テクニカル分析

個別コインを買わずに投資を可能に

個別コインを買わずに投資を可能に
仮想通貨・FX

ホテル株が堅調 ハイアットが夏の旅行シーズンの堅調推移を見込む=米国株個別

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 個別コインを買わずに投資を可能に 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 個別コインを買わずに投資を可能に 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「 証券取引等監視委員会への情報提供 」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

仮想通貨関連株が下落 ビットコインが再び3万ドル割り込む=米国株個別

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「 証券取引等監視委員会への情報提供 」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

前日に「買われた株!」総ザライ ―本日につながる期待株は?―

アイドママーケティングコミュニケーション [東証S]が急騰、年初来高値を大幅に更新した。9日午前11時に、シャープ [東証P]及びシャープマーケティングジャパンが提供するデジタルサイネージ配信ソリューション「e-Signage S クラウドサービス」に、同社グループのニューフォリアのデジタルサイネージ視聴分析ソリューション「Vision Eye」が採用されたと発表。同サービスは「e-Signage S クラウドサービス」のコンテンツ再生ログと「Vision Eye」のカメラと画像認識エンジンによる視聴分析データを連携し、デジタルサイネージに表示されるコンテンツごとの視聴分析まで行うことができるという。デジタルサイネージ視聴分析のオプションサービスとして6月16日から提供を開始する予定だ。

■エネチェンジ 797円 (+100円、+14.4%) ストップ高

ENECHANGE [東証G]がストップ高。同社は消費者向けの電力・ガス切り替えプラットフォームの運営や、エネルギー会社向けクラウド型デジタルトランスフォーメーション(DX)サービスなどを行っている。8日取引終了後、三井住友信託銀行が海外特化型の 脱炭素エネルギーファンド「Japan Energy Capital 2号ファンド」に出資することを発表、これを材料視する買いが集中する格好となった。同ファンドはエネチェンジが運営に参画し、海外での脱炭素ベンチャー投資に特化した運用を行っている。

■ミライアル 2,124円 (+224円、+11.8%)

■ナノキャリア 266円 (+27円、+11.3%)

ナノキャリア [東証G]が急反騰。9日午後0時40分ごろ、開発を進めている遺伝子治療用製品「VB-111」について、導入元であるイスラエルのヴァスキュラー・バイオジェニックス (VBL社)が今後のスケジュールを更新したと発表。なかで、トップラインデータの読み出しを7-9月期に行う予定としており、これを受けて開発動向に対する期待が高まったようだ。このトップラインデータでポジティブな結果が得られた場合、VBL社は23年上半期に米国食品医薬品局(FDA)に生物製剤承認申請を行う予定にあるという。会社側では、FDAの動向を見極めながら、国内における製造販売承認申請までの加速化に取り組むとしている。

■ユビAI 462円 (+46円、+11.個別コインを買わずに投資を可能に 1%)

ユビキタス AIコーポレーション [東証S]が続急騰。同社は9日、IoT機器の開発と市場投入までの期間を50%短縮することが可能なソフトウェアパッケージを開発したと発表しており、今後の業容拡大を期待した買いが入ったようだ。今回開発した新製品「Ubiquitous RTOS IoT Enabler」は、基本ソフト(OS)やネットワーク、セキュリティーなどの移植や開発作業を不要にし、開発効率の向上と市場投入までの期間短縮を実現するもの。同製品を用いることで、3ヵ月未満でIoT機器の開発を行うこともできるという。

■メディシノバ 345円 (+32円、+10.2%)

■BEENOS 2,179円 (+194円、+9.8%)

東証プライムの上昇率4位。BEENOS [東証P]が急反発。同社は8日、グループが手掛ける越境EC支援実績が4月末時点で累計3000件を突破したと発表。同社グループは2008年から子会社が提供を開始した海外転送サービス「転送コム」を皮切りに、海外向け購入サポートサービス「Buyee」やタグ設置のみで海外販売を可能にする「Buyee Connect」などを通じて国内企業の越境ECへの挑戦をサポートしている。

■エーアイ 998円 (+86円、+9.4%)

■タカトリ 2,596円 (+198円、+8.3%)

タカトリ [東証S]が急反発。そのほか、テセック [東証S]、サムコ [東証P]、東京エレクトロン デバイス [東証P]、豊田合成 [東証P]といった パワー半導体分野に展開する銘柄群に物色の矛先が向いた。ここ大手半導体関連企業のパワー半導体分野への積極的な投資が目立っている。直近では、ローム [東証P]が年内に福岡で新工場を稼働させ、26年3月期までに従来計画比3倍となる最大1700億円を次世代パワー半導体の増産投資に充てると報じられたことで、関連銘柄への注目度が改めて高まったようだ。タカトリは5月末にパワー半導体向けSiC材料を切断加工する装置の大型受注(約80億円)を獲得したことを発表し、翌日から株価は急騰局面に突入した経緯がある。

■T・SCAT 379円 (+25円、+7.1%)

■ジーニー 1,013円 (+65円、+6.9%)

ジーニー [東証G]が続急伸。8日の取引終了後、Google Cloud Partner Advantageプログラムにおいて、Google Cloud Buildパートナーの認定を取得したと発表しており、これを好感する買いが入った。Google Cloud Buildパートナーは、Google Cloudと統合またはGoogle Cloud上で実行されるソリューション開発に十分な実績を持つパートナーを対象とした制度。今回の認定取得により、Google Cloudの利用や導入をより幅広くサポートできるようになったとしており、受注獲得への貢献が期待されたようだ。

■ITbook 545円 (+32円、+6.2%)

ITbookホールディングス [東証G]が続急伸。同社をはじめ、クロスキャット [東証P]、BIPROGY [東証P]、フライトホールディングス [東証S]などマイナンバー関連に位置付けられる銘柄に物色の矛先が向いた。岸田政権が打ち出す骨太の方針では、医療資源の効率的活用もリストアップされており、そのためには医療サービスのデジタル化が喫緊の課題となる。有力視されるのはマイナンバーカードの活用で、健康保険証の機能をマイナンバーカードに付加した「マイナ保険証」の普及を目指す構えにある。そのなか、マイナ保険証の利用に必要なシステム導入を2023年4月に原則義務化する方針を掲げており、同システム構築に際して収益機会が広がる銘柄に投資資金が向かったようだ。

■ブイキューブ 1,070円 (+59円、+5.8%)

ブイキューブ [東証P]が5日続急伸。8日の取引終了後、動画やオンライン通話の従来のコミュニケーション方法に、地図を使った視覚的機能を加えた「V-CUBE コミュニケーションマップ」を7月から提供開始すると発表しており、これが材料視された。「V-CUBE コミュニケーションマップ」は、リアルタイムな情報共有を支援する自治体など向けの防災DXソリューション。従来の地図を使った災害対策システムと同社のオンラインコミュニケーションの強みを融合させることで、デジタル地図上で効率的な事案対応が行えるようになるという。

■Bガレージ 2,855円 (+152円、+5.6%)個別コインを買わずに投資を可能に

■トレファク 1,155円 (+61円、+5.6%)

■メルカリ 2,239円 (個別コインを買わずに投資を可能に +104円、+4.9%)個別コインを買わずに投資を可能に 個別コインを買わずに投資を可能に

■INPEX 1,807円 (+57円、+3.3%)

INPEX [東証P]が大幅高で5日続伸。株価は株式分割を考慮した実質で2010年4月以来、12年2ヵ月ぶりとなる1800円台に乗せてきた。8日の米原油先物相場はWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)の7月限が前日7日比2.個別コインを買わずに投資を可能に 70ドル高の1バレル=122.11ドルに上昇。一時、123.18ドルと3月初旬以来、3ヵ月ぶりの高値圏に買われた。米ガソリン在庫が減少したほか、中国の経済再開に伴う原油需要拡大への思惑が広がった。この原油高を背景に石油資源開発 [東証P]も5日続伸し、3700円台と15年11月以来の高値圏に買われた。

■AIクロス 940円 (+27円、+3.0%)

AI CROSS 個別コインを買わずに投資を可能に [東証G]が大幅続伸。同社は9日、日立製作所 [東証P]が推進する「Lumada アライアンスプログラム」に参加すると発表。「Lumada アライアンスプログラム」は、デジタルソリューションの創生と流通、利活用の循環によって継続的に社会課題の解決に参加パートナーとともに取り組むもの。同社は自社が長年培ってきたコミュニケーション基盤(メッセージング配信基盤)やAI技術(自然言語処理、予測系AI)と同プログラムでの取り組みをあわせることで、これまでに顕在化していなかった企業内のコミュニケーション課題の解決につながるとみている。

■日テレHD 1,306円 (+37円、+2.9%)

■アスカネット 1,060円 (+25円、+2.4%)

アスカネット [東証G]が続伸。8日に、同社が開発した空中結像を可能にするプレート「ASKA3Dプレート」を搭載した非接触ホログラフィックエレベータ操作端末が米国クリーブランド・ホプキンス国際空港に設置されたと発表。同端末は、ASKA3Dの販売代理店であるYesar Electronics Technology(中国)が開発し、CSA認証を取得しエレベーターメーカーの製品テストをクリアしたもの。今後エレベーターメーカーと協力して多くの市場に展開することで公共の場での感染防止に寄与するとしている。

草コインの買い方と注意点、詐欺コインの見極め方を徹底解説

詐欺コインの見極め方

仮想通貨・FX

仮想通貨の『草コイン』とは?

草コインとは、端的に言えば「有名ではない時価総額の低い仮想通貨」のことを指します。

仮想通貨は大きく2つに分類されており、ビットコインかそれ以外か(アルトコイン)です。

草コインの探す3つの方法

  1. 仮想通貨のデータまとめサイトで探す
  2. PancakeSwapなどのDeFiで探す

仮想通貨のデータまとめサイトで探す

CoinMarketCap

中でも非常に使いやすく、扱っている通貨数も多いのはCoinMarketCapでしょう。

他にも似たようなサイトは存在し、CoinGeckoも有名なサイトの一つです。

またCoinAlphaや、PooCoinなども草コインの情報を扱っていますが、日本語対応していない上に詐欺コインも多く扱っているため注意が必要です。

PancakeSwapなどのDeFiで探す

そのため、PancakeSwapやUniSwapで公式に扱っている通貨から探すのも一つの手段でしょう。

pancakeswap

Token Snifferで探す

TokenSniffer

更には、既に認知している詐欺・ハッキングリストなどのリストや、その通貨の流動性、契約の情報などを元にその仮想通貨が詐欺コインであるかどうかをスコアリングして表示してくれます。

草コインの購入方法

DEXで購入する

購入方法は分散型取引所で、仮想通貨のトークンアドレスを入力し、任意の仮想通貨と交換する必要があります。

バイナンス

  1. イーサリアム、もしくはバイナンスの仮想通貨を購入する
  2. 購入した仮想通貨をウォレットに送金する
  3. ウォレットとDEXをリンクする
  4. DEXでイーサリアム・バイナンスを草コインに交換する

・取引所で扱っていない「草コイン」の買い方・「草コイン」購入時の注意点 草コインの概要 草コインとは? 仮想通貨は「ビットコイン」か「ビットコインではない通貨」で分類されます。(俺か、俺以外かみたいですね) 「ビットコインではない通[…]

草コインの購入方法徹底解説

草コイン購入時の注意点

そのため、悪いハッカーたちが「買ったのに売れない仮想通貨」や「取引履歴にはあるのに、ウォレットに反映されない仮想通貨」などを販売し、詐欺行為を働いていることがあります。

このような詐欺目的で作られた仮想通貨は詐欺コインなどと呼ばれます。

詐欺コインの見極め方

TelegramやDiscordなどのコミュニティに参加する

まず購入前に必ずTelegramDiscordなどにあるコミュニティに参加しましょう。

それぞれの仮想通貨には必ず、その通貨に関する情報交換や意見交換ができるコミュニティが存在します。

ちなみに私が参加した詐欺コインのTelegramグループでは、参加者の発言の許可がされておらず、グループオーナーのみが発言できる状態でした。

Token Snifferで安全性を確認する

Google・Twitter・redditで調べる

仮想通貨の詐欺サイトって!?

詐欺サイトに引っかかるとどうなる?

仮想通貨取引において、絶対に他人に奪われてはいけないものは『シークレットリカバリーフレーズ』と『秘密鍵』です。

使用しているウォレット以外で『シークレットリカバリーフレーズ』か『秘密鍵』の入力を求められたら、必ず詐欺サイトだと疑いましょう

ちなみに通常のウォレットアドレスは入力しても問題ありません。ウォレットアドレスは『公開鍵』と呼ばれるため、公開鍵を知っていれば誰でもそのウォレットの中身を覗き見ることができます。

FX自動売買やってみた!不労所得になるか検証!大学生にもおすすめ?

みんなのFXの自動売買で+5,520円の利益💰トータルの利益が10万円いきそう。
ほったらかしでOK。システムを選ぶだけなので楽。詳細はブログで解説してます👇https://t.co/iYwoNVrAyD pic.twitter.com/6iwm3BD117

— タクスズキ@投資収入をブログで公開(セミリタイア&分配金などの利益は固定ツイ、プロフ文で。FIRE) (@TwinTKchan) December 21, 2020

サイトでは、いろんな自動売買での実績があり、資金が数倍になったこともわかります。

みんなのシストレの実績


(100万円が400万円以上になった事例も)

ユーザーの6割がFX初心者

トライオートFXでは、ユーザーの6割が初心者ながら、+100%ほどのリターン実績も出ています

トライオートFXのハーフ

スクリーンショット 2021 07 04 12 41 36

中には、+188%とハイリターン実績も発表されています。

スクリーンショット 2021 07 04 12 42 05

お金をもらえてお得!やり方も知る方法

自動売買で不労所得を得るのは可能ですし、仕組みや稼ぐコツ、やり方は特別レポートで解説しています

トライオートFXのレポート 2

トライオートFXの口座を無料で作るともらえて、当サイト限定のキャンペーンで53,000円もらえてお得なので、ぜひチェックしましょう!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる