オプション 取引ルール

3分でわかるFXとは

3分でわかるFXとは
ローソク足は、4つの価格(四本値)で作成されます。
始値(はじめね)
相場が始まったときの価格
・高値(たかね)
一定期間の最高値 3分でわかるFXとは
・安値(やすね)
一定期間の最安値
・終値(おわりね)
相場が終わったときの価格

また、終値が始値に比べて上がっていれば「陽線(ようせん)」、下がっていれば「陰線(いんせん)」と色分けして作成されます。

3分でわかる技術の超キホン 磁性粉末の基礎知識 [磁気特性/製造方法/用途など]

バルク状態の強磁性体は、磁壁により磁区に分割された「多磁区構造」になっていますが、磁性粉末はその粒径が磁壁幅より小さくなると、磁気異方性エネルギーが最小になる方向を向いた単磁区構造になります。
鉄の場合、磁壁幅は約80nmです。
多磁区構造の粉末では磁場を印加すると磁壁が移動して減磁されますが、単磁区構造の粉末では減磁が逆磁区の発生、または磁化ベクトルの回転により起こるので、保磁力が大きくなります。

(b)超常磁性

バルク状態の強磁性体は、温度上昇とともにその強磁性が揺らいでいき、キュリー温度(Tc)でほぼ磁化が消失し、さらに高温になると常磁性になります。

強磁性体の磁性粉末は、その粒径を上記(a)よりさらに小さくすると、体積に比例する磁気異方性エネルギーが熱ゆらぎに比べて小さくになり、磁化が自由に回転するようになります。

その結果、個々の磁性粉末の磁気モーメントが、あたかも常磁性体の原子のモーメントと同様に振る舞うようになり、磁化曲線にヒステリシスが現れずに常磁性的な挙動を示します。
この状態を「超常磁性」と呼び、磁場をかけると粒子の磁化が磁場方向に揃いますが、零磁場では熱ゆらぎにより磁化が粒子内で固定されずランダムに回転するために、集団平均の磁化がゼロになります。

2.磁性粉末の製造方法

(1)溶融プロセス、機械プロセス、化学的プロセス

製造方法には、溶融プロセス機械プロセス化学的プロセスがあります。

① アトマイズ法

「アトマイズ法」は、溶融プロセスに分類され、溶けた金属(溶湯)から磁性粉末を作る製造法です。金属または合金の溶湯を、るつぼ底部の小孔から流出させて細流とし、これに高速の空気、窒素、アルゴン、水などを吹き付けると、溶湯は飛散、急冷凝固して磁性粉末となります。 3分でわかるFXとは
アトマイズ法の適用例として、Fe-Si-Al系Fe-Si系の金属磁性粉末があります。

「粉砕法」は、機械プロセスに分類され、圧縮、剪断などの力により原料を破壊させることによって微細化します。湿式法乾式法があり、装置としてはボールミルサンドミルビーズミルがあります。
粉砕法は、磁性粉末の初期生産段階から最終生産段階の様々な工程で採用される微細化には無くてはならない製造法です。

③ 還元拡散法

還元拡散法は、化学的プロセスに分類され、希土類元素酸化物粉末とFe等の遷移金属粉末に、金属カルシウム等のアルカリ土類金属の還元剤を混合して加熱し、希土類元素酸化物を還元して拡散反応によって合金化する希土類系合金の磁性粉末の製造法です。
還元拡散法の適用例として、Sm-Fe-N系合金の磁性粉末があります。

(2)共沈法、水熱合成法

「共沈法」は、ガスや溶液状態での化学反応により、原子もしくは分子からの核生成と成長により磁性粉末を得る製造法です。「生長法」とも呼ばれます。
目的とする金属イオンを含む溶液にアルカリを添加し、溶液中のイオン濃度積が溶解度積よりも高くなる過飽和の状態にして、難溶性塩を析出して沈殿させます。得られた沈殿物は金属塩が均一に混合した状態であるため、固体試料を粉砕して混合するだけでは得られない特性を示す場合があります。
共沈法の適用例として、3価の鉄イオンと2価の鉄イオンを混合した水溶液にアルカリを添加し、加熱熟成して生成するマグネタイトのナノサイズ(粒子径10nm程度)の磁性粉末があります。

⑤ 水熱合成法

「水熱合成法」は、高温高圧の熱水の存在下で行われる化合物を合成、または結晶成長させる製造法です。
圧力鍋と同じような手法で、耐圧リアクター容器を密閉したまま加熱することで、常温常圧では溶媒に溶けにくい物質も容易に溶解し、生成物を得ることができます。
水熱合成法の適用例として、鉄イオン溶液と表面修飾剤を合成することにより、超常磁性を有しつつ高い磁気応答性を持つ高機能性クラスタ磁性粉末があります。

3.磁性粉末の用途(使用例)

(1)磁区観察(ビッター法、粉末図形法〉

(2)複写機トナー

トナー本体に磁性粉末のキャリアを混合した2成分トナーが製品化されています。
2成分トナー方式の複写機には、マグネトロールというロール状の磁石が使われます。
磁性粉末のキャリアは、トナーを携えながらマグネトロールに磁気的に吸着した後、マグネトロールから感光ドラムに移動します。
トナーは感光ドラムに静電力により移動しますので、トナーの帯電を保持するために、磁性トナーのキャリアには、磁石に吸いつく性質をもちながら電気抵抗が高い、粒径10μm程度のフェライト系の磁性粉末が使用されます。

(3)磁性流体

磁性流体は、磁性粉末表面に界面活性剤の分子層を形成し、溶媒中に均一に分散させたコロイド溶液で、いわば液状の磁性体です。
ほとんどの磁性流体には、粒径15nm以下のマグネタイトが使用されます。
磁性流体は、磁石を近づけると磁化が生じて磁石に引き寄せられますが、磁石を遠ざけると磁化が消滅して元の液体に戻ります。

(a)磁性流体の使用例:回転軸シール

回転運動用のシールユニットに磁性流体が利用されています。
回転軸とそれを囲む磁極片との間に小空間を設け、磁性流体を充填します。回転軸と磁極片との隙間に磁束線に沿って磁性流体が保持されますので、圧力差があっても磁性流体は漏れ出ることがなく、液体シールが形成される仕組みです。
回転軸シールは、ハードディスクドライブ(HDD)等の軸受に使用されています。

(b)磁性流体の使用例:スピーカ

(4)磁性ビーズ

Fe系スピネルは生体適合性が高いので、磁性ビーズとして医療分野で使用されています。

応用例として、Fe系スピネルナノ粒子にカルボシキデキストラン(*2)を被覆した磁性ビーズのMRI造影剤があります。
MRI(Magnetic Resonance Imaging)は、H2O中のプロトンによる核磁気共鳴を利用する画像診断技術です。
ラジオ波によるプロトンの核スピンの緩和時間が、患部の状態によって異なることを検知して病巣を特定しますが、カルボシキデキストランを被覆したFe系スピネル磁性粉末からなる造影剤は、緩和時間を短縮する効果があり、画像コントラストを鮮明にすることができます。
MRI造影剤に使用される磁性粉末は、超常磁性でなければならないので、強磁性粒子の粒径サイズは超常磁性を示す寸法以下に限定されます。

4.磁性粉末の技術動向は要注目

磁性粉末は、主に圧粉体(粉末を圧縮して所定の形状としたもの)の材料として使用されるマイクロサイズ領域では、最終製品の磁気特性および生産性の向上の観点で、また主に粉末状態で使用されるナノサイズ領域では、単磁区構造の粒子の磁気特性改善、超常磁性粒子および磁性ビーズの高機能性化などの観点で技術開発が進められており、今後も多くの分野での利用が期待されています。

5分でわかる!株価・FX 3分でわかるFXとは チャートの見方と使い方


上のチャートは、2007年から2017年までの日経平均株価のチャート(=価格の推移を示したグラフ)ですが、形が火を灯すローソクに似ているのでローソク足と呼ばれています。

1-1 ローソク足の作り方と色の違う2つのローソク足

ローソク足は、4つの価格(四本値)で作成されます。
始値(はじめね)
相場が始まったときの価格
・高値(たかね)
一定期間の最高値
・安値(やすね)
一定期間の最安値
・終値(おわりね)
相場が終わったときの価格

また、終値が始値に比べて上がっていれば「陽線(ようせん)」、下がっていれば「陰線(いんせん)」と色分けして作成されます。

1-2 チャートの期間(月足や5分足など)

1つ1つのローソク足を作成する始値・高値・安値・終値をどの時間を元にするかによって、年足(ねんあし)月足(つきあし)週足(しゅうあし)日足(ひあし)1時間足などがあります。

個々の投資家の取引スタンスで見るべきチャートは異なります。

・デイトレーダーやスキャルパーなど
超短期的な売買
1分足・5分足・15分足・・など

・スウィングトレーダー
(数日から数週間)短期から中期での売買
日足・週足・・など

・長期投資家
(1年以上数年の長期投資)
週足・月足・・など

2 ローソク足で今後の値動きを予想する

2-1 ローソク足で予想する相場動向 - 考え方 -

2-1-1 大きな上昇のローソク足=大陽線

2-1-2 上下の値幅が小さなローソク足=小陽線・小陰線など

2-2 ローソク足でイメージする相場動向 - 一覧 -

下の一覧は上で解説したローソク足の主な形状とその名称、また、そこからイメージされる今後の相場予想です。

相場予想については過去の傾向からそうなりやすいという一般的なローソク足についての解釈になり必ずしも予想どおりになるとはいえませんが、市場の心理動向(市場参加者の総体的な心理状況や相場の雰囲気)をイメージする上ではとても重要です。

2-3 ローソク足から相場予想をする上での注意点

そしてその際に一番注意する点は、 ローソク足の1つだけを見て判断するのではなく 、そのローソク足が形成されるまでのローソク足の大きさや相場動向など 全体を俯瞰してローソク足を見るようにすることです 。

例えば、現在のローソク足が「大きな値幅で上昇しているローソク足(大陽線)だから上がるだろう」ということではなく、その手前までのローソク足が下の図のように同程度の値幅なら、大陽線だから上がるとは予想できないということです。

このチャートからは「今は大きな値幅のレンジ相場」と読み取れ、目先はこのレンジ内での動き、その後、レンジを越えた方向に相場が動きやすいというイメージになります。

木を見て森を見ずともいいますが、全体的な相場の動向やそれまでのローソク足の大きさなどとも比較して、市場の雰囲気を掴み取るようにしましょう。

FXの1万通貨とは?1万通貨のトレードに必要な証拠金とおすすめFX会社

ひろぽん(笑顔)

ひろぽん

  • FXでいう1万通貨とは?
    • 1万通貨の取引額はどのくらい?
    • 1万通貨の取引ではいくらの証拠金が必要なの?
    • 1万通貨でトレードしたときの利益額と損失額
    • 1000通貨のトレードの特徴
    • 1万通貨のトレードの特徴
    • 【口座開設数80万突破】DMMFX
    • 【FX取引高世界第1位※】GMOクリック証券
    • 3分でわかるFXとは
    • 1000通貨単位のトレードなら外貨ex byGMO

    1万通貨単位でトレードできるおすすめFX会社

    FX会社 おすすめポイント 詳細へ
    高性能で使いやすい取引ツールでトレードできる 公式
    FX取引高世界第一位総合力NO.1
    FX業界のオールラウンダー
    公式

    FXでいう1万通貨とは?

    1万通貨とはFXの通貨単位 で 米ドル/円の1万通貨の買いは1万米ドルを円で買う 、 ユーロ/円の1万通貨の買いは1万ユーロを円で買う といった感じです。

    1万通貨の取引額はどのくらい?

    ひろぽん(考える)

    ひろぽん

    決済通貨が円以外だと計算方法が異なる

    一方でユーロ/ドルといった円以外が決済通貨の通貨ペアでは 「円に換算する」工程 が1つ付け加えられるんです。

    例えば、 ユーロ/ドルのレートが1.5000の場合に1万通貨分トレードする とすると、取引額は「1.5000ドル×1万 = 15000ドル」

    ここでの米ドル/円のレートが100円の場合、取引額は「100円×15000ドル = 150万円 」。米ドル/円のレートが110円だとすると「110円×15000ドル = 165万円 」となるわけですね。

    まあ実際にはポジションを決済したタイミングで自動的に円に換算されますが、 円が絡んでいない通貨ペアをトレードする場合は決済通貨の対円レートも影響する ということだけ知っておいてください。

    1万通貨の取引ではいくらの証拠金が必要なの?

    ただあくまでこれは計算上、最低限必要な証拠金という話。実際には4万円しか証拠金がないと、少し不利な方向へ値が動いただけで強制ロスカットとなるため、証拠金には余裕をもたせて 10万円 ぐらいから始めましょう。

    ひろぽん(驚き)

    3分でわかるFXとは ひろぽん

    レバレッジと必要証拠金

    レバレッジと必要証拠金 1倍 3倍 10倍 25倍
    米ドル/円 1,000,000円 約333,333円 100,000円 40,000円
    ユーロ/円 1,100,000円 約366,666円 110,000円 44,3分でわかるFXとは 000円

    メキシコペソや南アフリカランドの1万通貨

    • ドルやユーロの1万通貨「4万円」
    • メキシコペソの 1万通貨⇒10万通貨「2000円⇒2万円」

    1万通貨でトレードしたときの利益額と損失額

    そういうわけで、次は1万通貨でトレードしたときの 損益額 についても説明したいと思います。

    いくらの損益が発生するか

    つまり1円の値動きで1万円稼げる一方で、 1万円の資金を失う可能性もある ってことですね。

    1万通貨のトレードでの利益と損失 レート 評価損益
    利益が出るとき 100⇒101 +1万円
    損失が出るとき 101⇒100 -1万円

    ひろぽん(標準)

    ひろぽん

    損益に直接影響するのは1000通貨や1万通貨といった取引量で、 レバレッジの大小は損益に影響しません。
    例えば「50万円でレバレッジ2倍」と「10万円でレバレッジ10倍」はどちらも1万通貨のトレードだとすると、値が動いた時の損益は同じです。
    僕もはじめは勘違いしていたことなので気をつけておいてくださいね!

    1日の平均値動きから損益を把握しよう

    米ドル/円の値動き 日間 週間 月間 年間
    期間あたりの平均値動き 0.62 1.60 8.62 12.83

    タイミングにもよりますが、この期間に1万通貨でトレードしたとすると、 1日で6200円、1週間で16,000円ほどの損益 となった可能性があることがわかりますね。

    1万通貨単位と1000通貨単位の選び方!

    1万通貨と1000通貨の違い

    取引量 必要な元手 損益額 対応しているFX会社
    1000通貨 1万円前後 数百円~数千円 外貨ex byGMO 外為どっとコムなど
    1万通貨 10万円前後 数千円~数万円 DMMFX GMOクリック証券など

    1000通貨のトレードの特徴

    まずはじめに 少額で始められる と言いましたが、1万通貨単位で用意すべき証拠金は10万円なのに対し、1000通貨単位では10分の1の 1万円 ですみます。

    また必要な証拠金が少なく多くのポジションを持ちやすいので、 細かくリスク管理ができる ところも魅力。

    ひろぽん(笑顔)

    ひろぽん

    1万通貨のトレードの特徴

    例えば、1000通貨のトレードで必要な1万円に対して1万通貨のトレードでは 10万円 3分でわかるFXとは 必要なので、 10万円以上の元手が用意できる人向け ということになります。

    ちなみに 1万通貨以上でトレードする最大のメリット とは、ずばり 人気のFX会社が使えること。

    DMMFXは口座開設数が 約75万超 、代表的なGMOクリック証券では取引高が 3分でわかるFXとは 世界第1位※ とめちゃくちゃ多いんです。
    ※ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2021年12月

    「必要証拠金+余剰金」がなぜ10万円程度になるのか を次に説明します。 ではまず 損失を3%で限定するルール だと仮定しましょう。 ここで証拠金10万円の3%は、 3000円 。 つまり、3000円までの損失は許容する計算となります。 ここで、 対円の損切り幅を30Pipsと決めている と、「3000円÷0.3(損切り幅)= 1万(取引量) 」。 なので、1万通貨単位までのトレードができるということになります。 というのも、 30Pipsの値動きによって±3000円の動きが起きるのが、1万通貨単位だからです。

    トレードスタイルによって損切り幅は調整する

    また、上の例では損切り幅を30Pipsに固定していますが、 トレードスタイルによって損切り幅は調整しましょう。 それは、 トレードスタイルによってどれだけの期間ポジションを持っておくのかや、狙いに行く利幅も変わるからです。 例えば、スキャルピングなどの短期トレードをしている方は、より狭い 「15Pips」 などに設定します。
    トレードスタイル 損切り幅
    スキャルピング -5Pips~-20Pips
    デイトレード -20Pips~-40Pips
    スイングトレード -40Pips~-60Pips
    長期トレード -60Pips以上
    また、損切り幅を15Pipsにして、10万円の証拠金の3%まで損失を許容するならば、取引量は「3000円÷0.15(損切り幅)= 2万 」まで問題ないということになります。 このように、損切り幅から取引量を調整していけば、 感情的に取引量を上げてトレードすることもなくなるはずです。 [項目チェック付き title="証拠金10万円で3%(3000円)の損を許容" cont="30Pipsの損切り⇒1万通貨取引,15Pipsの損切り⇒2万通貨取引"] なので、トレードスタイルによって損切り幅を調整する感覚をつかみ、取引量も調整できるようになりたいですね。 そうすれば、「10万円だから1万通貨!」となんとなく決めることもなくなると思います。 -->

    1万通貨のトレードでおすすめのFX会社

    では最後に 1万通貨単位でトレードするときのおすすめのFX2大会社 を紹介していきます。

    【口座開設数80万突破】DMMFX

    DMM FXの画像

    おすすめポイント

    ひろぽん(笑顔)

    ひろぽん

    FX取引高世界第1位 (※1)という実績を持っています。 その人気の秘密は、業界最狭水準の スプレッド(0.2銭原則固定) や、オリコン顧客満足度ランキング1位(※2)の高機能取引ツール。 取引ツールに関しては3つもありますが、それぞれの主な特徴は下の表にまとめておきました。

    3分でわかるFXとは
    GMOクリック証券の取引ツールの特徴
    はっちゅう君 PCツール 注文機能に特化
    プラチナチャート+ PCツール テクニカル分析に特化
    GMOクリックFXneo スマホアプリ 外出先のトレードに便利
    この中の1つ、 プラチナチャート+ を見てみましょう。

    高度な分析を実現!プラチナチャート+(プラス)

    GMOクリック証券のプラチナチャートのオブジェクト機能

    プラチナチャート+は 相場分析に特化したチャートで、初心者にも上級者にも使いやすいツール です。 すべての機能を解説したいぐらい魅力的なものですが、今回は 3分でわかるFXとは 「テクニカル指標とライン描画機能が充実である」 という部分を取り上げたいと思います! というのも、テクニカル指標は 53種類 、そしてライン描画機能は 25種類 と信じられないほどの数があります。 そのテクニカル指標の中には 「移動平均線」「ボリンジャーバンド」「RSI」 といった定番テクニカル指標から「ケルトナーチャネル」「カオス・アリゲーター」などのマニアックなものまで網羅。 なので、チャート分析を徹底的にこだわりたい玄人志向の方にもおすすめできます! ツールやアプリが使いやすいFX会社を探している初心者の方はぜひGMOクリック証券でトレードを始めてみてください。 (※1)ファイナンス・マグネイト社調べ(2012/1~2018/12) (※2)2015年度オリコン顧客満足度ランキング「ツールの使いやすさ、発注方法の充実」で1位 [アフィバナー gyosha_id="38" mode="def"] [CVボタン(口座開設&詳細) gyosha_id='38' shosai_mongon='を
    もっと詳しく' koushiki_mongon='で
    無料口座開設' all_link_koushiki='true'] 3分でわかるFXとは -->

    3分でわかる技術の超キホン 磁性粉末の基礎知識 [磁気特性/製造方法/用途など]

    バルク状態の強磁性体は、磁壁により磁区に分割された「多磁区構造」になっていますが、磁性粉末はその粒径が磁壁幅より小さくなると、磁気異方性エネルギーが最小になる方向を向いた単磁区構造になります。
    鉄の場合、磁壁幅は約80nmです。
    多磁区構造の粉末では磁場を印加すると磁壁が移動して減磁されますが、単磁区構造の粉末では減磁が逆磁区の発生、または磁化ベクトルの回転により起こるので、保磁力が大きくなります。

    (b)超常磁性

    バルク状態の強磁性体は、温度上昇とともにその強磁性が揺らいでいき、キュリー温度(Tc)でほぼ磁化が消失し、さらに高温になると常磁性になります。

    強磁性体の磁性粉末は、その粒径を上記(a)よりさらに小さくすると、体積に比例する磁気異方性エネルギーが熱ゆらぎに比べて小さくになり、磁化が自由に回転するようになります。

    その結果、個々の磁性粉末の磁気モーメントが、あたかも常磁性体の原子のモーメントと同様に振る舞うようになり、磁化曲線にヒステリシスが現れずに常磁性的な挙動を示します。
    この状態を「超常磁性」と呼び、磁場をかけると粒子の磁化が磁場方向に揃いますが、零磁場では熱ゆらぎにより磁化が粒子内で固定されずランダムに回転するために、集団平均の磁化がゼロになります。

    2.磁性粉末の製造方法

    (1)溶融プロセス、機械プロセス、化学的プロセス

    製造方法には、溶融プロセス機械プロセス化学的プロセスがあります。

    ① アトマイズ法

    「アトマイズ法」は、溶融プロセスに分類され、溶けた金属(溶湯)から磁性粉末を作る製造法です。金属または合金の溶湯を、るつぼ底部の小孔から流出させて細流とし、これに高速の空気、窒素、アルゴン、水などを吹き付けると、溶湯は飛散、急冷凝固して磁性粉末となります。
    アトマイズ法の適用例として、Fe-Si-Al系Fe-Si系の金属磁性粉末があります。

    「粉砕法」は、機械プロセスに分類され、圧縮、剪断などの力により原料を破壊させることによって微細化します。湿式法乾式法があり、装置としてはボールミルサンドミルビーズミルがあります。
    粉砕法は、磁性粉末の初期生産段階から最終生産段階の様々な工程で採用される微細化には無くてはならない製造法です。

    ③ 還元拡散法

    還元拡散法は、化学的プロセスに分類され、希土類元素酸化物粉末とFe等の遷移金属粉末に、金属カルシウム等のアルカリ土類金属の還元剤を混合して加熱し、希土類元素酸化物を還元して拡散反応によって合金化する希土類系合金の磁性粉末の製造法です。
    還元拡散法の適用例として、Sm-Fe-N系合金の磁性粉末があります。

    (2)共沈法、水熱合成法

    「共沈法」は、ガスや溶液状態での化学反応により、原子もしくは分子からの核生成と成長により磁性粉末を得る製造法です。「生長法」とも呼ばれます。
    目的とする金属イオンを含む溶液にアルカリを添加し、溶液中のイオン濃度積が溶解度積よりも高くなる過飽和の状態にして、難溶性塩を析出して沈殿させます。得られた沈殿物は金属塩が均一に混合した状態であるため、固体試料を粉砕して混合するだけでは得られない特性を示す場合があります。
    共沈法の適用例として、3価の鉄イオンと2価の鉄イオンを混合した水溶液にアルカリを添加し、加熱熟成して生成するマグネタイトのナノサイズ(粒子径10nm程度)の磁性粉末があります。

    ⑤ 水熱合成法

    「水熱合成法」は、高温高圧の熱水の存在下で行われる化合物を合成、または結晶成長させる製造法です。
    圧力鍋と同じような手法で、耐圧リアクター容器を密閉したまま加熱することで、常温常圧では溶媒に溶けにくい物質も容易に溶解し、生成物を得ることができます。
    水熱合成法の適用例として、鉄イオン溶液と表面修飾剤を合成することにより、超常磁性を有しつつ高い磁気応答性を持つ高機能性クラスタ磁性粉末があります。

    3.磁性粉末の用途(使用例)

    (1)磁区観察(ビッター法、粉末図形法〉

    (2)複写機トナー

    トナー本体に磁性粉末のキャリアを混合した2成分トナーが製品化されています。
    2成分トナー方式の複写機には、マグネトロールというロール状の磁石が使われます。
    磁性粉末のキャリアは、トナーを携えながらマグネトロールに磁気的に吸着した後、マグネトロールから感光ドラムに移動します。
    トナーは感光ドラムに静電力により移動しますので、トナーの帯電を保持するために、磁性トナーのキャリアには、磁石に吸いつく性質をもちながら電気抵抗が高い、粒径10μm程度のフェライト系の磁性粉末が使用されます。

    (3)磁性流体

    磁性流体は、磁性粉末表面に界面活性剤の分子層を形成し、溶媒中に均一に分散させたコロイド溶液で、いわば液状の磁性体です。
    ほとんどの磁性流体には、粒径15nm以下のマグネタイトが使用されます。
    磁性流体は、磁石を近づけると磁化が生じて磁石に引き寄せられますが、磁石を遠ざけると磁化が消滅して元の液体に戻ります。

    (a)磁性流体の使用例:回転軸シール

    回転運動用のシールユニットに磁性流体が利用されています。
    回転軸とそれを囲む磁極片との間に小空間を設け、磁性流体を充填します。回転軸と磁極片との隙間に磁束線に沿って磁性流体が保持されますので、圧力差があっても磁性流体は漏れ出ることがなく、液体シールが形成される仕組みです。
    回転軸シールは、ハードディスクドライブ(HDD)等の軸受に使用されています。

    (b)磁性流体の使用例:スピーカ

    (4)磁性ビーズ

    Fe系スピネルは生体適合性が高いので、磁性ビーズとして医療分野で使用されています。

    応用例として、Fe系スピネルナノ粒子にカルボシキデキストラン(*2)を被覆した磁性ビーズのMRI造影剤があります。
    MRI(Magnetic Resonance Imaging)は、H2O中のプロトンによる核磁気共鳴を利用する画像診断技術です。
    ラジオ波によるプロトンの核スピンの緩和時間が、患部の状態によって異なることを検知して病巣を特定しますが、カルボシキデキストランを被覆したFe系スピネル磁性粉末からなる造影剤は、緩和時間を短縮する効果があり、画像コントラストを鮮明にすることができます。
    MRI造影剤に使用される磁性粉末は、超常磁性でなければならないので、強磁性粒子の粒径サイズは超常磁性を示す寸法以下に限定されます。

    4.磁性粉末の技術動向は要注目

    磁性粉末は、主に圧粉体(粉末を圧縮して所定の形状としたもの)の材料として使用されるマイクロサイズ領域では、最終製品の磁気特性および生産性の向上の観点で、また主に粉末状態で使用されるナノサイズ領域では、単磁区構造の粒子の磁気特性改善、超常磁性粒子および磁性ビーズの高機能性化などの観点で技術開発が進められており、今後も多くの分野での利用が期待されています。

    リスクのない複利運用、失敗する単利

    FXの複利と単利の資金増加の違い

    FXの複利運用


    FXにおいて利益は以下の式で決まります。

    この内の元手を増やすというのが、FX複利運用です。

    単利運用と複利運用の違いは?

    単利運用と複利運用の違いは、その元手に獲得した損益を加算して運用をするか、加算しないで運用するかの違いです。

    FXの単利運用とは?

    単利運用とは、元手を固定させたまま運用する投資のことを言います。

    • 元手:100万円
    • 利益:10万円(元手の 10 % )
    単利運用の流れ
    • 1回目:100万で10万の利益
    • 2回目:100万で10万の利益
    • 3回目:100万で10万の利益
    • 4回目~もこの繰り返し・・・

    例えトータルで200万円、300万円の利益が出ても、ずっと同じ100万円の元手で運用していくのが単利運用です。

    FX複利運用とは?

    単利運用では元手が変わりませんでしたが、 複利運用では出た利益を元手に足し、利益を足して増えた元手で運用 をします。

    • 元手:100万円
    • 利益:10万円(元手の 3分でわかるFXとは 10 % )
    複利運用の流れ
    • 1回目:100万で10万の利益
    • 2回目:110万で11万の利益
    • 3回目:121万で12.1万の利益
    • 4回目~ 3分でわかるFXとは 繰り返し・・・

    これは、「1回目の元手100万円」+「1回目の利益10万円」=「2回目の元手110万円」になるからですね。

    このように計算自体はとても簡単。 複利運用では元手や利益がゆきだるま算式に増えている のがわかります。

    複利と単利の違いイメージ

    複利FXが安全な理由とは?単利はリスク大

    投資脳を作る複利FX


    複利はすべての投資家の強力な味方ほかなりません。

    複利運用のFXは危険なのか?

    FXの複利は危険?

    むしろ堅実なサイトには「損切を複利で行え(例:2%ルール)」と書いてあります。

    「メンタルのリスクは嘘」

    複利のリスクとしてメンタルが侵されるという意見も見かけます。果たして本当でしょうか。

    メンタルが試される複利運用?

    複利運用を続けていると元手が増えていきますから、1回あたりの「ポジション額・利益額・損失額」が増えていきますよね。

    • 1万円の買いポジション
    • 1000万円の買いポジション

    納得してしまったあなた。あなたは、FXをギャンブルとして捉えてしまっています。

    FXで成功するためには、次に紹介する投資精神を身につけなければなりません。

    複利運用は投資精神の健全化の第一歩

    実は複利運用こそ、「いくら勝った or いくら負けた」というギャンブル脳から脱却するための鍵。

    投資家として効率を求めるなら、あくまで元手の「何%勝った 3分でわかるFXとは or 何%負けたか」だけが重要です。即ち複利運用のことですが・・・

    そうすれば 100万円の5%である5万円の利益も、10億円の5%である5000万円の利益も同じと解釈できる投資脳 が出来上がるのです。

    メンタルを鍛えるには、明確なトレードルールの作成が不可欠です。不安な方は下記記事を見てください。初心者向けにトレードルール作成のイロハをまとめました。

    単利と複利の比較シミュレーション

    単利と複利の運用シミュレーション比較


    FXのトレード成績をしっかり記録していれば、自分がトータルで利益を出しているか損失を出ているかはわかることです。

    そこで、FXで利益が出続けた場合と損失が出続けた場合を想定し、 複利運用と単利運用の運用シミュレーションの結果を比較 してみましょう。

    先にFXで損失が出続けてしまった場合の複利運用と単利運用を比較していきます。

    複利と単利の比較~損失が出る場合~

    • 元手:100万円
    • 利益:- 10万円(元手の - 10% )

    3分でわかるFXとは
    複利と単利の違い~損失編~
    取引回数 複利 単利
    初期 10万円 10万円
    1回目 9.0万円 9万円
    2回目 8.3分でわかるFXとは 1万円 8万円
    3回目 7.3万円 7万円
    4回目 6.6万円 6万円
    5回目 5.9万円5万円
    6回目 5.3万円 4万円
    7回目 4.8万円 3万円
    8回目 4.3万円 2万円
    9回目 3.9万円 1万円
    10回目 3.5万円 0円

    FXで損失が連続で出てしまった場合、複利運用の方が元手の減りが遅いですね。

    これこそが複利が安全な理由、いや、単利が危険な理由です。

    損失が出た場合の複利と単利の違い

    単利では損を出しているにも関わらず、元手は最初の大きさのままでリスクを減らせていません。 複利運用の場合は損を出した分だけ元手の規模を小さくして、リスクを減らしている ことが分かります。

    複利と単利の比較~利益が出る場合~

    • 元手:100万円
    • 利益:10万円(元手の 10 % )

    3分でわかるFXとは 3分でわかるFXとは
    複利と単利の違い~取引回数10回
    取引回数 複利 単利
    初期 10万円 10万円
    1回目 11.0万円 11万円
    2回目 12.3分でわかるFXとは 1万円 12万円
    3回目 13.3万円 13万円
    4回目 14.6万円 14万円
    5回目 16.1万円 15万円
    6回目 17.7万円 16万円
    7回目 19.5万円 17万円
    8回目 21.4万円 18万円
    9回目 23.6万円 19万円
    10回目 25.9万円 20万円

    複利と単利の資産の増え方の違い

    しかし、FXの複利運用の威力はこんなものではありません。

    10回のみの運用でなく、20回、30回、50回、80回・・・と 投資を重ねるごとに単利運用と複利運用の差は爆発的に開く ことになります。

    複利と単利の違い 取引回数80回まで
    取引回数 複利 単利
    初期 10万円 10万円
    10回目 25.9万円 20万円
    20回目 67.3万円 30万円
    30回目 174万円 40万円
    40回目 452万円 50万円
    50回目 1174万円 60万円
    60回目 3044万円 70万円
    70回目 7897万円 80万円
    80回目 2億484万円 90万円

    80回取引した場合の資産増加の差

    ここまで 3分でわかるFXとは 差がつく理由は、単利運用はいつまでたっても元手が10万円なのに対し、複利運用は元手を増やしている ため。このように、FX複利運用は元手の規模を段階的に着実に、そして効率的に上げていけるFX運用手法と言えます。

    「そうなると、単利運用が複利運用より優れている点が分からないのですが・・・」

    単利運用が優れている点

    単利運用は、勝率が悪いトレードにおいて効果を発揮します。

    • 元手 :100万円
    • 勝率 :1回 / 100回
    • 1回の損失:1万円
    • 1回の利益:120万円

    簡単に言うと、「損切りは多いが勝った時は利益が大きく出せる」トレードです。

    複利運用は低勝率だと利益が最小化

    単利と複利の違い~勝率が悪い場合~
    取引回数 複利 単利
    初期 100万円 100万円
    10回目(負け) 90.4万円 90万円
    20回目(負け) 81.8万円 80万円
    30回目(負け) 74.0万円 70万円
    40回目(負け) 66.9万円 60万円
    50回目(負け) 60.5万円 50万円
    60回目(負け) 54.7万円 40万円
    70回目(負け) 49.5万円 30万円
    80回目(負け) 44.8万円 20万円
    90回目(負け) 40.5万円 10万円
    100回目(勝ち) 81.3万円 120万円

    90回目までの投資ではどちらも損失が出ていますが、複利運用は単利の4倍もの元手が残っています。

    • 複利:4千円(元手 40万円の1/100)
    • 単利:1万円(元手100万円の1/100)
    • 複利:4千円×120=48万
    • 単利:1万円×120=120万

    このように、 FXの勝率や平均利率の違い、FX手法やFXのスタイルによっては、複利運用に適したものと複利運用に適さないもの があります。

    あなたの勝率は高い?低い?

    実は、あなたの勝率・資金から破産確率を確認する事が出来ます。 「まだ自分の破産確率を知らない」 という方は下の記事に乗せていますので確認してみてください。

    ここまでの記事を読んで、「複利運用が効果的だと言いたいのは分かったけれど、どう活用するの」という方もいるでしょう。

    FXの複利運用のやり方

    取引高を調整しよう

    さきほども少し話しましたが、複利方式や単利方式というのは、FXにおいてはポジションサイズ(取引量)を計算するうえで使うもの。

    複利FXにおける取引高の計算方法

    今回は実効レバレッジを10倍とし、元手の大きさに応じて算出した取引高をまとめました。

    3分でわかるFXとは 3分でわかるFXとは
    元手の増え方(レバレッジ10倍)
    口座残高 3分でわかるFXとは
    (元手)
    取引高 通貨
    10万円 100万円 1万通貨
    12万円 120万円 1.2万通貨
    50万円 500万円5万通貨
    100万円 1000万円 10万通貨
    125万円 1250万円 12.5万通貨

    難しい表現になってしまいましたが、 「元手が増えたらその分取引する額も増やしましょう」 というだけ。単純です。

    • 複利とは元手を増やしていく手法
    • 複利運用は資金効率の面で有利
    • ただし勝率が悪い場合は不向き

    運用手法を紹介!積立やスワップほか

    複利の運用手法4選

    • 元手を積み立てていく
    • スワップ金利を狙う
    • スキャルピングをする
    • 複利×ハイレバで逃げ切る

    1.元手はその都度積み立てていく

    その理由は、 複利の運用は、時間をかけるほど利益がゆきだるま算式に増えていく ため。

    今月の1万円は10年後の100万円というわけですね。

    2.スワップ金利を狙った複利運用FX

    表:通貨別の金利一覧
    通貨 金利
    トルコリラ 24%
    メキシコペソ 8.25%
    米ドル 2.50%
    日本円 0.1%

    100万円を預けていた場合、「日本円で持っていると1000円程度だがトルコリラで持っていると24万円も金利がつく」という事です。通貨によってかなり違いますよね。これがスワップポイントの旨味です。

    また、ロスカットさえされなければスワップポイントはほぼ確実に増えていく点も複利運用FXに向いていると言えます。ただし「金利が高い=リスクが高い」に注意。

    3.スキャルピングFXは複利向き

    スキャルピングは何度もトレードするので、 獲得した利益をすぐに取引高に乗せてFXをする ことができます。

    利益を取引高に乗せることは即ち複利運用です。取引回数も多くなるので、複利の伸び率も大きくなってきますよね。こういう特徴から、スキャルピングFXは複利運用にとても向いているFX手法だと言えます。

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる