オンライン外国為替取引

RSIを算出する方法

RSIを算出する方法
引用:日本年金機構 「算定基礎届の記入・提出ガイドブック」より

【固定残業代】総支給から逆算して固定残業代を算出する方法!

[st-marumozi-big fontawesome=”fa-exclamation-circle” bgcolor=”#ef5350″ color=”#fff” radius=”30″ margin=”0 10px 10px 0″]固定残業代を推奨しているわけはございませんので処理に関しては自己責任でお願いします。上述のとおり気になったことの備忘になります。[/st-marumozi-big]

このサイトで入力すれば一発解決します!固定残業代の計算-高精度計算サイト-Keisan -CASIO

急いで計算したいという方はこのサイトにアクセスしてください!
簡単に計算できますし計算式がわからなくてもこの通りにすれば問題なしです。
気を付けるところは後で後述します。

固定残業時間算出方法

[st-step step_no=”1″]月間所定労働時間を算出する[/st-step]
会社の月間所定労働時間を計算します。
会社によって算出方法は様々です。
毎月の稼働日数を計算して所定労働時間を掛ければ月間所定労働時間は算出できます。

例)8時間労働 22日勤務
8時間 × 22日 = 176時間

例2)8時間 20日勤務 (完全週休2日であれば 月~金 4週 で20日でも強引ですが)
8時間 × 20日 = 160時間

[st-step step_no=”2″]みなし残業時間に1.25(割増率)をかける[/st-step]
あなたの会社のみなし残業時間に1.25をかける。
例)みなし残業時間 34時間の場合
34h × 1.25 = 42.5h

[st-step step_no=”3″]1と2の労働時間を合算する[/st-step]
1の月所定労働時間と2のみなし残業相当分労働時間を合算します。
これにより総支給額が何時間相当分か算出されることになります。
時給×1.25=残業代ですの逆算する形になります。

160h + 42.5h = 202.5h

[st-step step_no=”4″]総支給額を3の総時間で割ると時給算出[/st-step]
総支給額から3で計算した総労働時間で計算すれば時給が算出されます。

400,000円 ÷ 202.5h = 1,976円(端数切上)

[st-cmemo fontawesome=”fa-exclamation-circle” iconcolor=”#ef5350″ bgcolor=”#ffebee” color=”#000000″ iconsize=”100″]この時給に関しては最低賃金を下回ることがないように気をつけてください[/st-cmemo]

1,976円 × 1.25 × 34h = 83,980円

基本給 316,020円 固定残業代 83,980円 合計 400,000円

基本給の時給単価は最低賃金を下回ることがないように!!

上記のケースだと
基本給が 316,020円 で所定労働時間 が 160時間ですので

316,020円 ÷ 160h = 1,975.125

みなし残業時間を超過した時間に支払い義務はあります!

設定したみなし労働時間を超過した部分については支払い義務が発生します。
当然にタイムカードなどで勤怠管理はしないといけないことは忘れないでくださいね。
求人にもその旨の記載が多いので分かっている方は多いとは思います。
みなし残業時間が多いとこの会社の就業形態は気になったりしますよね。
そういったときに求人のコメントなどでフォローをいれている企業も多いです。
実際に就業しないとわからない部分は大きいですが。

36協定の提出は忘れずに

固定残業代の話とは逸れますがそもそも労働基準監督署に36協定を提出することにより
残業をさせることができることは忘れてはいけません。
小さい会社だと忘れがちなところもあるかも知れませんが残業をさせることと支払いは別で考えておくことが必要です。

[st-card label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

【固定残業代】総支給から逆算して固定残業代を算出する方法!まとめ

久々の記事更新となりました。
上記の参考サイトで計算すれば一発で計算できますが逆算する場合のロジックを理解するまでになかなか時間がかかりました。
根拠というか計算式がかかれているサイトはあっても計算過程がかいてあるサイトは少なかったです。
備忘録として残しておきます。
別途、労働契約書の記載例なども今後は書いていきます!!

算定基礎届とは?書き方や作成時の注意点を解説

「算定基礎届」は、社会保険の手続きのために企業が毎年提出する届出のこと

引用:日本年金機構「健康保険・厚生年金保険 被保険者報酬月額算定基礎届/70歳以上被用者 算定基礎届」より

社会保険料の計算に使う標準報酬月額 RSIを算出する方法 RSIを算出する方法

算定基礎届と月額変更届の違い

【月額変更届の提出が必要となる条件】

  • 昇給または降給などにより固定的賃金に変動があった
  • 変動月からの3か月間に支給された報酬(残業手当などの非固定的賃金を含む)の平均月額に該当する標準報酬月額とこれまでの標準報酬月額との間に2等級以上の差が生じた
  • 3か月とも支払基礎日数が17日(特定適用事業所に勤務する短時間労働者は11日)以上である

算定基礎届のルール

算定基礎届の提出対象になる人

算定基礎届の提出対象にならない人 RSIを算出する方法

6月1日以降に被保険者となった人

6月30日以前に退職した人

7月に月額変更届を提出する必要がある人

算定基礎届における報酬の対象となるもの・ならないもの

【報酬に含まれるもの】

  • 基本給(日給、週給、月給など)
  • 各種手当(家族手当、住宅手当、役職手当、資格手当、通勤手当など)
  • 支給回数が年4回以上の賞与
  • 現物支給したもの(通勤定期券、回数券、社宅、食事代、タクシー券、自社製品、など)

【報酬に含まれないもの】

  • 見舞金、祝い金、災害見舞金
  • 出張旅費、交際費など
  • 支給回数が年3回以下の賞与
  • 退職手当

標準報酬月額の算出方法

1.4~6月の各月の支払基礎日数を調べ、支払った報酬の月額平均を計算する

2.算出した平均報酬月額を標準報酬月額保険料額表と突き合わせて、標準報酬月額を明らかにする

標準報酬月額の算出において注意したいケース

給与を翌月支払いしている場合 RSIを算出する方法

引用:日本年金機構 「算定基礎届の記入・提出ガイドブック」より

4~6月に残業が集中する場合

4~6月の3か月とも報酬の支払いがない場合

4~6月の3か月とも支払基礎日数が17日未満の場合

対象が短時間労働者の場合

【短時間労働者とみなされる条件】

  • 1週間の所定労働時間が20時間(残業時間を除く)以上である
  • 1年以上の雇用見込みがある
  • 月の給料が8万8,000円(残業手当、通勤手当、ボーナスなどを除く)以上である
  • 学生(夜間、通信、定時制を除く)でない
  • 特定適用事業所、任意特定適用事業所などで働いている

対象が短時間就労者(パートタイマー)の場合

4~6月のうち支払基礎日数が17日以上の月が1か月以上ある場合

4~6月の支払基礎日数がすべて17日未満の場合で、うち1か月以上の支払基礎日数が15日以上ある場合

4~6月の支払基礎日数がすべて15日未満の場合

4~6月の間のいずれかに休業手当を支給した場合

算定基礎届の記入例

記入例1:3か月とも支払基礎日数が17日以上の場合 RSIを算出する方法

引用:日本年金機構 「算定基礎届の記入・提出ガイドブック」より

記入例2:支払基礎日数が17日未満の月があった場合

引用:日本年金機構 「算定基礎届の記入・提出ガイドブック」より

記入例3:短時間労働者の場合

引用:日本年金機構 「算定基礎届の記入・提出ガイドブック」より

記入例4:短時間就労者(パートタイマー)の場合

引用:日本年金機構 「算定基礎届の記入・提出ガイドブック」より

RCIとは何か?わかりやすく解説

・RCIとは、一定期間の終値と日付に順位付けして、両者にどれだけの相関関係があるのかを数値化したテクニカル指標
・わかりやすく説明すると直近の株価は割安(売られ過ぎ)か、割高(買われ過ぎ)かを分析するときに使う指標
・「Rank Correlation Index」の略で、日本語では「順位相関係数(読み方:じゅんいそうかんけいすう)」と言う
・RSIとの違いは数値化するときのデータ・算出方法にある
・RSIは株価の値動きによって細かく変動するが、RCIは比較的穏やかに推移していく

RCIの設定値と計算式

・日足チャート:「5」「22」「45」「52」「75」など
・週足チャート:「9」「13」「26」「42」など

RCIの計算式

RCIの設定値(n)が「5」である場合、5日分の終値と日付に順位付けしてRCIの数値を算出していきます。

日付 終値 日付順位 終値順位
8/17 7,156 1 4
8/14 7,181 2 3
8/13 7,285 3 1
8/12 7,244 4 2
8/11 7,150 5 5

(1-4)の2乗=9
(2-3)の2乗=1
(3-1)の2乗=4
(4-2)の2乗=4
(5-5)の2乗=0
9+1+4+4+0=18

上記の計算で算出された数字が「d」に当てはまる数字となります。
それでは、実際にRCIの計算式に当てはめると、以下のように計算ができます。

[1-6×d÷n(nの2乗-1)]×100
=[1-6×18÷5(5の2乗-1)]×100
=[1-6×18÷5(24)]×100
=[1-6×18÷120]×100
=[1-108÷120]×100
=[1-0.9]×100
=0.1×100
=10

RCIの数値は「10」であることがわかります。

RCIの見方

・位置関係
RCIは基本的に株価チャートの下に表示されており、株価チャートの値動きとあわせて確認していきます。

・RCIの線について
RCIの線は「短期・中期・長期」の3本で形成されていることもありますし、「短期・長期」の2本、「短期」の1本で表示されていることもあります。このあたりは取引ツールによって異なりますが、楽天証券の「iSPEED」では「短期・長期」の2本の線で形成されています。

・RCIを見るときのポイント
RCIは「0」を中心にして「-100から+100」の範囲で推移しています。
終値が継続して安くなっていく場合は「-100」に近づいていき、「-100」に近ければ近いほど「売られ過ぎ」という見方ができます。反対に継続して高くなっていく場合は「+100」に近づいていき、「+100」に近ければ近いほど「買われ過ぎ」という見方ができます。

・RCIは基本的に株価チャートの下に位置している
・RCIの線は取引ツールによって「短期・中期・長期」の3本、「短期・長期」の2本、「短期」の1本で形成されている
・楽天証券の「iSPEED」では「短期・長期」の2本の線で形成されている
・RCIを見るときは「0」を中心にして「-100」に近いか、「+100」に近いかで売買の判断をする

RCIの使い方

RCIの数値から分析

RCIの数値から分析する場合は、 短期線(9)がどのレベルで推移しているのかを確認し、-100に近い場合は「売られ過ぎ」、+100に近い場合は「買われ過ぎ」と判断 できます。

・+80以上は買われ過ぎ
・-80以下は売られ過ぎ

買われ過ぎ(売られ過ぎ)は反転が近いということになるので、「買われ過ぎ=売りサイン」「売られ過ぎ=買いサイン」という見方ができます。

他には、+80以上(-80以下)の範囲から抜け出したり、プラス圏からマイナス圏(マイナス圏からプラス圏)に抜けるとトレンド転換という見方もできます。

RCIの動きから分析

RCIを短期線・長期線の2本(または3本)で表示している場合は、 短期線と長期線のクロスをトレンド転換サインとして判断材料にする こともできます。

・短期線が長期線の下から上に抜けた場合(ゴールデンクロス)は「買いサイン」
・短期線が長期線の上から下に抜けた場合(デッドクロス)は「売りサイン」

また、設定値にもよりますが、 中期線・長期線が上向きなら上昇トレンド、下向きなら下降トレンドといったように相場のトレンドを見る こともできます。

・RCIは、数値が「+80以上は買われ過ぎ」「-80以下は売られ過ぎ」と判断される
・買われ過ぎ(売られ過ぎ)は反転が近いという見方ができ、売買サインとしても使われている
・買われ過ぎ(売られ過ぎ)ゾーンや、プラス圏からマイナス圏(マイナス圏からプラス圏)に抜けるとトレンド転換という見方もできる
・RCIの短期線と長期線がクロスしたらトレンド転換サインとなる
・ゴールデンクロスは買い、デッドクロスは売りサインとなる
・中期線・長期線の向きで現在の相場のトレンドを見ることもできる

移動平均線のEMAとボラティリティを示すATRを組み合わせたインジケーター

1 RSIを算出する方法 minute :1分足
5 minutes :5分足
15 RSIを算出する方法 minutes :15分足
30 minutes :30分足
1 hour :1時間足
4 hours :4時間足
Daily :日足
Weekly Monthly :週足

Monthly : 月足

First higher time frame :ひとつ上の時間足を表示
Second higher time frame RSIを算出する方法 :二つ上の時間足を表示
Third higher time frame :三つ上の時間足を表示

【参考チャート】ユーロ円5分足に15分足のMTFを入れたチャート

ラインの滑らかさ、アラートの位置などを調節したい場合のポイント

まず、デフォルトのチャートがこちら

ラインを滑らかにしたのがこちら

パラメーターの「ATR factor」をデフォルトの3.0から7.0に変更しただけで滑らかになります。ほかの値は変更しても大きな変化はなく微調整するのに使う感じかなと思います。

算定基礎届とは?書き方や作成時の注意点を解説

「算定基礎届」は、社会保険の手続きのために企業が毎年提出する届出のこと

引用:日本年金機構「健康保険・厚生年金保険 被保険者報酬月額算定基礎届/70歳以上被用者 算定基礎届」より

社会保険料の計算に使う標準報酬月額

算定基礎届と月額変更届の違い

【月額変更届の提出が必要となる条件】

  • 昇給または降給などにより固定的賃金に変動があった
  • 変動月からの3か月間に支給された報酬(残業手当などの非固定的賃金を含む)の平均月額に該当する標準報酬月額とこれまでの標準報酬月額との間に2等級以上の差が生じた
  • 3か月とも支払基礎日数が17日(特定適用事業所に勤務する短時間労働者は11日)以上である

算定基礎届のルール

算定基礎届の提出対象になる人

算定基礎届の提出対象にならない人

6月1日以降に被保険者となった人

6月30日以前に退職した人

7月に月額変更届を提出する必要がある人

算定基礎届における報酬の対象となるもの・ならないもの

【報酬に含まれるもの】

  • 基本給(日給、週給、月給など)
  • 各種手当(家族手当、住宅手当、役職手当、資格手当、通勤手当など)
  • 支給回数が年4回以上の賞与
  • 現物支給したもの(通勤定期券、回数券、社宅、食事代、タクシー券、自社製品、など)

【報酬に含まれないもの】

  • 見舞金、祝い金、災害見舞金
  • RSIを算出する方法
  • 出張旅費、交際費など
  • 支給回数が年3回以下の賞与
  • 退職手当

標準報酬月額の算出方法

1.4~6月の各月の支払基礎日数を調べ、支払った報酬の月額平均を計算する

2.算出した平均報酬月額を標準報酬月額保険料額表と突き合わせて、標準報酬月額を明らかにする

標準報酬月額の算出において注意したいケース

給与を翌月支払いしている場合

引用:日本年金機構 「算定基礎届の記入・提出ガイドブック」より

4~6月に残業が集中する場合

4~6月の3か月とも報酬の支払いがない場合

4~6月の3か月とも支払基礎日数が17日未満の場合

対象が短時間労働者の場合

【短時間労働者とみなされる条件】

  • 1週間の所定労働時間が20時間(残業時間を除く)以上である
  • 1年以上の雇用見込みがある
  • 月の給料が8万8,000円(残業手当、通勤手当、ボーナスなどを除く)以上である
  • 学生(夜間、通信、定時制を除く)でない
  • 特定適用事業所、任意特定適用事業所などで働いている

対象が短時間就労者(パートタイマー)の場合

4~6月のうち支払基礎日数が17日以上の月が1か月以上ある場合

4~6月の支払基礎日数がすべて17日未満の場合で、うち1か月以上の支払基礎日数が15日以上ある場合

4~6月の支払基礎日数がすべて15日未満の場合

4~6月の間のいずれかに休業手当を支給した場合

算定基礎届の記入例

記入例1:3か月とも支払基礎日数が17日以上の場合

引用:日本年金機構 「算定基礎届の記入・提出ガイドブック」より

記入例2:支払基礎日数が17日未満の月があった場合

引用:日本年金機構 RSIを算出する方法 「算定基礎届の記入・提出ガイドブック」より

記入例3:短時間労働者の場合

引用:日本年金機構 「算定基礎届の記入・提出ガイドブック」より

記入例4:短時間就労者(パートタイマー)の場合

引用:日本年金機構 「算定基礎届の記入・提出ガイドブック」より

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる