日本語で徹底解説

サポートラインとは

サポートラインとは
株・投資の勉強

サポートラインとは

【注目会議の結果発表!

といった内容でお届けさせて頂きます。

本日の深夜3時から、
もう次の日にはなりますが

遂に皆が戦々恐々としている

アメリカの政策金利を決める

【FOMC】

の発表がございます!

※引用元:モーニングサテライト

昨日の朝の時点では、
利上げポイントを0.75ポイントは
議論していないといっていますが、

実はそうはならないというのが
市場の見解でもあります。

※引用元:WBS

アメリカの有名な
新聞社の1つでもあります

【ウォール・ストリート・ジャーナル】

ではより大幅な
利上げを検討していると報じています。

FRBはなかなかインパクトもあるので
コメントを選びながら出しています。

※引用元:WBS

事前にFRBのパウエル議長は
6月と7月に0.5%の利上げを行うと言っていますが、

先週に発表された
【アメリカ消費物価指数(CPI)】

※引用元:後藤さんのTwitter

市場予想を上回るインフレ率が
再び叩き出されたことにより、

「まだインフレは終わっていないよ」

と言うことを市場に示した形となりました。

による影響が今回のFOMCに
出そうだという見解を市場が持っており、

今朝のニュースでは
市場予想では約9割が
0.75%になる可能性を予想する事態となっています。

※引用元:WBS

0.75ポイントの利上げとなると
1994年以来の利上げポイント幅となります。

1990年代って結構
最近のような感じもしますが、

今年は2022年で
実はもう30年ほど前にもなる

過去の利上げポイント幅になる可能性を
市場に織り込ませようとして発言が飛び交っているのかもしれません。

※引用元:WBS

FRBが発表しているわけではまだないので、
市場予想でがありますが、

利上げペースを加速させるのではという
懸念が市場に拡がることによって

起きている

世界同時株安

に繋がっていると言えるんです。

もちろん、これは
株式市場だけではなく、

我々が主戦場としている
仮想通貨にも暴落といった形で
大きな影響を与えます。

この主たる要因で言えば、
アメリカの歴史的なインフレにあります。

※引用元:WBS

終わりの見えないインフレ地獄を
抑える為に、景気が仮に冷えてしまったとしても

先にインフレを退治しないといけないと考えているのが、
今のFRBの姿勢とも言えます。

※引用元:WBS

その結果、株・仮想通貨から大きく
資産が流出していっている状況となってきているのです。

※引用元:モーニングサテライト

その結果、連日でNYダウ・S&P500も
年初来安値を更新する事態となっているのです。

ただ、これもどうなるのかは
深夜3時の

【FOMC】

の結果次第ですべて変わってきます。

今夜は寝ないで結果を待つといった
強者も現れてもおかしくないような状況です。

今は市場は過度の恐怖状態です。
売りが売りを呼んで
いるような状態とも言えます。

ただ、これは逆も
言えるかなとも思いまして、

今回、利上げポイントが
従来の0.5%という発表になった場合、

サプライズになる
可能性があるなと感じました。

市場は過剰に身構えてるわけですから

「えっ、0.75%じゃないの?」

いった具合に

通常の発表なのに
怖がらなくて良いといった具合で

一気に反発していく可能性も
今晩あるともいえるかもしれません。

ただ、そうではなく、

今晩の発表が
本当に0.75%の利上げになるとしたら、

株価・仮想通貨ともに
また暴落が続くような
流れになるとも思います。

0.5%:上昇

0.75%:下落

といった構図になりそうだと思う中で
どっちが来るのか?

仮想通貨に関しては
セルシウスショックやバイナンスの一時出金停止などもあり
大きく値を下げる展開となっていますが、

は少し下落幅は落ちました。

結果待ち感もあると思うので、
様子見の展開になるとも言えますが、

利上げ事態は冒頭でもお伝えしたように
もう93%が0.75%を予想する事態にもなってきているので、

0.5%はもう確実なので、
徐々に資金流入は厳しくなるので、

リスク資産からはお金が
流出していく事になります。

どっちにしろ、

金融は引き締められていくので
金融市場的に見れば、

去年積み上げた上昇分を
すべて消化したような格好となりました。

ビットコインだけで見ても
2021年1月1日に
300万円の大台を超えていったので、

2021年中は年始
1月1日に買った分をいつ売っても
プラス圏にはなっておりましましたが

2021年バブル分の上昇分を
全て戻してしまい、そのポイントも
割っていくような事態となっております。

仮想通貨市場は
熱しやすく冷めやすい市場

ともいえるので、

カネ余りの状態で
ハイリスクハイリターンの相場に
参戦してくることはあるかなと思うのですが、

資金環境が厳しくなると
リスクの低い所に資金は流れていくものなので、

今回のような状態になっているとも言えます。

だ、これはあくまで日本円での話で、

今の円安になっていることが
大きく響いていると言えますが、

ドルベースで言えば
もう大きく抜けてしまっている状況とも言えます。

もう差し迫る20,000ドルライン
今回のFOMC次第ではここも
一気に突き破ってしまう可能性すらございます。

総崩れ状態の中で、
どこでサポートされるのか?

総悲観モードに突入しつつあると感じますが、
まだ入口に過ぎない可能性もあり、

20000ドルを割り込むことがあると
一層、市場に悲壮感が増していくと思います。

今の時点で終わるのかは
今日のパウエル議長の発言次第とも思えます。

私自身は今晩起きておいて
結果を見る事はきっと叶わないので

株の勉強:レジスタンスとサポートとは?

株・投資の勉強

株初心者くん

ここではテクニカル分析の基本、レジスタンスとサポートラインについて解説します

レジスタンスとサポートとは?

様々な判断材料をチャートからよみとることが可能ですが、レジスタンスラインとサポートラインの考え方は基本中の基本でシンプルかつ信頼性の高いものです。

レジスタンス、サポートラインとは、ある株価を境に株価がそれ以上上昇しにくくなったり、下落しずらくなったりするポイントをラインにしたものです。

赤線がレジスタンス(上値抵抗線)です。
前回の高値までは株があがるものの、それ以上になかなか突き抜けることができない壁のようなものです。

青線がサポートライン(下値支持線)です。
レジスタンスとは逆に株価が下落してもこの地点まで落ちると反発してまた上がるというポイントを結んだラインになります。
株価を下支えするラインです。

レジスタンスとサポートはどう使える?

レジスタンスとサポートラインは売買のタイミングの判断材料として使うことができます。

重要な局面はこのレジスタンスやサポートラインを株価が割り込むときです。

株価が何度かレジスタンスに跳ね返された後、ついにその地点を突き抜けてブレイクアウトすることがあります。
この局面では株価は新たな高値(新値)を目指して上昇します。

一方、機関投資家(保険会社、信託銀行など)の多くはブレイクアウト直後に買いを入れません。
これはなぜかというとブレイクアウトした株価上昇が本物かどうかを見極めるためです。
見極めポイントはレジスタンスラインがサポートラインに切り替わるかどうかです。

株価がレジスタンスラインを突き抜けて上昇。
その後に株価が再び下落した際、前のレジスタンスラインまできたところでまた上昇に転じることがあります。これは以前のレジスタンスラインがサポートラインに切り替わったと考えられ今後の継続的な上昇が期待できます。この切り替わりをコンファメーション(確認)といいます。

機関投資家はこのサインで株価上昇が本物であるというコンファメーション(確認)をして、買いを入れてきます

個人的には、私たち個人投資家も機関投資家と同じようにブレイクアウト後にレジスタンス→サポートの確認をしてから買いに入るのが賢い選択と考えます。

ブレイクアウトしても、その後株価下落しこれまでのレジスタンスラインを割り込み株価下落が続くケースもあります。

ブレイクアウト後にすぐ買いにいくとこのリスクにさらされます。
この場合の株価上昇は一時の気まぐれで、ちゃんとした株価上昇トレンドでないということです。

ブレイクアウトの逆がブレイクダウンです。
株価が下落、サポートラインも割り込んで下落を続ける場合です。
サポートを失い今後継続して下落する恐れがあります。

JP Blog

Tradexfin Limitedは、証券ディーラーライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁(FSA)により規制されています。 | 個人情報保護方針 サポートラインとは サポートラインとは | クッキーに関する方針 | 契約条件
Fintrade Limitedは、証券ディーラーライセンス番号GB20025835の下、モーリシャス金融サービス委員会(FSC)より、規制されています。 | 個人情報保護方針 | クッキーに関する方針 | 契約条件

TPS Management Limitedの所在地は、Steliou Mavrommati 80B, Agios Pavlos, 2364, Nicosia, Cyprusです。 TPS Management サポートラインとは LimitedはTradexfin Limitedが完全に所有しています。

リスク警告: FXおよびCFD商品取引には投資元金を失う非常に高いリスクが伴います。弊社Tradexfinのリスク開示およびFintradeのリスク開示をお読みの上、十分にご理解ください。

お客様の個人情報を大切にします

お客様のクッキーの設定

クッキーとは何ですか?

クッキーは何の役に立つのですか?

以下は、クッキーが弊社に提供する一部の機能の概要です:

  • お客様の個人情報を確認し、お客様のアクセス元の国を特定する
  • ブラウザ種類と端末をチェックする
  • ユーザーの参照元となったサイトを追跡する
  • 第三者によるコンテンツの適切なカスタマイズを可能にする

本ウェブサイトは、Google, Inc. 社(「Google」)が提供するウェブ分析サービスのGoogle アナリティクスを使用しています。Google アナリティクスは、お客様のコンピュータに保存されている分析クッキーを使用してユーザーのウェブサイトの利用を分析します。クッキーによって生成されたお客様のウェブサイトの利用に関する情報(お客様のIPアドレスを含む)は、Googleによってそのサーバーに送信され、保存される場合があります。Google はこの情報を使用してウェブサイトの利用状況を評価し、ウェブサイトの活動に関するレポートを編集し、ウェブサイトの活動やインターネットの利用に関連するその他のサービスを提供する場合があります。また、Google は法律によってこちらを行うことが必要な場合には本情報を第三者に転送する場合があり、こちらには当該第三者がGoogle に代わって情報を処理する場合も該当します。Googleは、お客様の IP アドレスを他のデータと関連付けることはありません。本ウェブサイトを使用することにより、お客様は、Googleにお客様に関する情報を上記に規定された方法および目的にて処理する許可を与えます。

JP Blog

Tradexfin Limitedは、証券ディーラーライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁(FSA)により規制されています。 | 個人情報保護方針 | クッキーに関する方針 | 契約条件
Fintrade Limitedは、証券ディーラーライセンス番号GB20025835の下、モーリシャス金融サービス委員会(FSC)より、規制されています。 | 個人情報保護方針 | クッキーに関する方針 | 契約条件

TPS Management Limitedの所在地は、Steliou Mavrommati 80B, Agios Pavlos, 2364, Nicosia, Cyprusです。 TPS Management LimitedはTradexfin Limitedが完全に所有しています。

リスク警告: FXおよびCFD商品取引には投資元金を失う非常に高いリスクが伴います。弊社Tradexfinのリスク開示およびFintradeのリスク開示をお読みの上、十分にご理解ください。

お客様の個人情報を大切にします

お客様のクッキーの設定

クッキーとは何ですか?

クッキーは何の役に立つのですか?

以下は、クッキーが弊社に提供する一部の機能の概要です:

  • お客様の個人情報を確認し、お客様のアクセス元の国を特定する
  • ブラウザ種類と端末をチェックする
  • ユーザーの参照元となったサイトを追跡する
  • 第三者によるコンテンツの適切なカスタマイズを可能にする

本ウェブサイトは、Google, Inc. 社(「Google」)が提供するウェブ分析サービスのGoogle アナリティクスを使用しています。Google アナリティクスは、お客様のコンピュータに保存されている分析クッキーを使用してユーザーのウェブサイトの利用を分析します。クッキーによって生成されたお客様のウェブサイトの利用に関する情報(お客様のIPアドレスを含む)は、Googleによってそのサーバーに送信され、保存される場合があります。Google はこの情報を使用してウェブサイトの利用状況を評価し、ウェブサイトの活動に関するレポートを編集し、ウェブサイトの活動やインターネットの利用に関連するその他のサービスを提供する場合があります。また、Google は法律によってこちらを行うことが必要な場合には本情報を第三者に転送する場合があり、こちらには当該第三者がGoogle に代わって情報を処理する場合も該当します。Googleは、お客様の IP アドレスを他のデータと関連付けることはありません。本ウェブサイトを使用することにより、お客様は、Googleにお客様に関する情報を上記に規定された方法および目的にて処理する許可を与えます。

JP Blog

Tradexfin Limitedは、証券ディーラーライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁(FSA)により規制されています。 | 個人情報保護方針 | クッキーに関する方針 | 契約条件
Fintrade Limitedは、証券ディーラーライセンス番号GB20025835の下、モーリシャス金融サービス委員会(FSC)より、規制されています。 | 個人情報保護方針 | クッキーに関する方針 | 契約条件

TPS Management Limitedの所在地は、Steliou Mavrommati 80B, Agios Pavlos, 2364, サポートラインとは Nicosia, Cyprusです。 TPS Management LimitedはTradexfin Limitedが完全に所有しています。

リスク警告: FXおよびCFD商品取引には投資元金を失う非常に高いリスクが伴います。弊社Tradexfinのリスク開示およびFintradeのリスク開示をお読みの上、十分にご理解ください。

お客様の個人情報を大切にします

お客様のクッキーの設定

クッキーとは何ですか?

クッキーは何の役に立つのですか?

以下は、クッキーが弊社に提供する一部の機能の概要です:

  • お客様の個人情報を確認し、お客様のアクセス元の国を特定する
  • ブラウザ種類と端末をチェックする
  • ユーザーの参照元となったサイトを追跡する
  • 第三者によるコンテンツの適切なカスタマイズを可能にする

本ウェブサイトは、Google, Inc. 社(「Google」)が提供するウェブ分析サービスのGoogle アナリティクスを使用しています。Google アナリティクスは、お客様のコンピュータに保存されている分析クッキーを使用してユーザーのウェブサイトの利用を分析します。クッキーによって生成されたお客様のウェブサイトの利用に関する情報(お客様のIPアドレスを含む)は、Googleによってそのサーバーに送信され、保存される場合があります。Google はこの情報を使用してウェブサイトの利用状況を評価し、ウェブサイトの活動に関するレポートを編集し、ウェブサイトの活動やインターネットの利用に関連するその他のサービスを提供する場合があります。また、Google は法律によってこちらを行うことが必要な場合には本情報を第三者に転送する場合があり、こちらには当該第三者がGoogle に代わって情報を処理する場合も該当します。Googleは、お客様の IP アドレスを他のデータと関連付けることはありません。本ウェブサイトを使用することにより、お客様は、Googleにお客様に関する情報を上記に規定された方法および目的にて処理する許可を与えます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる