ポイント投資

株価指数先物とは

株価指数先物とは
  • 国内株式市場見通し:米6月CPI皮切りに週末まで重要イベント多く神経質な展開
  • 【今週読まれた記事】激動! エネルギー関連に到来する重要局面
  • 今週の【話題株ダイジェスト】 ウェッジHD、ダイドー、アエリア (7月4日~8日)
  • 10億円を築いた途端にスランプ入り、その理由と打開策は
  • 【植木靖男の相場展望】 ─今はひたすら個別人気株を追う段階
  • 富田隆弥の【CHART CLUB】 「カギ握る参院選後の主力ハイテク株」
  • 個人投資家・有限亭玉介:「ベアマーケット・ラリー」では必ず強い株に注目すべし【FISCOソーシャルレポーター】
  • レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】 (7月4日-8日)

【市況】 株価指数先物【引け後コメント】 ETFの需給イベントを前にして、先回りのショートポジションをニュートラルに戻す動き

指数インパクトの大きい東京エレクトロン [東証P]、アドバンテスト [東証P]、ファナック [東証P]などが後場一段高で始まっており、日経平均型のインデックス買いが入ったと見られる。これによりNT倍率は先物中心限月で14.08倍に上昇したが、14.10倍水準の抵抗を超えることはできず、リバランスの動きにとどまっている。ETFの需給イベントを前にして、ポジションをニュートラルに戻す動きがメインだったと見られる。

  • ・明日の株式相場に向けて=「鋼鉄の鳩」日銀プレーで後場急伸 (株価指数先物とは 07/07)
  • ・【↑】日経平均 大引け| 反発、欧米株高を受け主力株を中心に買い優勢 (7月7日)
  • ・「日経225先物」手口情報(7日日中) 野村証券買い越しトップ、9月限1521枚 (07/07)
  • ・「日経225先物」手口情報(7日夜間) ABNクリアリン証券買い越しトップ、9月限.. (07/07)
  • ・「TOPIX先物」手口情報(7日日中) JPモルガン証券買い越しトップ、9月限3820枚 (07/07)
  • ・「TOPIX先物」手口情報(7日夜間) モルガンMUFG証券買い越しトップ、9月限133.. (07/07)
  • ・外国証券 先物手口情報まとめ(7月7日・日中)
  • ・外国証券 先物手口情報まとめ(7月7日・夜間)
  • ・主要国内証券 先物手口情報まとめ(7月7日・日中)
  • ・主要国内証券 先物手口情報まとめ(7月7日・夜間)

株探からのお知らせ

  • 見逃し配信中!武者陵司氏セミナー
  • 見逃し配信中!株探プレミアムセミナー

お気に入りがいっぱいです!
もっと追加するには、有料サービス「株探プレミアム」の登録が必要です。 株価指数先物とは
初めてご登録の方には「30日間の無料体験」実施中!
※無料体験終了後は、毎月の利用料金が発生します。
※過去に「30日間の無料体験」をご利用になった方には無料体験は適用されません。

このアイコン「★」は利用者の皆さまの「お気に入り銘柄」を
登録もしくは削除する機能となっております。
お気に入り銘柄を登録するには、会員登録(無料)が必要です。
無料会員およびプレミアム会員の方はログインが必要です。

  • 国内株式市場見通し:米6月CPI皮切りに週末まで重要イベント多く神経質な展開
  • 【今週読まれた記事】激動! エネルギー関連に到来する重要局面
  • 今週の【話題株ダイジェスト】 ウェッジHD、ダイドー、アエリア (7月4日~8日)株価指数先物とは
  • 10億円を築いた途端にスランプ入り、その理由と打開策は
  • 【植木靖男の相場展望】 ─今はひたすら個別人気株を追う段階
  • 富田隆弥の【CHART CLUB】 「カギ握る参院選後の主力ハイテク株」
  • 個人投資家・有限亭玉介:「ベアマーケット・ラリー」では必ず強い株に注目すべし【FISCOソーシャルレポーター】
  • 株価指数先物とは
  • レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】 (7月4日-8日)

人気ニュース【ベスト5】

  • 【植木靖男の相場展望】 ─今はひたすら個別人気株を追う段階
  • 富田隆弥の【CHART CLUB】 「カギ握る参院選後の主力ハイテク株」
  • 【今週読まれた記事】激動! エネルギー関連に到来する重要局面
  • レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】 (7月4日-8日)
  • 今週の【話題株ダイジェスト】 ウェッジHD、ダイドー、アエリア (7月4日~8日)

お薦めコラム・特集

  • 【今週読まれた記事】激動! エネルギー関連に到来する重要局面
  • 上昇トレンドに乗る【低PER】 48社選出 <テクニカル特集> 7月8日版
  • 株価指数先物とは
  • 個人投資家・有限亭玉介:「ベアマーケット・ラリー」では必ず強い株に注目すべし【FISCOソーシャルレポーター】
  • 富田隆弥の【CHART CLUB】 「カギ握る参院選後の主力ハイテク株」
  • レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】 (7月4日-8日)

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information 株価指数先物とは Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

【市況】 株価指数先物【寄り前コメント】 ETFに絡んだ売り需要を警戒もセンチメントは改善傾向に、押し目狙いのスタンスか

  • 国内株式市場見通し:米6月CPI皮切りに週末まで重要イベント多く神経質な展開
  • 【今週読まれた記事】激動! エネルギー関連に到来する重要局面
  • 今週の【話題株ダイジェスト】 ウェッジHD、ダイドー、アエリア (7月4日~8日)株価指数先物とは
  • 10億円を築いた途端にスランプ入り、その理由と打開策は
  • 【植木靖男の相場展望】 ─今はひたすら個別人気株を追う段階
  • 富田隆弥の【CHART CLUB】 「カギ握る参院選後の主力ハイテク株」
  • 個人投資家・有限亭玉介:「ベアマーケット・ラリー」では必ず強い株に注目すべし【FISCOソーシャルレポーター】
  • レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】 (7月4日-8日)

人気ニュース【ベスト5】

  • 【植木靖男の相場展望】 ─今はひたすら個別人気株を追う段階
  • 富田隆弥の【CHART CLUB】 「カギ握る参院選後の主力ハイテク株」
  • 【今週読まれた記事】激動! エネルギー関連に到来する重要局面
  • レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】 (7月4日-8日)
  • 今週の【話題株ダイジェスト】 ウェッジHD、ダイドー、アエリア (株価指数先物とは 7月4日~8日)

お薦めコラム・特集

  • 【今週読まれた記事】激動! エネルギー関連に到来する重要局面
  • 上昇トレンドに乗る【低PER】 48社選出 <テクニカル特集> 7月8日版
  • 個人投資家・有限亭玉介:「ベアマーケット・ラリー」では必ず強い株に注目すべし【FISCOソーシャルレポーター】
  • 富田隆弥の【CHART CLUB】 「カギ握る参院選後の主力ハイテク株」
  • レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】 (7月4日-8日)
株価指数先物とは

■関連サイト 株価指数先物とは ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

日経平均先物取引とは?ラージとミニの違いとオススメ証券会社まとめ【手数料最安値比較表あり】

最近の相場は上へ下への方向性の無い相場が続いています。 本日は、先物取引をする上で必要な知識の「コンタンゴ」という用語について調べて記事にまとめてみました。 原油や天然ガス・コーン・米国VIなど原資産が先物である商品とコンタンゴは切.

トライオートETFのトレードにかかる売買スプレッドと金利調整額とは?疑問を解決してみたよ

今回は、トライオートETFで投資する際に必要な手数料と金利コストについてみていこうと思います。 トライオートETFで自動売買を始める トライオートETFにかかるコスト どのような投資サービスであっても取引の際には必要なコストがあり.

米国VIの価格調整額とは何か?発生のメカニズムと調整額の計算方法・空売りするリスクを解説してみたよ

米国VIの価格調整額 今回は、一部の投資界隈で秘かな人気がある、GMOクリック証券の米国VIについての記事です。 利益を出しやすいと言う触れ込みに興味を持って米国VIのトレードを始めようとした方にとって頭を悩ませる言葉にの一つと.

相場の大きな変動から損失限定で利益を稼ぐショートバタフライについて

今回は、オプション取引の基本的な取引方法であるショートバタフライについて触れて行きたいと思います。 ショートバタフライは、損失限定で利益も限定というポジションです。 相場が持ち合いが続けており、近い将来に相場が大きく変動.

オプションの裸売り(ネイキッド・ショート)は借金や破産を伴う危険な取引と言われる理由【即死ポジション】

今回は、オプション取引についての記事になります。 オプション取引ではよく、オプションの売りは危険・絶対にするなという風潮があります。 今回はなぜオプションの売りが危険と言われるのか?という理由と実際に自然災害や暴落の際にどの様な値動.

先物取引のコモディティ市場の特徴と投資分析【カカオ編】

こんにちは、こんばんわ。うどんマン(@udonman1989)です。 今回は、先物取引のカカオ市場について情報をまとめてみました。ニッチな分野ですが、誰もまとめていないからこそ興味が沸きますね。(天邪鬼?) そもそもカカオって何? .

【市況】 株価指数先物【寄り前コメント】 ETFに絡んだ売り需要を警戒もセンチメントは改善傾向に、押し目狙いのスタンスか

  • 国内株式市場見通し:米6月CPI皮切りに週末まで重要イベント多く神経質な展開
  • 【今週読まれた記事】激動! エネルギー関連に到来する重要局面
  • 今週の【話題株ダイジェスト】 ウェッジHD、ダイドー、アエリア (7月4日~8日)
  • 10億円を築いた途端にスランプ入り、その理由と打開策は
  • 【植木靖男の相場展望】 ─今はひたすら個別人気株を追う段階
  • 富田隆弥の【CHART CLUB】 「カギ握る参院選後の主力ハイテク株」
  • 個人投資家・有限亭玉介:「ベアマーケット・ラリー」では必ず強い株に注目すべし【FISCOソーシャルレポーター】
  • レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】 (7月4日-8日)

人気ニュース【ベスト5】

  • 【植木靖男の相場展望】 ─今はひたすら個別人気株を追う段階
  • 富田隆弥の【CHART 株価指数先物とは CLUB】 「カギ握る参院選後の主力ハイテク株」
  • 【今週読まれた記事】激動! エネルギー関連に到来する重要局面
  • レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】 (7月4日-8日)
  • 今週の【話題株ダイジェスト】 ウェッジHD、ダイドー、アエリア (7月4日~8日)

お薦めコラム・特集

  • 【今週読まれた記事】激動! エネルギー関連に到来する重要局面
  • 上昇トレンドに乗る【低PER】 48社選出 <テクニカル特集> 7月8日版
  • 個人投資家・有限亭玉介:「ベアマーケット・ラリー」では必ず強い株に注目すべし【FISCOソーシャルレポーター】
  • 富田隆弥の【CHART CLUB】 「カギ握る参院選後の主力ハイテク株」
  • レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】 (7月4日-8日)株価指数先物とは

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China 株価指数先物とは Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

【市況】 株価指数先物【引け後コメント】 ETFの需給イベントを前にして、先回りのショートポジションをニュートラルに戻す動き

指数インパクトの大きい東京エレクトロン [東証P]、アドバンテスト [東証P]、ファナック [東証P]などが後場一段高で始まっており、日経平均型のインデックス買いが入ったと見られる。これによりNT倍率は先物中心限月で14.08倍に上昇したが、14.10倍水準の抵抗を超えることはできず、リバランスの動きにとどまっている。ETFの需給イベントを前にして、ポジションをニュートラルに戻す動きがメインだったと見られる。

  • ・明日の株式相場に向けて=「鋼鉄の鳩」日銀プレーで後場急伸 (07/07)
  • ・【↑】日経平均 大引け| 反発、欧米株高を受け主力株を中心に買い優勢 (7月7日)
  • ・「日経225先物」手口情報(7日日中) 野村証券買い越しトップ、9月限1521枚 (07/07)
  • ・「日経225先物」手口情報(7日夜間) ABNクリアリン証券買い越しトップ、9月限.. (07/07)
  • ・「TOPIX先物」手口情報(7日日中) JPモルガン証券買い越しトップ、9月限3820枚 (07/07)
  • ・「TOPIX先物」手口情報(7日夜間) モルガンMUFG証券買い越しトップ、9月限133.. (07/07)
  • ・外国証券 先物手口情報まとめ(7月7日・日中)
  • 株価指数先物とは
  • ・外国証券 先物手口情報まとめ(7月7日・夜間)
  • ・主要国内証券 先物手口情報まとめ(7月7日・日中)
  • ・主要国内証券 先物手口情報まとめ(7月7日・夜間)

株探からのお知らせ

  • 見逃し配信中!武者陵司氏セミナー
  • 見逃し配信中!株探プレミアムセミナー

お気に入りがいっぱいです!
もっと追加するには、有料サービス「株探プレミアム」の登録が必要です。
初めてご登録の方には「30日間の無料体験」実施中!
※無料体験終了後は、毎月の利用料金が発生します。
※過去に「30日間の無料体験」をご利用になった方には無料体験は適用されません。

このアイコン「★」は利用者の皆さまの「お気に入り銘柄」を
登録もしくは削除する機能となっております。
お気に入り銘柄を登録するには、会員登録(無料)が必要です。
無料会員およびプレミアム会員の方はログインが必要です。

  • 国内株式市場見通し:米6月CPI皮切りに週末まで重要イベント多く神経質な展開
  • 【今週読まれた記事】激動! エネルギー関連に到来する重要局面
  • 今週の【話題株ダイジェスト】 ウェッジHD、ダイドー、アエリア (7月4日~8日)
  • 10億円を築いた途端にスランプ入り、その理由と打開策は
  • 【植木靖男の相場展望】 ─今はひたすら個別人気株を追う段階
  • 富田隆弥の【CHART CLUB】 「カギ握る参院選後の主力ハイテク株」
  • 個人投資家・有限亭玉介:「ベアマーケット・ラリー」では必ず強い株に注目すべし【FISCOソーシャルレポーター】
  • レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】 (7月4日-8日)

人気ニュース【ベスト5】

  • 【植木靖男の相場展望】 ─今はひたすら個別人気株を追う段階
  • 富田隆弥の【CHART CLUB】 「カギ握る参院選後の主力ハイテク株」
  • 【今週読まれた記事】激動! エネルギー関連に到来する重要局面
  • レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】 (7月4日-8日)
  • 今週の【話題株ダイジェスト】 ウェッジHD、ダイドー、アエリア (7月4日~8日)

お薦めコラム・特集

  • 【今週読まれた記事】激動! エネルギー関連に到来する重要局面
  • 上昇トレンドに乗る【低PER】 48社選出 株価指数先物とは <テクニカル特集> 7月8日版
  • 個人投資家・有限亭玉介:「ベアマーケット・ラリー」では必ず強い株に注目すべし【FISCOソーシャルレポーター】
  • 富田隆弥の【CHART CLUB】 「カギ握る参院選後の主力ハイテク株」
  • レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】 (7月4日-8日)

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる