タダで投資

フィボナッチ 計算ツール

フィボナッチ 計算ツール
コラム

フィボナッチ (ふぃぼなっち)

【ご注意】
『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、株式会社FXプライムbyGMO、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、SIX ファイナンシャルインフォメーションジャパン、Dow Jones、Hang Seng Indexes、株式会社bitFlyer 等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE フィボナッチ 計算ツール Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

再帰と再帰式を理解する

F(n)= F(n – 1)+ F(n – 2)
fibonacci(0)= 0
fibonacci(1)= 1
フィボナッチ(2)=フィボナッチ(1)+フィボナッチ(0)= 1 フィボナッチ 計算ツール + 0 = 1
フィボナッチ(3)=フィボナッチ(2)+フィボナッチ(1)= 1 + 1 = 2
フィボナッチ(4)=フィボナッチ(3)+フィボナッチ(2)= 2 + フィボナッチ 計算ツール 1 = 3
フィボナッチ(5)=フィボナッチ(4)+フィボナッチ(3)= 3 + 2 = フィボナッチ 計算ツール 5
フィボナッチ(6)=フィボナッチ(5)+フィボナッチ(4)= 5 + フィボナッチ 計算ツール 3 = 8

新しいフィボナッチ数(数n)を取得するたびに、次のフィボナッチnとして(n + 1)フィボナッチを見つけると、その数nは実際には(n – 1)数になります。 上記の反復ステップを見ると、n = 2の場合、
フィボナッチ(2)=フィボナッチ(2-1)+フィボナッチ(2-2)=フィボナッチ(1)+フィボナッチ(0)= 1 + 0 = 1

フィボナッチ(3)=フィボナッチ(3-1)+フィボナッチ(3-2)=フィボナッチ(2)+フィボナッチ(1)= 1 + 1 = 2
つまり、nが増加するたびに、現在の(n – 1)番目と(n – 2)番目のフィボナッチの値も増加します。 しかし、nごとに(n – 1)と(n – 2)フィボナッチを追跡するのは面倒です。 自分自身を呼び出して反復タスクを自分で繰り返すメソッドを作成してはどうでしょうか。

自分自身を呼び出すメソッドは、再帰メソッドと呼ばれます。 再帰メソッドには、プログラムがそれ自体の呼び出しを停止する基本ケースが必要です。 フィボナッチ数列の基本ケースは、fibonacci(0)= 0およびfibonacci(1)= 1です。それ以外の場合、Fibonacciメソッドはそれ自体を1回呼び出します:fibonacci(n – 2)およびfibonacci(n – two)。 次に、それらを追加してfibonacci(n)を取得します。 n番目のフィボナッチを見つけるための再帰的な方法は次のように書くことができます-

よく見ると、再帰はスタックプロパティに従います。 小さなサブ問題を解決して、問題の解決策を取得します。 n> 1の場合、最後の行を実行します。 したがって、n フィボナッチ 計算ツール = 6の場合、関数はfibonacci(6 – 1)とfibonacci(6 – 2)を呼び出して追加します。 fibonacci(6 – 1)またはfibonacci(5)は、fibonacci(5 – 1)およびfibonacci(5 – 2)を呼び出して追加します。 この再帰は、6がベースケース値(fibonacci(0)= 0またはfibonacci(1)= 1)に達するまで続きます。ベースケースに達すると、6つの基本値が追加され、フィボナッチ(XNUMX)。 以下は、再帰のツリー表現です。

再帰ツリー

再帰ツリー

ご覧のとおり、再帰はどれほど強力である可能性があります。 上記のツリーを作成しているのは4行のコードのみです(基本ケースを含む上記のコードの最後の行)。 Recursionはスタックを維持し、ベースケースにドリルダウンします。 動的計画法(DP):再帰は理解とコーディングが簡単ですが、時間とメモリの点でコストがかかる可能性があります。 以下の繰り返しツリーを見てください。 fib(4)で始まる左側のサブツリーとfib(3)で始まる右側のサブツリーはまったく同じです。 それらは500000である同じ結果を生成しますが、同じタスクをXNUMX回実行しています。 nが大きい場合(例:XNUMX)、同じサブタスクを複数回呼び出すため、再帰によってプログラムが非常に遅くなる可能性があります。

ツリーで囲まれた再帰

ツリーで囲まれた再帰

この問題を回避するには、動的計画法を使用できます。 動的計画法では、以前に解決したサブタスクを使用して、同じタイプの将来のタスクを解決できます。 これは、元の問題を解決するためのタスクを減らす方法です。 以前に解決したサブタスクのソリューションを格納する配列fib[]を作成しましょう。 lie [0]=0およびlie[1]=1であることはすでにわかっています。これら2つの値を保存しましょう。 さて、fib [0]の値は何ですか? lie [0]=1およびlie[1]= 2はすでに保存されているので、lie [1] = lie [0] フィボナッチ 計算ツール +lie[3]とだけ言います。 同様に、fib [4] lie [5] lie [XNUMX]……、lie[n]を生成できます。 以前に解決されたサブタスクは、元のタスクが解決されなくなるまで次のサブタスクに対して呼び出され、冗長な計算が削減されます。

通貨強弱判定ツールを利用した通貨ペア選択方法の研究結果と考察

こんにちは!日頃は通貨強弱判定ツール『Currency フィボナッチ 計算ツール Strength Chart - FXの通貨強弱チャート』を利用してfxの基本と呼ばれる『最も強い通貨を買い、最も弱い通貨を売る』という事が本当に優位性のある取引結果になるのか?ということを超“マニアック”に研究・検証しているいるブログ管理人“為替の小鬼”です(マニア過ぎて検索エンジンから訪問する読者様はいません…なんだろ目から汗が…)。 ですが、すべて実弾、判定ツールで得た情報のみでリアルトレードをした内容を報告しています。

上の画像はブログ内で管理人が海外fxハイレバ取引でスタート42ドル~4週間で146.89ドルまでこの記事で紹介している“通貨強弱判定ツールを利用した通貨ペア選択および売買方向”を実戦しトレードした結果です。 あなたはFXの通貨ペアを選ぶ時に何を基準して選んでいるでしょうか? そしてその通貨ペアを選ぶ時点でロング、ショート…どちらで売買するか明確な基準はありますか? そして、あなたが選んだ通貨ペアで売買方向を決めてトレードした結果毎週、毎月安定的に利益を残せているでしょうか? 私は通貨強弱判定ツールによる“最も強い通貨を買い、最も弱い通貨を売る”ことで上の勝率80%以上、損益率7.4を稚blog内でリアルトレードで出しています。 あなたがトレード直前に最も強い通貨がUSD、最も弱い通貨がEURなら…取引通貨ペアはEUR/USDです。強い通貨がUSD、弱い通貨がEURならUSDを買いEURを売るEUR/USDショートポジションを持てば…トレンドに逆わらないトレードをすることになります。 この記事であなたの悩みが解決されるのは以下の3点です。 ①通貨ペア選択に悩まない ②売買方向に悩まない ③トレンドが発生している通貨ペアの選択、その売買方向が分かるようになる。 fxを攻略するにあたり一生使える情報をまとめてみました。 特にスプレットの低い通貨ペアを選んでいるはずなのに…スキャルピングの逆張り手法で勝てない…。 オシレーター系指標(RSI、ストキャスティクス等)をいくら勉強しても勝てない…。 たまに勝つことはできるけど毎週利益を残すことができない…。 それが…どうしてかこの記事を読むだけで分かります。 ※2019年7月26日に記事内容を大幅に情報を追加しました。 ※2019年8月9日に三角通貨強弱判定の見方、解説記事を追加しました。 ※2019年10月21日に三角通貨強弱判断の記事を追加しました。 ※2021年1月17日に2021年版『Currency Strength Chart』のエントリ―フィルターを追加しました。 ※REQU限定特典①…フィボナッチトリースメント1時間足を使用したトレード手法解説記事+αを追加しました。 ※REQU限定特典②…通貨強弱デイトレード手法㊙情報を追記しました。 ★★★ご購読頂いた方の感想です★★★

ブログの通貨ペア選択方法を数記事読んで頂けば分かりますが… 通貨ペア、売買方向決定後… “どうやったら負けない取引ができるか?”管理人が明かさないエントリーフィルター。 そして… “三角通貨強弱判定のチャートの見方と具体的な順位付け方法” を追加しました。 メインコンテンツは下の3つです。 ①3つの通貨ペア強弱判断する際に有効なEMAの使い方と検証結果 ②三角通貨強弱判定のチャートの見方と具体的な順位付け方法 ③管理人がblog内で絶対に明かさない売買フィルター …ここまで 管理人ブログの追加記事の理由や、過去データを元に勝率が極めて高かった考察をまとめた記事です。 文字数は少ないかもしれません。ですが自分が今までブログを更新しながらコツコツ毎日3時間以上分析した考察です。 「トレード直前にその日トレードするか?しないか?」を知れば毎日チャートに張り付かなくて済みますよ。 ブログで公開していますが…勝てている日は(ブログ作成前の45日間含め)フィルターリング条件クリアーをしている日は勝率70%以上でした。 トレードの優位性は“知ってるか?知らないか?”に僕は結論付けられると感じています。 僕が運営しているblogは“無料の通貨強弱判断ツール”通貨ペア選定作業の研究・手法検証ブログです。過去負けトレードデータを検証中、本当に偶然見つけた情報ですが現在ネット検索してもこの情報はありません。 理由はシンプル『Currency Strength Chart - FXの通貨強弱チャート』を使って毎日検証トレードをしているブロガーがいないからです。 なぜかはトレードすれば分かりますが…通貨の強弱で取引通貨ペアを選んだ場合は毎日、時間別(市場別)で強弱関係が変わるのでその都度通貨ペアが変化し過去データから優位性を確認するためのバックテストができないことが一番の要因です。 この情報で最大の優位性を得ることができるのは東京市場です。 blog内の記事を読んで頂ければ分かりますが管理人のトレードは全て東京時間午前中に前日の『Currency Strength Chart - FXの通貨強弱チャート』を使いトレード計画を立案しすべて指値で注文して結果を残しています。 東京時間にトレードしている方はこの記事だけで… ①通貨ペア選択に悩まない ②売買方向に悩まない ③トレンドが発生している通貨ペアの選択、その売買方向が分かるようになる。 つまり…あなたのマーケットの観察する視点が変わりますよ! それでは…続きをご覧ください!

上の画像は2019年8月2日~3日東京時間朝5時55分までの『Currency Strength Chart - フィボナッチ 計算ツール FXの通貨強弱チャート』の画像です。0ラインより上の通貨は強い通貨(1日を通してよく買われていた通貨)、0ライン下より下の通貨は一日を通して売られている通貨(弱い通貨)です。 ネットで公表されている一番強い通貨を買い、一番弱い通貨を売るなら上の画像ではCHFを売り、NZDを売る戦略が正解です。 問題はその情報を私が100日以上検証、小ロットで売買したところ勝てないことが問題だったんです。 fxの基本原則は“最も強い通貨を買い、最も弱い通貨を売る”ことが結果的にトレンドをフォローすることになり最も勝率が高いと紹介されています。 ですが…私は読者様に正直記事内で報告させて貰いましたが、この基本を守った結果一度口座資金を0にしています。 数学的に勝率、損益率を機械的に算出し法則を守っても負けました。 『為替取引の基本は…最強通貨を買い、最弱通貨を売ること。』 これって…本当なのか?僕は疑惑の目を向けながら日々検証していきました…。人間って不思議で一度疑い目を向けると止まらなくなります。 私もそんな一人になってしまったんです…。

通貨強弱判定ツールとして一番有名なのはやはりmt4インジゲーターで人気のある“ccfp”ではないでしょうか? 私はゼロカット(口座資金0による強制ロストカット)を経験し『Currency Strength Chart - FXの通貨強弱チャート』に疑いの気持ちを持ち始め次に検証したのは“ccfp”だったんです…。 この画像は上で表示させた『Currency Strength Chart - FXの通貨強弱チャート』と一緒の時刻です。 ccfpに表示され日足、4時間足、30分、15分をリアルトレードで検証を重ねた私の結論… 『Currency Strength Chart - FXの通貨強弱チャート』と ccfpの最強、最弱通貨の順位が一致する日と時間は少ない。という結論に達しました。 他にもmatafも検証しましたが全く一致しません。 私の研究目的は“最も強い通貨を買い、最も弱い通貨を売る”ことが本当に優位性のある取引結果に繋がるか?戦術を決め勝率、損益率、有効な市場別データーの数字化です。 …ツールによって強い、弱い通貨が変わるなら他のトレーダーは何を基準に強弱判断をしているか? ネットの情報を1ページ目から10ページまでくまなく記事を読みましたが、ほとんどが『Currency Strength Chart - FXの通貨強弱チャート』またはmt4インジゲーターの“ccfp”を使用し強弱判断をしていました。 私は自分で通貨強弱を研究するためにゴゴジャンとランサーズに通貨強弱判定ツールの解析を依頼しました。3万円程度経費を使い専門家に依頼したのですが…解析結果に私は驚くことになったんです…。 調査結果… “潤滑移動平均線”“単純移動平均線”の乖離率を数字化しグラフ化したテクニカル指標です。 以上…。これだけ。 専門家に依頼した通貨強弱判定ツールは上に紹介した2つ…だけではなく有料で売られている判定ツールも4つ含まれていました。 この6つすべてが…移動平均線をベースに算出された要は単なるグラフだったのです…。 解析結果からベースになっている期間が違うので、すべてツールによって順位が変わるということが分かりました。 地方住まいの職工の僕には3万円は大金です。 こんな“おもちゃ”に解析データのためにお金を使ってしまった事を僕は…情けない気持ちになってしまいました…。 なら…どうするべきか? 答えは単純でした。 負けデータから、この“おもちゃ”の…クソ通貨強弱判定ルールを勝てるインジゲーターにさせる工夫をすることでした。 結論を言えば… “こんな単純なフィルターを使うと勝てるようになるなんて…” 自分が時間とお金をかけて検証した結果最も効果的なフィルターを理解したとたん…苦笑いしかできませんでした。 フィボナッチ 計算ツール ですが資産曲線はこのフィルターの効果を表しています。

この記事の内容を理解すれば、『Currency Strength Chart - FXの通貨強弱チャート』またはmt4インジゲーターの“ccfp”両方どちらを使用しても同じ取引通貨ペア及び売買方向になります。 僕の知る限り、この情報はネットに存在しません。 多分面倒でみんなやりません。なぜなら強弱バランスをテーマにすると毎日通貨ペアが変化するので、バックテストができないからです。つまり過去データーから検証が凄く面倒なんです。 僕はこの“たった一つのこと”に気付いてふざけてるようなレバレッジを使用し海外fx口座を4週間で249.7%増加させる優位性を手にれることができました。 ※下画像は2019年8月19日~24日の1週間取引結果です。 ※現在週末に400ドル以外は出金し、月曜日には400ドルからスタートする資金管理をしています。

Fibonacci Series using CPP / C++

フィボナッチ

Programming Language: C++/CPP
DIFFICULTY:EASY

週足にフィボナッチを当てると今が分かる【ドル円・ユロ円・ユロドル・キウイ円】

0 2021年3月8日(月) Twitterで毎日「4通貨ペアの相場環境認識とエントリーポイント」等をUPしています。その判断行程を動画でお見せしたいと思います。 (ドル円・ユロ円・ユロドル・キウイ円) 445FX フィボナッチ 計算ツール Channelの4.

小学生にも伝わるようにフィボナッチ数列の一般項の求め方を解説してみた!#05 (中学生の予習part1)

0 「小学生にも伝わるようにフィボナッチ数列の一般項を説明したい」のパート5です。 今回からはフィボナッチ数列の一般項を求めるために必要な中学生の予習を行います。 <色々な動画やホームページのまとめのサイトはこちらから> <パート1>.

【第七章・2話】ついに、フィボナッチ登場〜タカタ先生のお笑い数学全史〜produced by Liberal Arts Lab ×日本お笑い数学協会

0 「タカタ先生のお笑い数学全史・第七章」 1月から始まった「数学全史」シリーズ!! タカタ先生による数学歴史絵巻となります。 数学が好きな方には新鮮な物語を、 数学が苦手な方には入口となるきっかけを、 タカタ節で体感していただきます! .

【バイナリーオプション】#295 勝つためのフィボナッチリトレースメントの正しい使い方

0 ※この動画での収益は、全て慈善団体へ寄付されます。 ■注意事項 この動画は教育を目的として作成したものです。 為替相場を過去のチャートから分析したものを個人の見解にもとづいて解説したものであり、未来の利益を保証するものではありません.

【大学数学】フィボナッチ数列から得られる数列が収束することを示す

問: a_0 = 1, a_1 = 1, a_(n+1) = a_n + a_(n-1) (n=1,2. ) このときlim(a_(n+1)/a_n) (フィボナッチ 計算ツール n→∞) が存在することを証明し、値を求めよ コーシー列の話を用いて証.

【トレード力を磨く】エリオット波動と黄金比フィボナッチ講座 ~フォレックステスター検証~

エリオット波動の起点の探し方とどこまで伸びるかについてフィボナッチを用いて解説しています。チャートの右側が見えていない状態で、検証することでトレード力は磨かれていきます。 FX初心者の方 ➡️トレード基.

【Trading View・MT4,5】N・V・NT・E計算値をチャート上に簡単に表示する方法

【Trading View・MT4,5】N・V・NT・E計算値をチャート上に簡単に表示する方法

コラム

使うツールはフィボナッチ・エクステンション

使うツールはフィボナッチ・エクスパンション

使うツールはフィボナッチ・エクスパンション

※メタトレーダーを使っている方

フィボナッチ・エクスパンション(mt4)

フィボ・エクステンションでN波動の計算値を求める方法

FXにおけるエリオット波動の使い方と狙うべきポイント

N計算値の表示

N計算値

N計算値の表示

NT計算値の表示

NT計算値の表示

NT計算値

E計算値の表示

E計算値

E計算値

V計算値の表示

V計算値

V計算値の表示

N波の計算値をチャート上に簡単に表示する方法まとめ

【Trading View・MT4,5】N・V・NT・E計算値をチャート上に簡単に表示する方法

関連する記事

FXで起こる瞬間的急落!フラッシュクラッシュの原因と対策方法

FXで勝つために取引記録をつける必要があるのか?について答えを出そうと思う。

前年プラスから一転マイナスとなった2021年のトレードを振り返る

プロフィール

◆現在◆
Webメディアの運営・企画の会社やってます。
SEO得意です。
仕事ください。

◆経歴◆
国内大手証券会社を2年半で辞める。

FX専業

一生コレで食ってくのツラい。

友達とSEO物販サイトの運営を始める。

サイト運営だけで月1,000万円達成してヒャッハー!

FXやらなくなる。

Googleに飛ばされてアクセス激減。

「やっぱりFXだ!」

全然勝てなくて絶望← ≪今ココ≫

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる