オプショントレーダー

3方向からのサポート体制

3方向からのサポート体制
(クリックで拡大)

2022 全日本トライアルR-3 関東大会 参戦レポート


★全日本トライアル選手権 新体制紹介
TEAM MITANI Honda HRC クラブMITANI 監督・三谷 知明
VERTIGO with MITANI GASGAS with MITANI 監督兼 3方向からのサポート体制 副監督・三谷英明
TEAM MITANI Honda マシン:RTL300R
小川友幸 氏川政哉
HRC クラブMITANI マシン:RTL300R RTL260F
村田慎示 山中玲美 川添蒼太
VERTIGO with MITANI マシン:COMBAT VERTICAL3.0
武田呼人 (世界戦 スペイン戦参戦)
GASGAS with MITANI マシン:GASGAS PRO300GP
廣畑伸哉 福留大登

出場選手権:全日本トライアル選手権(全7戦) CITY TRIAL(IAS のみ全8 戦へ全日本格式)
● 国際A級スーパークラス
ライダー : 小川友幸(45 歳) 氏川政哉(19 歳) 廣畑伸哉(17 歳) 村田慎示(48 歳)
アシスタントor サポート :田中裕大(小川友幸選手) 氏川湧雅(氏川政哉選手) 田中裕人(廣畑伸哉選手) 上田万法(村田慎示選手)
● 国際A級クラス
ライダー : 福留大登(17 歳)
アシスタント : 福留良太(福留大登選手)
● 国際 B 級クラス
ライダー : 川添蒼太(21 歳)
アシスタント : 川添真也(川添蒼太選手)
● レディースクラス
ライダー : 山中玲美(26 歳)
アシスタント : 楠 貴裕(山中玲美選手)

メカニック フォロー 顧問 相談役 : 小川千秋 藤波由隆 3方向からのサポート体制 三谷英明 三谷知明 川村道徳 廣畑佳伸

2022 全日本活動 メンバー 変更事項について
☆ 川添蒼太選手がGASGAS からホンダに乗り換えて参戦
☆ 今年度よりTOHO レーシング様からチームのバックアップをしていただくことになりました。
☆ ヘルメットがSHOEI 様→ARAI 様に変更になりました。

RACE DATA
全日本トライアル選手権 第3 戦関東大会
■開催日:2022 年6 月5 日
■開催地:栃木県・モビリティリゾートもてぎ
■観客:2,800 人■気温:22 度■天候:曇り一時晴れ
■競技:10 セクション×2 ラップ+SS-2セクション
■持ち時間:4 時間30 分(10 セクション×2 ラップ)
■最多クリーン数:小川友幸(ホンダ)/15


● 国際A級スーパークラス
☆1 位☆:小川友幸 ☆3 位☆:氏川政哉 7 位:広畑伸哉 19 位:村田慎示
● 国際A級クラス
11 位:福留大登
● 国際 B 級クラス
7 位:川添蒼太 39 位:奥田欽哉
● レディースクラス
5 位:山中玲美

(R-2 九州大会)
新体制の「モビリティリゾートもてぎ」にて全日本トライアルR-3 は、開催されました。天候が心配されました・・・・朝早くから雨が降り出していました。しかし天気は回復方向で、8:00~回復wet~dry へ!セクションの難度は世界レベルなのでdry といえ難しい。今年は、かなり余裕をもって関東へ入り、バックアップ準備万全でパドックのセットアップをしました。

2022 R-3 TEAM MITANI パドック

● 国際 3方向からのサポート体制 B 級クラス
ゼッケン13:川添蒼太選手 21 歳
HRC クラブMITANI RTL260F

ゼッケン43 : 奥田欽哉選手 60 歳
GASGASwithMITANI PRO300GP

● レディースクラス
ゼッケン3:山中玲美 26 歳
HRC クラブMITANI RTL260F

1 か月前に痛めた、腰が完治しておらず、気持ちはいい方向では、ないままの全日本となりました。苦手な会場 怪我 セクションの設定など、マイナス思考な雰囲気・・・・いい方向に、すべてを考えれるようになってほしいところだ。とにかく大好きなトライアルをできるという気持ちで楽しんでほしい。ランキングは3 位をkeep!

● 国際A級クラス
ゼッケン8:福留大登選手 17 歳
GASGAS with MITANI PRO300GP

リアタイヤがきちんと走っているときの大ちゃんのバランス、スタイルは、ものすごくいい!今回岩盤ゾーンのガラ場での走破力の弱さが目立ちました。リアタイヤがすべる ぶれる といったときにライディングがストップしてしまいます。今回の順位は不本意すぎる結果となった、次回復活に期待しよう。

ゼッケン1:小川友幸選手45 歳
TEAM MITANI Honda RTL300R

昨年R-4 のパーフェクトウインの時と同じ「完全横綱相撲。」王者の貫禄試合となりました。世界戦のような難易度のセクションを、ほぼほぼ大きなミスなく完璧でした。調子もすごくよさそうで、こうなってくると自分自身で作り上げる無敵の2022 シーズンとなりつつあります。とはいえ、まだまだ序盤ですので、怪我に気を付けてシーズンを戦い抜いてほしいです。

ゼッケン3:氏川政哉選手 19 歳
TEAM MITANI Honda RTL300R

九州大会の不運から徹底的に乗り込んだ様子だが、直前に不運が襲う、木曜日に手首を負傷・・・・・。痛み止めを飲んでの参戦となった。走りは悪くなく調子も悪くなく、2 3方向からのサポート体制 位争いを終始続ける展開、SS までもつれ込むも、4 位とも僅差。なんとか2 位表彰台になってほしい願いを込めましたが、3 位に!!今シーズン初の表彰台を獲得した。

ゼッケン11:広畑伸哉選手 3方向からのサポート体制 17 歳GASGAS with
MITANI PRO300GP

上位も苦戦するようなセクションを、難なくとクリーンするところもあれば、簡単な5 点も多い、しかし今回も上位に食い込む可能性ナンバー1 なところを各セクションで見せてくれた。9 位8 3方向からのサポート体制 位7 位と順番に上がっている このままいけば今シーズン中には、表彰台だ.

㉓教育ビジョン達成に向けたアクション展開のための全学的な方向性の共有と体制の構築

●プロジェクト概要 3方向からのサポート体制
ビジョンを達成するためには、本学のシーズを把握し、時代・社会のニーズを捉えて『持続可能な社会を構築できる人材を育成する。』のに必要なものは何か、足りないものは何かを洗い出す必要がある。
そのため本プロジェクトでは、経営協議会外部委員、就職先、地域など外部の意見・二ーズを取り入れ、学部・研究科・全学教育機構が持つ魅力・シーズを把握する。
その結果、ビジョン達成に向けて必要なアクションは、新たな学位プログラムの創出(アクション1-1関連)、 教養教育の再構築(アクション1-2関連) 、専門教育の在り方の見直し(アクション1-3関連)、 学び会う場・教育環境の創造(アクション1-4関連)が想定される。さらに、人材育成目標の達成のための計画を実行し、成果を検証・改善していくことに必要なマネジメント体制の強化が必要となる(アクション1-5関連)。
本学がこれまで行ってきた教育改革との関連性を踏まえ、情報収集と論点整理を行い、全学的に共有する。
加えて、有機的で繋がりのある具体的計画の立案を行い、実現させるための体制の構築を行う。

(クリックで拡大)

(教育領域) しなやかな知性と未知なる領域に踏み出す行動力を基盤に,多様な人々との協働を通して持続可能な社会を構築できる人材を育成する。
(アクション 1-5) 教学マネジメントによる教育の質保証 他

年度における計画・進捗内容

phase 1 -R2計画-
●活動内容
①本学の教育シーズを把握するため、教育室と各学部研究科・全学教育機構との意見交換を行う。
②時代・社会のニーズを把握するための情報収集を行う。
③上記①②をもとに各アクションの領域における解決すべき課題の論点整理を行う。
④第4期に向けて取り組むべき教育改革の方向性の全学的共有を行う。

phase 1 -R2進捗-
●進捗状況

①令和2年10月に、本学の教育シーズを把握するため、教育室と各学部との意見交換を行い、各学部の持つ教育上の特色や、課題を解決するための計画等について情報を共有した。
②学内の各センター・室等や国等が公開しているデータ(内閣府エビデンスシステムe-CSTI等)からの情報収集・人材育成のニーズを分析し、現在の社会で求められている人材と、供給されている人材のギャップを把握した。
③上記①②をもとに各アクションの領域における解決すべき課題の論点整理を行った。
令和2年11月拡大役員懇談会でテーマ「佐賀大学の目指す新しい教育分野とは?」として、ディスカッションを行い、今後STEAM教育を展開していく方向性、ステークホルダーの期待に応える仕組みや教育の場の醸成を行う方向性をそれぞれ提案した。
④令和3年3月に、第4期に向けて取り組むべき教育改革の方向性の全学的共有を行うための学部長と理事の意見交換を行った。第3期中期目標・計画での目標設定の問題点を改善するため、大学のビジョンを示して、それらに紐付いた各学部の課題解決と特色化に繋がる計画の立案ができるよう議論した。

令和2年度末時点での各アクションへの展開状況
(1-1)
拡大役員懇談会において佐賀大学が目指す教育分野としてSTEAM教育を提案した。分野を横断する教育として全学教育機構では教養教育の再構築に取り組む中で、副専攻プログラムを実質化するための検討を行う。
(1-2)
教養教育の再構築に向けて、全学教育機構では、教養教育の区分を整理し、内容の充実と、学部教育や社会との接続を図る機能の強化を行う案を作成した。令和3年度に議論を続け案を成熟させ、第4期中期目標期間の前半に新カリキュラムを開講できるように計画していく予定。
(1-3)
各学部長と意見交換を行い、専門教育のあり方の見直しの方向性として「教育活動・成果に対するステークホルダーからの意見聴取や反映を活性化」「学生が成長実感を得られるカリキュラムや教育方法」を示し、概ねの理解を得ている。令和3年度に、令和4年度以降の各学部の同趣旨での具体的な取組計画をまとめ、また全体としてその取組の成果を発信し、目標達成のための循環を生むための準備をする。
(1-4)
学習支援室、学生生活課、教務課で打合せを行い、これまで実施してきた学生によるピアサポートの見直しを行った。令和3年度は、オンラインを活用しながら障害のある学生も充実・適切なピアサポートを受けることができるよう方策をまとめる。
また、授業開放科目とオンライン留学の拡充により多様な学生が学び合う場を設ける。
(1-5)および(3-1)
アクション(1-3)への展開で記載した「教育活動・成果に対するステークホルダーからの意見聴取や反映を活性化」する取組みは、学生が、社会で活かせる実践的能力を獲得するための取組である一方、地域社会で求められる人材を輩出するための貴重なニーズ収集である。
また、それらのニーズを反映してカリキュラムや入試等の改善につなげていくことで教育の質を保証する。上記取組の教育改善の成果に焦点を当てたものが(3-1)の成果、教育の質が保証されるための取組の導入が(1-5)の成果となる。以上のことから(1-3)のアクションは、(1-5)(3-1)とも関連したアクションとなる想定。

phase 1 -R3計画-
●活動内容
R2計画によって整理された論点・問題点の解決に向けて、各アクション・各部局レベルに詳細化、細分化し、具体的な計画を策定し、実現させるための体制の構築を行う。

phase 2 -R4計画-
●活動内容
各アクションに対応するプロジェクトの実行(別プロジェクトとして進行)

くらし事業本部

写真:パナソニック株式会社 くらし事業本部 本部長 チーフ・エグゼクティブ・オフィサー(CEO) 品田 正弘(しなだ まさひろ) タイトル文字:企業価値経営を実践し くらしのベストパートナーを目指す

お客様や様々なステークホルダーになくてはならない会社になっていくため、私たちは「未来起点+人起点」の考え方に立って企業価値経営を推進します。
「未来起点」としては、中長期的視座に立ち、ミッション、ビジョンに基づいた経営を進めます。ミッション(私たちの使命)として「Life tech & ideas 人・社会・地球を健やかにする」、ビジョン(ありたい姿)として「人を想う技術と創造力で、くらしを支えるベストパートナー」を掲げています。

図版タイトル:「未来起点・人起点の企業価値経営」“くらし”になくてはならない新たな価値を生み続けるための、未来起点・人起点の企業価値経営 「未来起点:ミッション・ビジョンに基づくパーパス経営」と「人起点:お客様へのお役立ち、『働き甲斐』と『誇り』の最大化」により、「くらし事業領域」において、持続可能で健やかなくらしを実現する『社会的価値』と、未来につなげる収益力と経営基盤をもたらす『経済的価値』を実現。ステークホルダーと向き合う観点から、統合(財務と非財務)コミュニケーションを推進。

3つの変革軸を長期にわたり一貫して推進

図版タイトル:「くらし事業本部 3つの変革軸」 「変革軸 1:顧客価値の創出」優れた顧客体験で、突出したブランド価値を創造。「変革軸 2:オペレーショナルエクセレンスの追求」グローバルトップレベルの生産性・コスト競争力を実現。「変革軸 3:成長事業への経営資源の集中」事業競争力を徹底的に強化し、No.1、2事業の集合体を実現。この3つの変革軸を長期にわたり一貫して推進。この変革を実現するための基盤となる経営システム、人事の仕組みの改革を行い、長期・全体最適視点、チャレンジし続ける人を大事にする会社となる。

くらし事業を営む会社として、一丁目一番地と言えるのが「顧客価値の創出」です。未来を創る視点を経営の仕組みに取り入れると共に、競争力の源泉となるテクノロジーについては、グローバルに、未来への変化を見据え、イノベーションを加速していく必要があります。
複雑化・融合化する技術に対し、自社で培った強みとなる技術だけでなく、その周辺の領域にある技術も外部から積極的に取り入れ、組み合わせることで、さらにスピード感を持ってイノベーションの創出を進めていきます。そのための枠組みとして、将来的には「くらしファンド」の立ち上げも検討しています。
既に商品開発の現場では新たな取り組みにも着手しています。くらしアプライアンス社では、開発・製造・販売の壁を取り除く、マイクロエンタープライズ(ME)制を導入し、商品開発リードタイムの従来比半減を目指しています。商品企画から市場導入、また商品の生涯に渡る収支まで一貫して責任を持ち、1つの商品を世に送り出す全工程のメンバーが参加し、お客様とライフサイクルでつながり続けるチームを構築。現時点で、冷蔵庫、食洗器、電子レンジ、炊飯器、IHクッキングヒータ、オーラルケア、ヘアケア、掃除機、洗濯乾燥機など、白物家電カテゴリで、9つのマイクロエンタープライズが立ち上がっています。
さらに、商品・サービスを通じた顧客接点においても、「未来の定番づくり」「世界観づくり」そして「顧客との関係づくり」を一段と加速することで、当社へのロイヤリティを高め、ブランド価値の最大化を目指します。

2つ目の「オペレーショナルエクセレンスの追求」については、分社の壁を越えて競争力を強化していきます。半導体をはじめとする様々な部材の安定調達はますます重要性を増しており、個別最適になっていたインフラを全体最適に変えるべく、ゼロベースでサプライチェーンを見直しているところです。「コスト力強化」と「安定調達」の両立をトップダウンで聖域なく推進し、今後3年間で1,3方向からのサポート体制 3方向からのサポート体制 000億円程度のコストダウンを目標としています。
また、グループ全体としてパナソニック流のDXである「PX(パナソニック トランスフォーメーション)」を推進している中、くらし事業本部においても、従来比4~5倍のIT投資を実施する予定です。

VUCA時代に、新たなチャレンジを生み出すDNAを覚醒。職能別組織からプロダクト別組織への体制移行で“BIGLOBEモデル”を創る

山屋英樹

2つ目は、VUCA時代に生き残る事業プラットフォームを創ること。そのために、「Agility」「Cloud Native」「No-code, Low-code」というキーワードを選んでいます。VUCAとは、一言で言うと「先行きが不透明で、将来の予測が困難な状態」を意味し、こういった時代には、アイデアが出たらすぐにプロトタイプを作って市場の評価を受けて改善するAgilityが必要なのです。その点、BIGLOBEの開発規模の大きいISP関連サービスは、最近までウォーターフォール開発で進めてきましたが、今後はアジャイル開発でサービスを立ち上げ、コアなものは外注せず自分達で作っていく組織へと変えていくためにミッションを作りました。

f:id:yoshitomotomo:20211202104047j:plain

――― そして、このミッションを実現する新しい組織体制として「Spotifyモデル」を参考にしたとお聞きしています。

結果を出すために、Agilityにこだわった組織として行き着いたモデルへ

山屋英樹

――― 新しい組織体制とは具体的にどんなイメージなのか教えてください。

――― BIGLOBEの課題やビジョンに合わせた組織体制なのですね!

山屋英樹

――― 日本の企業ではあまりない組織のモデルだと思いますが、実際に導入してみていかがでしたか?

新たな組織を作っていく、面白いフェーズを共に

山屋英樹

――― 今回のミッションや組織体制は、どのようなビジョンのもとに動いていくのでしょうか?

――― 最後に、この記事を読んでいただいた方にメッセージがあればお願いします。

※ Googleは、Google LLC の商標です。
※ YouTubeは、Google LLC の商標です。
※ 記載している団体、製品名、サービス名称は各社の商標または登録商標です。

残業が1日1時間減って直帰も可能に
業務整理で働きやすさ向上・生産性アップ

【導入事例:サービス業】残業を1日1時間削減&直帰OKな環境へ

業務効率化を行うことでもたらされる3方向へのメリット

【 1 】ご本人
業務の優先順位がつくので、労働時間も削減でき結果的にストレス軽減にも。
外出先でも仕事ができる=直帰が可能になるので「一度帰社しなければいけない…」などの心配もなくなります。


【 2 】周囲
誰が、どのような案件を抱えていて、進捗がどうなのかが分かります。
顧客からの問い合わせがきたとき、効率的にフォローし合える体制が構築でき、コミュニケーションの活性化、顧客の満足度向上につながります。


【 3方向からのサポート体制 3 】業務の質
案件も整理されるので、過去にも似た案件があれば履歴などを参考に業務を進められ、質と生産性の向上につながります。

これからも成長を続ける企業に必要なこと

業務効率化が進んでいる企業とそうでない企業、どちらが「働きやすい」と感じるでしょうか?
人材不足と言われるこの時代において、ストレスなく働くことができる環境づくりを行うことで、従業員満足度も高まり人材の定着、採用などにおいても想像以上のメリットをもたらします。
従業員満足度を高めることで、その先にある顧客の満足度も向上すると言われています。
ワクフリは、その先に見えるものに着目する企業さまを応援しています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる