トレーダーが解説

株価とは

株価とは
  • 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 7月10日版
  • 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─反転浮上期待の「買いサイン点灯」銘柄を狙う!
  • 【杉村富生の短期相場観測】 ─深押し銘柄の"逆襲"を狙う!
  • 中小型材料株の宝庫、独自技術誇る「研究開発型企業」を徹底マーク <株探トップ特集>
  • 今週の「妙味株」一本釣り! ─ 菱洋エレク
  • 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (7月8日現在)
  • 明日注目すべき【好決算】銘柄 マニー、アダストリア、カーブスHD (8日大引け後 発表分)
  • 【今週読まれた記事】激動! エネルギー関連に到来する重要局面

2022年6月の株価チャートを眺める

これらの原因は明白で、米国のインフレ懸念、終わる様子が全く見えないウクライナとロシアの戦争です。 米国のインフレ懸念は長期的に経済を停滞させる懸念もあり、この点については長期的に注意して観察しないといけないです。 戦争についても終わる気配がないです。 ただし、例え、明日に終戦しても世界からの信用を失っているロシアが経済的に即再起するとも考えられないです。 これに関する影響も長期になりそうです。 また、新型コロナも全世界で落ち着く様相がみられないです。 直近の中国や日本では再拡大が見え始めており、なにを基準に収束とするかも明確になっていない状態です。 ズルズルと今年、来年へも尾を引きそうです。

日本について言えば、急激な円安、物価高となっています。 日本政府や日銀は長年、円安政策を取り、日本経済を円安方向へ誘導していましたが、今回の変化は少々早すぎるように感じます。 徐々に移行するのであれば問題ないと考えますが、急激な移行により日本人の所得増が追いついていない状態です。 特に来年度へ向けた春闘でハッキリすると思いますが、経団連が大幅な賃上げに同意しなければ相対的に貧困化が進むと思っています。 次の春闘は注目です。

総じて世界経済は先行きが悪いと考えています。 資産運用を行う上で今年、来年あたりは我慢の期間になると考えますが、それを乗り越え、上昇する期間に入ると大きく資産を伸ばせる可能性もあります。 私としては世界の経済は上下や停滞を繰り返しながら増加していくという過去のデータを信じ、粛々と積立、資産運用を行います。 投資対象は全世界インデックスです。

日本株は今年初めと3月に大きく動きましたが、よく見るとそれ以外の月はボックス相場的な動きをしており、割と安定しています。 年初来からみると確かに 8% ほど下落していますが、積立投資を行う分にはそこまで大きな動きをしておらず、安定していると思います。

ただし、これは円安の影響も大きく関係していると考えられます。 私が記載しているチャートは円建てから見たチャートを載せているため、安定しているように見えます。 しかし、全世界標準である米ドル建てからみると JPX400 も徐々に下落しており、大きなマイナスとなっています。 では、なぜ、円建てのチャートを載せているかというと、私達は円を基準に生活している日本人だからです。 米ドルで価値判断しても実感が湧きにくいです。 と、いうことで株価チャートを見る時は基本的に円建てを基準としています。

また、日本の物価高も急激に進んでいるように感じます。 特に生鮮食品の値上げは家計に与えるダメージが大きいため、経済に悪影響を与えるほど進む場合はなんらかの対策が必要だと思います。 最終的な物価指数は政府の統計が示されるまでわかりませんが、体感的にはかなり上がっているように思います。 田舎に住んでおり、安い賃金で働いていると特に食品とガソリンの値上げが気になります。

JPX400

米国株はインフレ懸念によりどちらに動くべきか迷っているように見えます。 金融政策の 0.5% 利上げは決定しているので、そこから大きく下がるのか、織り込み済みとして上がるのかどちらに動くか正直わかりません。

一応、世界のアナリストや経済評論家の多くは景気下振れと予想しているようです。 しかし、これまでも予想と反対方向に動くことは多々ありました。 また、意外と失業率が低くないなどの情報もあります。

正直、現在の米国経済はよくわからないです。 6 月の状況を調べていましたが、結局、どうなるの ? という答えは出ないです。

1655_S&P500

現在の世界経済を支えているのは米国と中国です。 特に中国は相変わらず工業系で力を持っており、中国の物流、工場が停止すると非常に大きな経済的損失が発生します。 そのような中、中国では新型コロナウイルスが再拡大しているようです。

そして、中国の場合、中共の一声で都市封鎖まで可能です。 世界経済への影響が高い国が少数の党関係者による判断で停止してしまうというリスクを常に抱えています。 少なくとも私はリスクと考えています。

1658_新興国株式

比較

円建てで見ると、日本、米国、新興国とほとんど差がない状態です。 結局、全世界で先行きが不透明だということです。 現状では、どこに投資をしても大差ないです。 ただし、集中投資だけは避けましょう。

世界経済に関する全体の考えは年初から変わらず、今年は低調に推移するです。 追加で、来年も低調に推移しそうな状況になっているかもしれません。 これはもう少し、慎重に調べる必要があります。

今更、言うまでもなく、懸念事項が多く、明るいニュースがないからです。 しかも、多くの懸念事項が今年中に解決する見込みもない状態です。 やはり、しばらく世界経済は低調に推移すると予想せざるを得ないです。

しかし、そのような状況でも積立投資は継続した方が良いと思います。 主な理由は我々一般人は下落、上昇の情報を集めて分析することが難しく、タイミングを計ることも不可能に近いからです。 また、投資の研究により売買を繰り替えさない方が最終的な利益は多くなるという結論が多々あります。

日経平均株価とは?計算方法や影響力、他の株価指数との違いまで解説

化学工業…花王、資生堂など
機械…三菱重工業、クボタなど
食品…味の素、キッコーマンなど 株価とは
銀行…三井住友、三菱UFJなど
窯業…TOTOなど
自動車・自動車部品…トヨタ自動車など
医薬品…武田薬品工業、エーザイなど
建設…大和ハウス工業、積水ハウスなど
鉄道・バス…東日本旅客鉄道、東武鉄道など
商社…三井物産、丸紅など
精密機器…ニコン、オリンパスなど
保険…第一生命保険など
小売業…セブン&アイ・ホールディングス、ファーストリテイリングなど
不動産…三井不動産、住友不動産など
証券…野村ホールディングスなど
電気機器…ソニー、シャープ、富士通など
繊維…東レ、帝人など
鉄鋼業…神戸製鋼所など
パルプ・紙…日本製紙など
その他製造…大日本印刷、ヤマハなど
石油…出光興産など
ゴム…横浜ゴム、ブリジストン
造船…川崎重工業など
水産…マルハニチロなど
陸運…ヤマトホールディングス・日本通運
ガス…東京ガス、大阪ガス
空運…全日本空輸ANA
電力…東京電力など
サービス業…東宝、ヤフーなど 株価とは
情報・通信…NTTドコモ、ソフトバンクなど

ただ「日本を代表する企業の株式」は時代によって変化します

しかし今では指数の連続性を保ちつつも、1年に1回、10月に1~2の銘柄を入れ替えて市場の最新状況の反映を行っています。

日経平均株価の算出方法

単純に株価を足して225で割ればいい?

ただし、実際はこれほど単純ではありません。
実際には上の計算を基にして、「みなし額面による調整」「除数の修正」が加えられています。

みなし額面とは

ここで使われるのが「みなし額面」という考え方です。

そこで日経平均株価を算出する際には、今も1株の額面を50円として計算する「みなし額面」の方法が取られています。

たとえば額面5万円の銘柄Aの株価が現在75万円だったとします。
この場合、Aの株価を額面50円に換算し(1,000分の1と考える)、株価を750円として計算するのです。

除数の修正とは

その結果、現在の日経平均株価の除数は27.760(2020年7月14日現在)となっています。

日経平均株価の影響力

日経平均株価は、株価の状況を表す指標ではありますが万能ではありません。約2,000銘柄から225銘柄を選定して算出するのですから、日本の代表的な企業の株価とはいえ、全体の約11%の状態しか反映していないともいえます。

日経平均株価の最高値・最安値は

最高値(バブル期)

最安値(リーマンショック)

その他の主な株価指数

TOPIXとは

日経平均株価と同様に市場の株価を反映する指数が、東京証券取引所が算出するTOPIX(Tokyo Stock Price Index)です。

現在の全銘柄の時価総額÷基準時価総額×基準値(100ポイント)

ニューヨーク・ダウ(Dow Jones Industrial Average)

  • 時価総額が大きい
  • 企業として極めて高い名声
  • 数多くの投資家からの関心
  • 持続的な成長

などの特性から、アメリカのさまざまな業種の超優良企業を厳選した30銘柄を対象に算出される指標です。日本では「ダウ平均」「ニューヨーク平均株価」などとも呼ばれます。

S&P500(Standard & Poor’s 500 株価とは Stock Index)

ニューヨーク証券取引所、NYSE MKT、NASDAQに上場しているアメリカ企業の銘柄から、代表的な500銘柄の株価を基に算出される株価指標です。

2022年6月の株価チャートを眺める

これらの原因は明白で、米国のインフレ懸念、終わる様子が全く見えないウクライナとロシアの戦争です。 米国のインフレ懸念は長期的に経済を停滞させる懸念もあり、この点については長期的に注意して観察しないといけないです。 戦争についても終わる気配がないです。 ただし、例え、明日に終戦しても世界からの信用を失っているロシアが経済的に即再起するとも考えられないです。 これに関する影響も長期になりそうです。 また、新型コロナも全世界で落ち着く様相がみられないです。 直近の中国や日本では再拡大が見え始めており、なにを基準に収束とするかも明確になっていない状態です。 ズルズルと今年、来年へも尾を引きそうです。

日本について言えば、急激な円安、物価高となっています。 日本政府や日銀は長年、円安政策を取り、日本経済を円安方向へ誘導していましたが、今回の変化は少々早すぎるように感じます。 徐々に移行するのであれば問題ないと考えますが、急激な移行により日本人の所得増が追いついていない状態です。 特に来年度へ向けた春闘でハッキリすると思いますが、経団連が大幅な賃上げに同意しなければ相対的に貧困化が進むと思っています。 次の春闘は注目です。

総じて世界経済は先行きが悪いと考えています。 資産運用を行う上で今年、来年あたりは我慢の期間になると考えますが、それを乗り越え、上昇する期間に入ると大きく資産を伸ばせる可能性もあります。 私としては世界の経済は上下や停滞を繰り返しながら増加していくという過去のデータを信じ、粛々と積立、資産運用を行います。 投資対象は全世界インデックスです。

日本株は今年初めと3月に大きく動きましたが、よく見るとそれ以外の月はボックス相場的な動きをしており、割と安定しています。 年初来からみると確かに 8% ほど下落していますが、積立投資を行う分にはそこまで大きな動きをしておらず、安定していると思います。

ただし、これは円安の影響も大きく関係していると考えられます。 私が記載しているチャートは円建てから見たチャートを載せているため、安定しているように見えます。 しかし、全世界標準である米ドル建てからみると JPX400 も徐々に下落しており、大きなマイナスとなっています。 では、なぜ、円建てのチャートを載せているかというと、私達は円を基準に生活している日本人だからです。 米ドルで価値判断しても実感が湧きにくいです。 と、いうことで株価チャートを見る時は基本的に円建てを基準としています。

また、日本の物価高も急激に進んでいるように感じます。 特に生鮮食品の値上げは家計に与えるダメージが大きいため、経済に悪影響を与えるほど進む場合はなんらかの対策が必要だと思います。 最終的な物価指数は政府の統計が示されるまでわかりませんが、体感的にはかなり上がっているように思います。 田舎に住んでおり、安い賃金で働いていると特に食品とガソリンの値上げが気になります。

JPX400

米国株はインフレ懸念によりどちらに動くべきか迷っているように見えます。 金融政策の 0.5% 株価とは 利上げは決定しているので、そこから大きく下がるのか、織り込み済みとして上がるのかどちらに動くか正直わかりません。

一応、世界のアナリストや経済評論家の多くは景気下振れと予想しているようです。 しかし、これまでも予想と反対方向に動くことは多々ありました。 また、意外と失業率が低くないなどの情報もあります。

正直、現在の米国経済はよくわからないです。 6 月の状況を調べていましたが、結局、どうなるの ? という答えは出ないです。

1655_S&P500

現在の世界経済を支えているのは米国と中国です。 特に中国は相変わらず工業系で力を持っており、中国の物流、工場が停止すると非常に大きな経済的損失が発生します。 そのような中、中国では新型コロナウイルスが再拡大しているようです。

そして、中国の場合、中共の一声で都市封鎖まで可能です。 世界経済への影響が高い国が少数の党関係者による判断で停止してしまうというリスクを常に抱えています。 少なくとも私はリスクと考えています。

1658_新興国株式

比較

円建てで見ると、日本、米国、新興国とほとんど差がない状態です。 結局、全世界で先行きが不透明だということです。 現状では、どこに投資をしても大差ないです。 ただし、集中投資だけは避けましょう。

世界経済に関する全体の考えは年初から変わらず、今年は低調に推移するです。 追加で、来年も低調に推移しそうな状況になっているかもしれません。 これはもう少し、慎重に調べる必要があります。

今更、言うまでもなく、懸念事項が多く、明るいニュースがないからです。 しかも、多くの懸念事項が今年中に解決する見込みもない状態です。 やはり、しばらく世界経済は低調に推移すると予想せざるを得ないです。

しかし、そのような状況でも積立投資は継続した方が良いと思います。 主な理由は我々一般人は下落、上昇の情報を集めて分析することが難しく、タイミングを計ることも不可能に近いからです。 株価とは また、投資の研究により売買を繰り替えさない方が最終的な利益は多くなるという結論が多々あります。

【市況】 米国市場データ NYダウは346ドル高と2日続伸 (7月7日)

NYダウ <日足> 株価とは 「株探」多機能チャートより

NYダウ 31384.55 ( +346.87 )
S&P500 3902.62 ( +57.54 )
NASDAQ 11621.34 ( +259.49 )
米10年債利回り 3.000 ( +0.066 )

NY(WTI)原油 102.73 ( +4.20 )
NY金 1739.7 ( +3.2 )

シカゴ日経225先物9月限 (円建て) 26650 ( +160 )
シカゴ日経225先物9月限 (ドル建て) 26690 ( +200 )
※( )は大阪取引所終値比

  • ・7日の米国市場ダイジェスト:NYダウ346ドル高、ソフトランディング期待 (07/08)
  • ・ADR日本株ランキング~トヨタなど全般堅調、シカゴは大阪比160円高の26650円~ (07/08)
  • ・8日の株式相場見通し=続伸、世界株全面高様相でリスクオン継続 (07/08)
  • ・今朝の注目ニュース! ★ダイドー、大有機、3DMなどに注目! (07/08)
  • ・本日注目すべき【好決算】銘柄 大有機、セブン&アイ、C&R (7日大引け後 発表分)
  • ・上方修正“先回り”、22年6月上期【業績上振れ】候補 28社選出 <成長株特集> (07/07)
  • ・行動制限緩和で人手不足再燃、「アルバイト関連」株が飛躍ステージへ <株探.. (07/07)
  • ・気候変動対策を再評価、上昇気流に乗る「空の脱炭素化」関連株を狙え <株探.. (07/06)
  • ・【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 7月6日版
  • ・本日の決算発表予定 … 良品計画、安川電、アダストリアなど 36社 (7月8日)

株探からのお知らせ

  • 見逃し配信中!武者陵司氏セミナー
  • 見逃し配信中!株探プレミアムセミナー

お気に入りがいっぱいです!
もっと追加するには、有料サービス「株探プレミアム」の登録が必要です。
初めてご登録の方には「30日間の無料体験」実施中! 株価とは
※無料体験終了後は、毎月の利用料金が発生します。
※過去に「30日間の無料体験」をご利用になった方には無料体験は適用されません。

このアイコン「★」は利用者の皆さまの「お気に入り銘柄」を
登録もしくは削除する機能となっております。
お気に入り銘柄を登録するには、会員登録(無料)が必要です。
無料会員およびプレミアム会員の方はログインが必要です。

  • 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 7月10日版
  • 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─反転浮上期待の「買いサイン点灯」銘柄を狙う!
  • 【杉村富生の短期相場観測】 ─深押し銘柄の"逆襲"を狙う!
  • 中小型材料株の宝庫、独自技術誇る「研究開発型企業」を徹底マーク <株探トップ特集>
  • 今週の「妙味株」一本釣り! ─ 菱洋エレク
  • 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (7月8日現在)
  • 明日注目すべき【好決算】銘柄 マニー、アダストリア、カーブスHD (8日大引け後 発表分)
  • 株価とは
  • 【今週読まれた記事】激動! エネルギー関連に到来する重要局面

人気ニュース【ベスト5】

  • 【杉村富生の短期相場観測】 ─深押し銘柄の"逆襲"を狙う!
  • 中小型材料株の宝庫、独自技術誇る「研究開発型企業」を徹底マーク <株探トップ特集>
  • 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─反転浮上期待の「買いサイン点灯」銘柄を狙う!
  • 【植木靖男の相場展望】 ─今はひたすら個別人気株を追う段階
  • 今週の「妙味株」一本釣り! ─ 菱洋エレク

お薦めコラム・特集

  • 【今週読まれた記事】激動! エネルギー関連に到来する重要局面
  • 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 7月10日版
  • 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (7月8日現在)
  • 個人投資家・有限亭玉介:メタバース、NFT関連の出遅れ株は?思惑の注目株【FISCOソーシャルレポーター】
  • 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 株価とは 株価とは ─反転浮上期待の「買いサイン点灯」銘柄を狙う!

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

【市況】 米国市場データ NYダウは346ドル高と2日続伸 (7月7日)

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより

NYダウ 31384.55 ( +346.87 )
S&P500 3902.62 ( +57.54 )
NASDAQ 11621.34 ( +259.49 ) 株価とは
米10年債利回り 3.000 ( +0.066 )

NY(WTI)原油 102.73 ( +4.20 )
NY金 1739.7 ( +3.2 )

シカゴ日経225先物9月限 (円建て) 26650 ( +160 )
シカゴ日経225先物9月限 (ドル建て) 26690 ( +200 )
※( )は大阪取引所終値比

  • ・7日の米国市場ダイジェスト:NYダウ346ドル高、ソフトランディング期待 (07/08)
  • ・ADR日本株ランキング~トヨタなど全般堅調、シカゴは大阪比160円高の26650円~ (株価とは 株価とは 07/08)
  • ・8日の株式相場見通し=続伸、世界株全面高様相でリスクオン継続 (07/08)
  • ・今朝の注目ニュース! ★ダイドー、大有機、3DMなどに注目! (07/08)
  • ・本日注目すべき【好決算】銘柄 大有機、セブン&アイ、C&R (7日大引け後 発表分)
  • ・上方修正“先回り”株価とは 、22年6月上期【業績上振れ】候補 28社選出 <成長株特集> (07/07)
  • ・行動制限緩和で人手不足再燃、「アルバイト関連」株が飛躍ステージへ <株探.. (07/07)
  • ・気候変動対策を再評価、上昇気流に乗る「空の脱炭素化」関連株を狙え <株探.. (07/06)
  • ・【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 7月6日版
  • ・本日の決算発表予定 … 良品計画、安川電、アダストリアなど 36社 (7月8日)

株探からのお知らせ

  • 見逃し配信中!武者陵司氏セミナー
  • 見逃し配信中!株探プレミアムセミナー

お気に入りがいっぱいです!
もっと追加するには、有料サービス「株探プレミアム」の登録が必要です。
初めてご登録の方には「30日間の無料体験」実施中!
※無料体験終了後は、毎月の利用料金が発生します。
※過去に「30日間の無料体験」をご利用になった方には無料体験は適用されません。

このアイコン「★」は利用者の皆さまの「お気に入り銘柄」を
登録もしくは削除する機能となっております。
お気に入り銘柄を登録するには、会員登録(無料)が必要です。
無料会員およびプレミアム会員の方はログインが必要です。

  • 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 7月10日版
  • 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─反転浮上期待の「買いサイン点灯」銘柄を狙う!
  • 【杉村富生の短期相場観測】 ─深押し銘柄の"逆襲"を狙う!
  • 中小型材料株の宝庫、独自技術誇る「研究開発型企業」を徹底マーク <株探トップ特集>
  • 今週の「妙味株」一本釣り! ─ 菱洋エレク
  • 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (7月8日現在)
  • 明日注目すべき【好決算】銘柄 マニー、アダストリア、カーブスHD (8日大引け後 発表分)
  • 【今週読まれた記事】激動! エネルギー関連に到来する重要局面

人気ニュース【ベスト5】

  • 【杉村富生の短期相場観測】 ─深押し銘柄の"逆襲"を狙う!
  • 中小型材料株の宝庫、独自技術誇る「研究開発型企業」を徹底マーク <株探トップ特集>
  • 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─反転浮上期待の「買いサイン点灯」銘柄を狙う!
  • 【植木靖男の相場展望】 ─今はひたすら個別人気株を追う段階
  • 今週の「妙味株」一本釣り! ─ 菱洋エレク

お薦めコラム・特集

  • 【今週読まれた記事】激動! エネルギー関連に到来する重要局面
  • 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 7月10日版
  • 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (7月8日現在)
  • 個人投資家・有限亭玉介:メタバース、NFT関連の出遅れ株は?思惑の注目株【FISCOソーシャルレポーター】
  • 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─反転浮上期待の「買いサイン点灯」銘柄を狙う!

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 株価とは 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる