FXとはなにか

FXチャートの見方、分析について解説

FXチャートの見方、分析について解説
【チャート入門・主要目次】
1. ローソク足の見方
2. 移動平均線の見方
3. トレンドラインの見方
4. サポートライン・レジスタンスライン、ほか

5分でわかる!株価・FX チャートの見方と使い方


上のチャートは、2007年から2017年までの日経平均株価のチャート(=価格の推移を示したグラフ)ですが、形が火を灯すローソクに似ているのでローソク足と呼ばれています。

1-1 ローソク足の作り方と色の違う2つのローソク足

ローソク足は、4つの価格(四本値)で作成されます。
始値(はじめね)
相場が始まったときの価格
・高値(たかね)
一定期間の最高値
・安値(やすね)
一定期間の最安値
・終値(おわりね)
相場が終わったときの価格

また、終値が始値に比べて上がっていれば「陽線(ようせん)」、下がっていれば「陰線(いんせん)」と色分けして作成されます。

1-2 チャートの期間(月足や5分足など)

1つ1つのローソク足を作成する始値・高値・安値・終値をどの時間を元にするかによって、年足(ねんあし)月足(つきあし)週足(しゅうあし)日足(ひあし)1時間足などがあります。

個々の投資家の取引スタンスで見るべきチャートは異なります。

・デイトレーダーやスキャルパーなど
超短期的な売買
1分足・5分足・15分足・・など

・スウィングトレーダー
(数日から数週間)短期から中期での売買
日足・週足・・など

・長期投資家
(1年以上数年の長期投資)
週足・月足・・など

2 ローソク足で今後の値動きを予想する

2-1 ローソク足で予想する相場動向 - 考え方 -

2-1-1 大きな上昇のローソク足=大陽線

2-1-2 上下の値幅が小さなローソク足=小陽線・小陰線など

2-2 ローソク足でイメージする相場動向 - 一覧 -

下の一覧は上で解説したローソク足の主な形状とその名称、また、そこからイメージされる今後の相場予想です。

相場予想については過去の傾向からそうなりやすいという一般的なローソク足についての解釈になり必ずしも予想どおりになるとはいえませんが、市場の心理動向(市場参加者の総体的な心理状況や相場の雰囲気)をイメージする上ではとても重要です。

2-3 ローソク足から相場予想をする上での注意点

そしてその際に一番注意する点は、 ローソク足の1つだけを見て判断するのではなく 、そのローソク足が形成されるまでのローソク足の大きさや相場動向など 全体を俯瞰してローソク足を見るようにすることです 。

例えば、現在のローソク足が「大きな値幅で上昇しているローソク足(大陽線)だから上がるだろう」ということではなく、その手前までのローソク足が下の図のように同程度の値幅なら、大陽線だから上がるとは予想できないということです。

このチャートからは「今は大きな値幅のレンジ相場」と読み取れ、目先はこのレンジ内での動き、その後、レンジを越えた方向に相場が動きやすいというイメージになります。
FXチャートの見方、分析について解説
木を見て森を見ずともいいますが、全体的な相場の動向やそれまでのローソク足の大きさなどとも比較して、市場の雰囲気を掴み取るようにしましょう。

無料で使えるFXチャートのおすすめは?選び方や見方を紹介

FX

FXデイトレードとは?短期売買におすすめのFX会社5選を紹介!

FX

FXブロードネットの取引システムの評判は?口コミや手数料も紹介

FX

FXは儲かる?稼ぐ仕組みと儲かる人の特徴を紹介

FX

FXとは?利益が出る仕組みを初心者にも分かりやすく解説!

FX

外貨ex byGMOの評判や口コミは良い?アプリの使い方やキャンペーンも紹介

本サイトで掲載する内容はクレジットカード及びローン商品、証券口座、FX、暗号資産等の一般的な情報提供を目的としております。当社は商品・サービスを提供する事業者とお客様との契約・取引に関して、いかなる関与もいたしません。
当社は第三者を含む利用者・事業者間におけるトラブルには一切責任を負わないものとします。
本サイトでは各金融機関の情報に基づき、可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、情報の更新により、掲載内容と最新情報に相違がある場合もございます。本サイトに掲載の情報は記事の作成日または更新日時点での内容になりますので、商品・サービス等の最新情報につきましては、各金融機関の公式サイトにてご確認ください。
本サイトにて掲載の商品・サービスの詳細については、当社ではお答えできません。商品・サービスの内容や契約、申し込みに関するご質問は、商品・サービスを提供している事業者へお問い合わせください。
本サイト掲載の商品・サービスには、契約時に所定の審査が行われるものがございます。本サイトに掲載の情報は、個人の審査結果を保証するものではございません。
ローン商品の契約には利息が発生する可能性がございますので、お借り入れ条件をご確認の上、計画的なご利用をお願いいたします。
FXや株式等の金融取引は元本・利益を保証するものではなく、相場の急変動等により損失が生じる場合がございます。リスクを理解した上での取引をお願いいたします。

FUJITOMI market NEWS

RSSフィード

各種お知らせ FXチャートの見方、分析について解説

「くりっく365」「くりっく株365」におけるリスクについて

・「くりっく365」「くりっく株365」は、元本及び収益が保証された取引ではありません。取引の額が預託された証拠金に対して非常に大きく、相場急変動等により建玉を維持するため追加証拠金の預託が必要となる場合や、お客様が預託された証拠金を上回る損失が生じる恐れがある取引です。
・ご契約・お取引に際しましては、当該商品等の「契約締結前交付書面」「取引説明書」等をよくお読みいただき、取引の仕組み・内容・リスク等を十分ご理解の上、ご自身の判断と責任においておこなってください。
・くりっく株365・くりっく365ではマーケットメイク方式を採用しており、表示する売付価格と買付価格に差があります。くりっく365の証拠金額は、レバレッジ25倍上限付きHV方式で計算されており、くりっく株365の証拠金額はリスクに応じて算定される方式を採用しているためレバレッジ比率は一定ではありません。最新の証拠金額は「証拠金基準額(くりっく365・くりっく株365)」よりご確認ください。
・くりっく株365・くりっく365では注文が成立した際に手数料が掛かります。手数料の額はお取引口座の内容や銘柄により異なり、くりっく株365では1枚あたり最大で4,400円(税込)、くりっく365の通常銘柄では1枚あたり最大1,100円(税込)、くりっく365のラージ銘柄では1枚あたり最大で11,000円(税込)です。詳しくは「サービス内容と手数料(くりっく365・くりっく株365)」をご確認ください。

FXチャートの見方、分析について解説
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)FXチャートの見方、分析について解説 第1614号
商品先物取引業者 農林水産省指令28食産第3988号
経済産業省20161108商第10号

加入協会:日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

※「くりっく365」「取引所為替証拠金取引 くりっく365」「取引所FX くりっく365」は、株式会社東京金融取引所の登録商標であり、同取引所が上場している取引所為替証拠金取引の愛称です。

FX攻略ブログ| 初心者へのチャートガイド

チャート入門

【チャート入門・主要目次】
1. ローソク足の見方
2. 移動平均線の見方
3. トレンドラインの見方
4. サポートライン・レジスタンスライン、ほか
FXチャートの見方、分析について解説

ダウ理論入門

【波の法則・主要目次】
1. グランビルの法則
2. ダウ理論
3. エリオット波動
4. フィボナッチ比率、ほか

FX攻略ブログ・中級編(ラインとテクニカル)

チャートの見方をある程度押さえたら、次のテクニカル指標(インジケータ)を見方を
理解しましょう。ここではトレンド系指標とオシレータ系指標の2通りのテクニカル指標を
掲載していますが、両方の種類を使うのが良いとされています。

テクニカル分析入門

【テクニカル分析・主要目次】
1. 移動平均線分析
2. ボリンジャーバンド分析
3. MACD分析
4. マルチタイムフレーム分析(MTF)、ほか

ライントレード入門

【ライントレード分析・主要目次】
1. サポートライン
2. レジスタンスライン
3. ネックライン
4. 切り上げライン・切り下げライン、ほか

FX攻略ブログ・マネジメント編(資金と取引ルール)

チャート分析、テクニカル指標はFX攻略の一面です。全てのゲームに攻撃と守備が
あるように、FXにも両面があります。
チャート分析やテクニカル分析は攻撃用ツール、資金管理などのマネジメントは
守備用ツールです。両方を使いこなせないとトレードはうまくいきません。

資金管理

【資金管理・主要目次】
1. 相場は先が読めないもの
2. 損切り(ロスカット)の重要性
3. プロも利用する資金管理
4. プロスペクト理論、ほか

取引ルール

【取引ルール作成・主要目次】
1. リスクとは?
2. 取引ルールの前提条件
3. 損切りポイントを置く場所
4. トレードの禁止事項、ほか

取引を検証

【取引検証・主要目次】
1. 取引ルールを見つけて検証する
2. 取引ノートを残す意味
3. 取引ノートのつけ方
4. 勝ちトレーダーの取引、ほか

FXトレード編(相場環境と戦略・戦術)

環境分析

【環境分析・主要目次】
1. FXチャートの見方、分析について解説 相場が動く時間帯を確認
2. 波のペースをつかむ
3. 上位足のサポレジと移動平均線
4. ストーリーを考える、ほか

FXの戦略と戦術

【戦術と戦略・主要目次】
1. 基本戦略を立てる
2. 上昇トレンドの戦略と戦術
3. 下降トレンドの戦略と戦術
4. 移動平均線とローソク足のクロス、ほか

FX過去のチャート例

過去のチャート図

【過去のチャート図・主要目次】
1. 上昇トレンドの起点チャート
2. 上昇トレンドの押し目チャート
3. 下降トレンドの起点チャート
4. 下降トレンドの戻り売りチャート

FX取引ノート

【FX取引ノート・記入例】
1. 上昇トレンドの記入例
2. 下降トレンドの記入例
3. レンジ相場例、ほか
》》 取引ノート例・カテゴリーページ

FXの相場攻略には、サポートやレジスタンスといったラインの知識が不可欠になります。
ここではラインやフィボナッチ・リトレースメント、天井圏、底値圏の特長などを問題例
としてブログ形式で記載しています。

FX問題集

【FX問題集・主要目次】
1. サポートライン例
2. レジスタンス例
3. フィボナッチ・リトレースメント例、ほか
》》 FX問題集・INDEXページ

新 着 情 報

  • ドル円(デイトレ)/FX問題集40 2016年1月2日
  • ドル円(FXチャートの見方、分析について解説 デイトレ)/FX問題集39 2016年1月1日
  • ドル円(日計り)/FX問題集38 2015年12月31日
  • ドル円(日計り)/FX問題集37 2015年12月30日
  • ドル円(日計り)/FX問題集36 2015年12月29日
  • ドル円(日計り)/FX問題集35 2015年12月28日
  • FXチャートの見方、分析について解説
  • ドル円(日計り)/FX問題集34 2015年12月27日
  • ドル円(日計り)/FX問題集33 2015年12月26日

FX攻略トレードメモ


FXの取引時間帯
相場が動く経済指標
波のペースを確認する
FX攻略のエントリーポイント

FXブログ・コンテンツ

グランビルの法則
ダウ理論
エリオット波動
フィボナッチ係数
マルチタイムフレーム分析
移動平均線分析
ボリンジャーバンド分析
MACD分析
サポートライン
レジスタンスライン
ネックライン
切り上げ・切り下げライン
FXチャートの見方、分析について解説 移動平均線とMTFの時間軸
FX相場の用語集
FX注文形式と使い方
FXブログ・カテゴリーリスト

FXのトレードノートを作るための項目や続かない原因を改善するオススメの方法についてわかりやすく解説してみた

FX トレードノート

FX学習

FXで上達するにはトレードノートを作成することが重要

FXでトレードノートを作る目的

そのトレードの根拠と心理状態を言語化することによって、

負けるトレーダーというのは、何度も同じミスを永遠と繰り返します。

確実に同じミスをしなくなり、より勝てるトレーダーへと成長します。

「勝つためにはどうしたらいいかを考えるのではなく、

負けないようにするにはどうしたらいいかを考える」方が効率的です。

FXでトレードノートを作るメリット

記録に残しておけば後からいつでも見直すことができる

FX トレードノート

自分のトレード根拠や心理状態を言語化するクセがつく

適当なトレードをしなくなる

トレードルールの再確認と修正ができる

負け/失敗トレードの判別ができるようになる

客観的に自分のトレードを分析可能

これは、私が見てきた「負けるトレーダーの典型的な例です。」

自分のトレードのクセがわかる

学習効率が高い

トレードに自信が身に付く

FXでトレードノートを作るデメリット

書くのがめんどくさい

ノートつけるのに時間がかかるから次のトレードができない

中途半端なトレードノートはむしろ害悪

トレードノートを作る目的は、そのトレードの根拠と心理状態を言語化することによって、

FXトレードノートの項目について

トレード前

環境認識してるか(マルチタイムフレーム)
・ローソク足やインジケーターのはどうか
エントリー根拠を言語化できているか(複数根拠が望ましい)
利確目標と損切り位置を決めているか
リスクリワードは適正
ロットは適正か(損失許容額〇%)
予想勝率は何%か(これ大事)
ナンピン計画はあるか
・エントリーする直前の心理状態の言語化
複数のシナリオを持っているか
・エントリーする直前(した直後)のスクショ

トレード中

・エントリーした直後の心理状態の言語化
・根拠が続いているのか
・ロウソク足やインジケーターの動きのチェック
チキン技食いしようとしてないか
・含み損のときにビビッてないか
複数のシナリオを持っているか
・エントリー中の心理状態の変化
・エントリー中で気になるところがあればその都度スクショ

トレード終了直後

決済の根拠はなにかという言語化
・決済直後のスクショ
・決済直後の心理状態の言語化
・この時点での良い点悪い点の言語化(トレードの反省)
ルールを守れたかどうかの確認
成功トレード失敗トレードの切り分け
・これからどう動くかを予想
トレード終了してしばらく経過
・チャートが半分くらい進んだらスクショ
・あとから見たときのエントリーと決済の感想
・あとから見たときの良い点悪い点の言語化(トレードの反省)
ルールを守れたかどうか
成功トレード失敗トレードの切り分け
・失敗の場合は改善点の洗い出し

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる