オプション 取引ルール

弱いトレンドを認識するためのオシレーター

弱いトレンドを認識するためのオシレーター
以下のチャートは、ユーロ円の1時間足です。RSI(青いライン)と、CCI(青いライン)の期間は共に14です。

CCI解説(3)CCIのダイバージェンスを使いこなそう

CCI

CCI特集:目次

CCIは、Commodity Channel Indexの略で、商品チャンネル指数と呼ばれるオシレーター系のテクニカル指標です。CCIが反応が他のオシレータよりも早く、また繊細に反応する特徴があります。反応が早いということは、裏をかえせばダマシが多いことです。ダマシを回避してCCIを最強インジケータとして使うためのヒントをご紹介します。

CCIのダイバージェンスは感度抜群

CCIのダイバージェンスはとても感度が高いので、RSIのダイバージェンスの先行シグナルとして両方を使うことで、優位性の高いエントリーができる可能性がある と思います。

事例その1

以下のチャートは、ユーロ円の1時間足です。RSI(青いライン)と、CCI(青いライン)の期間は共に14です。

を示しています。RSIの方は、 「丸A:(弱気の)ヒドゥン・ダイバージェンス」だけを捉えている間に、CCIの方は、「丸B:(強気の)通常ダイバージェンス」と「丸C:(弱気の)通常ダイバージェンス」の両方を捉えている ことがわかります。

事例その2

この事例では、 RSIが1回の(弱気)通常ダイバージェンスだけを捉えている間に、CCIの方は、2回の(弱気)通常ダイバージェンスと、1回の(強気)通常ダイバージェンス、合計3回のダイバージェンスを捉えている ことがわかります。

CCIのダイバージェンスと平均足

なお、 平均足を採用すると、CCIの威力と組み合わせることで、さらに的確なエントリーができる可能性がある と思います。以下のチャートは、上の事例その1のチャートと同じものを平均足で表示したものです。

無料のFXチャートおすすめ7選!初心者向けに見方からテクニカル分析のやり方まで解説

無料のFXチャートおすすめ7選!初心者向けに見方からテクニカル分析のやり方まで解説

FX

「FXチャートを確認するならこれ!っていうサイト(もしくはアプリ)を教えてほしい」

FX取引ではチャートを使ったテクニカル分析が必須ですが、無料で使いやすいチャートサイト(アプリ)があれば知りたいですよね。

そこで本記事では、 無料のおすすめFXチャートをスマホ版、PC版に分けてそれぞれ紹介していきます。

FXチャートサイトを選ぶときのポイント3つ

テクニカル分析をする上で、FXチャートは重要な存在です。

1.画面は見やすいか

FXのチャート選びにおいて、 チャート画面が見やすいかは非常に大切です。

各チャートによって、デザインや注文画面の表示が異なります。

画面の見やすさを重視するならPCがおすすめです。

2.機能が充実しているか

テクニカル指標の種類や描画ツールなどが豊富なチャートがおすすめです。

機能性が充実しているのはPCチャートです。

いつでもどこでも気軽にFX取引をするなら、スマホのチャートがおすすめです。

3.無料で使えるか

中には有料のFXチャートサイトもありますが、 弱いトレンドを認識するためのオシレーター コストを抑えるためにも無料のチャートがおすすめです。

有料チャートは、利用できるテクニカル指標や描画ツールなどが多いなど、機能性が無料のチャートよりも充実しています。

ただ、FX初心者のうちは使いこなすのが難しいので、無料チャートで十分でしょう。

【スマホ版】FXチャートおすすめアプリ4選

スマホなら場所を問わずに、隙間時間などを利用して取引することができます。

  • DMM FX:シンプルなチャートで分析しやすい!
  • GMOクリック証券:高度なテクニカル分析ができる!
  • MATSUI FX:1通貨から取引できる!
  • SBI FXトレード:ワンクリックで注文から決済まで完結できる!

DMM FX:シンプルなチャートで分析しやすい!

スマホアプリ DMM FXの特徴

  • シンプルな取引画面で快適な取引が可能
  • 11種類のテクニカル指標が使える
  • 取引に必要な操作がスマホで完結
  • 注文方法が豊富

チャート分析から入出金・取引・マーケット情報の確認まで、取引に必要な操作がスマホで完結します。

シンプルな取引画面になっているので、FX初心者でも快適な取引が可能です。

スマホ版のチャートで11種類のテクニカル指標が使えることも魅力的です。

チャート分析からワンタッチで発注もできる ので、取引チャンスを逃すこともありません。

スマホアプリ DMMFXを利用するためにも、まずはDMM FXの口座開設をしましょう。

GMOクリック証券:高度なテクニカル分析ができる!

GMOクリック証券の特徴

  • 12種類のテクニカル指標が使える
  • ライン描画ツールが12種類搭載
  • 画面を4分割、最大16チャートを同時に分析できる
  • 「スピード注文チャート」で分析しながらワンクリックで注文できる

最大の特徴は、チャート画面の見やすさ・使いやすさです。

チャートを横画面にすると画面を4分割、最大16チャートを同時に表示可能 弱いトレンドを認識するためのオシレーター です。

ここぞ!というタイミングを逃したくない人は、ぜひ使ってみることをおすすめします。

GMOクリック証券 FXneoを利用するためにも、まずはGMOクリック証券の口座開設をしましょう。

MATSUI FX:1通貨から取引できる!

MATSUI FX アプリの特徴

  • 1通貨から取引できる
  • パソコン並みの豊富なテクニカル指標
  • 弱いトレンドを認識するためのオシレーター
  • 気配をタップするだけで即発注できる
  • 複数の為替レートを一度にチェックできる

MATSUI FX アプリは、松井証券が運営するアプリ版無料チャートです。

MATSUI FXの魅力はなんと言っても1通貨から取引できることです。

スマホ版FXチャートもシンプルなデザインで、パソコン並みのテクニカル分析ができるので、初心者向け と言えます。

また、 「スピード注文」「チャートスピード注文」は、最短0秒で更新される為替レートを見ながらワンクリックで発注可能です。

MATSUI FX アプリを利用するためにも、まずはMATSUI FXの口座開設をしましょう。

SBI FXトレード:ワンクリックで注文から決済まで完結できる!

SBI FXトレードの特徴

  • ワンクリックで注文から決済まで完結できる
  • シンプルで見やすいチャート
  • 横画面で最大4画面まで分割できる
  • チャート読み上げ機能を搭載

チャートはシンプルで見やすく、FX初心者でも直感的に操作できることが魅力です。

また、ワンクリックで新規注文から決済注文まで完結するのも魅力的です。

SBI FXトレードアプリを利用するためにも、SBI FXトレードの口座開設をしましょう。

【PC版】FXチャートおすすめサイト3選

PCはスマホに比べて画面が大きいので、チャート分析がしやすいです。

また、スマホにはない機能がPC版のみに搭載されている場合もあるので、 しっかりチャート分析したい人は、PC版のチャートを使うのがおすすめです。

  • GMOクリック証券:初心者でも扱いやすいチャート!
  • 弱いトレンドを認識するためのオシレーター
  • DMM FX:29種類のテクニカル指標が使える高機能チャート!
  • LIGHT FX:高機能分析ツール「Trading View」が利用できる!

GMOクリック証券:初心者でも扱いやすいチャート!

GMOクリック証券(プレミアチャート)の特徴

  • チャートを見ながら素早く発注する「スピード注文」機能が搭載
  • 38種類のテクニカル指標が使える
  • 25種類の多彩な描画オブジェクトに対応
  • 最大16分割のチャート表示が可能

GMOクリック証券のプレミアチャートは、初心者でも扱いやすいと評判のチャートです。

スピード注文機能を使うことで、新規注文から決済注文までをワンクリックで操作することができます。

利用できるテクニカル指標は38種類と豊富で、多彩な分析手法にも対応可能です。

また、トレンドラインや水平ラインなど、多彩な描画オブジェクトも用意されているので、チャート分析の機能面で困ることはないでしょう。

複数のチャートを一覧で表示しながら、相場のトレンドを分析するのに最適です。

GMOクリック証券のプレミアチャートが気になる方は、まずGMOクリック証券の口座開設をしましょう。

DMM FX:29種類のテクニカル指標が使える高機能チャート!

DMM FX(プレミアチャート)の特徴

  • 29種類のテクニカル指標が使える
  • 経済指標情報をスクロール表示
  • アラート機能が充実している
  • チャートのカスタマイズ性に優れている

次にご紹介するのは、 DMM FXが提供するPC版無料チャート「プレミアチャート」です。

トレンド系15種類、オシレーター系14種類、計29種類のテクニカル指標が使える高機能チャートが特徴です。

アラート機能も充実しており、あらかじめ設定しておいたレートに到達するとポップアップと音声で知らせてくれます。

取引のタイミングを逃す心配もありません。

高精度なチャート分析にも向いているので、 FX初心者から上級者まで幅広いトレーダーにおすすめのチャートです。

プレミアチャートが気になる方は、まずはDMM FXの口座開設をしましょう。

LIGHT FX:高機能分析ツール「Trading View」が利用できる!

LIGHT FX(アドバンスドトレーダー)の特徴

  • 分析ツール「Trading View」が利用できる
  • 自分にチャート画面をカスタマイズできる
  • 20種類のテクニカル指標が利用できる
  • 一目で損益状況がわかる

アドバンスドトレーダーは、LIGHT FXが提供するPC版無料チャートです。

アドバンスドトレーダーというチャート以外に、全世界1,500万人以上が利用する分析ツール「Trading View」が利用できます。

Trading Viewを使えば、アドバンスドトレーダーよりも、高度な分析が可能です。

アドバンスドトレーダー Trading View
テクニカル指標 20種類 87種類
描画オブジェクト 15種類 81種類

テクニカル指標や描画オブジェクトの種類が大きく異なるので、 高度な分析をしたい人はTrading Viewを利用することをおすすめします。

アドバンスドトレーダーまたはTrading Viewを利用するためにも、まずはLIGHT FXの口座開設をしましょう。

FXチャートの見方を覚えよう

使用するFXチャートが決まったら、さっそくFXチャートの見方を覚えましょう。

FXチャートの見方を覚えて実践してみましょう。

  • 通貨ペアと時間軸の設定
  • ローソク足の見方
  • 移動平均線の見方
  • トレンドラインの見方

通貨ペアと時間軸の設定

まずは、通貨ペアと時間軸の設定です。

FXは2つの通貨の組み合わせを通貨ペアと言います。 米ドルと日本円なら「米ドル/円」、ユーロと米ドルなら「ユーロ/米ドル」のように表します。

FX初心者は、値動きが安定している米ドル円(USD/JPY)やユーロ円(EUR/JPY)がおすすめです。

FX初心者には、1時間足や4時間足がおすすめです。

1分足や5分足は値動きが早くて、落ち着いて分析することができません。

ローソク足の見方

ローソク足とは為替相場の値動きを示す指標で、チャート分析の基礎です。

現在は世界中で使われており、 チャート分析にローソク足は欠かせない指標の1つです。

  • 始値:期間開始時の価格
  • 終値:期間終了時の価格
  • 高値:期間中で最も高い価格
  • 安値:期間中で最も安い価格

始値よりも終値が高いローソク足を「陽線」、始値よりも終値が低いローソク足を「陰線」と言います。

また、 ローソク足から上下に飛び出した線は「ひげ」と呼ばれ、期間中の高値と安値を示します。

移動平均線の見方

移動平均線は一定期間の価格から平均値を算出して、それを折れ線グラフにしたものです。

最も有名なインジケーター であり、FX初心者から上級者まで幅広いトレーダーに人気があります。

移動平均線は線の向きや傾きでトレンドの方向性や強さを分析します。

  • 移動平均線が上向き:相場が上昇傾向
  • 移動平均線が下向き:相場が下降傾向
  • 移動平均線の傾きが大きい:強いトレンド
  • 移動平均線の傾きが小さい:弱いトレンド・レンジ相場

複数の移動平均線を組み合わせることで、トレンド発生のタイミングを察知することも可能です。

トレンドラインの見方

トレンドラインとはトレンドに従って斜めに引くラインです。

名前の通り、 トレンド相場で用いられる指標で、トレンドの方向性や強さを把握することができます。

チャートが上昇トレンドを形成している場合は安値同士を結び、チャートが下降トレンドを形成している場合は、高値同士を結びます。

トレンドラインを引くことで、現在の相場状況を簡単に把握することができます。

FXチャートでテクニカル分析をしてみよう

FXで利益を出していくにはテクニカル分析が欠かせません。

テクニカル指標には、大きくトレンド系とオシレーター系の2つがあります。

トレンド系指標

トレンド系とは、トレンドの方向性や強さを分析する指標です。

移動平均線

移動平均線は一定期間の価格から平均値を算出して、それを折れ線グラフにしたものです。

1本の移動平均線だけでも分析は可能ですが、一般的には複数の移動平均線を組み合わせて使用します。

最も有名な使い方は、 2本の移動平均線を使ったゴールデンクロスとデッドクロスです。

  • ゴールデンクロス:短期移動平均線が長期移動平均線を下から上に抜ける
  • デッドクロス:短期移動平均線が長期移動平均線を上から下に抜ける

基本的に ゴールデンクロスは上昇トレンドの兆し、デッドクロスは下降トレンドの兆しと判断します。

一目均衡表

一目均衡表は5つの線から構成されているトレンド系指標です。

指標がたくさんあり複雑に思われがちですが、使い方はシンプルなのでFX初心者でも使いこなしやすいです。

ローソク足が雲の上に抜けると上昇トレンド、下に抜けると下降トレンドと判断します。

一目均衡表を構成する5つの線全てを見なくても、雲とローソク足だけを見れば簡単にチャート分析ができます。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは上下バンドの向きや幅から相場を分析するトレンド系指標です。

バンドの幅が狭いところから広がったときがトレンドが発生したと判断します。 弱いトレンドを認識するためのオシレーター 弱いトレンドを認識するためのオシレーター

オシレーター系指標

オシレーター系とは、相場の買われすぎ・売られすぎを分析する指標です。

MACDとは、2つの移動平均線を使用して買われすぎ・売られすぎを判断する指標です。

基準となる「MACD(緑)」が「シグナル(オレンジ)」を上から下に抜けたときはデッドクロス発生で、買われすぎ水準にあることを示しています。

逆に、基準となる「MACD(緑)」が「シグナル(オレンジ)」を下から上に抜けたときはゴールデンクロス発生で、売られすぎ水準にあると判断するのです。

RSIとは、相場の買われすぎ・売られすぎを判断するための指標です。

RSIが70%以上で買われすぎ・30%以下で売られすぎ と判断するのが一般的です。

買われすぎ水準では「売り注文」、売られすぎ水準では「買い注文」という逆張りで使用することが多いです。

ストキャスティクス

ストキャスティクスとは一定期間の高値と安値を活用して、現状が買われすぎなのか・売られすぎなのかを判断するテクニカル指標です。

ストキャスティクスが80%以上で買われすぎ・20%以下で売られすぎと判断するのが一般的です。

RSIと同様、買われすぎ水準では「売り注文」、売られすぎ水準では「買い注文」という逆張りで使用することが多いです。

FXチャートに関するよくあるQ&A

  • 専門用語はどこで勉強すれば良いですか?
  • 本気でFXをやるなら有料チャートの方が良いですか?

専門用語はどこで勉強すれば良いですか?

専門用語は、それぞれのアプリ・公式サイトの用語解説ページにて勉強できます。

さらに深く勉強したい場合は、FXに関する本で勉強するのもおすすめです。

本気でFXをやるなら有料チャートの方が良いですか?

本気でFXをやる方でも 初心者の内は無料チャートで十分でしょう。

無料チャートと有料チャートの基本的な違いは、利用できるテクニカル指標や描画ツールの種類です。

どうしても有料チャートの機能を使いたい人以外は、無料チャートで十分です。

無料のFXチャートおすすめ7選 まとめ

中には有料のチャートもありますが、無料のチャートでも高精度な分析ができます。

FX業者によってチャートの見やすさや使いやすさ、機能の充実度が異なるので、口座開設前にしっかり確認しておく必要があります。

外国為替の収束と発散。 違いは何ですか?どのように適用しますか?

組み合わせによる古典的な技術分析の有能な使用 指標 そして、ニュースの背景を考えると、それは取引への最も専門的なアプローチと考えられています。 この記事では、トレーダーが市場への参入ポイントを見つけるのに役立つ最も強力なシグナルのXNUMXつと見なされるに値する発散現象を分析します。 リバース信号-収束とその機能-について知りましょう。 誤った信念と、発散が誤ったシグナルを与えるケースを見てみましょう。 シグナルはめったに表示されないため、価格チャートでの表示には細心の注意が必要です。 価格チャートとインディケータの振る舞いの不一致は、可能な反転のアプローチを示し、適切な分析により、最小ストップロスの配置で市場への収益性の高いエントリポイントを見つけるのに役立ちます。

外国為替の発散と収束

両方の信号は互いに反対です。 価格チャートでそれらを検出するには、発散または収束を検出するために最も頻繁に使用されるインジケーターを設定する必要があります- MACD, 確率論的な, 素晴らしいオシレーター (AO)または RSI.

売られ過ぎまたは買われ過ぎのゾーンをマークするインジケーターの使用は偶然ではありません。 技術分析におけるこれらのゾーンでの価格チャートの存在自体が、逆転の可能性を示す強力なシグナルと見なされます。 そのようなゾーンでの分岐の形成は、それらの関連性の追加の確認です。

発散と収束の外国為替

Forexの収束とその重要性

収束は価格の収束です。つまり、価格チャートはインジケーターチャートに向かって移動します。 この場合、新しい各最低価格が低くなり、逆に指標チャートでは高くなることがわかります。 両方のグラフが互いに近づく、または収束し始めます(英語から翻訳されます。「収束」)。

外国為替の収束

収束信号の操作の機能

コンバージェンスは、価格の下落チャートで発生する強気のシグナルまたは強気の発散バリアントと見なされます。 下降トレンドの差し迫った逆転を示す可能性があります。 多くのトレーダーは、チャートの価格と指標線が収束する角度の傾きの程度が異なるXNUMX種類のパターンを区別しています。 ここでは単純なルールが機能します。線の収束角度が大きいほど、主な傾向の逆転が近づくための信号が強くなると見なされます。

有名なトレーダーの作品に精通すると、古典的な分析では発散のみが定義されていることがわかります。 外国為替の発散と収束は、反対のパターンと価格変動の方向によって形成されるXNUMXつの信号であることがわかります。 チャートとインジケーターの動きに応じて、強気から弱気の傾向へ、またはその逆、弱気から強気への逆転の可能性についてトレーダーに通知します。 弱いトレンドを認識するためのオシレーター アレクサンダーエルダーは、彼の著書(「技術分析における最強のシグナル:トレンドの発散と逆転」)でトレーディングの第一人者として世界的に認められており、一般的な用語である発散の下での収束と発散のシグナルについて説明しています。 これは理にかなっています。実際、信号は同じですが、発散オプションが異なるだけです。

トレーディングに収束を使用する方法:

  • 収束信号の出現はトレンドの変化を保証するものではなく、トレンドがフラットに移行することを通知する場合があります。そのような状況では、信号は現在のトレンドの減速を示していると言えます。
  • パターンを形成するために、チャート上にXNUMXつのトップを表示する必要はありません。収束の起点の信号は、XNUMXつのトップを持つチャート上に形成できます。
  • 形成された収束を確認するために、一般的な技術分析の反転パターン(たとえば、頭と肩)を使用できます。 新たな収束信号を二重に確認することで、信号強度と計画された傾向の変化に対する信頼性が高まります。
  • シグナルが生成された時点で資産を売却するためのオープンディールがある場合は、逆転が計画されているため、ポジションの削減またはクローズを検討する価値があります。

収束取引を開始するための主なルール:

  • シグナルは強力でなければなりません。つまり、チャートの価格とインジケーターの発散の角度が大きいほど、より良いものになります。
  • MACDヒストグラムを操作する場合、インジケーター値は0マークを上回ります。
  • トレンドラインが突破し、価格はその下に固定されます。
  • 逆転は強力なサポートレベルで発生します。

市場参入シグナル

写真では、コンバージェンス中に市場に参入するための可能なオプションのXNUMXつを示しました。 極大値の形成を待つ必要があります。 次に、シグナルキャンドルが形成されます。 その後、次のローソク足は信号のローソク足の上に固定されます。 ここで取引を開始できます。 より慎重なトレーダーの場合、後のキャンドルでのエントリーが可能です。 ストップロスは、シグナルXNUMXの前の最後のローソク足の終値に設定されます。

Forexの発散

先に述べたように、外国為替の発散と収束は互いに反対の信号です。 相違がある場合、価格チャートと指標チャートの間に不一致があります。 言い換えれば、価格チャートは上向きに移動し、新しい極値を形成しますが、逆に、インジケーターインジケーターは減少し、新しい安値を形成します。

発散信号

上の写真では、発散信号を示しています。 ここでは、Euro / 弱いトレンドを認識するためのオシレーター USDollarペアの価格のチャートが成長し続けている一方で、インジケーターが完全に反対方向に移動していることがわかります。 しばらくすると、価格表も下落に転じます。 MACDヒストグラムは、ゼロラインを下向きに分割したときに現在の傾向を疑う重大なシグナルを提供します。 明らかに、ペアの価格は現時点でピークに達しており、しばらくするとトレンドは弱気に変わりました。 ヒストグラムは、トレンドの逆転を事前に警告していました。

発散信号を定義しましょう

外国為替分岐ゾーン

  • まず、写真に示されているように、現在の傾向を判断します-それは上昇しています。
  • 価格変動の方向に応じて、最小値または最大値を定義します。 私たちの場合、これらは最大値です。
  • さらに、チャートでは、2つの最大値(または写真で判明した3つ)を選択し、その上部にトレンドラインを描画します。これにより、発散の原因についてのシグナルが得られます。
  • 次に、インジケーターがチャートに重ねられます。 発散を特定するのに最も適しているのは、この例で使用したMACDヒストグラムです。
  • また、ヒストグラムの最大点をトレンドラインで接続します。 価格表のマークされた線と時間的に一致するように努めています。
  • 線を引いた後、価格の相違が発生したことは明らかです。これは、反転の可能性を示しています。 市場への参入ポイントを決定する必要があります。 最初に形成されたローソク足で取引を開くための最良のオプションは、以前のローソク足よりも低かったです。 その上に形成された発散。
  • 取引の終了は、最初のローソク足が形成されたレベルであり、前のローソク足よりも高い価格で終了しました。 これは、減速とトレンドの逆転の可能性を示しています。
  • ストップロスは、発散信号が現れた価格の高値よりわずかに上に設定されます。

オシレーター信号を操作する機能

可能性のある発散または収束を決定するときは、インジケーターを使用することが不可欠です。 トレーダー間の相違を識別するために最も一般的なのは、RSI、MACDヒストグラム、または確率論です。 作業に最も推奨されるのはヒストグラムです。

ゾーンのない発散

  1. より単純な認識のために、ヒストグラムは緑と赤のXNUMX色で作成されます。最初の色は成長を示し、XNUMX番目のオプションは価格の引き下げです。 上の画像では、AOインジケーターを使用しています。 それは安値の形成、価格の引き下げ、および安値の次の形成の後のエントリーポイントを示しました。 弱いトレンドを認識するためのオシレーター これは価格チャートの新しい高値と同時に発生し、次のローソク足でトレンドが反転しました。
  2. 発散の形成後の反転の最も強い信号は、ヒストグラムがXNUMXつのトップではなくXNUMXつのトップを形成したときに考慮されます。 価格はXNUMXつの最大値を形成し、少しロールバックしてから、XNUMX番目の最大値が表示されました。 この現象を発散累積といいます。 私は彼について少し後で書きます。
  3. グラフの勾配または発散が形成されるほど、発散を解決する可能性が高くなります。

発散蓄積の特異性と重要性

MACDヒストグラムのチャートを分析するとき、次の各極値がゼロ線と交差しないのに、ローカル極値がインジケーターチャート上に形成される状況がしばしば発生します。 その場合、XNUMXつのピークを形成することはできませんが、XNUMXつまで形成できます。 多くのトレーダーは、そのような状況でポジションを閉じます。

これは、発散がチャート全体ではなく、ローカル部分で推定されるために発生します。 そしてこの部分では、よりグローバルな動きの枠組みの中でトレンドの変化があります。 言い換えれば、一般的なスケジュールに関連して修正があります。 修正後、メイントレンドが続くと、メイン方向を確認するインジケーターが(0ラインを越えずに)新しい最大値を形成し、メイントレンドに沿って移動します。 今、それらは一つの強い信号になります。 トレンドが変わるまで動きは続きます。

以前の強い傾向がある場合、発散が現れます。価格チャートの横方向の動きで信号を探すことは無意味です。 弱いトレンドを認識するためのオシレーター 発散を決定するために使用されるインジケータ信号は、市場での量の増加とともに増加します。 後者は、現在の傾向を変えることを主な目的として、専門家や大企業が巨額の資金を注入した結果として成長しています。 トレンドの方向性を変える追加の要因は、重要な経済的または政治的ニュースのリリースです。

発散と収束の外国為替が誤った信号を与える可能性がある状況

技術分析の形成と発展の歴史を通じて、トレーダーは多数の信号、グラフ図、パターンを分析して表示してきました。これらの信号の価格チャートへの表示は、トレンドの逆転または横方向の動きの開始の可能性を示しています。 単一の信号では、100%確実に機能することはできません。 発散には、信号がチャートに表示されるときに考慮すべき機能もあります。

  1. 多くの場合、その後うまくいかない分岐の出現は、市場が一休みしたいという欲求に関連しています。 これは、重要な政治的または経済的なニュースが発表される前夜に発生します。 したがって、専門家は、市場で強いネガティブまたはポジティブなイベントが存在しない期間にのみシグナルを使用することをお勧めします。
  2. アナリストは、5分または15分の短い時間枠では発散は無意味であると述べています。 信号が発信された時間枠が古いほど、うまくいく可能性が高くなります。 H1、H4以上のチャートは何に使用されますか。
  3. 追加の方法を使用して相違を分析し、一般的な市場の状況、量を調べ、技術分析の追加の方法を使用することをお勧めします。 たとえば、反転チャートパターン(頭と肩、またはダブルボトムまたはトリプルボトム)を使用します。 さらに、ローソク足チャートを分析して、逆転またはトレンド継続のローソク足の組み合わせを特定します。

多様性の発散と収束

  1. 古典的な発散。 これは、トレンドの逆転の可能性を示すシグナルであり、チャートの移動方向のタイプ(収束または発散)に応じて、ショートセルポジションまたはアンティークのバイトレードを開くのに役立ちます。 価格チャートとインジケーターの高値は反対方向に形成されます。
  2. 非表示。 それが形成されると、価格チャートのそれぞれの高い最大値がインジケーターの最小値に対応します。 およびその逆。 このような相違は、現在の傾向が続いていることを示しています。
  3. 弱いトレンドを認識するためのオシレーター
  4. 弱い。 このような相違がある場合、価格チャートの最大ポイントはほぼ同じレベルにあり、極値ポイントはインジケーターに表示されません。

結論。 市場に参入するための強力なツールとしての分岐信号

発散シグナルは世界中のトレーダーによって認識されています。 多くの文献がこの問題の研究に費やされています。 やってみる チャート上で発散パターンを自分で分析して、シグナルでトレードして稼ぐために必要な経験を得る。 相違を分析するためのわかりやすく便利な指標を自分で決定します。

発散モデルの主な利点:

  • 任意の時間枠で使用でき、より高い時間間隔での発散の存在によって受信信号を確認します。
  • トレンドの方向と主要な価格変動の両方に対して、発散信号を使用して取引できます。
  • 形成されたパターンに関係なく-非表示、クラシック、または弱い、それらは強い信号を示します。

他の信号または技術分析モデルと同様に、Forexの発散と収束は正確な逆転パターンではないことを覚えておくことが重要です。 特定の市況(短い時間枠または重要な経済イベントのリリース)では、シグナルが誤ってしまう可能性があります。 経験豊富なトレーダーは、結果として生じる発散信号を徹底的に分析するために補助ツールを使用することをお勧めします。 これは、考えられる誤った兆候を特定し、ストップロスによるポジションのクローズを最小限に抑えるのに役立ちます。

FXトレード研究会(FTK) | 実力派トレーダー集団が運営するFXブログ

FXトレード研究会(FTK)が運営するブログでは、FX初心者でも利益を出せる情報提供とともに日々のトレード検証結果、収支報告などを無料で公開します。 また情報商材業界で出回っているFX情報商材を検証および評価していきます。

FXトレード研究会(通称:FTK) 管理人自己紹介

FTK管理人(メンバー別紹介)

検証評価カテゴリー(商材別)

記事テーマ カテゴリー

FXトレード研究会(FTK)お問い合わせフォーム

FXトレード研究会(FTK)お問い合わせフォーム

最近の投稿

  • 『先読みRCI』RCI6入門【検証と管理人評価】
  • EVOLUTION(エボリューション)【検証と管理人評価】
  • EVOLUTION-エボリューション-/株式会社Logical Forex,工藤総一郎,金子哲也 【口コミ 掲示板】
  • 原ちゃん道場【会員サイトとマニュアル検証と管理人評価】
  • 原ちゃん道場【検証と管理人評価】

GoddessVictory【検証と管理人評価】

FX強弱判定サインツール「GoddessVictory」

FXを始めたいが、どの通貨ペアを取り扱えばいいかわからない、
トレードに関する一通りの分析手法を勉強はしたものの
実際どの通貨ペアなら勝てるのかよくわからない
と言った声を時折耳にします。

確かに、通貨ペアによって、値動きの特徴も大きく異なりますし、
その時々によって強い通貨や弱い通貨が発生するので、
通貨ペアを適切に選定して、トレードを行う通貨を選ぶことは
トレードで勝つためには重要ではあります。

そのため、どの通貨を取り扱うべきかを選定してくれる
通貨強弱のサインツールについて検証してほしい
というご相談も一部はいっておりましたので、

本日は、有限会社クラフトユタカから販売されている
サインツール「GoddessVictory」について検証したいと思います。

ページの作りは雑ですし、勝率100%などという
業界ならではの非現実的な数字も掲載されているオファーですが、
「GoddessVictory」ではワンクリックで勝利に繋がる
通貨ペアを自動で選択できるとのことです。

勝利に繋がる通貨ペアとは具体的にはどのような通貨ペアなのか?
そしてその様な通貨ペアを選んだとして、本当に「GoddessVictory」で
勝率100%と言った実績を叩き出せるのでしょうか?

ちなみに今回の商品の販売元は有限会社クラフトユタカ
という会社ですが、今回の「GoddessVictory」以外にも、
様々なサインツールを販売している様です。

一方、インターネット上でこれらの商品について調べたところ、
実際の利用者の声と思わしき口コミは一切確認できませんでした…。

また、今回の商品の販売責任者は豊川宣宗氏とのことですが、
同様に豊川宣宗氏のトレーダーとしての実績や経歴は確認できません

「GoddessVictory」はトレンド相場を掴む為のサインツール

「GoddessVictory」ではワンクリックで勝利に繋がる通貨ペアを選択する
とのことですが、この勝利に繋がる通貨ペアとは具体的には
トレンド相場の発生している通貨ペアとのことです。

そして、「GoddessVictory」では様々な通貨ペアが比較表示され、
買われている傾向のある強い通貨が緑色
売られている傾向のある弱い通貨が赤色
で表示されることで、強弱のはっきりした緑色と赤色の通貨ペアを
トレンドの出やすい通貨ペアとして一目で簡単にわかる仕様となっています。

一方、「GoddessVictory」ではトレンド相場に乗ることを重視しており、
具体的にどのタイミングでエントリーや決済を行うのかと
いったサインルールは重要ではないとしています。

つまり、トレンド相場の発生しやすい通貨ペアの発見を
手助けするのみで、トレンド相場で具体的にトレードを
どの様に行うかに関しては完全に購入者の裁量任せとなっています。

確かにトレンドフォローはトレードで大きな利益を出すための
王道の手法ではありますが、FXの値動きのトレンドは必ず転換しますし、
特定の時間足では上方向のトレンドであったとしても、
長期足や短期足では反対に下方向のトレンドであることが
往々にしてあります。

また、ダマシや要人発言や経済指標の発表などで、
トレンドが崩れはしないものの一時的に値動きが大きく崩れ、
ストップロスやロスカットによる損失を発生させることがあります。

「これでダメならFXやめろ!」とランディングページでは
強気な発言がされていますが、トレンドを掴めたとしても負けることは
往々にしてあり、トレンドを掴むだけでなく、
適切に損切りや利食い注文を行うといったトレード手法も重要です。

勝利に繋がる通貨ペアを選定できたとしても 弱いトレンドを認識するためのオシレーター
決して勝てるわけではないことを、購入前に認識する必要があります。

また、同様に気になるのは冒頭の「勝率100%」についてですが、
これは検証期間の特定の1週間において13勝0敗であった
ということを指している様です。

ツールの運用テストをそれなりの期間行っているのであれば、
1週間や13回連続でトレードで勝利すると言ったことは
どのようなツールでも発生します。

これでは、「GoddessVictory」がたまたま1週間勝てた期間を都合の
良いように無理矢理切り取ってアピールしている様に捉えられます。

また、冒頭からお伝えしている通り本ツールは
あくまでトレンドが発生しやすい通貨をわかりやすく明示するだけですので、
実際にトレードを行って勝てるかどうかは完全にトレーダーの
裁量判断に委ねられています。

「GoddessVictory」でトレンドの発生した通貨ペアを選べたとしても、
このように勝てるトレードをスムーズに叩き出せるかは
買った人のの腕前次第ということですので注意が必要です。

勝てるかは購入者の実力と資金力と精神力しだい

「GoddessVictory」では購入特典として、VictoryArrowサインツール
やMAbuttonインジケーターなどの様々なサインツールが
合計18個用意されています。

一方、これらのサインツールはMAやボリンジャーバンド、ピボットなど
MT4に標準装備されているようなごく一般的なサインツール
で構成されていますので、サインツール目的で購入する価値は
ない
と言えるでしょう。

なお、今回の商品の価格は68,000円となっています。

繰り返しお伝えしている通り、「GoddessVictory」は
強い通貨と弱い通貨をわかりやすく明示するだけで、
具体的なトレード手法を提供してくれるわけではありません。

実際にそれらの通貨ペアで勝てるかどうかは
完全にトレーダーの腕前次第です。

勝率100%ということは全くありませんし、
これで勝てなければFXを辞めろと言われる筋合いのない、
かなり大袈裟な広告内容となっています。

それに、冒頭でお話しした様に、通貨ペアによって値動きの特徴が
大きく異なりますので、安易に様々な通貨ペアに手を出すことは
お勧めしません。

それらのネット上の無料通貨強弱ツールを利用するだけでも
「GoddessVictory」と同等の情報は得られると思いますので、
正直なところ必要性をあまり感じません。

引き続き、FXトレード研究会(FTK)で取り上げてほしい
題材(テーマ)などのリクエストも受け付けておりますので
お気軽にいつでもお問合せください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる