外国為替(FX)

FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか

FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか
チャート画面上に 現値ラベルを表示して、価格変動に合わせて追随 してくれます。

FXハイレバ取引 少額から短期で稼ぎ切る手法と練習方法

FXハイレバ取引 少額から短期で稼ぎ切る手法と練習方法

FXのハイレバ向き銘柄ドル円

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

ハイレバFXのロット計算方法

リスク管理をするにはレバレッジを何倍かけるか?よりも損切り幅を何pipsに設定し、そのために何ロットで取引するかを考えましょう。

例)
10,000(円) ÷ 10(pips) ÷ 1,000 = 1(ロット)
100,000(円) ÷ 20(pips) ÷ 1,FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか 000 = 5(ロット) FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか
※海外FXスタンダード口座の場合

資金が少なくても損切り幅を狭めてロットを張れるようになれば、ますます大きな利益が狙えるようになりますよ。

ハイレバFXの成功法則

  1. 取引環境の良い業者や口座を使う
  2. イレギュラーな値動きをする時間帯を避ける
  3. 安定した値動きの通貨ペアを選ぶ
  4. FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか
  5. スプレッドの狭い通貨ペアを選ぶ
  6. エントリー根拠は5分足以下
  7. ぎりぎりまで引き付ける

取引環境の良い業者や口座を使う

イレギュラーな値動きをする時間帯を避ける

  • 東京市場:9時~10時
  • ロンドン市場:15時~17時
  • NY市場:21時~22時

安定した値動きの通貨ペアを選ぶ

スプレッドの狭い通貨ペアを選ぶ

エントリー根拠は5分足以下

ぎりぎりまで引き付ける

  1. 取引環境の良い業者や口座を使う
  2. イレギュラーな値動きをする時間帯を避ける
  3. 安定した値動きの通貨ペアを選ぶ
  4. スプレッドの狭い通貨ペアを選ぶ
  5. エントリー根拠は5分足以下
  6. ぎりぎりまで引き付ける

FXのハイレバ手法

資金を5~10分割して取引口座に入金する

1時間足チャートで中長期のトレンドを見る

FXのハイレバ手法1

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

15分足で短期のトレンドを見る

FXのハイレバ手法2

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

【大トレンドと小トレンドの方向性が一致】
・中期順張り:トレンドの押し目を狙う
・利確目安:10pips~

【大トレンドと小トレンドの方向性が異なる】
・短期逆張り:トレンド形成中の過熱感を利用して素早く利確
・利確目安:5~10pips

短期逆張りは利確の判断が難しいため、まずは大トレンドと小トレンドの方向性が一致している時に順張りでエントリーしましょう。

5分足のRSIでエントリーポイントを判断

FXのハイレバ手法3

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

【パターン①】 FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか
特徴:値幅が取りやすいものの、だましに合う可能性も高い

①ローソク足が大トレンドの下限のラインにタッチしていること。
②ローソク足の実体が下限のラインを超えていないこと。
③RSIが30にタッチしていること。

FXのハイレバ手法エントリーポイント1

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

【パターン②】
特徴:狙える値幅は狭まるものの、だましに合う可能性は下がる

①ローソク足が切り下がり(下降トレンド)から切りあがりに(上昇トレンド)転換したか
②移動平均線がゴールデンクロスしたか
③ローソク足が確定した時点でRSIが50を超えたか
※下降トレンドを狙う場合はこの逆

FXのハイレバ手法エントリーポイント

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

エントリーポイントはRSIが50以上を推移してからローソク足が確定した時点で50以下をつけたタイミングです。

FXのハイレバ手法エントリーポイント2

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

【徹底解説!】カブドットコム証券のチャートソフトの使用方法について

またローソク足以外のチャート (ラインチャート、一目均衡表、新値足、P&F) も簡単に表示できます。 FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか

銘柄登録をすれば、 株式、先物、オプション、指数、為替 の各チャートが表示できます。

チャートとツールバー

Kabuステーションでは チャートの詳細設定 をすることができます。
8種類のアドオンチャート、19種類のサブチャート が選択でき、初心者でもトレードしやすい環境が整えられています。


ツールバーにアドオンチャートやアイコンを表示させておけば、チャート設定がスムーズになり、すぐに 自分好みのチャートにカスタマイズ できます。

チャート上で右クリックし、 「ツールバー設定」 からツールバーに表示したい項目にチェックを入れると、チャート上に反映されます。

ツールバーの各種アイコン

次にツールバーにある 各種アイコン について説明していきます!!
アイコンの一覧は以下の通りです。

チャートの任意の部分をマウスで囲うと、その範囲を拡大 できます。 FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか

クロスカーソル

チャートにマウスを合わせたとき、 カーソルが十字に変化 します。
もう1度クロスカーソルのボタンをクリックすると元に戻ります。

チャート上に 転換点 が表示されます。
Kabuステーションでは、転換点を判断する足の前後10本が対象となっています。
1分足の場合は前後10分、日足の場合は前後10営業日分が対象期間です。

数値読取り

チャート画面上に 読み取りラベル が表示され、数値表示をしたい部分にカーソルを合わせると、ラベルにその部分の値が表示されます。
ラベルは自由に移動できます。

前日終値ライン

チャート画面上に 前日終値を点線で表示 します。

現値ラベル

チャート画面上に 現値ラベルを表示して、価格変動に合わせて追随 FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか してくれます。

不連続要因マーク

不連続要因の種類を表す記号 が、 メインチャートの発生日に表示 されます。

ローソク拡大・縮小

ローソク拡大ボタン はクリックをするごとに ローソクが拡大し、表示時間は縮小 されます。
縮小ボタンはその逆で、クリックをするごとにローソクが縮小し、表示時間が拡大されます。

全データ表示

選択している 足種別で描画できる全ての期間を表示 できます。
表示期間は最長まで拡大されます。 FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか

チャートの株価の表示間隔を、 値幅ではなく変動率に変更 できます。
例えば、長い期間をかけて株価が大きく上昇してから下がっている場合などは、通常のチャート画面だとほとんど変動がないように見えます。
対数表示を使用すれば、値動きが少ない銘柄でも変動率では大きく動いていることが分かり、選択肢を広げることができます。

自動スクロールモード

ローソクの形成に合せて チャートが自動でスクロール されます。
分足で使用可能 です。 FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか

トレンドラインの描画、移動、削除

トレンドライン描画

マウス操作で トレンドラインが描画 できます。
トレンドラインは足種別を跨いで保存することもできるので、 「日足で引いたトレンドラインは30分足でどう見えるのか」 というような使い方もできます。

トレンドライン移動

トレンドラインを移動 させることができます。
移動したいトレンドラインにカーソルを当てると線の色が緑になり、動かせる状態になります。
線の中央でトレンドラインを掴むと線自体が移動し、片端を掴むと片端だけ動かせます。

トレンドライン削除

トレンドラインを削除 することができます。
削除したいトレンドラインにカーソルを当て、クリックすると削除 できます。

チャートの色変更

チャートの色を 「表示色設定」 で変更できます。
色のテンプレートは 全11種類 で、
黒背景の「Kabuステーション」
白背景の「Kabuマシーン」
柔らかい色の「トリコロール」

など自分の好みに合わせることができます。

またテンプレートだけでなく、 ラインの色や転換線、終値ラインなど一部のみの細かい色設定 もできます。
例えばグリッドラインの色だけを薄くしたい場合、
「表示色設定」→「分類」→「描画エリア内」→「項目」→「グリッドライン」と進み、「表示色」で色の作成をして変更できます。

描画エリア調節ライン

描画エリア調節ラインとは、 チャートの描画エリアを拡大したり、縮小したりできる機能 のことです。

例えば一目均衡表の未来部分を確認したい場合や、転換線が見えづらい時に利用すると便利です。
チャート画面を、常に自分が1番見やすい状態にすることが可能です。

テクニカル分析の表示、チャート種別の選択

ツールバーのアイコンか右クリックメニューから、 テクニカル分析を表示 させることができます。
ツールバーのアイコンを使用する場合、表示させたいテクニカル分析にチェックを入れると表示されます。
数値などの細かい設定も可能 です。

右クリックメニューからテクニカル分析を表示させる場合、チャート上で右クリックをしてアドオンチャート、サブチャートのどちらかを選択します。
その中から表示させたいテクニカル分析を選ぶと、チャート上に表示されます。

チャート種別の選択 も、ツールバーか右クリックメニューから選択できます。
ツールバーのアイコンをクリックするとチャート種別の一覧が表示されるので、選択すると反映されます。

チャートデータの保存

CSVファイルで4本値データを出力し、チャートデータを保存する ことができます。
チャート上で右クリックをし、 「4本値データ出力」 から保存先を選択すればOKです。
データ保存だけでなく、銘柄分析にも利用できます。

チャートからの発注

チャート上で右クリックをして 「現物 売発注」 を選択すると、
自分が売りたい価格、買いたい価格を反映した状態でダイアログが起動 します。


すでに右クリックした部分の価格が反映されているので、スピーディかつ初心者でも操作が分かりやすい発注が可能です。

カブドットコム証券のKabuステーションは、 様々な状況に合せた機能がふんだんに搭載されたチャートソフト です。
多機能な上に操作性も良いので、初心者・上級者問わず使えるようにしておきたいチャートソフトの1つといえますね。
チャートソフト選びにお困りの方の参考になれば嬉しいです!!
最後まで読んでいただきありがとうございました♪

利益に直結したセミナー、受けてみませんか?

実は株に関するほとんどの知識は利益をあげる上で 必要ない ということを知っていますか? 「株で利益をあげる」ことは、 すごくシンプルな法則 で成り立っているんです。 「株を始めてみたいけど、利益をあげられるか心配」 「勉強してもどこから始めて良いかわからない」 「株に詳しい人にいつでも質問できる環境があれば」 そういったお悩みをお持ちの方は是非、弊社の 無料説明会 へお越しください♪ 株で利益を出す上で必要な知識をご説明させていただきます。 いつでも オンライン で参加可能! 現役の講師と少人数体制 でお話ができます。 株に関する疑問などは何度でも質問OK♪ 90分間無料 で株に関するお話ができちゃいます! この機会に「株で利益」を得る方法を学んでみませんか? 少しでも皆様のお役に立てますよう、弊社一同心よりお待ちしております。

フィボナッチを使った、相場の反転と転換点の求め方とは

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

ご注意ください

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

ご注意ください

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

MT4の出来高【Volumes】を使って トレードで実際に勝つためのおすすめの使い方を紹介

裏技トレード手法

Volumesを使ってどのように分析を行うのか?

本日はMT4の 出来高、Volumes(ボリューム) について相場歴12年の私の使い方を公開していきます。

ボリュームとは相場の 出来高(=相場での取引量) のことです。Volumesというインジケーターは今の相場でどれくらいの取引量が行われているのかを表しています。

ボリュームの写真

出来高が多い相場は多くの取引があるということ、つまり相場の参加者が増えているという意味です。その価格帯に たくさんの利確、新規注文、損切などの注文 が入ったということです。

先に出来高という物について詳しく説明をしていきますが、使い方を知りたい方は省いて下から読んでもらってもいいです。

MT4の出来高『Volumes』は実は正確な出来高ではないという事実を認識する

VolumesをMT4で表示するにはチャート上部メニューの「チャート」→「出来高」で表示させることができます。

Volumes表示の仕方

ただ、Volumesが表している出来高は為替相場の正確な出来高の数値ではありません。というのも為替相場の出来高の正確な数値は調べることができないからです。

為替相場の出来高は正確には把握できない

これは為替取引が市場取引ではなく、相対取引(あいたいとりひき)だからです。

株取引は市場取引であり、トレーダーは東京証券取引所などの取引所で株の売買を行います。業者はトレーダーの注文を取引所に流す役割があります。

取引のイメージ

なので市場取引の出来高は取引所に集まってくる注文数を数えることで、トレーダーがいくらの価格で何Lotで何枚注文したのかまで正確に把握できます。

対して為替取引は相対取引(あいたいとりひき)といって、トレーダーは取引所のような市場で取引するのではなく 業者が提示しているレートで業者との取引 になります。

取引イメージ

FX業者の出来高『Volumes』はティックボリュームを使っている

そのため、FX業者のVolumesはティックボリュームといって価格の変動回数を表すインジケーターになっている事が多いです。MT4ではVolumesがティックボリュームとなってます。

Volumesの仕組み

出来高『Volumes』をトレードで使う方法3つの方法

出来高をトレードで活かす場合、「出来高の多いトレンドでトレードして大きく利益を得る」といった使い方をされる方が多いかと思います。

ただ、本来の出来高は取引の量を計測するものですが、ティックボリュームだと価格の変動回数しか反映されませんのでティック数の増加=価格上昇とは一概に言い切れません。

しかし実際にはティックボリュームが増えたということはその価格帯で 大きな取引回数があった ことがわかります。そして実際に 稼働の多い時間帯、 価格帯 には大きな動きに なるになります。

FXハイレバ取引 少額から短期で稼ぎ切る手法と練習方法

FXハイレバ取引 少額から短期で稼ぎ切る手法と練習方法

FXのハイレバ向き銘柄ドル円

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

ハイレバFXのロット計算方法

リスク管理をするにはレバレッジを何倍かけるか?よりも損切り幅を何pipsに設定し、そのために何ロットで取引するかを考えましょう。

例)
10,000(円) ÷ 10(pips) ÷ 1,000 = 1(ロット)
100,000(円) ÷ 20(pips) ÷ 1,000 = 5(ロット)
※海外FXスタンダード口座の場合

資金が少なくても損切り幅を狭めてロットを張れるようになれば、ますます大きな利益が狙えるようになりますよ。

ハイレバFXの成功法則

  1. 取引環境の良い業者や口座を使う
  2. イレギュラーな値動きをする時間帯を避ける
  3. 安定した値動きの通貨ペアを選ぶ
  4. スプレッドの狭い通貨ペアを選ぶ
  5. エントリー根拠は5分足以下
  6. ぎりぎりまで引き付ける

取引環境の良い業者や口座を使う

イレギュラーな値動きをする時間帯を避ける

  • 東京市場:9時~10時
  • ロンドン市場:15時~17時
  • NY市場:21時~22時

安定した値動きの通貨ペアを選ぶ

スプレッドの狭い通貨ペアを選ぶ

エントリー根拠は5分足以下

ぎりぎりまで引き付ける

  1. 取引環境の良い業者や口座を使う
  2. イレギュラーな値動きをする時間帯を避ける
  3. 安定した値動きの通貨ペアを選ぶ
  4. スプレッドの狭い通貨ペアを選ぶ
  5. エントリー根拠は5分足以下
  6. ぎりぎりまで引き付ける

FXのハイレバ手法

資金を5~10分割して取引口座に入金する

1時間足チャートで中長期のトレンドを見る

FXのハイレバ手法1

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

15分足で短期のトレンドを見る

FXのハイレバ手法2

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

【大トレンドと小トレンドの方向性が一致】
・中期順張り:トレンドの押し目を狙う
・利確目安:10pips~

【大トレンドと小トレンドの方向性が異なる】
・短期逆張り:トレンド形成中の過熱感を利用して素早く利確
・利確目安:5~10pips

短期逆張りは利確の判断が難しいため、まずは大トレンドと小トレンドの方向性が一致している時に順張りでエントリーしましょう。

5分足のRSIでエントリーポイントを判断

FXのハイレバ手法3

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

【パターン①】
特徴:値幅が取りやすいものの、だましに合う可能性も高い

①ローソク足が大トレンドの下限のラインにタッチしていること。
②ローソク足の実体が下限のラインを超えていないこと。
③RSIが30にタッチしていること。

FXのハイレバ手法エントリーポイント1

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

【パターン②】
特徴:狙える値幅は狭まるものの、だましに合う可能性は下がる

①ローソク足が切り下がり(下降トレンド)から切りあがりに(上昇トレンド)転換したか
②移動平均線がゴールデンクロスしたか
③ローソク足が確定した時点でRSIが50を超えたか
※下降トレンドを狙う場合はこの逆

FXのハイレバ手法エントリーポイント

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

エントリーポイントはRSIが50以上を推移してからローソク足が確定した時点で50以下をつけたタイミングです。

FXのハイレバ手法エントリーポイント2

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる