外為ニュース

FXの相対取引とは

FXの相対取引とは
まず、なぜ今、円安の状況になっているのか、説明して行きますね。
円安の主な要因としまして、日本とアメリカのインフレ率の違いや金融政策の違いがあると言われています。
アメリカのインフレ目標が2%であるのに対して、2022年2月で既に7.9%となっています。
3月での穀物・エネルギー価格の上昇を考えると4月に公表される消費者物価指数は、さらなるインフレ率になると予想されます。また、アメリカの失業率が3.8%と、雇用が健全化しつつあり、経済成長も確認できることから、FRBは金融引き締め策に動いています。市場に出回る資金供給量を減少させることで、ドルの相対的な価値は上がることになります。

株価診断結果「割高」に反対

【総論】
この銘柄は、AI株価診断において過去比較で割高と判断され、また相対比較で割安と判断されます。しかし、過去比較の方が連動性が高いことから、現在の株価は「割高」と結論付けました。
但し、この銘柄の株価が「297円」を割ると割安圏内に入ります。加えて、この銘柄は割高と判断されるも、PBRが一倍割れなことから将来のキャッシュフローが悪化する見通しの場合を除き、長期的には株価が下支えされる可能性があります。
このように、この銘柄は現在の株価水準において割高と判断されますが、この結果は必ずしも今後の株価の下落を示唆するものではありません。
投資判断においては、売上関連事項を中心に、企業や外部環境の動向に注視してください。

【相対比較】
一方、この銘柄のPSRは日本株全体銘柄の平均値と連動性が高い傾向にあります。つまり、この銘柄の投資判断では日本株全体を対象に売上動向が比較されている可能性があります。また、この銘柄は相対比較において割引評価される傾向にある為、それを考慮します。
結果、現在、この銘柄の株価は相対比較の観点で割安と判断されます。

東京電力ホールディングス あなたの予想は?

初心者おすすめ記事

ネット証券を徹底比較

株初心者入門

ロボアドの選び方

ポイント投資とは?

少額投資ではじめる株式投資

証券会社の選び方とは?

投資コラム・特集
最新24時間の予想傾向 (%)
今日の市況
ヤフーファイナンスお勧め
関連サイト

東京電力ホールディングス(9501)の買い予想。 sankichikun2 さんの株価予想。 目標株価: 857円 期間: 中期(数週間~数ヶ月) 理由: 業績(会社計画の修正発表を含む) 株価診断結果「割高」に反対

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

ユーロドルは1.05ドルちょうど付近まで下落 ラガルド総裁は慎重=NY為替

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 FXの相対取引とは 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「 証券取引等監視委員会への情報提供 」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

株をやっているが、FXまだこれから、と言う方もいるのではないでしょうか?
株をされている方の中には、レバレッジを掛けた利益を出すことに興味もある方がいるのではないでしょうか。レバレッジを掛けるとリスクは高まりますが、一方で利益は何倍にもなって得られるメリットもあります。
今回は、代表的なレバレッジの金融商品である、FXCFD、および先物取引について見ていきながら、株取引も紹介しながら、それぞれの金融商品について解説していきます。
また、アメリカの政策金利や円安が進んでいる現状を踏まえ、円安が起きているのか、
相場がどう変わっていくか、について話していきたいと思います。

1.FXとは

2.CFDとは

CFDはContract for difference の略で、「 差金決済取引 」を指します。差金決済取引とは、その名前の通り、 「差額だけをやり取りする」取引 で、先ほど説明した FXも差金決済取引です。

差金決済では、担保として「証拠金」を預けることにより、取引金額の全額用意することなく取引ができ、
これを「証拠金取引」と呼びます。つまり、FXと同様にレバレッジを効かせ、利益を得ることができます。

3.先物取引とは

4.レバレッジとは

5. FX、CFD、先物取引のレバレッジ比較

FXの相対取引とは FXの相対取引とは
項目 FX CFD 先物取引
取引商品 為替
(20〜50通貨ペア)
指数、商品、株式など 株価指数が多い
取引時間 平日6〜24時間
※日本の祝日の場合、取引可能
平日午前8時30分から翌朝午前6時
(サマータイムは
午前5時)
8時45分~15時15分
16時30分~翌5時30分
レバレッジ 25倍株価指数CFD:10倍
商品CFD:20倍
株式CFD:5倍
バラエティCFD:5倍
20〜30倍程度

6.米国の政策金利と各国の景気について

各国のPMI(Purchasing Manager’s Index:購買担当者景気指数)が発表されましたね。
結果の数値が50を上回れば景気拡大、50以下だと景気後退と言われていますが、
ヨーロッパ圏総合PMIでは、予想では下がると思われていましたが、実際は上がりました。

7.現在の金融状況 -インフレはいつまで続く?-

24日の時点では、日米の金利差拡大懸念が引き続き、
ドルを支える材料となっています。
FRBの意見も見つつ、ドルは円に対して買われる傾向にあると言われています。

8.現在の金融状況 -なぜ円安になっているのか-

現在、ドル円が120円を突破して、さらに上がってきています。6年ぶりの円安水準ですね。
ドル円が120円の値段に来たのはアベノミクスの時です。アベノミクスとは安倍氏が総理大臣になって発動した経済政策で、それまで80円台だったドル円が120円を越えて約40円ほど上がった時期です。
ちなみに、この時の相場は凄く簡単だったので、FXトレーダーで多くの方が
利益を出したと野口先生はおっしゃっています。

まず、なぜ今、円安の状況になっているのか、説明して行きますね。
円安の主な要因としまして、日本とアメリカのインフレ率の違いや金融政策の違いがあると言われています。
アメリカのインフレ目標が2%であるのに対して、2022年2月で既に7.9%となっています。
3月での穀物・エネルギー価格の上昇を考えると4月に公表される消費者物価指数は、さらなるインフレ率になると予想されます。また、アメリカの失業率が3.8%と、雇用が健全化しつつあり、経済成長も確認できることから、FRBは金融引き締め策に動いています。市場に出回る資金供給量を減少させることで、ドルの相対的な価値は上がることになります。

9.円安はいつまで続く?

ではこれから、円安が続くのかと言えば、そこが問題になります。
円安を是正するには2つの要素があります。
1つは米国が金利を戻すことです。
アメリカでは金利は上げると言っているので、
米国が金利をゼロに戻る要素は少ないと考えられます。

もう1つは日本も金利を上げることです。
これは今のゼロ金利の状態で、できるのでしょうか?
実はこの答えは簡単で、金利は私は上げられないと思います。

何故なら、日本は国債を1000兆円も発行しているからです。
ゼロ金利だからこそ国債の利息を払えるのであって、
仮に1%の利上げをしたら10兆円も払わないといけないのです。
そして10兆円ってどの位かと言うと、
日本の税収入が50兆円ですから国家収入の20%にもなります。

10.1年前から円安は始まっていた!?

今、円安が騒がれていますが、
実は、ドル円の円安は1年前から始まっています。
このことは野口先生がよく授業で言っていました。
まさか現実になるとは思っていなかった方も多いと思いますが、
野口先生はその根拠を提示していましたし、
エントリー場所も提示していました。

ドル円以外の通貨ペアについてですが
ユーロ円、ポンド円、豪ドル円ともに円安が進んでいます。
特にポンド円ですが、こちらは急騰する可能性があります。
この記事を書いている途中に、ポンド円が上がってしまいました。投稿が遅れて申し訳ありません。。。

今後は気になる点は、どこまで円安が続くかです。
そして一旦、止まったときに、この流れが継続するかどうかです。

ユーロドルは1.05ドルちょうど付近まで下落 ラガルド総裁は慎重=NY為替

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「 FXの相対取引とは 証券取引等監視委員会への情報提供 」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

米ドル円(USD/JPY)は今後どうなる?見通しや変動要因をわかりやすく解説!

米ドル円(USD/JPY)は今後どうなる?見通しや変動要因をわかりやすく解説!

DMM FXキャンペーン情報

fa-volume-up 今だけ!お得なキャンペーン情報

  • 新規口座開設+取引で最大200,000円キャッシュバック ※1
  • NZD/JPY、CAD/JPYスプレッド縮小キャンペーン ※2

※1 修了期間未定/2021年2月1日以降に口座開設が完了した方 3か月以内に指定の新規取引数量を満たした方に最大で『200,000円』をキャッシュバック!

※2 縮小期間:2022年6月1日(水)FXの相対取引とは 6時00分 ~ 2022年12月1日(木)FXの相対取引とは 6時59分

GMOクリック証券

GMOクリック証券 FX

  • 新規FX口座開設+新規取引で 最大300,000円のキャッシュバック
  • FX取引高世界1位 ※ で国内では9年連続1位の取引量
    ※ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2021年12月
  • 最低取引単位 10,000通貨 から取引可能
  • 各種手数料が無料

GMOクリック証券は FX取引高世界1位 ※ で国内では9年連続1位(2012年~2020年)の取引量 を誇る、業界最安水準の手数料体系を実現したFX口座サービスです。
※ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2021年12月

その他にも業界最狭水準のスプレッド幅 ※ や各種取引手数料が0円など、 快適なトレード環境を提供してくれている至れり尽くせりなFX会社 がGMOクリック証券です。

GMOクリック証券の基本情報

FXの相対取引とは FXの相対取引とは
最低取引単位10,000通貨
取引手数料 無料
取扱通貨ペア数 20通貨ペア
スプレッド
※原則固定、例外あり
米ドル/円(0.2銭)
レバレッジ 最大25倍
最低入金額 下限なし

GMOクリック証券 キャンペーン情報

  • はじめてのFX口座開設+お取引で最大30万円キャッシュバック! ※1

LINE FX

  • 口座開設+1取引だけで最大5,000円プレゼント
  • 最低取引単位1,000通貨 から取引可能
  • 新規口座開設数が業界トップ ※
  • 各手数料が無料

LINE FXは、スマートフォンのチャットアプリである LINE株式会社が提供するFX口座サービスです。

LINEと聞くと連絡手段の一つのイメージがありますが、 LINEは積極的に様々な金融関連のサービスを提供 FXの相対取引とは しており、お金と人との距離を近づけています。

そのため、2020年の3月にLINE FXがプレスリリースされ、9月までの6ヶ月の期間で 新規口座開設数が業界トップ ※ FXの相対取引とは に 君臨し鳴り物入りでFX業界にきました ※ 。

LINE FXの基本情報

最低取引単位 1,000通貨
取引手数料 無料
取扱通貨ペア数 23通貨ペア
スプレッド
※原則固定、例外あり
米ドル/円(0.2銭)
レバレッジ 最大25倍
最低入金額 制限なし

LINE FXのキャンペーン情報

外為どっとコム

外為どっとコム

  • 新規口座開設+取引量に応じて FXの相対取引とは 最大30万円キャッシュバック
  • 最低取引単位1,000通貨 から取引可能
  • 取り扱い通貨ペアが 30種類 と豊富
  • 各種手数料が無料

外為どっとコムは 口座開設数が55万件を突破 しており、DMM FX・GMOクリック証券・外為オンラインなどの大手企業に次いで第4位となっています。

外為どっとコムではサポート体制も充実しており、WEB問い合わせは 365日24時間利用可能 FXの相対取引とは です。何かわからないことがあった場合や緊急時にすぐにサポートを受けられるのは大きなメリットでしょう。

外為どっとコムの基本情報

最低取引単位 1,000通貨〜
取引手数料 無料
取扱通貨ペア数 30通貨ペア
スプレッド※原則固定、例外あり 米ドル/円(非公開)
レバレッジ 最大25倍
最低入金額 制限なし

外為どっとコムキャンペーン情報

  • 新規口座開設+1万通貨の取引を1回で2,000円キャッシュバック!さらに取引量に応じて最大30万円キャッシュバックキャンペーン実施中! ※1
  • 新スマホアプリ限定!「外貨ネクストネオGFX」での取引数量に応じて最大100万円キャッシュバック! ※2
  • スワップポイント30%増額キャンペーン! ※3

※2 対象期間:2022年7月4日(月)午前7時00分~2022年7月30日(土)午前5時55分 米ドル/円を含む人気の7通貨ペアが対象。新スマホアプリ『外貨ネクストネオ「GFX」』以外での、旧スマホアプリを含む他取引ツールからの取引は本キャンペーンの対象外。

※3 対象期間:2022年7月4日(月)午前7時00分~2022年7月30日(土)午前5時55分 対象期間中に新規建てされた「南アフリカランド/円」(ZAR/JPY)、「トルコリラ/円」(TRY/JPY)、「メキシコペソ/円」(MXN/JPY)の買ポジションに対し、同期間中の各営業日(月~金)のクローズ(取引終了時刻)をまたぐ度にその時点での数量、および当日のスワップポイント付与日数に応じて一定金額のスワップポイントを上乗せ。

外貨ex byGMO

外貨ex byGMO

  • 新規口座開設+取引で 最大15万円キャッシュバック
  • 口座開設申し込みは最短5分で完了
  • FXを学べるコンテンツ が豊富
  • 各種手数料が無料

外貨ex byGMOは「 GMOインターネットグループ」によって運営されているFXサービスです。24種類の通貨ペアを各種手数料無料で取引できるため、初心者にも使いやすいでしょう。

外貨ex byGMOではFXに関するコンテンツ 「 外貨exアカデミー」 を配信しています。ここでしか読めないFXレポートや著名トレーダーのコラムなど内容は豊富です。

また マルチデバイス対応の取引ツール「 外貨ex」 が無料で利用することができます。手軽にFX取引をしたいという方は要チェックです。

外貨ex byGMOの基本情報

FXの相対取引とは FXの相対取引とは
最低取引単位 1,000通貨〜
取引手数料 無料
取扱通貨ペア数 24通貨ペア
スプレッド※原則固定、例外あり 米ドル/円(0.2銭)
レバレッジ 最大25倍
最低入金額 制限なし

外貨ex byGMO キャンペーン

  • 【新規口座開設プログラム】新規口座開設&お取引で最大300,000円キャッシュバック! ※1
  • 取引に応じで毎月現金キャッシュバックキャンペーン中!FXの取引をするたび毎月最大100万円が取引額に応じて返ってくる! ※2

※1 口座開設申込期間:2022年7月1日~終了期間未定 条件達成で最大300,000円キャッシュバック!期間中に口座開設をしていただいた全員にチャンスです。

※3 2022/7/1~2022/9/30 ニューヨーククローズ 南アフリカランド/円など高金利通貨ペアなら付与額3倍!

よくある質問

今後の値動きは断言できません。
しかし、今後は横ばいになる可能性が高いとされています。円安が進みすぎると経済にも打撃を与えるため、政府や銀行によって何らかの措置が講じられるでしょう。
とはいえ、コロナウイルスの影響もあるため、値動きについて予測するのは難しいです。

円安の対策については、海外資産の保有を検討しましょう。
外貨預金や米国株、投資信託などの海外資産に投資すれば、いくら円安が進んでも、資産が目減りすることはありません。
今まですべての資産を日本円にしていた方は、資産管理を見直すべきだと言えるでしょう。

円安になると、生活必需品や食品などの値段が上がります。 FXの相対取引とは
日本は、生活の多くを輸入品に頼って生きているため、日本円の価値が上がると輸入品の値段が高くなるのです。
生活を安定させるためにも、海外資産への投資を検討した方が良いでしょう。

ドル円は物価や景気、金利などと連動します。
また、極端に景気が悪くなると政府や銀行によって金融緩和・金融引き締めが行われ、これによって変動することも考えられます。
ドル円を取引するなら、日米両国のニュースを欠かさずチェックしましょう。

ドル円は今後横ばいになる可能性が高い FXの相対取引とは とされています。現在は急速な円安が進んでおり、政府や銀行の金融政策によって、これ以上の上昇は抑えられると考えられます。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる