の収益源

テイクプロフィットを計算する方法

テイクプロフィットを計算する方法
krewSheet

蒸気圧からPPMを計算する方法

蒸気圧が安定すると、圧力計の両側の水銀レベルの差が蒸気圧を示し、水銀のミリメートル(mmHgまたはtorr).

分圧

典型的なレポーティング単位

環境レポートでは、サンプリングされた材料に基づいて異なる単位が使用されます。土壌テストでは、テストをキログラム(kg)あたりのミリグラム(mg)または質量に基づく百万分の1(ppmm、ppmとも表記)として報告します。m)。水の結果は、水の量に含まれる汚染物質の質量に基づいて、リットル(Lまたはl)あたりのミリグラム(mg)として報告されます。水質汚染は ほくろ (molとしても表記)水量1リットルあたりの汚染物質の量。Mで表されます。空気の結果は、試験結果を1立方メートルあたりのミリグラムまたは体積に基づく100万分の1として報告しますv).

ガス濃度の計算:mmHgからppm

水銀柱ミリメートルから100万分の1(mmHgからppm)に変換するには、100万分の1(ppm)の式を使用します。これは、水銀柱ミリメートル(VP in mmHg)で測定した蒸気圧を水銀柱ミリメートル(PA in mmHg)、100万(10 6 ).

数学的には、方程式はppmv =(VP÷PA)x10 6 。たとえば、現在の大気中の二酸化炭素レベルが0.311 mmHgと測定された場合、100万分の1の計算はppm =(0.311÷760)x10になります 6 または409 ppm。

ppmを分圧に変換するには、水銀のミリメートル単位の蒸気圧が100万分の1(ppm)に大気圧(PA)を乗じ、製品を100万で割った値(10 6 )。たとえば、産業革命以前の大気中の二酸化炭素レベルは約280 ppmでした。そのときの蒸気圧は、PV =(ppmxPA)÷10として計算できます。 6 またはVP =(280x760)÷10 6 = 212,800÷106 = 0.2128または0.213 mmHg。

ガス濃度の計算:ppmからmg / m3

ガス濃度は、1立方メートルあたりのミリグラムで報告される場合があります(mg / m3)100万分の1水銀やミリメートル単位の水銀ではありません。 100万分の1の式を、1立方メートルあたりのミリグラムでの測定値の24.45倍に相当するものを使用してから、物質のグラム分子量で除算します。周期表を使用して、グラムの分子量を見つけます(「参考文献」を参照)。

たとえば、二酸化炭素のグラム分子量は1炭素原子、12プラス2酸素原子、16x2 = 32で、合計グラム分子量は44(12 + 32)です。教室内の二酸化炭素が2,500 mg / mと測定された場合 3 許容される二酸化炭素は1,100 ppm以下ですが、教室は子供にとって安全ですか?数式を使用すると、ppm =(24.45x2,500)÷44 = 61,125÷44 = 1,389ppmの二酸化炭素は、二酸化炭素レベルが安全でないことを示します。

式の24.45は、圧力が1気圧(760トルまたは760 mm Hg)で25℃の場合のガスまたは蒸気のモル(分子量)の体積(リットル)です。異なる圧力または温度、あるいはその両方に基づいて計算するには、変換係数の体積を、理想気体定数とケルビンの温度の積(摂氏温度プラス273)に等しく挿入します。

CAGR(年平均成長率)を使えるようにする

突然ですが、 CAGR (年平均成長率)ってご存知ですか?ちょっと聞き慣れない言葉かもしれません…。 「う~ん、また厄介そうなものが出てきたなぁ~、アルファベット4文字って嫌な予感…」と毛嫌いしないでください。CAGRはみなさんの味方ですよ!(笑)ここで紹介したのは、CAGR( C ompound A nnual G rowth R ate)を使えるようになると、なにかと便利だからなんです。例えば次のような表を見てください。これは、A社の売り上げ推移を示しました。

この表から売り上げの推移を読み取って、毎年 平均して 何%ずつ売り上げが成長しているのか計算できますか?前年度からの伸び率(単年の伸び率)は割り算をすることで、簡単に計算できますが(上表参照)、3年分の平均、5年分の平均を計算しようとすると迷ってしまいますよね。(少なくとも私は迷っていました…)

例えば2000年から2002年までの3年分の推移を見てみましょう。
(1)2002年で売り上げが【100→140億円】へと40%増えています。
(2)年度別に見てみると、2000年から2001年までは 20% 成長をしており、2001年から2002年までは 17% 成長しています。

この間の 年平均成長率 を求める時に、前者(1)を使って、40%÷2(年)=20%と単純計算してしまっては大間違いですし、後者(2)を使って、20%+17%=37% 37%÷2(年)=18.5%と計算しても間違いです。

CAGRの計算式

よって、上記の式に代入すると、
n年度の売り上げ…140億円
初年度の売り上げ…100億円
n…3年目

=(140/100)^(1/〔3-1〕)-1≒18.3% A. 18.3% (注 ^ ←は、 べき乗 です)

例題とは異なる事例として、具体的に数字を入れるとよくわかります。
年平均成長率:10% 初年度売り上げ:100億の場合

1年目 の売り上げ=(1+10%)^( テイクプロフィットを計算する方法 1 -1)×100億=100億円 ←1年目は成長しませんので
2年目 の売り上げ=(1+10%)^( 2 -1)×100億=110億円
3年目 の売り上げ=(1+10%)^( 3 -1)×100億=121億円
(↑この辺りで、上記の式で複利計算がされていることが理解できますでしょうか?)

  • 両辺を 初年度の売り上げ で割り算します。( 初年度売り上げ が右辺に移項)
    (1+年平均成長率)^経過年数n-1=n年度の売り上げ/ 初年度の売り上げ
  • 両辺を 経過年数 1/(n-1)乗 をします。( 経過年数 1/(n-1)乗 が右辺に移項)
    (1+年平均成長率)=(n年度の売り上げ/初年度の売り上げ)^( 経過年数 1/n-1 )
  • 両辺から 1 を引きます(1が右辺に移項)。
    年平均成長率=(n年度の売り上げ/初年度の売り上げ)^( 経過年数 1/n-1 )-1

ここまでCAGRを解説いたしました。このように一見、万能そうに見えるCAGRですが、私は欠点が2つあると思います。一つ目は、 どこの値をとっているかで、CAGRが大きく変わってしまうこと です。例題の2005年(前年比+67%)のように売り上げが急に大きく伸びた年は、その数字が平均に大きく影響してしまいます。

もう一つは、CAGRの数字は 過去の結果に過ぎず、今後もこの成長率が約束されたものではない ということです。当たり前のことですね…。CAGRは過去業績分析に適していると思いますが、将来分析予測にそのまま使ってしまうのは危険だと思います。永遠に同じ成長率を保って、成長し続ける会社など、ありえませんから。

テイクプロフィットを計算する方法

軽自動車及び小型自動車と、普通自動車の取得に対して課される税金です。
二輪車、特殊車両には課税されません。
また、自動車製造業者の製造による自動車の取得や販売業者の販売のための自動車の取得などには課税されません。
自動車と一体となっている付加物(エアコン・オーディオなど)も取得価格に含まれます。
※低公害車や一定の基準を満たした低燃費車の取得に対しては、税率などの軽減措置があります
自動車取得税の特例措置についてはメニューの「自動車税のグリーン化」をご覧下さい。

納税義務者

自動車を取得した人が納税義務者です。
割賦販売契約(ローン)により購入した場合等で、売主が所有権を留保しているときは、買主である使用者が納税義務者となります。
例えば、所有者が販売店で使用者が購入者の場合は使用者が自動車取得税の納税義務者になります。

自動車取得税の額

平成26年4月以降に登録・納車の場合
自家用自動車:取得価額の 3%
営業用自動車:取得価額の 2%
軽自動車:取得価額の 2%

テイクプロフィットを計算する方法
「取得価額」については下記の「新車で購入した場合・・・」「中古で購入した場合・・・」をご覧ください。
取得価額が50万円以下の場合は課税されません。
低公害車や一定の基準を満たした低燃費車の取得に対しては、税率などの軽減措置があります

自動車取得税の特例措置についてはメニューの「自動車税のグリーン化」をご覧下さい。
エコカー減税対象車は取得税が減税されます
エコカー減税

新車で購入した場合の自動車取得税

付加物について・・・
エアコン、オーディオ、カーナビなど車体に固定してあり、容易に脱着できないものについては取得価額に加えられます。
一方、スペアタイヤやフロアマットなど車体に固定されないものについては取得価額には加えられません。
付加物の具体例

付加物となるもの エアコン、オーディオ(スピーカー含む)、カーナビ、ETC車載器など
付加物とならないもの スペアタイヤ、シートカバー、マット、チャイルドシートなど
テイクプロフィットを計算する方法

課税標準基準額+付加物の額=取得価額(この段階で1,000円未満は切り捨てます)
取得価額×税率3%=自動車取得税額
テイクプロフィットを計算する方法

課税標準基準額+付加物の額=取得価額(この段階で1,000円未満は切り捨てます)
取得価額×税率2%=自動車取得税額

[自家用 普通車]
課税標準基準額200万円、カーナビ15万円の場合
200万円+15万円=215万円(取得価額)
215万円×3%=6万4500円(自動車取得税の額)

[自家用 軽自動車] テイクプロフィットを計算する方法
課税標準基準額100万円、カーナビ10万円の場合
100万円+10万円=110万円(取得価額)
110万円×2%=2万2000円

中古車を購入した場合の自動車取得税

中古で購入した場合も自動車取得税は課税されます。
税率は新車で購入した場合と同じですが、取得価額は「課税標準基準額」に「残価率」を掛けて計算します。
また、中古車についてはエコカー減税の適用はありません。

経過年数 1年 1.5年 2年 2.5年 3年 3.5年 4年
残価率 0.681 0.561 0.464 0.382 0.316 0.261 0.215
経過年数 4.テイクプロフィットを計算する方法 5年 5年 5.5年 6年
残価率 0.177 0.146 0.121 0.100
経過年数 1年 1.5年 2年 2.5年 3年 3.5年 4年
残価率 0.562 0.422 0.316 0.237 0.177 0.133 0.100

課税標準基準額×残価率=取得価額(この段階で1,000円未満は切り捨てます)
取得価額×税率3%=自動車取得税額

課税標準基準額×残価率=取得価額(この段階で1,000円未満は切り捨てます)
取得価額×税率2%=自動車取得税額

自家用の普通車で課税標準額200万円、初年度登録月から3年経過している場合
200万円×0.316=63万2000円(取得価額)
63万2000円×3%=1万8960円(自動車取得税の額)

譲り受けた場合などの自動車取得税

[自動車保険おまかせ.com]
最適な保険を選んでいますか?
ちゃんと選べばリーズナブルな保険料で充実の保障!
[アメリカンホームダイレクト][ソニー損保][アクサ][三井ダイレクト]など人気の自動車保険が勢揃い
インターネットで簡単お見積り。プランの設計も自由自在。
[自動車買取おまかせ.com]
複数の車買取業者の見積りを一度に請求できます。
[ガソリンカードおまかせ.com]
お得に給油できる人気のガソリンカード

交通事故に強い弁護士一覧

「後遺障害慰謝料」については、その名の通り、あなたの「後遺症」が「後遺障害」として認定された場合に支払われるべきものです。一概にはいえませんが、「後遺障害慰謝料」は、あまりモメる項目ではありません。中には、この項目においてもお互いの主張がぶつかり合い、「紛争」となるケースもありますが、基本的には比較的スムーズに支払われている項目です。しかし、最近は、算定機構が厳しくなっており、特に14級あたりは後遺障害への認定が厳しくなっている傾向がありますので、事前にご相談されることをおすすめします。
※認定なし(非該当含む)と14級では百万円以上変わります。

これも読んでね
後遺障害慰謝料とは

問題は「入通院慰謝料」の方です。こちらについては、被害者側の知識が少ないことや、昔からの「保険会社」に対する一般的な(良くない)イメージも手伝い、「保険会社には騙されないぞ!」「きっと、ごまかしているに決まっている」などという、感情を抱く交通事故被害者の方が多く、それが余計に示談をややこしくしてしまっている感が否めません。

前例から大きく外れることを保険会社は嫌いますし、増額の根拠を正しく主張できなければ、妥当な金額が提示されることはありません。保険会社も企業である以上、利益を追求しますので、「知らない人」にわざわざ親切丁寧に教えてくれるはずもありません。教えてくれる場合もあるのでしょうが、私たちの経験上、そのようなケースはきわめて稀なケースだといえます。では、そのような心構えをしていただいたところで、度々両者の意見や主張が食い違うことが多い「慰謝料(入通院慰謝料)」の基準と計算式についてご紹介いたします。

交通事故の入通院慰謝料の計算には3つの基準がある

「交通事故 慰謝料」や「交通事故 慰謝料 計算」と検索エンジンに入力すると、驚くほどのページが表示され、それらを見てみると、どうやらご自身の慰謝料の計算式が分からない方や、それ以前に「賠償金」=「慰謝料」だと勘違いされている方も多く見受けられます。「慰謝料の計算式」と耳にすると、何やら小難しく聞こえてしまうかもしれませんが、知ってしまえばなんてことはありません。

弁護士を探す
交通事故 慰謝料に強い弁護士一覧

慰謝料計算式その1・自賠責基準の慰謝料計算式

上記いずれかの少ない方に 4,200円をかけて計算 します

(例)治療期間90日、実通院日数42日
42×2<90 となりますので、「実通院日数の2倍である84日」を採用。
治療期間90日、実通院日数48日
48×2>90 となりますので、「治療期間の90日」を採用。

この「自賠責基準」は、保険会社があなたに支払う総支払い額(治療費、休業損害、通院費、入通院慰謝料など)が120万円を超えない場合に限り採用されます。総支払い額が120万円を超える場合、保険会社は、「総支払い額が自賠責基準の120万円を超えたため、任意保険基準に基づき算出」してきます。

慰謝料計算式その2・任意保険基準の慰謝料計算式

テイクプロフィットを計算する方法 テイクプロフィットを計算する方法 テイクプロフィットを計算する方法 テイクプロフィットを計算する方法 テイクプロフィットを計算する方法 テイクプロフィットを計算する方法
単位
(万円)
入院 1ヶ月2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月
通院 25.2 50.4 75.6 95.8 113.4 113.4 128.6 141.2 152.4 162.6
1ヶ月 12.6 37.8 63.0 85.6 104.7 120.9 134.9 147.4 157.6 167.6 173.9
2ヶ月 25.2 50.4 73.0 94.6 112.2 127.2141.2 152.5 162.6 171.4 176.4
3ヶ月 37.8 60.4 82.0 102.0 118.5 133.5 146.3 157.6 166.4 173.9 178.9
4か月 47.8 69.4 89.4 108.4 124.8 138.6 151.3 161.3 168.9 176.4 181.4
5ヶ月 56.8 76.8 95.8 114.6 129.9 143.6 155.1 163.8 171.4 178.9 183.9
6ヶ月 64.2 83.2 102.0 119.8 134.9 147.4 157.6 166.3 173.9 181.4 185.4
7ヶ月 70.テイクプロフィットを計算する方法 6 89.4 107.2 124.3 136.7 149.9 160.1 168.8 176.4 183.9 188.9
8ヶ月 76.8 94.6 112.2128.6 141.2 152.4 162.6 171.3 178.9 186.4 191.4
9ヶ月 82.0 99.6 116.0 131.1 143.7 154.9 165.1 173.8 181.4 188.9 193.9
10ヶ月 87.0 103.4 118.5 133.6 146.2 157.4 167.6 176.3 183.9 191.4 196.4

慰謝料計算式その3・弁護士(裁判)基準の慰謝料計算式

テイクプロフィットを計算する方法 テイクプロフィットを計算する方法 テイクプロフィットを計算する方法 テイクプロフィットを計算する方法
単位
(万円)
入院 1ヶ月 2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月
通院 35 66 92 116 135 152 165 176 186 195
1ヶ月 19 52 83 106 128 145 160 171 182 190 199
2ヶ月 36 69 97 118 138 153 166 177 186 194 201
3ヶ月 53 83 109 128146 159 172 181 190 196 202
4ヶ月 67 955 119 136 152 165 176 185 192 197 203
5ヶ月 79 105 127 142 158 169 180 187 193 198 204
6ヶ月 89 113 133 148 162 173 182 188 194 199 205
7ヶ月 97 119 139 152 166 175 183 189 195 200 206
8ヶ月 103 125 143 156 168 176 184 190196 201 207
9ヶ月 109 129 147 158 169 177 185 191 197 202 208
10ヶ月 113 133 149 159 170 178 186 192 198 203 209

テイクプロフィットを計算する方法 テイクプロフィットを計算する方法
単位
(万円)
入院 1ヶ月 2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 7ヶ月 8ヶ月 9ヶ月 10ヶ月
通院 53 101 145 184 217 244 266 284 297 306
1ヶ月 28 77 122 162 199 228 252 274 291 303 311
2ヶ月 52 98 139177 210 236 260 281 297 308 315
3ヶ月 73 115 154 188 218 244 267 287 302 312 319
4ヶ月 90 130 165 196 226 251 273 292 306 326 323
5ヶ月 105 141 173 204 233 257 278 296 310 320 325
6ヶ月 116 149 181 211 239 262 282 300 314 322 327
7ヶ月 124 157 188 217 244 266 286 301 316 324 329
8ヶ月 132 164 194 222 248 270 290 306 318 326 331
9ヶ月 139170 199 226 252 274 292 308 320 328 333
10ヶ月 145 175 203 230 256 276 294 310 322 330 335

ご自身の保険に弁護士特約が付いていたり、「弁護士報酬を支払っても自分が手にする金額が増える」という方は、今すぐに弁護士に相談しましょう。
一方、時間がかかっても(平均3回の面談=3ヶ月程度)構わないので、交通事故紛争処理センター等の機関を利用し、無料で弁護士にお願いしたいという方は、交通事故紛争処理センター等を利用すると良いかと思います。
※ただし、交通事故紛争処理センターで時間をかけて順番を待った結果、必ずしも担当弁護士が積極的に動いてくれるというわけではありません。

krewSheetで小計を計算する方法

krewSheetで小計を計算する方法

krewSheet

数式フィールドを使って実現する方法

数式フィールドを活用した小計の計算

セル結合する

ワンポイント:数式の補足

ワンポイント:数式の注意点

  • ページングが有効の場合、、画面に表示されていないページの値は数式の対象にはなりません

集計行と検索パネルを併用する方法

集計行

検索パネル

【セミナーに参加する】

krewSheetで小計を計算する方法

【導入事例】医療法人向け経営プラットフォーム「ここりんく」を強力に下支え 病院の経営マネジメントに必須の情報の可視化を支援するkrewDashboard

【導入事例】医療法人向け経営プラットフォーム「ここりんく」を強力に下支え 病院の経営マネジメントに必須の情報の可視化を支援するkrewDashboard

kintoneで請求管理!分割払い請求書を作成する

kintoneで請求管理!分割払い請求書を作成する

関連する記事

一括採番をしたい!krewSheetとプラグインとの組合せで実現しましょう!

kintoneのルックアップとExcelのVLOOKUP

【導入事例】士業の顧客・案件管理をkintone×krewSheetで一元化

カテゴリー

アーカイブ

kintoneプラグイン「krew(クルー)」

このブログは、kintoneプラグイン「krew(クルー)」を開発・販売するグレープシティ株式会社が運営しています。
krewはkintoneの操作性や機能を拡張するプラグインです。標準機能では実現できないExcelライクな機能な一覧操作を実現することができます。
ブログではkintoneの活用の幅を広げたい方やExcelでのデータ管理に限界を感じている方、グループウェアでの情報管理だけでは足りなくなった方、Excelと同じくらいの簡単さで業務アプリを作成したい方が「kintone」を使ってみようかなと思ったときに役に立つさまざまな情報をお届けします。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる