外国為替取引を学ぶ

スワップポイントやスプレッドは

スワップポイントやスプレッドは
みんなのFXではPCの取引ツールとして提供している「FXトレーダー」を スマホアプリでも提供 しています。

FX口座「米ドル/円」のスワップポイントを比較して、
FX初心者にもおすすめのFX口座をランキングで紹介!
【2022年最新】米ドル円スワップポイントランキング

【FX口座おすすめ比較ランキング!】
「米ドル/円」のスワップポイントが多いFX口座のランキングを公開!

FX会社(FX口座)の「米ドル/円」のスワップポイントを比較して、FX初心者におすすめの 「米ドル/円のスワップポイントが多い、おすすめのFX口座ランキング」 を公開!

「米ドル/円」では、一般的に買いポジションを持ち続けると、ポジションを翌営業日へ持ち越すたびに「スワップポイント」を受け取ることができる。「米ドル/円」は、日本のFX投資家にもっとも多く取引されているので、 FX初心者がスワップポイントでFX口座を選ぶ際には、まず「米ドル/円のスワップポイント」に注目 するのがおすすめ。

また、「スワップポイント」の金額は同じ通貨ペアでもFX会社(FX口座)によって異なる。ポジションを持つ期間が長くなるほど最終的は損益に大きな影響が出てくることも考えられるので、「スワップポイント」による収益を重視するなら、他よりも 有利な「スワップポイント」を提供しているFX会社を選んで取引 することが大切だ。
【※関連記事はこちら!】
⇒FX口座「米ドル/円」のスプレッドを比較して、取引コストが安いおすすめのFX口座をランキングで紹介!【2022年6月】「米ドル/円スプレッド」ランキング

そこで、主要なFX会社の、2022年5月に1万通貨の買いポジションを持ち続けた場合に受け取った1日あたりの平均金額を算出し、その結果をもとに 「米ドル/円のスワップポイントが多い、お得なFX口座のランキング」 を作成した。スワップポイントの水準は日々変化するのが普通だが、1カ月という期間の平均を見ることで、どのFX会社のスワップポイントが魅力的か、ある程度の傾向は確認できるだろう。「豪ドル/円」「トルコリラ/円」「南アフリカランド/円」「メキシコペソ/円」のスワップポイントも一緒に紹介するほか、各FX口座の「最低取引単位」と「おすすめポイント」も掲載するので、FX会社選びの参考にしてほしい。
【※関連記事はこちら!】
⇒FX会社「口座開設キャンペーン」比較(2022年6月)各社の「キャッシュバック金額」を調査・比較して、FXのお得な口座開設キャンペーンランキングを公開!

スワップポイントやスプレッドは

メキシコペソ/円の新規取引で最大500,000円キャッシュバック

メキシコペソ/円の新規取引で最大500,000円キャッシュバック

メキシコペソ/円なら
セントラル短資FX
業界トップ水準 の
スプレッド&スワップ

スプレッド

買いスワップポイント

キャンペーン内容

キャンペーンに申し込まれたお客さまに、期間中におけるFXダイレクトプラスでのメキシコペソ/円の新規取引合計数量に応じて、 最大 500,000 円 をキャッシュバックします。

対象のお客さま

キャッシュバック条件

新規取引合計数量 キャッシュバック額
1万通貨~250,000万通貨未満 新規取引数量 1万通貨 ごとに 2 円
250,000万通貨以上 一律 500,000 円

キャッシュバック時期

キャンペーン期間

  1. 当キャンペーンの期間中、「セントラル短資FXデビュープログラム」の対象になっている方は、当キャンペーンの対象になりません。
  2. 対象通貨ペア以外の取引はキャッシュバックの対象になりません。
  3. 当キャンペーンの適用対象となる取引は、新規約定(成立)した取引のみで、決済約定や約定していない指値注文などは対象になりません。
  4. キャンペーン該当状況に関するお問合わせにはお答えできません。
  5. 当キャンペーンは、当社の都合により予告なく内容を変更または終了する場合があります。
  6. キャッシュバック時期は変更となることもあります。
  7. ※条件を満たしていても、以下の場合は当キャンペーンの対象になりません。
  8. 当社が定める約款に抵触するなどの不適切な取引と当社が判断した場合。
  9. 当社が対象者を確定する基準となる時点で「FXダイレクトプラス」の口座に現金残高がない、またはキャッシュバック実行時に当社の口座を解約されている場合。(対象者の確定基準日、キャッシュバック実行日に関するお問合わせにはお答えできません。)

同時開催中の
キャンペーン

セントラル短資FXデビュープログラム

当社情報サイトに関する注意事項
当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。 当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。 当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。

セントラル短資FX株式会社
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町三丁目3番14号
URL:https://www.central-tanshifx.com

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第278号
加入協会:一般社団法人金融先物取引業協会
一般社団法人日本投資顧問業協会

スワップポイントやスプレッドは

「両建てって必ずやらないといけないの?」

「なんのために両建てするの?」

「両建てすべきタイミングが知りたい」

両建ては 売りと買い両方のポジションを保有 し、リスクヘッジする手法です。

そこでこの記事では、両建てのメリットとリスクを判りやすく解説します。

両建てが効果を発揮するタイミングや実践的な取引手法も紹介するので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

FXの両建てとは?

FXの両建てとは?

両建て(りょうだて)とは、 売りと買い両方のポジションを同時に保有する手法 です。

両建てを禁止しているFX会社がある

両建てを禁止しているFX会社がある

一部の国内業者では両建てが禁止されています。

以下の3社では、両建ては推奨されていないものの禁止してはいないため、 両建てはこの3社で行いましょう。

FX取引高 世界第1位「GMOクリック証券」

GMOクリック証券

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.2銭 0.5銭 1.0銭
取引単位 スワップ キャッシュバック
1万通貨 300,000円

FX取引高 世界第1位 (ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2020年12月)
・最安水準のスプレッド!デイトレに最適
・38種類のテクニカル指標があり、分析ツールが充実

スプレッドが安い上に、FXのプロがうなるほどの高機能分析ツールが有名!

取引高 世界第1位 からもわかる通り、皆が使っているFX会社だ。

Q:FXネオ取引で両建ては可能ですか?

当社では推奨しておりませんので、お客様ご自身の判断で、お取引してください。

取引コストが安く、初心者向きの「DMM FX」

DMMFX

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円 スワップポイントやスプレッドは
0.2銭 0.5銭 1.0銭
取引単位 スワップ キャッシュバック
1万通貨
マイナススワップが大きい
200,000円

最安水準のスプレッド!デイトレに最適
・初心者からプロまで対応する高機能チャートが無料で使える
・取引結果を自動分析してくれるので、トレードの実力がUPしやすい

初心者でも使いやすく、プロもうなる高機能チャートが有名!

スプレッドが安いので、デイトレなどの取引回数が多くなるトレードでも取引コストを安くすることができるよ。

取引結果を自動で分析してくれるので取引の実力が伸びやすく、初心者に一番おすすめのFX口座。

Q:両建ては可能ですか?

なお、両建取引は取引コストが二重にかかる場合がございます。
スプレッドの拡大、スワップポイントによる逆ザヤ、必要証拠金の増加等によりロスカットされる可能性があり、経済合理性を欠く取引でありますので、当社では推奨するものではありません。
お客様の判断と責任においてお取引きください。

100円からできるFX「松井証券」

松井証券

スワップポイントやスプレッドは
スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円 スワップポイントやスプレッドは
0.スワップポイントやスプレッドは 2銭 0.5銭 1.1銭
取引単位 スワップ キャッシュバック
1通貨
マイナススワップが大きい
500,000円

1通貨(ドル円なら5円)からFXの取引が可能
・最安水準のスプレッド!デイトレに最適
・初心者向けセミナー動画が充実

みんなのFXの評判は?特徴的な自動売買などおすすめポイントを解説!

みんなのFXの特徴

みんなのFX スマホアプリ

みんなのFXではPCの取引ツールとして提供している「FXトレーダー」を スマホアプリでも提供 しています。

注文やチャート機能はPC版と変わらず、画面表示も シンプルで操作しやすくなっています 。以下の画像はスマホアプリで見た新規注文画面です。

みんなのFX スマホアプリ注文画面

このアプリはiPhone用、Android用それぞれ用意しているので スマートフォンをお持ちの方はどなたでも利用 することができます。

みんなのシストレでできること

自動売買サービス「みんなのシストレ」とは

みんなのシストレ

システムトレードと言うと、自らで1から取引ルールを設定し使うといったイメージがあり、特にFX初心者に敬遠されがちではあります。しかし、みんなのシストレでは 優秀なストラテジーを選択し、あとは投資数量や投資金額を決めるだけ で簡単に自動売買をすることが可能です。

そのほかにも 口座開設費や取引手数料が無料 であったり、1,000通貨単位から取引ができたりと初心者でも安心して始められる環境が整っています。

画面の基本的見方の解説

みんなのシストレ 基本画面の見方

ランキングの対象となる期間を選びます。

リピート注文のみにランキングを絞り込みます。リピート注文とは、相場の一定範囲に等間隔に注文を仕掛け、その範囲を価格推移するごとに利益確定が繰り返される、自動売買の一種です。

SBI FXトレードとSBI証券の違いは? スプレッド、スワップポイント、メリットを徹底解説

・取引通貨単位:1通貨単位
・取扱通貨ペア:34種類
・口座開設・維持手数料:無料
・取引手数料:無料
・レバレッジ:最大25倍(一部通貨ペアを除く)
・スプレッド(原則固定・例外あり):
米ドル/円 1〜1,000通貨0.09銭 1,001〜100万通貨 0.19銭
ユーロ/円 1〜1,000通貨0.30銭 1,001〜100万通貨 0.40銭
豪ドル/円 1〜1,000通貨0.40銭 1,001〜100万通貨 0.60銭
・スワップポイント(1万通貨単位)
米ドル/円 買い30円 売り−34円
ユーロ/円 買い−13円 売り8円
ポンド/円 買い6円 売り−11円

>> SBI FXトレードの口座開設はこちら

SBI FXトレードとSBI証券の違いは?

SBIグループのFXのサービスは、SBI FXトレードだけではありません。ネット証券のSBI証券にもFXのサービス(SBI FX α)があります。

●SBI証券「SBI FX α」の基本情報

・取引通貨単位:1万通貨単位(一部通貨ペアは1,000通貨単位で取引可能)
・取扱通貨ペア:28種類
・口座開設・管理手数料:無料
・取引手数料:無料
・レバレッジ:最大25倍(一部通貨ペアを除く)
・スプレッド(原則固定・例外あり):
米ドル/円 0.2銭
ユーロ/円 0.5銭
豪ドル/円 0.7銭
・スワップポイント(1万通貨単位)
米ドル/円 買い30円 売り−34円
ユーロ/円 買い−13円 売り8円
ポンド/円 買い6円 売り−11円

SBI FXトレードとSBI証券のSBI FX αの違いは、次のところにあります。

●取扱通貨ペアの違い

SBI FXトレードの取扱通貨ペアは34種類です。SBI FX αの取扱通貨ペアは28種類。SBI FXトレードの方が多くの通貨ペアを扱っています。もっとも、日本円・米ドル・ユーロ・ポンド・豪ドル・NZドルといった、主要な取引通貨ペアはどちらも網羅していますので、大きな差ではありません。

●最低取引単位の違い

SBI FXトレードの最低取引単位はなんと1通貨から。SBI FX αの最低取引単位は1000通貨から(米ドル/円、ユーロ/円など6通貨ペア)となっていますので、SBI FXトレードのほうがより少額からFXをスタートできます。

●スプレッドの違い

スプレッドはFXの買値と売値の差額のこと。スプレッドの差額が小さいほど、低コストで取引ができます。
SBI FXトレードのスプレッドは1,000通貨以下と1,001通貨以上で異なります。SBI FXトレードのスプレッドは、1,000通貨までの少額の取引のほうが安く設定されています。また、米ドル/円のスプレッド(1万通貨)で比較すると、SBI FXトレードのスプレッドは0.19銭、SBI FX αのスプレッドは0.2銭と、わずかながらSBI FXトレードのほうが安くなっています。

●スワップポイントは同じ

スワップポイントは2つの通貨の金利差相当分。高金利の通貨を買う(低金利の通貨を売る)と、スワップポイントをもらえます。SBI FXトレードとSBI FX αのスワップポイントは、今回調査した米ドル/円・ユーロ/円・豪ドル/円とも同じでした。

SBI FXトレードとSBI証券のFXのサービスは、どちらもSBIグループのサービスですが、別のサービスです。SBI FXトレードでFXをしたい場合、SBI証券の口座を仮に持っていたとしても、別にSBI FXトレードでの口座開設が必要です。

>> SBI FXトレードの口座開設はこちら

SBI FXトレードの3つのメリット

SBI FXトレードと他のFX会社を比較したときに際立つ、SBI FXトレードの3つのメリットを紹介します。

●SBI スワップポイントやスプレッドは FXトレードのメリット1:1通貨単位で取引できる

その点、SBI FXトレードでは1通貨単位から取引ができますので、数百円〜1000円程度の少額からでもスタート可能。とくにFXが初めてならば、少ない資金で取り組んで、値動きの感覚や利益・損失が出る感覚をつかみたいですよね。SBI FXトレードならば、少額から本格的なFXができるので、感覚をつかむのにぴったりです。

●SBI FXトレードのメリット2:少額取引のスプレッドが特に安い

上でも少し触れましたが、SBI スワップポイントやスプレッドは FXトレードのスプレッドは1,000通貨以下と1,001通貨以上で異なります。しかも、SBI FXトレードのスプレッドは、1,000通貨までの少額の取引のほうが安く設定されています。スプレッドが安いと、より少ない値動きでも利益が出せるようになります。もちろん、1,001通貨以上のスプレッドも安いので、長く続けてより大口の取引をするようになったときにも役立ちます。

●SBI FXトレードのメリット3:「積立FX」でコツコツ外貨を買える

>> SBI FXトレードの口座開設はこちら

SBI FXトレードで新規口座開設すると500円もらえる!

SBI FXトレードの特徴、SBI FXトレードとSBI証券の違い、SBI FXトレードのスワップポイントやスプレッド、そしてSBI スワップポイントやスプレッドは FXトレードのメリットまでご紹介してきました。SBI FXトレードは、少額・低コストでFXをスタートでき、積立FXまでできるおすすめのFX会社です。

しかも、SBI FXトレードで新規口座開設を行い、対象期間内にログインした場合、全員に500円がプレゼントされます。SBI FXトレードならば、500円でも十分FXの取引を試すことができます。これを機にぜひSBI FXトレードに口座開設を行い、FXに取り組んでみてくださいね。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる