実体験

ストキャスティックス (STOCH)

ストキャスティックス (STOCH)

テクニカル指標好転銘柄: 2022年6月10日(金)

2.1.1. STC フィルター条件1:
アサヒグループホールディングス (2502)、セブン&アイ・ホールディングス (3382)、東レ (3402)、旭化成 (3407)、三菱ケミカルホールディングス (4188)、花王 (4452)、塩野義製薬 (4507)、ジェイ エフ イー ホールディングス (5411)、ダイキン工業 (6367)、三菱電機 (6503)、ソニーグループ (6758)、デンソー (6902)、日産自動車 (7201)、トヨタ自動車 (7203)、マツダ (ストキャスティックス (STOCH) ストキャスティックス (STOCH) 7261)、本田技研工業 (7267)、SUBARU (7270)、HOYA (7741)、キヤノン (7751)、任天堂 (7974)、丸紅 (8002)、三井物産 (8031)、住友商事 (8053)、三菱商事 (8058)、三菱UFJフィナンシャル・グループ (ストキャスティックス (STOCH) 8306)、ヤマトホールディングス (9064)、関西電力 (9503)、セコム (9735)。

2.1.2. STC フィルター条件2:
日本たばこ産業 (2914)、三菱ケミカルホールディングス (4188)、塩野義製薬 (4507)、ブリヂストン (5108)、クボタ (6326)、ダイキン工業 (6367)、ソニーグループ (6758)、デンソー (6902)、ファナック (6954)、村田製作所 (6981)、任天堂 (7974)、SOMPOホールディングス (8630)。

2.1.3. STC フィルター条件3:
資生堂 (4911)、住友金属鉱山 (5713)、パナソニック ホールディングス (6752)、りそなホールディングス (8308)、T&Dホールディングス (8795)、ソフトバンクグループ (9984)。


2.2. 一目均衡表 (IKT) でみる 「売り」 好転銘柄

2.2.1. IKT フィルター条件1:
東京エレクトロン (8035)。

2.2.2. IKT フィルター条件2:
リクルートホールディングス (6098)。

2.2.3. IKT フィルター条件3:
リクルートホールディングス (6098)。


2.3. MACD でみる 「売り」 好転銘柄

2.3.1. MACD フィルター条件1:
味の素 (2802)、日本製鉄 (5401)、パナソニック ホールディングス (6752)、ANAホールディングス (9202)。

2.3.2. MACD フィルター条件2:
大和ハウス工業 (1925)、日本たばこ産業 (2914)、花王 (4452)、アステラス製薬 (4503)、小野薬品工業 (4528)、テルモ (4543)、第一三共 (4568)、ブリヂストン (5108)、SMC (6273)、クボタ (6326)、ソニーグループ (6758)、ファナック (6954)、京セラ (6971)、村田製作所 (6981)、日東電工 (6988)、三菱重工業 (7011)、HOYA (7741)、キヤノン (7751)、三井住友フィナンシャルグループ (8316)、オリックス (8591)、東海旅客鉄道 (ストキャスティックス (STOCH) 9022)。

2.3.3. MACD フィルター条件3:
東海旅客鉄道 (9022)。


2.4. 移動平均線乖離率 (MADR) でみる 「売り」 好転銘柄

2.4.1. MADR ストキャスティックス (STOCH) フィルター条件1:
INPEX (1605)、積水ハウス (1928)、東レ (3402)、ENEOSホールディングス (5020)、ブリヂストン (5108)、住友電気工業 (5802)、SMC (6273)、小松製作所 (6301)、ダイキン工業 (6367)、日本電産 (ストキャスティックス (STOCH) 6594)、デンソー (6902)、日東電工 (6988)、三菱重工業 (7011)、日産自動車 (7201)、いすゞ自動車 (7202)、マツダ (7261)、スズキ (7269)、SUBARU (7270)、丸紅 (8002)、三井物産 (ストキャスティックス (STOCH) 8031)、三菱商事 (8058)、SOMPOホールディングス (8630)、東京海上ホールディングス (8766)、三井不動産 (8801)、三菱地所 (8802)、住友不動産 (8830)、ファーストリテイリング (9983)、ソフトバンクグループ (9984)。

2.4.2. MADR フィルター条件2:
INPEX (1605)、キリンホールディングス (2503)、東レ (3402)、第一三共 (4568)、ENEOSホールディングス (5020)、ブリヂストン (5108)、小松製作所 (6301)、日立製作所 (6501)、日東電工 (6988)、三菱重工業 (7011)、マツダ (7261)、SUBARU (7270)、キヤノン (7751)、SOMPOホールディングス (8630)、東京瓦斯 (9531)、ファーストリテイリング (9983)。


2.5. その他のテクニカル指標でみる 「売り」 ストキャスティックス (STOCH) 好転銘柄

2.5.1. パラボリック:
日本たばこ産業 (2914)、オリエンタルランド (4661)、ブリヂストン (5108)、京セラ (6971)、キヤノン (7751)、三井住友フィナンシャルグループ (8316)、みずほフィナンシャルグループ (8411)、オリックス (8591)、ニトリホールディングス (9843)。

2.5.2. DMI:
テルモ (4543)、オリエンタルランド (4661)、日本製鉄 (5401)、住友金属鉱山 (5713)、HOYA (7741)、任天堂 (7974)、みずほフィナンシャルグループ (8411)、ソフトバンク (9434)、ニトリホールディングス (9843)。

2.5.3. RSI (Variable ストキャスティックス (STOCH) Length RSI):
日本たばこ産業 (2914)、塩野義製薬 (4507)、住友金属鉱山 (5713)、SMC (6273)、クボタ (6326)、ファナック (6954)、京セラ (6971)、いすゞ自動車 (7202)、本田技研工業 (7267)、キヤノン (7751)、丸紅 (8002)、住友商事 (8053)、オリックス (8591)、住友不動産 (8830)、東日本旅客鉄道 (9020)、西日本旅客鉄道 (9021)、日本航空 (9201)、ファーストリテイリング (9983)、ソフトバンクグループ (9984)。

2.5.4. ボリューム・レシオ:
キリンホールディングス (2503)、日本たばこ産業 (2914)、東レ (3402)、アステラス製薬 (4503)、ENEOSホールディングス (5020)、ブリヂストン (5108)、小松製作所 (6301)、クボタ (6326)、ダイキン工業 (6367)、ソニーグループ (6758)、デンソー (6902)、村田製作所 (6981)、日東電工 (6988)、三菱重工業 (7011)、マツダ (7261)、SUBARU (7270)、キヤノン (7751)ストキャスティックス (STOCH) 、三菱地所 (8802)、東京瓦斯 (9531)、ファーストリテイリング (9983)、ソフトバンクグループ (9984)。

ストキャスティクスについて

描画方法

[1]50%を中心にして、70%(80%でも良い)以上を買われすぎ、30%(20%でも良い)以下を売られすぎと判断します。
[2]上昇相場で、価格が新高値をつけているにもかかわらず、ストキャスティクスがその動きに追従せず下降し始めた場合は、トレンド転換となる可能性があります。 (ダイバージェンス)
[3]下降相場で、価格が新安値をつけているにもかかわらず、ストキャスティクスがその動きに追従せず上昇し始めた場合は、トレンド転換となる可能性があります。 (ダイバージェンス)
[4]2本のストキャスティクスのライン(%Kと%D)のクロスを売買のサインとします。%Kが%Dを下から上抜いたら「買い」、%Kが%Dを上から下抜いたら「売り」になります。それぞれ、30%以下、70%以上での交差で信頼度が高まります

上記のストキャスティクスは反応が敏感であるため、より信頼度を高めるためにスローストキャスティクス(『%D』と『%SD)を用いることもあります。
※ ご注意
この「基本的な見方」は一般的なチャートの見方を解説したものです。この解説どおりに投資判断をしたとしても、必ず利益が上がることを保証するものではありません。投資に当たっては、お客様ご自身の判断でお願いいたします。

「表示・環境設定」メニューから「チャート」を選択すると「チャート設定」画面が呼び出されます。
左下のカラムにあるデフォルト設定メニューから「オシレーター系」>「ストキャスティクス」を選択すると、パラメーターや線の定義が行えます。
また、チャート画面の線上をクリックすると「テクニカル設定」画面が表示され、こちらの画面でもパラメーターや線の定義が操作できます。

設定画面1

設定画面2

©Rakuten Securities,Inc. All Rights Reserved.
商号等:楽天証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第195号、商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会

ストキャスティクスを利用したスキャル手法

今日は3回トレードして、2勝1敗 ポンド円で1勝1敗 ドル円で1勝 で獲得pips数は20pipsジャスト。 トレード回数少ないけどいっか。 ポンド円は -9pips と +26pips で17pi .

ストキャスを利用したスキャル手法・その4

以前、ストキャスを利用したスキャル手法を公開しました。 これは私のトレード仲間が使っている手法です。 (ちなみに女性) この手法について、 またいろいろ聞いたのでメモ的に書いておきます。 結構反響が多 .

ストキャスティクスを利用したスキャル手法・その3

なんだか先日紹介したトレード仲間から聞いた手法 ⇒ストキャスティクスを利用したスキャル手法・その2 結構反響があってビックリしました(汗 色々な質問を頂いています。 ただ・・・この手法は私のものではな .

ストキャス・スキャル手法のレンジ対応

1分足のストキャスでタイミングを取る方法

ドル円のスキャルに没頭していたらこんな時間。 さて、今日は1分足でタイミングを取る方法です。 使うテクニカルはストキャス。 ストキャスを馬鹿にする人って結構多いですが 私は使えると思っています。 その .

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

テクニカル指標好転銘柄: 2022年6月10日(金)

2.1.1. STC フィルター条件1:
アサヒグループホールディングス (2502)、セブン&アイ・ホールディングス (3382)、東レ (3402)、旭化成 (3407)、三菱ケミカルホールディングス (4188)、花王 (ストキャスティックス (STOCH) 4452)、塩野義製薬 (4507)、ジェイ エフ イー ホールディングス (5411)、ダイキン工業 (6367)、三菱電機 (6503)、ソニーグループ (6758)、デンソー (6902)、日産自動車 (7201)、トヨタ自動車 (7203)、マツダ (7261)、本田技研工業 (7267)、SUBARU (7270)、HOYA (7741)、キヤノン (7751)、任天堂 (7974)、丸紅 (8002)、三井物産 (8031)、住友商事 (8053)、三菱商事 (ストキャスティックス (STOCH) 8058)、三菱UFJフィナンシャル・グループ (8306)、ヤマトホールディングス (9064)、関西電力 (9503)、セコム (9735)。

2.1.2. STC フィルター条件2:
日本たばこ産業 (2914)、三菱ケミカルホールディングス (4188)、塩野義製薬 (4507)ストキャスティックス (STOCH) 、ブリヂストン (5108)、クボタ (6326)、ダイキン工業 (6367)、ソニーグループ (6758)、デンソー (6902)、ファナック (6954)、村田製作所 (6981)、任天堂 (7974)、SOMPOホールディングス (8630)。

2.1.3. STC フィルター条件3:
資生堂 (4911)、住友金属鉱山 (5713)、パナソニック ホールディングス (6752)、りそなホールディングス (8308)、T&Dホールディングス (8795)、ソフトバンクグループ (9984)。


2.2. 一目均衡表 (IKT) でみる 「売り」 好転銘柄

2.2.1. IKT フィルター条件1:
東京エレクトロン (ストキャスティックス (STOCH) 8035)。

2.2.2. IKT フィルター条件2:
リクルートホールディングス (6098)。

2.2.ストキャスティックス (STOCH) 3. IKT フィルター条件3:
リクルートホールディングス (6098)。


2.3. MACD でみる 「売り」 好転銘柄

2.3.1. MACD フィルター条件1:
味の素 (2802)、日本製鉄 (5401)、パナソニック ホールディングス (6752)、ANAホールディングス (9202)。

2.3.2. MACD フィルター条件2: ストキャスティックス (STOCH)
大和ハウス工業 (1925)、日本たばこ産業 (2914)、花王 (4452)、アステラス製薬 (4503)、小野薬品工業 (4528)、テルモ (4543)、第一三共 (4568)、ブリヂストン (5108)、SMC (6273)、クボタ (6326)、ソニーグループ (6758)、ファナック (6954)、京セラ (6971)、村田製作所 (6981)、日東電工 (ストキャスティックス (STOCH) 6988)、三菱重工業 (7011)、HOYA (7741)、キヤノン (7751)、三井住友フィナンシャルグループ (8316)、オリックス (8591)、東海旅客鉄道 (9022)。

2.3.3. MACD フィルター条件3:
東海旅客鉄道 (9022)。


2.4. 移動平均線乖離率 (MADR) でみる 「売り」 好転銘柄

2.4.1. MADR フィルター条件1:
INPEX (1605)、積水ハウス (1928)、東レ (3402)、ENEOSホールディングス (5020)ストキャスティックス (STOCH) 、ブリヂストン (5108)、住友電気工業 (5802)、SMC (6273)、小松製作所 (6301)、ダイキン工業 (6367)、日本電産 (6594)、デンソー (6902)、日東電工 (6988)、三菱重工業 (7011)、日産自動車 (7201)、いすゞ自動車 (7202)、マツダ (7261)、スズキ (7269)、SUBARU (7270)、丸紅 (8002)、三井物産 (8031)、三菱商事 (8058)、SOMPOホールディングス (8630)、東京海上ホールディングス (8766)、三井不動産 (8801)、三菱地所 (8802)、住友不動産 (8830)、ファーストリテイリング (9983)、ソフトバンクグループ (9984)。

2.4.2. MADR フィルター条件2:
INPEX (1605)、キリンホールディングス (2503)、東レ (3402)ストキャスティックス (STOCH) 、第一三共 (4568)、ENEOSホールディングス (5020)、ブリヂストン (5108)、小松製作所 (6301)、日立製作所 (6501)ストキャスティックス (STOCH) 、日東電工 (6988)、三菱重工業 (7011)、マツダ (7261)、SUBARU (7270)、キヤノン (7751)、SOMPOホールディングス (8630)、東京瓦斯 (9531)、ファーストリテイリング (9983)。


2.5. その他のテクニカル指標でみる ストキャスティックス (STOCH) ストキャスティックス (STOCH) 「売り」 好転銘柄

2.5.1. パラボリック:
日本たばこ産業 (2914)、オリエンタルランド (4661)ストキャスティックス (STOCH) 、ブリヂストン (5108)、京セラ (6971)、キヤノン (7751)、三井住友フィナンシャルグループ (8316)、みずほフィナンシャルグループ (8411)、オリックス (8591)、ニトリホールディングス (9843)。

2.5.2. DMI:
テルモ (4543)ストキャスティックス (STOCH) 、オリエンタルランド (4661)、日本製鉄 (5401)、住友金属鉱山 (5713)、HOYA (7741)、任天堂 (7974)、みずほフィナンシャルグループ (8411)、ソフトバンク (9434)、ニトリホールディングス (9843)。

2.5.3. RSI (Variable Length RSI):
日本たばこ産業 (2914)、塩野義製薬 (4507)、住友金属鉱山 (5713)、SMC (6273)、クボタ (6326)、ファナック (6954)、京セラ (6971)、いすゞ自動車 (7202)ストキャスティックス (STOCH) 、本田技研工業 (7267)、キヤノン (7751)、丸紅 (8002)、住友商事 (8053)、オリックス (ストキャスティックス (STOCH) 8591)、住友不動産 (8830)、東日本旅客鉄道 (9020)、西日本旅客鉄道 (9021)、日本航空 (9201)、ファーストリテイリング (ストキャスティックス (STOCH) 9983)、ソフトバンクグループ (9984)。

2.5.4. ボリューム・レシオ:
キリンホールディングス (2503)、日本たばこ産業 (ストキャスティックス (STOCH) 2914)、東レ (3402)、アステラス製薬 (4503)、ENEOSホールディングス (5020)、ブリヂストン (5108)、小松製作所 (6301)、クボタ (6326)、ダイキン工業 (6367)、ソニーグループ (6758)、デンソー (6902)、村田製作所 (ストキャスティックス (STOCH) 6981)、日東電工 (6988)、三菱重工業 (7011)、マツダ (7261)、SUBARU (7270)、キヤノン (7751)、三菱地所 (8802)、東京瓦斯 (9531)、ファーストリテイリング (9983)、ソフトバンクグループ (9984)。

株式の売られすぎの指標とは|RSI、ストキャスティクスなど

テクニカル分析の用語 テクニカル分析で使用する用語をまとめました。 A-Z MACD(マックディー) Movin .

https://biztouben.com/technical-analysis-glossary/

RSIにより株の売られすぎを判断する

RSIとは、英語のRelative Strength Indexの略であり、日本語では相対力指数といわれます。

RSIは0%から100%の値をとり、RSIが20%(または30%)以下の場合、売られすぎと判断されます。

RSIについても騰落レシオと同様にダイバージェンスとなることがあるため、ダイバージェンスを確認してからトレードすることも一つの手段だといえます。

ストキャスティックスにより株の売られすぎを判断する

ストキャスティクスとは、英語でStochastics(またはStochastic oscillator)と表されるオシレーターの一種です。

ストキャスティクスには%K、%D、SDなどの複数の指標を利用しますが、いずれの指標も20%以下が売られすぎのラインであるとされます。

ストキャスティクスについても逆行現象(ダイバージェンス)が生じます。

ダイバージェンスは短期的にはダマシとなるため、他の指標と組み合わせるとか、ダイバージェンスを待ってトレードするなど上手く利用することが必要になります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる