無料オンラインコース

Amplitude 分析チャートご案内

Amplitude 分析チャートご案内
トレーディング手法

海外バイナリーオプション

バイナリーオプションツール検証ブログ

オプション取引活用術

バイナリーオプションツール検証ブログ

レーザートレード

外国 為替 取引

レーザートレード

売値とは何ですか

投資徹底攻略

売値とは何ですか

ストップロスはMT4

海外FXの始め方とは

ストップロスはMT4

ETFのメリット

投資徹底攻略

ETFのメリット

おすすめのリアルタイムストラテジ

外国為替市場

おすすめのリアルタイムストラテジ

FXプライムの評判は悪い

外国為替市場

FXプライムの評判は悪い

FXのご案内

投資徹底攻略

FXのご案内

レバレッジのリスクを解説

外国為替市場

レバレッジのリスクを解説

Amplitude 分析チャートご案内

トレーディング手法

Amplitude 分析チャートご案内

FX取引の利益に税金はかかるのか

FXの相対取引とは

FX取引の利益に税金はかかるのか

ストップロス注文とは

トレーディング手法

ストップロス注文とは

ボリンジャーバンドとは

海外FXの始め方とは

ボリンジャーバンドとは

FXの口座開設に必要なものは

海外FXの始め方とは

FXの口座開設に必要なものは

世界分散投資戦略ファンド

海外FXの始め方とは

世界分散投資戦略ファンド

仮想通貨取引所おすすめランキング

トレーディング手法

仮想通貨取引所おすすめランキング

指値注文

オプション取引活用術

弱気相場のきっかけ

投資徹底攻略

弱気相場のきっかけ

損益計算書(P/L)とは

トレーディング手法

損益計算書(P/L)とは

FXの練習方法は

FXのチャートの見方

FXの練習方法は

ピップ値計算機

オプション取引活用術

ピップ値計算機

デーとその他イベントの募集要項

トレーディング手法

デーとその他イベントの募集要項

エリオット波動理論とは

外国 為替 取引

エリオット波動理論とは

FXのダウ理論とは

外国為替市場

FXのダウ理論とは

ETF購入におすすめの証券会社は

外国 為替 取引

ETF購入におすすめの証券会社は

RSI(相対力指数)の見方

オプション取引活用術

RSI(相対力指数)の見方

オプション市場がどのようにビットコイン価格に作用するのか

外国為替市場

オプション市場がどのようにビットコイン価格に作用するのか

バイナリー オプション ロジック

FXのチャートの見方

バイナリー Amplitude 分析チャートご案内 オプション ロジック

DMM FXの評判

海外FXの始め方とは

DMM FXの評判

安心してお取引いただくための取組

オプション取引活用術

圧倒的な分析スピード改善により施策実行回数2倍、重要KPIも8ポイントアップ| Amplitude 分析チャートご案内 グロービス GLOBIS 学び放題 | Amplitude(アンプリチュード)導入インタビュー

GLOBIS 学び放題

「GLOBIS 学び放題」

決め手は、使いやすさ・スピード感・導入後のフォロー体制

Amplitude導入時のデータ活用に関する課題について

他の分析ツールは使っていましたか? GoogleAnalytics・MixPanelとの比較は?

Amplitudeを選んだ理由、導入の決め手を教えてください

神崎様|
一つは、数値の運用が十分ではない・スピード感という元々持っていた課題を解決できるツール、という期待値を満たしてくれると思ったことです。

もう一つは、米田様からご紹介頂いたAmplitude代理店のDearOneさんに試験導入時の検証をご相談させて頂いた際に、試験導入が非常にやりやすく話も円滑に進んだため、導入後のフォローも安心してお任せできると感じた点でした。

インタビュー取材中のグロービス神崎様

インタビュー取材中のグロービス神崎様

スムーズな実装で、デザイナーもAmplitudeでデータ活用

Amplitude実装までのスピード感はどうでしたか?

神崎様|
利用開始時は、「ログを取得するツールの変更」という大きな作業にも関わらず、非常にスムーズに行えたとの印象です。

タクソノミー設計 *1 … Continue reading についてはいかがでしたか?

運用メンバー構成と心情の変化を教えてください

また、デザイナーはデータ活用から遠い存在でしたが、Amplitudeで簡単に可視化や集計ができることを伝えると、積極的に使うようになりました。施策作成時にアイデア発想や示唆出しをチーム全体でできるという、使い始めてからのポジティブな変化もありました。

功刀様|
神崎さんと自分が結構盛り上がって推していたのですが、徐々に1on1や個別ミーティングで、デザイナーからもAmplitudeの触り方を教えてほしいと言われるようになりました。今ではデザイナーも直接Amplitudeで分析を行っています。

グロービス神崎様と功刀様

グロービス神崎様と功刀様

チーム内議論もデータドリブンに意識変容し、建設的な議論が可能に

Amplitudeを活用することでの社内の変化はありましたか?

これまでも3か月の中で施策を行ってきましたが、分析に時間を要していたため施策の実行回数が上がりませんでした。Amplitude導入後は分析の効率化が実現できたため、施策の実行回数を増やすことにつながったと思います。

功刀様|
簡単にチャートが作れるため、エビデンスベースで会話しようとする意識がメンバーに生まれました。また、実際にリアルタイムで議論を行っている中でも、疑問が出てきたらすぐにAmplitudeを用いてエビデンスを確認するという機会も増えました。

功刀様|
チーム内議論の意識変化だけでなく、チーム外のメンバーとの議論効率も上がりました。例えばある機能を追加・削除する際に、その機能が現在どのくらい使われ、KPIにどれほど貢献しているか定量的に可視化することで、事実に基づいた建設的な議論ができる点で変化がありました。

インタビュー取材中のグロービス功刀様

インタビュー取材中のグロービス功刀様

世界No.1のプロダクト分析ツール

プロダクト分析ツール 世界No.1

導入実績 40,000サービス以上

  • (Amplitude導入企業例)
  • ※G2.com, Inc「Grid® Amplitude 分析チャートご案内 Report for Product Analytics | 2022」

こんなデータ分析していませんか?

  • Pythonなどを使用し、1分析に数日~数ヶ月かけている
  • 分析とサービス改善の距離が遠く、分析が打ち手に活かせていない
  • Web、アプリ、オフラインの横断分析ができていない
  • セッション・PVベース分析が主で、ユーザーの行動を追えていない

そこで、今注目の分析手法「ユーザー行動分析」

ユーザー行動分析の導入でビジネスの成長に成功した企業が5倍以上

前年度売上比25%以上向上した企業

世界No.1のプロダクト分析ツール Amplitude[アンプリチュード]にお任せください。

Amplitudeでできること

01 最先端の分析チャートでスピーディーに課題抽出

分析テンプレート

  • ユーザーイベント集計
  • 新規|定着|復帰|休眠 分類
  • マジックナンバー抽出
  • Amplitude 分析チャートご案内
  • ファネル分析
  • リテンション分析
  • ユーザージャーニー集計
  • 行動クラスタ分類
  • LTV|APRU|ARPPU集計

60秒で入力完了 資料請求

02 統計的な改善示唆で施策効果を大幅向上

示唆出し例
購入ユーザー数向上への先行指標

60秒で入力完了 資料請求

03 外部ツールとの連携で施策実行を自動化

60秒で入力完了 資料請求

04 チームで共有して分析業務を効率化

60秒で入力完了 資料請求

Amplitudeがこんな課題を解決します!

活用事例

ロイヤルユーザーを増やしたい

分析

ユーザーのリテンションに寄与するキーアクションは「プロフィール変更」

示唆出し

効果の高いキーアクションの訴求回数は「1週間以内に1回以上」

施策

ユーザーへの施策を自動化したい

分析

離脱のタイミングは「カートに商品を入れた後」

施策

Amplitude

moengage ITERABLE ModuleApps Engage

広告出稿を最適化したい

分析

最も定着率の高い流入経路は「広告メディアC」

施策

機能・サービスを改善したい

分析

利用頻度が高いユーザー行動のうち「曲・ビデオのお気に入り登録」に着目

曲・ビデオのお気に入り登録をしたユーザーは「定着率が高い」

施策

60秒で入力完了 資料請求

導入事例

専門知識を必要とせず
感覚的に欲しい情報を取得
la belle vie 株式会社

60秒で入力完了 資料請求

安心サポート

データ前処理

  • ETL/ELT処理
  • データプレパレーション
  • DWH構築、CDP接続

サービス改善

  • UX・ジャーニー最適化
  • コンテンツ拡充・見直し
  • 施策立案・実行

指標設計

  • North Star Metric設計
  • モニタリング・チューニング
  • マーケティング戦略レビュー

株式会社DearOneは、Amplitudeをはじめとした最新鋭のMarTechツールの目利きから、それらツールを活用したデジタルマーケティング戦略全体設計、ユーザー行動軸での分析/示唆出し、One to Oneマーケティング施策実行支援、企業公式アプリの開発からグロースハック支援など、クライアントの事業成長にコミットする、グロースマーケティングの寄り添い支援を行っています。

60秒で入力完了 資料請求

料金プラン

Amplitude 分析チャートご案内
Starter Plan Growth Plan Enterprise Plan
基本イベント数/月 1,000万イベント 5,000万イベント 5,000万イベント
追加イベント 企業様ごとにお見積もり 企業様ごとにお見積もり
チャート機能(Basic)
チャート機能(Pro)
特徴 単一プロダクト分析 複数プロダクト横断分析
カスタマーサポート支援
データ設計、データ投入、運用等のサポート 別途お見積もり 別途お見積もり
利用料(年間) ¥0 イベント数によりお見積もり イベント数によりお見積もり

60秒で入力完了 資料請求

よくあるご質問

Google Analytics, DOMO, tableau等を利用していますが、Amplitudeは競合になりますか?

『競合』ではなく『共存』するツールとしてご利用になれます。Google Analytics等のツールは『セッション』、BIツールは『過去データの見える化』といった事に重きをおいています。Amplitudeは『ユーザー軸』『先行指標の発見』に主軸を置いており、分析によって次にどのようなアクションを取ってサービス向上へと繋げていくかを具現化できるところが大きな違いになります。よくある事例としては、アクセス解析はGoogle Analytics、ユーザー行動分析をAmplitudeを利用するケースがございます。

Amplitude と Google アナリティクスどう違う?

f:id:growthmarketing:20200916180631p:plain


本記事はAmplitude社より許諾を得て株式会社ロケーションバリューが翻訳、転載しております。

グロース・デザイナーのレックス・ローマンが、Amplitude と Google アナリティクスの主な違い、またそれがプロダクトを開発するチームにとって何を意味するのか分析します。

レックス・ローマン(Lex Roman)自己紹介

皆さんは、「Amplitude(アンプリチュード)は Google アナリティクス と比較してどうなの?」と考えているかもしれません。

この記事では皆さんのチームが、情報に基づき使用するツールを選択できるよう、Amplitude と Google アナリティクスの主な違いについて解説します。

私はこれまで、色々なチームの人が「使えない」データを大量に取得する様子を繰り返し目にしてきました。データに基づく行動を取るには、皆さんとチームは、そのデータの意味を容易に理解できる必要があります。

Amplitude Google アナリティクス の核心的な違い

皆さんのチームがツールを使えないのであれば、データを活用することも、データに基づく行動を取ることもできません

これについて掘り下げるべく、Amplitude と Google アナリティクスを4つの観点から比較してみましょう。

f:id:growthmarketing:20200916175257p:plain

  1. Amplitudeでは、どの情報が重要であるのか、皆さんが決定できます。Google アナリティクスは皆さんに代わり、それを決定します。
  2. Amplitudeはプロダクト・チーム向けに構築されています。Google アナリティクスは、ウェブサイトを対象に開発されています。
  3. Amplitude 分析チャートご案内
  4. Amplitudeはツール内でガイドを提供しているため、使う人は誰でもデータの確認方法を理解することができます。Google アナリティクスでは、ドキュメントが別途、必要になります。
  5. Amplitudeはコラボレーションを優先しています。Google アナリティクスでは、チームメートとのビューの共有が困難です。

何が重要か、自ら決定できる

f:id:growthmarketing:20200916175333p:plain

f:id:growthmarketing:20200916175353p:plain

f:id:growthmarketing:20200916175408p:plain

Google アナリティクスにおけるビューはすべて、Google が考えるところの「皆さんが望むデータの閲覧方法」に基づき設定されています。

セッション、ページビュー、チャネルはデフォルトで表示されます。ユーザーが訪問したサイトのページや、流入経路以上の情報を得たい場合、複雑な絞り込みを使用するか、カスタムイベントを追加する必要があります。いずれも直感的なプロセスとは言えません。また、皆さんのチームはプロセスを正しく実行するため、ドキュメントを読むことに多くの時間を費やすことでしょう。

f:id:growthmarketing:20200916175432p:plain

Amplitudeは、プロダクト・チームが自らにとって何が重要であるかを決定すべきだ、という概念のもとに構築されています。

f:id:growthmarketing:20200916175451p:plain

f:id:growthmarketing:20200916175511p:plain

プロダクト・チーム向けに構築

f:id:growthmarketing:20200916182058p:plain

2 つ目に、デジタル製品の開発に取り組んでいる場合、そのユースケースを考慮して設計されたツールが必要です。Amplitude はプロダクトを作る人のために構築されています。一方、Google アナリティクスはウェブサイトを制作する人を対象に開発されています。

f:id:growthmarketing:20200916182117p:plain

Google アナリティクスがセッション、ページビュー、トラフィックに焦点を当てているのは、コンテンツを主体とするウェブサイトを対象に構築されているからです。
Google アナリティクスは各ページの URL Amplitude 分析チャートご案内 へのユニークアクセスを追跡します。しかし、アプリにURL がない場合はどうでしょう? ボタンのクリック、トランザクション、フォーム入力や、文字どおりページビュー以外の事象をトラッキングしたい場合は?

さらに複雑なことになります。アプリのボタンをクリックした人の数をトラッキングする場合、まず目標を設定する必要があります。ただ、Google アナリティクスで目標を設定するのは簡単ではありません。というのは、Google アナリティクスは、ユーザーの行動を理解したり、ユーザーがアプリをいかに使用しているかを追跡したりできるように設計されていないからです。

実際、Google アナリティクスを使ってモバイル・インタラクションを追跡したいとなると、あらゆる点でうまく行かない可能性があります。2019 年後半、Google アナリティクスではモバイルアプリレポートの機能の段階的な廃止が始まったのです。

f:id:growthmarketing:20200916182203p:plain

さて、Amplitude の「楽しい世界」に戻りましょう。

Amplitude は、皆さんがページビューに限らず、もっと多くの事柄を把握したいであろうと想定しています。Amplitude ではページビューの代わりに、デフォルトでイベントが表示されます。皆さんのアプリをユーザーがどのように使っているか、皆さんが把握したいということを、Amplitude は理解しているのです。

  • Amplitudeではチャートをさらに深く掘り下げ、複数の切り口から情報を理解することができます。例えば、コンバージョンに至らなかったユーザーを特定したり、チームが望む行動とは異なる行動を取ったユーザーが、次にどこに遷移したかを把握したりしたいとします。それが、チャートをクリックするだけで簡単に分かるのです。
  • Amplitude を使えば、個々のユーザーがたどるカスタマー・ジャーニーを理解することができます。イベントストリームを確認し、アプリ内で発生しているユーザーの実際の基本的な行動を、確実に理解することができます。
  • Amplitude 分析チャートご案内
  • Amplitude では、皆さんのチームの成功指標を反映するリリース・ダッシュボードを設定できます。新機能をリリースする際、いかなる点に注目したいかを皆さん自身が定義すれば、Amplitude は結果を表示してくれます。

ツール内でガイドを提供

f:id:growthmarketing:20200916182332p:plain


3つ目の比較は、使い方のガイドについてです。データの意味を理解することは、必ずしも簡単で直感的であるとは限りません。これは、データを活用するチームを増やしたい企業などの組織にとって、大きな悩みの種です。

f:id:growthmarketing:20200916182432p:plain

Amplitudeではまた、チャートの構成要素の名称を変更し、皆さんのチームメートが理解しやすくすることも可能です。ラベルがわかりにくければ、クリックしてラベル名を変更した後、チャートや分析結果をチームメートに送信します。さらに、Amplitude なら分析結果に容易にコンテキスト、つまり文脈を加えることもできます。これは、チームメートと結果を共有する際に役立ちます。例えば、分析が示す事象について明確な説明を加えたり、ダッシュボードや Notebooks(ノートブック)を使用し、皆さんのチームがデータから得るべき大切な事柄に関する背景をさらに追加したりすることが可能です。

f:id:growthmarketing:20200916182455p:plain

f:id:growthmarketing:20200916182509p:plain

コラボレーションを優先

f:id:growthmarketing:20200916182613p:plain

f:id:growthmarketing:20200916182718p:plain

Amplitude なら、どのチャートでもブラウザー上でリンクをそのままコピーするだけで、チームメートと共有できます。Amplitude でチームメートとリンクを共有することの特に優れた点は、チャートを変更でき、さらに変更すると新しいリンクが自動生成され、共有または保存できることです。これなら、元の URL が上書きされることはありません。

Amplitude は、他の方法でもチームとチャートを共有することができるように設計されています。例えば、分析結果を Team Spaces(チームスペース)に追加したり、組織内で誰がその結果を検索できるかを制御したりすることが可能です。Amplitude は皆さんがチームと協業してデータを理解し、そのデータに基づく行動を取りたいということを理解しています。したがって、これを念頭に構築されています。データを中心にリアルタイムでコラボレーションを行う、という私たちの夢が実現しているのです!

f:id:growthmarketing:20200916182807p:plain

Google アナリティクス Amplitude 分析チャートご案内 は、こうしたことすべてをはるかに難しくしてしまいます。私は実際、そのせいで悲嘆にくれたり、失望したりした人を見てきました。皆さんが、ご自身のチームにデータを生かした意思決定を行うことに「ワクワク」してほしいのであれば、他を検討することを強くお勧めします。

両方、使うことは不可能?

マーケティングとプロダクトの知見の差を埋めたいと願う皆さんのため、追記です。もちろん、Google アナリティクス と Amplitude の両方を使用できます。

一部のマーケティング・チームは、広告とチャネルの追跡では Google アナリティクス がきわめて有用だと考えています。無料版の Google アナリティクスでも同様です。ご自身のチームに該当する場合、Google アナリティクスの無償版を引き続き利用し、マーケティング領域以外の事柄についてはすべて Amplitude を使用してください。

本記事はAmplitude社より許諾を得て株式会社ロケーションバリューが翻訳、転載しております。
———————————————————————————–
本稿でレックス・ローマンが示す見解、考え、ならびに意見は、ローマン個人のものであり、必ずしも Amplitude のものではありません。

最終更新日:05/12/20
公開日:05/04/20
レックス・ローマン(Lex Roman)
レックス・ローマンは、ロサンゼルスを拠点に活動する独立したグロース・デザイナーです。ローマンは、顧客の理解と戦略的な設計を通じ、多様なビジネスの成長を促進しています。以前は Burner(バーナー)社にてグロース・デザインを主導し、また Carbon Five(カーボンファイブ)社では早期の妥当性確認とコンバージョン戦略を担当していました。過去のクライアントには日産、Prosper(プロスパー)、Joyable(ジョイアブル)、Macys.com(メイシーズ・ドットコム)、トヨタ、および成功しなかったため社名が知られていないスタートアップ数社があります。

澤 由美子

JAL Webディレクター、個人事業主、Adobe エンタープライズマーケティングベンダーを経験した後、2020年5月に戦略PR・マーケティングエバンジェリストとしてDearOne参画。
オウンドメディア『グロースマーケティング』の新規立ち上げから運用、書籍『グロースマーケティング』出版ディレクション、デジタルコンテンツ制作や広告運用、自社ウェビナー開催など幅広くBtoBマーケティング活動を実施。グロースマーケティング編集長。

マジックナンバー分析による施策実行でROI152%達成| NTTドコモ dゲーム | Amplitude(アンプリチュード)導入インタビュー

NTTドコモ dゲーム | Amplitude(アンプリチュード)導入インタビュー

ドコモのゲームプラットフォームについて

ドコモのゲームプラットフォームについて

さらに、5Gを見据えてストリーミングを活用したクラウドゲームプラットフォームとして2020年3月より、dゲームプレイチケット *3 dゲームプレイチケット: http://www.dmkt-sp.jp/lp/playticket_lp/sp/index.html を開始しています。

分析から得られた知見で施策を実行するサイクルの構築を実現したい

インタビュー取材中のNTTドコモ外山様

インタビュー取材中のNTTドコモ外山様

売上の向上と施策自動化・効率化を目指して

自社で持っている分析用データベース、GA(Google Analytics)およびGTM(Google Tag Manager)を使っていました。メインではTableauを使用し、主要なKPIを設定し常に確認できるようにしていました。

(参考画像)AmplitudeのUI

(参考画像)AmplitudeのUI

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる