外為オプション取引

ストップロスとは何ですか

ストップロスとは何ですか
こうしたとき、どのように解決すればいいのでしょうか。2つあると思います。ひとつは、傷口を最小限にしてロスカットを早めに行うこと、もうひとつは、やはり、そもそも失敗を起こさないようにすること、です。なかなか難しいかもしれませんが、そのような方法があるのでしょうか。 経営学の中で経営組織論という分野があり、その中に「組織学習論」というものがあります。組織も人間と同様に、成長するに従い普通は成功体験だけを実際に学習していきます。ですから、成功体験を実際にもたらした行動から外れたものだけを修正するわけです。これが、いわゆるシングルループ(学習)といわれるものです。 一方、その成功体験そのものを疑ってかかる、これがダブルループ(学習)です。例えて言えば、初めての彼女ができたときの話だとしましょう。彼女に対して高価な指輪をプレゼントした、ブランド物のバッグをプレゼントした。そうしたら彼女はすごく喜んでくれた。すると、この成功体験は自分の中に強化されますから、さらにプレゼントの指輪やバッグを実際に彼女に贈るわけです。でも、これでは間違いなく破産しますよね。しかも、彼女はもっと高い物や別の物を要求するかもしれない。 そこで考えてほしいのは、そもそも、プレゼントは何のために贈るのかということです。彼女と別れたくないからでしょうか、離れたくないからでしょうか。そうじゃなくて、やはり彼女に喜んでもらいたいからです。つまり、その結果として「好意」というものが得られるわけですね。そう考えれば、喜んでもらうためには高価なプレゼントじゃなくていいかもしれません。手料理かもしれないし、愚痴をずっと聞いてあげるだけでいいかもしれない。喜んでもらうということが達成されれば、その手段は何でもいいわけです。これが、ダブルループ学習と呼ばれるものです。

原価率の計算方法は?原価率の見方や抑える方法を解説!

この数式を感覚的に理解するため、具体例を用いて見ていきましょう。
売価100円の商品を仕入れるのに60円がかかるとします。この場合、原価が60円で売価が100円ですから、「原価率 = 60 ÷ 100 × 100 = 60%」となります。
この商品を100個以上仕入れると、仕入単価が50円まで安くなるとします。これを同じ式に当てはめると、原価率が50%まで下がることになります。
基本的な原価率の考え方は、上記のようにして求めます。
小売業などは、こういったシンプルな計算によって求めることができますが、製造業など、加工費を売上原価に含める場合もありますので、どこまでが売上原価なのかを判別するのも、原価率を求める上においては重要です。

原価率とセットで覚えておきたい「ロス率」

原価率の計算とセットで覚えておきたいものの1つに「ロス率」があります。ロス率とは、売上原価のうち売上に貢献しなかった金額の割合のことをいいます。具体的には、仕入れた商品がなかなか売れず、値下げ販売をした場合や、飲食業などで発生する食材の廃棄などがこれにあたります。
ロス率は、下記の式で求めます。

  • ロス率 = ロス高 ÷ 売上高 ストップロスとは何ですか × 100

ここで出てくる「ロス高」というのは、ロスをした金額の合計のことで、状況に応じて以下2通りの求め方があります。

  1. 販売額×廃棄した個数(廃棄した場合)
  2. 値引き額×値引きした個数(値引き販売した場合)

こちらも具体例を用いてイメージしていきましょう。
売価100円の商品を50円で10個仕入れたとします。このうち6個は売価で売れましたが、2個は80円に値引きして販売し、残り2個は売れずに破棄したような場合を考えます。まずはロス高を求めていきましょう。
廃棄したのは2個ですから、売価100円×2個=200円、これが廃棄によるロスです。
そして、値引き販売したのも2個で、値引き額20円×2個=40円、これが値引きによるロスです。
2種類のロス高を合わせると、240円になります。これをロス率の計算に当てはめていきます。
ロス率 = 240円 ÷(100円 × 10個 – 240円)× 100 = 31.ストップロスとは何ですか 58%
つまり、約3割は仕入れミス、と判断することができます。以上のことから、ロスは、原価率を高めてしまう原因にもなり得る、ということが分かると思います

原価率を重要視する理由と?

会計の世界では、従来から原価率は重要視されてきました。それは、冒頭でも申し上げたように、売上総利益が会社の利益のベースになるからです。
損益計算書を見ても、売上総利益が安定していなければ、その下に続く営業利益も安定しません。売上総利益は、売上高に非常に大きな影響を受けますから、売上総利益の数字を安定させるには、必然的に売上原価、すなわち原価率を細かく確認する必要があります。
必要以上に原価がかかりすぎていたりすると、どれだけ大きな売上を上げられたとしても、最終的に営業利益や経常利益として出てくる数字は小さいものになってしまうでしょう。

原価率が高いと何が起こるの?

とはいえ、「結局、利益が出ているならそれで良いでしょう」とお思いになる方もいらっしゃるかもしれません。ただし、それは結果論に過ぎません。
原価率が高い状態にあると、仮に売上高が大きく減少してしまったような時に、大量のリストラや資産売却などを真っ先に考えなければならなくなります。原価率が高い状態というのは、1つの商品を売ったことによる利益が小さい状態ですから、必然的にキャッシュフローは厳しい状態となるでしょう。
それに、仕入れるタイミングが売上高が減少する前だったりすると、大量のロスが発生する可能性もあります。そういった不測の事態に耐え得る状態を作り出すためにも、原価率の適正な管理は重要になります。

原価率が高い原因・理由とは

  • ロスが多い
  • 原価率の低い商品で売上を確保できない
  • オーバーポーション

ロスが多い

本記事で何度か取り上げていますが、ロスが多いことが原価率の上昇につながっていることが考えられます。高いロス率が恒常化している場合もあり、この場合、「原価率が高い」ということにさえ気づけない場合があります。
例えば、飲食店などで、たまたまある食材が安く手に入って、その食材を中心にしたフェアをやったとします。しかし、あまり売れ行きが良くなかったような場合、ここには大量のロスが発生する場合があります。これはまさに原価率を上げてしまう原因になります。

原価率の低い商品で売上を確保できない

同じ売上成績だったとしても、商品ごとの構成比率が変わる場合があります。例えば、原価率50%の商品が中心に売れていた会社が、社会情勢の変動により、原価率60%の商品の売れ行きが上がり、原価率50%の商品があまり売れなくなってしまった場合、最終的な売上高は同じになったとすると、売上総利益は減少してしまいます。

オーバーポーション

オーバーポーションは、主に飲食業で使われる専門用語で、「マニュアルで定められている食材の分量を超えた料理を提供すること」を指します。1つひとつの注文に関してはごくわずかな損失かもしれませんが、これが何千・何万食と積もっていくと、結果的に大きな原価率の増加を招く可能性があります。
また、原価率と直接の関係はありませんが、同じ注文をして違う分量の料理が出てきたら、お客さんによってはオーバーポーションでない正規の量の料理が、「いつもより少ない」という印象を与えてしまう原因となります。これが結果的にお客様離れを引き起こしてしまう原因となる場合もあるので、そういった意味でも、原価率を細かくチェックすることは重要といえます。

原価率を抑える方法

  • 在庫を把握し、安心在庫を減らす
  • 原価率の低い商品を開発する

在庫を把握し、安心在庫を減らす

これは基本的なことですが、「在庫管理を徹底する」ということができていない企業は意外に多いものです。「うちはちゃんとできてる」と思っていても、実際に棚卸してみると合わなかったり、ロスが発生していたりすることもあります。

安心在庫とは、売り切れを防ぐために多めに保有しておく在庫のことで、これがロスの原因となる場合も往々にしてあります。在庫管理システムを導入することによって防げる場合もありますが、まずは自社の在庫を正確に把握できているかどうかに着眼するのが良いでしょう。

原価率の低い商品を開発する

画期的なアイデアを編み出したと思っても、そのほとんど全ては別の誰かが既に思いついていることだ」という言葉があります。ただし、それを実際に商品化までするには、アイデアだけでなくマンパワーも必要になります。
原価率の低い商品を編み出すところまではほぼ全ての企業がやっていることですが、実際に商品化・実用化するところまで成し遂げることができれば、競合が生まれるまでは、商品の価値を自社である程度コントロールできることとなります。
ここまで大袈裟でなくても、例えば、原価率の低い商品だけを売ろうとするだけでなく、ある程度原価率の高い商品(つまり、顧客に安いと思ってもらえるような商品)と抱き合わせて販売したりするのも、1つの方法といえるでしょう。

今回は、原価率の計算方法と、それに付随するロスをはじめとして、原価率を多角的に捉えられるよう、様々な側面から原価率を深堀っていきました。原価率を下げるには、まずは自社の原価率を把握し、どこに問題があるのかを客観的に分析するのが近道です。

とはいえ、現在、様々な業種で原価率の高騰が叫ばれているのもまた事実です。今回例示したいくつかの方法論は、あくまでも例示であって、この他にも無数に原価率を下げる方法は存在します。原価率を下げるための画期的なアイデアは、冷静な分析の上に成り立つものですので、まずはぜひ、自社の試算表や決算書を丁寧に分析してみてください。

食品ロスを減らしながら
仕事の機会をつくる

夜のパン屋さん

遠方のパンは冷凍で送ってもらいます。浜松の「L’atelier Tempo」と、静岡県磐田市の「one too many mornings」はどちらも天然酵母でパンをつくっています。十勝の「toi」は国産の有機食材にこだわっています。そういうパン屋さんもあれば、江戸川橋の「ナカノヤ」のような、商店街で人気のパン屋さんのパンもあります。ここの納豆トルティーヤがおいしいので、入荷すると大興奮してお客さまに勧めています。

誰かの「いいね」のために

PROFILE

枝元なほみ
横浜生まれ。明治大学卒業後、「転形劇場」劇団員として国内外の公演に参加する傍ら、無国籍レストラン「カルマ」でシェフとして約7年間働く。1987年に料理家としてデビュー後は、自由な発想で生み出されるおいしい料理と、気さくな人柄が人気となり、テレビ、雑誌などで活躍。また、社団法人チームむかごを設立して農業生産者をサポートする活動も行う。『毎日、野菜いっぱい! 枝元なほみのぜんぶおかずサラダ』、『食べるスープレシピ』『今日もフツーにごはんを食べる』など著書多数。『ビッグイシュー』のcookingページも連載中。
夜のパン屋さん

ストップロスとは何ですか

Q1.まだ食べられるのに捨てられてしまう食品を、何と言いますか。

答え (イ) 食品ロス

ヒント

Q2.日本の食品ロス量を、国民一人当たりに換算すると、どのぐらいでしょう。

答え (イ) 毎日ご飯茶碗一杯分

ヒント

Q3.「もったいない」のはどれでしょう。

答え (イ) たくさん作って、食べ残す

ヒント

Q4.ストップロスとは何ですか 外食時に、残った食事を持ち帰るための容器の名前は何でしょう。

答え (ア) ドギーバッグ

ヒント

Q5.「おいしく食べることができる期限」はどれでしょうか。

答え (イ) 賞味期限

ヒント

食べ物のムダをなくそうプロジェクト(消費者庁)

食品ロス削減推進法(消費者庁)

食材を無駄にしないレシピ(クックパッドの公的機関「消費者庁のキッチン」)

暮らしに役立ち情報
もったいない!食べられるのに捨てられる「食品ロス」を減らそう
(政府広報オンライン)

全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会

モッタイナイキッチン

エシカル消費特設サイ

消費者庁食品ロス削減Twitter

消費者庁 (法人番号:5000012010024)
〒100-8958 東京都千代田区霞が関3-1-1
中央合同庁舎第4号館(地図)
電話番号:03-3507-8800 (代表)

Copyright © Consumer Affairs Agency, Government of Japan. All Rights Reserved.

ストップロスとは何ですか

img01

損切りとは?

損切りが苦手な要因

img02

成功体験をダブルループで捉える

img03

こうしたとき、どのように解決すればいいのでしょうか。2つあると思います。ひとつは、傷口を最小限にしてロスカットを早めに行うこと、もうひとつは、やはり、そもそも失敗を起こさないようにすること、です。なかなか難しいかもしれませんが、そのような方法があるのでしょうか。 経営学の中で経営組織論という分野があり、その中に「組織学習論」というものがあります。組織も人間と同様に、成長するに従い普通は成功体験だけを実際に学習していきます。ですから、成功体験を実際にもたらした行動から外れたものだけを修正するわけです。これが、いわゆるシングルループ(学習)といわれるものです。 一方、その成功体験そのものを疑ってかかる、これがダブルループ(学習)です。例えて言えば、初めての彼女ができたときの話だとしましょう。彼女に対して高価な指輪をプレゼントした、ブランド物のバッグをプレゼントした。そうしたら彼女はすごく喜んでくれた。すると、この成功体験は自分の中に強化されますから、さらにプレゼントの指輪やバッグを実際に彼女に贈るわけです。でも、これでは間違いなく破産しますよね。しかも、彼女はもっと高い物や別の物を要求するかもしれない。 そこで考えてほしいのは、そもそも、プレゼントは何のために贈るのかということです。彼女と別れたくないからでしょうか、離れたくないからでしょうか。そうじゃなくて、やはり彼女に喜んでもらいたいからです。つまり、その結果として「好意」というものが得られるわけですね。そう考えれば、喜んでもらうためには高価なプレゼントじゃなくていいかもしれません。手料理かもしれないし、愚痴をずっと聞いてあげるだけでいいかもしれない。喜んでもらうということが達成されれば、その手段は何でもいいわけです。これが、ダブルループ学習と呼ばれるものです。

失敗を乗り越える3つの提案

このような考え方をもとに、今までの(これからの)失敗をどのように乗り越えていけばいいのかということについて、3つほど提案させていただきます。 1つは、無責任な方法かもしれませんが、「損切りは他人にしてもらってください」。先ほども言ったように、人はなかなか損切りができない弱い動物です。特に、個人レベルで見ると,自分で正当化してしまうし、周りの目からなかなか強いまなざしで見られるとなかなかできない、損切りできない。そんなときは、信頼が置ける同僚や部下など他の人から、「ちょっとやっていることがおかしくないですか。」と言ってもらうことは一つあります。そこで注意してほしいのは、周りがイエスマンだけじゃないかということです。皆さんも、いろいろなプロジェクトに関わっていると思いますが、イエスマンだけで固めていたら、他人に損切りしてもらうことは難しいですよね。 2つ目です。先ほど成功体験が足かせとなるということがありました。成功体験を見ることも大事ですが、一方で「失敗体験もちゃんと考えてほしい」ということです。人は嫌なものから目を背ける特徴を持っています。とすれば、失敗も直視して、その中で何か実際にヒントとして得られるものはないのか。類似点とか共通点とか、そういったものから何か深い知識を得られることがないのか。この2つの事例を通じて、何か自分にとってためになるような知恵を身につけてほしいということです。 最後は、「目標の転移を疑ってほしい」ということです。ちょっと難しい言葉です。でも、簡単に言えば、目的と手段というものが入れ替わるのが目標の転移です。いわゆる本末転倒なことです。 例えばこのイベント、実際にはビジネスパーソン向けのイベントです。渋谷で働くビジネスパーソンに対して100人最低でも1日に集めてきて、そして学長に報告すれば喜ばれるわけです。しかし、100人集まらなかったらどうしよう。50人しか集まらなかった人に対して、50人の教職員とか学生を集めてきたとしても、なかなかそれはうまく成功だと言うことができないわけです。そうしたときには、そのイベントというものを実際にもう一度考えてほしいと思います。本当の目的は何だったのか。ビジネスパーソンを実際に100人集めることが、本当に重要だということですね。実際にこの場を見ると、私が知っている教職員と学生はいらっしゃらないようなので、このイベントに関しては安心だと考えられます。 現象と本質。簡単に言うと、火が実際に目の前で燃え上がっている火事に対して、もちろんすぐに火事を消すことも大事ですが、その火事を起こしたそもそもの原因は何だったのか、それを実際に考えることはもっと重要です。ただし、あまりにも自分の足元だけを深く深く掘り下げていくと自ら墓穴を掘ることになるので、その辺りは注意してほしいと思います。 以上を自分自身に置き換えてみると、なかなかそれを実践できないんじゃないかと思われるかもしれませんが、実践する上でのポイントを3つほどまとめてみます。 まずは同僚や部下に相談して損切りをしてもらう。この仕事は本当に重要なんだろうか、必要なんだろうか、損切りをしてもらうということです。もちろん信頼のおける、損切りがちゃんと判断できる人が周りにいなければ駄目だということです。 もう一つは、成功体験だけでなく失敗体験もフローにしてみましょう、書き出してみましょう。箇条書きでもいいかもしれません。でも、それをノートに書き出して、そのフローの中から何度も何度も見ていけば、何かヒントが出てくるかもしれません。 そして、3つ目は、トヨタがやっていることですが、5つのWHY、「なぜ」「どうして」を繰り返してみましょう。もちろん、ただ繰り返すだけでは駄目で、「なぜ」「どうして」を繰り返すことによって、原因の中でも一番重要な原因、つまり「真の原因を探っていく」ことが重要です。ですから、その目標の転移というものをこれで防ぐわけです。 この3つのサイクルを、明日からの仕事の中でも実践していただければと思っています。最後に皆さんに質問です。あなたは損切りできますか。 ご清聴、ありがとうございました。

水力発電の発電効率|そのほかの自然エネルギー発電との比較

水力発電の発電効率|そのほかの自然エネルギー発電との比較

高いところから一気に落とした水の流れる勢いを利用して発電する水力発電は、発電効率が約80%と、自然エネルギーを利用した発電システムの中では、最も高い効率をもっています。これは、水路に流したときの摩擦損失が少ないのでロスを最小限に抑えながら電力エネルギーに変換できるからです。
水力発電で生じるロスとは、水車と発電機を動かす電力のみになります。水という重量の重い資源を利用していることから、エネルギーの密度が高いことも、ポイントの一つといえるでしょう。

太陽光発電

日照時に地表に届いた太陽光の光エネルギーを電気エネルギーに変換しますが、一般的な発電効率は約20%といわれています。水力発電と比較しても、数字の低さが分かります。
人工衛星にも太陽光発電システムは搭載されていますが、それは約40%の発電効率をほこります。しかし、製作コストの高さが理由であまり普及していないのが現状です。太陽光発電では、光エネルギーを集める太陽光電池の素材によって、発電効率は変わってきます。

風のエネルギーで風車を回し発電するシステムで、発電効率は最大約45%、平均的に約20%〜40%です。風力発電は、最大で約60%の発電効率があるといわれていますが、発電時に摩擦などのロスが生じることで、発電効率は下がってしまいます。
約60%の発電効率を発揮できれば、より効率的に電気エネルギーを作り出すことができますが、論理的にはそれ以上の発電効率は難しいと考えられています。

バイオマス発電

動植物などの有機性燃料を燃やすことで発電するシステムです。発電効率は約20%とあまり高い数字ではありません。バイオマス発電は、バイオマス燃料を燃やすことで発電する仕組みなので、火力発電の一種と考えることができます。
その燃焼したときに発生する水蒸気を利用して発電機を動かし電気エネルギーを作り出すのですが、燃焼する温度が低いため、発電効率の数字が低くなっているのです。東北と九州を中心に発電所が設けられていますが、再生可能エネルギーの中で、わずか約2%という少ない導入量です。

地熱発電は、あまり聞き慣れないですが、地下に眠っているマグマの熱で水を燃焼させ、発生した水蒸気を利用して発電するシステムになります。現在の日本では、東北や九州を中心に集中的に建設されています。日本の電力需要の中で、わずか0.3%しかまかなっていないという現状です。
バイオマス発電と同様に、燃料を燃やした水蒸気を利用するため、地熱発電も火力発電の一種と考えるとよいでしょう。また、これも燃焼する温度が低いために、発電効率は約10%〜20%と、あまり高い数字ではありません。

水力発電は最も効率の良い発電システム

二酸化炭素の排出量が少ない

自然エネルギーを利用した発電システムは、環境に優しいというメリットが挙げられます。中でも水力発電は、自然エネルギーを利用した他の発電システムと比較しても、二酸化炭素の排出量が少ない特徴があります。その少なさは、石炭を利用した火力発電のわずか1/8程度の排出量といわれています。
二酸化炭素などの温室効果ガスは、地球温暖化を進行させてしまう要因の一つです。環境破壊やエコに注目が集まっている昨今では、クリーンな発電方法は最大のメリットともいえるでしょう。

変換効率が高い

上記でも述べたように、自然エネルギーの中でも高い変換効率を誇っている水力発電です。現在、主力の発電方法は火力発電ですが、その変換効率は約55%と考えられています。主力の火力発電よりも効率的に電気を作り出していることが分かります。
水力発電は、落差のあるところを水が流れる勢いを利用して電気エネルギーを作り出しますが、ロスが最小限に抑えられるのに対し、火力発電などは、燃料を燃やして発生する水蒸気を利用すつ方法のため、この課程で発生した熱の中には廃熱となり電気エネルギーに変換できないものも多く存在することからロスが多く変換効率の数字につながっていくと考えられます。

発電量の調整が容易

継続的に稼働した方が効率的に電気を作り出すことができる火力発電や原子力発電と同様に、水力発電の中でも流れ込み方式は一日中稼働して電力を供給します。流れ込み方式とは、水の流れをせき止めることなく、川の流れを利用して発電に利用する方式をいいます。
一方で、水をせき止めて一気に流す貯水池式などは、水を流すタイミングや量を調整できるので、需要に応じた供給ができるという利点があります。夏場の昼間など、電力を使うことが多い時間帯に合わせて発電量を増やしたり減らしたりすることができるのです。

水力発電にデメリットはないのか?

水の量に左右される

自然エネルギーである水を利用する水力発電は、降水量の影響を受けます。過去にも降水量が少ないためダムの水が減ってしまい節水を呼びかけられたこともあるほどです。このように極端に降水量が少ない場合などは、発電できなくなる可能性も出てくるのです。
また、水力発電は、高いところから低いところへ流れる水の勢いを利用することもあり、山や川が多く起伏に富んだ日本の地形にマッチした発電方法ともいえます。今後より水力発電のシェアを高めるには、小さな小川や用水路などでも発電できる小規模な発電システムの開発が必要になるかもしれません。

ダム建設時の自然への影響

水力発電所を作る際には、ダムの建設が必要になります。そのために森林伐採や生態系への影響など、自然への悪影響がデメリットとして挙げられます。ダム建設には周辺住民だけでなく、自然破壊への注目度が高い昨今では国民の理解を得られないと建設は難しいかもしれません。
広大な土地にダムを建設することもあり、広い地域を水没させてしまうだけでなく、本来流れ出るものである砂や山の栄養素が流れずに住処を失う動植物が出てきてしまうのです。その影響は、海に流れ出るはずであったものが流れ出なくなることから、海の魚も減少する可能性があるといわれるほどです。

多額な初期費用

水力発電に欠かせないダムの建設には莫大な費用が発生します。大規模な発電を可能にするためにはダムの建設が必要不可欠なのですが、公共事業に厳しい目を向けられる昨今では、なかなか難しい現実だともいえます。
また、敷地が限られている日本では、新たなダムを建設できる土地が少なくなってきているのも現状ですが、世界に目を向けるとまだまだ水力発電を設置できる地域はたくさんあるので、注目されている発電方法です。
一度建設してしまえば、維持費用はそこまで高くありません。ダムの底に長年にわたって貯まる砂利などを撤去するなどのメンテナンス費用のみで運用していくことが可能です。

環境への優しさは太陽光発電が上

環境に優しいエネルギー

太陽光発電は、地球温暖化の原因となる二酸化炭素などの温室効果ガスを発生しないクリーンなエネルギーです。それだけでなく、大気汚染物質も発生させないので、環境に優しいエコなエネルギーであるといえます。
太陽光を利用する太陽光発電は、夜間の発電が課題です。しかし、日中に作り出した電力を蓄電しておく技術も高まり、夜間でも火力発電や原子力発電に頼ることなく電気を利用することができます。それは、結果的に火力発電や原子力発電での二酸化炭素排出量や大気汚染物質の発生量を抑えることにつながっていきます。

無限にあるエネルギー源

太陽光発電だけでなく自然エネルギーを原料とする発電システムの最大のメリットは、エネルギー源が無限に存在しているという点です。太陽から地球が1秒間に受け取れるエネルギーを全て発電できたとしたら、たった1時間の発電で地球全体で使用する電力をまかなえるともいわれています。
また、太陽光発電で作り出した電力は売電することも可能なので、より多くの人が太陽光発電で作り出された電力を使用することが可能です。火力発電や原子力発電に頼らない生活を送ることが、環境保持にもつながるといえるでしょう。

自家発電できる

自宅に設置することも可能な太陽光発電は一般家庭でも注目されています。太陽光発電に必要な設備を設置すれば自家発電することが可能で、緊急時の非常用電源としても利用価値が高いものになります。
しかし、自宅に太陽光発電を設置するには専門の業者が必要になります。太陽光発電は定期的な設備のメンテナンスが必要になるので、信頼でき末永く付き合っていくことができる業者を見つけることも大切です。自宅への太陽光発電を検討している人は、「ヌリカエ」を活用して安心して任せられる業者を見つけましょう。

環境へ配慮するなら水力発電より太陽光発電がおすすめ

太陽光発電システム設置なら信頼出来る業者を探せるヌリカエを活用

太陽光発電で自家発電を検討している人は「ヌリカエ」を活用しましょう。無料で複数の業者に一括見積もりができるので、適正価格での設備設置をすることができます。 ストップロスとは何ですか
見積もりを提示されたときには、金額だけでなく、業者の対応力もチェックしておきましょう。定期的なメンテナンスなどで長いお付き合いになる業者なので、信頼でき安心して依頼できる業者をパートナーとすることが大切です。
「ヌリカエ」を利用して、太陽光発電を自宅に設置し、緊急時にも対応できる自家発電のある生活では安心感が得られます。曇りの日が続くなどして自家発電することも蓄電することも難しい時期は、火力発電や原子力発電から供給される電気を使用することができるので、電気が使えないという状況にならない点も安心です。また、節電や省エネといった意識も高まることが期待できます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる