国内バイナリーオプション

バイナリー オプション ルール

バイナリー オプション ルール

上の図を見てください。 これは7:00の時点で1ドル約102.34円、9:00の時点で1ドル約102.24円だったというレートを表した図です(チャートと呼ばれています)

バイナリーオプションでルールが必要な理由とは

業者によって金額は異なりますが、バイナリーオプションでは1,000円、5,000円、10,000円、50,000円など、取引金額を自由に選べます。
例えば今日は負けそうだから1,000円、勝てそうだから10,000円となんの根拠もなしにしていると、あっという間に資金は底をつきます。
取引金額のルールを定める際は、毎取引1,000円などで固定するか、現在の口座残高から取引金額を割り出すといいでしょう。

資金管理がしやすいように:固定1,000円取引
勝率重視でコツコツ稼ぐなら:口座残高の5%
勝率に自信が出てきたら:口座残高の10%

最初のエントリー額を5%にして、慣れてくると左側の金額の範囲内を設定してエントリーする様にします。
資金が増えたら、その該当の金額の範囲内でエントリーする様にします。
逆に資金が減ってしまった場合は、その該当する金額に変更します。

(2) 取引回数のルール

取引回数のルールを決めておかないと、連敗した時に熱くなって、無茶なエントリーをしてしまいます。
連勝時、連敗時の取引終了回数、
1日の取引上限回数を定めておくべきです。
口座残高と相談して、無理のない取引回数を心がけてください。
基本的にエントリー回数は絞るべきです。
取引回数が多いほど、連敗の危険性も高まりますし、メンタル管理がしにくくなります。
【取引回数のルール一例】
1日3連敗したら取引終了
1日4連勝したら取引終了
1日の総取引回数は6回まで

(3) バイナリー オプション ルール エントリーのルール

経済指標発表前後は相場が大きく荒れます。
バイナリーオプションは騙しが天敵なので、相場が荒れている時よりも安定していた時の方が勝ちやすいです。エントリーのルールも必ず定めておくべきでしょう。
通貨ペアは毎回変えるのか、それとも同じにするのか?
トレンド相場で扱う手法なのか、レンジ相場で扱う手法なのか、細かく定めるほどきちんとしたルールになります。勝率をキープするために必要なことなので、決めておくといいでしょう。

無料メルマガ登録でオリジナルインジケーターをプレゼントします。

【2022年版】バイナリーオプションで稼ぐための初心者マニュアル

上昇へのエントリー(ハイエントリー)を想定した海外バイナリー取引(ハイロー方式)の仕組み

バイナリーオプションの取引の流れ

取引例

バイナリーオプションの取引時間

バイナリーオプション取引では、エントリーから判定まで最短30秒ものから24時間かかる取引まで幅広い取引時間の種類が提供されています。バイナリーはあらかじめ業者に用意されている取引の中から選択して、エントリーすることになるため、FXとは異なり、例えば「23分25秒後に判定を設定したい」といったように判定時間を自分で調節することはできません。そのため、予めバイナリー業者が「何分取引」を提供しているかを確認する必要があります。

サイキックス

ハイローオーストラリアの取り扱い取引を貼り付けておきます。

ターボ取引(判定時間が変動)
30秒取引、1分取引、3分取引、5分取引

ハイロー取引(判定時間が固定)
5分未満取引、5分以上10分未満取引、10分以上15分未満取引、1時間未満取引、1日未満取引

国内バイナリー業者と海外バイナリー業者の違い

上昇方向かつ、判定レートBでのエントリーを想定した国内バイナリー取引(ラダー方式)の仕組み

その理由は「取引方式の違い」です。国内バイナリー業者がラダー取引という方式を採用しているのに対し、海外バイナリー業者はハイロー取引という方式を採用しています。損益に直結する勝敗の決まり方がラダー方式(国内バイナリー)では、「将来の価格が上がるか下がるか」と「どの程度動くか」まで当てなければならないのに対し、ハイロー方式(海外バイナリー)では「将来の価格が上がるか下がるか」のみを予測すれば利益を得ることができます

国内バイナリー業者の方が日本語対応、信託保全、金融庁、日本の法律によって保護されているという意味で優れている点がいくつかある点があるのも事実です。それでも国内バイナリー業者よりも海外バイナリー業者の方が、取引方式が圧倒的に「ハイロー方式」が有利なことからバイナリー初心者には海外バイナリー業者が強くおすすめできると考えています。

比較対象国内バイナリー海外バイナリー
取引時間1時間〜3時間程度がメイン30秒〜1日まで幅広い
エントリー価格事前に決められている候補の中から選ぶエントリーした時点の価格
勝敗の決まり方事前に選んだ価格よりも判定価格が上回っているかエントリー価格よりも判定価格が上回っているか
利益額と損失額の決まり方
(ペイアウト率)
エントリー価格によって変動取引の種類によって固定

バイナリーオプションとFXの違いを理解する

バイナリーオプションとFXの比較

比較対象バイナリーFX
取引時間30秒〜1日秒スキャ(数秒)〜長期投資(数年)まで自分で選ぶことが可能
取引タイミングエントリーを決めるエントリーと判定を決める
エントリー額1回あたり最低1000円から最大20万円、最大同時保有可能ポジションが500万円数百円〜数億円
レバレッジなし国内だと最大25倍まで(個人)
利益と損失の決まり方エントリー額によって固定決済タイミングに応じて変動

利益のあげ方が違う

FXでは「利益=エントリー額(取引数量)×エントリーから決済までに獲得した利幅(pips)」なのに対し、バイナリーオプションでは「利益=エントリー額×ペイアウト率(払い出し率)」となります。
FXでは、利幅によって変動しますが、バイナリーオプションではペイアウト率は固定のため、予め利益が固定されており、判定時間までにわずか0.1pipでも自分の予想した方向に動けば利益獲得となります。一方で、FXの場合には、自分でポジションの保有期間を決め、エントリー時点から動いたpipsの大きさによって利益額が決まることからトレードごとに利益が変動します。利益の上げ方がFXとバイナリーでは異なるため、トレードで取るべき戦略も異なります。

バイナリーでは次の足がどっちに動くのか「ローソク足1本単位」をピンポイントで捉える必要があり、FXでは大きい利幅を獲得するための「トレンドの波」を捉える必要があります。

バイナリーにはレバレッジが存在しない

バイナリーオプションにはレバレッジが存在しません。バイナリー口座に入れた額の範囲内のみに取引することができます。資金に入れた額以上の取引はできないというのは、一見デメリットに感じますが、同時に「自分が背負える以上のリスクは背負えない」という面でメリットでもあります。

「FXでハイレバレッジで取引を行っていたが、突如相場が急変動し、想定以上に損失を出してしまった」という人は、山ほど存在しますが、バイナリーオプションではエントリーした額(ベット額)以上の損失は絶対に発生しないため、そういった想定外の損失リスクが発生しません。1万円エントリーしたら最大でも1万円しか損しないのです。

手数料の仕組みが違う

ペイアウト率とは…バイナリーオプションで投資した金額が払い戻しされる割合を表す数値のこと(投資して勝った場合に投資した額に対して何倍になって戻ってくるかの指標。)

バイナリーオプションがおすすめの人

  • 資金が500万円以下の人
  • 1日にチャートを見れる時間が3時間以下の人
  • 瞬発的なトレードを好む人

FXがおすすめの人

  • 資金が500万円以上の人
  • 1日にチャートを見れる時間が3時間以上の人
  • シナリオを作って中長期的なトレードをするのを好む人

バイナリーとFXの違い まとめ

  • FXは「エントリーと決済」を自分で行うのに対し、バイナリーはエントリーした時点で判定時間が決まっているため、判定時間時に自動で取引終了する
  • FXは「エントリー〜決済までの差益」が利益/損失になるためエントリーごとに収益が変動するに対し、バイナリーはエントリーした時点で利益額/損失額が決まっている
  • FXはレバレッジが存在し、自分の資金以上の額を賭けることができるが、バイナリーの場合は、自分の資金以上の取引はできない

バイナリーオプションのリスクを理解し、減らす

勝率が高くないと損失を出してしまう

バイナリーオプションでは「ペイアウト率」というバイナリー業者側で設けられている手数料が存在します。

バイナリーオプションは「0.1pipsでも予想した方向へ動けば、利益が得れる」という取引の仕組み上、勝率の高さが利益に直結します。同時に勝率が低ければ損失を出してしまうことでもあります。このバイナリーオプションで損益がちょうどトントンになる勝率を損益分岐点と呼びます。

損益分岐点とは…バイナリーオプションにおいて収支がプラスマイナス0になる勝率のこと

サイキックス

エントリーを行う際には、必ずご自身の取引の種類ごとに損益分岐点と、手法が損益分岐点が上回っているかを確認しましょう。

バイナリー オプション ルール
取引の種類取引時間ペイアウト率損益分岐勝率
HighLow取引15分1.85倍54.1%
1時間1.90倍52.6%
1日1.90倍51.3%
HighLowスプレッド取引15分2.00倍50.0%
1時間2.00倍50.0%
1日2.00倍50.0%
Turbo取引30秒1.95倍51.3%
1分1.90倍52.6%
3分1.90倍52.6%
5分1.85倍54.バイナリー オプション ルール 1%
Turboスプレッド取引30秒2.30倍43.5%
1分2.20倍45.5%
3分2.05倍48.8%
5分2.00倍50.0%
2021年11月現在のバイナリー業者「HighLow.com」のスプレッド(※スプレッドは業者によって予告なく変更される場合があります)

つい「ペイアウト率高い=儲けやすい」と考えて、ペイアウト率が高いバイナリー業者やオプション取引を選びたくなってしまうかと思います。ですが、実際はペイアウト率が低ければ低いほど勝ちやすい傾向にあります。ペイアウト率が高いのには、それだけその取引が勝ちづらく設計されているからであり、ペイアウト率のみを重視して取引選択をするのは早まった考えだと言えます。

バイナリーオプションの攻略・戦略や業者比較など

バイナリーオプション業者ランキング バイナリーオプション業者ランキング

toha


上の図を見てください。 これは7:00の時点で1ドル約102.34円、9:00の時点で1ドル約102.24円だったというレートを表した図です(チャートと呼ばれています)

FXは、簡単に言うと上の図でいうと9:10くらいに102.2円でドルを買い、9:50くらいに102.3円に上がった所で売る事によって、利益を得るという物です。 この説明だけだと0.1円の利益ですが沢山購入・もっと大幅に上昇した時に売り切る事で利益は膨らみます。 逆に予想に反して下がってしまった場合は売った時時点で、差額の分だけ損失となります。

toha2

さて、バイナリーオプションとは?

※見づらかったらクリックで拡大

バイナリーオプションも為替相場のレートを元に取引するのは同じですが、倍率が決められていて(大体1.7倍くらい)、指定された時間に「高いか?」「低いか?」を当てるというシンプルな物です。 1000円使って当たれば1700円に、外れれば0円になります。

ルールはサイトによって微妙に異なりますが、例えば上の図のBOBOXの場合、
13:00時のレートよりも、13:10のレートは「高い?」「低い?」
という物です。徐々に下がってきているから「低い」と予測したり、そろそろ上がってくるかも?と予測して買います。 ちなみに500円から購入できます。

イメージをまとめると、
・徐々に下がってるなー
・次の開催は2分後の13:00~13:10だ
・よし、「低い」に1000円賭けよう
・当たったー1700円になった。

バイナリーオプション攻略法と必勝法

バイナリーオプションの必勝法は「これ」といったものが確立されていません。(そりゃそうですよね) でも7割以上勝っているという人は実際にいて「これだ」と信じている各々の方法という事になりますね。 私なりの必勝法も随時作り上げていきたいと思っています。

等を目安にしてレートを常に気にしながらチャンスを待つ。 といった所でしょうか。 ボリンジャーバンド!?ブレイクアウト!? なんのこっちゃで今はOKです。 勉強してブログ記事で説明してみたので見てくださいね♪

バイナリー オプション バイナリー オプション ルール ルール

バイナリーオプションとは、二者択一でマーケットの動きを予想する投資

バイナリーオプションとは、為替レートなどのマーケットが、 将来の決まった時間にどうなっているかを二択で予想する 、初心者にも始めやすい投資です。

  • 1. 上がっているか or 下がっているか
  • 2. 設定されたレートに到達したか or していないか
  • 3. 目標レート内に収まっているか or 収まっていないか
  • 「バイナリ―」→「0か1」
  • 「オプション」→「権利」

ルールが明快だから初心者でも始めやすい

①ハイアンドロー

ハイアンドローとは、 将来の決まった時間に、スタート時のレートよりも「上がっているor下がっているか」の二択で判定する ルールです。

ちなみに、 ハイアンドローは海外のみです。日本国内では上がるか下がるかでは、ギャンブル性が高く金融庁から規制が入り、無くなりました

ラダーとは、 将来の決まった時間に、スタート時のレートよりも「〇円以上になっているかorなっていないか」の二択で判定する ルールです。

③ワンタッチ

ワンタッチとは、 将来の決まった時間までに、目標レートに「達しているかorしていないか」の二択で判断する ルールです。

ハイアンドローやラダーは、決まった時間にどうなっているのかを判定するルールですが、 ワンタッチは決められた時間までに目標レートに達しているかどうか を判定します。

レンジとは、 将来の決まった時間に、円安・円高のそれぞれの目標レート内に「収まっているかorいないか」の二択で判定する ルールです。

決まった時間までに目標レート内を超えてしまっても、決まった時間に収まっていれば良いです 。ですので、ワンタッチのように途中で判定することがなく、ハイアンドローやラダーと同じように、決まった時間に収まっていれば良いので、途中で目標レート内を超えてしまっても大丈夫です。

ただし、 バイナリー オプション ルール レンジは専門知識が必要なため、初心者向けのルールではありません 。最初にご紹介したハイアンドローがシンプルなルールなのでおすすめです。

バイナリーオプションを始める流れ

  • ①取引するバイナリーオプション業者を決める
  • ②WEBサイトで口座を開設して必要書類を提出する
  • ③口座に入金する

①取引するバイナリーオプション業者を決める

まずは取引する業者を決めるのですが、1番おすすめは「 ハイローオーストラリア 」です。

  • ①オーストラリア証券投資委員会(ASIC)のライセンスを保有している
  • ②顧客の資産がナショナル・オーストラリア銀行で管理されている
  • ③倒産したとしても、ロイズ保険組合が資産保護してくれる

つまり、 ちゃんと許可を得ていて、大手の銀行でお金を管理していて、顧客の資産もしっかり保護している ということです。

バイナリー オプション ルール

無料の最強テクニカル分析ツール

高性能なテクニカル分析ツール「プラチナチャート+」
最新AI搭載で未来を予測「ぱっと見テクニカル」
トレンドの強弱がわかる「お天気シグナル」

私も実際に3社を使っていますが、特に予測ツールは孤独な戦いであるトレード中、何度も自分の背中を押してくれる頼もしい存在です。

FXのプロも愛用! 高性能テクニカル分析ツール「プラチナチャート+」

高機能テクニカル分析ツール プラチナチャート+

GMOクリック証券 の「プラチナチャート+」は移動平均線・ボリンジャーバンド、RSI、MACD、一目均衡表など38種類のテクニカル指標で分析ができる、高機能ツール!

毎日100本以上配信される為替情報(DOW JONES、NSJ日本証券新聞、Market win 24)も見ることができます。

画面を複数起動できるうえに、 1画面に最大16分割でチャートを表示できる ので、複数通貨の値動きを同時にチェックできます。

プラチナチャート+は画面を16分割できる

初心者に特におすすめなのが 「高値と安値」を自動で表示 してくれる機能!

プラチナチャート+は自動で高値と安値を表示してくれる。

移動平均線の設定

単純移動平均線(SMA)」を選び、バイナリーオプションの場合は期間を5、10、15、30を設定しましょう。

プラチナチャート+の描画ツール説明

描画ツールは上部のアイコンからワンクリックで使用可能です。

画面の状態にするまで1分もかからない使いやすさに加え、高性能な機能を備えているのは他にはないメリットですね。

最新AI搭載で未来を予測「ぱっと見テクニカル」

「ぱっと見テクニカル」は、 未来の値動きを予測するツール です。

特に「ぱっと見テクニカル」は、満期に近い低倍率でトレードしたい人におすすめなツールです。

実際に私が検証した結果、満期に近い時間帯の取引で勝率が高くなりました。

使い方はシンプルで 自分の分析結果と同じか確認するだけ です。

検証時のエントリー条件

  • モデル予測は第三近似まで表示し、2つの予測方向のチケットを購入
  • 購入時間帯は限定せず
  • 通貨ペアは取引量が多い米ドル/ユーロ/ポンド/円のみ
  • 全て10lot(10チケット)購入

結果は11勝7敗で 勝率63.6% でした。下記が実際の取引結果です。

ぱっと見テクニカル検証結果

合計損益は 19,510円のプラス となりました。

シンプルに予測方向に従うだけなのにこの結果ですが、さらに驚くべきことに過去チャートと現行チャートの一致率が90%以上の時の 勝率は87% バイナリー オプション ルール でした。

実際に取引をしてみて、「ぱっと見テクニカル」は上がるか下がるかを予測する バイナリーオプションと相性が良い と思いました。

【「ぱっと見テクニカル」の検証まとめ】
・チャートが変わると参照する過去チャートも変わるため、なるべく満期に近い時間帯で使うべき
・一致率90%以上の 勝率は87% と高い的中率だった
・値動きの方向を予測するバイナリーオプションと相性がいいため 初心者におすすめ

トレンドの強弱がわかる「お天気シグナル」

お天気シグナルイメージ

外為どっとコム が提供している「お天気シグナル」は、 バイナリーオプションでよく使われる指標を自動で分析し、売買のシグナル強弱を表示してくれるツール です。

例えば、移動平均線のゴールデンクロスが発生したら「買い」のシグナルを表示してくれます。表示してくれるシグナルは全部で7種類です。

検証時のエントリー条件

  • お天気シグナル7種類の内4つ以上の同種シグナル確認時にエントリー
  • 購入時間帯は限定せず
  • 通貨ペアは取引量が多い米ドル/ユーロ/ポンド/円のみ
  • 全て10lot(10チケット)購入

検証結果は7勝5敗の 勝率58% という結果でした。

ぱっと見テクニカルほどの成果はありませんでしたが、それでも勝率5割越えです。

そもそも予測ツールは自身の分析を後押しする役割がメインですので、その役割は十分果たしてくれるツールと言えます。

【「お天気シグナル」の検証まとめ】
・全ての指標が同じシグナルでもハズれることもある
満期30分前くらいのシグナルは勝率が高かった
・基本的なテクニカル指標の売買シグナルを知りたい人におすすめ

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる