仮想通貨で儲ける方法は

ローソク足とは

ローソク足とは

かぶせ線は、その名の通り大陽線が出た後のローソク足が、大陽線にかぶさるような陰線になった2つのローソク足の組み合わせのことをいいます。条件としては、2つ目のローソク足の始値が、1つ目の大陽線よりも上の値であることと、終値が大陽線の中央値よりも下であることです。

ローソク足とは|一生使える見方・使い方や予測するためのパターンの読み方


ローソク足とは、株や為替などの値動きを、ローソク状の図形で正確に表したものです。このローソク足の連なりで、時間経過とともに変わっていく相場の動きを表したグラフが、ローソク足チャートです。ローソク足は日本で発明され、価格の変動を表現したグラフでは世界で最も精緻でわかりやすく、多くのトレーダーに使用されています。ローソク足には、様々な決まりやパターンが存在し、世界中の投資家がローソク足のパターンを指標に株やFXの取引きをしています。

この記事では、10年以上相場に関わり、ローソク足を用いてトレードしてきた著者がローソク足の基本から実際の運用方法、読み方やパターンなどについて解説します。あなたが、FXや株式投資などに今後関わっていくならば、一生使える知識になるでしょう。

1.ローソク足チャートとは何か|意味をわかりやすく解説


この章で、ローソク足チャートの意味や使い方を詳しくみていきましょう。もう10年以上前のことになりますが、私が投資を始めてローソク足の本を読み始めたときは、とてもワクワクしたことを憶えています。

自分が専門家に一歩近づいていく感覚や、新しい知識を身につける楽しさが昨日のことのように思い出されます。ですから、ぜひあなたも、昔の私のように胸を高鳴らせて読み進めていただけたら嬉しいです。

1-1.ローソク足とは 初心者でも簡単!ローソク足の種類やヒゲの見方

下図のように、始値よりも終値の方が高いものを陽線(ようせん)、始値よりも終値の方が安いものを陰線(いんせん)といいます。安値と高値は上下に突き出した線で表し、この線を ヒゲと呼びます。上のヒゲ(上ヒゲ)の先端が最も高かった価格を、下のヒゲ(下ヒゲ)の先端が最も安かった価格を示しているということです。

1-2.ローソク足は株とFXでは意味合いが違うの?

株やFXの値動きは、本質的には投資家心理によって動いています。ですから、ローソク足チャートの変化は、こうした投資家心理を表しているともいえるのです。

ローソク足が人間の心理を表しているものだとすれば、株であろうとFXであろうとその本質は変わりません。先物取引や商品取引、あるいはビットコインなど、価格変動するあらゆる金融商品に適応できるものだと言えます。

2.ローソク足の読み方と使い方とは|サインを見る


ローソク足は一本だけを見ても売買タイミングをはかる目安にできますが、より精度を上げるために、一本のローソク足の状態だけでなく、ローソク足の連なりのパターンを見てトレードするのが一般的です。ローソク足の連なりのパターンについては、後の章で解説することにして、ここでは基本となる一本のローソク足での読み方や使い方をみてみましょう。

2-1.ローソク足の見方|大陽線・大陰線


大陽線なら買いが、大陰線なら売りが、ものすごく強いことを表わしているローソク足になります。実体(胴体)が長いローソク足です。大陽線でも、上下にヒゲが付くのが普通ですが、ヒゲがついていない長いローソク足はぼうずと呼ばれ、明白な買いあるいは売りの材料が出た際に出やすく、陽線なら 買い、陰線なら売りの勢力が圧倒的に多いことを物語っています。

2-2.ローソク足の見方|小陽線・小陰線


小陽線・小陰線は実体部分が小さいローソク足のことを指します。小陽線・小陰線の判断基準としては、過去のローソク足と比較して、どの程度短いかで判断します。過去のローソク足と比べて、実体部分が小さい場合は相場が迷っているというサインになります。

2-3.ローソク足の見方|下影陽線・下影陰線


下影とはそのローソク足が示す期間内で、かなり価格が下がったということを表しています。下影陽線の場合、相場が始まってから大きく価格が下がったにもかかわらず、その後上げに転じて、結果、始値よりも高い終値をつけたということです。つまり、相場が始まってからの強烈な売りを押し返して、価格が上がったということを意味しますから、買いの勢力がとても強いことを表すサインになります。

反対に下影陰線の場合は、売り勢力に押されて下落し、反発しようとしたものの、始値にもどることなくその期間の相場が終わったということですから、反発の弱さを表すサインと考えられます。

2-4.ローソク足の見方|上影陽線・上影陰線


上にヒゲが伸びている状態のローソク足を、上影陽線または上影陰線と呼びます。陽線の場合は、相場が始まるとともに価格を上げたけれど、売り勢力に押され始値以下となり、その後持ち直して始値を越えてきたというパターン1と、相場が始まって、価格を下げたのちに一気に反発したにもかかわらず、また価格が下落してきたというパターン2に分類されます。
パターン1の場合はやや上昇に傾いてきたというサインになり、パターン2の場合はやや売りに押されているので弱めの下落サインととれます。パターン1かパターン2なのかの判断は、より期間が短いローソク足を見ることでわかります。

上影陰線は上影陽線と同じような意味合いを持ちますが、より下落傾向が強いというサインになります。特に高値圏でこのローソク足が出た場合は、相場の転換点となり、一気に下落に傾くというケースも多いです。

2-5.ローソク足の見方|コマ


始値と終値が大きく違わず、実態がかなり短い状態のローソク足をコマと呼びます。その形を見ると、おもちゃの独楽(こま)のように見えるのでこの名前がつけられました。

2-6.ローソク足の見方|十字


ローソク足が示す期間において、売りと買いが最終的に同値になったこと表しています。始値と終値が同じ値になったということは、実体は線で表されます。見た目が十字の形をしていることから十字線と呼ばれ、難しい言い方をすると寄付き同時線といいます。

2-7.ローソク足の見方|トンボ


いったん売りに押されたものの、買いが押し返して、最終的には売りと買いが拮抗した状態です。その形が虫のトンボに似ていることから、図のような状態のローソク足をトンボと呼びます。

2-8.ローソク足の見方|塔婆(トウバ)

塔婆のイメージは一般的に暗いものですが、そのイメージ通り、どちらかといえば、相場が下落傾向にあることを意味します。

3.ローソク足のパターンと組み合わせ|分析の方法


2章で紹介したように、ローソク足は1本だけを見ても、一つの指標になりますが、連続したローソク足を分析することによって、将来の価格予想の精度をさらに上げることができます。この章では、連続したローソク足をどうやって分析するのかということについて解説していきます。この章に書いてあることを、きちんと理解すれば、あなたは株式やFXにおいて、一つの視点を手にれることができるでしょう。

3-1.ローソク足はシグナルになる

もちろん将来を100パーセント予測することなど、どんな手法を使ってもできません。ただし、ある兆候が出た場合、今後相場が上りやすいのが、下がりやすいのかという見方を一つ手に入れるだけで、取引は随分と楽になるものです。こうした兆候を、この記事ではシグナルと呼んで解説していきましょう。

3-2.ローソク足の見方|はらみ線


直近の陽線あるいは陰線の長さの範囲内において、陰線あるいは陽線(直近とは反対の線)が出現する2つのローソク足の組み合わせをはらみ線と呼びます。

「陰線→陽線」、あるいは「陽線→陰線」の2パターンがあります。陰線→陽線が底値圏で出た場合、相場の転換点のサインになることが多いです。
反対に陰線→陽線が相場の天井圏で出た場合、これから下落するシグナルと捉えて売買する人が増えてくるということです。

さらに重要なのは、はらみ線が出た次のローソク足が陰線なのか陽線なのかです。陰線→陽線はらみ線が底値圏で出た次のローソク足が、陽線だった場合、これから上昇していく可能性がより高くなります。

3-3.ローソク足の見方|切り込み線


かぶせ線は、その名の通り大陽線が出た後のローソク足が、大陽線にかぶさるような陰線になった2つのローソク足の組み合わせのことをいいます。条件としては、2つ目のローソク足の始値が、1つ目の大陽線よりも上の値であることと、終値が大陽線の中央値よりも下であることです。

相場が上昇してきたときに、かぶせ線が出ると、相場の転換点になりうるので注意が必要です。つまり、切り込み線と真逆の意味を持つ線といえるでしょう。

3-4.ローソク足の陰線が多いということは|最も簡単な予測例

このような視点で、相場がどちらに向かおうかとしているかということ(トレンド)を計ることができます。

5.ローソク足の歴史と酒田五法


ローソク足は日本で生まれたと前述しました。具体的には、江戸時代の米相場を予測するために作られたのが、ローソク足です。考案者は相場の神様といわれた本間宗久といわれています。本間宗久は、ローソク足を使用した有名な分析手法である、「酒田五法」を作ったということでも有名です。上記で紹介したローソク足の分析手法も、「酒田五法」がもとになっています。

しかし、こうした海外の投資手法を学んだのちに、ローソク足の分析をはじめとした、かつての日本人が考案した叡智を改めて見てみると、その精緻さに驚くのです。より優れたものを追い求めて海外に目を向けていたのに、そのエッセンスが自分の国の、しかもはるか昔、江戸時代に既に発明されていたのですから。

6.ローソク足を極めるためにおすすめの本

前章で、ローソク足の歴史やかつての日本人が考案した相場での叡智のことについて触れましたが、現在書店で買えるという意味で、その頃の知識を我々に伝えてくれる本は、そう多くはありません。しかし、あなたが、ローソク足の分析を極めるとともに、かつての日本人の叡智に触れたいと思うなら、『定本 酒田罫線法』林 輝太郎 (著)をオススメします。

7.ローソク足とは おわりに|ローソク足は株やFXの基礎教養になる


ローソク足は、株式投資やFXで取引するうえで、必ずあなたのプラスになる知識です。あなたがチャートソフトなどで、ローソク足を見られる状況なら、ぜひこの記事で書いた知識を用いて、チャートを見てみてください。きっと、これまでとは違ったふうに見えてくるはずです。

そして、チャートを視覚的に注意深く見ることを続けるうちに、どんなときに相場が転換するのかということも感じ取れるようになってきます。あなたが、投資や投機をしているなら、自分の資金が減ったのか増えたのかということばかりに目がいきがちです。それはもちろん大事なことですが、それ以上に大切なことはローソク足や相場を見る自分自身の目を育てていくことです。相場を見る目を育てることが、結果的にあなたの資産を増やしていくからです。

ローソク足とバーチャートの違い!どっちが使いやすい?

ローソク足

ドル円ローソク


上のチャートはドル円のローソク足(日足)です。

例えば上昇している期間の 陽線の数と陰線の数を比較する と、上昇している期間は陽線の方が多いことや、陽線の実体部分の長さも長いことが分かります。

その足が陽線なのか陰線なのかが分かりやすいローソク足を使うことで、 陽線の数や陰線の数を数えやすい というメリットがあります。


逆にデメリットとしては、上がった下がったが自然と目に入ることになりますので、陽線の次の日であること、陰線の次の日であることは 無意識のうちに意識してしまう可能性 が出てきます。

日本で開発されたチャートで我々は日本人なので、愛着が出やすいローソク足ですが、 海外のトレーダーはバーチャート派の方が多い のも事実で、ローソク足を使った方が有利だとは言いきれない部分もあります。

バーチャートのメリット・デメリット

バーチャート


上のローソク足と全く同じ期間のドル円のバーチャートです。


チャートが無機質に見えるかもしれませんが、トレンドラインを引いたり、チャートパターンを探すのであれば、 陽線・陰線が目に入らないバーチャート の方が優れているという見方もできます。


実際に、外国のトレーダーが書いたトレードの本の中に出てくるチャートの実例はバーチャートであることも多いので、 バーチャートは使いにくいという先入観は持たない方が良い です。

【ローソク足の見方】「つつみ線」「はらみ線」はトレ転の兆し!?

ローソク足の見方

ブエナス タルデス 子パンダちゃん

チャートで使われるローソク足には、色々なパターンがあって名前が付いているものもあるパオ
中には「 三川宵の明星 」みたいな、こう、中二心をくすぐりたくなる感じのものもあるポヨ(褒めてるパオ)

とは言っても、ローソク足のパターン全てを無理に暗記する必要はないブホ
記憶にとどめながら、相場に臨んで覚えてみてほしいパオ

(1)つつみ線(抱き線)とは

  • 陽のつつみ線 :1本目が陰線、2本目がそれより大きな(包み隠す)陽線
  • 陰のつつみ線 :1本目が陽線、2本目がそれより大きな(包み隠す)陰線

f:id:kabu_ohimesama:20200715005933p:plain

これは、直近で「買い方」と「売り方」の形勢が逆転した可能性を示唆しているクポ

相場の天井圏付近で「 陰のつつみ線 」が出た時は ローソク足とは 下降トレンド への、
相場の底値圏付近で「 陽のつつみ線 」が出た時は 上昇トレンド ローソク足とは への、
トレンド転換を示すシグナルである可能性があるパオ

f:id:kabu_ohimesama:20200717145453p:plain

見事な 陰のつつみ線 が出ているクポ

(2)はらみ線とは

  • 陽のはらみ線 :1本目が陰線、2本目が陰線の範囲に収まる陽線
  • 陰のはらみ線 :1本目が陽線、2本目が陽線の範囲に収まる陰線

f:id:kabu_ohimesama:20200715022259p:plain

はらみ線は、つつみ線ほどではないにせよトレンド変化の兆しであると言えるパオ

例えば、底値圏で 陽のはらみ線 が出た場合には、前日に比べて上値がしっかりと買われていると見ることができるポコ

上昇トレンドに変わったかと言われると微妙だけど、下降トレンドからの変化は見られるパオね

f:id:kabu_ohimesama:20200715021855p:plain

そんなわけで、天井圏付近で「 陰のはらみ線 」が、底値圏付近で「 陽のはらみ線 」が出た場合には、トレンド変化の兆しが出ていると捉えて備えてみるのが良いクポ

ポンド円15分足

▼直近のポンド円15分足(クリックで拡大します)

転換を示唆するローソク足形状

実際のチャートではもう少し複雑な形状となるケースもありますが、概ねこの3タイプが基本となります。

FX侍です、こんばんは。 今回は「ローソク足のだまし」を逆手に取る方法を紹介します。 難しそうな印象を持つかもしれませんが、要点さえ抑えておけば見方はシンプルなので簡単です。 だましの後のリカバリーやエントリー根拠としても使えるので、覚えておくと役立つ場面は多いでしょう。.

転換を示唆するローソク足形状のポイント

・下落を止めたローソク足
・反発する意図を示すローソク足

転換を示唆するローソク足形状にサポレジを組み合わせる

先程の転換を示唆するローソク足形状の3タイプは 「どこで出るか?」 が非常に重要です。

サポレジで転換を示唆するローソク足形状が出るのが重要

反発する理由がある場所で反発するのが絶対条件です。

SMA200を表示したユーロドル15分足

▼SMA200を表示したユーロドル15分足(クリックで拡大します)

SMA200付近での反発を狙うトレード事例

▼SMA200付近での反発を狙うトレード事例(クリックで拡大します)

ローソク足とサポレジだけを使う15分足トレード手法まとめ

当ブログでも事ある毎に書いてますが、サポレジが分からない人はトレードで勝つのは難しいです。

・サポートを背にして買う
・レジスタンスを背にして売る

冒頭でも書いたように、サポレジがよく分からない…という人は、サポレジとして意識されやすい反発ポイントを可視化したFX侍テンプレートをお勧めしています。

FX侍です、こん◯◯わ。 FX侍が普段使用しているインジケーターを盛り込んだ「FX侍テンプレート」を限定配布します。 FX侍テンプレートを一言で表すと… 「少し先の値動きをカンニングできるテンプレート」 欧米の大口が用いるテクニカル指標を組み込んだテンプレなので、反.

FX初心者が覚えるべきトレンドサイン、酒田五法のローソク足分析パターン

FX初心者が覚えるべきトレンドサイン、酒田五法のローソク足分析パターン

###


ダブルボトムは、さきほど説明したダブルトップの逆パターンです。こちらはアルファベットの「W」の形に見えます。
相場が底値に入るあたりで出現し、底が2つあるチャートのパターンです。ネックラインは、相場が下落し底値(一番底)のサポートライン(支持線)で跳ね返され一度上昇し、再び下落しようとしたと辺りになります。

###

###


トリプルトップの反対である逆三尊(トリプルボトム)です。3度目の底値をネックライン割れから今度は買いエントリーとなります。

###


先ほどご紹介したトリプルトップの真ん中の頂点が左右よりも高い位置を取るのがヘッド&ショルダートップ(三尊)です。
ヘッド&ショルダーも同様に相場が反転・下落するサインとなります。真ん中のトップを「ヘッド=頭の部分」、左右のトップを「ショルダー=肩」に見立てているので、この名称が付けられています。

###


ヘッド&ショルダートップの反対で、相場が底打ちして反転・上昇のサインとなります。ネックラインを抜けたら、買いでエントリーするパターンになります。

###


ウェッジとは英語の「Wedge」、つまり「くさび」を意味しています。チャートパターンが上値も下値も徐々に切り上げていき、まるでくさびを打つような形を形成していくことからこの名称が付けられています。
最終的には上値の上昇の勢いが止まり、ネックラインを割れてくると買い勢力は売り、さらに売り勢力も加わってくるので激しく下落していきます。

###


上昇ウェッジの反対パターンです。ただし、上記の図とは違いネックラインから上昇せずに下に落ちてくる場合もあります。
もし、心配なら短い時間足で戻りを待ってからエントリーすると「ダマシ」に遭う確率を少し下げることができるでしょう。

###


ペナントは英語で「(三角形の)旗」を意味しており、まさにチャートパターンがその形をしていることから名づけられています。上値も下値も徐々に切り下がって狭くなっていき、やがて上方向あるいは下方向に抜けていきます。
ただし、上記のチャート例のように相場が上昇の途中でペナントが現れると、その後のブレイクは同じように上昇を継続することのほうが多く見られます。

###


ペナント同様に「旗」という名称が付けられているのが、「フラッグ(Flag)」です。ペナントと異なるのは、上値も下値も下降しながら、最終的にブレイクするというチャートパターンが形成されることです。
レジスタンスライン抜けから買いでエントリーする戦略が有効です。
上昇フラッグは、上がり続けた相場がいったんどこかの節目で、それまで買っていた勢力の利益確定売りが入って徐々に下がり始め、価格が切り下がったところで今度は新規の買いが入り、ライン抜けで再び上昇を継続させた形になります。

###


上昇フラッグの真逆の値動きです。サポートラインを抜けから売りでエントリーします。
これら上記で解説したさまざまなチャートのパターンはトレンド転換時に出現しやすいため、多くのトレーダーが「トレンド転換のサイン」として理解しているものです。しかし、必ずトレンド転換するわけではないので、トレンドが変わる可能性が高いと意識する程度にしておくと良いでしょう。

FXで使える酒田五法のローソク足分析パターン

###


ここまでローソク足の基本的な種類や意味についてお伝えしてきました。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる