外国為替取引を学ぶ

一目均衡表とは

一目均衡表とは
各インジケーターの基本・応用

Your access to this site has been limited by the site owner

If you think you have been blocked in error, contact the owner of this site for 一目均衡表とは assistance.

If you are a WordPress user with administrative privileges on this site, please enter your email address in the box below 一目均衡表とは and click "Send". You will then receive an email that helps you regain access.一目均衡表とは

Block Technical Data

Block Reason: Access from your area has been temporarily limited for security reasons.
Time: Sat, 18 Jun 2022 14:一目均衡表とは 46:31 GMT

About Wordfence

Wordfence is a security plugin installed on over 3 million WordPress sites. The owner of this site is using Wordfence to manage access to their site.

You can also read the documentation to learn about Wordfence's blocking tools, or visit wordfence.com to learn more about Wordfence.

Click here to 一目均衡表とは learn more: Documentation

Generated by Wordfence at Sat, 18 Jun 2022 14:46:31 GMT.
Your computer's time: .

一目均衡表の傾向、トレード手法【FXテクニカル分析】

各インジケーターの基本・応用

一目均衡表の基本を覚えたら、傾向とトレード手法、使い方を覚えましょう。

少々わかりにくいかもしれませんが、
一つ一つゆっくりと確認しながら覚え、FXテクニカル分析に活かしましょう。

一目均衡表「各線」の傾向とトレード手法

下の記事、一目均衡表の基本解説で紹介した
「転換線」「基準線」「先行スパン1」「先行スパン2」「遅行スパン」
5本の線を使った傾向とトレード方法を紹介します。

「転換線」と「基準線」による分析

転換線と基準線は 「水色」 一目均衡表とは の数字を見てください。

一目均衡表の傾向、トレード手法【FXテクニカル分析】

転換線と基準線は、移動平均線のような役割です。

また、突き抜けた後に
2つの線が、同じ方向に向かないと、強いトレンドとは言えません。
強いトレンドなのか?を見る材料に使用できます。

① はデッドクロス完成後、大きく下降しています。
クロスの完成後、2本の線は両方下向きなので、
強い下降トレンドと判断することができます。

② はゴールデンクロス完成後、大きく上昇。
これまた両線が上向きで、強い上昇トレンド判断できます。

③ はデッドクロスです。
完成後すぐは、転換線だけが下向きで、動きが定まってませんが、
両方下向きになり多少下降が大きくなりました。

両方の線が下向きになってから売りエントリーしても、
この間約2円以上の値動きがあるので、利益的には大きなものになります。

④ はゴールデンクロス。両方とも上向きで、大きな上昇。
⑤ もゴールデンクロス。④と⑤の間にデッドクロス。
⑥ はデッドクロスですね。

また、考え方は移動平均線なので、
グランヒルの法則のような、反発をすることも、もちろんあります。

このように、転換線と基準線は、移動平均線の役割と考えてOKです。

先行スパン2本による【 雲 】

一目均衡表の傾向、トレード手法【FXテクニカル分析】

① では、市場価格が雲を下抜け、大きく下降しています。
サポートラインやレジスタンスラインと同じように、抜けた方向に動く傾向があります。

このように、雲はサポートライン、トレンドラインと同じような役割です。

雲のねじれ

それは「雲のねじれ」です。

② の右下、 ⑤ の右下、 ⑦ の下
⑧ 、 ⑨ の右上など、雲がねじれて、雲の色が変わっています。

雲のねじれが生じた時は「相場に何らかの変化が現れる傾向がある」と言われています。

雲は先行スパンなので、
現在の市場価格よりも、先で表示されます。

一目均衡表の傾向、トレード手法【FXテクニカル分析】

上の画像のように、市場価格よりも先に表示されるため、
「ねじれているから何かが起こるかも?」という事を頭に入れておくだけでも、
危険察知や、大きな利益を狙うこともできます。

「雲がねじれた場合は要注意」 です。

中二病

遅行スパンによる分析

遅行スパンは「ローソク足を移動平均線と考える」とわかりやすいと思います。

遅行スパンが、市場価格(ローソク足)を上抜けたら「買い」
遅行スパンが、市場価格(ローソク足)を下抜けたら「売り」です。

また、ローソク足が「雲」を抜けた時の考え方と同様に、
「遅行スパンが雲を抜けた」時も、同じ考え方でトレードします。

一目均衡表の傾向、トレード手法【FXテクニカル分析】

遅行スパンでは 「赤」 を見てください。

一目均衡表の傾向、トレード手法【FXテクニカル分析】

① はローソク足を上抜けて、その後上昇しています。

その時の実際の市場価格は、 ② のゴールデンクロス完成後、雲を突き抜ける手前辺りです。
その後市場価格は雲を突き抜け大きく上昇しています。

② の左は、ローソク足を下抜け、その後下降しています。
その時の市場価格は ④上 の雲を突き抜ける前ですね。

② の右では、遅行スパンが雲とローソク足を上抜けて大きく上昇しています。

③ はローソク足を下抜け。
実際の市場価格は ⑥ の右上辺りの雲の上部に入り込んだ辺りです。
下抜け後、大きく下降しています。

⑤ 一目均衡表とは ではローソク足を下抜け。その後下降。
更にその後、遅行スパンが雲を抜き、更に下降が強まり、大きく下降しています。

このように、ローソク足を上抜けで買い、下抜けで売りです。
ローソク足を移動平均線として考える感じです。

そして、雲を上抜けで買い、下抜けで売りです。

一目均衡表の複数サイン

実際にトレードに活かすためには、どんなことに気をつけるべきか?
それはやはり、どの分析にも記載している「サインの重複」と「出現場所」です。

① は、デッドクロス完成と、雲を下抜けと、遅行スパンの下抜けで「トリプルサイン」です。

エリオット波動理論」で言うところの
上昇第5波とも見れますので、 完璧なサイン と言って良いですね。

【一目均衡表の使い方を徹底解説】5本のラインの見方を完全マスター!

img src=

LINE

送る

そもそも一目均衡表とは

一目均衡表とはボリンジャーバンドや移動平均線と同様、 トレンド系のテクニカル指標 である。一目均衡表という名前を見ただけでほかのインディケーターは横文字かカタカナなのにこれだけ漢字なので何だか堅く難しそうなイメージを抱くかもしれない。

この一目均衡表は昭和11年(1936年)都新聞の商況部長として活躍した 細田悟一(ほそだごいち) が考えたものである。元々これは、株式相場分析のために考え出されたインディケーターであった。

実は、この「一目」という言葉には深い意味があって、 相場は「売り手」と「買い手」の『均衡(パワーバランス)』が崩れた方向へ動く。 従って均衡が崩れた方向(トレンドが発生した方向)が一旦できると、相場の行方が『”一目”瞭然』(いちもくりょうぜん)になる、という考え方で一目均衡表は作られている。この一目均衡表という名前は、「相場の方向が一目でわかる”一目均衡表は、”一目山人”が考え出した」という二重の意味になっている。

それが株式相場ばかりでなくFXでも非常に有効な指標として使えるということで、このように有名になった。他のテクニカル指標と違うのは、価格の動きよりも 時間の概念を重視し、相場は買い方と売り方の均衡が崩れた方向に動く という考えが基本にあることだ。

実際、海外のチャートでも「Ichimoku」の名前で知られている。あなたも、メタトレーダーのインジケーター一覧の中に「Ichimoku」とデフォルトで設定されている。一目均衡表は、ローソク足による時間論から、波動論までを網羅する非常に幅の広い分析手法で、原著は4冊にも渡る大作となっている。使い方や理論は多岐に渡るので、今回は最も基本的なことのみの説明をする。

一目均衡表の5つの線と雲の基本的な見方

一目均衡表の基準線

一目均衡表は、「転換線・基準線・先行スパン1・先行スパン2・遅行スパン」の5つの線から成り立っている。

このうち、基準線はトレンドの方向を示す線で、つまり基準線が向いている方向はトレンドの方向であり、非常に重要なものとなっている。また、先行スパン1と先行スパン2に挟まれてできた部分は「雲」と呼ばれ抵抗 帯の役割を果たすものである。

一目均衡表の

この先行スパン1と2に挟まれてできた「雲」の部分は、 サポート・レジスタンス帯として機能 する。雲が厚くなっている部分は強いサポートやレジスタンスとなり、相場が反転しづらいため、押し目買いや戻り売りを狙うことが可能となる。しかし、雲が薄くなっている部分は突然抜け、トレンドの勢いが強くなりやすい傾向がある。つまり、雲のあるなしだけでなく、その厚さもトレンドに影響する。

言い換えれば、上昇トレンド時に、価格の下にある雲が厚い場合、雲に支えられ反発しやすく、買いのタイミングになり、逆に下落トレンド時には、書価格が上にある雲にぶつかって下落することが多く、売りのタイミングとなる。また、ローソク足が雲の中から雲の外へ抜けた場合は、相場の勢いが強く、トレンドが加速しやすい傾向にある。

一目均衡表の基準線と転換線の見方

転換線が基準線を下から上に抜いたときは「好転」と呼び、買いの判断となり、転換線が基準線を上から下に抜いたときは逆転」と呼び、売りの判断となる。基準線、転換線の好転・逆転は、まさに移動平均線のゴールデンクロスやデッドクロスと同一である。

遅行スパン

一目均衡表が表示されたチャートを見ると、現在の価格より少し手前までで止まっている線が遅行スパンである。遅行スパンは、 その日の終値を26日前にずらすことで、現在の価格と26日前の価格を比較する という考えのものだ。遅行スパンが現在の価格を下から上に抜いたときは、上昇サインと判断し、遅行スパンが現在の価格を上から下に抜いたときは、下落サインとなる。

「一目均衡表」の「転換線」ってなに?

まず、転換線の計算式を確認していきましょう。 ・転換線=(当日を含めた過去9日間の最高値+過去9日間の最安値)÷2 意味合いとしては、過去9日間の移動平均線と似たように考えることができます。 基準線では過去26日間が対象であったのに対し、転換線では9日間となっています。過去26日はおおむね1ヶ月程度、過去9日は営業日で考えるとおおむね2週間です。このため、基準線は中期、転換線は短期の移動平均線のようなものと捉えることができます。 それでは、転換線をチャートで確認してみましょう。以下は日経平均株価指数の日足チャートで、青色の線が転換線です。日経平均株価指数(ローソク足の部分)に対して、転換線が沿うように動いているのが分かります。

〇日経平均株価指数(日足)、一目均衡表 出典:TradingView Inc. 「TradingView」 ※解説を目的に使用しています。 見方としては、相場が転換線よりも上にあると割高、下にあると割安と判断します。

チャート上で基準線と転換線の動きを確認する

〇日経平均株価指数(日足)、一目均衡表 出典:TradingView Inc. 「TradingView」 ※解説を目的に使用しています。 相場としては大きな転換が起こった時期で、2020年2月ごろから新型コロナウイルス感染症が拡大し、日経平均株価指数は大きく下がりました。そして同年3月に底値に到達し、以降、いわゆるコロナ相場と呼ばれる上昇局面に移行していきました。 一目均衡表においては、例えばコロナショックが発生していた時期を見ると、日経平均株価指数に沿って、基準線(赤茶色)と転換線(青色)が歩調を合わせるように下がっているのが分かります。 一目均衡表とは また、底値をつけて下げ止まった後も同様に、日経平均株価指数と連動する形で、基準線と転換線が上がっているのが確認できます。 なぜ、基準線と転換線がこのような動きを示すかといいますと、基準線が過去26日間、転換線が過去9日間の移動平均線のようなものだからです。つまり、一目均衡表は、移動平均線と相場の関連性を基礎に置くテクニカル分析の手法であるといえます。

今回は、一目均衡表における転換線についてお伝えしました。端的にいいますと、転換線は9日移動平均線のようなものです。一目均衡表では、まず基準線と転換線の関係性を理解する必要があります。 次回は、日経平均株価指数の日足チャートを用いながら、相場と基準線、転換線がどのように関わっているかについて考えていきたいと思います。 出典 TradingView Inc. TradingView 執筆者:重定賢治 ファイナンシャル・プランナー(CFP)

「一目均衡表」で出てくる「ゴールデンクロス」・「デッドクロス」。どんな意味?

〇日経平均株価指数(日足)、一目均衡表 出典:TradingView Inc. 「TradingView」 ※解説を目的に使用しています。 赤茶色が基準線、青色が転換線ですが、日経平均株価指数(ローソク足の部分)に沿うように動いているのが分かります。 基準線も転換線も、移動平均線のようなものですので、相場との関連としては移動平均線と同じように考えていきます。例えば「ゴールデンクロス」、「デッドクロス」の考え方です。 上のチャートでは、2020年2月ごろから日経平均株価指数は下落し始めました。この時、日経平均株価指数が基準線と転換線を上から下に交差し、抜けているのが分かります。それぞれの交差点がデッドクロスです。 逆に、コロナショックが終わり、その後、上昇局面に転換していくタイミングでは、日経平均株価指数が基準線と転換線を下から上へ交差して抜けているのが分かりますが、この交差点がゴールデンクロスです。 考え方としては、一定期間の平均価格などを表す移動平均線と同じように考えていくため、投資判断としては、デッドクロスが現れた後は売りシグナル点灯、ゴールデンクロスが現れた後は買いシグナル点灯、となります。

基準線と転換線の関係性

もう一つ、一目均衡表では、基準線と転換線の間にどのような関係があるのかを見ていく方法があります。これについては、移動平均線同士がどのように関わっているかを見るのと同じ方法です。 今度は基準線と転換線の2つだけに着目して、先ほどのチャートをもう一度見てみましょう。 先ほどと同様にコロナショックが始まった辺りを見ますと、日経平均株価指数が下げ始めたタイミングで、転換線が基準線を上から下に抜けているのが分かります(以下チャートの2020年2月部分の丸囲み)。 この時、基準線と転換線においてデッドクロスが発生しました。デッドクロスは、1つの線がもう1つの線を上から下に交差し、抜ける過程で現れますが、基準線と転換線においても適用することができます。 一目均衡表には、相場の転換シグナルとして「三役逆転」という考え方がありますが、転換線が基準線を上から下に抜けるデッドクロスが三役逆転完成の条件の1つとなっています。三役逆転については今後、改めて解説していく予定です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる