最強の初心者ガイド

FXのスリッページとは何ですか?

FXのスリッページとは何ですか?
証券取引

スリッページとは?発生する原因や仕組み、対策方法をわかりやすく解説

117.375円で買い注文がだせる状態

117.375円で買い注文がだせる状態

注文方法 スリッページ 約定
成行 発生する可能性あり 多少レートが変わっても約定する
指値 発生しない 指値以外では約定しない(注文が通らない可能性あり)

このような価格差が生じる理由は簡単にいうと「注文ボタンをクリックしたその瞬間も為替レートは動き続けているから」です。

注文から約定までの流れ

注文から約定までの流れ

FXのスリッページとは? FXのスリッページとは何ですか? | すべる約定への対策法3つ

FX初心者-許容スリッページにこだわり過ぎた本末転倒な結末とは

マネパには、代表の奥山をはじめ、投資家やディーラーとして、自分で注文をだしていた経験のある人間が多数います。
「自分が買いたい、と思った価格と違う価格で勝手に買われたら嫌だよね」
「なぜ違うレートになるのかわからないと、信用できない」
そういう経験からくる、絶対的な想いで、注文を100%スリッページさせないで受けられる環境を、システム面からも、注文をうける体制からも、とても大事にしてきました。
(マネーパートナーズHP)

カバー先の多いFX会社を利用する

どのFX会社にもカバー先がありますが、カバー先が多いほどスリッページが起こりにくいと言われています。

FX業者のカバーとは

FX業者のカバーはカバー取引とも言いますが、 FX業者が金融各機関と取引すること を指しています。(取引先に当たる金融機関を一般的に、カバー先と呼びます。)

まず、インターバンク市場(銀行や証券会社が取引している市場のこと)でリアルタイムで取引されている為替レートを受け取るためです。そのレートをもとに自社顧客に対し為替レートを提示します。

  • 売り99.999円/買い100.002円

FX業者がカバー先と提携している別の理由ですが、FX業者は顧客の注文に基づいてカバー先に為替売買注文を行います。基本的にはマリー取引で注文を相殺しますが、相殺できなかった分は穴埋めのためにカバー取引を行うと考えてください。

カバー先はFXトレーダーの取引コストに影響する

実は、 利用するFX会社のカバー先提携数はFXトレーダーの取引コストに影響する のです。

  • カバー先A⇒ドル円レート100.000円
  • カバー先B⇒ドル円レート100.001円
  • カバー先C⇒ドル円レート99.999円

顧客主義ならば他社よりもさらに有利なレート提示を行うかもしれませんし、逆に、有利な為替レートを受け取っても +αを多めに乗せて自社利益主義に走ることも可能 です。

カバー先が違うFX各社の提示レートは微妙に違う

本当だと思います。なぜなら、同じ通貨ペアでも FX会社によって提示レートが微妙に異なる からです。

同じドル円1分足チャートでなぜ違いがあるのか? それはカバー先が違いますし、カバー先から受け取ったドル円レートに上乗せする+αも違うからです。

「+α」の部分はFX会社を信頼するしかありません。しかし、カバー先の提携数は私たちも確認できますから、可能な限り 提携数が多いFX会社を利用するほうが良い でしょう。

カバー先の多いおすすめFX会社

セントラル短資FX(23社)

セントラル短資FXは提携数23社とカバー先が多いFX会社です。(2020年時点のデータ)

  • 株式会社みずほ銀行
  • 株式会社三井住友銀行
  • 株式会社三菱UFJ銀行
  • ノムラ・インターナショナルPLC
  • Australia and New Zealand Banking Group Limited
  • バンク・オブ・アメリカ・エヌ・エイ
  • バークレイズ銀行
  • ビー・エヌ・ピー パリバ
  • シティバンク、エヌ・エイ
  • スタンダードチャータードバンク
  • COMMERZBANK AG
  • クレディ・スイス銀行
  • ドイツ銀行
  • 香港上海銀行
  • JPモルガン・チェース銀行
  • ロイヤル・バンク・オブ・カナダ
  • ナットウエスト・マーケッツ・ピーエルシー
  • ソシエテジェネラル銀行 (銀行業:AMF[フランス金融市場庁])
  • ステート・ストリート銀行
  • UBS銀行 (銀行業:FINMA[連邦金融市場監督機構](スイス))
  • ゴールドマン・サックス・インターナショナル
  • モルガン・スタンレー・アンド・カンパニー・インターナショナル・ピーエルシー
  • SBIリクイディティ・マーケット株式会社

セントラル短資FXの口座開設はこちらから↓↓
数分で申し込めます
もちろん無料です^^

ヒロセ通商(23社)

ヒロセ通商はセントラル短資FXと同じく、23社の提携数です。(2020年時点のデータ)

  • OCBC証券
  • サクソ銀行
  • UBS銀行
  • バークレイズ銀行
  • ドイツ銀行
  • シティバンク、エヌ・エイ
  • ノムラ・インターナショナルPLC
  • クレディ・スイス銀行
  • セントラル短資FX株式会社
  • コメルツ銀行
  • モルガン・スタンレー・アンド・カンパニー・インターナショナル・PLC
  • ゴールドマン・サックス・インターナショナル
  • 香港上海銀行
  • ワイジェイFX株式会社
  • JPモルガン・チェース銀行
  • ビー・エヌ・ピー・パリバ銀行
  • バンク・オブ・アメリカ・エヌ・エイ
  • 株式会社三菱UFJ銀行
  • ナットウエスト・マーケッツ・ピーエルシー
  • オーストラリア・アンド・ニュージーランド・バンキング・グループ・リミテッド
  • ステート・ストリート銀行
  • 株式会社みずほ銀行
  • スタンダードチャータード銀行

ヒロセ通商の口座開設はこちらから↓↓
数分で申し込めます
もちろん無料です^^ FXのスリッページとは何ですか?

スリッページが少ないほうが有利なのは間違いありません

約定力最強はマネーパートナーズ
こちらから口座開設できます↓↓

FXのスリッページとは? | すべる約定への対策法3つ

FX初心者-許容スリッページにこだわり過ぎた本末転倒な結末とは

マネパには、代表の奥山をはじめ、投資家やディーラーとして、自分で注文をだしていた経験のある人間が多数います。
「自分が買いたい、と思った価格と違う価格で勝手に買われたら嫌だよね」
「なぜ違うレートになるのかわからないと、信用できない」
そういう経験からくる、絶対的な想いで、注文を100%スリッページさせないで受けられる環境を、システム面からも、注文をうける体制からも、とても大事にしてきました。
(マネーパートナーズHP)

カバー先の多いFX会社を利用する

どのFX会社にもカバー先がありますが、カバー先が多いほどスリッページが起こりにくいと言われています。

FX業者のカバーとは

FX業者のカバーはカバー取引とも言いますが、 FX業者が金融各機関と取引すること を指しています。(取引先に当たる金融機関を一般的に、カバー先と呼びます。)

まず、インターバンク市場(銀行や証券会社が取引している市場のこと)でリアルタイムで取引されている為替レートを受け取るためです。そのレートをもとに自社顧客に対し為替レートを提示します。

  • 売り99.999円/買い100.002円

FX業者がカバー先と提携している別の理由ですが、FX業者は顧客の注文に基づいてカバー先に為替売買注文を行います。基本的にはマリー取引で注文を相殺しますが、相殺できなかった分は穴埋めのためにカバー取引を行うと考えてください。

カバー先はFXトレーダーの取引コストに影響する

実は、 利用するFX会社のカバー先提携数はFXトレーダーの取引コストに影響する のです。

  • カバー先A⇒ドル円レート100.000円
  • カバー先B⇒ドル円レート100.001円
  • カバー先C⇒ドル円レート99.FXのスリッページとは何ですか? 999円

顧客主義ならば他社よりもさらに有利なレート提示を行うかもしれませんし、逆に、有利な為替レートを受け取っても +αを多めに乗せて自社利益主義に走ることも可能 です。

カバー先が違うFX各社の提示レートは微妙に違う

本当だと思います。なぜなら、同じ通貨ペアでも FX会社によって提示レートが微妙に異なる からです。

同じドル円1分足チャートでなぜ違いがあるのか? それはカバー先が違いますし、カバー先から受け取ったドル円レートに上乗せする+αも違うからです。

「+α」の部分はFX会社を信頼するしかありません。しかし、カバー先の提携数は私たちも確認できますから、可能な限り 提携数が多いFX会社を利用するほうが良い でしょう。

カバー先の多いおすすめFX会社

セントラル短資FX(23社)

セントラル短資FXは提携数23社とカバー先が多いFX会社です。(2020年時点のデータ)

  • 株式会社みずほ銀行
  • 株式会社三井住友銀行
  • 株式会社三菱UFJ銀行
  • ノムラ・インターナショナルPLC
  • Australia and New Zealand Banking Group Limited
  • バンク・オブ・アメリカ・エヌ・エイ
  • バークレイズ銀行
  • ビー・エヌ・ピー パリバ
  • シティバンク、エヌ・エイ
  • スタンダードチャータードバンク
  • COMMERZBANK AG
  • クレディ・スイス銀行
  • ドイツ銀行
  • 香港上海銀行
  • JPモルガン・チェース銀行
  • ロイヤル・バンク・オブ・カナダ
  • ナットウエスト・マーケッツ・ピーエルシー
  • ソシエテジェネラル銀行 (銀行業:AMF[フランス金融市場庁])
  • ステート・ストリート銀行
  • FXのスリッページとは何ですか?
  • UBS銀行 (銀行業:FINMA[連邦金融市場監督機構](スイス))
  • ゴールドマン・サックス・インターナショナル
  • モルガン・スタンレー・アンド・カンパニー・インターナショナル・ピーエルシー
  • SBIリクイディティ・マーケット株式会社

セントラル短資FXの口座開設はこちらから↓↓
数分で申し込めます
もちろん無料です^^

ヒロセ通商(23社)

ヒロセ通商はセントラル短資FXと同じく、23社の提携数です。(2020年時点のデータ)

  • OCBC証券
  • サクソ銀行
  • UBS銀行
  • バークレイズ銀行
  • ドイツ銀行
  • シティバンク、エヌ・エイ
  • ノムラ・インターナショナルPLC
  • クレディ・スイス銀行
  • セントラル短資FX株式会社
  • コメルツ銀行
  • モルガン・スタンレー・アンド・カンパニー・インターナショナル・PLC
  • ゴールドマン・サックス・インターナショナル
  • 香港上海銀行
  • ワイジェイFX株式会社
  • JPモルガン・チェース銀行
  • FXのスリッページとは何ですか?
  • ビー・エヌ・ピー・パリバ銀行
  • バンク・オブ・アメリカ・エヌ・エイ
  • 株式会社三菱UFJ銀行
  • ナットウエスト・マーケッツ・ピーエルシー
  • オーストラリア・アンド・ニュージーランド・バンキング・グループ・リミテッド
  • ステート・ストリート銀行
  • 株式会社みずほ銀行
  • スタンダードチャータード銀行

ヒロセ通商の口座開設はこちらから↓↓
数分で申し込めます
もちろん無料です^^

スリッページが少ないほうが有利なのは間違いありません

約定力最強はマネーパートナーズ
こちらから口座開設できます↓↓

スリッページとは?発生する原因や仕組み、対策方法をわかりやすく解説

117.375円で買い注文がだせる状態

117.375円で買い注文がだせる状態

FXのスリッページとは何ですか?
注文方法 スリッページ 約定
成行 発生する可能性あり 多少レートが変わっても約定する
指値 発生しない 指値以外では約定しない(注文が通らない可能性あり)

このような価格差が生じる理由は簡単にいうと「注文ボタンをクリックしたその瞬間も為替レートは動き続けているから」です。

注文から約定までの流れ

注文から約定までの流れ

FXの練習方法は

バイナリーオプションサインツールおすすめ

バイナリー オプション 日本

バイナリーオプションサインツールおすすめ

イールドカーブに注目してみよう

口コミ

イールドカーブに注目してみよう

FXの一目均衡表の見方

外為ニュース

FXの一目均衡表の見方

FXネオのスプレッドやアプリを徹底解説

オプション取引活用術

FXネオのスプレッドやアプリを徹底解説

FX フィボナッチ の 使い方 と 手法

日本のバイナリーオプション業者

FX フィボナッチ の 使い方 と 手法

移動平均線の種類や特徴

日本のバイナリーオプション業者

移動平均線の種類や特徴

FXで大切な8つのポイント

高金利通貨でのFX

FXで大切な8つのポイント

バイナリー オプション 月 100 万

外国為替取引とは

バイナリー オプション 月 100 万

入金不要100ドルボーナス

初心者向けおすすめFX動画

入金不要100ドルボーナス

NISAロールオーバーとは

オプション取引活用術

NISAロールオーバーとは

サポートラインとレジスタンスラインとは

バイナリー オプション FXのスリッページとは何ですか? 日本

サポートラインとレジスタンスラインとは

NISAで投資信託を運用するメリット

日本のバイナリーオプション業者

NISAで投資信託を運用するメリット

クロス取引まとめ

外国為替取引とは

クロス取引まとめ

出来高加重平均取引の定義

初心者向けおすすめFX動画

出来高加重平均取引の定義

バンドウォークはボリンジャーバンドでの現象の一つ

証券取引

バンドウォークはボリンジャーバンドでの現象の一つ

FXネオ 移行期間中のご注意

口コミ

FXネオ 移行期間中のご注意

きょうからFXデビューして稼ぐ手順を解説

オプション取引活用術

きょうからFXデビューして稼ぐ手順を解説

GMOクリック証券辛口レビュー

日本のバイナリーオプション業者

GMOクリック証券辛口レビュー

スリッページとは

証券取引

スリッページとは

バイナリー オプション 学び 方

初心者向けFX会社も

バイナリー オプション 学び 方

FXのpipsとは

証券取引

FXのpipsとは

ボリンジャーバンドとは何ですか

証券取引

ボリンジャーバンドとは何ですか

ロジャーズは弱気相場ばかり探すのか

日本のバイナリーオプション業者

ロジャーズは弱気相場ばかり探すのか

FXのスリッページとは何ですか?

証券取引

FXのスリッページとは何ですか?

相場の反転を捉える

証券取引

相場の反転を捉える

無料FXセミナー情報

口コミ

無料FXセミナー情報

FXのレバレッジにおけるメリット

初心者向けFX会社も

FXのレバレッジにおけるメリット

MACDの使い方

外国為替取引とは

MACDの使い方

はじめてのCFD

高金利通貨でのFX

はじめてのCFD

ハイローオーストラリアとは

高金利通貨でのFX

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる