営業の攻略法

ボリンジャーバンドとは

ボリンジャーバンドとは
1 minute :1分足
5 minutes :5分足
15 minutes :15分足
30 minutes :30分足
1 hour :1時間足
4 hours ボリンジャーバンドとは :4時間足 Daily :日足 Weekly Monthly :週足 ボリンジャーバンドとは Monthly : 月足 First higher time frame :ひとつ上の時間足を表示
Second higher time frame :二つ上の時間足を表示
Third higher time frame :三つ上の時間足を表示

株式投資などでよく聞く「ボリンジャーバンド」ってなに?

ボリンジャーバンド(Bollinger Band)は、ジョン・ボリンジャーという投資家が考案した考案したテクニカルツールです。 基本的な考え方は「相場は収束と拡散を繰り返す」というものです。もう少し分かりやすくいうと、相場にはその時々に現れる中心値があり、そこから離れると、いずれまたその中心値に戻ってくるという習性に着目した考え方です。 このため、ボリンジャーバンドは移動平均線(SMA:Simple Moving Average)と標準偏差という2つの数式によって描かれます。

ボリンジャーバンドの描かれ方

言葉で解説するよりも目で見た方が分かりやすいので、チャート上でボリンジャーバンドがどのように描かれているかを確認してみましょう。 以下は、日経平均株価指数(日足)のチャート上で描かれるボリンジャーバンドの推移を示しています。ボリンジャーバンドは言葉にあるように「バンド(帯)」です。下のチャートでは川の流れのように青色の帯がうねりながら推移していますが、これがボリンジャーバンドです。 〇日経平均株価指数(日足)とボリンジャーバンド

出典:TradingView Inc. 「TradingView」 ※解説を目的に使用しています。 ボリンジャーバンドの中心にオレンジ色の線が引かれています。これは20日単純移動平均線(20SMA)です。また、ボリンジャーバンドの幅(分かりやすく表現すると川の流れの幅とでもいいましょうか)の上限と下限が青色のラインで描かれています。上限ラインが「+2σ」、そして下限ラインが「-2σ」です。 説明に使用している「TradingView」では、初期設定値として単純移動平均線が20日、σラインが上限・下限で±2σとなっていますが、後述する計算式を見ると分かるように、任意でこれらの数値を入力することができるようになっています。 例えば、SMAの値を10日にしたり、σラインの上限・下限を±1σや±3σに設定を変えることができますが、一般的にはTradingViewの初期設定値を用いることが多いため、任意で数値を入れ替えない方がいいように思います。 ボリンジャーバンドでは、バンドの中心線である20日単純移動平均線からどれぐらい離れているかを見ながら、相場における売買を判断していきますが、乖離(かいり)の程度を示しているのが上限ラインの+2σ、下限ラインの-2σです。

海外FXのスキャルピングの勝ち方、ボリンジャーバンドを解説!

海外FXのスキャルピング手法、ボリンジャーバンドがおすすめ

まず、一番大きな赤枠内をみると、バンド(σ間の距離)が収縮してきていますが、 二番目に大きい赤枠内で収縮してから上昇トレンドが明らかに強くなっています (上記で説明した、バンドが収縮してきたら近いうちに強いトレンドが発生する可能性があるの通り)。
そして、その直後の 小さい赤枠内で勢いよく+2σを抜けてから、しばらく上昇トレンドが継続しています (上記で説明した、ローソク足の実体が±2σを抜けたらトレンドが発生するの通り)。そして、中心線を含めたバンドが徐々に拡大していきながら最終的には上昇トレンドが完了してもみ合いに入って行っています。

mt4_%e3%83%9c%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%b3%e3%83%89%e8%a6%8b%e6%96%b9_%e3%82%b7%e3%82%b0%e3%83%9e_%e5%88%a4%e6%96%ad

このように、ボリンジャーバンドはトレンド発生の予測、発生ポイント、トレンドの勢いを示してくれるのでスキャルピングで扱い易く勝てる手法です。 相場の動きを「勢いという要素」から判断できるので、途中からの押し目エントリーもやさしく、値幅も狙いやすいのでスキャルピングの勝ち方としておすすめできます。

ボリンジャーバンドの縮小と拡大のタイミングでアラートが鳴るインジケーター(計6ヵ所でアラートが鳴ります)

1 minute :1分足
5 minutes :5分足
15 minutes :15分足
30 minutes :30分足
1 hour :1時間足
4 hours :4時間足

Daily :日足

Weekly Monthly :週足

Monthly : 月足

First higher time frame :ひとつ上の時間足を表示
Second higher time frame :二つ上の時間足を表示
Third higher time frame :三つ上の時間足を表示

【参考チャート】ユーロ円15分足に1時間足のMTFを入れたチャート

チャートの解説

サブチャートの真ん中付近に表示されているドットはボリンジャーバンドのスクイーズとエクスパンションを表しています。

BB Squeeze Momentum Divergencesのアラートが鳴るタイミング

①week buy :弱い買い

②strong buy:強い買い

③week sell :弱い売り

④strong sell:強い売り

⑤Squeeze:ボリバンの縮小

⑥expansion:ボリバンの拡大

⑥番のexpansion(ボリバンの拡大)のときのポップアップがexpansionではなく「breaking out」と表示されるのでちょっと注意してください。

ダイバージェンスをチャートに表示したい場合は「Divergence visible?」という項目をtrueにしてください。下の画像の一番の上のところです。

ボリンジャーバンドの縮小と拡大のタイミングでアラートが鳴るインジケーター(計6ヵ所でアラートが鳴ります)

1 minute :1分足
5 minutes :5分足
15 minutes :15分足
30 minutes :30分足
1 hour :1時間足
4 hours :4時間足

Daily :日足

Weekly Monthly :週足

Monthly : 月足

First higher time frame :ひとつ上の時間足を表示
Second higher time frame :二つ上の時間足を表示
Third higher time frame :三つ上の時間足を表示

【参考チャート】ユーロ円15分足に1時間足のMTFを入れたチャート

チャートの解説

サブチャートの真ん中付近に表示されているドットはボリンジャーバンドのスクイーズとエクスパンションを表しています。

BB Squeeze Momentum Divergencesのアラートが鳴るタイミング

①week buy :弱い買い

②strong buy:強い買い

③week sell :弱い売り

④strong sell:強い売り

⑤Squeeze:ボリバンの縮小

⑥expansion:ボリバンの拡大

⑥番のexpansion(ボリバンの拡大)のときのポップアップがexpansionではなく「breaking out」と表示されるのでちょっと注意してください。

ダイバージェンスをチャートに表示したい場合は「Divergence visible?」という項目をtrueにしてください。下の画像の一番の上のところです。


基本がわかっている人も多いので、これは簡単に。

MT4などのインディケータでいう標準偏差とは

「この期間内で、この価格は珍しいほうなのか?それともよくあることなのか?」

ということがすぐわかる便利な指標です

上の図は、そんな点をむすんだ標準偏差のグラフとボリンジャーバンドを比べたもの です。

〇 2つのインディケータの関係と使い方のヒント


スタンダード・デビエーションの計算はふつうの標準偏差の計算と同じです

そして ボリンジャーバンドの計算式にスタンダード・デビエーション(標準偏差)が使われています

つまり どちらも標準偏差がもとになっているインディケータ というわけです。

で、 「ボリンジャーバンドの広がりぐあいをわかりやすく描いたのがスタンダード・デビエーション」 ということもできます。

「大きいか小さいか」だけを見るスタンダード・デビエーションをみると考えがまとまりやすい のです。

〇 いっしょに使ってみよう!ボリンジャーバンドとスタンダード・デビエーション


上のチャートは、 2つのインディケータを同時に使っている ところです。

これは お互いの苦手なところを補い合うような使い方 ボリンジャーバンドとは です。

〇 シンプルで簡単、スタンダード・デビエーションの使い方


基本の使い方は、以下になります。

MT4とMT5では「Standard Deviation」をドラッグしてくださいね

・スタンダード・デビエーションが下にあるときは停滞相場
・スタンダード・デビエーションが上がり始めたら、トレンド発生の可能性(ブレイクアウト)

ハイローオーストラリアはトレンドに素直にLOWを買っています

〇 ハイローオーストラリア実際のトレードと結果


さきほどのLOWは30秒のTurboスプレッド でした。

これは ハイローオーストラリアでトレンド方向を買うときの条件と同じ です。

〇 標準偏差についての注意点


さきほどのチャートですが、スタンダード・デビエーションが下がってしまって値動きが小さくなってきました。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる