暗号資産オプション取引の基本

NISAロールオーバーとは

NISAロールオーバーとは

非課税期間が終了した一般NISA。その後の選択肢は、「売却」「課税口座に移す」「ロールオーバー」の3つ

NISAのロールオーバーをわかりやすく解説!非課税期間は延長できる

NISAの非課税期間が終了すると、その後はどうなるのでしょうか?
実は、ロールオーバーと呼ばれる手続きをすれば、非課税期間は延長できるのです。NISAでより長い期間資産運用するためには、ロールオーバーのメリットを知っていて損はありません。
この記事では、NISAのロールオーバーをわかりやすく解説します。
ロールオーバーしない場合の例や、手続き方法もご紹介しますので、NISAを利用した資産運用を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

ロールオーバーとは

ロールオーバーの2つのメリット

  1. 非課税期間を5年間延長できる
  2. 上限金額がない

1. 非課税期間を5年間延長できる

ロールオーバーすれば再びNISA口座で金融商品を保有できます。
つまり、非課税期間を5年間延長できるのです。
当然、保有中の金融商品から利益が出ても、利益に税金はかかりません。

2. 上限金額がない

ロールオーバーの2つのデメリット

  1. 翌年は非課税投資できないかも
  2. つみたてNISAは対象外

1. 翌年は非課税投資できないかも

たとえば一般NISAで100万円分をロールオーバーすれば、投資枠は20万円分残ります。
そのため、翌年は20万円分の投資が可能です。
しかし、120万円以上の場合は投資できないため、金融商品を保有するのみとなります。

2. つみたてNISAは対象外

つみたてNISAを利用している場合は、非課税期間が終了すると口座内の金融商品は自動的にNISA口座以外(課税口座)に払い出されます。
ただ、つみたてNISAは非課税期間が最長20年間と長いため、それほど気にする必要はないと考えられます。

ロールオーバーしない場合はどうなる?

NISAのロールオーバーについて悩む女性

  1. 非課税期間内に売却する場合
  2. 手続きを忘れていた場合

1. 非課税期間内に売却する場合

通常は金融商品に投資して損失が出ても、ほかの投資用口座で利益が出ていれば、損失と利益を相殺する損益通算ができます。
損益通算は損失分で利益を少なくできるため、税金を減らせるメリットがあります。

非課税になるメリットを活かすためにも、売却はあくまでも今後の値上がりが期待できない状態で検討することをおすすめします。

2. 手続きを忘れていた場合

ロールオーバーの注意点

翌年の投資枠は、それまでと同じ金融機関に設定する必要があります。
ほかの金融機関で取り扱っている金融商品に投資したいからといって、そちらに口座開設してしまうと、ロールオーバーの手続きができません。
ロールオーバーしたい場合は、あくまでも同じ金融機関に投資枠を設定しましょう。

ロールオーバーの手続き

手続きでは、現在利用している金融機関にロールオーバー手続きのための書類を提出する必要があります。書類の名称は金融機関によって異なります。

PWM日本証券での書類の名称は非課税口座内上場株式等移管依頼書です。

ロールオーバーすれば、非課税期間を実質10年間まで延長できます。
値上がりが見込める状態で急いで現金化する必要がなければ、ロールオーバーをするメリットがあるでしょう。
手続きを忘れてしまうと、そのまま課税口座に移されてしまうため注意してください。
とくに、損失が出ている状態では当初の購入価格より値下がりしていても、移管後の値上がり分には税金がかかります。
自身の非課税期間は定期的にチェックしておくようにしましょう。
手続き等で不明なことがあったら、IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)に相談するのもひとつの手です。

マネカレ編集部による編集記事です。
マネカレは、2021年9月に開設されたばかりの資産運用情報メディア。
今後もIFAや各種資産運用に関するさまざまな記事を配信してまいります。

NISAの非課税枠、限度額を超えた分はどうなる? 意外と知らない、NISAの注意点

NISAのロールオーバーのイメージ


非課税期間が終了した一般NISA。その後の選択肢は、「売却」「課税口座に移す」「ロールオーバー」の3つ

例えば、2017年に100万円で投資した投資信託が2021年の非課税期間終了時に50万円になっていたとします。翌年(2022年)の一般NISAの上限額は、120万円ですから、ロールオーバーしても70万円分の枠が残ります。2022年の一般NISA口座で新規に買付できるのは70万円までとなります。

一方、2017年に100万円で投資した投資信託が2021年の非課税期間終了時に180万円になっていたとしましょう。このように120万円を超えても翌年(2022年)の非課税枠にロールオーバーすることができますが、2022年の一般NISA枠をすべて使い切ったことになり、この年に新たな投資はできないことには注意が必要です。

新NISAはどうなる?

新NISAは2階建ての構成になっていることがポイントです。まずは1階部分のつみたてNISA商品20万円分の枠を使ってから(全部使い切らなくても、たとえ1,000円だけでも使えばOK)、2階部分の102万円の枠が使えるようになります。ただし、新NISA施行以前から一般NISA口座を持っている人は、最初から2階部分を使い始めることも可能です。

ここで重要なポイントが、一般NISAから新NISAへのロールオーバーは、2階の枠から使う点です。ロールオーバーで2階部分を使い切ってしまうと、1階部分の投資枠しか使えず、購入できる商品がつみたてNISA対象の銘柄だけになってしまいます。
新NISAは少し複雑ですので、下記記事を合わせて読んでいただき、より良い資産形成を実現してください。

NISAロールオーバーとは

公開日 : 2019年9月11日 / 更新日 : 2020年4月14日

7 STEPでマスター

「ロールオーバーって聞きなれないけどなんなの?」
「ロールオーバーすべき人とすべきでない人の状況をだれか教えてー!」 と心から叫びたい方にぜひ見ていただきたい記事です!

この記事では「ロールオーバーとは何か」についてから、実際のNISAでの取引状況別に、 あなたが本当にロールオーバーすべきかなのか、他の手段を取るべきなのか を解説していますので是非参考にしてみてください。

そもそもNISAとは?超簡単に解説!

ロールオーバーとは

NISAの非課税期間は5年です。
ロールオーバーとはNISAの5年間の非課税期間が満了後、追加で5年間非課税で投資ができる制度です。ロールオーバーをすることで翌年の保有している有価証券をNISA枠に移すことにより、非課税期間を最大10年まで延長することができます。

つまり ロールオーバーとは「非課税期間の延長」 と覚えておくと良いでしょう。

NISAロールオーバーとは

ロールオーバーのメリット

非課税期間を延長できる

ロールオーバーの最大のメリットは、先述の通り非課税期間を延長することで 最大10年間 も非課税期間で資産運用ができることです。

このようにNISA満了後も ロールオーバーをするメリットは大きい です。

非課税延長の注意点

NISAの非課税投資枠は120万円ですが、2017年の法改正によって 保有している株が120万円を超える場合もロールオーバー ができるようになりました。
今後株価が上昇して利益がより増えたとしてもロールオーバーをしていれば 非課税になり続けます。

ただしここで1点注意すべきことが、翌年の非課税投資枠をすべて使用してしまうので 翌年は新たに非課税枠で株や投資信託を購入できない という点です。

150万円をロールオーバーする場合は「非課税投資枠120万円 – 150万円 = -30万円」となります。
つまり非課税投資枠を使い切ることになるので 翌年はNISA口座で金融商品を購入することができなくなります。

りな先生(ワンポイント)

含み損の出ている金融商品の節税

非課税期間終了の際に、現在は含み損を抱えている株の中で今後成長しそうなものについては、ロールオーバーすることで 損をしないように節税する ことができます。

将来性を感じ取得した株が値下がり、含み損を抱えてしまったときについて考えていきましょう。
①課税口座に移した場合②ロールオーバーをした場合 の2つの場合に分けたイラストが下記になります。

イラスト①は含み損を抱えたまま課税口座に移管した場合です。
この場合課税口座では「移管された時点の評価額の50万円」が株の購入金額とみなされます。
なので課税口座移管後に株価が上昇した際は、上昇した30万円が利益と見なされ20.315%の課税されます。
この場合だともともと取得した価格に戻ったものの、 NISAロールオーバーとは 課税されることで結果損失 を出してしまいます。

イラスト②では、含み損を抱えロールオーバーをした場合です。
この場合は同じく「移管された時点の評価額50万円」で株を取得したことになります。
しかし、 ロールオーバーで非課税期間が延長されているので上昇した30万円は課税は一切されません。

一般NISAで知っておくべき知識!「ロールオーバー」とは何なのか?

どんどん

「一般NISA」「つみたてNISA」というお得な制度はすでにお使いですか?

今回は「一般NISA」を活用するうえで知っておきたい 「ロールオーバー」 について解説いたします。

NISAのとは

どんどん

NISAについてのおさらい

NISAとは「Nippon Individual Saving Account」の略なんです。

ISAを日本へ輸入

一般NISAとつみたてNISAの違い

ロールオーバーとは?

どんどん

ロールオーバーとは?

まず、 一般NISAの運用期間は基本的に5年間 なっています。
5年間の運用が終わると、NISA口座にある株などの金融資産をどのようにするか3つの方法から選ぶことが出来ます。

NISA5年後の行方

売却と移行

「③ロールオーバー」は一般NISA口座にある金融資産を 新たな一般NISA口座へ移すこと です。

ロールオーバーの基本

このロールオーバーをすることにより、 一般NISAは最長10年運用することが可能 と言われているわけです。

ロールオーバーの活用

ロールオーバーの特徴

①運用益を含めた全資産の移行が可能

5年間運用したことにより資産が120万円以上になっている可能性があります。
一般NISAの年間投資額上限は120万円ですが、ロールオーバーする際は120万円を超えていても 全額移管 することが出来ます。

全額移管可能

② 一部のみの移行が可能

全ての資産ではなく、 一部の資産のみロールオーバー することもできます。

一般NISAの年間運用限度額は120万円ですので、一部の資産のみ移行した場合は年間限度額の120万円になるまで 追加で金融商品を購入 することが出来ます。

一部のみ移行

一般NISA ロールオーバーの注意点

どんどん

「NISA」「つみたてNISA」の関係を整理。ロールオーバーは?併用は可?

さて、その「NISA」の特長をいま一度確認すると、下記の3つが上げられます(表参照)。

通常、投資で利益が出た場合は20.315%が課税されますが、「NISA」の場合、利益にかかる税金はゼロです。たとえば課税口座(一般口座や特定口座)で100万円の金融商品を運用して10万円の利益が出たとすると、売却時には2万315円が税金として差し引かれます。しかし「NISA」であれば、すべて手元に残ることに。これは「つみたてNISA」も同じです。

ロールオーバーは、年内購入分まで!

「NISA」の特長の一つであるロールオーバー(新たな非課税投資枠に移すこと)については、2017年の法改正により上限枠が撤廃され、120万円を超えてもロールオーバーできるようになりました。さらに、2014年から「NISA」を開始した方にとって2018年はちょうど5年目になるため、今年の年末には、
【1】ロールオーバー
【2】非課税期間内に売却
【3】課税口座への移管 …… のいずれかの選択が迫られます。

「NISA」 から「つみたてNISA」に変更すべきか否か?

なかには「NISA」 から「つみたてNISA」に変更すべきか、悩ましい思いを抱いている方もいるかもしれません。もし「つみたてNISA」 に変更するなら、NISA口座を開設している金融機関にて切り替え手続きをとる必要があります。NISA保有の商品はそのまま「NISA」に残しておくことも可能で、購入から最長5年間は非課税ルールが適用されます。

長期運用をめざす「つみたてNISA」の大きな特長

これはつまり、積み立てながらコツコツ資産を増やしていくことが期待される制度なので、逆にいえば難しい売買のタイミングを考えなくてもよい、投資初心者向きの制度といえます。
その大きな特長は……、
●年間の非課税投資枠は40万円
最長20年、2037年まで最大800万円までを非課税で投資できる
●投資信託で得た利益(分配金や売却益)が、最長20年間課税されない
●国が選定した商品のみ販売

余裕があれば、「NISA」「イデコ」両立の手も

金融庁は「長期」「少額積立」「分散投資」をめざしているために、相対的にリスクが低く、長期運用にふさわしい国内外のインデックス投信が中心となって選定されています。
「つみたてNISA」の非課税枠は40 万円/年なので、単純計算すると月に約3万円の積立額になります。この数字からも(捻出額は家族構成や年収、ライフプランにもよりますが)、無理なく続けられる範囲内の金額を想定・設定していると考えられます。メリットのひとつとして、途中で解約することも積立額を変更することも可能なので、投資 = リスクを許容しつつ、柔軟性をもちながら資産形成を進めていくことができるでしょう。
ご存じの通り「NISA」と「つみたてNISA」の併用はできないものの、資金に余裕があれば「NISA」と「イデコ」の両立という方法も考えられます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる