トレーダーが解説

利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは

利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは
(参考:所得税率表)

米イェール大学の基金運用事例

政策アセットミックスにおいての注目点は、 利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは 利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは プライベートエクイティと不動産の非流動性資産が過半数を占めています。 またインフレーションに対してのヘッジが期待できる実物資産(不動産と天然資源)には全体の約30%の資産を配分しており、伝統的な投資対象である国内外の株式・債券は合わせても20%弱となっている。 イェール大学基金は過去20年間において積極的に米国内の株式・債券といったアセットクラスから、プライベートエクイティ・不動産や天然資源といったアセットクラスへの比重を拡大させており、1991年時に53%の資産配分をされていた米国内の株式・債券は2011年時では11%となっている。 代替資産と呼ばれる"オルタナティブ資産"においては全体の80%に達しており、もはや代替資産ではなく主力資産といえる。

このような政策アセットミックスを実現している理由として、イェール大学基金の方針としての"長期にわたる持続的な基金の存続"という大命題を達成するための科学的・学術的なアプローチにある。 長期間の持続的な基金存続に必要な条件として、"インフレーションへのヘッジ"と"市場平均よりも高いリターン"が大前提になっており、その為に株式や債券市場などの"流動性は高いが短期の市況に左右され大きな利益を上げる機会の少ないアセットクラス"よりも、"流動性が低くとも経済サイクルや市場の非効率性を捉え、積極的な投資運用による利益の最大化が可能なアセットクラス"が適しているという考えがもとになっている。 こういった基金の性格から、プライベート・エクイティや不動産といった長期の投資サイクルを必要とし流動性は低いが優れた運用会社を通じることで高いリターンを期待できる非流動性資産と、天然資源や不動産といったインフレーション感応型の資産が60%を超える政策アセットミックスとなっている。

さらに詳しく踏み込んで、 イェール大学基金が分類する7つのアセットクラスと、各アセットクラスに対するイェール大学基金の考察は以下になります(以下英語アルファベット順)
1.対収益 Absolute Return) - 政策アセットミックス 17% いまでこそ市場に浸透しているヘッジファンドやマーケットニュートラルといった絶対収益戦略とは、そもそもイェール大学が1990年に機関投資家として初めて採用したことことから知られるようになった運用手法(資産クラス)です。 1990年当初は15%の運用資産を絶対収益クラスに配分し、2011年では17%となっている。(注目としては2011年時点での他の大学などの教育基金の絶対収益クラスへの平均資産配分は23.7%) この資産クラスにおいては市場の非効率性を投資機会として長期的に高いリターンを上げることを目標としており、投資の半分は"イベント・ドリブン型"の企業の合併、スピンオフ、破産・更正といった市場イベントを活かしてから利益を上げる戦略へ、もう半分は"バリュー・ドリブン型"の本来の価値から乖離してい資産の価格を利用した戦略へ振り分けている。各戦略ともに外部の運用会社を通じて投資している。 各戦略ともに期待利益は6.0%、変動リスクはイベント・ドリブン型は10.0%・バリュー・ドリブン型は15.0%を見込んでいる。

2.米国内株式 Domestic Equity) - 政策アセットミックス 利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは 7% 他の米大学などの米教育基金の米国内株式への平均資産配分は18.0%だが、イェール大学基金はわずか7.0%を米国内株式へ配分している。イェール大学基金の米国内株式への期待利益は6.0%、変動は±20%を想定している。 運用手法としては、広くブルーチップと呼ばれる優良株式にバスケット投資するのではなく、企業価値よりも割安な株価の企業への投資をすることに長けている運用会社などを好む。

3.債券および現金 (Fixed Income) - 政策アセットミックス 4% 米国債などの国債については、突然の経済市場におけるアクシデントやデフレーションといった事態においては有効な投資対象と評価しながらも、イェール大学はほとんど興味を示していない。資産配分は現金とあわせても全体の僅か4.0%となっている。(他の米教育基金は平均12.4%) 期待利益は2.0%、変動リスクはは10.0%を見込んでおり、ベンチマークにはバークレイズ・キャピタル米国債1-5年インデックスを採用している。

4.外国株式 (Foreign Equity) - 政策アセットミックス 9% 全体の9%が配分されている外国株式の内、4.0%が先進国株式、2.5%が新興国(エマージング)株式、2.5%が中国・インドを中心とした長期間の株式の集中保有によって利益を期待できる海外のオポーチュニスティな株式、といった配分になっている。 他の米教育基金の外国株式への政策アセットミックスは平均19.5%。 先進国株式の期待利益は6.0%で変動リスクはは20.0%、新興国(エマージング)株式の期待利益は7.0%で変動リスクはは22.5%、ベンチマークにはモルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)の各市場のインデックスを採用している。

5.然資源 (Natural Resource) - 政策アセットミックス 9% イェール大学基金の分類する天然資源資産とは、石油、ガス、森林木材、金属、鉱物といった資産。 インフレーションに対して有効なインフレ感応資産、実需にもとづいた高いキャッシュフロー、多様性といった特徴を高く評価している。 基金の資産の9%を天然資源に充てており、期待利益は6.0%で変動リスクは13.6%と評価している。 また優れた運用マネージャーを通じることによって、長期の市場サイクルの中の価格の非効率性から大きな利益をあげられる資産クラスとしている。

6.プライベートエクイティ (Private Equity) - 利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは 政策アセットミックス 34% 政策アセットミックスのうち最大の34%を占めるプライベート・エクイティに対しては、『基金にとって最も必要な、長期のリスクを調整し利益を上げる事のできる究極に魅力的な投資対象』と評しており、1991年の投資開始以来の平均投資リターンは年間30.3%を記録しているイェール大学基金の政策アセットミックスの柱。 ゆえにイェール大学基金のプライベートエクイティ投資は最高の実績をもつ機関投資家向けPE投資モデルとして、ハーバード大学をはじめとした数多くの機関投資家向けの研究ケーススタディに引用されるなどしている。 プライベート・エクイティ投資に対しての期待利益は10.5%で変動リスクは27.利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは 利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは 7%と評価しており、プライベートエクイティにはベンチャーキャピタルファンド、バイアウトファンドなども含まれる。 投資手法としては、パートナーシップ型のファンドへ出資を行う形態によって投資しており、長期的に投資先企業と信頼関係を築き企業価値を上昇させることのできるバリューアッド型の運用ファンドを採用している。 運用会社選定の特徴としては、利益の相反と人員の不定着性への懸念から金融機関がスポンサーをしている運用会社のファンドへの投資は行っていない。

7.不動産 (Real Estate) - 政策アセットミックス 20% プライベートエクイティに次ぐ20%を投資配分する不動産はイェール大学の目指す長期の基金運用には不可欠のアセットクラス。 長期間に渡って安定したインカム(賃料収入)と、インフレーションをヘッジしながらも将来的な値上がり益を享受できる利点がイェール大学基金の長期運用戦略をプライベートエクイティ・天然資源と補完し合い支えている。 規則的な市場サイクルを持った資産であり、優れた運用マネージャーを通じて各市場・各サイクルの決定機を捉えバリューアップすることにより多大な付加価値を加えることが可能ながらも、安定した固定収入も期待することが可能な資産として、長期運用においては大きな意味を持つ資産クラスとしている。 不動産へは1978年の投資開始以来、年平均12%のリターンを記録している。期待利益は6.0%で変動リスクは17.5%と評価している。 他資産と比べて不動産の取引には、長い期間、コスト、専門的知識といった固有の要因があるため、優れた経験と能力を持つ運用会社を選定することが鍵としている。

各アセットクラスに対するイェール大学基金の考察は以下になります。 全体の特徴としては、長期運用に特化したアクティブなポートフォリオといえる 従来の伝統的資産である米国債や現金といった資産には手元流動性資金程度の配分(4%)しか行っておらず、 国内外の株式へは市場の非効率性を捉える投資運用(16%)、 市況に関係なく収益を目指す絶対収益資産には(17%)、 残りの(63%)をプライベートエクイティ、不動産、天然資源といった、『インフレーション感応型』、『市場サイクル型』、『長期運用型』といった3つの要素を各資産クラスが補完しあうように配分しており、 『インフレーション』、『市場サイクル』、『長期運用』といった3大元素が、恒久的な基金の存続を目指すイェール大学基金の運用戦略を構成している。

Source / 情報提供 : イェール大学基金

Edited & written by Yukihiko Ito (伊藤 幸彦)

本記事は弊社ニュースレター『海外年金 & SWFのオルタナティブ投資News』2012年10月2日版のものです。 本記事に関しましてのご質問またはお問い合わせは[email protected]利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは comまでお願いいたします。

【2022年最新】米ドル円の予想見通しは?円安はどうなる?今後の推移を分析

kazu

GMOクリック証券のスプレッドは国内取引所の中でも非常に狭く、国内でもトップクラスの水準を誇っているのが特徴。スプレッドは買値と売値の価格差を表しており、これが実質分の取引手数料として取引のたびにかかるので、スプレッドが狭いことはトレーダーにとって大きなメリット。
取引ツールは使いやすく、サポート体制も整っているので初心者の方でも取引を始めやすいGMOクリック証券。早速口座季節をしてドル円を始めとした為替取引を始めてみましょう。

②外為オンライン

外為オンライン_訴求画像

利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは
口座 外為オンライン
最低取引単位 1,000通貨
通貨ペア数 26
取引ツール iPhone、Android、PC対応
ドル円スプレッド 0.9銭
ユーロドルスプレッド 1.4pips
ポンド円スプレッド 3.4銭
ドル円
スワップポイント
売り-35円買い0円
トルコリラ円
スワップポイント
売り-45円買い45円
デモ口座の有無
サポート体制 平日9~17時電話対応

外為オンラインは国内でも長く為替取引サービスを提供している取引所で、優秀な取引ツールやセミナーなど幅広い層が利用できる様々なサービスが特徴になっています。

また、為替取引に慣れていない方向けに自動売買ツールである「iサイクル2取引」という自動売買ツールも用意しています。こちらの取引ツールを使えばドル円のような為替ペアをツールが取引してくれるので、自分で取引する必要もありません。

口座 IG証券
最低取引単位 10,000通貨
通貨ペア数 101ペア
取引ツール ブラウザ・iOS
Android
ドル円スプレッド 0.2銭
ユーロドルスプレッド 0.4pips
ポンド円スプレッド 1.0銭
ドル円スワップポイント 売り-7円買い-7円
トルコリラ円スワップポイント 売り-51円買い38円
デモ口座の有無
サポート体制 平日8時から21時
祝日8時から20時
電話対応

IG証券ではノックアウトオプションを提供しており、予めノックアウト価格(強制決済価格)を定めることによってオプション料さえ支払えば、レバレッジ25倍よりも大きな取引ができます。そして、強制決済価格を定めているので追証が発生しません。

個人事業を法人化するメリット・デメリットがすべてわかる!

個人事業を法人化するメリット・デメリットがすべてわかる!

個人事業を法人化するメリット・デメリットがすべてわかる!

(参考:所得税率表)

利益が増加するにつれて段々と税率があがっていき、最終的には最高税率が55%となります。半分以上が税金で消えてしまう人もいるのですね。

これに対して、法人の利益に対しては「法人税」がかかります。この法人税は個人の所得税と違い、利益に比例した増え幅が少なく、ほぼ一定率となります。

<参考:法人税の税率>

  • 利益が400万円以下の部分=約21.4%
  • 利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは
  • 利益が400万円超~800万円以下=約23.2%
  • 利益が800万円超=約34.3%

簡単にまとめますと、個人事業主で、かかる所得税率が法人税率よりも高くなれば法人化した方が税金的に有利ということになります。その目安となる個人事業主の利益が500万円です。また法人化することで、個人事業では受けることができなかった様々な税務上の恩恵を受けることができるようになります(本記事中で紹介)。

《個人事業主が法人化を考える年間利益額ズバリ教えます!》

  • 個人事業の年間利益が500万円以下の場合:法人化による節税メリットはなく、逆に不利になります。
  • 個人事業の年間利益が500〜700万円の場合の節税目安額:30〜70万円程度
    有利になる人と不利になる人が分かれます。一度税理士に相談にいきましょう。
  • 個人事業の年間利益が700〜1,000万円の場合の節税目安額:70〜120万円程度
    ほとんどの個人事業主の法人化が有利となります。法人化によるデメリットも考慮しながら法人化を前向きに検討するとよいでしょう。
  • 個人事業の年間利益が1,000万円以上の場合の節税目安額:100万円以上
    個人事業主のままでは損をしてしまいます。一刻も早く法人化を検討するとよいでしょう。

2.個人事業主が法人化する節税メリット

2-1.給与所得控除の恩恵が受けられる

サラリーマンは給与を会社から受け取る時に「給与所得控除」といって一定額が差し引かれた後の収入に所得税がかかります。しかし個人事業主は売上から経費を差し引いた利益に対して所得税がかかるため、サラリーマンのような給与所得控除の恩恵を受けることができません。

しかし法人化によって個人事業主が自ら社長になり役員報酬を支給することで、給与所得控除の恩恵を受けることが可能となります。

個人事業を法人化するメリット・デメリットがすべてわかる!

(参考:給与所得控除表)

個人事業を法人化するメリット・デメリットがすべてわかる!

<具体的な節税効果例>
個人事業主として1,000万円の売上、400万円の経費、600万円の利益がある人が法人化して利益の600万円を役員報酬として支払ったケースを見てみましょう。

2-2.家族に役員報酬を支払うことができる

法人成りのもう一つのメリットとして家族を役員にして給料を支払う所得分散効果があります。所得税は所得の額に比例して大きくなります。そのため社長一人で全額を受け取るのではなく家族に給料を分散することで、所得税の税率を抑えながら給与所得控除の恩恵を受けることができます。

2-3.2年間消費税を支払わなくてすむ

個人事業を法人化するメリット・デメリットがすべてわかる!

法人は「2期前の売上が1,000万円以上あれば消費税の納税義務が生じる」と定められています。原則として設立1期目と2期目は「2期前の売上」がないため、消費税がかからない免税事業者となるのです。

個人事業主ですでに売上が1,000万円以上あれば、法人化するだけで2年分の消費税が免税されるため大きなメリットなります。

60万円{(1,500万円―750万円)×8%}

2-4.赤字を9年間繰り越すことができる

この赤字になった場合の損失の繰り越しが、法人であればなんと「9年間」も繰り越すことができます。

2-5.生命保険を経費にできる

しかし法人で生命保険に加入すれば、保険の種類にもよりますが支払い保険料の全額~半額を経費処理することができます。

3.個人事業主が法人化するデメリット

3-1.社会保険に加入しなければならない

しかし法人化によって株式会社を設立した場合、たとえ社長1人であっても役員報酬を支給する際には社会保険への加入が義務付けられています。社会保険料は厚生年金と健康保険料の2つを会社と従業員が折半で負担する仕組みです。

個人事業を法人化するメリット・デメリットがすべてわかる!

例えば月額30万円の給与を支払っている時の負担をみてみましょう。

社会保険に加入していなかった個人事業主にとっては、上記の「会社負担分」が追加コストになります。従業員にとっても強制的に社会保険に加入させられることによって手取額が減ってしまいます。

3-2.会社設立時に費用が約20万円かかる

この最低資本金1,000万円というのは昔の制度で現在は撤廃され、資本金が1円から株式会社を設立することができます。

株式会社設立に必要な費用=資本金(自由)+20万円

3-3 利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは 赤字でも毎年7万円の住民税が必要

3-4.決算作業・法人税申告の事務負担が増加する

個人事業主であれば、毎年の確定申告を税理士に依頼せずに自分でやっている人も多いかもしれません。しかし法人化すると、毎年会社の決算を組んで法人税申告書を作成する必要が生じます。

一般的には会社の売上や規模によって顧問税理士報酬が決まりますが、少なくとも年間30万円以上の税理士費用がかかると考えておいた方がよいでしょう。このような税理士報酬も法人化によるデメリットの一つではありますが、トータルでみれば節税効果が大きい方法ですので適切な決算・法人税申告を行うことは重要ですね。

4.会社形態は株式会社がおススメ

この4つの会社形態の内、大半の人が1の株式会社形態を選択するため他の形態での解説は省略しますが、株式会社に最も近い法人形態としては2の合同会社があります。LLCと言われることもあり、知っている方も多いでしょう。

5.年間500万円以下の利益でも法人化するメリットはある!

(1)対外的な信頼性が増す
個人事業と株式会社であれば対外的には株式会社の信頼性が高いといえます。今後の事業拡大において取引先への営業等が必要な場合には、個人事業ではなく株式会社形態が最終的には事業の拡大に貢献することもあります。

(2)採用活動が行いやすい
事業が拡大してきて人を雇用するようになった時には採用活動を行います。その際にも個人事業主よりも株式会社の方が採用しやすいというメリットがあります。働く側も信頼できる職場で働きたいという考えがあり、会社形態の方が優秀な人材を集めやすいでしょう。

(3)融資を受けやすくなる
事業拡大の際に銀行から融資を受けることがありますが、そんな時にも株式会社の方が銀行の審査に通りやすいというメリットがあります。金融機関としても会社組織として事業を行っている点を評価してくれるためです。

(4)モチベーションになる
会社を設立すると創業者は「代表取締役」という肩書がつきます。自分が会社の代表だという意識を持って事業に取り組むことでモチベーションのアップにつながります。たとえ利益が500万円をきっていて税金的には不利でも、いつかは事業を拡大して頑張っていこうと考えて最初から会社形態で事業をスタートする人もいます。

また、「会社設立までは自力で行いたい」という方は、マネーフォワードやfreeeを使って会社を設立すると、設立費用が自力で設立するよりも安価に済むケースがあるので確認しておくと良いでしょう。

レベニューシェア

レベニューシェアとは、企業間で協力して事業を行い、収益をあらかじめ決めていた配分率に応じて企業間で分配する収益モデルです。レベニューシェアは近年、リスクを低減させるための契約形態として、特にECサイトやゲームソフト、e-ラーニンングシステム、予約システムなどのIT・Web関連のシステムやアプリケーションの開発プロジェクトにおいて多く用いられています。
通常、システムを開発する際には、発注側と受注側の2社以上の企業によってビジネスが進められますが、レベニューシェアではその際、受注側は発注側から開発費用を契約費として受け取る仕組みではなく、受注側が費用を負担して開発を行い、開発後に運用・販売されるサービスから得られる利益を、受注側と発注側とで分配します。
このような、発注側と受注側がリスクを共有することで、成果報酬型で行われる契約のことを「レベニューシェア契約」と呼びます。一方、一般的に広く採用されている、開発費を固定で支払う契約のことを「委託契約」と呼びます。

レベニューシェアが求められる背景

IT・Web関連のシステム開発やアプリケーション関連ビジネスは、開発の工数やコストが必要になる一方で、それらが実際に稼働するか、あるいは事業化につながるかといったことに不確実性があります。レベニューシェアは、そのような状況下で受注側と発注側の両者にメリットをもたらします。
まず発注側にとっては、開発にかかる初期費用を抑えることができますし、配分率以上の追加費用を支払う必要がありません。また、基本的には成果報酬型の契約となるため、受注側にとっても固定的な開発費用を受け取るよりも多く、かつ継続的な収入を得ることができます。また、システム開発が当初の想定通りに進まない際にも、契約で固定的に支払われた開発費用から追加の費用を負担せずに済むため、自社だけで開発費用を負担する場合に比べて損失を負うリスクが大幅に減るといったメリットがあります。さらに、成果報酬型の契約のため、開発に対するモチベーションを維持できることもメリットの一つです。

「レベニューシェア」は、IT業界で多く見られる契約形態

不動産業界でも「レベニューシェア」契約が行われている

代理店とレベニューシェア契約を締結する事例

レベニューシェアにおける相場

結果から述べると、発注者側が何割で受注者側が何割といった相場はなく、実際にレベニューシェア契約を締結する事業者間ごとに比率は異なります。
これはビジネスによってお互いの仕事内容やかかる費用が変わってくるため当然のことと言えますが、しかしレベニューシェアの相場の考え方として、想定内の収益が発生した場合には、受注者側が外注費よりも高額な報酬を受け取れるように調整することが基本的な考え方となります。 利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは
この基本的な考え方をする理由としては、レベニューシェアを行う場合は発注者側だけが負うはずの「事業がうまくいかなかった場合のリスク」を受注者側も負うことになることが理由となります。
また報酬を決定する段階で、両者の仕事配分についても決めておくことも重要です。決めておかなければ報酬の比率を決めることもできません。また、両者に必要な経費についてもしっかりと算出しておくことも必要で、収益が発生しても経費が過度に発生していて営業利益が発生しないという状況になれば本末転倒となります。
そのため経費の予測については丁寧に算出する必要がありますが、両者の仕事配分と経費を決定した上で配分率を決めても、トラブルが起こるリスクは存在します。なぜならレベニューシェアでビジネスを行う場合は関係的に発注者側の方がパワーバランスが強く、結果的に受注者側が損をしてしまうという場合が多いからためです。
例えば、「想定していた仕事量よりも多い仕事量を行わなければいけないのに、報酬の配分率は契約上の決定と同じ配分率」といった事例は多く存在します。発注者側からしてみれば受注者側にどれだけ仕事をさせても支払う報酬は変わらないため、発注者の要望が多くなっていく場合があるのです。 利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは
もしも自社が受注者側になった場合は、自社の価値についてしっかりと理解し、そのうえで発注者側に自社の価値を認知してもらうという努力をする必要があります。
レベニューシェアに限ったことではないですが、自社の商品やサービスの価値を認知してもらうことは非常に重要なことです。

利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは

2022年FIP制度で売電収益を最大化する

2022年4月 いよいよ始まるFIP制度

2022年4月にスタートする新たな売電制度・FIP制度は、FIT制度に替わる太陽光発電の売電制度として高い注目を集めています。
FIP 制度とは、再生可能エネルギーの自立普及・完全自由競争に向けて、 再エネ発電事業者が売電する際に市場価格にプレミアム(補助額)を上乗せする制度 利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは です。

FIP制度とFIT制度。
売電収益を最大化するには どちらを活用するべきか、FIP制度の概要と対象、仕組みを解説します。

FIP制度とは?FIT制度との違い

変動価格と固定価格

FIT認定を受けた産業用太陽光発電は、20年間、固定買取価格で売電できる一方、FIP認定を受けた太陽光発電は、電力需給によって変動する市場価格およびプレミアム額で売電できます。 電力の需要に応じて買取価格が変わるという特徴 があり、市場価格が高い時間帯に売電することで、より収益を拡大できる可能性があります。

プレミアム額の有無

プレミアム額は、電力の需給バランスによって常に変化するため、特に電力需要の高い時間帯は、プレミアム額も増えます。
電気を売るタイミングを電力市場に応じて選択できる ため、買取価格が高いタイミングで売ることでより高い収益が期待できます。

インバランスコストの有無

インバランスコストとは、発電予測と実績のギャップに応じて発生するコストのことです。
FIP制度では、発電量の計画値と実績値がイコールとなる運用を求める「 計画値同時同量 」の義務があり、それを守れなかった場合には、インバランス料金というペナルティが発生するため、 正確な発電予測と発電計画が必要 になります。

30分単位の発電量を正確に予測 しなければ、インバランスコストによる負担が増加します。 自然条件によって変動する太陽光 の発電量を予測するのは、非常に高度な技術が必要となります。

非化石価値の取り扱い

FIT制度では「環境価値」に相当する「非化石証書」は、交付金の支給と引き換えに、日本卸電力取引所(JEPX)を通じてオークション販売されます。
一方、FIP制度では「非化石証書」はプレミアム価格には含まれないため、 発電事業者が保有し、自由に市場取引 することができます。

発電した電気の市場での販売 利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは

FIP制度では、卸電力取引市場に参加して売電するか、小売電気事業者と相対取引で再エネ発電による電力を販売するため、発電事業者は 売電先を探す必要 があります。

対象となる出力

FITとFIPの対象出力の違い

FIP制度の対象となるのは 1,000kW以上のメガソーラー で、50kW以上1,000kW未満の発電所は 2022年4月よりFIT制度かFIP制度のどちらかを選択 しなければなりません。
FIT制度を希望する場合は、出力1MW未満の設備を設置・運用する必要があります。

FIP制度のメリット

FIP制度の大きなメリットは、 電力需要が高い時により多く売電をすることで、より大きな収益を得ることが可能 ということです。市場の動きを正確に把握できれば、大きなメリットを生み出せる仕組みになっています。

FIP制度の買取価格は、 電力需給によって変動する ため、電力の供給量に対して需要の高い場面では、買取価格がアップします。 需要が高く市場価格が上がりやすい時間帯(午前中・夕方・夜間)に高い金額で売電すると、より高い収益が期待できます。

また、FIP制度では、 プレミアム額という補助収入 を得られます。
プレミアム額は、基準価格から参照価格を差し引いた金額で構成されており、参照価格には非化石や卸電力市場の価格が含まれているため、1カ月ごとに更新され、変動的です。
すなわち、非化石や卸電力市場の価格下落や基準価格の上昇は、プレミアム額にも比例して上昇するため、比較的単価の安い市場価格による取引でも、プレミアム額によって収益を高めることが可能です。

FIP制度のデメリット

FIP制度の一番のデメリットは、買取価格が市場の電力需要・供給量に応じて変動するため、今までのような 収益予測が難しくなる ことです。状況によっては、売電収入減少リスクも生じます。

季節や時間帯による価格変動以外に、気候変動や市場価格の下落などの影響を受けやすいため、 市場の需給状況を正確に予測したり、発電量を保つために保守点検を実施 するなどして、常に備えておくことが大切です。

また、前述したように、正確な発電予測と発電計画ができない場合、 インバランスコストのペナルティを支払 わなければなりません。
2022年度のバランシングコストは、1.0円/kWhとし、FIP制度施行から3年間は0.05円/kWhずつ低減、4年目以降は0.1円/kWhずつ低減させることで、「バランシングコストの目安(=FITインバランスリスク料と同額)」を目指すことになっています。

まとめ

FIP制度とFIT制度の違い

FIT制度 ・ 再生可能エネルギーの普及を促す ことが目的
・固定買取価格で売電
・ 再エネ賦課金 (国民・企業など電力使用者が負担)
・ インバランスリスクなし
FIP制度 ・ 再生可能エネルギーの自立を後押しし完全自由競争 にすることが目的
・発電事業者が自ら電力市場に電気を売る
・変動価格で売電
・需要ピーク時に蓄電池の活用などで供給量を増やす インセンティブあり
・正確な 発電予測と発電計画 が必要
・ インバランスリスク (発電予測と実績が異なるとペナルティ)
・ 非化石価値市場、需給調整市場へ参加可

FITかFIPか選ぶポイント

売電収入アップ!FIP制度の攻略法

ただし、FIP制度では、発電事業者が自ら発電した電気を電力市場で売る必要があり、 インバランスが出ないように運用 する必要があります。
そのためには、市場価格の変動に加えて、予期せぬ気候変化や長期的な市場価格の下落を読む予見性が必要となってきます。さらに必要なこととしては、季節や時期により買取価格が変動するため、発電量が少ない季節は設備のメンテナンスを実施し、需要が多い時期に備えて、電力を蓄電できるような 蓄電池導入 して活用するなど、計画的な動きが必要となるでしょう。

アグリゲーターにアドバイスを受けたり、外部委託することも効果的でしょう。
発電事業者に代わって、需要と供給バランスを調整する役割を担う組織として位置づけられているのが アグリゲーター です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる