利食い

はしごトレンド戦略

はしごトレンド戦略

機器組み立て

はしごトレンド戦略

トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:エバ・チェン 東証一部:4704、以下、トレンドマイクロ)は、2020年の事業戦略を発表します。

  • DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進するクラウドセキュリティの拡張
  • SaaSモデルへの移行加速とクロスレイヤーで脅威を検知し対処するTrend Micro XDRの提供
  • IoT関連ビジネスの推進強化

トレンドマイクロは、複雑に多様化するクラウド環境を保護するために、オープンソースソフトウェアの脆弱性チェックを提供するsnykとのパートナーシップ締結やクラウドセキュリティの状態管理(Cloud Security Posture Management:CSPM)を提供するCloud Conformityの買収により、クラウドセキュリティを拡張します。仮想マシン、ネットワーク、コンテナ、クラウドストレージ、サーバレス向けのセキュリティサービスに、クラウド環境の設定不備をスキャン・可視化するサービスを含め、クラウド環境の保護に必要な6つのセキュリティを一元管理できる新ソリューションを「Trend Micro Cloud One」ブランドとして2020年6月1日から日本国内で順次提供開始し、企業や組織のDX推進を支援します。

2.SaaSモデルへの移行加速とクロスレイヤーで脅威を検知し対処するTrend Micro XDRの提供
企業や組織を標的にしたサイバー攻撃は日々巧妙化しています。また、リモートワークなどの広がりにより、企業ネットワークから持ち出されたデバイスがサイバー攻撃の侵入口になる懸念があります。このような巧妙化、複雑化するサイバー攻撃には、事前予防に加えて、万が一の侵入時に、その根本原因や侵入プロセスを特定し、対処することが求められます。

トレンドマイクロは、従来エンドポイントで提供していたサイバー攻撃の事前予防(EPP:Endpoint Protection Platform)と事後対処(EDR:Endpoint Detection and Response)をメール、サーバ/クラウド、ネットワークに拡張し、Trend Micro XDR(Cross Detection and Response)を提供します。各々のレイヤ―で検知した脅威や侵入の痕跡を、Trend Micro Smart Protection Networkを活用して相関的に分析することで、サイバー攻撃の全体像と対処が必要な対象を可視化し、より迅速なサイバー攻撃への対応ができます。Trend Micro XDRは「Trend Micro Apex One SaaS」「Trend はしごトレンド戦略 Micro Cloud One – Workload Security」「Trend Micro Cloud App Security」「Deep Discovery Inspector」などの製品により実現します。

「コネクテッドコンシューマ」の領域においては、IoT機器の利用やオンライン学習、リモートワークなど多様化する家庭からのインターネット接続を、より安全にするための通信事業者によるサイバーセキュリティサービスのプラットフォームの展開に注力してまいります。
「コネクテッドカー」の領域においては、コネクテッドカーの安全の実現に必要な包括的セキュリティを提供します。具体的には、車両・ネットワークおよびバックエンドをカバーする製品群や車両向けセキュリティオペレーションセンター(VSOC)向けソリューションを当社スレットインテリジェンスと連携させて展開します。
「スマートファクトリー」においては、従来より当社から提供しているソリューション、トレンドマイクロとMoxaの合弁会社「TXOne はしごトレンド戦略 Networks」が開発した製品群により、継続的な安定稼働を実現するために、工場の要塞化でサイバー攻撃を防ぐセキュリティソリューションの本格展開を開始します。

急成長するGUの戦略と新規参入商品とは【ILY, Designability cast】

2006年にGUが生まれ、今では、ユニクロは「高品質・高機能性」、GUは「安心品質・低価格」と、明確な差別化が実現しています。ビックロ新宿東口店には、ユニクロ(1−3階)の上(7階)にGUが入っています。私はユニクロを見た後に、GUに立ち寄ることも多いのですが、GUの商品は「これがこの価格で?」と驚くほど低価格のものもあります。
もちろん、ユニクロも他のブランドに比べれば安いわけですが、GUに親しんでいる若年層は、ユニクロを高いブランドだと認識しているのではないでしょうか。GUが登場したことで、ユニクロは「安かろう悪かろう」というイメージを払拭できたのかもしれません。

商品については、ユニクロが「ライフウエア」をコンセプトに、ベーシックファッションを提供している一方で、GUは、「ファッションをもっと自由に」をコンセプトに、トレンドファッションを打ち出しています。GUのターゲットはユニクロよりも若年層のため、デザインが少し奇抜だったりもしますね。このように、ユニクロとGUは、競合せずに棲み分けることで、ファーストリテイリングの2本の柱として存在できているといえます。


ロゴ変更とブランド戦略

ユニークな生産・開発・販売体制

コスメブランドも誕生

先日、新コスメブランド「#4me by GU(フォーミーバイジーユー)」の誕生が発表されました。メイドインジャパンにこだわったコスメが、500円〜1500円という価格帯で販売されるようです。メイドインジャパンが「どうしてこの値段でできるのだろう」と不思議ですが、GUらしいですね。洋服と同時にコスメも買えるのは合理的で、流行やファッションにコスメが参入するのは、自然なことだなと感じます。
GUの店舗では、店員さんにコーディネートアドバイザーがいて、「こういうシーンに、こんなイメージで」と依頼すると、トータルコーディネートしてくれるそうです。小物やコスメも含めてコーディネートするという道筋は、わかりやすいですよね。

ILY, Designability castは「ビジネスにおけるデザインの可能性を探求する」というテーマのもと、さまざまなビジネスやデザインの話題をお送りしております。spotifyから聴くことができますのでよろしければ音声でもお楽しみください。

はしごトレンド戦略

市場の方向性(トレンド)に賭けず腰を据えてコツコツ積み上げる運用戦略

市場の方向性(トレンド)に賭けず腰を据えてコツコツ積み上げる運用戦略

保険や年金など巨額のお金を預かる機関投資家は「運用せずに様子を見る」という状態を長く続けるわけにはいかない場合が多い。足もと好調な株価もいつどうなるかは不透明だ。そんな中、彼らプロの投資家が一部資金を振り向ける先として注目しているのが 「絶対収益追求型」 の運用、つまり相場のトレンドに与しない 「ゼロ・トレンド」の運用戦略 だ。

市場の方向性(トレンド)に賭けず腰を据えてコツコツ積み上げる運用戦略

市場の方向性(トレンド)に賭けず腰を据えてコツコツ積み上げる運用戦略

-まず設定の背景を教えてください。

西岡:
2020年3月のコロナ・ショックでは、株式やREITは3割から4割も下落しました。一方3月下旬からは一転、多くの人が意外感を持つほど急激な反発を見せ好調に推移しました。しかしウイルス感染の再拡大や変異種の出現などが経済にもたらす影響は依然として読み切れず、株価の高値警戒感もあいまって今後は神経質な展開も予想されます。そうした「ストレス」の大きい環境認識を背景に、当ファンドは 株価の方向性に左右されづらい資産運用のツール として開発されました。


-そうであれば、株式でなく債券のファンドでいいのでは?

西岡:
世界中で定着した超低金利下では、国債はもちろん社債であってもほとんど収益は得られません。年金や保険など巨額のマネーを預かる機関投資家の悩みもまさにそこで、いかに株式のトレンドに賭けずにコツコツと収益を積んでいけるかを、彼らは必死に研究しています。その一般に ヘッジファンドと呼ばれるカテゴリーの戦略を個人の投資家向けに仕立て直した のが当ファンドです。

西岡:
当ファンドが主な投資対象とするのは CB(転換社債型新株予約権付社債) です。個人の方はあまりご存知ないと思いますが、簡単にいえば株式と債券の両方の性質をもった有価証券です。Convertible(株式に転換できる)Bond(債券)という正式名称の通り、企業が発行時の株価よりも少し高めの転換価格を設定し、「この株価で当社株と交換してあげますよ」と約束する債券なのです。株価が上がった後に株式に交換してもらって市場で売却すれば利益があがります。もし株価が上昇しなくても、発行時に定められたクーポン(利子)を受け取りながら、満期が来たら額面で償還されます。その場合は普通に社債を買ったのと同じことになります。


-初めて聞きました。何だかいいとこ取りの有価証券ですね。

西岡:
はい。企業が資金を調達する際、銀行から借りずに市場から調達した方がコストが低い場合が多いのですが、普通の社債発行よりも企業から見て低コストな資金調達手段がこのCBです。ただ仕組みが複雑なためか、これまで主な買い手は機関投資家などプロばかりで、一般個人には馴染みはありません。債券の安心感と株式の魅力を兼ね備える CBを活用した運用戦略に、投資信託のかたちで少額から参加できる 点は、当ファンドのひとつのアピールポイントだと思います。


-世界のCBを厳選して買うファンドということですね?

西岡:
違います。単にCBを買うのでは発行企業の株価、つまり全体の株式相場に影響を受けてしまいます。 もちろんCBは株式と債券の両方の性質を備えているため、図のように当該株式の株価が下がった場合には債券としての価値が下値抵抗力となって価格が一定の水準で下げ止まる傾向があります。そのまま持っていれば満期時には額面で戻るわけですから、いつまでも株価と一緒に下がっていかないというのは感覚的にも理解しやすいでしょう。CB価格の株価との連動性は、発行時の条件設定や市場状況によりマチマチですが、基本的には株価が上昇する局面ではCBと株価の連動性は高まり、株価が下落する局面では低下する傾向にあります。だとしても、ただCBを買うだけでは(相場に左右されない)「ゼロ・トレンド」にはなりません。少し難しい話になりますが、CBを買うと同時に、当該企業の株価を「売り建て」してペアで保有するのです。


西岡:
空売りともいいます。保有していない株を専門業者から借りて(きたことにして)市場で先に売るのです。売ると売却代金が入りますよね。その上で、株価が下がった時にその株を買い戻して、株券を借りた人に返すのです。そうすると売却代金と買付代金との差額が利益になります。売った時よりも低い株価で買い戻すことができたら、より少ない買付代金しか要らないので差額が利益になるわけです。つまり、売り建て(空売り)とは、 株価が下がると利益が出る、逆に上がると損失が出るという、普通と逆の成果を期待する取引 というわけです。

-下がると利益が出るのが「売り建て」なのですね。

西岡:
はい。当ファンドは はしごトレンド戦略 その仕組みを、相場に左右されない安定的な運用を目指す仕組みとして使います。 例えばAという企業のCBを買うと同時に、A社株を売り建てる「ペア」で持つのです。そのA社株が上がると、株式を売り建てしている分からは損失が出ますが、CBは株式の性質を持ちますからCB価格は上がります。その差がリターンとなるわけです。一般に、株価上昇につれてCBと株価の連動率は高まるため、株式の売り建て分からの損失以上のリターンがCBから得られるように「ペア」の持ち方を調整します。逆にA社株が下がった場合はどうなるでしょう。CB価格も株価に連動して下がってしまいますが、今度は株式の売り建て分からは利益が出ます。このように「片方で下がって片方で上がる」ということが当ファンドのコンセプトです。その 上昇と下落の間に生まれる差を小さな収益とし、たくさんのペアから、相場のトレンドに左右されない収益を積み上げて いきます。


-実際にうまく機能しているのですか?

西岡:
当ファンドはお話したように、海外の機関投資家向けの戦略を日本の個人投資家のために仕立て直して設定したばかりですので、当ファンドとしての運用実績はまだありません。しかし このファンドを実質的に運用する米国ラザード社 は類似の戦略を主に機関投資家のために長年運用しており、その実績が大いに参考になると考えています。ここではラザード社の同種のCBの戦略を用いた複数のファンドをまとめたものをベースに、ご参考までに紹介します。特に、 相場が大きく下落しその後回復していく局面(AとB、CとD)の棒グラフは、株式などとの値動きの違いが明らか であり、この戦略の特徴を表していると思います。



世界株式 : MSCI ワールド・インデックス、世界債券 : FTSE世界国債インデックス、グローバル・ハイイールド債券 : ICE BofA グローバル・ハイイールド・コンストレインド・インデックス、グローバルCB : ICE BofA グローバル 300 コンバーチブル・インデックス ※これらの指数は、各資産の代表的な指数であり、いずれもトータルリターンを用いています。また、各指数は当ファンドのベンチマークではありません。 ※グラフ・データは過去のものであり、将来の運用実績などを約束するものではありません。
上記は、ラザード社の代表的なCBアービトラージ戦略の長期の運用実績をご紹介するため、ご参考として「Rathmore Strategy」のコンポジットの運用実績(運用報酬および成功報酬控除後)を掲載しています。上記は、当ファンドの主要投資対象ファンドと同様の投資戦略および運用体制、運用プロセスで運用されていますが、当ファンドの主要投資対象ファンドとは、レバレッジに係る制限、設定・解約状況、為替変動による影響、運用費用などの諸条件が異なるものであり、当ファンドの主要投資対象ファンドの運用実績とは異なります。また、当ファンドおよび当ファンドの主要投資対象ファンドの将来の運用成果を示唆・保証するものではありません。

-考え方はわかりましたが、リスクはないのですか?

西岡:
当ファンドの運用において難しいのは、CBの買付額に対してどれだけの売り建てをするかというところです。CBには発行時に株式への転換価格が決まっていますので、そこから算出される株価との連動性などを定量的に分析しつつ、市場の状況に合わせた売り建て額などの比率調整をダイナミックに行なっていきます。株式相場が上がる場合も下がる場合も、CBの理論価格と実際の価格との間には歪みが生じやすく、CBの買いと株式の売り建ての差額から収益を得ることを期待するわけです。逆に言うと、 相場が凪のように動かなくなることがリスクです。 CBは時間と共に債券のように満期に向かって額面に近づいていくため、買いと売りのペアから収益が生まれず、コストと共に損失が生じやすくなります。

-他にも収益源はありますか?

西岡:
当ファンドでは、 ラザード社が、CBの発行企業と継続的な対話を行ない、発行企業に対して、相対取引を提案、実施する場合があるのも大きな特徴 です。市場サイクルによって、発行企業のニーズは異なるため、的確にニーズを発掘し、ソリューション提案を行なうことが必要です。豊富な実務経験が求められることから、運用業界内でも参入障壁が高く、ラザード社だからこそできる強みであると考えられます。


-投資家にメッセージはありますか?

西岡: はしごトレンド戦略
当ファンドは、運用資産のすべてを投じるタイプのものではないかもしれません。しかし、今までにない「相場に賭けない」新しい分散手法として、多くの方に検討いただきたいファンドです。何より、 数百億円や数千億円といった資金を運用する年金や保険などしか使えなかった戦略が、個人でも活用できるようになったことが画期的 だと思います。これまでの株式ファンド、債券ファンド、それらを組み合わせたバランスファンドといった伝統的な分類には当てはまらない、新しい選択肢をご紹介できることを嬉しく思います。

ZARA を世界一へ導う 戦略 高い 利益率 の秘訣

ZARA を世界一へ導う 戦略 高い 利益率 の秘密 ZARA は今や世界一のファッション企業であるが、その裏には今までのファッションとは違う 戦略 にあり、その秘訣は安定した 利益率 にあった。「ZARA」はどこにコストを割き、他との差別化をはかり、それだけの地位に登ったのだろう。そのことを教えてくれたのがリンクスの代表取締役 小橋重信さんであり、物流の専門家である彼がなぜそれを語るのかは、下記を見ればわかる。

ZARA の 利益率 の裏には、彼らならでは 戦略 があった

1-1. ZARAとはどんな企業か

ところが、その後、とあることをきっかけにその方向転換をすることとなる。それは小売や卸先の姿勢である。小売や卸先はトレンドをよく理解しないまま、商品制作の依頼をし、また、自分の都合で理不尽にキャンセルをすることもあったのだ。まさに、そこへの不満を契機に、自ら小売をやりながら製造をすることを着想することになる。

そんなZARAの戦略で重要な要素として、実は “物流”の話が出てくる 。その他のアパレル企業と決定的に違うのは、物流の部分なのだ。

1-2. 今までのアパレルは?

過去のアパレルならば、船を使い1ヶ月かけて資材を送り込み、中国の工場で大量生産した上で、商品が店に並ぶ。ところが、「ZARA」は受注予測に基づいて、最初の型こそは2ヶ月ほどかける。けれど、それ以降はそのデザインをベースにマーケティングを徹底して行い、微調整して4週間のサイクルで次のデザインを生産してしまう。マーケティングに基づきわかった消費者のニーズのその熱が冷めないうちに、そのまま空輸でスペインの本社から直接、世界中に送っているのである。

“物流”を重視する企業のデータ

送る回数も1週間に2回であり、当然ながら日本国内に物流拠点がない。一回一回、本国からこのサイクルで空輸で送る、その配送コストの金額は尋常ではないことは言うまでもない。

1-3.“物流” を駆使してトレンドを逃さず販売する

ZARA を世界一へと押し上げた 安定した 利益率

つまり、売れる数量を、売れるデザインで、売れるタイミングに売れば、自ずと商品の原価を引き上げることが可能となる。それが実現できるとわかっているから、その分のコストを物流の費用に回し、その強みを伸ばす戦略に出て、一気に他のファッションブランドに差をつけるたのである。物流を経営の軸に据えて、会社の構造そのものを大きく大転換させたことが、世界一の企業へと押し上げたということなのである。

はしごトレンド戦略 “物流”を重視する企業のデータ

だから「安い」という思い込みこそが固定概念なのである。

むしろ今までの構造ではマスメディアの為の広告費や、大量生産ゆえの廃棄分のコストを踏まえた価格設定で、それが比較的高価になってしまっていただけだ。ZARAがその躍進を手に入れたのは、そのファッションの常識に風穴を開けて、物流をコストとして捉えることなく、逆転の発想でむしろ物流のメリットは何かと考え、物流を「スピード」という武器に変えたことにある。

はしご車のオーバーホール

はしごの変形例


はしごの変形例

はしご分解


はしご分解

各シリンダーの整備

シリンダーロッド再メッキ加工


シリンダーロッド再メッキ加工

シリンダーロッドの摺動傷


シリンダーロッドの摺動傷

油圧発生用ギヤポンプの交換

  • 性能低下、機能停止の原因例
  • ・吸入ストレーナの目詰まり
  • ・エアブリーザの目詰まり
  • ・カウンタバランス弁の調整不良
  • ・作動油内に水の混入
  • ・作動油温度の異常
  • ・ベアリング、シールの不良
  • はしごトレンド戦略
  • ・作動油内への異物の混入
  • ・ポンプ本体の振動

ギヤの磨耗・損傷


ギヤの磨耗・損傷

ジャイロターンテーブルの分解修正

ジャイロターンテーブルの損傷


ジャイロターンテーブルの損傷

ジャイロターンテーブルの修正


ジャイロターンテーブルの修正

各装置の分解整備

駆動シャフトの損傷


駆動シャフトの損傷


機器分解

機器組み立て


機器組み立て

四連切換弁(分解前)


四連切換弁(分解前)

四連切換弁(分解後)


四連切換弁(分解後)

ワイヤーロープ・油圧ホースの取替交換

経年変化によるゴム質等の劣化および変形により全数交換します。

油圧ホース

経年変化によるゴム質等の
劣化および変形により全数交換します。

はしご車には、伸縮およびリフターの2カ所にワイヤーロープを使用しています。

ワイヤーロープ

はしご車には、伸縮およびリフターの
2カ所にワイヤーロープを使用しています。

  • 錆、腐食がないか
  • 変形(うねり・扁平・はみ出し・曲がり・飛び出し)していないか
  • キンクしていないか
  • 末端加工部に異常がないか
  • 直径の減少が公称径の7%以上になっていないか
  • 1縒り(ひとより)の間において素線(フィラを除く)の10%以上の断線がないか
    (但し、1本のストランドだけに発生している場合は5%)

変形


変形

損傷


損傷

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる