初心者向けFX会社も

移動平均線から離れる動き

移動平均線から離れる動き
移動平均線から離れる動き 私はチャートから基準線、転換線、遅行スパンを消して、移動平均線を表示させています

注目チャート224|セブン&アイ・ホールディングス(3382)

例えば、最高気温が25℃以上の日のことを「夏日」といいます。
30度以上の日のことは「真夏日」となります。
そして、最高気温が35℃以上の日のことを「猛暑日」といいます。
2007年までは気温が35℃以上になることが少なく「猛暑日」という言葉はありませんでした。 移動平均線から離れる動き
最近できた言葉だったということですから、あと数年もすれば
40度以上の日の呼称も出てくるかもしれません。
いずれにせよ、無理をせず水分補給をしっかりとして暑い夏を乗り切りましょう。

今回取り上げる企業は、我々の生活を支える企業であり、
大手企業の中では日本に初めてコンビニエンスストアを導入した企業でもあります。
では、チャートを見ていきましょう。

今週の注目チャート(移動平均線大循環分析)

1973年には米国のセブン-イレブンを日本で運営するライセンスを取得し、
そこから一気に躍進することで、
1991年にIYグループホールディングス(現:セブン&アイHD)を設立しました。

移動平均線大循環分析によるステージCHECK!

第5ステージは移動平均線大循環分析においては下降相場の終焉です。
小次郎講師流にみれば、帯が横ばいになってきて細くなってきているので、
トレンドの勢いが弱くなってきています。

この銘柄の注目ポイント

今年の4月7日に発表された2022年2月度の決算発表を見ていきましょう。
まずは、売上高は8兆7497億円、営業利益は3876億円、最終利益は2107億円でした。
売上高が過去最高となりました。

セブメント別に営業利益について見ていきましょう。
国内コンビニエンスストア事業は前期比でマイナス103億円でした。
海外コンビニエンスストア事業は前期比612億円のプラスとなり、
海外の営業利益が大きく伸びました。
スーパーストア事業は前期比マイナス108億円でイトーヨーカ堂が苦戦をしていました。
百貨店事業は前期比92億円で、そごう・西部百貨店が売上と共に伸びていました。
このように見ていくと、海外コンビニエンスストア事業の伸びが大きく、
業績に影響を与えているのが分かります。

期末時点の資産を日本と海外で比較すると、
日本が52%、海外(北米)が47%、その他が1%となっており、
営業収益においては日本が40%、海外が59%、
その他が1%となっており海外の方が稼ぎ頭となっています。
また、海外のコンビニエンスストアではガソリン販売が伸びており、
石油価格の上昇も売上高の伸びになっているようです。
我々の生活に直結しているビジネスだけに
人口が増加している海外(北米)の事業の伸びに期待がかかります。

また、7月7日に発表された四半期決算を見てみると、
売上高が2兆4473億円、営業利益が1023億円、
最終利益が650億円となっており、前年同期比で見ても売上高がプラス57%、
最終利益がプラスの51%となっており、好調な決算であることが分かります。

利益が出ていな事業を手放し、利益が出ている事業を伸ばすというのは
トレードにおいては基本的な考え方ですが、事業は人が関与しているので難しい問題になります。
今後の動向に注目していきましょう。

このチャートをどう見るか?

大局の強気と弱気の分岐点とされる
200本EMA(指数平滑移動平均線)と価格の推移を見ていきましょう。
チャートは日足なので、200本EMAは200日EMAとなります。
200日EMAと価格の関係を見ると、コロナショック以前から200日EMAを割り込んでいましたが、
2019年後半から2020年にかけて少し持ち直す局面がありました。
しかし、コロナショックによって一気に200日EMAを割り込み、
200日EMAが右肩下がりになりました。
その後、2020年後半から価格の急上昇に伴って価格が200日EMAを上抜けし、
更に200日EMAを右肩上がりの展開となりました。
そこからは価格が一時的に200日EMAを割り込む局面はありましたが、
安定した動きが続いていました。
直近の動きを見ると、200日EMAが横ばいになってきています。

次にステージを見ていきましょう。
200日EMAが右肩上がりのときには、上昇期である第1ステージの期間が長くなっていました。
しかし、直近の2022年5月辺りからは
200日EMAが横ばいになり始めるところから第4ステージの期間が長くなっています。
ステージの「4→5→6→5→4の戻り売り」パターンや、
「4→5→4の戻り売り」パターンから軟調な展開が続いています。
現状は辛うじて第5ステージになっています。
第5ステージは下降相場の終焉ですので、
短期移動平均線が帯を上抜けると上昇相場の入り口へと移行します。

好決算の材料が上昇相場への転換となるのであれば、
このまま短期移動平均線が帯を上抜けていきます。
一方で、このニュースが一時的なものであれば「4→5→4の戻り売り」パターンから
下降トレンドになり200日EMAを下抜けていく動きが考えられます。

とっても簡単に、効果的に一目均衡表を使いこなす方法

一目均衡表の基礎解説図

私はチャートから基準線、転換線、遅行スパンを消して、移動平均線を表示させています

雲をトレンド分析の糧にする

雲の上は押し目買い、雲の下は戻り売り

ローソクが雲上にある時には押し目買いを狙う

ローソクが雲下にある時は戻り売りを狙う

すぐに雲を割り込む可能性は大いにあります

雲の上にあるときには価格が下がってきて、下がりきったポイントでロングをエントリーする。逆に雲下にあるときには価格が上がって、上がりきったポイントでショートを行うことが大切なのです。

「可能な限りローソクが雲に近づいたポイントでエントリーを行う、そして雲を抜けたら損切りをする」ことが損小利大のポイントとなります。

雲を抜けた一発目を狙う

雲抜け後の最初の押し目、戻りを狙う

注目チャート224|セブン&アイ・ホールディングス(3382)

例えば、最高気温が25℃以上の日のことを「夏日」といいます。
30度以上の日のことは「真夏日」となります。
そして、最高気温が35℃以上の日のことを「猛暑日」といいます。
2007年までは気温が35℃以上になることが少なく「猛暑日」という言葉はありませんでした。 移動平均線から離れる動き
最近できた言葉だったということですから、あと数年もすれば
40度以上の日の呼称も出てくるかもしれません。
いずれにせよ、無理をせず水分補給をしっかりとして暑い夏を乗り切りましょう。

今回取り上げる企業は、我々の生活を支える企業であり、
大手企業の中では日本に初めてコンビニエンスストアを導入した企業でもあります。
では、チャートを見ていきましょう。

今週の注目チャート(移動平均線大循環分析)

1973年には米国のセブン-イレブンを日本で運営するライセンスを取得し、
そこから一気に躍進することで、
1991年にIYグループホールディングス(現:セブン&アイHD)を設立しました。

移動平均線大循環分析によるステージCHECK!

第5ステージは移動平均線大循環分析においては下降相場の終焉です。
小次郎講師流にみれば、帯が横ばいになってきて細くなってきているので、
トレンドの勢いが弱くなってきています。

この銘柄の注目ポイント

今年の4月7日に発表された2022年2月度の決算発表を見ていきましょう。
まずは、売上高は8兆7497億円、営業利益は3876億円、最終利益は2107億円でした。
売上高が過去最高となりました。

セブメント別に営業利益について見ていきましょう。
国内コンビニエンスストア事業は前期比でマイナス103億円でした。
海外コンビニエンスストア事業は前期比612億円のプラスとなり、
海外の営業利益が大きく伸びました。
スーパーストア事業は前期比マイナス108億円でイトーヨーカ堂が苦戦をしていました。
百貨店事業は前期比92億円で、そごう・西部百貨店が売上と共に伸びていました。
このように見ていくと、海外コンビニエンスストア事業の伸びが大きく、
業績に影響を与えているのが分かります。

期末時点の資産を日本と海外で比較すると、
日本が52%、海外(北米)が47%、その他が1%となっており、
営業収益においては日本が40%、海外が59%、
その他が1%となっており海外の方が稼ぎ頭となっています。
また、海外のコンビニエンスストアではガソリン販売が伸びており、
石油価格の上昇も売上高の伸びになっているようです。
我々の生活に直結しているビジネスだけに
人口が増加している海外(北米)の事業の伸びに期待がかかります。

また、7月7日に発表された四半期決算を見てみると、
売上高が2兆4473億円、営業利益が1023億円、
最終利益が650億円となっており、前年同期比で見ても売上高がプラス57%、
最終利益がプラスの51%となっており、好調な決算であることが分かります。

利益が出ていな事業を手放し、利益が出ている事業を伸ばすというのは
トレードにおいては基本的な考え方ですが、事業は人が関与しているので難しい問題になります。
今後の動向に注目していきましょう。

このチャートをどう見るか?

大局の強気と弱気の分岐点とされる
200本EMA(指数平滑移動平均線)と価格の推移を見ていきましょう。
チャートは日足なので、200本EMAは200日EMAとなります。
200日EMAと価格の関係を見ると、コロナショック以前から200日EMAを割り込んでいましたが、
2019年後半から2020年にかけて少し持ち直す局面がありました。
しかし、コロナショックによって一気に200日EMAを割り込み、
200日EMAが右肩下がりになりました。
その後、2020年後半から価格の急上昇に伴って価格が200日EMAを上抜けし、
更に200日EMAを右肩上がりの展開となりました。
そこからは価格が一時的に200日EMAを割り込む局面はありましたが、
安定した動きが続いていました。
直近の動きを見ると、200日EMAが横ばいになってきています。

次にステージを見ていきましょう。
200日EMAが右肩上がりのときには、上昇期である第1ステージの期間が長くなっていました。
しかし、直近の2022年5月辺りからは
200日EMAが横ばいになり始めるところから第4ステージの期間が長くなっています。
ステージの「4→5→6→5→4の戻り売り」パターンや、
「4→5→4の戻り売り」パターンから軟調な展開が続いています。
現状は辛うじて第5ステージになっています。
第5ステージは下降相場の終焉ですので、
短期移動平均線が帯を上抜けると上昇相場の入り口へと移行します。

好決算の材料が上昇相場への転換となるのであれば、 移動平均線から離れる動き
このまま短期移動平均線が帯を上抜けていきます。
一方で、このニュースが一時的なものであれば「4→5→4の戻り売り」パターンから
下降トレンドになり200日EMAを下抜けていく動きが考えられます。

移動平均乖離率とは何か?初心者さんに見方をわかりやすく解説

移動平均乖離率とは何か?初心者さんに見方をわかりやすく解説

株の基礎知識

乖離率(かいりりつ) というと何か難しそうな気配がしますが、大丈夫です。

単純に移動平均線と株価の距離のことなので、難しく考えることはありません。
何ならパッと見ただけで少しわかる程度のことです。

移動平均乖離率の見方を覚えてしまうと
「きっとこの場面は多くの人が警戒しているはず」
「今はまだ大丈夫」
という株式投資において大切になる 【多くの人が何を考えて、どんな空気になっているのか】 という相場の空気を読む力のようなものが増すので、ぜひ覚えてみてくださいね。

移動平均乖離率を知るために

株は需給によって、またはその会社の価値の変動に伴って日々刻々と株価が変わりますよね

ですが、特に材料が出ずに、何かの拍子に株価が急騰したり、逆に急落してしまった場合はどうでしょうか。
「流石にこれは買われすぎだろう、そろそろ売ろう」
または
「この会社の価値はこんなに低くないから、売られすぎでしょう。そろそろ買おう」
という人々が売買を行うので、反対の動きに転じることが多いのです。

つまり、
株は【売られすぎ】・【買われすぎ】を警戒され始めると、
本来の正しい株価へと近づこうとする
という習性に従うことになるんです。
では本来の正しい株価というのをどこで測るのかというと、ここで移動平均線の存在がでてくるんです。

多くの投資家が思う価値=移動平均線に近い

移動平均線とはなんでしたっけ?
5日移動平均線であれば、過去の5日間の平均値を繋いだ物で、25日移動平均線は過去の25日間の平均値を繋いだ線でしたよね。
中には200日移動平均線なんてものもありますが、これは200日という途方も無い期間の平均値です。

過去の特定の期間の平均値ということは、多くの投資家が思うその会社の価値は、そのくらいということになりますよね。

改めて考える移動平均乖離率

では話が元に戻って、 移動平均乖離率 です。

先ほどのおさらいの中で、 【買われすぎ】たり【売られすぎ】ると、株価が移動平均線に近づく というお話をしましたよね。

ということはですよ、
移動平均線と株価が離れすぎると、「そろそろ買われすぎだ」または「これは売られすぎでしょう」と判断できると思いませんか?

なので、移動平均線と株価の間に乖離が生まれるということは、 株価がごく短期間で極端な動きをしている ということになるんですよ。

このことから、乖離率を見て
「こんなに短期間でここまで上昇してしまうなんて、流石に買われすぎだろう」
なんて判断に至るわけですね。

移動平均乖離率の見方

移動平均線と株価が同じの状態を0%として、
移動平均線より株価が上だとプラスかい離(上方乖離)
移動平均線より株価が下だとマイナスかい離(下方乖離)
となります。

日経平均の場合だと、日足チャートで25日移動平均線を基準にして考えます。
25日線から日経平均が5%離れるとやや注意。
恋人の距離感でいうと、「最近少し素っ気なくなったね」という感じ。

8%離れると投資家が警戒し始めます。
恋人の距離感でいうと、「LINEの返事ないけどどうしたの?もう私のこと嫌いになった? 会いたいんだけど時間ある?」の状態。

10%離れると、反転する可能性が非常に高くなっています。 移動平均線から離れる動き 移動平均線から離れる動き
恋人の距離感でいうと、「どうして私を捨てたの死んでも離さない地獄まで追いかけてやるから」の状態です。

このことから分かる通り、 乖離率が高くなればなるほど、投資をする危険性は高くなります。
例えば25日線から15%も乖離しているのに、買いで入るのは非常に危険ということですね。

取引している銘柄のこれまでのチャートを確認し、大体どのくらいの乖離率になった時に反転しているのか、よく観察してみましょう。

移動平均乖離率の計算方法

移動平均乖離率の計算式は
(株価-移動平均線)÷移動平均線
で導き出すことができます。

日経平均

ファストリ

移動平均乖離率は相場の空気を読むうえで役立つ

移動平均乖離率は買う時も売る時も、判断材料の1つとして優れた指標です。 移動平均線から離れる動き
あくまでテクニカル指標なので、これだけでの取引は非常に危険ですが、他の指標と合わせて使うことで真価を発揮してくれます。

もし記事が役に立ったり面白かったら、ブログ村のボタン↓↓をぽちっと押してくださいませ! 三└(┐Lε:)┘ (いつも応援有難うございます! 滅茶苦茶励みになっていますm(_ _)m)

↓↓もちこがいつもお世話になっている投資顧問さん↓↓

無料で会員登録すると、市場がやってる日なら毎日無料メルマガで1つ銘柄を教えてもらえますよ。
プロの選ぶ銘柄は勉強にもなるので、よく利用させてもらっています。

※当ブログに掲載されている銘柄や投資の情報は株初心者もちこの見解で、売買を推奨するものではけっっっっっしてありません。
仮に売買したとしても
「あいつのせいでお弁当とか餃子についてくる袋に入ったお醤油の【どこからでも開封できます】がぐにゃぐにゃになって開封できなくなった。泣きたい」
ということになりますよ。本当です。
だから全く参考にしないでくださいませ。投資は自己責任でお願いします。

ぶせなの評判 億トレーダーに向けられる尊敬と批判の声

ぶせな氏の口コミ


引用元:衣笠勇太

ぶせな氏の口コミ


引用元:ひろ介/GOLD専門トレーダー(時々為替)

それはぶせな氏がどん底から這い上がって成功を掴んだトレーダーだからだといえます。

10年以上の長い期間で、高い実績を残し続けるぶせな氏の姿に尊敬の念を抱くのは自然といえるでしょう。

次章では、ぶせな氏の書籍のレビューにフォーカスしていきます

ぶせな氏の書籍の評判は上々

書籍は、億稼いだぶせな氏のFXの勝ち方を知りたい、学びたい人に適した1冊であるようです。

スキャルピングの勉強になる

口コミによれば、本書はスキャルピングの勉強になるとのこと。

私自身今までスキャルピングの経験がなく、チャレンジして見たいと思いこの本を購入しました。
ロジック自体はとてもシンプルでわかりやすく書いてありました
今までエンベロープを使ったことが無かったので少し戸惑いましたが、過去チャート検証しながら そのロジックの本質が見えてきたような気がしました。
上位時間足でのネックラインの分析とロウソク足の動きを使ったトレード手法と、臨機応変に対応する事を学びました。
方法論はもとよりその考え方も大変勉強になりました。
買って良かったと思いました。
スキャルピングを学ぶのにはとても勉強になる本だと思います。

以前、とある通貨を長期保有して比較的大きな損害を出してから、なるべくその日のうちに決済するスキャルパーに転向しました。
ただ、スキャルピングだと損大利小となりやすいのでエントリーのタイミングやルールが立てづらく著者のルールは大変参考になります
1分足だとなかなかエントリーのタイミングが出ませんが、5分足だと比較的エントリーしやすいので有効な手法だと思います。
スキャルピングを始める人にとっての入門書としては最適です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる