上げに参加。 現在は編集長として記事の正確性や信頼性のチェックを主な仕事にしている。 座右の銘は「負けていても収入がプラスになるトレーダーでいる事」 (FXトレード暦:10年・国内、海外株取引:7年)

FXのスキャルピング手法とは?負けないために誰もが理解しておくべき基礎・基本を解説

LINE

送る

結論から言うと、スキャルピング手法とは「超短期取引(数秒~数分)で小さい利益を積み重ねる手法」であり、迅速なチャート分析能力と迅速な決断力があれば利益を得ることができます
多くの取引をする手法のため、取引通貨や取引の時間帯、使用するFX口座も大変重要な要素になります。

上記以外にも抑えておくべき要点は多々ありますので、今回はスキャルピング手法で負けないために理解しておくべき最低限の基礎や基本を解説していきます。

FXのスキャルピング手法とは?

負けないFX

スキャルピング手法とは、超短期(数秒~数分)で多くのトレードを行い、小さな利益を積み重ねていく手法です

数時間で取引を完結させるデイトレードや、数日もしくは数週間で取引を完結させるスイングトレードと比べると、以下のような特徴があります。

スキャルピング手法のメリット

負けないFX

①為替変動リスクが小さい

投資の世界におけるリスクとは、不確実性のことです。
値下がりはもちろんのこと、値上がりも含めてどうなるかわからないということを指します。

スキャルピングでは基本的にチャートに張り付いて取引を行うため、何らかの原因で急な値動きが発生したとしても即時に対応することができます
つまり、為替変動リスク(不確実性)を抑えることができるのです。

他のトレード手法では、数時間もしくは数日チャートを見ないこともあり、その間に保有銘柄が急暴落(急高騰)する場合があります。
スキャルピングに比べて為替変動リスクが大きいということができます。

②時間、資金効率が良い

デイトレードやスイングトレードと比べて、スキャルピングは短時間で取引を終了させる手法です。 FXのスリッページとは何ですか?
したがって、ポジションを保有する時間も必然的に短くなります

スキャルピングの場合は、良くも悪くもすぐに結果が出るので、勝率を上げていくことがそのまま利益の安定化に繋がります
FX上級者にスキャルピングトレードを取り入れている人が多いのは、上記が理由の1つとして考えられます。

③取引を翌日に持ち込まない

そんな重要な時間帯を寝て過ごすというのは、大きなリスクを負うことになります。
スキャルピングでは日を跨いでポジションを保持することもありませんので、大きなリスクを負うことを最小限に抑えることができる手法といえます

FXのスキャルピング手法のデメリット

負けないFX

①スプレッドが増えやすい

スプレッドとは、簡単に言うと取引毎に掛かる手数料のようなものです。
厳密に言うと手数料ではありませんし、スプレッドとは別で手数料も存在するのですが、国内におけるFX会社は手数料無料の会社が多いため、スプレッドが実質的な手数料といえます。

スキャルピングでは超短期のトレードを繰り返すため、デイトレードやスイングトレードと比べるとスプレッド(手数料)が増えます。
スキャルピングトレードをする際には、スプレッドの狭いFX会社を選ぶのがおすすめです

②約定力に左右される

約定力とは、簡単にいうと注文を成立させる力です。
トレーダーではなく、使用するFX会社の力のことで、我々トレーダーの出した注文を注文通りの価格で取引してくれるかどうかを表しています。

上記のように、注文と異なる価格で約定されることをスリッページと言います。

狙う値幅が小さいスキャルピングでは、このスリッページが致命傷になりかねません。
約定力の強いFX会社を選びましょう

③通信環境に左右される

先程の約定力と同様、リスクを負うことになりますので、通信環境が悪い状態でのスキャルピングは控えるようにしましょう

FXのスキャルピング手法が向いている人・向いていない人

負けないFX

次は、スキャルピングに向いている人と向いていない人の特徴を紹介します。

スキャルピングに向いている人

①毎日FXに取り組める人
②すきま時間を活用して利益を出したい人
③瞬発力・判断力・分析力・継続力のある人
④集中力が高く機械的な判断ができる人
⑤短時間で大きな利益を狙いたい人
⑥単純な作業の繰り返しが好きな人

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる