外為オプションとは

テクニカル分析の重要性

テクニカル分析の重要性

出所:日足、いずれもNY市場の価格、単位はドル

データ分析のプロセスとは?具体的内容やメリットも解説

データ分析のプロセスとは?具体的内容やメリットも解説

こうしたデータ分析基盤の構築を目指す企業におすすめしたいのが「Microsoft Azure」です。Microsoft Azureは複数のソリューションによって構築されるIaaS・PaaSであり、データレイクやデータウェアハウス、BIツールなどのデータ分析に特化したサービスも搭載されています。ひとつのプラットフォームにデータ分析基盤を構築できれば、データガバナンスやコンプライアンスの整備にもつながるでしょう。

案件実績豊富なデータベースを知り尽くしたエキスパートが語る!「Database&APPを「雲」化する クラウドマイグレーション総ざらい」

“データ分析、データベース”の最新記事

SSOTとは?IDaaSやSVOTとの関連性など解説!

SSOTとは?IDaaSやSVOTとの関連性など解説!

セルフサービスBIとは?従来型BIツールとの違いやメリットなどを解説!

データ統合基盤とは?メリットや構築時の課題、解決方法を解説

Microsoft Azure Well-Architected Frameworkとは?内容をわかりやすく解説

Microsoft Azure Well-Architected テクニカル分析の重要性 テクニカル分析の重要性 Frameworkとは?内容をわかりやすく解説

クラウド活用によるITシステムのモダナイズとは?

レガシー.NETアプリをモダナイズしたい!移行時のポイントを解説

New call-to-action

Resource RANKING

  1. IIJクラウドインテグレーションソリューションfor Microsoft Azure 概要説明資料
  2. デジタル時代における“失敗しない”クラウド活用のすすめ~調査データで見るクラウド利用の実態と成功への鍵~
  3. Microsoft Azure製品カタログ
  4. オンプレミス資産を無駄にしない!フレキシブルなパブリッククラウドMicrosoft Azure 商談事例
  5. Microsoft Azure 活用事例のご紹介

Recent POST

ブログ無料購読のご案内

BizApp チャンネル

Microsoft Dynamics 365やPower Platform に関わる情報ポータル

デジタルトランスフォーメーションチャンネル

Microsoft 365チャンネル

Blog RANKING

  1. データ分析レポート作成の例とは?重要ポイントも解説
  2. Azure Databricksとは?Apacheのフレームワーク、Azure HDInsightとの違いも解説
  3. ビッグデータとは?データウェアハウスとの違いやAI、BIとの関係についても解説
  4. Snowflakeとは?利用するメリットや特徴を徹底解説
  5. Azure Synapse Analyticsとは? データレイクとの違いを解説

TOPIC

  • クラウド移行(インフラ・DB) (208)
  • アプリケーション開発・管理・運用 (137)
  • セキュリティとガバナンス (125)
  • 仮想デスクトップ (テクニカル分析の重要性 122)
  • データ分析、データベース (115)
  • AI、機械学習 (37)
  • SAP テクニカル分析の重要性 on Azure (37)
  • ハイブリッドクラウド (22)
  • Mixed Reality (20)
  • 業界向けソリューション (18)
  • sap (11)テクニカル分析の重要性 テクニカル分析の重要性

関連サイト

Microsoft Dynamics 365 を中心とした業務アプリケーションサイト BizApp チャンネル

BizApp チャンネルは、CRM から ERP を中心に最新動向や技術情報、製品比較の解説など、企業の生産性向上に役立つ豊富な情報を配信するポータルサイトです。

あらゆる産業の課題を解決し、未来に備えるための IT 情報総合ポータル デジタルトランスフォーメーションチャンネル

デジタルトランスフォーメーション チャンネルは、あらゆる産業の課題を解決し、未来に備えるための IT 情報総合ポータルです。

Microsoft 365 などの情報を網羅した専門ポータル Microsoft 365 チャンネル

Microsoft 365 チャンネル は、最新情報や製品比較の解説など Microsoft 365 に関する豊富な情報を配信するニュースサイトです。

リー・エインズリー(前編)―デリバティブを奏でる男たち【29】―

急落する代表的な米成長株


出所:日足、いずれもNY市場の価格、単位はドル

◆マーベリックとは

加えて、美術品店から6つのアート&クラフト店を買収し、全国的な芸術品と工芸品の小売業者に成長させて売却。これらで巨万の富を築いたようです。ところが、脱税で内国歳入庁(IRS、Internal Revenue Service)から、証券詐欺で証券取引委員会(SEC、Securities and Exchange Commission)から起訴され、賠償金を一部支払った後の2014年に破産してしまいました。今ではテキサス州北部のダラスにある老人ホームで静かな余生を送っているとのこと。ちなみに、彼の娘クリスティアナは、電気自動車大手テスラの最高経営責任者(CEO)であるイーロン・マスクの弟キンバルと結婚しました。

テスラも代表的な米成長株


出所:日足、単位はドル

◆エインズリーのマーベリック

このコラムの著者

MINKABU PRESSに関連するコラム

アクセス増減率ランキング

おすすめ情報

小次郎講師テクニカルコラム

  • 第1回、ファンダメンタル分析とテクニカル分析
  • 第2回、トレンド系分析とオシレーター系分析
  • 第3回、トレンドラインとチャネルライン、その1
  • 第4回、トレンドラインとチャネルライン、その2
  • 第5回、移動平均線 その1、『 移動平均線の役割 』
  • 第6回、移動平均線 その2、『 グランビルの法則 』前編
  • 第7回、移動平均線 その3、『 グランビルの法則 』後編&『 移動平均乖離率 』
  • 第8回、移動平均線 その4、『 移動平均線の複数使い 』前編
  • 第9回、移動平均線 テクニカル分析の重要性 その5、『 移動平均線の複数使い 』中編
  • 第10回、移動平均線 その6、『 テクニカル分析の重要性 移動平均線の複数使い 』後編
  • 第11回、移動平均線 その7、『 指数平滑移動平均線の重要性 』
  • 第12回、MACD(移動平均収束拡散法) その1
  • 第13回、MACDその2、オリジナルMACDの本質!
  • 第14回、MACDその3、MACD最大の買いシグナルとは?
  • 第15回、MACDその4、MACD2とは?
  • 第16回、MACDその5、MACDの売りサイン買いサイン =前編=
  • 第17回、MACDその6、『MACDの売りサイン買いサイン』 =中編= そしてMACD活用の最大の極意!
  • 第18回、MACDその7、『MACDの売りサイン買いサイン』 =後編= ダイバージェンシー!
  • 第19回 MACDその8、『MACDの複数使い』いよいよMACD最終回!
  • 第20回 ストキャスその1、『買われすぎ売られすぎシグナルに騙されるな!』
  • 第21回 ストキャスその2、『ファーストストキャスとスローストキャスとは?』
  • 第22回 ストキャスその3、『ストキャスの大黒柱、%Kを極める!』
  • 第23回 ストキャスその4、『ストキャス名脇役、%D、Slow%Dを極める!』
  • 第24回 ストキャスその5、『パラメーターの調整!』
  • 第25回 ストキャスその6、『ストキャスティクスの正しい使い方!』
  • テクニカル分析の重要性
  • 第26回 ストキャスその7、『ストキャスティクスの具体的仕掛け時と騙しへの対応!』
  • 第27回 ストキャスその8、『ストキャスティクスのダイバージェンス』
  • 第28回 ストキャスその9、『スパイクトップ・スパイクボトム、ガービッジトップ・ガービッジボトム』
  • 第29回 ストキャスその10、『ストキャスティクス最終回、ブルベア・セットアップとは?』
  • 第30回 一目均衡表その1、『一目均衡表の歴史。そして5つの線を覚えよう!』
  • 第31回 一目均衡表その2、『5つの線の計算式を理解し、半値線をマスターしよう!』
  • 第32回、一目均衡表その3、「三役好転を中心に世間一般的に言われる一目均衡表の買いシグナル売りシグナルを検証。」
  • 第33回、一目均衡表その4、「半値線を極める!」
  • 第34回、一目均衡表その5、「転換線を極める!」
  • 第35回、一目均衡表その6、「基準線を極める!」
  • 第36回、一目均衡表その7、「一目均衡表最大の売買シグナル、均衡表の好転・逆転とは?前編」
  • 第37回、一目均衡表その8、「一目均衡表最大の売買シグナル、均衡表の好転・逆転とは?中編、もみあい相場での仕掛け方」
  • 第38回、一目均衡表その9、「一目均衡表最大の売買シグナル、均衡表の好転・逆転とは?後編、均衡表の好転・逆転の本質!」
  • 第39回、一目均衡表その10、「先行スパン2を極める。先行スパンが先行する理由!」
  • 第40回、一目均衡表その11、「先行スパン1を極める。」
  • テクニカル分析の重要性
  • 第41回、一目均衡表その12、「一目均衡表最大の謎、『雲』を解析する!前編」
  • 第42回、一目均衡表その13、「一目均衡表最大の謎、『雲』を解析する!後編、雲のねじれの秘密!」
  • 第43回、一目均衡表その14、「一目均衡表で最も重要と言われる遅行スパンを徹底解説、前編」
  • 第44回、一目均衡表その15、「一目均衡表で最も重要と言われる遅行スパンを徹底解説、後編」
  • 第45回、一目均衡表その16、「一目均衡表の5つの線を使った総合分析、前編」
  • 第46回、一目均衡表その17、「一目均衡表の5つの線を使った総合分析、後編」
  • 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その1、「RSIの計算式は超簡単!」
  • 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その2、「RSIの計算式からわかること!」
  • 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その3,「RSIとストキャスの違いを知ろう!」
  • 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その4、「買われすぎ、売られすぎに騙されるな!」
  • 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その5、「ダイバージェンスの本当の意味を理解しているか?」
  • 小次郎講師のRSI(相対力指数)解説その6、「RSIの代表的シグナル、失敗したスイングって知ってますか?」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その1、「ボリンジャーバンドの基礎知識」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その2、「間違いだらけのボリンジャーバンド解説」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その3、「標準偏差を制するものがボリバンを制する!」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その4、「バンドワイズチャート、%bチャートの秘密」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その5、「ミッドバンド研究」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その6、「ボージとスクイーズを究めよ!」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その7、「スクイーズによる仕掛けシグナル!」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その8、「バンドワイズチャート!」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その9、「%bチャート!」
  • テクニカル分析の重要性
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その10、「%bチャート!」後編
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その11、「ボリバンまとめ!」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その12、「ボリバン極意の書!」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その13、「ボリバン極意の書!続き」
  • 小次郎講師のボリンジャーバンド解説その14、「ボリバン極意の書!続き」
  • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「チャート分析とは?」
  • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「チャート分析とは?」
  • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「資金管理編」
  • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「大循環分析」
  • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「大循環分析」
  • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「大循環分析」
  • 小次郎講師の移動平均線大循環分析徹底解説、「まとめ」
  • 【特別寄稿】『小次郎講師に聞く、テクニカル分析を使いこなすための5つの極意!』セミナー参加者からの質問に答える。その1
  • 【特別寄稿】『小次郎講師に聞く、テクニカル分析を使いこなすための5つの極意!』セミナー参加者からの質問に答える。その2
  • 【特別寄稿】『小次郎講師に聞く、個人投資家が勝ち組になるための5つの極意!』セミナー参加者からの質問に答える。その1
  • 【特別寄稿】『小次郎講師に聞く、個人投資家が勝ち組になるための5つの極意!』セミナー参加者からの質問に答える。その2

ニュースアクセスランキング

関連サイト

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、大阪取引所、堂島取引所、S&P Global、S&P Dow Jones In dices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services、JPX総研等から情報の提供を受けています。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

データ分析のプロセスとは?具体的内容やメリットも解説

データ分析のプロセスとは?具体的内容やメリットも解説

こうしたデータ分析基盤の構築を目指す企業におすすめしたいのが「Microsoft Azure」です。Microsoft Azureは複数のソリューションによって構築されるIaaS・PaaSであり、データレイクやデータウェアハウス、BIツールなどのデータ分析に特化したサービスも搭載されています。ひとつのプラットフォームにデータ分析基盤を構築できれば、データガバナンスやコンプライアンスの整備にもつながるでしょう。

案件実績豊富なデータベースを知り尽くしたエキスパートが語る!「Database&APPを「雲」化する クラウドマイグレーション総ざらい」

“データ分析、データベース”の最新記事

SSOTとは?IDaaSやSVOTとの関連性など解説!

SSOTとは?IDaaSやSVOTとの関連性など解説!

セルフサービスBIとは?従来型BIツールとの違いやメリットなどを解説!

データ統合基盤とは?メリットや構築時の課題、解決方法を解説

Microsoft Azure Well-Architected Frameworkとは?内容をわかりやすく解説

Microsoft Azure Well-Architected Frameworkとは?内容をわかりやすく解説

クラウド活用によるITシステムのモダナイズとは?

レガシー.NETアプリをモダナイズしたい!移行時のポイントを解説

New call-to-action

Resource RANKING

  1. IIJクラウドインテグレーションソリューションfor Microsoft テクニカル分析の重要性 Azure 概要説明資料
  2. デジタル時代における“失敗しない”クラウド活用のすすめ~調査データで見るクラウド利用の実態と成功への鍵~
  3. Microsoft Azure製品カタログ
  4. オンプレミス資産を無駄にしない!フレキシブルなパブリッククラウドMicrosoft Azure 商談事例
  5. Microsoft Azure 活用事例のご紹介

Recent POST

ブログ無料購読のご案内

BizApp チャンネル

Microsoft Dynamics 365やPower Platform に関わる情報ポータル

デジタルトランスフォーメーションチャンネル

Microsoft 365チャンネル

Blog RANKING

  1. データ分析レポート作成の例とは?重要ポイントも解説
  2. Azure Databricksとは?Apacheのフレームワーク、Azure HDInsightとの違いも解説
  3. ビッグデータとは?データウェアハウスとの違いやAI、BIとの関係についても解説
  4. Snowflakeとは?利用するメリットや特徴を徹底解説
  5. Azure Synapse Analyticsとは? データレイクとの違いを解説

TOPIC

  • クラウド移行(インフラ・DB) (208)
  • アプリケーション開発・管理・運用 (137)
  • セキュリティとガバナンス (125)
  • 仮想デスクトップ (122)
  • データ分析、データベース (115)
  • AI、機械学習 (37)
  • SAP on Azure (37)
  • ハイブリッドクラウド (22)
  • Mixed Reality (20)
  • 業界向けソリューション (18)
  • sap (11)

関連サイト

Microsoft Dynamics 365 を中心とした業務アプリケーションサイト BizApp チャンネル

BizApp チャンネルは、CRM から ERP テクニカル分析の重要性 を中心に最新動向や技術情報、製品比較の解説など、企業の生産性向上に役立つ豊富な情報を配信するポータルサイトです。

あらゆる産業の課題を解決し、未来に備えるための IT 情報総合ポータル デジタルトランスフォーメーションチャンネル

デジタルトランスフォーメーション チャンネルは、あらゆる産業の課題を解決し、未来に備えるための IT 情報総合ポータルです。

Microsoft 365 などの情報を網羅した専門ポータル Microsoft 365 チャンネル

Microsoft 365 チャンネル は、最新情報や製品比較の解説など Microsoft 365 に関する豊富な情報を配信するニュースサイトです。

トライアルから学ぶデータ分析

九州大学にて「ビジネスに活かせる実践データ分析入門」という講義が夏学期より開講されるようですよ!
Pythonは言語として扱ったことはあるのですがデータ分析等の実践的な取り組みは行ったことがなかったため、データ分析の技術と思考法を学んで今後に活かそうと思い受講することにしました。
せっかくなので備忘録としてスクラップを残そうと思います。
また自分なりのデータ分析の思考を記録として残すのでアドバイス等いただけると嬉しいです!

導入 - Retail Dataの重要性 by 永田さん

Retail Data (直訳:小売データ)
計画購買:非計画購買 = 2:8 → ブランドの決定は店頭で8割が決まる
オンライン上ではGoogle・Amazon等の企業によって購買データを集計されているがそれは計画購買である2割程度、つまり実店舗でデータ集計できれば単純計算5倍のデータが取れ、Amazonを追い越せるのではないか?という取り組みをトライアルとしてかなり力を入れて行っているらしい。

    テクニカル分析の重要性
  • トライアルでは実店舗のデータを収集し、現時点でスマートカートでのおすすめ商品の提案まで行っている
  • 売上のデータを集めることで品や配置の最適化
    実例:チョコレート製品の配置で利益率の高いトライアルのプライベートブランドチョコを客の目につく部分に配置していたが売上・利益はあまり伸びず.
    →キットカット(人に知られ、信頼されているブランド)を客の目につく部分に配置してみると売上が倍増した

今後の授業内容

分析テーマ

新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴う消費者行動変容の
分析および小売業へのビジネス提案

  • 提案対処:TRIAL経営陣
  • 目的:コロナ禍における急激な消費者の行動変容に対して、企業としてすみやかに対応できるようTRIALの経営陣に対して提案を行う
  • 課題:
    • 購買行動の変化から、消費者のニーズの変化を捉える
    • ニーズの変化にすみやかに対応するための提案を行う

    審査ポイント

    • 課題把握:分析の目的や主旨に沿ったレポートが作成されている
    • データからの洞察:データを適切に加工し、インサイト(洞察)を導き出せている
    • 分かりやすさ:レポートが論理的かつ帰納法的に、わかりやすく展開されている
    • 工夫・独創性:レポートや情報収集に対する工夫や努力が伺える
    • 実務への適用:ビジネスに活かせる実践的な結論や提案を導き出せている
    • 言語:Python
    • 環境:Google Colaboratory

    永田さんありがとうございました!!
    本記事ではデータ分析について永田さんから教えていただいたことのほんの一部しか記載できていませんが、40分という短い時間でしたがとても充実した授業となりました。
    まだやっとデータ分析に足を踏み入れた素人ではありますがその重要性について思い知らされました。
    またお会いできる機会があればと切実に願っております。
    再度申し上げます。ありがとうございました!
    次回の授業「ビジネス知識/Pythonについて」、デュエルスタンバイ!

    投資成果を左右する株チャート、機能性と使いやすさが決め手に

    投資成果を左右する株チャート、機能性と使いやすさが決め手に

    自分に合ったチャート機能やテクニカル指標がわからないので、何をどう選べばよいのか見当がつきません。 これまでチャート分析をして売買したことがなかった人は、まずはチャートの初期設定となっているローソク足と出来高にあわせて、テクニカル指標で最も一般的な単純移動平均線(5日線、25日線、75日線の3本)を表示してみましょう。 過去にさかのぼって推移を捕捉していくと、株価、出来高、単純移動平均線の間に一定の法則が見えてきます。 株価の上昇や下落のタイミングにあわせて、株式の売買高である出来高は増加します。 単純移動平均線の5日線は株価に最も近い位置を推移していること、株価が右肩上がりで25日線より上方を推移していれば明らかな上昇トレンドにあること、株価が右肩下がりで25日線より下方にあれば強い下降トレンドにあることが見てわかります。 25日線の上に5日線が上抜けすると上昇トレンドに入り(ゴールデンクロス)、25日線の下に5日線が下抜けすると下降トレンドに入る(デッドクロス)のも確認できるでしょう。 チャートの見方がわからない人は、シンプルにテクニカル指標を1種類、あるいは2種類だけ使って分析する手法に慣れてください。最初のテクニカル指標の見方をマスターしたら、次の指標にチャレンジしてもよいですし、慣れた指標をずっと使い続けてもよいでしょう。

    パソコンを利用する際におすすめなのは、どの証券会社の株チャートですか? テクニカル分析の重要性 auカブコム証券の「EVERチャート」はチャート分析機能に特化した無料のWEB型ツールであり、搭載されているテクニカル指標はネット証券業界随一で、画面も見やすく、操作もシンプルでおすすめです。その上、WEBブラウザ版のツールなので、PCへの負荷もそれほど大きくありません。 松井証券の「ネットストックトレーダー・プレミアム」もWEB型投資情報ツールです。日中足の間隔はTICKごと、あるいは6分までは1分間隔で設定できるため、有料のサービスではありますが、1分が勝敗の分かれ目になるデイトレードを主戦場にしている人にとっては情報料を払うだけの価値があります。 高機能トレーディングツールに搭載されている株チャートの中では、SBI証券の「HYPER SBI」のチャートは一番のおすすめです。チャート分析機能はトレーディングツールの1機能ですが、その機能性の高さは業界トップクラスです。チャート分析後に即発注画面に移行できるのも魅力です。

    スマホアプリの中で、どの証券会社の株チャートが使いやすいですか? テクニカル分析の重要性 投資初心者、あるいはチャート分析初心者であれば、LINE証券がおすすめです。LINE証券のチャートには基本中の基本のローソク足と出来高が表示されています。チャートの基本形に慣れることから始めて、値動きと出来高の相関性や値動きの法則を自分でみつけてみましょう。 投資中上級レベルの方には、楽天証券の「iSPEED」が使いやすいです。スマホアプリの情報量は他社のスマホアプリとは桁違いです。チャートの描画機能は50種類にものぼり、チャート分析はトレード成功の要だと信じる人や、確固たる根拠で投資判断を下したいと考える人には魅力的です。 SBI証券の「SBI証券 株アプリ」も優れた株チャートを搭載しています。スマホアプリには さまざまな検索機能が搭載されており、投資情報や高度なチャート分析にも強みがあります。スピード注文にも対応できるので、まさに、オールインワンタイプのスマホアプリの決定版です。時間に追われる外出先でも、PCと同じ感覚で取引を完結できるのがメリットです。

    チャート分析方法はどのように勉強すればよいのでしょうか? LINE証券のような投資初心者向きの証券会社で、少額の株取引を繰り返し、実際の値動きとチャートの推移をリンクさせながら、相場観を身に付けることをおすすめします。 チャート分析は知識に依るところが大きいので、投資の達人や投資経験者の知恵を学ぶことも大切です。 チャート分析方法やテクニカル指標の見方に関する書籍は数多く出版されています。ホームページやブログなどで詳しい解説を載せている個人投資家も多く存在します。 多くの知見に触れる中で、自分でも使えそうなテクニカル指標を選別し、ツールとして使いこなせるようになれば、たくさんの分析手法やテクニカル指標を学ばなくても、投資成果が出るようになります。

    無料で株のチャートが見られるサイトはありますか? ネット証券大手のSBI証券と楽天証券では、口座をもっていない非会員でも、個別銘柄のチャートを閲覧できます。 各社のWEBサイトにアクセスし、ログイン不要の国内株式トップページに遷移します。トップページの検索窓に銘柄コード(または会社名)を入力すると、個別銘柄のページに遷移するので、チャートタブを開くと、大画面でチャートを閲覧することができます。テクニカル指標を自分で選んで表示することもできます。 YAHOO!JAPANファイナンスでは、誰でも個別銘柄のページにアクセスできるので、チャートタブを開いて、自由にチャートを見ることができます。ただし、チャート形状、足種、テクニカル指標の選択肢は上記のネット証券2社に比べると少ないので、チャート分析を極めたい人には物足りないかもしれません。 なお、無料でチャートを見られる上記のWEBサイトのチャートには、描画機能は搭載されていません。

    6,株式投資におけるチャート分析の意義と効果

    株式投資で投資判断を下すにあたっては、企業の業績や財務状態をチェックするファンダメンタルズ分析と、過去の株価推移から将来の株価を予測するテクニカル分析が必要になります。

    この分析結果は、売買のタイミングを決定する根拠となるので、テクニカル分析においては、自分が使いやすいチャートや、自分の投資スタイルに適したチャートを選ぶことは非常に重要です。

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる