攻略方法を紹介

マルチタイムフレーム分析ってなに

マルチタイムフレーム分析ってなに
AIちゃん

RAIDとは何か?知っておきたい基礎知識

RAIDには、HDDへのデータの割り振り方やデータの冗長化の方法によって、さまざまなレベルがあります。RAIDレベルは、RAID 0、RAID 1、RAID 01、RAID 10、RAID 2、RAID 3、RAID 4、RAID 5など、数多く存在します。ただ、その中でよく使われているRAID方式は、RAID 0、RAID 1、RAID 5、RAID 6の4タイプになります。この4タイプについて、以下で解説します。

・RAID 0

RAID 0のイメージ図

・RAID 1

RAID 1のイメージ図

・RAID 5

RAID 10のイメージ図

・RAID 6

RAID 6のイメージ図

RAID 6は、基本的にはRAID 5と同様の技術です。ただし、パリティを二重で生成し、異なるディスクに記録することによって、RAID 5より耐障害性を向上させています。RAID 5では2台のHDDに障害が発生すると回復不可能になりますが、RAID 6では残りのデータから完全な状態のデータを生成することができるのです。耐障害性に優れている反面、生成されるパリティが増加するため、書き込み性能や容量効率がRAID マルチタイムフレーム分析ってなに 5よりも劣る点がデメリットといえるでしょう。

RAIDレベルを組み合わせた技術も

それぞれのレベルのデメリットを補完し、メリットを高めるために、異なるレベルを組み合わせたRAIDも存在します。先にご紹介したRAID 0とRAID 1、RAID 5を組み合わせたRAIDレベルをご紹介します。

・RAID 10

RAID 5のイメージ図

RAID 1とRAID 0を組み合わせたRAID方式がRAID 10です。RAID 1+0と呼ばれることもあります。
このRAID方式では、RAID 1と同じように2台のHDDにまったく同じデータを書き込みます。ただし、その際にデータをブロック単位に分割して並列に書き込んでいくため、データの書き込み速度は上がります。RAID 1の冗長性の高さとRAID 0の高速性を組み合わせた方式です。

・RAID 50

RAID 50のイメージ図

RAID 5とRAID 0を組み合わせたRAID方式がRAID 50です。RAID 5+0とも呼ばれます。
このRAID方式では、RAID 5のグループを複数用意し、それぞれにストライピング(ひとまとまりのデータをブロック単位に分割して複数のHDDへ同時に書き込むこと)していきます。RAID 5だけのRAID方式と比較すると、並列して書き込めるHDDの数が増えるため、RAID 5よりも転送速度の向上を期待することができます。ただ、最小構成でも6台のHDDが必要なので、導入するためのコストは必要になります。

垂直同期(VSYNC)とは

画像処理はグラフィックボードから出力される画像に対して「フレームレート」という単位があります。
モニター側には画像表示として「リフレッシュレート」という単位があります。
この二つの単位による値は必ずしも同じ値になっていません。
数値の違いが大きいと表示に問題が出てくる場合があり、垂直同期の機能でその問題を緩和することができます。
垂直同期を知る上で、まずは「フレームレート」と「リフレッシュレート」を理解しておくようにしましょう。

フレームレート(単位:fps)

リフレッシュレート(単位:Hz)

垂直同期(VSYNC)は「ティアリングを抑制する」

モニター表示の際に発生するティアリング(tearing)という現象を抑制するための技術が垂直同期となります。
「Tearing」は日本語で「引き裂く」と訳します。
ティアリングが発生した場合画像が文字通り「引き裂かれた」状態に見えることから名付けられています。

ティアリングとは

モニターは垂直方向に何層かで情報を表示していますが、フレームレートが多すぎると、グラフィックボードからの情報がモニターの処理能力を超える状態となります。
モニター側では画像の処理の際に複数のフレームが単一のフレームに表示されてしまい、表示する層ごとの上下の整合性が取れなくなり、結果として「垂直方向に画像がずれて見えている状態」となります。
垂直方向のずれがまるで画像を「引き裂いて(ティアリング)」いるようにみえます。

モニターは垂直方向に何層かで情報を表示していますが、フレームレートが多すぎると、グラフィックボードからの情報がモニターの処理能力を超える状態となります。

垂直同期は多くなりすぎたフレームレートを自動で下げることで、過剰にモニターに情報が送られた際にフレームレートを自動調整する機能です。
過剰になったフレームレートが調整されれば垂直方向の画像のズレが軽減されることになります。
ただし、フレームレートを下げることは描画の滑らかさを損なう可能性につながることにもなります。
また「スタッタリング」の問題を発生させる可能性も出てきます。

垂直同期(VSYNC)は「スタッタリング」発生状況に合わせて使用する必要があった

垂直同期を導入した場合、あらたな問題が発生する可能性がてくることになります。
垂直同期の機能は「フレームレートを下げる」機能となるのですが、垂直同期を実現するために「フレームレートが下がりすぎる」可能性が出てきます。
フレームレートが下がりすぎた場合に「スタッタリング」が発生する可能性が出てきます。

スタッタリングとは

スタッタリングは「 screen stuttering 」の略称となります。
「screen :画面」
「stutter:口ごもる」から出来ている用語となります。

これではグラフィックボードからモニター側に渡される描画するためのデータがあまりにも少ない状況となります。
情報が少なくなると、新しく描画するものが無い時間はモニター画面がストップしたように見え、いわゆる「カクツキ」が発生します。
これをスタッタリングと呼びます。

垂直同期を行うと、必ずしもプラス効果が生まれるというわけではないので、ユーザーの用途に合わせて切り替えを行うことが必要とされます。
垂直同期が有効なゲームのジャンルとしては「RPG」などがあります。
「FPS」などのゲームを行う場合は、一瞬の判断や操作が重要となるため垂直同期は作動させない方が良いとされていました。

垂直同期(VSYNC)の「スタッタリング」対策を行った新技術

垂直同期のデメリットである「スタッタリング」を解消するために、汎用規格や、NVIDIA社、AMDが開発した技術があります。
最初に登場したのは汎用規格で、フレームレートとリフレッシュレートの状況を見ながら垂直同期を自動でON、OFFを行う技術でした。
主な垂直同期のシステムの種類は以下のようなものがあります。

  • Adaptive Sync
  • FreeSync
  • Adaptive Vsync
  • G-SYNC

Adaptive Sync

汎用規格VESAで制定された規格となります。
モニターのリフレッシュレートをグラフィックボード(GPU)のフレームレートに合わせて動的に調整します。
モニター側がリフレッシュレートをグラフィックボードのフレームレートに合わせて表示する機能です。

FreeSync

AMDが開発した「FreeSync」は、モニターに関する様々な規格を定める「VESA規格」の一つとしてあった「Adaptive Sync」を元に開発されました。
長所として機能の搭載に専用チップなどが必要なく、ライセンスフリーとなっています。
モニターメーカーはライセンスを支払う必要がないため、対応するモニターの製品数が多く、GPUもAMDとNVIDIAの両方に対応しているため、多くの人が利用しやすい機能と言えます。
グラフィックボードとモニターを接続する際にグラフィックボードのDisplayPort端子の他にHDMIを使用することも可能です。

Adaptive Vsync

「Adaptive VSync」はNVIDIA社がGeForce マルチタイムフレーム分析ってなに GTX 600番台で導入した技術です。
グラフィックボードのフレームレートをモニターのリフレッシュレートに合わせて動的に調整します。
「Adaptive VSync」では、グラフィックボードの描画できるフレームレートがモニターのリフレッシュレートを上回る場合は、モニターのリフレッシュレートまでフレームレートを下げます。
逆に、描画できるフレームレートがモニターのリフレッシュレートよりも下回る場合は「垂直同期をオフにし、スタッタリングを抑制」する技術となります。

G-SYNC

NVIDIAが開発した技術「G-SYNC」は対応モニター「G-SYNC対応モニター」とNVIDIAの「G-SYNC対応グラフィックボード」を組み合わせることで利用できます。
「G-SYNC対応モニター」は「ティアリング」や「スタッタリング」を専門に処理する専用チップを追加したモニターを意味します。
「G-SYNC対応モニター」には主に以下の種類があります。

  • G-SYNC ULTIMATE(専用モジュールを搭載したG-SYNCに対応)
  • G-SYNC(専用モジュールを搭載したのG-SYNCに対応)
  • G-SYNC Compatible(VESA Adaptive-Syncの技術をもとに専用モジュールなしで対応)

G-SYNC ULTIMATE(専用モジュールを搭載したG-SYNCに対応)

最新のハイエンドゲーマー向け
「G-SYNC ULTIMATE対応モニター」は「ティアリング」や「スタッタリング」を専門に処理する専用チップを追加した高級モニターとなります。
対応製品は最高レベルの映像美にこだわっている一部の製品に限られています。
主な特長としては以下のようなものがあります。

  • 144Hz以上のリフレッシュレート
  • 可変LCDオーバードライブ
  • ゲーム用に最適化されたデータ転送スピード
  • 製造工場でキャリブレーションされた正確なSDR(sRGB)およびHDRカラー(P3)色域のサポート
  • クラス最高のHDRサポート
  • クラス最高の画質

G-SYNC(専用モジュールのG-SYNC)

G-SYNC Compatible(VESA Adaptive-Sync)

一般ユーザー向け
VESA規格に準拠した「VESA Adaptive-Sync」への対応モニターの中で、NVIDIAが動作確認を行い、対応を認定したモデルとなります。
専用モジュールを搭載していないものの、G-SYNCの機能が利用可能です。

液晶モニター・ディスプレイ一覧

垂直同期(VSYNC)の対策として「モニターとグラフィックボードは高性能な方が良い」

垂直同期と関連する機能としてAdaptive Syncとそれを元にしたG-SYNCやFreeSyncも紹介しました。
垂直同期においてどの機能も共通で「高性能なグラフィックボード」と「高品質なモニター」を組み合わせた場合に最大限の効果が発揮されます。

例えばグラフィックボードの性能が低く、描画できるフレームレートが低い場合は、モニター側もそれに合わせて、低い側のリフレッシュレートでの表示となります。
逆にモニター側の対応するリフレッシュレートが60Hzで、グラフィックボードが200fps以上のフレームレートで描画できる場合、60fps以上はモニター側では表示できないことになります。
特にゲーミング用途なら、グラフィックボード側も可能な限り高性能であることが望ましいと言えます。

高性能なグラフィックボードを選択した場合は、144Hz以上のリフレッシュレートに対応するモニターがおすすめです。
特に最新の高フレームレートのグラフィックボードの場合は、モニターのリフレッシュレート不足も起きる傾向があります。
モニター規準はリフレッシュレートを中心に選ぶと、より快適なゲームプレイ環境を整えることができます。

垂直同期に関して紹介をしてきました。
垂直方向の同期のための機能が垂直同期となりますが、垂直同期だけでは解消されない問題もあり、そのために発展した技術が生み出されてきた歴史があります。
モニターとグラフィックボードにおいて、特に重要な機能となりますので、対応している垂直同期の機能に関して可能な限り知った上で購入されると良いでしょう。

IT技術・戦略 【初心者入門編】クラウドとは?まず押さえたいメリット・デメリット

【初心者入門編】クラウドとは?まず押さえたいメリット・デメリット

2021/09/23

AIちゃん

有村先生

クラウドとは?

クラウド(クラウド・コンピューティング)とは、インターネットなどのネットワーク経由でユーザーにサービスを提供する形態のことです。

クラウドサービスの分類

SaaS(Software as a Service)

SaaS(Software as a Service)

SaaS(サース)はネットワークを経由してソフトウェアを提供するサービスです。GoogleマップやYahoo!メールなどがSaaSにあたり、ソフトウェアパッケージの購入やインストールをせずに、必要な機能だけを選んで利用することができます。

PaaS(Platform as a Service)

PaaS(Platform as a Service)

PaaS(パースまたはパーズ)は、アプリケーションを構築して稼働させる開発環境(プラットフォーム)を、ネットワーク経由で提供するサービスです。SaaSは一般の方でも利用しやすいクラウドサービスであるのに対して、PaaSはシステム開発者にとって欠かせないサービスと言えます。

HaaS(Hardware as a マルチタイムフレーム分析ってなに Service)、IaaS(Infrastructure as a Service)

HaaS(ハース)またはIaaS(イアースまたはアイアスなど)は、サーバーや記憶装置などのインフラ機能をネットワーク経由で提供するサービスです。サービスはネットワーク経由で提供されるため、実機のハードウェアで起こり得るトラブルを回避することができます。

クラウドの知識を学ぶIT研修

クラウドのメリットとデメリット

サーバーやソフトウェアを買わなくても良い

サーバーやソフトウェアなどのサービスがネットワーク経由で提供されるクラウドは、ユーザーがサービスを所有するのではなく、必要な機能を必要なときに利用する仕組みです。サービスの購入費用について悩むことはありません。

システム構築の時間を短縮できる

システムを自社で一から構築しようとすると、多くの工程や時間を必要とします。しかし、クラウドサービスを利用することによって開発期間を短縮し、素早く運用することができます。

メンテナンスが不要

自分のPCやハードウェアにデータを保存している場合、定期的なメンテナンスは欠かせません。しかし、クラウドサービスは運営元が管理およびメンテナンスをしているため、ユーザーによるメンテナンスは不要です。

デメリット

カスタマイズが難しい

社内に構築したシステムは自由にカスタマイズできますが、クラウドサービスの利用には制限が設けられていることに注意する必要があります。ただし、ある程度自由にカスタマイズ可能なクラウドサービスも登場しています。

サーバーの安定性やセキュリティに関するリスク

サーバーの安定性やセキュリティに関するリスク

クラウドサービスのメリットの1つとしてメンテナンスが不要である点を挙げましたが、サーバーの安定性はサービスのレベルに依存します。また、クラウドサービスがサイバー攻撃を受けた場合、クラウド上に保存していたデータが漏えいする可能性があります。

AIちゃん

クラウドは必要なときに必要な機能だけを利用でき、メンテナンスも不要であることから、今後ますますクラウドが活用されていくでしょう。クラウドのOSにはLinuxが使われることが多いため、現在エンジニア職に就いている方はもちろん、これからエンジニアを目指そうと考えている方も、Linuxの知識を身に付けておくと、クラウドビジネスに携わりやすくなります。

Reactとは?フレームワークとの違い・フロントエンド開発に活用するメリットや特徴を解説!

Node.js古川陽介氏×ニジボックス若手エンジニアが語り尽くした!“2022年のフロントエンド技術トレンドとキャリアの歩み方”

Reactには、仮想DOM(Virtual Document Object Model)というレンダリング機構が備わっています。仮装DOMとは、実際の DOM ではなく、React 内部に持っている DOM の情報です。Reactを使うと、この仮想 DOM と実際の HTML 上の DOM を比較したときに出てくる違いだけが、毎回 HTML 上に再適用されると考えてください。そのため画面全体が React で構成されていたとしても、必要な部分しか更新されないため非常に高速に動作します。

SPA(Single Page Application)が作りやすい

最近のWebやアプリ開発は、SPA(Single Page Application)がトレンドになりつつあるようです。SPAの良さは、ページすべてを毎回読み込む必要がなく、効率的かつ高速で動かすことができるという点が挙げられます。しかし、その反面、開発する際には、JavaScriptを多用しなければなりません。Reactであれば、Reactが持つ3つの特徴を活かして、SPAに必要な高速な動作速度を完全に再現できるので、非常に相性のいいライブラリといえます。

Reactをマスターすれば、React Nativeでスマホアプリが作れる

React Nativeは、ReactをiOS、Androidといったスマホのアプリの開発に使えるようにしたものです。これまでスマホアプリの開発は、iPhoneアプリならSwiftかObjective-C、AndroidアプリならKotlinかJavaなど、異なる言語でプログラミングしていました。しかし、React Nativeは、iOS/AndroidのJavaScriptエンジンを使い、一度書いたコードを大きく変更することなく、iOSでもAndroidでも使えます。

流行のUIのフロントエンドが簡単に作れる

Reactは、世界中で使われているため、Reactのライブラリを使ってUIをコンポート化するようになってきています。あらかじめButton や Form などの UI パーツを React コンポーネントとして扱えるようにして、セット化したものが多くあります。これらを使えば、今風の洗練された画面を作ることができるでしょう。

DAZNを徹底解説!契約前に知っておきたいダゾーンのすべて

2021-03-26-DAZN-Tsubasa-General

(C)高橋陽一/集英社

DAZN(ダゾーン) とは

編集部のおすすめ

  • 今週(今日・明日)の配信予定 | DAZN番組表
  • DAZNとミクシィが仕掛ける注目のスポーツ特化型NFT『DAZN MOMENTS』とは? | NFT(非代替トークン)
  • DAZNの月額料金・お得な割引プランは?価格改定(値上げ)入退会・支払・解約方法
  • スポーツメディアのお仕事(サッカー・野球・モータースポーツなど) | 求人・採用情報

配信コンテンツ

国内サッカーでは、Jリーグと長期の放映権契約を結び、明治安田生命Jリーグの、J1・J2・J3すべてを全試合独占中継。また、2021年8月にはアジアサッカー連盟と8年間の長期契約を結び、AFCアジア予選 – Road to Qatar –、AFCアジアカップ、AFC女子アジアカップ、AFCチャンピオンズリーグ、フットサルや男女各世代のアジアカップなどを順次配信することを発表。ワールドカップアジア最終予選を含む、日本代表の重要な試合の多くが配信されることになる。さらに女子サッカーのWEリーグもそのラインナップに加わった。

試合以外では『Jリーグ プレビューショー』や、試合の審判内容を振り返る『Jリーグ マルチタイムフレーム分析ってなに ジャッジリプレイ』、そして毎週日曜23時からは『やべっちスタジアム』といった番組が配信されており、Jリーグを存分に味わうことができる。

番組では、海外サッカーを深く掘り下げる『FOOTBALL FREAKS』、内田篤人氏が出演する『FOOTBALL TIME』なども毎週配信、充実した海外サッカーライフを送れるはずだ。人気の大会を中心に数多くのコンテンツを配信しており、国内外のサッカーファンにとっては欠かせない。

毎週水曜日には、新コンテンツ『WEDNESDAY F1 TIME』が配信される。コース紹介や各コーナーの攻略法を交えたレースプレビュー、レース後に注目のF1ドライバー、角田裕毅選手がレースを振り返る。

その他スポーツ

番組表/配信スケジュール

DAZN(ダゾーン) 推奨環境

デバイス推奨バージョン

  • OS :Windows8.1, Windows10, MacOSX以上のデバイス
  • WEBブラウザ :最新バージョンのGoogle Chrome, Safari, Firefox, Microsoft Edge
  • モバイル :iOS 12.0以上, アンドロイド5.0以上のデバイス、Amazon Kindle Fire(2014年に発売された第4世代以降)
  • ゲーム機 :PlayStation® 4, PlayStation® 4 Pro, PlayStation® 5, XBox One, Xbox One S, Xbox One X, Xbox Series X (L), Xbox Series S (R)
  • テレビ :Android搭載テレビ(Sony, SHARP等), Panasonic製スマートテレビ(2014+), TOSHIBA製スマートテレビ, ソニー製スマートテレビ(2014+) ※なお、SONY CEB TVはDAZNでは利用できない
  • その他 :Amazon Fire TV, Fire TV Stick, Google Chromecast, Apple TV, SHARP AQUOSココロビジョンプレーヤー, ひかりTV対応チューナー(ST-4500), Air Stick, Air Stick 4K, ドコモテレビターミナル, DIGAブルーレイディスクレコーダー(2016+), J:COM LINK, ケーブルプラス STB-2

インターネット推奨環境

接続スピード 画質 主な視聴環境
2.0Mbps 標準 外出先
3.5Mbps HD画質 モバイルデバイス
6.0Mbps HD画質と高フレームレート TV
8.マルチタイムフレーム分析ってなに 0Mbps DAZNが提供可能な最高画質 TV

DAZN(ダゾーン)の 主な機能

見逃し配信

ハイライト配信

登録デバイス・同時接続の上限

録画・ダウンロードはできる?

DAZN(ダゾーン)の月額料金・支払い方法

料金体系について

DAZNには月間プランと、年間プランが存在する。加入後1カ月間は無料体験期間(2022年2月22日以降廃止)となっており、同期間中に解約すれば月額料金は発生しない。

契約内容 料金(税込) ※ 2022年2月22日以降
月間プラン 月額1,925円 (加入後初月無料) 月額3,000円
年間プラン 年間19,250円(加入後初月無料) 一括払い:年間27,000円
月々払い:月額2,600円/年間総額31,000円
年間視聴パス 年間19,250円(加入後初月無料) 年間19,250円 / 2022年3月31日までに加入の場合

支払い方法について

  • 国内発行のクレジットカード、デビットカード(VISA、MasterCard、JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners Club)
  • Paypal
  • DAZNプリペイドカード(ファミリーマート、ローソン、セブン-イレブン、NewDaysにて販売)
  • DAZNチケット(ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、セブン-イレブンにて販売)
  • DAZN年間視聴パス
  • Apple マルチタイムフレーム分析ってなに ID(アプリ内課金)
  • Amazon(アプリ内課金)
  • Google Play(アプリ内課金)
  • モバイルキャリア決済(Softbank、Y!Mobile、au、UQ Mobile。docomoは「DAZN for docomo」加入者のみ利用可能)

DAZN(ダゾーン)契約・入会、登録手順

DAZNの無料体験に登録する方法は簡単だ。DAZNのサイトで必要な情報を登録するだけで、すぐに視聴できる。DAZNを未体験であれば、まずは無料体験(トライアル)から始めてみよう! ※無料期間は2022年2月22日以降廃止

方法1 : Webブラウザから加入する場合

    にアクセス
  1. 「1ヶ月無料!かんたん新規申し込み」を選択
  2. 「アカウントの作成」のページで「お名前」「Eメールアドレス」「パスワード」を入力後、「次のステップへ」を選択
  3. 希望する支払い方法を選択
  4. 「お支払い情報」のページで必要事項を入力後、「視聴を開始する」を選択

方法2:docomoから加入する場合

ドコモオンライン手続き

  • パソコンやWi-Fi経由などドコモのケータイ回線以外から手続きをする場合は「 dアカウント 」が必要になる。
  • スマートフォン、ドコモ ケータイ(spモード)などドコモのケータイ回線からお手続きの場合、「 マルチタイムフレーム分析ってなに ネットワーク暗証番号 」が必要になる。

電話(受付時間:9:00~20:00)

ドコモショップ

方法3:ケーブルテレビ経由で加入する場合

商業利用について

DAZNは日本国内での商業施設利用販売を2020年12 月より開始。宿泊施設、飲食店、 カラオケ、インターネットカフェ、アミューズメント施設など 14 業界への導入を進めており、2021年12月時点で1,400を超える店舗と契約を結んでいる。

また、株式会社ミクシィがDAZNとパートナーシップを組み運営する飲食店検索サービス「Fansta」を 2021 年 4 月よりサービス提供開始しており、DAZNの放映を通してスポーツ観戦できる飲食店を、エリアだけでなく放映予定でも検索できるサービスで、今後はプロスポーツチームや各種スポーツ系サービスと連携したプロモーション展開も予定している。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる