外国為替証拠金取引

各国の外国為替市場とその結びつき

各国の外国為替市場とその結びつき
FX入門・初心者

各国の外国為替市場とその結びつき

円相場 (えんそうば)は、 円 に対する外貨の相対的価値(為替レート)のこと。通常は外貨1単位に相当する円貨額で表示する(通貨や市場によっては別の慣行もある)。 特に、米ドルやユーロとの比較によって示され、その中でも、米ドルに対する 円 の相対価値を示すことがある。 国際市場において、日本の通貨である 円

ドルペッグ制 通貨バスケット制 カレンシーボード制 ^ a b c 高橋洋一 『高橋教授の経済超入門』 アスペクト、2011年、43頁。 ^ a b 高橋洋一 『高橋教授の経済超入門』 アスペクト、2011年、44頁。 変動 相場 制 円相場 各国の外国為替市場とその結びつき 為替レート 国際金融のトリレンマ 固定 相場 制採用国の一覧(英語版)

の多国間調整(金1オンス=35ドル→38ドル、1ドル=360 円 →308 円 にドル切り下げ、 円 切り上げ)と固定 相場 制の維持が行われた。しかしこのスミソニアン体制は長続きしなかった。1973年に、先進国は相次いで変動 各国の外国為替市場とその結びつき 相場 制に切り替えた。 変動 相場 制は、1976年1月ジャマイカのキングストンで開催されたIM

円相場 は 円 安へ向かった。1985年、高すぎるドル 相場 の安定的是正を目指してプラザ合意が行なわれると、 円相場 は1年で2倍の 円 高となった。バブル経済期に一時的な 円 安を迎えた後、1995年にかけて 円 高が進み1ドル=70 円 台後半まで 円 高が進んだ。1990年代後半には「強いドル政策」と日本の金融危機により 円 安が進行。以後、緩やかに円高に向かう。

黒田東彦は「為替は金融政策だけで決まるものではない」と指摘している。 日本では日本 円 と米ドルの 相場 に注目が集まるが( 円相場 #日本における外為実務)、国際市場への参加者は他にも数多くあり、それぞれが自国通貨を持って変動 相場 制の下で貿易が行われているため、特定国間の為替レートだけを見ても国際市場における当該通貨の価値を知ることはできない。

円 高不況(えんだかふきょう)は、 円相場 の上昇( 円 高)に伴い日本国内の輸出産業や下請けなどその関連企業、あるいは輸入品と競合している産業が損害を被る結果発生する不況のことである。 円相場 が 円 高に傾くと、日本国内における労働力などの生産要素の価格が国際的に見て高くなる。このコスト高になった結果、輸出財の

円 切上げ(えんきりあげ)とは、ニクソン・ショック(ドル・ショック)に始まった為替 相場 の混乱を収拾するためにスミソニアン協定で合意され、1971年12月19日(日本時間)に実施された 各国の外国為替市場とその結びつき 円 の対ドル為替レートの切上げのこと。 第二次世界大戦後の世界経済はブレトン・ウッズ協定の下で金との交換性を持つアメリカ

第二次世界大戦後の新 円 切替後、大幅なインフレーションに見舞われ、1949年以降ドッジ・ラインにより1ドル=360 円 の固定 相場 にペッグされ、またアメリカは1934年から政府の金買入価格を1オンス=35ドルに定め、1944年の国際通貨基金の協定でもこの金・ドルレートが成立したことから、金1グラムは405 円 (1 円 =2

する経理を一般会計と区分して特別に行うため、特別会計が設置されている。 円相場 為替 各国の外国為替市場とその結びつき 外国為替市場 東京外国為替市場 金融センター 各国の外貨準備高一覧 外貨兌換券 外為ブローカー 外国為替及び外国貿易法 為替レート(為替 相場 ) 金融先物取引法 外国為替証拠金取引 くりっく365 東京金融取引所 大証FX

相場 師(そうばし)は、株式や不動産、通貨、債券、仮想通貨、商品などの取引市場で投資や投機を行う投資家。特に近世以降の日本において 相場 会所(米会所など)において実需によるのではなく利鞘を得ることを目的として売買を行った投機家をいう。相庭師と書くこともある。合百を専門とする者は合百師と呼ばれる。 相場

相場 は次第に不安定になった。 こうした状況の下、1970年代末期のようなドル危機の再発を恐れた先進国は、自由貿易を守るため、協調的なドル安路線を図ることで合意した。とりわけ、アメリカの対日貿易赤字が顕著だったため、実質的に 円 高ドル安に誘導する内容だった。これがプラザ合意である。

2019年9月28日閲覧。 ^ 世界三大通貨の合計 為替 外国為替 円相場 協調介入 金融センター 各国の外国為替市場とその結びつき 外国為替証拠金取引 各国の外貨準備高一覧 東京外国為替市場 外貨兌換券 外為ブローカー 外国為替及び外国貿易法 為替レート(為替 相場 ) ニューヨークオプションカット 金融先物取引法 外国為替及び外国貿易法

3月17日 国際連合安全保障理事会が、リビアに対する軍事介入を容認する決議(国際連合安全保障理事会決議1973)を採択。 円相場 が一時、1ドル=77 円 台をつけ、1973年の導入以来最高値になった。その後、為替介入で急落した。 3月18日 - フィンランド総選挙が施行され、与党:フィンランド中央党が勝利し、第一党となった。

相場 メカニズムは廃止されたが、ユーロに移行していない欧州連合加盟国を対象とした新たな欧州為替 相場 メカニズムが1999年に設定された。これがERM IIと呼ばれるものである。欧州為替 相場 メカニズムのおもな目的は、物価の安定を確保するために為替 相場 とその変動を調整することであり、また欧州為替 相場

長からメインキャスター降板が内定したと告げられる。 ある日の放送でロンドン市場の 円相場 を伝えた際、「1ドル162 円 」という誤りの数値と伝えてしまった。麗子はプロデューサーから叱責を受けるが、実際にロンドンで本当に急激な 円 売りドル買いが起こった。更に「民政党の梶原幹事長が演説中暴漢に刺され死亡」と伝え

相場 は動揺しながら下落する状況が続いた。1928年(昭和3年)6月にはフランスも新平価(5分の1切下げ)による金輸出解禁(金解禁)を行ったので、主要国では日本のみが残された。このころ、日本の復帰思惑もからんで 円 の為替 相場

94 円 台で推移していたドル 円相場 はミサイル発射の報道がされると 円 各国の外国為替市場とその結びつき 各国の外国為替市場とその結びつき 各国の外国為替市場とその結びつき 安/ドル高となり、ロンドン時間に入り95 円 10銭まで上昇した。ユーロ 円相場 は週末値より反落し、2 円 15銭 円 下の130 円 55-65銭まで下がった。韓国総合株価指数(KOSPI)は一時6.3%下落した。ウォン/ドル 相場

『トップリーグ』は、 相場 英雄による日本の小説である。角川春樹事務所のPR誌「ランティエ」に2017年1月号から7月号まで連載され、第3章の後半と最終章を加筆して訂正したのち、2017年10月8日に単行本が角川春樹事務所から刊行された。2019年7月13日にはハルキ文庫版が発売された。

75g)を1 各国の外国為替市場とその結びつき 円相 当(前述の通り、1ドル=2.005 円 )としていた。しかし、金輸出が禁じられてから10年以上を経て、内外の経済状況は大きく変化しており、実際の為替 相場 は、関東大震災時1923年(大正12年)の100 円 =38ドル前後(1ドル=2.630 円 前後)を最安値として、1928年(昭和3年)当時には100 円 =44ドル前後(1ドル=2

たは一文銭(銭四貫文前後)に換(替)えた」ことに由来するとする説もある。 日本では、国際空港や銀行を除いて外貨を取り扱うことがほとんどないため、日本 円相 互の交換を指すことが多いが、他の国では外貨両替を指すことも多い。とくに大都市や観光地では、外国人旅行者相手の外貨の両替を業とする両替商が少なからず存在する。

1971年8月、ついにアメリカは、金とアメリカ・ドルとの交換停止を突然、世界に向けて発表した(詳細は「ニクソン・ショック」を参照)。そして、アメリカ・ドルは固定為替 相場 制から変動為替 相場 制へと変更され、これ以後のアメリカ・ドルの為替レートは市場の需給によって決まるようになった。 アメリカのこの電撃発表は世界の国際金融市場に

米 相場 (こめそうば)とは、江戸時代における米の先物 相場 を指す用語である。なお本項では、日本における江戸時代から現代に至るまでの米の先物取引市場について記述する。 大坂・堂島では、宝永・正徳期から米 相場 が始まり、紆余曲折の末に享保15年(1730年)になって江戸幕府の公認を受け、堂島米会所を開いた。

的分析と事例研究」『東京大学法科大学院ローレビュー』第6巻、2011年、 各国の外国為替市場とその結びつき 127-162頁、 NAID 40019036709。 為替 外国為替 円相場 外国為替市場 東京外国為替市場 外貨兌換券 外為ブローカー 為替レート 金融商品取引法 日工展訴訟 東芝機械ココム違反事件 直流磁化特性自記装置不正輸出未遂事件

jp/event/1701/kabucom/ 株価 株式市場 国際金融市場 円相場 外国為替証拠金取引 株式投資 信用取引 先物取引 ヘッジファンド デイトレード ロビンスカップ ジェイコム株大量誤発注事件 GameStopのショートスクイズ 相場 師 各国の外国為替市場とその結びつき B・N・F cis (投資家) 与沢翼 池辺雪子 桐谷広人 磯貝清明

として使用されていたが、1958年9月から1972年の沖縄返還まではUSドル(120B 円 =1ドル)が公式通貨であった。返還時に1ドルから305 円 とする交換が行われる。ただし、前年の1971年に実施された変動為替 相場 制への移行にともないドル下落が発生、この影響に対して1972年2月には通貨ストライキが

円 ×5%=3万 円 各国の外国為替市場とその結びつき が上限となり、損切りまで5 円 の値幅を見込んだ場合6,000ドルまでしか取引することができない。60万 円 の資金に対して一度の取引で50万 円 を失う可能性のある取引はオーバートレードとなり、すべきではないことに注意する必要がある)。 以下のようなリスクが指摘されている。 相場 変動リスク

ISSN 0387-3285、 NAID 120006228108。 ^ 黒田日銀総裁再任の経緯と今後の金融政策の課題 ―日銀国会同意人事(2018年)の概要― 笠井彰吾(財政金融委員会調査室) 日本銀行 一万田尚登 - 松本重雄 金融調節 - 量的金融緩和政策 円相場 - 各国の外国為替市場とその結びつき 円 高不況 日本銀行公式サイト 政策委員会のメンバー

また、2004年に外貨準備増減が大幅黒字を記録したが、 円 高防止の題目の下に大規模な 円 売りドル買い介入を行ったことによる。 円 高となった要因は予想実質金利差の拡大であり、当然ながら為替介入では 円 高を抑えることはできなかった。事実、その後の金融緩和によって 円 高は緩和されていった。詳細は 円相場 を参照。

- IRBワールドカップニュージーランド大会開催。 10月31日 - 国連の推計で世界人口が70億人に達する。同日、外国為替市場で 円相場 が1ドル=75 円 32銭を付け、 円 の戦後最高値を記録。 11月23日 - イエメンのサーレハ大統領がサウジアラビアのリヤドにて、30日以内の大統領権限の委譲などが盛り込まれた湾岸協力会議

相場 は2国間の同じ商品を同じ価格にするように動き、均衡する。この均衡した為替 各国の外国為替市場とその結びつき 相場 を指して、購買力平価ということもある。 購買力平価=(1海外通貨単位[基軸通貨であるUSドルが使われることが多い]あたりの円貨額[やその他の海外通貨]で表示した)均衡為替 相場 =日本での価格( 円 )÷日本国外(米国)での価格(現地通貨)

供するため、便宜上取引市場を9時-17時と定め、1日の始値・終値・高安値を毎日公表している。 1949年(昭和24年) 4月 各国の外国為替市場とその結びつき 各国の外国為替市場とその結びつき 各国の外国為替市場とその結びつき - 1ドル=360 円 の為替 相場 が設定 1952年(昭和27年) 7月 - 東京短資、外国為替仲介業務開始 1952年(昭和27年) 7月1日 - 東京外国為替市場がオープン 1963年(昭和38年)10月1日

円 は1ドル=308 円 と切上げられるなど固定 相場 制が揺らいだ。それでもドルに対する不安は収まらず、各国はドルに対し変動 相場 制をとるようになり、1973年(昭和48年)2月12日に金1オンス=42ドル22セントと再び平価の引き下げ、同年(昭和48年)2月14日以降、日本 円 もドルに対し変動 相場

対日本 円 で変動 相場 制を採用している。以前の固定 相場 各国の外国為替市場とその結びつき 制の頃は、当初1ポンド1,008 円 (1949年 - 1967年)、後に864 円 (1967年 - 1971年)だった。 なお2007年1月下旬に、1ポンドが241 円 40銭だったが、2007年3月2日には226 円 95銭と、1ポンドあたり約14 各国の外国為替市場とその結びつき 円

もっとも、仕手化して、予想外の事態が生じて、意外な 相場 が出現しても、その仕手戦が終了すれば、異常な 相場 は訂正され結局は、実勢の 相場 になる。又、公開された自由な市場においては不自然な高値は売り物を呼び、不自然な安値は、買い物を呼び 相場 を自然の位置に戻す作用が機能する。したがって、買占めや売崩しは、不成功に成り易い。

円 高になると見込んでいた。このため投資ファンドは世界中から巨額の資金を集めて 円 買いを進め、1ドル117 円 前後で安定していた 円相場 各国の外国為替市場とその結びつき は105 円 台に迫るまで跳ね上がっており、すぐに100 円 を切るとの観測もされていた。これに対抗するため、日本銀行は1日1兆 円 規模の 円 売り介入を継続的に実施した。

ボスニア・ヘルツェゴビナ 冨田昌宏『紙幣が語る戦後世界 - 通貨デザインの変遷をたどる』 中央公論新社〈中公新書〉、1994年。 為替 外国為替 金本位制(金兌換券) 円相場 外国為替市場 東京外国為替市場 外為ブローカー 外国為替及び外国貿易法 為替レート 金融先物取引法 中国為替証明書 (FEC) (ドイツ語) (英語)

相場 価格が乱高下することがある。 投資の対象として注目されるようになった発端は、1979年 - 1980年のハント兄弟が、工業用にも利用されている銀の価格が、金 相場 と比べて低いことに着目した買い占め(銀の木曜日)がきっかけである。 銀 相場

円相場 を操作していると解釈されるべきではないとの見解を示した。またリーマン・ブラザーズ破綻後の金融危機時に、日本はイングランド銀行やFRBが行った拡張的な金融政策を批判しなかったとし、日本の積極的な金融政策も非難されるべきではないというのが日本当局者の見解と述べた。また、「変動 相場

相場 制に移行することを決め、続く3月にはEC諸国も変動 相場 制に移行。ここにおいて、スミソニアン体制は完全に崩壊した。 ドルと金との固定交換レート引き上げ(金1オンス=35ドル→38ドル) ドルと各国通貨との交換レート改定(日本 円 は、1ドル=360 各国の外国為替市場とその結びつき 各国の外国為替市場とその結びつき 円 →308 円 、16.8%切り上げ)

8月25日 ウガンダ・タンザニア国境で武力衝突。 東パキスタンおよび東ベンガルで洪水。数千人が避難。 8月28日 - 円 変動 相場 制移行。 9月1日 - カタールが独立。 9月8日 - 中国の林彪がクーデター失敗、搭乗飛行機の墜落死。 9月21日 -

)および銭(寛永通寳)という基本通貨が併行流通した貨幣制度のことである。 これらの金貨、銀貨および銭貨の間には幕府の触書による御定 相場 も存在したが、実態は互いに変動 相場 で取引されるというものであり、両替商という金融業が発達する礎を築いた。金・銀・銭とは別に、藩札などの紙幣も流通していたが、日本全国で通用する紙幣はなかった。

第2部・ネットワーク・フラッシュ(1998年の秋改編時に新設) BGMとともに始まり、フラッシュニュース形式で放送する。最初に当日の日経平均株価と 円相場 を伝える(『ネットワークトゥデイ』で日経平均・ 円相場 を伝えた場合と祝日の放送では割愛され、そのままニュースに入る)。 2007年11月、2008年1月にBGMが変わり、20

centesimo, ct.)、ラップ(ロマンシュ語: rap, rp.)と呼ばれ、1フランの100分の1に値する。対 円 レートは固定 相場 制の時が89→83 円 、変動 相場 制に移行してからは65 円 - 150 円 の間で推移している。 スイス・フランは従来より、国際金融市場において、イギリス・ポンド、ドイツ・マルク、フ

より個人間取引を中心に幅広く用いられていた「自由レート」を基とする「変動レート」に外為 相場 が一本化された1985年以降から現在に至るまで、グアラニーの対ハードカレンシー(米ドルや日本 円 、旧西ドイツ・マルクなど) 相場 は徐々に下落(2011年2月現在、1US$=4600グアラニー前後で推移)、高額紙幣の

相場 で1ドル360 円 に上下1%の変動幅の制限枠を撤廃し、変動 相場 制に移行することを決定した。1ドル360 円 の時代はこの日に終わった。ショックから12日後である。 円 の為替レートは前日までの360 円 から変動 相場 となった初日8月28日に342 円 となり、その後340 円 前後にとなり、年末までに320 円 前後を推移した。

融法制の再編成がなされたため、この法律は金融商品取引法が施行された2007年9月30日に同法の一部として再構成され、廃止された。 為替 外国為替 円相場 外国為替市場 東京外国為替市場 外貨兌換券 外為ブローカー 外国為替及び外国貿易法 為替レート 外国為替及び外国貿易法 - e-Gov法令検索 金融先物取引法

「特別引出権」とはIMF加盟国に出資額に応じて割り当てられ、通貨危機などの緊急時に引き換えて外貨を引き出せる仕組みである。2015年10月までの時点では、米ドル、日本 円 各国の外国為替市場とその結びつき 、ユーロ、英ポンドの 相場 で価値が決まるが、人民元がこれに加われば、人民元の通貨としての信用が高まり、同時に元の国際化にも弾みがつく。中国は、2010年の特別引出

5円付近で推移していた 相場 が、一瞬にして(投資家からみた)売値のみ8.435 円 まで一気に急落する(買値は全く動いていない)事件が発生し、8.435 円 でロスカットが発動するなど多大な損失を被る投資家が続出した。また週明けの月曜日ではロスカットによる 相場

T/Cの購入や売却時の外国為替 相場 為替レートは、外貨預金の預け出しや外貨建海外送金に使われる「対顧客電信 相場 」 (TTS, TTB) が適用される。外貨現金への両替は、対顧客 相場 に現金取り扱い手数料 を加味した「現金売買レート」 が適用されて1通貨当たりの交換比率が劣ることから、利点のひとつとなる。日本 円

人民元改革(じんみんげんかいかく)とは、中国の通貨である人民元を2005年7月より管理フロート制(管理変動 相場 制)へ移行し、同時に通貨バスケット制を導入した事をいう。変動 相場 制を採り入れる事で通貨の価値が事実上上がるとの観測から、人民元切り上げとも呼ばれる。 2005年7月21日に中国人民銀行により

FX通貨の特徴!優位性のある取引を行うための通貨の選び方2つ

FX入門・初心者

湊

明日香

FX取引で扱われている通貨は様々であり、 通貨によって特徴 各国の外国為替市場とその結びつき 各国の外国為替市場とその結びつき があります。

  • FX各通貨の特徴
  • FX通貨の選び方
  • FX各社の取扱い通貨比較一覧表

本記事を読むことにより、各通貨の特徴を知れるのはもちろん、通貨の選び方や各FX会社の取扱い通貨ペアなどを詳しく知ることができます。

FX各通貨の特徴

それぞれの通貨は、その国の 政治や経済、地域の特性 などによって特徴が違います。

FX取引を有利に進めるには、各通貨の特性や値動きの特徴を知っておくことが重要です。

米ドル(USD)

世界の基軸通貨として注目度が高く、最も 取引量の多い 通貨です。

そして、最も注目すべきは原則第1金曜日に発表される「米国雇用統計」です。

特に重要視されるのは「非農業部門雇用者数」と「失業率」です。

ユーロ(EUR)

EUの通貨統合によって取引が開始された統一通貨で、米ドルに次いで 世界で2番目 に取引量の多い通貨です。

そのため、ユーロを取引する場合には加盟国全体の情勢にも注意が必要です。

英ポンド(GBP)

1960年代以前は世界の基軸通貨として流通していたイギリスの通貨で、 世界で4番目 の取引量があります。

しかし、米ドルやユーロに比べると取引量が少ないので投機の対象となりやすく、値動きが荒くなる傾向があります。

豪ドル(AUD)

豪ドルは、かつて政策金利が一時7.25%まであり、 高金利通貨の代表格 でした。

そのため、豪ドルは原油・金・鉄鉱石などの商品価格や、中国の景気動向に影響を受けやすいという特徴があります。

NZドル(NZD)

ニュージーランドはオーストラリアと政治・経済の結びつきが強いので、 豪ドル と似たような動きをします。

また、輸出全体の20%強が中国向けなので、中国の景気動向に左右されやすい傾向があります。

カナダドル(CAD)

カナダは最大の輸出国がアメリカであるため、カナダドルはアメリカの経済指標の影響を受けやすく、 米ドルに類似した 動きをします。

また、カナダの主要な輸出品のひとつが原油であるため、原油価格の値動きに連動しやすい傾向にあります。

スイスフラン(CHF)

永世中立国であるスイスの通貨は、金融危機や地政学リスクなどの有事の際の安全資産として、リスクを回避するために買われやすい傾向にあります。

香港ドル(HKD)

香港ドルは 米ドル・ペッグ制度 という固定相場制を採用しているため、米ドルの動きに左右されます。

南アフリカランド(ZAR)

南アフリカランドは、 高金利通貨 として日本でも人気の高い通貨です。

また、南アフリカは金やダイヤモンド、プラチナなど鉱物資源の産出量が多く、金などの商品価格の値動きに左右されやすいのが特徴です。

シンガポールドル(SGD)

シンガポールドルは、貿易相手国の通貨と貿易量で決まる 通貨バスケット方式 を採用しています。

変動幅が一定の枠内に収まるようにシンガポール通貨当局(MAS)が管理しているので変動率が小さく、比較的安定性の高い通貨です。

ノルウェークローネ(NOK)

ノルウェーは政治的にも経済的にも安定しているので、国内の動向よりユーロ圏での政治・経済情勢に影響を受けやすい傾向にあります。

トルコリラ(TRY)

トルコリラは経済成長の著しい 新興国の高金利通貨 として注目を集めています。

しかし、流通量が少ないので、メジャー通貨に比べると値動きが大きくリスクも高い通貨です。

メキシコペソ(MXN)

メキシコペソも 新興国の高金利通貨 です。

メキシコの輸出の約8割、輸入の約半分がアメリカであるため、メキシコペソはアメリカ経済の影響を受けやすい傾向にあります。

FX各通貨ペアの特徴

通貨ペア 特徴
対円通貨 米ドル/円 取引量第2位の通貨で、比較的値動きが緩やかで取引しやすいため初心者にオススメです。
ユーロ/円 外為市場での取引量も多く、米ドル/円に比べると値動きがやや激しい。
英ポンド/円 ボラティリティが高く、短期間での値動きが激しい。
豪ドル/円 値動きは比較的緩やかで、主要輸出国である中国経済の影響を受けやすい。
NZドル/円 豪ドル/円の動きと類似していて、早朝の時間帯に値動きが激しくなる傾向がある。
カナダドル/円 米ドル/円と同じような動きをするが、取引量が少ないので、変動幅は比較的大きくなる。
トルコリラ/円 高いスワップポイントが魅力ですが、取引の絶対量が少なく、値動きが不安定でリスクが高い。
メキシコペソ/円 安値圏で比較的安定的に推移するレンジ相場を形成していて、スワップポイントも高水準。
対米ドル通貨 ユーロ/米ドル 世界で最も取引されていて、一度トレンドが出ると、その方向に一気に動き出す傾向がある。
英ポンド/ドル 値動きが激しくハイリスクハイリターンな通貨ペアで、短期トレードでの利益を狙いやすい。
豪ドル/米ドル 取引量が多く流動性が高いので、値動きが安定していてトレンドが継続しやすい。
NZドル/米ドル 豪ドル/米ドルと類似した動きをする。
対ユーロ通貨 ユーロ/英ポンド 欧州市場が開く日本時間の夕方以降に大きな値動きが出る特徴がある。
ユーロ/豪ドル 下降トレンドでは、売りから入ってスワップポイントを受け取ることができる。
ユーロ/NZドル 取引量が少なく、スプレッドが広くなりがちです。
対英ポンド通貨 ポンド/豪ドル ボラティリティが高く、月足で見ると年単位のトレンドがはっきりわかる。

FX通貨の選び方2つ

FX初心者が扱いやすいのは 情報量が多く、馴染みのある通貨 です。

選び方①:取引量で選ぶ

FX初心者は、 取引量が多く 、価格変動が比較的安定してる通貨ペアを選びましょう。

各国の外国為替市場とその結びつき
順位 通貨ペア 取引金額
第1位 ドル円 154,359,974
第2位ポンド円 33,499,746
第3位 ユーロドル 17,535,861
第4位 ユーロ円 17,165,573
第5位 豪ドル円 11,774,388

FX初心者には、ドル円が一番馴染みがあり取引量も多く、情報も入手しやすいのでおすすめです。

選び方②:スプレッドの狭さで選ぶ

取引コストを安くするには、 スプレッド は狭いほうが有利です。

取引回数が増えるほど取引コストも多くなるので、できるだけスプレッドの狭い通貨ペアを選ぶようにしましょう。

FX通貨選びの際の注意点2つ

トレードする通貨ペアを選ぶときには 注意 しなければいけないことがあります。

注意点①:英ポンドは初心者向きではない

英ポンドは米ドルやユーロ、円に比べると取引量が少なく、 投機目的 での売買がされやすい傾向にあります。

初心者のうちは、上手にトレンドを読むことは難しく、資金管理の経験値も低いのであまりおすすめしません。

注意点②:高金利通貨はリスクが高い

また、高金利通貨は新興国の通貨が多く、政局が不安定だったり、他国との地政学リスクが高いことも、 価格変動リスク を高くしている要因です。

  • その国の経済情勢や政局、政策金利
  • 周辺諸国との関係
  • アメリカなど先進国との関係

FX各社の取扱い通貨比較一覧表

各国の外国為替市場とその結びつき
FX会社 通貨ペア数 取扱通貨ペア
外為どっとコム 30通貨ペア USD/JPY,EUR/JPY,EUR/USD,AUD/JPY,GBP/JPY,
NZD/JPY,CAD/JPY,CHF/JPY,HKD/JPY,GBP/USD,
USD/CHF,ZAR/JPY,AUD/USD,NZD/USD,EUR/AUD,
TRY/JPY,CNH/JPY,NOK/JPY,SEK/JPY,MXN/JPY,
GBP/AUD,EUR/GBP,USD/CAD,AUD/CAD,EUR/NZD,
AUD/NZD,USD/TRY,EUR/TRY,SGD/JPY,RUB/JPY
DMM.com証券 20通貨ペア USD/JPY,EUR/JPY,GBP/JPY,AUD/JPY,NZD/JPY,
CAD/JPY,CHF/JPY,ZAR/JPY,EUR/USD,GBP/USD,
AUD/USD,各国の外国為替市場とその結びつき NZD/USD,EUR/GBP,USD/CHF,USD/CAD,
EUR/AUD,EUR/NZD,EUR/CHF,GBP/AUD,GBP/CHF
GMOクリック証券 20通貨ペア USD/JPY,EUR/JPY,GBP/JPY,各国の外国為替市場とその結びつき AUD/JPY,NZD/JPY,
CAD/JPY,CHF/JPY,TRY/JPY,ZAR/JPY,MXN/JPY,
EUR/USD,GBP/USD,AUD/USD,NZD/USD,EUR/GBP,
EUR/AUD,GBP/AUD,EUR/CHF,GBP/CHF,USD/CHF
トレイダーズ証券
「みんなのFX」
27通貨ペア USD/JPY,EUR/JPY,GBP/JPY,AUD/JPY,NZD/JPY,
CHF/JPY,CAD/JPY,ZAR/JPY,TRY/JPY,MXN/JPY,
CNH/JPY,HKD/JPY,SGD/JPY,PLN/JPY,NOK/JPY,
SEK/JPY,EUR/USD,GBP/USD,AUD/USD,NZD/USD,
EUR/GBP,EUR/AUD,GBP/AUD,AUD/NZD,USD/CHF,
EUR/CHF,GBP/CHF
トレイダーズ証券
「LIGHT FX」
27通貨ペア USD/JPY,EUR/JPY,GBP/JPY,AUD/JPY,NZD/JPY,
CHF/JPY,CAD/JPY,ZAR/JPY,TRY/JPY,MXN/JPY,
CNH/JPY,HKD/JPY,SGD/JPY,PLN/JPY,NOK/JPY,
SEK/JPY,EUR/USD,GBP/USD,AUD/USD,NZD/USD,
EUR/GBP,EUR/AUD,各国の外国為替市場とその結びつき GBP/AUD,AUD/NZD,USD/CHF,
EUR/CHF,GBP/CHF
SBI FXトレード 34通貨ペア USD/JPY,EUR/JPY,GBP/JPY,AUD/JPY,NZD/JPY,
CAD/JPY,CHF/JPY,ZAR/JPY,TRY/JPY,CNH/JPY,
KRW/JPY,HKD/JPY,RUB/JPY,BRL/JPY,PLN/JPY,
SEK/JPY,NOK/JPY,MXN/JPY,SGD/JPY,EUR/USD,
GBP/USD,AUD/USD,NZD/USD,USD/CAD,USD/CHF,
USD/CNH,EUR/GBP,EUR/AUD,EUR/NZD,EUR/CHF,
GBP/AUD,GBP/CHF,AUD/NZD,AUD/CHF
外為オンライン 26通貨ペア USD/JPY,EUR/JPY,GBP/JPY,AUD/JPY,NZD/JPY,
CAD/JPY,CHF/JPY,AUD/CHF,AUD/NZD,AUD/USD,
EUR/AUD,EUR/CAD,EUR/CHF,EUR/GBP,EUR/NZD,
EUR/USD,GBP/AUD,GBP/CHF,GBP/NZD,GBP/USD,
NZD/USD,USD/CAD,USD/CHF,ZAR/JPY,TRY/JPY,
MXN/JPY

FX通貨ペアの相関関係を知るとより優位性のある取引が可能

通貨ペアの 相関関係 によって、同じ方向に行きやすかったり、逆の方向に行きやすかったりします。

たとえば、豪ドル/円が上昇すればNZドル/円も上昇し、米ドル/円が上昇すればユーロ/米ドルは下落しやすい傾向にあります。

【更新】円安の行方は?広木・大槻・岡元・吉田の見方と今すぐやるべきこと

上智大学外国語学部卒。神戸大学大学院・経済学研究科後期博士課程修了。博士(経済学 )。マーケットに携わって30年超、うちバイサイドの経験が20年。国内銀行系投資顧問、外資系運用会社、ヘッジファンドなど様々な運用機関でファンドマネージャー等を歴任。
2010年より現職。青山学院大学大学院・国際マネジメント研究科(MBA)非常勤講師。
テレビ東京「ニュースモーニングサテライト」、BSテレビ東京「日経プラス9」等のレギュラーコメンテーターを務めるなどメディアへの出演も多数。
マネックス証券オウンドメディア「マネクリ」でレポート等が閲覧可能。
著書:
「ストラテジストにさよならを 21世紀の株式投資論」(ゲーテビジネス新書)
「9割の負け組から脱出する投資の思考法」(ダイヤモンド社)
「勝てるROE投資術」(日本経済新聞出版社)
「ROEを超える企業価値創造」(日本経済新聞出版社)(共著)
「2021年相場の論点」(日本経済新聞出版社)

広木隆の連載コンテンツ

    (毎週金曜日に更新)
    チーフ・ストラテジスト 広木隆が、実践的な株式投資戦略をご提供します。 (毎週火曜日に更新)
    広木隆が週次でマーケット動向について解説します。お客様からのご質問にも回答します。

大槻 奈那「あと一歩の上値追いの可能性は排除できないが、上限は近い」

大槻奈那

マネックス証券株式会社
チーフ・アナリスト 兼 マネックス・ユニバーシティ長
マネックスクリプトバンク株式会社 マネックス仮想通貨研究所所長

大槻 奈那

大槻 各国の外国為替市場とその結びつき 奈那の連載コンテンツ

    (不定期更新)
    チーフ・アナリスト 大槻奈那が、毎回、旬な金融市場のトピックについて解説します。市場の流れをいち早く把握し、味方につけたいあなたに、金融の「今」をお伝えします。 (月1回月曜日に更新)
    チーフ・アナリスト大槻奈那が、金融市場でのさまざまな出来事を独自目線で発信します。

岡元 兵八郎「インフレ慣れしていない日本人が取るべきインフレヘッジの方法とは」

岡元 兵八郎

マネックス証券株式会社
チーフ・外国株コンサルタント 兼 マネックス・ユニバーシティ シニアフェロー

岡元 兵八郎

基本的なことのおさらいです。(図:日米株価 年間リターン比較 円ベース)は1990年からこれまでの日米株の年間パフォーマンスの比較です。当たり前のことですが、米国株のパフォーマンスが良いと言っても、これまでも必ずしも毎年上がってきた訳ではありません。調整する年もあるのです。

岡元 兵八郎の連載コンテンツ

    (原則として週の第1営業日に更新)
    チーフ・外国株コンサルタント岡元兵八郎が米国株式市場の相場の見方や、市場に存在する様々な投資情報を分かりやすくご説明します。皆様の米国株式の長期投資の判断にご活用ください。 (月1回月曜日に更新)
    「ハッチ」こと、チーフ・外国株コンサルタント岡元兵八郎が、米国金融街出身者ならではの知見や実体験を披露します。日本とは異なる米国の投資家を取巻く環境やハッチならではの独自の視点での米国の見方をお伝えします。

吉田 恒「円安メリットの外貨投資、そして円安差益還元論」

吉田 恒

マネックス証券株式会社
チーフ・FXコンサルタント 兼 マネックス・ユニバーシティ FX学長

吉田 恒

  • おすすめコラム①:「資産・生活防衛の外貨投資」という考え方
  • おすすめコラム②:「物価高の円安」、40年前との類似と相違

吉田 恒の連載コンテンツ

    (毎営業日更新)
    チーフ・FXコンサルタントの吉田恒が独自の視点から日々のマーケット情報や注目材料などをお伝えします。 (週の第1営業日に更新)
    チーフ・FXコンサルタントの吉田恒による週間為替展望です。注目通貨ペアの相場動向を解説します。

円安時に投資家がやるべきこと

円安のキホンをおさらい

円安が進む局面でやるべきこと

円以外の資産の割合を増やす

FX PLUS(外国為替証拠金取引)をはじめるには

FX PLUSは、マネックス証券の「証券総合取引口座」と「FX PLUS口座」の2つの口座を開設すると、ご利用いただけます。もちろんどちらも口座開設・維持費は無料です。

FX PLUS(外国為替証拠金取引)をはじめるには

FX PLUSは、「FX PLUS口座」を開設すると、ご利用いただけます。もちろん口座開設・維持費は無料です。

米ドル買付時の為替手数料が0銭!7月以降も継続!

米ドル買付時の為替手数料が0銭!7月以降も継続!

FX PLUS(店頭外国為替証拠金取引)に関する重要事項

FX PLUSでは、取引対象である通貨の価格の変動により元本損失が生じることがあります。また、取引金額が預託すべき証拠金の額に比して大きいため(具体的な倍率は当社ウェブサイトをよくご確認ください)、取引対象である通貨の価格の変動により、その損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損)ことがあります。 さらに、取引対象である通貨の金利の変動により、スワップポイントが受取りから支払いに転じることがあります。FX PLUSは、店頭取引であるため、当社・カバー先の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。FX PLUSでは、損失が一定比率以上になった場合に自動的に反対売買により決済されるロスカットルールが設けられていますが、相場の急激な変動により、元本超過損が生じることがあります。加えて、相場の急激な変動により、意図した取引ができない可能性があります。

FX PLUSでは、取引通貨の為替レートに応じた取引額に対して一定の証拠金率以上で当社が定める金額の証拠金(必要証拠金)が必要となります。一定の証拠金率とは以下のとおりです。ただし、相場の急激な変動等の事由が発生した場合には当社判断により変更することがあります。
(個人口座)
原則4%(一部の通貨ペアでは8%、詳細は当社ウェブサイトをご確認ください)
(法人口座)
金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号の定める定量的計算モデルにより金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率です。ただし、金融先物取引業協会の算出した為替リスク想定比率が、当社が通貨ペアごとに定める最低証拠金率(原則1%、一部の通貨ペアでは8%、詳細は当社ウェブサイトをご確認ください)を下回る場合には、当社が通貨ペアごとに定める最低証拠金率を優先させることとします。

【7月11日~の週】為替相場の注目材料スケジュールと焦点

■ 7月11日~の週の為替相場の焦点(ユーロドル及びドル円中心)
▼ 米国の雇用統計発表明け
▼ 日本の参院選挙投開票明け
▼ 今週→ニュージーランド(13日)、カナダ(13日)の金融政策の発表を予定(議事録の公表の予定はない)
▼ 今週→米国の中長期国債の入札が相次ぐ(3年債→11日、10年債→12日、30年債→13日)
▼ 米国の主要企業の第2四半期決算発表シーズンが開始(各国の外国為替市場とその結びつき 12日→ペプシコ、13日→デルタ航空、14日→JPモルガン・チェース、モルガン・スタンレー、15日→シティグループなど)
▼ 13日(水)→米国の消費者物価指数の発表
▼ 14日(木)→米国の生産者物価指数の発表
▼ 15日(金)→米国の小売売上高の発表
▼ 来週→日銀金融政策発表、ECB金融政策発表を控える(各国の外国為替市場とその結びつき 次回FOMCは再来週26日・27日)
▼ 20日(月)→
▼ 21日(火)→
▼ 22日(水)→
▼ 23日(各国の外国為替市場とその結びつき 木)→
▼ 24日(金)→
--> ▼ 主要な株式市場(米国中心)の動向
▼ 米国の国債利回りの動向
▼ 米国の金融政策への思惑(各国の外国為替市場とその結びつき 各国の外国為替市場とその結びつき 6月15日に金融政策の発表を消化済み→7月6日に議事録を公表を消化済み→7月27日に次回の金融政策発表を予定、引き続きインフレ懸念や今後の金融政策への思惑がキモ)
▼ 米国のインフレの行方(今週・13日発表の米国の消費者物価指数が重要)
▼ 米ドルと日本円、ユーロの方向性
▼ 金融当局者や要人による発言(引き続きFRB高官の発言に注目が集まる、16日からFRB関係者はブラックアウト期間なので次回FOMCに向けて今週いっぱい重要)
▼ 注目度の高い米国の経済指標の発表(米国中心、今週は13日の米国の消費者物価指数がメイン、その他に米国の生産者物価指数と小売売上高も重要)
▼ 金融市場のリスク許容度
▼ 各国の外国為替市場とその結びつき 原油と金を中心とした商品市場の動向
▼ 欧州の金融政策への思惑(6月9日に金融政策の発表を消化済み→7月7日に議事録の公表を消化済み→7月21日に次回の金融政策発表を予定)
▼ 日本の金融政策への思惑(6月17日に金融政策の発表を消化済み→7月21日に次回の金融政策発表を予定、毎営業日指値オペを実施中)
▼ バイデン米大統領の発言
▼ ウクライナ情勢(地政学リスク)
▼ 新型コロナウイルス感染症への懸念

■表の見方■ 各国の外国為替市場とその結びつき
・米国以外の要人発言や注目材料は重要な物のみピックアップ
・注目材料のうち、特に注目度の高いものを 赤色 、その次を 太字 で表記。
・金融政策関連のものはイベントの欄へ 桃色 で表記。

各国の外国為替市場とその結びつき
経済指標&注目材料&イベント
7/11
(月)
・ 週明け イベント
など
日)黒田日銀総裁の発言
英) ベイリーBOE総裁の発言
米国以外
米) 3年債入札
米)ウィリアムズ:NY連銀総裁の発言(投票権あり)
米) 注目度の高い経済指標の発表はない
米国
7/12
(火)
・ 米国の主要企業の決算発表 →ペプシコ、その他 イベント
など
独)ZEW景況感調査
英) ベイリーBOE総裁の発言
米国以外
米) NFIB中小企業楽観指数
米)バーキン:リッチモンド連銀総裁の発言(投票権なし)
米) 10年債入札
米) 注目度の高い経済指標の発表はない
米国
7/13
(水)
・ 米国の主要企業の決算発表 →デルタ航空、その他 イベント
など
中)貿易収支
NZ) RBNZ政策金利 & 声明発表
英)GDP 各国の外国為替市場とその結びつき
英)鉱工業生産 / 製造業生産高
英)商品貿易収支
英)貿易収支
加) BOC政策金利 & 声明発表
加) マックレムBOC総裁の記者会見
米国以外
米) MBA住宅ローン申請指数
米) 消費者物価指数 & 【コア】
米)週間原油在庫
米) 30年債入札
米) 財政収支
米) 地区連銀経済報告(ベージュブック)
米国
7/14
(木)
・ 米国の主要企業の決算発表 → JPモルガンチェース 、 モルガンスタンレー 、その他 イベント
など
豪) 失業率 & 新規雇用者数 米国以外
米)JPモルガン・チェース第2四半期決算
米)モルガン・スタンレー第2四半期決算
米)新規失業保険申請件数
米) 生産者物価指数 & 【コア】
米) 週間天然ガス貯蔵量
米) ウォラーFRB理事の発言(投票権あり)
米国
7/15
(金)
・ 週末
・ 五十日(15日)
・ G20財務相・中央総裁銀行会議(15日・16日開催)
・ 米国の主要企業の決算発表 →ユナイテッドヘルス、バンクオブニューヨークメロン、ステートストリート、USバンコープ、ウェルズファーゴ、ブラックロック、 シティグループ 、プログレッシブ、その他
イベント
など
中) 第2四半期GDP
中)鉱工業生産
中)小売売上高
中)固定資産投資
米国以外
米) 小売売上高 & 【除自動車】
米)NY連銀製造業景気指数
米)輸入物価指数
米)ボスティック:アトランタ連銀総裁の発言(投票権なし)
米)シティグループ第2四半期決算
米)鉱工業生産 /設備稼働率
米)ミシガン大消費者信頼感指数【速報値】
米) 企業在庫
米国


■主要国の金融政策発表■
5月3日◆オーストラリア
5月4日◆米国 各国の外国為替市場とその結びつき
5月5日◆英国
5月19日◆南アフリカ
5月25日◆ニュージーランド
5月26日◆トルコ
6月1日★カナダ
6月7日★オーストラリア
6月9日★欧州
6月15日★米国
6月16日★英国、スイス
6月17日★日本
6月23日★トルコ
7月5日●オーストラリア
7月13日●ニュージーランド、カナダ
7月21日●日本、欧州、トルコ、南アフリカ
7月27日●米国
8月2日▼オーストラリア
8月4日▼英国
8月17日▼ニュージーランド
8月18日▼トルコ
9月6日■オーストラリア
9月7日■カナダ
9月8日■欧州
9月15日■英国
9月21日■米国
9月22日■日本、スイス、トルコ、南アフリカ

■主要国の休場日■
6月2日★英国
6月3日★香港、中国、英国
6月6日★ニュージーランド、スイス
6月13日★オーストラリア
6月16日★南アフリカ
6月20日★米国
6月24日★ニュージーランド
7月1日●香港、カナダ
7月4日●米国
7月11日●トルコ
7月12日●トルコ
7月15日●トルコ
7月18日●日本
8月1日▼オーストラリア、スイス、カナダ
8月9日▼南アフリカ
8月11日▼日本
8月29日▼英国
8月30日▼トルコ

今週のFX市場の見どころ(2019年9月23日〜9月27日)- OANDA(オアンダ)

This article 各国の外国為替市場とその結びつき is for general information purposes only. It is not investment advice or a solution to buy or sell securities. Opinions are the authors; not necessarily that of OANDA Corporation or any of its affiliates, subsidiaries, officers or directors. Leveraged trading is high risk and not suitable for all. You could lose all of your deposited funds.

Related posts:

authorjp

Latest posts by authorjp (see all)

  • 本日の夜のドル円、ユーロドルの見通し(2020年12月29日) - December 29, 2020
  • 本日の夜のドル円、ユーロドルの見通し(2020年12月28日) - December 28, 2020
  • 各国の外国為替市場とその結びつき
  • 今週のFX市場の見どころ(2020年12月28日〜12月31日)- OANDA(オアンダ) - December 27, 2020

Related posts:

Leave A Reply Cancel

最新の記事
本日の夜のドル円、ユーロドルの見通し(202.
本日の夜のドル円、ユーロドルの見通し(202.
今週のFX市場の見どころ(2020年12月28日〜12月.

店頭外国為替証拠金取引(FX)は元本保証の金融商品ではありません。為替変動、金利変動等により、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。当初証拠金必要額は、個人の場合取引金額の4%以上、法人の場合取引金額の2%以上です。法人口座の場合は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額以上の委託証拠金額が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。口座管理費及び取引手数料は無料です。 取引レート及びスワップポイントには売値と買値の提示価格に差(スプレッド)が生じます。各通貨の金利変動により、スワップポイントが受取りから支払い等に転じる ことがあります。当社との契約形態は店頭外国為替証拠金取引となります。取引開始にあたっては契約締結前交付書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

本サイトには、当社のサービスと商品についての情報を含みますが、お客様の投資目的、財務状況、資金力にかかわらず、情報の提供のみを目的とするものであり、金融商品の勧誘、取引の推奨、売買の提案等を意図したものではありません。 本サイトは、オアンダが信頼できると思われる情報にもとづき作成したものですが、次の点に十分ご留意ください。当社は、本サイトが提供する情報、分析、予測、取引戦略等の正確性、確実性、完全性、安全性等について一切の保証をしません。オアンダおよび当社は、本レポートを参考にした投資行動が利益を生んだり損失を回避したりすることを保証または約束あるいは言外に暗示するものではありません。オアンダおよび当社は、本サイトに含まれる不確実性、不正確性、不完全性、誤謬、文章上の誤り等に起因して、お客様または第三者が損害(直接的か間接的かを問いません。)を被った場合でも、一切の責任を負いません。本サイトに記載された意見は執筆者自身のものであり、必ずしも当社又はOANDA Corporationのものではありません。本サイトの一部は、当社の親会社であるOANDA Corporationが作成したものの邦訳です。本サイトに関して、英語版と日本語版に不一致がある場合には英語版が優先します。

OANDA Japan株式会社 第一種 金融商品取引業 関東財務局長 (金商) 第2137号 加入協会等:一般社団法人 金融先物取引業協会 各国の外国為替市場とその結びつき 日本証券業協会 日本投資者保護基金

© 1996 - 2013 OANDA Corporation. All rights reserved. All Registered Trade Marks used on this Website, whether marked as Trade Marks or not marked, are declared to belong to their respective owner(s). OANDA Corporation owns Trade Marks of all its "FX" products.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる