テクニカル分析の基礎

日経平均リンク債の特徴やリスクとは

日経平均リンク債の特徴やリスクとは
4/26(火) 日経VI 25.60 -1.80 日経平均リンク債の特徴やリスクとは

【今週の日経平均を考える】潮目の変化を見極め

先週は、FOMCが意識される中、様子見ムードで始まりましたが、イベント通過後は反転し一気に上昇気流に乗って、3月権利取りの買いも入り、3月の下げ分を取り戻し、陽線4日連続で1週間を終えました。 元記事で画像を全てみる ロシアウクライナ情勢での地政学リスクに対する警戒は引き続き上値を重くしてきた一方、原油高が一服したことによって、過度なインフレへの警戒は後退し、週の後半には買いが優勢となりました。 FOMCの結果は想定通りで、FRBは市場の想定通り0.25%の利上げを決めました。 今後は利上げペースを上げるのではないかという警戒感が続くことが考えられています。 金曜日には、ずっと懸念されていたロシアの外貨建て国債の利払いが実施されたと伝わって、デフォルト回避との意識から買いが入っています。 ここからの日経平均は2万7000円に乗せられるか意識されるところです。 海外投資家動向としては、3月2週3217億円の売り越しとなっており、日本の現物株は9935億円の売り越しで、週間の売り越し額としては、2020年3月の-9517億円を超えました。 今週は月曜日が休みの4営業日です。 しっかり海外投資家の買いが入ってくるのか、そして「まん坊」が解除されたことによって、アフターコロナ銘柄に買いが入るのか注視していきたいです。

チャートを細かく見ていきましょう。 ■日足の移動平均線 5日線は、一週間を通して上向きとなり、更に株価が5日線の上を推移しています。 25日線は下向きを継続していますが、若干向きが横向きになったように見受けられます。株価は木曜日に25日線を上抜け金曜日には乖離しています。 75日線はかわらず下向きで推移していますが、25日線同様に若干向きが横向きになったように見受けられます。 並び順は75日25日5日線の並び順で、引き続き安定下降を示していますが、5日線と25日線のゴールデンクロスが見えてくる位置となっています。 機関投資家や海外の投資家が意識している200日線は2万8300円処を推移しています。 ■トレンドライン 意識されていた2020年11月20日の窓2万5555円処をしっかり超えてきて、2020年12月28日の窓のラインまで到達しました。ここから上は、心理的節目として2万7000円があります。 その上は2022年2月10日に開けた窓が窓埋めを完成していないので、窓2万7575円が上値メドとして意識されます。 下は、今週の大きな上昇に伴い、窓開けした箇所が下値メドとして意識されます。 3月16日17日に開けた窓と、15日16日にもわずかですが窓が開いているため、価格2万5441円の窓をいつ埋めるかというところが気になります。 日経平均リンク債の特徴やリスクとは ■一目均衡表 転換線が上向きに変化してきました。 このまま基準線と転換線の位置が逆転していくと上昇サインとなりますがどうなるでしょうか。株価の上には雲が立ちはだかっています。 今年に入ってからすぐに雲の下にもぐってからはずっと雲の下を推移していますから、そろそろ雲を抜けてほしいですね。 ■ボリンジャーバンド +σも-σもTPライン向きにラインを収縮してきました。 横ばいながら収縮してから放れるのか、波を打って横ばうのか。今後の動きに注目です。株価はTPラインを超え+1σとの間を推移しています。 ■スローストキャスト 急角度で一気に買われすぎゾーン目指して上昇中です。このまま折れずに進むと今週中に買われすぎゾーンに到達してしまうので、その後の動きには注意します。 MACDは、ヒストグラムが好転してきました。MACDとシグナルの線もクロスして上昇を示しています。まだ0ラインを超えていないので下降トレンド中です。 月の満ち欠けですが、3月18日が満月でした。やはり、不思議と月の満ち欠けが株価に影響していることがわかります。次回4月1日が新月。4月17日が満月です。

下降トレンド継続中ですが、潮の目が変わったような雰囲気は感じられます。 ここで今年に入ってからの下げは一旦終わり、トレンド転換していくのかなともとれます。 節分天井彼岸底というアノマリーも私たちの脳裏を掠め、VIX恐怖指数が23台と下落しています。世界的な危機が好転していくのか、しっかり見極めていきましょう。 分析するときに、一度大きな節を割ったということは、それだけの売りが出たということで、決して上昇トレンドになったわけではないということを、上昇反発中にも意識して、一方通行の意識にならないようにしていきたいです。(執筆者:FP2級、AFP、トレーダーズアカデミー講師 城 晶子)

日経平均リンク債の特徴やリスクとは


2022年4月30日をもちまして終了しました。

ボラティリティー情報 チャートはクリックで拡大します

画像の説明

4/26(火) 日経VI 25.60 -1.80

5月VI24.8ウエート28%
ATM23.1-2.6
スキュー5.9-0.4

画像の説明

4/27(水) 日経VI 26.01 +1.日経平均リンク債の特徴やリスクとは 01

5月VI25.7ウエート24%
ATM24.4+1.日経平均リンク債の特徴やリスクとは 2
スキュー5.0-0.9

画像の説明

4/28(木) 日経VI 日経平均リンク債の特徴やリスクとは 25.07 -1.54 日経平均リンク債の特徴やリスクとは

5月VI24.0ウエート21%
ATM22.3-2.1
スキュー5.6+0.5

日経平均シリーズ

画像の説明

セミナーのお知らせ

日経平均セミナー

第1回 2015/4/11(土) 13:00-15:00 日経平均リンク債の特徴やリスクとは 匠投信投資顧問株式会社会議室
第2回 2015/4/25(土) 13:00-15:00 日経平均リンク債の特徴やリスクとは 匠投信投資顧問株式会社会議室
第3回 2015/5/23(土) 13:00-15:00 匠投信投資顧問株式会社会議室
第4回 2015/7/11(土) 13:00-15:00 匠投信投資顧問株式会社会議室
第5回 2016/9/10(土) 13:00-14:30 匠投資顧問株式会社会議室
第6回 2016/10/1(土) 13:00-14:30 匠投資顧問株式会社会議室

オプションセミナー

第1回 2015/9/12(土) 13:00-16:00 匠投信投資顧問株式会社会議室
第2回 2015/10/24(土) 13:00-16:00 匠投信投資顧問株式会社会議室
第3回 2016/3/19(土) 11:00-12:30 匠投信投資顧問株式会社会議室
第4回 2016/3/26(土) 11:00-12:30 匠投信投資顧問株式会社会議室
第5回 2016/4/16(土) 11:00-14:30 日経平均リンク債の特徴やリスクとは 匠投信投資顧問株式会社会議室
第6回 2016/5/29(日) 11:00-14:30 匠投信投資顧問株式会社会議室
第7回 2017/7/8(土) 12:00-15:00 匠投資顧問株式会社会議室
第8回 2017年9月16(土) 13:00-15:00 匠投資顧問株式会社会議室
第9回 2018年9月29(土) 13:00-15:30 匠投資顧問株式会社会議室
第10回 2019年2月23(土) 13:00-15:00 匠投資顧問株式会社会議室

【株・債券・投資信託】金融商品ごとの特徴・リスク 一覧【保険・不動産・FX】

リスクと付き合う

何に投資してるのか』というのは、つまりファンドの投資対象のこと。 日経平均リンク債の特徴やリスクとは
主に債券に投資しているのか、株式か、REITか、金や原油・農作物などの商品先物(コモディティ)か、それともこれらの商品に適当な配分で投資するバランス型なのか。。。
中には『自動運転』や『フィンテック』、『5G通信』のようにテーマを絞って関連する会社の株式に集中して投資するファンドもあります。
『フィンテック関連株ファンド < ハイテク株ファンド < 株と債券のバランス型ファンド』といった具合に投資対象を広げれば広げるほど、投信の価格変動はマイルドになりリスクも小さくなります。

どこに投資しているのか』というのは投資先の地域のことです。
つまり日本国内に投資するのか、アメリカを中心とした先進国か、ベトナム・インド・ブラジルなど新興国なのか。
先進国と新興国をミックスしたものや世界中に均等に投資したものなど、いろいろです。
先ほどと同様、『日本 < 日本&アジア < 世界』と対象範囲が広がるほど、ローリスク・ローリターンになっていきます。
日本以外の国が投資先に含まれたファンドは為替リスクも出てきます。

最後に『どう運用してるのか』ですが、これはファンドがパッシブ型なのかアクティブ型なのか ということを意味します。

パッシブ型とは日経平均株価やS&P500のような指数(インデックス)並みの成果を狙った運用方法のことです。
例えば日経平均株価を構成する255銘柄を1株ずつ買えば そのポートフォリオはまさしく日経平均そのもの。日経平均株価と連動した運用成績を残すことができます。
実際に日経255を自前で揃えるには膨大な資金が必要となるわけですが、これを数の力で解決したのがパッシブ運用型の投資信託なわけです。
別名をインデックス型と言います。

一方でアクティブ型はその名の通り、積極的に売買したり銘柄を入れ替えることでインデックスを上回る高い収益を狙う運用方法です。
ファンドマネージャーの腕の見せ所なわけですが、、現実には継続してインデックスを上回る成績を出すことは難しいようでこれまで数多のファンドが登場しては数年後に人知れず消えていきました。

投資の王道『株式』

株式も先ほどの投資信託と同様、とてもたくさんの選択肢があります。
なにせ東証一部だけで2,000社以上ありますから。
アメリカや中国など海外市場への投資も年々ハードルが下がっていますし。

投資信託では『対象・地域・運用方法』の3点がポイントだとお話ししました。
これは個別株でも同じことで、その会社が『どの業種で・どの地域で・どうゆうビジネスモデルで』稼いでいるのかが重要になってきます。
とはいえ、これをしっかり理解するのはなかなか骨が折れる作業です。
企業分析というのは人によって評価が違いますし、そもそもが正解も終わりもないですから。
そこが個別株投資の醍醐味でもあるわけですが。。

それとは別の着眼点として、企業の規模成長性があります。

企業の規模は時価総額が参考になります。
時価総額300億円未満の銘柄は小型株と言って差し支えないでしょう。(市場のほとんどは中・小型銘柄です)
小型株は流動性リスクと価格変動リスクが高い場合が多く、材料次第で大きく株価が動きます。
対して、安定した値動きを期待する場合は大型株に投資すべきでしょう。
こちらは時価総額1,000億円くらいからが目安になります。

グロース株とは成長著しい会社や業界に属する銘柄。
例えばアマゾンやグーグル、ファイスブック、、日本ならZOZOタウンを運営するスタートトゥデイや「結果にコミットする」のRIZAPグループなどなどが有名でしょうか。
時節柄、IT関連の銘柄が多いです。
今まさに株価が高騰している、今を時めくイケてる銘柄たちこそグロース株!
ただし、いったん成長に陰りが見えはじめるとそれまでの熱狂はうって変わって逃げだす投資家の悲鳴に変わります。

一方、バリュー株とは先のグロース株と比べるといささか地味な銘柄群。
地味ながらも堅実な財務や資産、確固たるブランド、持続可能な優れたビジネスモデルなどを持つ会社たちの株がバリュー株です。
有名どころを挙げると、アメリカのコカコーラやP&G、フィリップモーリスなどでしょう。日本株なら花王、JT、信越化学工業あたりでしょうか。

不景気でも好景気でも、人が鼻をかむ回数や歯を磨く回数は変わりませんよね? 不景気だからってハミガキを2日に1回に減らしたりはしません。
これがバリュー株の強みです。
企業の成長への期待に投資するグロース株投資に対して、企業の本来の価値や実力に投資するのがバリュー株投資というわけです。

リスクはレバレッジ次第『為替(FX)』

一般的にはハイリスクとみなされることが多いFXですが、実際はレバレッジ次第です。
為替自体はドル円なら1日に1%も変動しませんから。

https://hiroakio.com/fx-basics/

正直、私もまだ不動産には投資したことがないので何とも語りにくいんですが、、
いや、いつか投資したいと思ってるんですけどね。なにせお金がかかるから😩
何社か良さそうな不動産屋さんと会って 物件探してもらったりしたこともあるんですが、なかなか難しいもんですね。
今は育休中で無給中なのでローンの審査が下りないため、一時ペンディングとしています。

株なんかと比べると不動産の値動きはとってもマイルドです。
年に10パーセントとか、その程度でしょう。
さらにインカムゲインの元となる家賃なんてほとんど動きませんもんね。

不動産投資で言う『レバレッジ』とは銀行からの借入金(ローン)のことです。

なにせ不動産はこれまで紹介してきた他の金融商品と比べると圧倒的に高価ですから。
アパート1棟で数千万円から数億円してしまいます。
これを全て自己資金で賄おうと思ったら、いつまでたっても買えません。
そこで銀行でローンを組むわけですね。

もちろん銀行から借りた8,000万円は20年ほどかけて少しずつ返済します。
この月々の返済額と買ったアパートから入ってくる家賃収入の差分こそ、不動産投資のインカムゲインです。
これがマイナスなら投資としてお話になりません。
(が、そういう物件はとても多いです。飛び込みで新築区分マンションの電話営業してくるような不動産業者はだいたいそう。。)

銀行からお金を借りて投資ができるというのは大きな利点です。
「必ず値上がりする株があるから投資の元手を貸してくれ!」なんて言っても、銀行は絶対に融資してくれませんから、不動産投資ならではですね。
不動産は『投資』というよりも『アパート経営』事業としての色が濃いからでしょう。

なお、「もっとお手軽に不動産に投資したい!」という人は不動産投資信託REIT)というてもあります。

1000万円を個人向け国債で運用するといくら儲かる?利子シュミレーション

個人向け国債「固定3年」利子

※令和4年2月発行の第140回債の金利を元にシュミレーションを行いました。

個人向け国債「固定5年」の利子

固定5年の個人向け国債に1000万円を預けると、5年で25000円増える計算です。

個人向け国債「固定5年」利子

※令和4年2月発行の第130回債の金利を元にシュミレーションを行いました。

個人向け国債「変動10年」の利子

10年満期ですので、5000円x10年で5万円。変動10年の個人向け国債に1000万円を預けると、現在の金利レベルでは10年で5万円程増える計算になります。

1000万円を国債に投資するメリット・デメリット

個人向け国債の3つのメリット

1.元本喪失のリスクが少ない

2.投資に手間がかからない

3.定期預金よりも高金利

つまり1000万円を個人向け国債で運用するメリットは、 手間いらずで安全にかつ定期預金よりは高めの金利で運用できること と言えますね。

個人向け国債の2つのデメリット(リスク)

1.1年経過しないと換金できない

2.他の投資方法と比べて低リターン

さらに日本銀行は年2%のインフレ(物価上昇、物・サービスの値段が上がってお金の価値が下がること)率を目指しています。

インフレに伴う資産価値の推移

(引用:SMBC日興証券「低金利時代の資産運用」)

これを踏まえると、最低でもインフレ目標を超える年3%以上の運用をしなければ、あなたの資産はどんどん目減りすることを意味します。

ご自身の資産をしっかり守り育てるためには、 個人向け国債はあくまでも安全性の高い分散投資先の一つとして考え、3%以上のリターンが狙えるその他の金融商品と併用して運用していく必要があるでしょう 。

分散投資先におすすめ!他の運用方法も検討しよう

1.社債(しゃさい)

社債

期待年利 0.1%~1%程
始め方 銀行・証券会社・郵便局など取引金融機関で購入し満期を待つ。
メリット ・定期預金や個人向け国債と比べて金利が高め
・購入して満期を待つだけと手軽
デメリット ・発行元企業の倒産リスクがある
・最低10万円程のまとまった資金が必要

社債で一番注意したいのは発行元企業の倒産のリスク。発行元が破産した場合は元本・利息共に戻ってこないリスクがあるため、発行元の信用格付けのチェックは勿論、さらに複数企業へ分散投資しておくと安心です。

2.投資信託・REIT(リート)

日経平均リンク債の特徴やリスクとは 日経平均リンク債の特徴やリスクとは
期待年利 3%~4%程
始め方 証券会社で口座開設後、入金してファンドを購入する。
メリット ・投資のプロに運用をお任せできる
・1ファンドである程度の分散投資が可能
・少額から投資可能
デメリット ・6000本以上のファンドの中から商品を比較・選定する必要がある
・割高な手数料がかかりがち
・下落相場では利益を出しにくい

3.ヘッジファンド

ヘッジファンドの仕組み

期待年利 10%程~
始め方 運用会社に問い合わせて面談し、契約後に入金。
メリット ・投資のプロに運用をお任せできる
・1ファンドである程度の分散投資が可能
・下落相場でも利益が狙いやすい
デメリット ・まとまった投資資金が必要
・ネットでの情報収集に限りがある

【ヘッジファンドと投資信託の比較一覧】

日経平均リンク債の特徴やリスクとは
ヘッジファンド 投資信託
1.出資の募集 私募(50人未満の投資家あるいは
省令で定められた適格機関投資家)
公募(不特定多数の投資家)
2.運用方針 絶対利益追求型で、相場環境に
関わらずリターンを追求する
相対利益追求型でベンチマーク指数
を相対的に上回る運用を目指す
3.日経平均リンク債の特徴やリスクとは 投資コスト ・管理手数料(保有期間中)
・成功報酬(運用成果が出た時)日経平均リンク債の特徴やリスクとは
・購入手数料
・信託報酬(保有期間中)
・信託財産留保額(解約時)
4.最低投資額 1000万円~数億円 少額(100円~1万円程度)

ヘッジファンドは基本的に投資者の資産を運用し、出した利益に対してまとまった手数料(報酬)が引かれる成功報酬制で運用されます。

さらに、一般的な投資信託がベンチマーク(日経平均株価など)を上回ればマイナス収益でも運用成功とみなしてしまうのに対し、ヘッジファンドは相場の良し悪しや指標に関わらず常にプラスのリターンを目指す絶対収益で運用されます。

1000万円をヘッジファンドで運用する方法!おすすめ国内ヘッジファンドも紹介 プロの力で安定運用!ヘッジファンドで1000万円を資産運用するには? 1000万円以上のまとまった資産の運用先として、近年人気を集めて.

ヘッジファンド例:BMキャピタル

bmキャピタル

(日経平均リンク債の特徴やリスクとは 引用:BM CAPITAL)

  • 値動きが穏やか、かつ株価高騰の可能性を秘めるバリュー(割安)株を投資対象としており、運用が安定している
  • アクティビストとして企業価値・株価上昇を投資先企業の内部から促す活動も行っている
  • 東京大学卒業後、有名投資銀行バークレイズで経験を積んだファンドマネージャーが運用してくれる
  • 「投資初心者向けの国内投資会社」と明言する通り、面談や運用レポート内容も丁寧で初心者にもわかりやすい

BMキャピタルって実際どう?投資者目線で最新利回り・口コミ評判など解説 国内ファンドBMキャピタル (BM CAPITAL)への投資はあり?出戻り投資者目線で徹底まとめ 人生初のヘッジファンドとしてお世話に.

国債以外の投資方法も組み合わせて検討しよう

1000万投資するなら?おすすめ資産運用法7選と利回り別運用シミュレーション (2022年) 1000万円以上の資産運用では、リスクと利回りのバランスだけでなく、年齢やライフスタイルなども十分考慮した上で最適な投資先を選び、ポート.

投資初心者は必見!1000万円運用法まとめ

この度投資初心者が、 1000万円クラスのまとまったお金を運用する前に絶対に押さえておきたいポイント を外部の先生のお力も借り1記事にギュッとまとめました!

AMM(自動マーケットメイカー)とは|仕組みやリスクを解説

AMM(Automated Market Maker)とは、日本語では「自動マーケットメイカー」とも表され、一定の既定ルールに従い、自動でのマーケットメイクを可能にするシステムを指しています。マーケットメイカーとは、市場でのトレードが円滑に進むように流動性を提供する市場参加者のことであり、AMMでは、この役割を自動化およびシステム化することにより、仲介者や第三者に頼らずとも、自律的に市場に流動性が提供される環境が作り出されています。

1-2 オーダーブックとAMM発展の背景

2. AMMの仕組み

2-1 流動性プール相手のトレード

2-2 数式に基づくレート決定

一方でAMMでは、あらかじめ決定されている数式に従ってレートが決定されます。DEX外部での市場価格は関係ありません。このレート決定の数式はプロトコルにより様々ですが、本記事では最も広く知られているUniswap V2の「x*y=k(等生産量曲線;Constant Product Formula)」に即して説明していきます。

Uniswapの数式

3. 流動性の提供と報酬

先ほど「トレーダーは流動性(トークン)が貯められている流動性プールを相手にトレードする」と言いましたが、「自動」マーケットメイカーとはいえ、流動性が自動的かつ自然に貯まっていく訳ではありません。流動性を提供する役割を果たしてくれる市場参加者が存在しているからこそプールに流動性が集められるのであって、このような流動性提供者(LP; Liquidity Provider)がいなければAMM型DEXは機能できません。

3-1 手数料報酬

3-2 ガバナンス報酬

3-3 流動性提供方法

4 流動性提供のリスク

流動性提供による報酬もあれば、反対にリスクもあります。スマートコントラクトリスクなど、DeFi全体で共有されているリスクももちろん付随してきますが、DEXに特有なリスクに「価格変動損失(IL; Impermanent Loss)」があります。日本語では単に「変動損失」と呼ばれていることもあります。

現在、市場価格が「 1ETH=100ドル 」だと仮定します。DAIはステーブルコインなので、常に1DAI≒1ドルです。流動性提供の際、ペアにした両トークンの価値は同じでなければならないため、Aさんは1ETHと100DAIをペアにして、ドル換算で 合計200ドル の流動性を提供しました。Aさんは流動性提供の証拠としてLPトークンをプロトコルより受け取りました。

Aさんが1ETHおよび100DAIを預け入れたことにより、プール全体には「 10ETHと1,000DAI 」が集まったとします。前述の数式(x*y=k)に当てはめると、「x=10、y=1,000、k=10,000」となります。10ETHと1,000DAIのうち、1ETHと100DAIはAさんにより提供されているため、「 Aさんはこの流動性プールの10%のトークンを保有している 」と言うことができます。

つまりAさんのケースにて、AさんのLPトークンが示していることは、「Aさんは1ETHと100DAIをETH/DAIプールに預け入れた」ということではなく、「 ETH/DAIプール全体のうち、10%はAさんのETHとDAI 」ということです。これは、言い換えれば、預け入れた資産(ETHおよびDAI)を返してもらいたい時も、預けた分の「1ETHと100DAI」が返ってくるのではなく、「 プールのうちの10% 」がAさんの元に返却されるということを意味しています。

流動性を提供した際、Aさんが保有していたのは、プールの10%のトークンです。つまり引き出せる量も、プールの10%分です。先ほど見たとおり、Aさんが流動性を提供した時点では、10ETHと1,日経平均リンク債の特徴やリスクとは 000DAIを含んでいたこの流動性プールのトークン数は、アービトラージ取引の結果、5ETHと2,000DAIになっています。Aさんが引き出せるトークン量は、引き出す時点での10%なので、5ETHと2,000DAIの10%、つまり0.5ETHと200DAIです。市場価格が1ETH=400ドルなので、この時Aさんの元へ戻ってきたトークンの総額は、 「0.5ETH×400ドル=200ドル」と「200DAI=200ドル」 で、 合計400ドル になります。

ここで、最初にAさんが預けたトークンを思い出してみましょう。Aさんは、1ETHと100DAIを流動性プールに預け入れました。もしAさんが、この1ETHおよび100DAIを流動性プールに入れずにそのままウォレットなどで保有していた場合、Aさんが持っているであろう資産は、 「1ETH=400ドル」と「100DAI=100ドル」 で、 合計500ドル になります。流動性プールから引き出した総額が400ドルなので、流動性提供せずにそのまま保有していた方が、結果として価値が多くなってしまいます。

リスクと報酬

また最近では、自分が提供した流動性がトレードされる範囲を決定できるUniswap V3や単一トークンの預け入れが可能なBancor V2、ステーブルコインに特化することによりリスクを抑えているCurveなど、多くのプロジェクトが価格変動損失を軽減するためのプロトコル開発に取り組んでおり、価格変動損失のリスクの程度も、DEXにより大きく異なっています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる