オプション 取引ルール

信用リスクの把握

信用リスクの把握
IPOやバイアウトを目指す急成長企業に数万円から投資可能!ESG企業の募集案件も多数

支払い管理とは?企業のお金の流れを把握してスムーズな経営に役立てよう

支払い管理とは?企業のお金の流れを把握してスムーズな経営に役立てよう

そもそも、企業が社会活動を行う際には、商品を製造する設備を整え、原材料費を調達し、人件費等を含めた製造コストを投下、コマーシャル活動を展開し、市場に流通させて売り上げを上げるという何段階ものステップを経なければいけません。各段階で資金を投ずる必要があり、また、売上げが得られるタイミングも不明瞭です。つまり、 「企業の資金が今どこにどれだけあって、いつ現金化できるのか」が分かりにくい という根本的な問題を有しているのです。

この課題に対して何の対策もしなければ、 資金投入を要する経営破断に対して必要な資金を投入できないリスク が生じ、また、気が付かないうちに 資産が損失・価値減少のリスク に晒されるでしょう。ひいては、 企業の存続自体に影響 を及ぼしかねません。

そこで、 支払い管理を適切に行うことで、キャッシュの効率的な運用を実現し、資金コントロール力を高めるのが重要 となります。例えば、無駄な在庫を抱えない、売上債権の回収スピードを早める、資金余力を考慮した仕入債務の支払い期日を取引条件に設定する、余剰資金を運用する、などのマネジメントがこれに該当します。

以上のように、健全な企業経営のためには、 企業におけるキャッシュ残高を正確にマネジメントし、常に自社でコントロールする必要に迫られる ため、支払い管理が重要と考えられます。

支払い管理で重要なのは買掛金管理

支払い管理で重要なのは買掛金管理(債務管理) です。なぜなら、買掛金・債務というものは、債権者に対して支払い義務を負っているものであるため、この義務を履行できなければ、企業に対する社会的評価だけではなく、 法的なリスクにも晒される からです。

もちろん、自社の有する売掛金債権を管理することが重要ではない、ということではありません。売掛金債権に関する履行期・債権価額などを正確にマネジメントできなければ、企業に入ってくるお金が分からなくなるからです。ただし、売掛金債権の充足は企業の収益算定のために重要なだけではなく、 売掛金債権の充足は買掛金・債務を弁済するための費用にできる という大きな意味合いがある点を看過すべきではありません。

したがって、支払い管理では、経常的な業務活動がスムーズに行われるようにキャッシュを手当てすることが重要であると同時に、より本質的には、会社における キャッシュ不足が原因で、負担している支払義務・返済義務を履行できなくなる事態を防ぐことこそ主たる課題 と言えます。

支払い管理に失敗すると生じるリスク

支払い管理が不十分だと、以下のようなリスクが生じます。 法的リスク・社会的リスクだけではなく、自社における経営判断にさえ悪影響を及ぼしかねない ので、注意が必要です。

支払い期日に資金を用意できない

まず、返済日が迫っているのに資金を用意できず、 返済に間に合わないリスク が生じます。

返済期日に間に合わなければ、債務不履行状態に陥るということです。返済期日以降の 利息や遅延損害金の支払い も追加で行わなければいけませんし、 会社資産に対する強制執行等のリスクに拡大 する可能性もあります。

社会的信用の失墜

次に、杜撰な支払い管理によって支払いが滞ると、 取引先や株式市場における信用を失う ことになります。

企業活動への悪影響

さらに、支払い管理が不十分では、 信用リスクの把握 企業活動自体にも悪影響 が生じかねません。

例えば、今準備できる資金、数ヶ月後に準備できる資金が分からなければ、将来的な 設備投資や人材投資にどれだけの費用を投入できるかの目安 さえ立てることができません。新事業への参入を視野に入れるにも、資金が分からなければ計画内容自体が曖昧なものになりかねません。融資を受けるにしても、 信用リスクの把握 融資幅のイメージ さえ掴めないでしょう。

また、支払い管理で過去の取引履歴が分からなければ、今後の 取引金額の妥当性 を検討することも難しくなります。企業の社会活動では、新規の取引先と折衝を重ねる機会も少なくないはずです。その中で、見積もり条件の妥当性を想定し、内容の可否決定が適切に行えないリスクも生じます。

支払い管理の方法とは?実務におけるコツを紹介

適切な支払管理台帳を作成すること

一般的な企業において行われる支払い管理方法として、 支払い管理台帳の作成 が挙げられます。Excelや専用ソフトを活用して、企業が抱えているすべての債権債務を一元的に管理します。

支払管理台帳の記入項目

・管理番号
・取引の内容(取引先名・取引区分・取引金額など)
・債権債務の内容(支払期日・支払方法・支払先など)
・勘定科目
・支払済みチェック項目

企業が抱えている債権債務は内容も種類も多様です。売掛金・受取手形・貸付金などの債権、買掛金・支払手形・借入金などの債務、というように、ジャンルも内容もバラバラです。滞りなく債権を回収し、また、支払期日までに債務を弁済するためには、 誰がいつ見ても分かりやすい形で支払管理台帳を作成 しなければいけません。

棚卸資産を見落とさないこと

さらに、支払管理のためには、 棚卸資産の管理も重要 です。なぜなら、 棚卸資産が販売されるまでは、ずっと会社のなかにキャッシュが滞っている状態 だからです。

支払い管理に実効力をもたせるためのポイント

支払い管理とは、 企業が抱える債務関係を正確に把握して、企業の財務状況を正しく運用 するために資するものです。その実効性をさらに高めるためには、資産管理運用を的確に処理するだけではなく、以下のポイントを押さえれば更に実効性を高めることができます。

キャッシュ・コンバージョン・サイクル(CCC)

キャッシュ・コンバージョン・サイクルとは、 企業が原材料や商品仕入などへ現金を投入してから最終的に当該商品が現金化されるまでの日数 を示しています。実務における投下資本の流れを具体的に見ることで、CCCの重要性を考えてみましょう。

まず、棚卸資産の仕入れから買掛金の支払いまでの間、企業は支払いの猶予を受けています。買掛金を支払ってから売掛金を回収するまでの期間内については、投下資本は、棚卸資産販売までは棚卸資産に投入された形で、棚卸資産販売後、売掛金の回収までは売上債権の形で寝てしまっています。この“投下資本が寝ている期間”、つまり、 CCCはできるだけ短い方が企業における資金流動性は活性化 すると考えられるので、 支払い管理の効率性を上げるという意味では、CCCをマネジメントする視点が極めて重要 となります。

統合基幹業務システム・経営資産計画(ERP)

支払い管理の実効性を上げるための手法として注目されているのが、 ERP(Enterprise Resource Planning)を活用して、支払い管理を一元的にシステム化 することです。

このような 管理業務を一元的にシステム化してしまえば、企業における管理業務の作業工程が飛躍的に減少 するので、業務効率性が向上されます。また、クラウドシステムにおいて管理体制を統一してしまえば、企業における情報資源の見える化が進むので、経営意思決定の迅速化にまで役立つでしょう。

クラウドで一元管理することに対してはセキュリティ面への不安が課題となりますが、クラウド管理システムサービス会社の 各製品におけるセキュリティレベルは日々飛躍的に進化 しているので、少なくとも自社内で監視体制を構築するよりも安全でしょう。この機会にぜひ導入をご検討ください。

信用取引の始め方は?証券会社選びや銘柄選びなど手順に沿って解説

PayPay証券

1000円から日米株にスマホで投資できる!IPOに1株から申込可能。キャンペーンも開催

ファンディーノ

株式投資型クラウドファンディング・ファンディーノ

IPOやバイアウトを目指す急成長企業に数万円から投資可能!ESG企業の募集案件も多数

株式投資の最新ニュース

  • 2022/6/162022.6.16 マーケットレポート【FRBが予想通り0.75%の利上げへ】
  • 2022/6/16「中国経済は2023年に回復の可能性」シュローダーが予測
  • 2022/6/15Fan、仲介口座数延べ1.5万・預かり資産残高800億円を突破。インフォグラフィックス公開
  • 2022/6/152022.6.信用リスクの把握 15 マーケットレポート【FOMC前にドル高が進行】
  • 2022/6/14オリコン、顧客満足度調査で金融系6サービスのランキング発表。各分野の総合1位は?

株式投資の人気コラム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」

信用サイクルの把握が債券投資にもたらすメリットとは?

AshishShah.jpg

PDF版をご希望の方はこちら 信用リスクの把握

異なるセクター、異なる段階

企業は合併や買収、自社株買いに必要な資金を調達するため、さらに多くの債務を発行しており、それらはすべて債権者よりも株主に恩恵をもたらすものである

ローンでは、借り手の債務発行額に上限を設けることなどの伝統的な貸手保護策(プロテクション)がますます少なくなっている(現在の低金利環境では多くの投資家が高いリターンと引き換えに、財務制限条項として知られるそうしたプロテクションに対して積極的に妥協している)

・ クレジット市場のファンダメンタルズが悪化しているため、債券市場は急落からの回復に要する時間が長くなっている

Chart1.png


投資対象の選別や分散が重要

アクティブなアプローチが投資機会を拡大する可能性

債券 カテゴリでよく読まれている記事

債券 カテゴリの新着記事

運用サービス

アライアンス・バーンスタイン株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第303号
【加入協会】一般社団法人投資信託協会/一般社団法人日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人第二種金融商品取引業協会
https://www.alliancebernstein.co.jp/

当資料についての重要情報

投資信託のリスクについて
アライアンス・バーンスタイン株式会社の設定・運用する投資信託は、株式・債券等の値動きのある金融商品等に投資します(外貨建資産には為替変動リスクもあります。)ので、基準価額は変動し、投資元本を割り込むことがあります。したがって、元金が保証されているものではありません。投資信託の運用による損益は、全て投資者の皆様に帰属します。投資信託は預貯金と異なります。リスクの要因については、各投資信託が投資する金融商品等により異なりますので、お申込みにあたっては、各投資信託の投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交付書面等をご覧ください。


お客様にご負担いただく費用:投資信託のご購入時や運用期間中には以下の費用がかかります
● 申込時に直接ご負担いただく費用 …申込手数料 上限3.3%(税抜3.0%)です。
● 換金時に直接ご負担いただく費用…信託財産留保金 上限0.5%です。
● 保有期間に間接的にご負担いただく費用…信託報酬 上限2.068%(税抜1.880%)です。

海外取引のリスクを軽減する信用調査

海外取引では、契約から決済までかなりの時間を要するため、常に代金回収リスクがつきまといます。また、取引先と直接顔を合わせる機会がなかなかないため、本当に信用できる相手なのか把握しにくいのが実情です。

  • Capital (資産や財務状態): 資本力や支払能力はあるか?
  • Capacity (営業能力): 営業力がどの程度あるのか?
  • Character (誠実性、信頼性): 契約履行に対する責任感や取引実績、評判等
  • Conditions (政治的・経済的事情): 客観的に判断して、成長性はあるのか?

「4C」を調査する方法(例)

海外取引先との実践交渉マニュアル

輸入ビジネス交渉実践マニュアル

中小の専門商社及び輸入車インポーターにて 20 年間に渡り、 15 ヵ国・100社以上の海外企業との交渉や売買・独占販売契約の締結、貿易実務、国際物流など海外業務全般に携わる。また、米国ラスベガスでの就労経験も持つ。

信用リスク管理

信用リスク管理

当社では、与信ポートフォリオの信用リスク計測を行うパッケージソフトウェア「CreditGauge ® 」を提供しています。
CreditGauge ® 信用リスクの把握 は、債務者の格付やEAD(Exposure at Default:デフォルト時エクスポージャー)、LGD(Loss Given Default:デフォルト時損失率)といった与信ポートフォリオの基礎データから、年間に発生する平均的な損失としての信用コスト(EL=Expected Loss)や、一定の信頼度の下での最大損失である信用VaR(Value at Risk)といった、リスク管理上重要な指標を計算する機能を備えています。
その他にも、マクロ金融経済指標に対するストレスイベント発生時の全社的な影響度評価(マクロストレステスト)を行う機能を搭載しております。
これらの機能を活用する事で、与信ポートフォリオの現状を定量的に把握するだけでなく、経済資本運営の実行・高度化やフォワードルッキングな観点での自行経営状態の確認・検証を通じたリスク管理高度化を実現できます。

損失額分布(例)

損失額分布(例)のグラフ

CreditGauge ® は、与信ポートフォリオの信用リスク計測を行うパッケージソフトウェアです。モンテカルロ法により与信ポートフォリオから発生する損失額の分布状況(信用VaR等)を分析できます。
CreditGauge ® は、2004年12月にスタートした全国地方銀行協会の信用リスク管理高度化プロジェクト(信用リスク情報統合サービスCRITS)における信用リスク評価ツールとして採用され、2014年4月からはマクロストレステスト機能を実装した新バージョンも稼動し、会員61行(2021年4月1日現在)で利用して頂いているほか、第二地方銀行等その他の金融機関においてもご利用頂いています。

I. リスク計測機能

  • モンテカルロ・シミュレーションによるリスク計測機能を搭載
  • デフォルト・モード(簿価基準)とMtMモード(時価基準)でのリスク量算出に対応
  • リスク計測の対象資産として、法人債権、個人債権、証券化商品をカバー
  • 企業グループの連鎖倒産の可能性を考慮した信用リスク計測にも対応
  • リスクホライズンについては1年から5年まで選択可能

II. リスク分析機能

  • 個別債務者、個別債権にリスク配分を行う機能を備えており、様々な切り口でリスクを捕らえることが可能
  • さらに、算出されたリスク量を与信集中要因(アンシステマティック・リスク)とデフォルト率変動要因(システマティック・リスク)に分解する機能も備えており、リスクの発生要因まで遡った分析も可能

III.(マクロ)ストレステスト機能

  • ユーザーが任意に選択したGDPや株価指数等のマクロ金融経済指標に対するストレスシナリオを入力することにより、当該ストレスシナリオが顕現化した場合のパラメータやリスク量への影響を把握するマクロストレステストを実行可能
  • 個別債務者の格付や与信残高等の属性やパラメータの変更シナリオを画面上で設定することもでき、ストレスシナリオを柔軟に設定可能

IV. 感応度推定機能

  • 債務者間の信用力相関を表すパラメータである感応度を推定する機能を搭載
  • ユーザーが自ら推定した感応度を入力することも可能

V. 解析的手法(オプション機能)

  • 当社の独自技術である「解析的手法」により、速度と精度のトレードオフが著しいモンテカルロ・シミュレーションの弱点を克服、高い精度を保ちつつ極めて高速なリスク計測およびリスク配分を実現
  • VaRベース、およびCVaRベースでのリスク寄与度を高精度に算出する事ができ、より精緻に与信集中リスクを把握可能

解析的手法(オプション機能)

日米でポートフォリオの信用リスクの高速・高精度な計測手法に関する特許を取得

日本および米国でポートフォリオの信用リスクを高速かつ高精度に計算するための手法および装置に関する特許を取得しました。
本件特許の詳細につきましては以下の資料をご覧ください。
(日本国特許第4443619号(2010年1月22日特許登録):「ポートフォリオの信用リスクの計算方法および装置」)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる