バイナリーオプション攻略

キャッシュフローの定義

キャッシュフローの定義

鮮度管理には、狭義の鮮度管理と広義の鮮度管理があると思います。
前者については、サプライチェーンとしてITを含め、様々な分野で紹介されていますが、後者については、導入している企業は限定的のようです。
私は、モノと金の鮮度管理を提唱します。
課題の早期発見、先手アクションにより、過剰生産、廃棄ロスの削減、不正リスク軽減になります。

利益およびフリーキャッシュフローが拡大。厳しい供給環境下でも売上増。 第4四半期も好調な業績を予想

インフィニオンの最高経営責任者(CEO)、ラインハルト プロス(Dr. Reinhard Ploss)は、次のように述べています。「半導体はエネルギー転換やデジタル化の鍵となる役割を担っており、需要が途切れることなく続いています。しかし市場は現在、供給面で極めて厳しい状況に直面しています。在庫が歴史的な低水準に達したため、当社の半導体チップは製造工場から直接、最終用途向けへと出荷されています。こうした状況では、最近のマレーシアのような、パンデミックに伴う製造面での制約が課された場合、特に深刻な影響が出ます。当社はバリューチェーン全体にわたる問題を改善するため全力を尽くしており、さらにお客様の利益を最優先とするため可能な限り柔軟に対応しています。また同時に生産能力を継続的に増強しています」

2021 会計年度第 3 四半期グループ業績

インフィニオングループの2021会計年度第3四半期の 売上高は、前四半期の27億ユーロから2,200万ユーロ増加して27億2,200万ユーロとなりました。底堅い需要が継続しているにもかかわらず、パンデミックに関連したマレーシア、マラッカ州での製造能力への制約や、テキサス州オースチンでの大雪の余波のため、売上高の伸びはわずか1%に留まりました。こうした要因が影響し、オートモーティブ(ATV)事業部とパワー&センサーシステムズ (PSS) 事業部の売上高はいずれも前四半期からわずかに減少しました。対照的に、インダストリアルパワーコントロール(IPC)事業部とコネクテッドセキュアシステムズ(CSS)事業部の売上高は過去最大の伸びを達成しました。

第3四半期の 粗利益率は前四半期の36.0%から39.1%へ大きく改善しました。 調整後粗利益率は前四半期の39.3%から41.8%に拡大しました。

継続事業からの利益は前四半期の2億900万ユーロから2億4,500万ユーロに増加しました。 非継続事業からの損益は前四半期の600万ユーロの損失から、プラスマイナスゼロとなりました。この結果、 純利益は前四半期の2億300万ユーロから2億4,500万ユーロに改善しました。

継続事業からの 1 株当たり利益は0.18ユーロ(基本的および希薄化後とも)で、前四半期は0.15ユーロでした。 調整後 1 株当たり利益 [1] (希薄化後)は前四半期の0.24ユーロから0.27ユーロに増加しました。

当社が有形固定資産および無形資産の購入額、ならびに資産計上された開発費の合計として定義する キャッシュフローの定義 投資額は、前四半期の3億3,200万ユーロから2億8,500万ユーロとなりました。償却費および キャッシュフローの定義 減価償却費は前四半期の3億6,800万ユーロから3億8,000万ユーロに増加しました。

第3四半期の継続事業からの フリーキャッシュフロー [2] は引き続き改善し、前四半期の4億700万ユーロから4億7,700万ユーロに増加しました。 継続事業での営業活動による純キャッシュフローは、前四半期の7億4,200万ユーロから7億6,200万ユーロに増加しました。

2021会計年度第3四半期末(2021年6月30日)現在の グロスキャッシュポジションは、前四半期末(2021年3月31日)の34億4,400万ユーロから38億6,300万ユーロに増加しました。 純負債額は34億1,500万ユーロからさらに減少して29億4,500万ユーロとなりました。 グロス有利子負債額は前四半期末の68億5,900万ユーロから68億800万ユーロに減少しました。

2021 会計年度第 4 四半期見通し

平均為替レートを1ユーロ=1.20ドルとする想定に基づき、当社は2021会計年度第4四半期の 売上高が約29億ユーロになると予想しています。需要は大きく拡大しているものの、今四半期初めにパンデミックに関連してマレーシア、マラッカ州で発生した製造面での制約を含め、全体としての供給に関しては厳しい状況が続いています。このようなボトルネックが継続していることを踏まえ、ATVとIPC事業部の売上高は第3四半期と同様な水準に留まると予想されます。CSS事業部の売上高は微増の予想。PSS事業部の売上高は、主にスマートフォンへの需要回復により大幅に増加する見込みです。現時点での売上高予想の水準において、 事業部合計利益率は約19%になると予想しています。

2021 会計年度通期見通し

第4四半期に予想される売上高、ならびに為替レートを同様に1ユーロ=1.20ドルとする想定に基づき、2021会計年度通期の 売上高は約110億ユーロと予想しています。この売上高の水準において、 事業部合計利益率は18%超と予想しています。

2021会計年度通年での有形固定資産、無形資産、および資産計上された開発費への 投資額は、従来と変わらず約16億ユーロを計画しています。 減価償却費および償却費も従来と変わらず15億ユーロから16億ユーロと予想しており、このうち約5億ユーロは主としてサイプレス社の買収、および少額ながらインターナショナル レクティファイアー社の買収に伴う、取得原価配分の減価償却費および償却費によるものです。 フリーキャッシュフローは約15億ユーロと予想しています。

2021 会計年度第 3 四半期の事業部別業績

ATV 事業部の 2021 会計年度第3四半期の売上高は、前四半期の12億1,900万ユーロから12億500万ユーロとなりました。すべての製品分野で需要増大が続いたものの、製造能力面での制約のため売上高は1%の微減となりました。 事業部利益は前四半期の1億9,700万ユーロから1億9,900万ユーロにやや増加し、 事業部利益率は16.2%から16.5%に改善しました。

IPC 事業部の第 3 四半期の売上高はすべての製品分野で拡大。前四半期の3億6,100万ユーロから大きく14%増加し、4億1,200万ユーロとなりました。産業用ドライブと再生エネルギー分野での需要が特に好調でした。 事業部利益は前四半期の5,900万ユーロから8,200万ユーロに増加し、 事業部利益率は前四半期の16.3%から19.9%に改善しました。

PSS 事業部の第 3 四半期の売上高は、スマートフォン向けコンポーネント分野の一時的な減少、および製造能力面での制約を主因として前四半期の7億8,700万ユーロから7億5,700万ユーロに減少しました。サーバ関連の製品による売上高はやや増加し、バッテリー駆動アプリケーション関連の事業も引き続き好調でした。 キャッシュフローの定義 事業部利益は前四半期の1億8,400万ユーロから1億6,700万ユーロとなり、 事業部利益率は前四半期の23.4%から22.1%に低下しました。

CSS 事業部の第 3 四半期の売上高は前四半期の3億2,900万ユーロから5%増加し、3億4,キャッシュフローの定義 600万ユーロとなりました。政府系ID製品への需要増加と、マイクロコントローラおよびコネクティビティ関連製品において外部の生産能力がやや増加したことによるビジネス拡大が主な要因です。 事業部利益は前四半期の3,000万ユーロから4,700万ユーロに、 事業部利益率は9.1%から13.6%に改善しました。

インフィニオンについて

インフィニオン テクノロジーズは、暮らしをより便利に、安全に、エコに革新する半導体分野の世界的リーダーです。当社の提供するマイクロエレクトロニクス(超小型電子技術)は、より良い未来の扉を開く鍵となるものです。2020会計年度 (9月決算) の売上高は85億ユーロ超、従業員は世界全体で約4万6,700人。2020年4月のサイプレス社 (本社: 米国) 買収により、世界の半導体メーカー上位10社に名を連ねています。

Information Number

Press Photos

Dr. Reinhard Ploss, CEO Infineon Technologies AG

JPG | 1.61 mb | 1417 x 2126 px

ダウンロードサービス

  • Full version of this news release (incl. financial キャッシュフローの定義 data) Share

Aug 03, 2021 | PDF | 498 kb

プレスコンタクト

上関 泰之

Conference Call for Analysts and Investors

about 2021 Fiscal Third Quarter Results, 03 August 2021
Start: 9:30 am CEST / 8:30 am UK / 3:30 am EDT

Press Conference Call

about 2021 Fiscal Third Quarter Results, 03 August キャッシュフローの定義 2021
Start: 11:00 am CEST / 10:00 am UK / 5:00 am EDT

Q & A

【解説】
(1)資金収支計算書とは
資金収支計算書は、事業活動全般の支払資金の増加と減少を示した書類であり、「社会福祉法人会計基準」で作成が求められているものです。支払資金の範囲は、原則として流動資産及び流動負債であり、資金収支計算書の最後に記載される当期末支払資金残高は、会計年度末の貸借対照表の流動資産と流動負債の差額に一致することになります。なお、1年基準により固定資産または固定負債から振替えられたもの、各種引当金、棚卸資産(貯蔵品は除く)は支払資金の範囲から除かれます。
資金収支計算書は社会福祉法人の事業活動の状況を明瞭に示すため、i)事業活動による収支、ii)施設整備等による収支、iii)その他の活動による収支の3区分で表示されます。施設整備に係る取引を網羅的、一体的に把握するため、旧「社会福祉法人会計基準」で財務活動による収入の区分に計上していた設備資金借入金収入や元金償還支出が、新「社会福祉法人会計基準」では、ii)施設整備等による収支に変更されたのが特徴です。

(2)キャッシュ・フロー計算書とは
キャッシュ・フロー計算書は、一会計期間におけるキャッシュ・フローの状況を一定の活動区分別に表示するものであり、貸借対照表、損益計算書と同様に財務三表を構成する重要な決算書です。キャッシュ・フロー計算書で使用されるキャッシュとは、現金及び現金同等物のことであり、原則として、貸借対照表の現金預金と一致します(一致しない場合には、注記にて差異内容が明示されます)。
キャッシュ・フロー計算書は、取引区分ごとに事業(営業)活動、投資活動、財務活動に3区分されますが、設備投資に関する借入金の収支は財務活動の区分で表示されるのが、資金収支計算書との違いであります。

(3)資金収支計算書とキャッシュ・フロー計算書の相違点
資金収支計算書の支払資金とキャッシュ・フロー計算書の現金及び現金同等物は、ともに資金概念ですが対象範囲が異なっています。即時支払手段として利用できる一般的な意味での「資金」はキャッシュ・フロー計算書における現金及び現金同等物であり、資金収支計算書の支払資金は即時支払手段になるものではなく、手元に「資金」があるかのような誤解を与えかねません。また、支払資金は流動比率が100%未満の場合にはマイナスになりえますので、「資金」情報としては即時支払手段を示さない支払資金概念には弱点があるといえます。
また、上述のように、区分表示の段階に違いがあり、設備投資に係る借入金の収支が、資金収支計算書では、施設整備等による収支で表示されるのに対し、キャッシュ・フロー計算書では、財務活動によるキャッシュ・フローに表示される点に違いがあります。

(4)資金分析における重要な分析視点
損益分析だけではなく収支(資金)分析が重要とされているのは、損益計算と収支計算にはタイムラグが生じるためであり、損益結果だけでは資金獲得力が見えにくいからです。また、資金獲得力を直接的に示すものとして、キャッシュ・フロー計算書における事業キャッシュの数字を用いるのが一般的であります。
したがって、資金分析で重要な視点は、事業キャッシュで借入金返済が賄えているかという見方であり、さらに健全経営を目指すならば、事業キャッシュで借入金返済を賄ったうえで、通常の設備投資も自己資金で対応できているかという視点です。この分析をするためには、資金収支計算書ではなくキャッシュ・フロー計算書を用いるのが最良の策といえます。

(5)組替方法の具体例
資金収支計算書を作成したうえで、キャッシュ・フロー計算書を組替作成する方法を例示します。上述したような分析を行う上で重要なことは、キャッシュ・フロー計算書で必要な情報は事業キャッシュの数字であり、事業キャッシュを構成する内訳自体は、間接法による調整内容が示されているだけです。したがって、資金収支計算書の情報を基に、投資キャッシュ及び財務キャッシュを確定させ、資金増減額(期末資金-期首資金)から事業キャッシュを逆算します。
事業キャッシュ=資金増減額-投資キャッシュ-財務キャッシュ=112,842
これにより事業キャッシュで借入返済が賄えているかどうか、資金獲得力が十分な水準にあるかどうかの判断が適切に行うことが可能となります。

キャッシュフローの定義

記事のカテゴリー

Copyright (c) Resona Bank, Limited All Rights Reserved.

運転資本(WC)とキャッシュフロー計算書(CFS)でキャッシュの動きを感じる

1 日々の資金繰りは運転資本(Working Capital、WC)で確認

2 キャッシュの動きを把握するために必要なこと

このことからも、 損益計算書の利益が、そのまま手元キャッシュの増減を示すのではない ことがご理解いただけたかと思います。

3 運転資本の基本的な考え方

日々ビジネスを回すためには、「売上債権+棚卸資産―仕入債務」の資金が必要となるということがお分かりいただけたと思います。この 「売上債権+棚卸資産―仕入債務」を運転資本 と呼び、この部分が日々ビジネスを回していくために必要な資金です。

代金回収より30日前に仕入代金支払を示した画像です

代金回収で仕入代金支払可能であることを示した画像です

広義・狭義の運転資本を示した画像です

メールマガジンの登録ページです

4 日々の資金繰りを把握できたらキャッシュフロー計算書で年間の資金の流れをつかむ

キャッシュフロー計算書の基本構造を示した画像です

営業キャッシュフロー

当期純利益
±本業に無関係な損益(例:有価証券の売却益、設備の処分損)
+減価償却費
±運転資本の増減(運転資本の増加で-、減少で+)

投資キャッシュフロー

±本業に無関係な損益(例:有価証券の売却益、設備の処分損)。営業キャッシュフローと符号が逆
±固定資産の増減(固定資産の増加で-、減少で+)

財務キャッシュフロー

+資本金の増加
±借入金の増減(借入金の増加で+、減少で-)
-配当金の支払い

運転資本の増減額の調整を示した画像です

5 運転資本のメカニズムを理解しよう

運転資本は、資金の支払いと回収の時間差が生み出す資金ニーズのことでした。では、「販売代金を回収すれば、生み出された利益分だけ手元に残り徐々に運転資本は減少するのでは?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。その通りです。ところが、 薄利多売のビジネスでは、利益回収が小さいのに対して、ビジネス拡大で必要な仕入れや在庫が増大し、ビジネスが伸びれば伸びるほど資金が足りなくなりがち です。売上が伸びて利益も増えているのに、資金不足が深刻になるということが起こり得るのです。

執筆:グロービス経営大学院教授 松本泰幸(まつもとひろゆき)
九州大学法学部卒業。東京証券取引所一部上場の事業会社2社で財務部長、関連事業部長、外資系コンサルティングファームで金融サービスコンサルタントとして活動し、投資顧問会社・コンサルティング会社を傘下に持つHCAグループの設立に参画。現在は、農業経営コンサルティング業の株式会社日本アグリマネジメント代表取締役社長。他に経営コンサルティングを行う株式会社LonePine代表取締役社長。株式会社丸八ホールディングス非常勤取締役。石本酒造株式会社顧問、グロービス経営大学院教授(アカウンティング、ファイナンスなど)。

運転資金とは?キャッシュフローについて知っておきたいポイント6つ

財務・資金

キャッシュフローとは

経済ニュースで頻繁に「キャッシュフロー」という言葉を耳にしたことがある人もいるでしょう。 「キャッシュフロー」とは、お金の流れ(流入・流出、収入・支出)のことです。

利益とキャッシュフローの違い

決算書で出てくる「キャッシュフロー」と「利益」は違う意味の言葉で、現金以外の取引がある場合は「利益」と「キャッシュフロー」を個別に考える必要があります。

キャッシュフローの計算方法

会社運営に必要な運転資金調達のために知っておくべき「キャッシュフロー」とは、会社の売掛金の入金や、給与振込などの実際に動いたお金の流れのことです。

キャッシュフローについて知っておきたいポイント6つ

ここでは「キャッシュフロー」と「運転資金」について、知っておくべき6つのポイントについて解説します。

キャッシュフローについて知っておきたいポイント1:運転資金を求めて入金と出金のズレを解消する

会社の経営に必要な現金(キャッシュフロー)が足りなくなった時、「運転資金」を借りる必要があります。

キャッシュフローについて知っておきたいポイント2:運転資金の求め方

運転資金は、入金と出金のタイミングがずれている場合に必要な資金のことです。

キャッシュフローについて知っておきたいポイント3:運転資金がマイナスの場合

キャッシュフローが少ないと運転資金が足りなくなる場合があります。

キャッシュフローについて知っておきたいポイント4:キャッシュ・インとキャッシュ・アウト

キャッシュフローには「キャッシュ・イン・フロー」「キャッシュ・アウト・フロー」の2種類があります。

キャッシュフローについて知っておきたいポイント5:キャッシュフロー分析は3種類

キャッシュフローは3種類の視点で分析できます。

1.営業キャッシュフロー(売上や経費など)
2.投資キャッシュフロー(現金で支払った設備・有価証券投資など)
3.財務キャッシュフロー(借入金や借入金返済など)

キャッシュフローについて知っておきたいポイント6:在庫とキャッシュフロー

商品は仕入れる時に現金を支払い、売れるまで倉庫で保管します。 在庫のままだとキャッシュフローは滞ったままになりますが、商品を早く売って現金化すると、さらに商品を入れて売ることができるので、「在庫の削減」もキャッシュフロー改善策として有効です。

あなたの会社に仕事の生産性をあげる「働き方改革」を起こしませんか?

名刺が多すぎて管理できない…社員が個人で管理していて有効活用ができていない…そんな悩みは「連絡とれるくん」で解決しましょう! まずはこちらからお気軽に資料請求してみてください。

キャッシュフローが重要な理由5つ

ここでは、会社の経営でキャッシュフローを重視することの5つのメリットについて、みていきましょう。

キャッシュフローが重要な理由1:倒産の危険を事前に察知できる

「キャッシュフロー経営」は、現金収支を重視した経営管理を行うことで、会社が実際に使えるお金を増やす経営のことです。

キャッシュフローが重要な理由2:実際に儲けが出ているのかを求められる

キャッシュフロー計算をすると、実際にいくら儲けが出ているかを、具体的な数字で知ることができます。

キャッシュフローが重要な理由3:運転資金が不足していないかチェックできる

中小企業で起こりやすい「黒字倒産」は、決算上では売上が出て利益があるはずなのに、運転資金が足りなくなって、資金繰りがつかなくなった時に起こります。

キャッシュフローが重要な理由4:銀行の融資を受けやすい

売上が出て、実際に現金が入金されるまでに、仕入れや社員の給料、諸経費の支払いがあって現金が足りない時、銀行などの金融機関から融資を受けることになりますが、キャッシュフロー計算がしっかりできていると、お金が借りやすくなります。

在庫の鮮度管理

モノとお金の鮮度管理

消費期限と賞味期限


農林水産省によると食品の消費期限とは開封していない状態で、
「表示されている保存方法に従って保存したときに食べても安全な期限」のことで、期限を過ぎたら食べないほうがよいとされ、主に弁当や洋生菓子など長くは保存がきかない食品に表示してあります。

在庫の単品管理と総枠管理

総枠管理と単品管理


企業の在庫管理指標は、一般的に在庫回転率が多いです。
在庫を売上高や売上原価で割って算出するやり方で、総枠管理とも呼ばれます。

商品の鮮度管理は食品も衣料品にも通じる

この鈴木氏の考え方は、衣料品に限らず、FMCG(Fast Moving Consumer Goods=変化の早い製品)であれば、どの業界にも当てはまるはずです。

商品と情報は鮮度が命

鮮度管理の定義


鮮度管理には、狭義の鮮度管理と広義の鮮度管理があると思います。
前者については、サプライチェーンとしてITを含め、様々な分野で紹介されていますが、後者については、導入している企業は限定的のようです。
私は、モノと金の鮮度管理を提唱します。
課題の早期発見、先手アクションにより、過剰生産、廃棄ロスの削減、不正リスク軽減になります。

在庫の付加価値について

在庫の付加価値


製造業であれば、在庫は材料・部品、仕掛品、半製品、完成品、製品・商品、積送中在庫、補修用部品から流通在庫までです。
総枠管理とは貸借対照表(B/S)に記載される在庫で、
単品管理とはそのうち、付加価値が最も高い完成品と製品が対象です。

在庫管理を時間軸で管理する

在庫の時間軸管理


在庫は外部から材料・原料を調達し、生産、販売、物流、取引先から最終顧客へとシフトします。在庫は入と出だけでなく、各々の部署で保管されている状況を把握する事で質がどのように変化するかを確認する必要があります。在庫の質的管理とは、それを時間軸で管理する事です。

在庫の鮮度管理

適正在庫管理と在庫鮮度管理


在庫管理の基本は、量と質が適正かどうかを評価・判断する事です。
在庫の適正レベルを測定するためには、総枠管理(量)から見た適正レベルと単品管理(質)から見た適正レベルが求められます。
単品管理は換言すれば鮮度管理といえます。
どんなに在庫回転が低くても、定番商品が欠品を発生させては販売機会の損失につながります。
一方、定番商品が潤沢にあっても、過剰生産、過剰調達の場合、在庫の一部は鮮度が悪化します。
従って、鮮度管理では、売れ筋商品、死に筋商品を区分するだけでは不十分で、
時間軸でロットごとの状況を把握することが極めて重要です。

在庫鮮度を徹底追求している企業の共通点

  • お客様の立場に立って、鮮度・業務プロセスリードタイムを経営指標に明確に定めて、トップ自らが目標を掲げている。
  • 業務プロセス改革を断行して、特に生産、物流リードタイム短縮を立案、実践している。
  • 売れ筋商品と死に筋商品を明確に分けて、現場まで落とし込んでいる。
  • 鮮度状況、結果に対して、トップ、実務者で同時に共有し、PDCAを回している。
  • 流通在庫(店頭在庫)の鮮度(在庫回転)まで常に意識した上で、生産(発注)を行っている。
  • 海外展開しているが、同等のやり方を導入して順調に伸ばしている。
  • システム構築を前面に打ち出していない。
  • 不正会計リスクは極めて限定的である。

高井先生の記事一覧

ご相談・お問合せ

高井先生は実務的な管理会計のスペシャリストです。
ソニーにて多数のご経験を積まれ、実績を残されています。
欧米ではスタンダードな経営指標であるキャッシュ・コンバージョン・サイクルの普及に努めている数少ない専門家です。
運転資金がいつも厳しい、キャッシュフローが一向に良くならない、キャッシュ・コンバージョン・サイクルを経営指標として取り入れてみたいなどのご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる