基本情報

前日の始値と終値が違うのはなぜなの

前日の始値と終値が違うのはなぜなの
移動平均線の他にも様々なインジケーターがあるので、基本的なインジケーターの見方をまずは理解することが大切です。

MACDとは何か 見方や計算式、ゴールデンクロス・ダイバージェンスについても解説

MACDとは マックディ と読み、「Moving Average Convergence Divergence」の略称です。 移動平均線を使用したテクニカル指標 です。テクニカルチャートで描画し、短期の移動平均線と中長期の移動平均線の動きから買いと売りのタイミングを判断します。主に短期の場合は、9週、中長期の場合は12週または、26週等が使用されます。ネット証券などのテクニカルチャート画面上では、期間を自由に変更できる場合もあります。

移動平均線は、一定期間の株価の平均値を線としてつないだグラフです。MACDで使われる移動平均線は、一般的な単純移動平均線(SMA)ではなく、 指数平滑移動平均線(EMA) が使われます。

一方、MACDで使うEMAは、新しい価格の方が影響力がより大きいとの考え方から、 新しい価格の比重を高めて 計算されます。EMAの方が、直近の株価に比重を置いて算出しているので、 変化が早く表れる と言われています。将来の相場を予想する上で、例えば、100日前の終値と当日の終値を平等に考えるのではなく、直近の株価の方がこの先に与える影響は大きいとの考えから、新しい株価により多くの比重を、古い株価は少し軽視するという考え方です。

MACDの構成

MACDは、テクニカル指標の名前です。MACDは、 MACD線 と呼ばれる線と シグナル と呼ばれる線、そして ヒストグラム で構成されています。それぞれの定義は下記になります。

・MACD線 = 短期移動平均線(EMA) - 長期移動平均線(EMA) (例:12週線 - 26週線)

・ヒストグラム = MACD線 - シグナル

MACD線が0より大きいということは、短期EMAが長期EMAを下から上に突き抜けている状態 (短期EMA>長期EMA)であることを示します。

MACDの使い方と活用方法

MACDはテクニカルチャートで描画できます。MACDを見ることで 相場のトレンドや売買タイミング を捉えることができます。

①ゴールデンクロスとデッドクロスで取引のタイミングを判断する。

ゴールデンクロス とは、短期の移動平均線が中長期の移動平均線を下から上にクロスすることで、 買いのサイン 、デッドクロスとは短期の線が長期の線を上から下へクロスすることで 売りのサイン と言われています。

MACD線がシグナルを下から上に突き抜けるゴールデンクロスや、上から下に突き抜けるデッドクロスは、単純移動平均線が作るゴールデンクロスやデッドクロスより 早く出現する ので、売り・買いの判断がより早くできる特徴があります。これは、MACDは指数平滑移動平均線(EMA)を使って計算されており、EMAは直近の株価に比重を置いて算出しているので、単純移動平均線より変化が早く表れるためです。

2016年5月あたりでMACD線がシグナルをゴールデンクロス(赤矢印)しており、その後、相場が上昇しているのが確認できます。チャート上部の単純移動平均線では2016年8月頃にゴールデンクロスしており、 前日の始値と終値が違うのはなぜなの MACDの方が早くゴールデンクロス をしています。実際、2016年5月以降しばらくトヨタの株価は上昇トレンドになっています。2011年末にも、2012年初に発生する移動平均のゴールデンクロスを先行する形で、MACDのゴールデンクロスを実現しています。

一方、2020年1月など複数のタイミングで、MACD線がシグナルを下回るデッドクロス(青矢印)になっています。その後、相場は下落しています。チャート上部の単純移動平均線ではその数か月後にデッドクロスしており、 MACDの方が早く売りのサイン を示しています。

②0ラインブレイクアウトでトレンドの動きを予測する

MACD線=短期移動平均線 長期移動平均線で算出されます。つまり、MACD線が0以上に浮上するということは、短期線が長期線を下から上へ突き抜けた状況、つまり短期線と長期線がゴールデンクロス(厳密には、どちらかが下向きのダマシのケースもある)となっていると言えるためです。 足元(短期)の相場が強くないと、0を上回ることができません。

③ダイバージェンス発生後はトレンドが転換する

ダイバージェンスとは株価は上昇しているがMACDは下降するなど 逆のトレンドを示すこと です。ダイバージェンス発生後は トレンドが転換する ことが予測されます。この様な場合は、MACDに引っ張られて株価は下降することが考えられるため売り時と言われています。

QUICK 前日の始値と終値が違うのはなぜなの Money Worldでは日々のマーケットの変化を専門記者・ライターが伝えています。以下のリンク先では日本株の投資戦略をまとめた「日本株ストラテジー」の記事を一覧にしています。マーケット情報の収集と知見の獲得にぜひご活用ください(一部は会員限定コンテンツとなっています)

「日本株ストラテジー」の記事・ニュース一覧_ボタン

MACDの注意点

MACDは、相場のトレンドや売買タイミングを捉える便利なテクニカル指標です。ただ、注意点もあります。 前日の始値と終値が違うのはなぜなの 前日の始値と終値が違うのはなぜなの 値動きが少ない銘柄や、相場がレンジ相場の場合は分析がしにくい です。値動きがあるトレンド株での分析でMACDを活用するのが良いでしょう。

また、線の交差の角度が緩やかな場合は ダマシの可能性 があるので注意が必要です。ダマシとは実際の売買のタイミングではないサインのことを指します。

MACDは、相場のトレンドや売買タイミングを知る便利なテクニカル指標です。MACDを活用し、買い時、売り時を分析して投資に活かしましょう。QUICK Money Worldの個別銘柄チャート画面でも、簡単なものですがMACDを 確認できます。

この他にも、QUICK Money Worldは金融市場の関係者が読んでいるニュースが充実。マーケット情報はもちろん、金融政策、経済を情報を幅広く掲載しています。会員登録して、プロが見ているニュースをあなたも!詳しくはこちら ⇒ 無料で受けられる会員限定特典とは

チャート分析するなら知っておきたいチャートパターンの見方とおすすめアプリ・ソフト大全

例えば、ローソク足・移動平均線・一目均衡表・ボリンジャーバンド・ストキャスティックス・ポイントアンドフィギュア・MACDなど、チャート分析にも様々な分析手法があります。

チャート分析は無意味なの?

とはいえ、チャート分析をしても自分の予想通りに価格が動かないということは十分にありますし、従来のチャート分析では考えられないような値動きをすることも少なくありません。しかし、それでもチャート分析を行い、きちんと投資判断ができるようにすることが大切です。

株価変動の予測には必要不可欠!チャート分析の有効性

その軌跡を時系列であらわしたものがチャートなのです。そのため、チャートは将来株価がどのように動くかを予測する上で非常に重要なものと言えます。

初心者必見!チャート分析指標の種類

チャート分析にも様々な種類があります。チャート分析はローソク足・トレンド系・オシレーター系など様々に分類することができますが、初心者が是非とも理解しておきたい基本的なチャート分析について以下では紹介していきます。

チャート分析の基本・インジケーターの種類と選び方

移動平均線の他にも様々なインジケーターがあるので、基本的なインジケーターの見方をまずは理解することが大切です。

チャートパターンの種類

大きく分けると、チャートパターンには2つの種類があり、株価などの天井圏・底値圏で発生する反転型のチャートパターンと、トレンドレンジで発生する保ち合い型のチャートパターンがあります。

チャート分析の見方・ローソク足

ローソク足には、始値よりも終値が高いことを示す陽線と、始値よりも終値が安い陰線の2つがあります。ローソク足には陰陽道の考えが取り入れられており、値段が上がると明るい、値段が下がると暗いイメージになることから、相場の動きが視覚的にわかりやすくなるように、陰陽の名前がついています。

チャート分析の見方・移動平均線

現状の株価や為替などの価格を示す上で説明したローソク足と組み合わせることによって、売買のタイミングを判断しやすくなります。 前日の始値と終値が違うのはなぜなの

チャート分析の見方・一目均衡表と雲

この雲は抵抗帯と呼ばれています。この雲は、株価が雲の上を推移している場合には強気相場であり、一方で、株価が雲の下で推移している場合には弱気相場であると判断されます。雲が厚い場合には抵抗が強いことを示し、雲を抜けると抵抗は弱まります。

チャート分析の見方・三角持ち合い

この時、チャートの形が三角形のようになる状態は「三角持ち合い」と呼ばれます。チャートの中に「三角持ち合い」ができると、その頂点で株価がどちらかに大きく動く場合が多いことから注目されます。

チャート分析の見方・酒田五法

加えて、連続する3本の陽線、あるいは陰線は三兵(さっぺい)と呼ばれます。最後に、動かない相場は休んで相場が動き出せば取引を始めることを三法と言います。

チャート分析の見方・トレンドライン

抵抗線とは、市場参加者の多くがこれ以上、あるいはこれ以降相場が上昇したり下落したりしないという認識を持ちやすい価格帯のことを言います。

チャート分析の見方・サイコロジカルライン

投資家の多くが強気になれば売り、弱気になれば買いのシグナルを示す逆張り指標として活用されています。

チャート分析の見方・新値足

新値足は、株価の終値を使って、上昇相場では以前の高値を抜いたときに、下降相場では以前の安値を下回ったときに初めて行を変えて新しい足を記入します。

チャート分析の見方・MACD

MACDとは「Moving Average Convergence Divergence(移動平均収束拡散法)」を略したもので、平均を取る期間の違う2つの移動平均を用いた分析手法のことを言います。マックディーと呼ばれることもある手法です。

MACDは相場の大きな動きを読みやすいため、トレンド形成時に威力を発揮する分析手法で、相場のおおよその反転ポイントを見極めることができます。

チャート分析の見方・窓(ギャップ)

窓が生じる際に、前日終値から窓が開いて高く値が付いた状態はギャップアップと呼ばれ、前日終値から窓が開いて低く値が付いた状態はギャップダウンと呼ばれます。

チャート分析の見方・ゴールデンクロス

ゴールデンクロスとは、短期の移動平均線が中長期移動平均線を下から上に交錯して抜くことを言います。ゴールデンクロスがあらわれると、株価は上昇傾向を迎えたと判断することができます。

一方、デッドクロスとは、短期の移動平均線が中長期移動平均線を上から下に交錯して抜くことを言います。デッドクロスが表れると、株価は下落傾向を迎えたと判断することができます。

チャート分析の見方・ダブルトップ

ダブルトップの売買サインは2つの高値をつけた後に、その間にできた安値を下回った地点が売りサインとなります。

チャート分析の見方・パラボリック

パラボリック(Parabolic SaR)は、SAR(Stop And Reverse)という2本の放物線状の線を用いて売買シグナルを見る、トレンド追随型のチャート分析手法です。

通常、ローソク足がパラボリックの上にある場合は「上げ相場」を示し、一方で下にある場合は「下げ相場」を示します。上昇相場でローソク足がパラボリックを下抜けから「売りサイン」、下降相場でローソク足がパラボリックを上抜けたら「買いサイン」です。

チャート分析の見方・RSI

RSI(Relative Strength Index)は、日本語で「相対力指数」と呼ばれ、一定期間における値動きの強弱を数値で表した分析手法です。直近の一定期間において終値ベースで上昇変動と下落変動のどちらの勢いが強いのかを計測します。

通常、RSIが70%(80%)以上であれば相場は買われすぎ、逆にRSIが30%(20%)以下であれば相場は売られ過ぎであると判断されます。

チャート分析の勉強法

上では、様々なチャート分析手法とその見方について簡単に説明してきました。しかし、チャート分析はただ読めるようになるだけではなく、仕組みを理解して使いこなせるようにしなければなりません。以下では、チャート分析におすすめの本について紹介していきます。

【図解で納得】ローソク足の見方とは?相場を読むための基本5パターン

日本株ファンドマネジャー歴25年。年間100社を超える調査取材をこなし、公的年金・投資信託・NY上場ファンドなど20代で1000億円以上、40代で2000億円超の日本株運用を担当。ベンチマークである東証株価指数(TOPIX)を大幅に上回る運用実績をあげてきた。
ファンドマネジャー時代の1999-2013年に毎週書いてきた投資情報「黒潮週報」は、英語・中国語に翻訳され、海外機関投資家に配布されてきた。中東・中国・東南アジアに出張し、機関投資家と直接対談してきた経験から、外国人投資家事情に精通。
楽天証券では2014年から現在まで、同社投資メディア「トウシル」にて月曜日から木曜日まで「3分でわかる!今日の投資戦略」を連載。月間200万ページビューを超える人気コラムとなっている。
企業会計基準委員会「ディスクロージャー専門委員会」委員、内閣府「女性が輝く先進企業表彰選考会」委員など歴任。
著書に『IFRSで企業業績はこう変わる』(日本経済新聞出版)、『クイズ会計がわかる70題』(中央経済社)、『NISAで利回り5%を稼ぐ高配当株投資術』(日本経済新聞社)など。

株式投資をする人にぜひ読んで欲しい1冊が『株トレ——世界一楽しい「一問一答」株の教科書』だ。クイズを解きながら「株のトレードで勝つ技術」を身につける画期的な1冊だ。著者は、 ファンドマネジャー歴25年、2000億円超を運用してTOPIXを大幅に上回る好実績をあげたスペシャリスト の窪田真之氏。何万回にも及ぶ膨大な数のトレードから確立した「トレードで勝つ技術」を1冊に凝縮した本書から、特別に一部を抜粋して紹介する。

株トレ

Photo: Adobe Stock

ローソクチャートの見方をおさらい

日足の仕組み

日足の仕組み(陽線と陰線の値動きの違い)

【クイズ】ローソク足から1日の値動きを読もう

1〜5のローソク足は、A〜Eのどれに対応する?

【クイズ】1~5のローソク足は、A~Eの値動きのどれを表している?

高配当株スクロールは増配からの大幅減配!振れ幅の謎は?

通販

投資

株価下落の原因

スクロールは4月30日に、21年3月期の連結業績予想上方修正で一時株価1132円まで上昇し業績に期待感が出ており、満を持した決算で純利益前年同期比636.6%増52→60円の増配まで発表しました。

ゴリラ

  • 21年3月期の連結業績予想上方修正アナウンス有
  • 純利益前年同期比636.6%増
  • 配当金52円→60円になり増配

どんな会社?

旧名株式会社ムトウでもともとは1939年武藤洋裁所として創業、2009年んい現在の社名となりました。女性アパレル、雑貨、化粧品・健康食品・旅行等の通信販売業(BtoC、BtoBtoC)およびEC・通販事業者へのソリューション事業を手掛けます。

  • 通販事業・・・生協向けカタログ販売
  • ソリューション事業・・・もしもアフィリエイト等のサービス
  • e-コマース事業・・・コスメランド、生活雑貨等のネットショッピングサイト
  • 前日の始値と終値が違うのはなぜなの
  • 健粧品事業・・・オリジナルブランド化粧品や健康食品を販売
  • 旅行事業・・・国内旅行の他、海外からの訪日ツアーなどコトサービスを展開
  • グループ管轄事業・・・物流中心もスクロールグループのインフラ

コロナと業績

主力の通販事業とソリューション事業、e-コマース事業がそれぞれ前年比約20%ずつ伸び過去最高益を達成。

さらにその弱気予想に基づいて来期配当予想がでるので、来期は 20円配当と大幅減配 予想となっています。

【業績】売上高営業利益経常利益利益1株益(円)1株配(円)
連18.362,2071,3031,458-1,035-30.410
連19.371,1531,6971,41563118.510
連20.372,6342,1452,29670320.510
連21.385,1957,3857,5195,183149.65予想52→60
連22.3予80,0003,9004,0002,80080.41 20 ~?

  • 2021年5月11日終値 892円
  • PER:6.90倍
  • PBR:1.27倍
  • 年初来高値:1,485円
  • 年初来安値:758円

当期の剰余金の配当

当社は、株主の皆様への利益還元を経営の最重要政策として位置付け、年間配当金15円を下限とし、連結配当性向40%を基本として実施することを、配当の基本方針としております。

当期の期末配当金につきましては、配当の基本方針に基づき、1株当たり52円50銭とさせていただきます。これにより、中間配当金7円50銭と合わせて年間配当金は60円となります。

次期の剰余金の配当

当社は、株主の皆様への利益還元の更なる充実を図るため、次期(2022年3月期)の配当に関する基本方針については、年間配当金の下限を引き上げ、「年間配当金20円を下限とし、連結配当性向40%を基本として実施する」ことに変更いたします。

なお、次期の配当予想につきましては、新型コロナウイルス第4波の到来、緊急事態宣言の発出等、新型コロナウイルスの感染拡大が経済に与える影響や今後の収束に関して、先行きが不透明なこともあり、 下限である年間配当金20円(中間配当金10円、期末配当金10円)といたします が、通期の業績を明確に見通せる段階になった時点で、改めて、配当予想の開示を行ったうえで、連結配当性向40%の基本方針に則り実施いたします。

【図解で納得】ローソク足の見方とは?相場を読むための基本5パターン

日本株ファンドマネジャー歴25年。年間100社を超える調査取材をこなし、公的年金・投資信託・NY上場ファンドなど20代で1000億円以上、40代で2000億円超の日本株運用を担当。ベンチマークである東証株価指数(TOPIX)を大幅に上回る運用実績をあげてきた。
ファンドマネジャー時代の1999-2013年に毎週書いてきた投資情報「黒潮週報」は、英語・中国語に翻訳され、海外機関投資家に配布されてきた。中東・中国・東南アジアに出張し、機関投資家と直接対談してきた経験から、外国人投資家事情に精通。
楽天証券では2014年から現在まで、同社投資メディア「トウシル」にて月曜日から木曜日まで「3分でわかる!今日の投資戦略」を連載。月間200万ページビューを超える人気コラムとなっている。
企業会計基準委員会「ディスクロージャー専門委員会」委員、内閣府「女性が輝く先進企業表彰選考会」委員など歴任。
著書に『IFRSで企業業績はこう変わる』(日本経済新聞出版)、『クイズ会計がわかる70題』(中央経済社)、『NISAで利回り5%を稼ぐ高配当株投資術』(日本経済新聞社)など。

株式投資をする人にぜひ読んで欲しい1冊が『株トレ——世界一楽しい「一問一答」株の教科書』だ。クイズを解きながら「株のトレードで勝つ技術」を身につける画期的な1冊だ。著者は、 ファンドマネジャー歴25年、2000億円超を運用してTOPIXを大幅に上回る好実績をあげたスペシャリスト の窪田真之氏。何万回にも及ぶ膨大な数のトレードから確立した「トレードで勝つ技術」を1冊に凝縮した本書から、特別に一部を抜粋して紹介する。

株トレ

Photo: Adobe Stock

ローソクチャートの見方をおさらい

日足の仕組み

日足の仕組み(陽線と陰線の値動きの違い)

【クイズ】ローソク足から1日の値動きを読もう

1〜5のローソク足は、A〜Eのどれに対応する?

【クイズ】1~5のローソク足は、A~Eの値動きのどれを表している?

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる