口座開設アプリ

システムトレードの仕組みやメリット

システムトレードの仕組みやメリット
注文時に指定した範囲でシステムが自動的にIFDO(イフダンOCO)注文を繰り返し、 レート変動を細かく追いかけて取引してくれるので、相場の局面ごとに発注タイミングを見極めたり、 何度も何度も発注操作をする様な煩わしさからトレーダーを解放してくれます。


FXや株式などの相場で資産運用をするならいかに安く買って、いかに高く売るかが、運用成績を左右する基本中の基本です。 しかし、その売買タイミングを計ることは経験豊富なトレーダーでも簡単なことではありません。

HEMSってなに?HEMSの仕組みやメリット、補助金についてを解説!

HEMS (ヘムス)とは、 Home Energy Management System (ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)の略称です。
HEMS を導入した住宅では、家電や住宅設備をインターネットを使ってつなげていくことができます。その結果、エネルギーの使用量の「見える化」が可能になります。また、エネルギーの一元管理が可能なため、家電や電気機器の自動制御を行ったり、エネルギーを効率化が図ったりできるようにもします。
つまり、エネルギーの消費者が、自ら使用するエネルギーを管理できるようになるのです。持続可能な社会を目指すために、この HEMS は重要な役割を担っていると言えます。また、 ZEH (ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)化を行う際にも、この HEMS は必要です。 ZEH (ゼッチ)とは、家庭で使う年間エネルギー消費量をおおむねゼロにする住宅のことです。
今後、ますますの需要が期待されるでしょう。

エネルギーの「見える化」という面においては、 HEMS と似たような言葉で「スマートメーター」というものがあります。
スマートメーターは、それぞれの家庭が使用した電力の使用量を、電力会社などの外部に伝える役割を持っています。電力の自由化に伴い、普及してきました。このスマートメーターがある場合、 30 分ごとにその家庭における電力使用量が計測され、インターネットを使って電力会社へ自動的に送信される仕組みになっています。そのため、これまで検針員が行っていた測定は不要になりました。
スマートメーターによって、外部への「見える化」が、そして、 HEMS によって内部への「見える化」が可能になったのです。

HEMSを導入するメリットは?

・エネルギーの使用傾向が明確になる

・節約の目標を立てやすくなる

・便利で快適な生活を送れるようになる

では、ひとつずつ見ていきましょう。まずは、エネルギーの使用傾向が明確になる点です。
HEMS を導入すると、タブレット端末やパソコンなどから、家庭内のエネルギーの使用状況が確認できるようになります。例えば、「リビングのエアコンでは、〇 W のエネルギーを消費している」といった具合に、数値で把握できるようになるのです。また、太陽光発電や蓄電池などの自家発電設備と併用すると、どの程度のエネルギーが作られているかも明確になり、さらに効率良く管理できるようになります。

つまり、今自分たちが暮らしていく中で、どの部分に多くのエネルギーを使っているのか分析できるようになるのです。問題点を知るために、まずは現在の使用傾向を知ることが大切です。
「光熱費が高くて節約したいけど、どこを改善したらよいのか分からない」という場合も、その情報を役立てられるでしょう。
電力会社から送られてくる請求書には、一カ月単位でしか電力の使用量が記載されていません。 HEMS があれば、細かい使用状況まで確認することが可能です。
HEMS によっては、時間ごとにエネルギーの使用状況が把握できるタイプもあります。どの部分でエネルギーの無題遣いをしているのか、簡単にチェックできるでしょう。急に電気料金が上がったという場合でも、冷蔵庫や照明、エアコンなど項目ごとに細かく分かれているため、その原因を追究することが可能です。
また、エネルギーの使用傾向が分かれば、その分節約につなげやすくなります。
「今月は、お風呂で使ったエネルギーが多かったから、来月からは二割削減を目標にしよう」などのように、具体的な数値を目標に掲げることも可能です。単に「電気代を節約しよう」と目標を掲げるよりも、具体的な内容や数値がある方が、効率良く目標を達成できるでしょう。
AI 機能によって、電気使用量を適切な範囲に制御できるタイプのものもあります。

さらに、 HEMS ではタブレット端末などから電気設備の遠隔操作を行うことも可能です。
外出先から切り忘れたエアコンを止めたり、帰宅前にお風呂のお湯はりをしたりといったことも可能に。遠隔操作によって、生活の質は大きく変わります。便利で快適な生活を送れるようになるでしょう。
特に、ペットや高齢者がいる家庭の場合は、きめ細やかなケアができるようになります。

HEMSに対する補助金について

HEMS には、これまで何度が補助金が実施されてきました。国が実施する補助金に関しては、これまで一般社団法人環境共創イニシアチブが請け負っており、これまで 2011 年と 2013 年に実施されていました。
それ以降、補助金制度は再開されていません。ただ、「次世代 HEMS 実証事業」と称して、 ZEH 支援事業に係る要件などを満たしている場合には、補助金も出ています。 ZEH に興味がある場合は、一度検討してみてはいかがでしょうか。
また、自治体の中には、 HEMS の補助金を行っているところもあります。一律 30 万円の補助金が出るところや、設置に要する経費の 5 %を補助金として受け取れるところなど、自治体によってその内容や条件は様々です。

HEMSに必要な機器と費用

◇ HEMS 対応住宅分電盤
住宅には、必ず分電盤が設置されており、 HEMS を導入する場合は、その分電盤が HEMS 対応である必要があります。分電盤本体の価格は、その住宅の状況によって異なってきます。

HEMS 対応電力測定ユニット
リフォームで、既存の住宅分電盤を活かしたまま HEMS を導入したい場合に必要です。 2 万から 7 万円程度の費用が必要です。

HEMS 本体
HEMS システムトレードの仕組みやメリット 対応住宅分電盤で計測したエネルギー使用量のデータを、無線通信を介して受け取ります。また、インターネットを使って、家電設備などに指示を伝える役割も担っています。機器の価格は、メーカーや商品によってばらつきがあり、 4 万円から 15 万円程度です。

HEMS に対応している電気機器
HEMS と接続する場合は、「 ECHONET Lite 」という規格に対応している電気機器である必要があります。この「 ECHONET Lite 」は、経済産業省が推奨している規格で、今使っているものがこの規格になっていない場合は、 HEMS を導入する際に新しく買い替える必要があります。

この他にもアダプターやスマートスピーカー、温湿度センサーなどが必要になってくる場合もあります。 HEMS を導入する際には、あらかじめどこまでコントロールしたいのか、検討しておく必要があるでしょう。

HEMS(ヘムス)を導入して、スマートな生活を目指そう


HEMS は、自分たちの使うエネルギーをコントロールできるという、画期的なシステムです。この仕組みを導入して活用することで、エネルギーの節約にもつながり、環境に優しい生活を送れるようになるでしょう。また、遠隔操作は、私たちの生活をぐんと便利なものにしてくれます。

自動的に注文を繰り返し売買チャンスを逃さない!トラッキングトレードで1ヶ月で50万円程度の利益!

注文時に指定した範囲でシステムが自動的にIFDO(イフダンOCO)注文を繰り返し、 レート変動を細かく追いかけて取引してくれるので、相場の局面ごとに発注タイミングを見極めたり、 何度も何度も発注操作をする様な煩わしさからトレーダーを解放してくれます。


FXや株式などの相場で資産運用をするならいかに安く買って、いかに高く売るかが、運用成績を左右する基本中の基本です。 しかし、その売買タイミングを計ることは経験豊富なトレーダーでも簡単なことではありません。



詳細はコチラ

ブロードコースの開設+3万円以上の入金のみで図書カード3000円 貰えます!

この トラッキングトレード が利用できるのは FXブロードネットの良い点は充実のサポート!

FXブロードネットではFX初心者から上級者まで幅広い内容のセミナーを 無料で実施 しています!!



トラッキングトレード 」 が利用できるのは「FXブロードネット」!

トラッキングトレードセミナー来週の7月13日開催 !!

セミナー内容
■FX取引の基本とトラッキングトレードについて
■トラッキングトレードの仕組みについて
■トラッキングトレードの活用法
■トラッキングトレードの注文方法
■トラッキングトレードのメリット

【講師】 株式会社FXトレーディングシステムズ 直塚 俊平
【費用】 無料


トラッキングトレード にご興味のある方、 トラッキングトレード の仕組みを理解したい方やどうやって注文(設定)したらいいか分からない方などに最適なセミナーとなっています!

トラッキングトレードの仕組みや注文の仕方などを動画を用いて詳しくご説明。
参加費は無料。口座未開設の方でも参加可能です!!

公表されている トラッキングトレード のランキングも凄い実績↓

1位はEUR/JPY 想定変動幅500 売り の設定でなんと 1ヶ月で499,336円の利益獲得

2位や3位でも 40万円以上の利益獲得 となっています!!

ブロードコースの開設+3万円以上の入金のみで図書カード3000円 貰えます!


通貨ペア等の5つの項目を入力し「計算」ボタンを押すだけ!

システムが瞬時に 最適な注文 を割り出します!!

カリスマFXトレーダー「羊飼い」氏がシステムトレードを1ヶ月やってみた結果! FX取引で最重要の「三種の神器」とは?

「老後は夫婦で2000万円が必要―」と麻生太郎金融相が2019年6月にコメントした金融審議会の報告書は日本中に衝撃を与えました。同報告書では、老後資金として「2,000万円」、「毎月約5万円が不足」が発生すると試算されていたのです。

執筆: 向け  Urala Communications

収入を得る一つの方法としてFX(外国為替証拠金取引)のシステムトレードを有効活用すれば、本業に精を出している間も、寝ている間も自動売買を繰り返して、不労所得を狙っていくことが可能です。FXのシステムトレードを使えばほぼ労力をかけずに不労所得を得ていく副業スタイルがあります。

目次

Investing.com読者にはご存知の方も多いかと思いますが、「羊飼い」氏はFX界のカリスマトレーダーとして知られており、Twitterのフォロワー数12万以上、1日10万PV以上の人気ブログ「羊飼いのFXブログ」の管理人としてもしられています。FX業界では知らない人がいないといっても過言ではないトレーダーです。

1.カリスマトレーダー「羊飼い」氏が考えるFX取引におけるEA活用の必要性とFX取引における重要なポイント

24時間、本業に精を出している間も、寝ている間も収入を生んでくれるEA(システムトレード)について解説をしていき、24時間EAを稼働させるために必要な環境となるVPS(仮想サーバー)についてもお伝えしていきます。

2.MT4のEAとは何か?

MT(MetaTrader)は、ロシアのMeta Quotes Software社が無料で提供しているトレードプラットフォームです。日本のFX業者の中には、独自のトレードプラットフォームを開発・提供するケースが見られますが、海外のFX業者の多くがMT4を採用しています。つまり世界中の一流トレーダーが利用するトレードプラットフォームがMT4ということです。

そんなMT4の大きなメリットは、一流トレーダーが成果を出すために開発したEAをダウンロードし、実際に利用することができるという点です。「MT4はパソコンでEAはパソコンの中で動くアプリケーション」と考えるとわかりやすいかもしれません。EAは星の数ほど開発されているので、それぞれの成果を確認し、バックテストなどの検証を行なった後、ご自身のトレードに合ったものを複数選んで同時に稼働させることも可能です。最初の設定さえ行えば、後はすべて自動で売買を繰り返してくれます。寝ている間も本業に精を出している間も、うまくいけば収益をうむことが可能になります。

EAのメリット

2. 売買に感情が入らないため、感情に左右されずに売買してくれる

EAのデメリット

EAは無料で使用できるものもありますが、安かろう悪かろうのケースが多く、無料だからといって気軽に手を出すと損失につながるケースがあります。GoGoJungle(EAを販売するECサイト)では基本的に有料(1万円から5万円が最も多い)で販売していますが、購入前に実際の実績を確認することができますので、実績やロジックを見て購入ができます。実績があり、人気があるEAを購入するには当然費用はかかりますが、うまくいけば収益を得ることができるので、未来への投資と思い試してみる価値はあるでしょう。

EAの注意点

EAはどこで購入できるの?

せっかく収益を生む可能性があるシステムなのに損失につながっては元も子もありません。

また、災害による停電などでPCの電源が落ちてしまうと、大切なトレードチャンスを逃し機会損失になる可能性があります。そのため、収益面、効率を考えるとVPSは必須といえるでしょう。

このようなデメリットを解消するためには、MT4のEA(システムトレード)を外部のVPS(仮想サーバー)で稼働させることで、PCの負荷がなく24時間稼働でき、外部の影響をうけることもなく、収益を得ることができます。

4.カリスマトレーダー「羊飼い」氏がEAを実際に稼働した結果

この度「羊飼い」氏に実際にご自身の資金を一部いれていただき、EA(システムトレード)を稼働してもらいました。今回は人気EA開発者のねこ博士が手がけたオススメのEAで羊飼い氏も自身の口座で既に使っているものを2つ稼働させて検証を行っています。

今回使用した2種類のEA(システムトレード)

特徴:TPとSLを小さくした「損小利小」のEAシリーズ「Xシリーズ」の第一弾となるEAです。通貨ペアAUD/CADで、TP、SLはそれぞれ12pipsと20Pipsと一発大きく負ける心配のない点が特徴。トレードスタイルはスキャルピングで年間240回の取引を行います。最大ポジション数は3となっています

期待年率:40%

運用可能会社:FOREX.com(JP)、FXトレードフィナンシャル、外為ファイネスト、FOREX EXCHANGE、株式会社サクソバンク証券株式会社

特徴:Pips_miner_EA_EURAUDは、ねこ博士の人気EA「Pips_miner_EA」の「別通貨バージョン」として開発されました。「Pips_miner_EA」で勝てる通貨ペアとして採用されたEUR/AUDでのトレードとなります。超高頻度EAの「Pips_miner_EA」に比べ、性能はほとんど同じものの、エントリー頻度は少なめに設定されており年間300回の取引を行います。最大ポジション数は3です。

期待年率:36%

運用可能会社:FOREX.システムトレードの仕組みやメリット com(JP)、FXトレードフィナンシャル、外為ファイネスト
OANDA JAPAN、EZインベスト証券

5.「お名前.com デスクトップクラウド for MT4」を選ぶべき理由

FXで利益を出すために重要な要素としてパソコンのスペックが挙げられます。チャンスを逃さないためには「高速性」と「安定性」がとても大切です。ニューヨークタイムの重要経済指標の発表直後などは、アクセスが集中し、為替相場のボラティリティ(変動)が大きくなり、わずかなタイムロスで大きなチャンスを逃したり、損失が膨らむことになりかねません。利益を確保できるかどうかは、ユーザーの判断力だけではなく、パソコンのスペックやネット回線などのトレード環境にも左右されるのです。

お名前.comデスクトップクラウドが提携している証券会社であれば、最初からMT4が入っているので、MT4をインストールする面倒な作業を省略することができ、初心者でも簡単にEAを始めることができます。

もちろん提携済み以外の証券会社でもMT4の利用はできます

後はMT4を採用しているFX業者でFX口座を開設し、お好きなEA(システムトレード)をダウンロードすればシステムトレードを始めることができます。

「お名前.com デスクトップクラウド for MT4 」は、わからないことがあっても操作マニュアルでの確認や、無料電話サポートで相談することもできます。MT4の利用が初めてでも心配することなくはじめられます。

「お名前.com デスクトップクラウド for MT4」は、ユーザーのニーズに合わせて5種類のプランを用意しています。最上位のプランになるとメモリは8GB。MT4を起動しながら、同時に多くのEA(システムトレード)を稼働させることができるハードユーザー向けのプランとなっています。他には、お名前.comデスクトップラウドの1GB、1.5GB、2GB、4GBというプランがあります。

VPSの価格としても月額2,システムトレードの仕組みやメリット 400円から14,000円の間で24時間PCを稼働させることなく機会損失を防げるとしたら割安といえるでしょう。

HEMSってなに?HEMSの仕組みやメリット、補助金についてを解説!

HEMS (ヘムス)とは、 Home システムトレードの仕組みやメリット Energy Management System (ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)の略称です。
HEMS を導入した住宅では、家電や住宅設備をインターネットを使ってつなげていくことができます。その結果、エネルギーの使用量の「見える化」が可能になります。また、エネルギーの一元管理が可能なため、家電や電気機器の自動制御を行ったり、エネルギーを効率化が図ったりできるようにもします。
つまり、エネルギーの消費者が、自ら使用するエネルギーを管理できるようになるのです。持続可能な社会を目指すために、この HEMS は重要な役割を担っていると言えます。また、 ZEH (ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)化を行う際にも、この HEMS は必要です。 ZEH (ゼッチ)とは、家庭で使う年間エネルギー消費量をおおむねゼロにする住宅のことです。
今後、ますますの需要が期待されるでしょう。

エネルギーの「見える化」という面においては、 HEMS と似たような言葉で「スマートメーター」というものがあります。
スマートメーターは、それぞれの家庭が使用した電力の使用量を、電力会社などの外部に伝える役割を持っています。電力の自由化に伴い、普及してきました。このスマートメーターがある場合、 30 分ごとにその家庭における電力使用量が計測され、インターネットを使って電力会社へ自動的に送信される仕組みになっています。そのため、これまで検針員が行っていた測定は不要になりました。
スマートメーターによって、外部への「見える化」が、そして、 HEMS によって内部への「見える化」が可能になったのです。

HEMSを導入するメリットは?

・エネルギーの使用傾向が明確になる

・節約の目標を立てやすくなる

・便利で快適な生活を送れるようになる

では、ひとつずつ見ていきましょう。まずは、エネルギーの使用傾向が明確になる点です。
HEMS を導入すると、タブレット端末やパソコンなどから、家庭内のエネルギーの使用状況が確認できるようになります。例えば、「リビングのエアコンでは、〇 W のエネルギーを消費している」といった具合に、数値で把握できるようになるのです。また、太陽光発電や蓄電池などの自家発電設備と併用すると、どの程度のエネルギーが作られているかも明確になり、さらに効率良く管理できるようになります。

つまり、今自分たちが暮らしていく中で、どの部分に多くのエネルギーを使っているのか分析できるようになるのです。問題点を知るために、まずは現在の使用傾向を知ることが大切です。
「光熱費が高くて節約したいけど、どこを改善したらよいのか分からない」という場合も、その情報を役立てられるでしょう。
電力会社から送られてくる請求書には、一カ月単位でしか電力の使用量が記載されていません。 HEMS があれば、細かい使用状況まで確認することが可能です。
HEMS によっては、時間ごとにエネルギーの使用状況が把握できるタイプもあります。どの部分でエネルギーの無題遣いをしているのか、簡単にチェックできるでしょう。急に電気料金が上がったという場合でも、冷蔵庫や照明、エアコンなど項目ごとに細かく分かれているため、その原因を追究することが可能です。
また、エネルギーの使用傾向が分かれば、その分節約につなげやすくなります。
「今月は、お風呂で使ったエネルギーが多かったから、来月からは二割削減を目標にしよう」などのように、具体的な数値を目標に掲げることも可能です。単に「電気代を節約しよう」と目標を掲げるよりも、具体的な内容や数値がある方が、効率良く目標を達成できるでしょう。
AI 機能によって、電気使用量を適切な範囲に制御できるタイプのものもあります。

さらに、 システムトレードの仕組みやメリット HEMS ではタブレット端末などから電気設備の遠隔操作を行うことも可能です。
外出先から切り忘れたエアコンを止めたり、帰宅前にお風呂のお湯はりをしたりといったことも可能に。遠隔操作によって、生活の質は大きく変わります。便利で快適な生活を送れるようになるでしょう。
特に、ペットや高齢者がいる家庭の場合は、きめ細やかなケアができるようになります。

HEMSに対する補助金について

HEMS には、これまで何度が補助金が実施されてきました。国が実施する補助金に関しては、これまで一般社団法人環境共創イニシアチブが請け負っており、これまで 2011 年と 2013 年に実施されていました。
それ以降、補助金制度は再開されていません。ただ、「次世代 HEMS 実証事業」と称して、 ZEH 支援事業に係る要件などを満たしている場合には、補助金も出ています。 ZEH に興味がある場合は、一度検討してみてはいかがでしょうか。
また、自治体の中には、 HEMS の補助金を行っているところもあります。一律 30 万円の補助金が出るところや、設置に要する経費の 5 %を補助金として受け取れるところなど、自治体によってその内容や条件は様々です。

HEMSに必要な機器と費用

◇ HEMS 対応住宅分電盤
住宅には、必ず分電盤が設置されており、 HEMS を導入する場合は、その分電盤が HEMS 対応である必要があります。分電盤本体の価格は、その住宅の状況によって異なってきます。

HEMS 対応電力測定ユニット
リフォームで、既存の住宅分電盤を活かしたまま HEMS を導入したい場合に必要です。 システムトレードの仕組みやメリット 2 万から 7 万円程度の費用が必要です。

HEMS 本体
HEMS 対応住宅分電盤で計測したエネルギー使用量のデータを、無線通信を介して受け取ります。また、インターネットを使って、家電設備などに指示を伝える役割も担っています。機器の価格は、メーカーや商品によってばらつきがあり、 4 万円から 15 万円程度です。

HEMS に対応している電気機器
HEMS と接続する場合は、「 ECHONET Lite 」という規格に対応している電気機器である必要があります。この「 ECHONET Lite 」は、経済産業省が推奨している規格で、今使っているものがこの規格になっていない場合は、 HEMS を導入する際に新しく買い替える必要があります。

この他にもアダプターやスマートスピーカー、温湿度センサーなどが必要になってくる場合もあります。 HEMS を導入する際には、あらかじめどこまでコントロールしたいのか、検討しておく必要があるでしょう。

HEMS(ヘムス)を導入して、スマートな生活を目指そう


HEMS は、自分たちの使うエネルギーをコントロールできるという、画期的なシステムです。この仕組みを導入して活用することで、エネルギーの節約にもつながり、環境に優しい生活を送れるようになるでしょう。また、遠隔操作は、私たちの生活をぐんと便利なものにしてくれます。

HEMSってなに?HEMSの仕組みやメリット、補助金についてを解説!

HEMS (ヘムス)とは、 Home Energy Management System (ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)の略称です。
HEMS を導入した住宅では、家電や住宅設備をインターネットを使ってつなげていくことができます。その結果、エネルギーの使用量の「見える化」が可能になります。また、エネルギーの一元管理が可能なため、家電や電気機器の自動制御を行ったり、エネルギーを効率化が図ったりできるようにもします。
つまり、エネルギーの消費者が、自ら使用するエネルギーを管理できるようになるのです。持続可能な社会を目指すために、この HEMS は重要な役割を担っていると言えます。また、 ZEH (ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)化を行う際にも、この HEMS は必要です。 ZEH (ゼッチ)とは、家庭で使う年間エネルギー消費量をおおむねゼロにする住宅のことです。
今後、ますますの需要が期待されるでしょう。

エネルギーの「見える化」という面においては、 HEMS と似たような言葉で「スマートメーター」というものがあります。
スマートメーターは、それぞれの家庭が使用した電力の使用量を、電力会社などの外部に伝える役割を持っています。電力の自由化に伴い、普及してきました。このスマートメーターがある場合、 30 分ごとにその家庭における電力使用量が計測され、インターネットを使って電力会社へ自動的に送信される仕組みになっています。そのため、これまで検針員が行っていた測定は不要になりました。
スマートメーターによって、外部への「見える化」が、そして、 HEMS によって内部への「見える化」が可能になったのです。

HEMSを導入するメリットは?

・エネルギーの使用傾向が明確になる

・節約の目標を立てやすくなる

・便利で快適な生活を送れるようになる

では、ひとつずつ見ていきましょう。まずは、エネルギーの使用傾向が明確になる点です。
HEMS を導入すると、タブレット端末やパソコンなどから、家庭内のエネルギーの使用状況が確認できるようになります。例えば、「リビングのエアコンでは、〇 W のエネルギーを消費している」といった具合に、数値で把握できるようになるのです。また、太陽光発電や蓄電池などの自家発電設備と併用すると、どの程度のエネルギーが作られているかも明確になり、さらに効率良く管理できるようになります。

つまり、今自分たちが暮らしていく中で、どの部分に多くのエネルギーを使っているのか分析できるようになるのです。問題点を知るために、まずは現在の使用傾向を知ることが大切です。
「光熱費が高くて節約したいけど、どこを改善したらよいのか分からない」という場合も、その情報を役立てられるでしょう。
電力会社から送られてくる請求書には、一カ月単位でしか電力の使用量が記載されていません。 HEMS があれば、細かい使用状況まで確認することが可能です。
HEMS によっては、時間ごとにエネルギーの使用状況が把握できるタイプもあります。どの部分でエネルギーの無題遣いをしているのか、簡単にチェックできるでしょう。急に電気料金が上がったという場合でも、冷蔵庫や照明、エアコンなど項目ごとに細かく分かれているため、その原因を追究することが可能です。
また、エネルギーの使用傾向が分かれば、その分節約につなげやすくなります。
「今月は、お風呂で使ったエネルギーが多かったから、来月からは二割削減を目標にしよう」などのように、具体的な数値を目標に掲げることも可能です。単に「電気代を節約しよう」と目標を掲げるよりも、具体的な内容や数値がある方が、効率良く目標を達成できるでしょう。
AI 機能によって、電気使用量を適切な範囲に制御できるタイプのものもあります。

さらに、 HEMS ではタブレット端末などから電気設備の遠隔操作を行うことも可能です。
外出先から切り忘れたエアコンを止めたり、帰宅前にお風呂のお湯はりをしたりといったことも可能に。遠隔操作によって、生活の質は大きく変わります。便利で快適な生活を送れるようになるでしょう。
特に、ペットや高齢者がいる家庭の場合は、きめ細やかなケアができるようになります。

HEMSに対する補助金について

HEMS には、これまで何度が補助金が実施されてきました。国が実施する補助金に関しては、これまで一般社団法人環境共創イニシアチブが請け負っており、これまで 2011 年と 2013 年に実施されていました。
それ以降、補助金制度は再開されていません。ただ、「次世代 HEMS 実証事業」と称して、 ZEH 支援事業に係る要件などを満たしている場合には、補助金も出ています。 ZEH に興味がある場合は、一度検討してみてはいかがでしょうか。
また、自治体の中には、 HEMS の補助金を行っているところもあります。一律 30 万円の補助金が出るところや、設置に要する経費の 5 %を補助金として受け取れるところなど、自治体によってその内容や条件は様々です。

HEMSに必要な機器と費用

◇ HEMS 対応住宅分電盤
住宅には、必ず分電盤が設置されており、 HEMS を導入する場合は、その分電盤が HEMS 対応である必要があります。分電盤本体の価格は、その住宅の状況によって異なってきます。

HEMS 対応電力測定ユニット
リフォームで、既存の住宅分電盤を活かしたまま HEMS を導入したい場合に必要です。 2 万から 7 万円程度の費用が必要です。

HEMS 本体
システムトレードの仕組みやメリット HEMS 対応住宅分電盤で計測したエネルギー使用量のデータを、無線通信を介して受け取ります。また、インターネットを使って、家電設備などに指示を伝える役割も担っています。機器の価格は、メーカーや商品によってばらつきがあり、 4 万円から 15 万円程度です。

HEMS に対応している電気機器
HEMS と接続する場合は、「 ECHONET Lite 」という規格に対応している電気機器である必要があります。この「 ECHONET Lite 」は、経済産業省が推奨している規格で、今使っているものがこの規格になっていない場合は、 HEMS を導入する際に新しく買い替える必要があります。

この他にもアダプターやスマートスピーカー、温湿度センサーなどが必要になってくる場合もあります。 HEMS を導入する際には、あらかじめどこまでコントロールしたいのか、検討しておく必要があるでしょう。

HEMS(ヘムス)を導入して、スマートな生活を目指そう


HEMS は、自分たちの使うエネルギーをコントロールできるという、画期的なシステムです。この仕組みを導入して活用することで、エネルギーの節約にもつながり、環境に優しい生活を送れるようになるでしょう。また、遠隔操作は、私たちの生活をぐんと便利なものにしてくれます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる