口座開設アプリ

株式投資はチャートをうまく活用しよう

株式投資はチャートをうまく活用しよう
出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

40年稼ぎ続ける投資のプロの 株で勝つ習慣

13 チャートとタイミングで短期的な銘柄を見つける
14 流れから銘柄を発掘する
15 好チャート銘柄から材料テーマ株を見つける 株式投資はチャートをうまく活用しよう
16 連想を広げて新しい流れをつくる
17 業績進捗率の高い銘柄を狙う
18 黒字転換、復配・増配など変化率に敏感になる
19 決算発表シーズンは“人質銘柄”集めと割り切る
20 「上ヒゲ」銘柄、下げた銘柄、怖い銘柄を狙う
21 「友だち銘柄」をつくる
22 株式投資はチャートをうまく活用しよう SNSやブログで発信する

第4章 「株の情報源」を活用する習慣

23 相場こそ一番情報をくれる師匠と尊敬する
24 情報には「3種類」あることを知る
25 「人が動かす銘柄」と「人を動かす銘柄」の両方を追う
26 無料の情報源を活用する
27 ネットを使ってテーマや材料を探す
28 ラジオ、テレビを流しっぱなしにする
29 人間関係を大切にする
30 証券アナリストは「業界情報の先生」とする
31 相場のプロは「街の投資顧問」をうまく使いこなす
32 「株式セミナー」には自分の考えを持って臨む
33 株式投資はチャートをうまく活用しよう 相場のプロは新聞を15分で読む
34 「IR担当者」に取材してみる
35 『会社四季報』や決算短信からIRへの質問事項を探す

第5章 「相場の季節・循環」を味方にする

36 決算発表とヘッジファンドの換金売りに注目する
37 セミナーのプロは秋に株を奨める
38 配当と値上がりの「往復ビンタ」を狙う
39 「減益予想銘柄」からもチャンスをつかむ
40 相場のプロはイベントを利用する

第6章 株式投資はチャートをうまく活用しよう プロが実践する「売り買い」の習慣

41 1人勝ちより共存共栄のほうがいい結果が出る
42 出来高のある板を見続ける
43 株価、心理の壁である「フシ」を強烈に意識する
44 板を通して、投資家の動きを読む
45 見える板より見えない板を重視する
46 素数は鬼門と考え、3の倍数をリズムの基本とする
47 相場のプロは目立たないことを心掛けている
48 先物ではアルゴリズムと戦わない

第7章 株式投資で儲けるルール

49 自分を捨てて相場の目で見る
50 歴史から学び、バブルの先を読む
51 日本株を支える外国人投資家の動きを知る
52 ドルベースの日経平均をよく見る
53 政府の株に対する姿勢を重視する
54 相場のプロは「仮説と実証」を繰り返す
55 「初めは質より量」と攻めの姿勢を見せる 株式投資はチャートをうまく活用しよう
56 「相場の神様は平等だ」と感謝する

第8章 プロが大切にしている「相場に勝つ」習慣

57 相場のプロは「相場格言」も疑う
58 プロは「神頼み」をする
59 他人とは比較をしない
60 自分のやり方を見つけて、それを続ける
61 プロは「運やツキ」を大切にする
62 人のためにおカネを使う
63 トレードを積み重ねることで成長していく

FXハイレバ取引 少額から短期で稼ぎ切る手法と練習方法

FXハイレバ取引 少額から短期で稼ぎ切る手法と練習方法

FXのハイレバ向き銘柄ドル円

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

ハイレバFXのロット計算方法

リスク管理をするにはレバレッジを何倍かけるか?よりも損切り幅を何pipsに設定し、そのために何ロットで取引するかを考えましょう。

例)
10,000(円) ÷ 10(pips) ÷ 1,000 = 1(ロット)
100,000(円) ÷ 20(pips) ÷ 1,000 = 5(ロット)
※海外FXスタンダード口座の場合

資金が少なくても損切り幅を狭めてロットを張れるようになれば、ますます大きな利益が狙えるようになりますよ。

ハイレバFXの成功法則

  1. 取引環境の良い業者や口座を使う
  2. イレギュラーな値動きをする時間帯を避ける
  3. 安定した値動きの通貨ペアを選ぶ
  4. スプレッドの狭い通貨ペアを選ぶ
  5. エントリー根拠は5分足以下
  6. ぎりぎりまで引き付ける

取引環境の良い業者や口座を使う

イレギュラーな値動きをする時間帯を避ける

  • 東京市場:9時~10時
  • ロンドン市場:15時~17時
  • NY市場:21時~22時

安定した値動きの通貨ペアを選ぶ

スプレッドの狭い通貨ペアを選ぶ

エントリー根拠は5分足以下

ぎりぎりまで引き付ける

  1. 取引環境の良い業者や口座を使う
  2. イレギュラーな値動きをする時間帯を避ける
  3. 安定した値動きの通貨ペアを選ぶ
  4. スプレッドの狭い通貨ペアを選ぶ
  5. エントリー根拠は5分足以下
  6. ぎりぎりまで引き付ける

FXのハイレバ手法

資金を5~10分割して取引口座に入金する

1時間足チャートで中長期のトレンドを見る

FXのハイレバ手法1

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

15分足で短期のトレンドを見る

FXのハイレバ手法2

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

【大トレンドと小トレンドの方向性が一致】 株式投資はチャートをうまく活用しよう
・中期順張り:トレンドの押し目を狙う
・利確目安:10pips~

【大トレンドと小トレンドの方向性が異なる】
・短期逆張り:トレンド形成中の過熱感を利用して素早く利確
・利確目安:5~10pips

短期逆張りは利確の判断が難しいため、まずは大トレンドと小トレンドの方向性が一致している時に順張りでエントリーしましょう。

5分足のRSIでエントリーポイントを判断

FXのハイレバ手法3

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

【パターン①】
特徴:値幅が取りやすいものの、だましに合う可能性も高い

①ローソク足が大トレンドの下限のラインにタッチしていること。
②ローソク足の実体が下限のラインを超えていないこと。
③RSIが30にタッチしていること。

FXのハイレバ手法エントリーポイント1

出典:TradingView「 株式投資はチャートをうまく活用しよう 米ドル/円チャート」より

【パターン②】
特徴:狙える値幅は狭まるものの、だましに合う可能性は下がる

①ローソク足が切り下がり(下降トレンド)から切りあがりに(上昇トレンド)転換したか
②移動平均線がゴールデンクロスしたか
③ローソク足が確定した時点でRSIが50を超えたか
※下降トレンドを狙う場合はこの逆

FXのハイレバ手法エントリーポイント

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

エントリーポイントはRSIが50以上を推移してからローソク足が確定した時点で50以下をつけたタイミングです。

FXのハイレバ手法エントリーポイント2

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

株式投資はチャートをうまく活用しよう

ETFとはExchange Traded Fundの略で、Exchange(証券取引所で)Traded(取引される)Fund(投資信託)です。

米国株ETFに投資する4つのメリット

株式投資はチャートをうまく活用しよう
コスト 売買
手数料
為替スプレッド
(国内投資信託)
iシェアーズ
米国株式インデックス・ファンド
(S&P500指数連動型)
0.4125%
(信託報酬)
なし 両替なし
(米国株ETF)
iシェアーズ S&P 500 ETF(IVV)
0.03%
(経費率)
0.495% 1ドルあたり20銭

コスト 売買
手数料
為替スプレッド
(国内投資信託)
iシェアーズ
ゴールドインデックス・ファンド(H無)
0.株式投資はチャートをうまく活用しよう 5085%
(信託報酬)
なし 両替なし
(米国株ETF)
iシェアーズ ゴールド トラスト(IAU)
0.25%
(スポンサー報酬)
0.495% 1ドルあたり20銭

画像01

ご注意事項

Max

Max

個人投資家。30年以上の国内外での投資の経験を活かしFPとして、多岐にわたる相談を受ける。
フロリダの大学在学中、某金融雑誌の編集長も務める大学教授から投資の本質を徹底的に叩き込まれる。その時培った投資手法を今でも実践。
米国や南米の富裕層との交流から、資産運用の重要性を肌で感じ、その後の考え方に多大な影響を受ける。
多くの人に投資の重要性とその素晴らしさを知ってもらいたく、投資信託と株の塾を主催。
現在は国内外に複数の企業を経営。

FXハイレバ取引 少額から短期で稼ぎ切る手法と練習方法

FXハイレバ取引 少額から短期で稼ぎ切る手法と練習方法

FXのハイレバ向き銘柄ドル円

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

ハイレバFXのロット計算方法

リスク管理をするにはレバレッジを何倍かけるか?よりも損切り幅を何pipsに設定し、そのために何ロットで取引するかを考えましょう。

例)
10,000(円) ÷ 10(pips) ÷ 1,000 = 株式投資はチャートをうまく活用しよう 1(ロット)
100,000(円) ÷ 20(pips) ÷ 1,株式投資はチャートをうまく活用しよう 000 = 5(ロット)
※海外FXスタンダード口座の場合

資金が少なくても損切り幅を狭めてロットを張れるようになれば、ますます大きな利益が狙えるようになりますよ。

ハイレバFXの成功法則

  1. 取引環境の良い業者や口座を使う
  2. イレギュラーな値動きをする時間帯を避ける
  3. 安定した値動きの通貨ペアを選ぶ
  4. スプレッドの狭い通貨ペアを選ぶ
  5. 株式投資はチャートをうまく活用しよう
  6. エントリー根拠は5分足以下
  7. ぎりぎりまで引き付ける

取引環境の良い業者や口座を使う

イレギュラーな値動きをする時間帯を避ける

  • 東京市場:9時~10時
  • ロンドン市場:15時~17時
  • NY市場:21時~22時

安定した値動きの通貨ペアを選ぶ

スプレッドの狭い通貨ペアを選ぶ

エントリー根拠は5分足以下

ぎりぎりまで引き付ける

  1. 取引環境の良い業者や口座を使う
  2. イレギュラーな値動きをする時間帯を避ける
  3. 安定した値動きの通貨ペアを選ぶ
  4. スプレッドの狭い通貨ペアを選ぶ
  5. エントリー根拠は5分足以下
  6. ぎりぎりまで引き付ける

FXのハイレバ手法

資金を5~10分割して取引口座に入金する

1時間足チャートで中長期のトレンドを見る

FXのハイレバ手法1

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

15分足で短期のトレンドを見る

FXのハイレバ手法2

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

【大トレンドと小トレンドの方向性が一致】
・中期順張り:トレンドの押し目を狙う
・利確目安:10pips~

【大トレンドと小トレンドの方向性が異なる】
・短期逆張り:トレンド形成中の過熱感を利用して素早く利確
・利確目安:5~10pips

短期逆張りは利確の判断が難しいため、まずは大トレンドと小トレンドの方向性が一致している時に順張りでエントリーしましょう。

5分足のRSIでエントリーポイントを判断

FXのハイレバ手法3

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

【パターン①】
特徴:値幅が取りやすいものの、だましに合う可能性も高い

①ローソク足が大トレンドの下限のラインにタッチしていること。
②ローソク足の実体が下限のラインを超えていないこと。
③RSIが30にタッチしていること。

FXのハイレバ手法エントリーポイント1

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

【パターン②】
特徴:狙える値幅は狭まるものの、だましに合う可能性は下がる

①ローソク足が切り下がり(下降トレンド)から切りあがりに(上昇トレンド)転換したか
②移動平均線がゴールデンクロスしたか
③ローソク足が確定した時点でRSIが50を超えたか
※下降トレンドを狙う場合はこの逆

FXのハイレバ手法エントリーポイント

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

エントリーポイントはRSIが50以上を推移してからローソク足が確定した時点で50以下をつけたタイミングです。

FXのハイレバ手法エントリーポイント2

出典:TradingView「 米ドル/円チャート」より

株式投資はチャートをうまく活用しよう

ETFとはExchange Traded Fundの略で、Exchange(証券取引所で)Traded(取引される)Fund(投資信託)です。

米国株ETFに投資する4つのメリット

コスト 売買
手数料
為替スプレッド
(国内投資信託)
iシェアーズ
米国株式インデックス・ファンド
(S&P500指数連動型)
0.4125%
(信託報酬)
なし 両替なし
(米国株ETF)
iシェアーズ S&P 500 ETF(IVV)株式投資はチャートをうまく活用しよう
0.03%
(経費率)
0.495% 1ドルあたり20銭

コスト 売買
手数料
為替スプレッド
(国内投資信託)
iシェアーズ
ゴールドインデックス・ファンド(H無)
0.5085%
(信託報酬)
なし 両替なし
(米国株ETF)
iシェアーズ ゴールド トラスト(IAU)
0.25%
(スポンサー報酬)
0.495% 1ドルあたり20銭
株式投資はチャートをうまく活用しよう

画像01

ご注意事項

Max

Max

個人投資家。30年以上の国内外での投資の経験を活かしFPとして、多岐にわたる相談を受ける。
フロリダの大学在学中、某金融雑誌の編集長も務める大学教授から投資の本質を徹底的に叩き込まれる。その時培った投資手法を今でも実践。
米国や南米の富裕層との交流から、資産運用の重要性を肌で感じ、その後の考え方に多大な影響を受ける。
多くの人に投資の重要性とその素晴らしさを知ってもらいたく、投資信託と株の塾を主催。
現在は国内外に複数の企業を経営。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる