デモ取引

買いポジションを開く

買いポジションを開く
今後のカウシェは、「ソーシャルEC」要素の強化を図ります。

現在利用されている主なECは「即日配送」や「業界最安値」など、消費者に「早く、安く、商品を届けること」を重要視しています。その一方で、本来オフラインでの買い物における重要な要素である、「だれかと買い物をする楽しさ」を目指す事業者は多くありません。
カウシェは、オフラインの買い物と同様に、オンラインにおいても「楽しい買い物体験」を実現するため、今回追加調達した資金を元に、お客様同士、または事業者とお客様の相互交流といったアプリ内でのソーシャル要素の強化を目指します。これにより、オンラインなのに人の温かみが感じられるような体験の提供を実現していきます。

セール中も【ハニーズ人気】1280円「高収納ミニ財布」色ち買いする人も

なるべく定番の荷物は少なくいたいものです。バッグの中で財布にスペースを取りたくないという方に人気なのが、こちらの「コンパクトウォレット」。三つ折りタイプのこのお財布は、コンパクトに折りたためるのはもちろん前後に小銭とお札を分けて収納が可能です。 一番の特徴といえるのががばっと開く小銭入れです。中身が見やすいのでお会計時もラクラク。また、カードを入れる場所が7か所もあるので、カードケースを持つことなくまとめることができます。カラーは5色展開なので好みやファッションに合わせて選ぶこともできますね。多機能なこちらのお財布は税込1280円(セール中は、税込1152円)。色違いで購入して気分で使い分けてもいいかもしれません。 ・サイズ:約8.5㎝×横(最大)約9.5㎝ ・素材:表地 合成皮革、別布 合成皮革、裏地 ポリエステル 100% ・中国製 ・カラー:ブラック、ピンク、イエロー、ベージュ、グリーン 【ハニーズ コンパクトウォレット】1280円(税込)SALE価格1152円(税込) ※プレミアムフライデー 2022年3月29日(火)13:59まで

「ハニーズ コンパクトウォレット」5つのおすすめポイント

1. バックなどにもスッポリ入るコンパクト設計 2. 豊富な5色のカラーバリエーション 3. 小銭が取り出しやすい 4. カードもたっぷり収納できる 5. 税込1280円というプチプライス 口コミ ・「ハニーズのお財布最高! コンパクトな財布を求めていたんだけど、ハニーズの財布がすごくいい。コンパクトで使いやすい、1280円ととにかく安い、小銭すごく見やすい、カードも7枚入る。そしてカラバリも可愛い。この値段でこの機能は買いです」 ・「ベージュを購入。思っていたより分厚かったですが、色もデザインもシンプルで良き。ただボタンが閉まりにくかったので、そこだけちょっと残念でした。」

バラエティに富んだ商品を楽しんで

ハニーズは多くのユーザーに支持されるさまざまな感性にマッチした商品を多数生み出し、進化を続けてきているそうです。 今回のコンパクトウォレットはお手頃価格で多機能と、おしゃれを楽しみながら便利に使えるアイテムとなっているようなので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。 参考資料 ・ハニーズ「公式オンラインショップ」

「買いポジション」と「売りポジション」の英語の違い(difference)とは?英語を分かりやすく解釈

「買いポジション」と「売りポジション」の英語の違い

英語

この記事では、 「買いポジション」 と 「売りポジション」 の違いを分かりやすく説明していきます。

「買いポジション」の英語

「買いポジション」 を英語にすると、 “Buy position” となります。

“Buy position” とは、株などの取引きにおいて、買ったままで、決済がなされていない状態を指す単語となっております。

「買いポジション」の英語の使い方

次は 「買いポジション」 の英語の使い方について解説していきます。

「買いポジション」 とは “Buy position” と表し、株取引などにおいて、購入したまま決済されていない状態に使われます。

・ 「On the buying position side, there are many people who put profit first. 」 (買いポジション側は、儲けを第一に考えている人間が多い)

「売りポジション」の英語

「売りポジション」 を英語にしてみますと、 “Sell position” です。

“Sell position” は、前者の逆の意味です。

「売りポジション」の英語の使い方

ここでは 「売りポジション」 の英語の使い方を取り上げます。

「売りポジション」 は英語で、 “Sell position” となります。

“Sell position” を使うときは、信用取引で自分が、売ったままで決済していないときを表すときに使うことが多いでしょう。

・ 「In Forex you are in the sell position」 (FXでは売りポジションの位置にいます)

「買いポジション」と「売りポジション」の英語の違い

この項目において 「買いポジション」 と 「売りポジション」 買いポジションを開く の英語の違いを解説していきます。

「買いポジション」 は “Buy position” であり、買った状態で決済していないことです。

「売りポジション」 は、 “Sell position” になります。

「買いポジション」の例文(英語)

それでは 「買いポジション」 の英語例文を書いていきます。

・『Buy positions need to be bought carefully』(買いポジションは慎重に買う必要がある)
・『The buy position also considers risks etc. 』(買いポジションはリスクなども考慮している)

「売りポジション」の例文(英語)

ここでも 「売りポジション」 の英語例文を書きます。

・『Buy position in stocks, but sell position in Forex』(株では買いポジションだが、FXでは売りポジションだ)
・『Sell position in options trading』(オプション取引で売りポジションです)

シェア買いアプリ年間売上No. 1※の「カウシェ」、総額約22億円の資金調達(シリーズB)を実施

株式会社カウシェ(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:門奈剣平、以下カウシェ)は、2022年6月28日、Bonds Investment Groupをリードインベスターとして、SIG Asia Investment, LLLP(米国Susquehanna International Groupのグループ会社)、三井住友海上キャピタル、Sony Innovation Fund、モバイル・インターネットキャピタル、電通ベンチャーズおよび既存投資家から総額約22億円の第三者割当増資を実施しました。2020年11月および2021年11月に発表した資金調達とあわせ、これまでの総調達額は約32億円となります。「安い」「早い」といった効率性が重視されるECにおいて、カウシェは「楽しさ」を実現するECを創ることを目指し、今回調達した資金は、ソーシャル要素の強化に向け、エンジニアを中心とした人材採用に活用する予定です。


※「シェア買いアプリ年間売上No. 1」について:日本マーケティングリサーチ機構調べ/調査概要:2021年8月期_指定テーマ領域における競合調査

■急成長する世界および日本のEC化率について
経済産業省が発表した電子商取引に関する市場調査※1によると、世界のBtoC領域(消費者向け電子商取引)のEC化率※2は年々増加しており、2020年では18%、そして2024年には21.買いポジションを開く 8%にまで引き上がることが予想されています。一方で、日本における同領域のEC化率は2020年で8.08%と、前年比で成長しつつも世界平均と比較すると未だ低水準であり、市場が発展する余地が大きいことがわかります。

また、日経クロストレンドが発表した「トレンドマップ 2022上半期」※3においても、ECは将来性および経済インパクトともに1位となっており、今後も日本において特に急伸が期待されている領域です。

図:マーケティング分野のトレンドマップ(出所:株式会社日経BP「トレンドマップ 2022上半期」)
※1参照:令和2年度電子商取引に関する市場調査
7.2.1世界の BtoC-EC 市場
https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/statistics/outlook/210730_new_hokokusho.買いポジションを開く pdf
1.調査結果概要 (1)国内電子商取引市場規模(BtoC 及び BtoB)
https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/statistics/outlook/210730_new_kohyoshiryo.pdf
※2:EC化率とは:すべての商取引金額(商取引市場規模)に対するEC市場規模の割合
※3:2022年5月6日、日経クロストレンドが発表した「トレンドマップ 2022上半期」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000077.000041279.html

■シェア買いアプリ「カウシェ」の成長および、目指す世界について

そのような状況下、2020年9月のコロナ禍にリリースしたシェア買いアプリ「カウシェ」は、2022年5月末には、アプリダウンロード数合計70万件を突破しました。また、流通取引総額(GMV)も前年同月期※1200%と、EC市場の成長曲線以上に加速度的な伸びを続けています。
※2021年5月と2022年5月の比較

今後のカウシェは、「ソーシャルEC」要素の強化を図ります。

現在利用されている主なECは「即日配送」や「業界最安値」など、消費者に「早く、安く、商品を届けること」を重要視しています。その一方で、本来オフラインでの買い物における重要な要素である、「だれかと買い物をする楽しさ」を目指す事業者は多くありません。
カウシェは、オフラインの買い物と同様に、オンラインにおいても「楽しい買い物体験」を実現するため、今回追加調達した資金を元に、お客様同士、または事業者とお客様の相互交流といったアプリ内でのソーシャル要素の強化を目指します。これにより、オンラインなのに人の温かみが感じられるような体験の提供を実現していきます。

■カウシェ代表取締役CEO門奈


コロナ禍そして景気変動という苦しい時代の中で創業したカウシェは、複業社員や、日本各地・海外からのリモートという多様な組織体制を構築し、現在は総勢約100名※のチームへと成長をしてきました。ありがたいことに株主様にも恵まれ、新規投資いただいたVCの方々以外にも、既存投資家全ての方々に本ラウンドでも追加出資いただくなど、一貫してカウシェを信じ、応援してくださっていることに感謝し、また同時に今後も期待以上のパフォーマンスを出し続けること、改めて決意しております。
カウシェが掲げる『楽しさ』がキーになるショッピング体験の実現は、まだまだ日本でも大きく成功している企業がいない、チャレンジングな領域です。そんな中、我々はスタートアップだからこその創造性を発揮し、失敗を恐れず数々のトライとイノベーションを続けることで、プロダクトドリブンで真っ向勝負を仕掛けます。そして、今後も加速度的な成長を続けることで、2025年度にはGMV1,000億円を目指します。

■カウシェ採用情報
CFOをはじめとしたCxOやマネジメント、プロダクトマネージャーやエンジニア、事業開発など、様々なポジションでの募集をしています。詳細はこちらをご覧ください。
採用ページ
https://enjoy-working.kauche.com/
カウシェで働くメンバーの記事
https:買いポジションを開く //enjoy-working.kauche.com/people/articles

■カウシェイベント情報
7月には以下の採用イベント・技術発信イベントを実施予定です。
7月5日開催「シリーズB 22億円調達の資料裏側を公開!~カウシェCXO総出の初イベント~」
https://connpass.com/event/252242/
7月13日開催「KAUCHE Tech Talk #1 最速で0→1を乗り越えたエンジニアリングの裏側
~ Backend、iOS、Android全て見せます~」

https://connpass.com/event/252243/
7月20日「【Backend LT会】3社が向き合う解きがいのあるイシューとは」
(株式会社令和トラベル、株式会社エウレカ、カウシェの合同イベントです。)
https://connpass.com/event/252043/

■シリーズBラウンドの概要


新規投資家
Bonds 買いポジションを開く 買いポジションを開く Investment Group
SIG Asia Investment, LLLP
三井住友海上キャピタル
Sony Innovation Fund
モバイル・インターネットキャピタル
電通ベンチャーズ
既存投資家
デライト・ベンチャーズ
SBIインベストメント
グローバル・ブレイン
ANRI
千葉道場ファンド

■投資家からのコメント


Bonds Investment Group株式会社 パートナー 細野尚孝様
今回リードインベスターとしてカウシェに参画することに、大きく心を躍らせております。弊社は、「スタートアップへの投資活動を通じ、大きな社会課題の解決に挑戦する。大きな事業を生み出し、成長させる。起業家とともに、技術とアイデアと意志をもってより良い未来を創造する。」を理念に投資活動を行なっています。カウシェは、今後成長著しい我が国のEC分野において、ソーシャルコマースというユニークな手法を用い、社会を変革していくスタートアップであり、同分野でリーディングカンパニーになる存在です。この実現に向け、共に挑む所存です。


SIG Asia Investment, LLLP Amber Liu様
SIGは、投資家という立場でカウシェに参画できることを大変嬉しく思っております。日本のEC業界は大きな可能性を秘めており、この分野からネクストユニコーンが生まれるであろうと考えられている中、ソーシャルECというビジネスモデルを日本市場に持ち込み、EC事業にソーシャル性とエンターテイメント性を付加するカウシェは、まさに”ライジング・スター”です。また私たちは、アーリステージのスタートアップであるにもかかわらず、従来の日本企業よりもはるかに柔軟で積極的な新しい働き方を創造する、若い創業者と経営陣の姿勢にも感銘を受けました。給与や新しいストックオプションの制度等も、メンバーを重要視しているという企業の姿勢が伺えます。私たちは、より多くの優秀な人材がカウシェに参画し、楽しく、お得で、安全なEC体験を通じて、消費者を驚かせていくことを、願っております。


三井住友海上キャピタル株式会社 投資開発マネージャー 買いポジションを開く 細谷裕一様
カウシェの提供するシェア買いは、「安い・早い」のみで評価しがちなECサービスにおいて、「だれかと買い物をする楽しさ」という新たな価値を創出しています。リアルな小売店舗にある新たな商品との出会いを提供してくれるシェア買いは、今後のECにおいて新たな潮流になると確信しております。社員に対して革新的な報酬制度も導入されており、ユーザーのみならず働く人に対しても魅力的な職場になっております。今回の投資を通じ、ECサービスを根底から変えようとするカウシェのチャレンジに力添えできることを大変楽しみにしております。


ソニーベンチャーズ株式会社 CEO 土川元様
カウシェの経験豊富な経営チームが打ち出す「楽しさ」を追求したユニークなサービスは、世界的に発展をとげているソーシャルコマース市場が、日本においても大きく花開くことを予感させます。画期的な顧客体験を提供し、新たな働き方を積極的に導入している当社の一層の成長に期待しています。


モバイル・インターネットキャピタル株式会社 シニアインベストメントオフィサー 苗春亭様
カウシェはコマース業界に大きな変化をもたらすスタートアップです。幅広いユーザー層から支持を受け、急成長していますが、「カウシェ」の面白さは、ユーザー本人が消費という経済活動へ積極的に参加できるという仕組みです。また、カウシェは、個人の力を最大限に発揮できる職場を目指しており、先端的な人事/組織設計にも取り組んでいます。このような取り組みに私たちは共感し、この度のファイナンスに応じることと致しました。独自性を更に磨き上げ、日本経済に大きなインパクトをもたらすことを期待しつつ、私たちは全力でカウシェを支援する方針です。


電通ベンチャーズ マネージングパートナー 笹本康太郎様
技術の発展や様々なステークホルダー間の関係変化もあり、ECサービスの提供価値やビジネスモデルには、まだまだ非連続な進化の余地がありそうです。また、いくつか想定される進化のドライバーの中でも、カウシェが注力する「楽しい買い物体験」は、とりわけ伸び代があり、また世の中にとっても意義深いチャレンジになりうる領域なのではと感じています。面白いタイミングで最高のチームとご一緒させていただけることを、大変楽しみにしております!


株式会社デライト・ベンチャーズ マネージングパートナー 南場智子様
「シェア買い」という、新たなショッピング体験を提供するカウシェに追加出資させて頂きました。門奈さんを始め、チーム一丸となって「楽しさ」を兼ね備えた購買行動を社会に定着させるべく本気で挑戦しています。働きがいのある会社にすべく、人事制度も拡充しながら、今後組織も大きく強化し成長して行くフェーズです。採用も強化しているので、是非力を貸して下さい。カウシェの挑戦をデライト・ベンチャーズは引き続き全力で応援していきます。


SBIインベストメント株式会社 投資部 マネージャー 橋詰潤様
成長著しいカウシェに追加出資させて頂きました。BtoCの国内EC化率はまだ1割以下であり、2割の世界全体(中国は3割)と比較しても大きな伸び代があります。中国のソーシャルコマース拼多多(Pinduoduo)は設立からわずか7年で最もユーザー数が多い(年間8億人が利用する)ECに成長しました。「楽しさ」を実現するソーシャルコマースが日本においても普及すると信じて、カウシェは日々挑戦していますが、地に足がついてオープンに議論がなされるカウシェなら必ず実現できると信じております。引き続き応援して参ります。


グローバル・ブレイン株式会社 General Partner 立岡恵介様
前回、前々回の資金調達に続き、今回もグローバル・ブレインから追加出資をさせて頂きました。カウシェは、「シェア買い」というコンセプトに、「楽しさ」をうまく取り入れてGMVを大きく伸ばしてきました。経営陣の事業運営のスピード感、急拡大を支える同社のオペレーション構築力は素晴らしく、近い将来、中国の拼多多(Pinduoduo)のように、日本を代表するECの一つになると確信しています。


ANRI 代表パートナー 佐俣アンリ様
3回目ですね、カウシェチームにご出資させていただくの。素晴らしい成長率に目が行きがちですが、日を重ねるごとに優秀で前向きな仲間が増えていくことが本当によいなと思っています。創業から、急成長に耐える組織カルチャーを作るお手伝いをさせてもらっていますが、自信を持ってよいカルチャーを持ったチームができてきました。カウシェに興味ある方は複業からでもお待ちしていますよ!


千葉道場ファンド パートナー 石井 貴基 様
シードラウンドより応援しているカウシェに追加投資いたしました!リリースより地道にプロダクトを磨き続け、多くのユーザーさまに「お得さ」だけではなく、ご友人や仲間たちとシェア買いをする喜びや楽しさも分かち合える、まったく新しいECプラットフォームに成長してきたと感じています。また、プロダクトだけではなく、組織や人事制度も素晴らしい挑戦を続けており、非常に多様性に富んだチームメンバーが活躍しています。2020年代を代表するメガベンチャーを目指して、「千葉道場」としてこれからもサポートさせていただきます。

■シェア買いアプリ「カウシェ」とは
ショッピングの醍醐味ともいえる「この商品、よくない?」「一緒に買おうよ!」といったコミュニケーションを、オンラインで実現するショッピングアプリです。商品を選び、割引価格での購入を決定後、その情報をSNSでシェアします。友人や家族など、1人以上が同商品の購入を決めると「シェア買い」が成立し、定価の最大70%引き(※)の値段でお得に商品を手に入れることができます。
※:2022年6月15日確認、商品及び時期により割引率は異なります。

【会社概要】
会社名:株式会社カウシェ
事業内容:KAUCHE(カウシェ) の運営
代表者名:門奈剣平
所在地:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目27-5 リンクスクエア新宿16階

MetaTrader4のEAの作り方(前編)

自動売買04

にゃんた

にゃんた

Dr.EA

Dr.EA

EAテンプレートのコード解説

下記のコード部分は、 OnInit()関数 といい、EA稼働開始時に実行される関数です。

つぎのコード部分は、 OnDeinit()関数 といい、EA稼働終了時に実行される関数です。

最後の関数が、 OnTick()関数 といい、ティック(値動き)毎に実行される関数です。

メタエディタでコードを入力

Dr.EA

Dr.EA

にゃんた

にゃんた

Dr.EA

Dr.EA

にゃんた

にゃんた

EAのパラメーターを設置

データ型には、「 int 」整数型、「 double 」実数型、「 bool 」真偽型、「 string 」文字列型などがあります。

ここでは、取引数量を設定する 実数型のLots と、マジックナンバーを設定する 整数型のMagicNumber をパラメーターとして設置するため、次のコードを追加します。

グローバル変数を宣言

どの関数内でもないこの位置で宣言する変数は、どの関数からも参照できて格納された値を記憶する特別な変数「 グローバル変数 」となります。

OnTick()関数内の構成

ドテン取引を1ティック内で実行できるように、「 決済処理 」→「 エントリー処理 」の順にしています。

ローカル変数を宣言

保有ポジションを確認

コード内のforを選択してキーボードのF1キーを押すとfor()文の解説が見られます。
コード内のOrderSelectを選択してキーボードのF1キーを押すとOrderSelect()関数の解説が見られます。
MQL4リファレンスを上手に活用してMQL4を覚えていくのもEA作成スキル上達にとって大切なことです。

“MetaTrader4のEAの作り方(前編)” への22件のフィードバック

kkさん
こんにちわ!
平均足の返す数値にはシグナルがありませんが、カスタムインディケータをEAにする方法の記事を参考に、平均足の各インデックスがどうなれば、表示が陽線かなどを調べるとわかります。
具体的なプログラムは来年度開催予定の勉強会の1つに盛り込みたいと思いますので、ぜひご連絡ください^^

はじめまして、ど初心者のJackyです
基本練習どおりにやりはじめて、最初の1行目でつまづきました
//変数の宣言
のところで日本語の文字を入れようとすると見たことのないような文字が出てきて日本語を書くことができませんが、どこがまちがっているのでしょうか?
初歩的な質問ですみません

Jackyさん
こんにちわ!
日本語を書きたいときは、
Tools→Options→fontで
Script:日本語
にします。
fontによっては日本語がないものもありますのでご注意ください。 買いポジションを開く
ちなみに私は、MS ゴシックを使用してます^^

おひさしぶりです 先日はサイコロジカルラインのご提示ありがとうございました
今回も、厚かましく、お願いがあるのですが、気が向いたらご返答よろしくです
ひとつのEA内で、パラメータの違いによっての、ふたつのポジションで運用するポートフォリオ化をしたい場合、どのようなプログラムになるのかご指導願えますでしょうか
まことにプログラム素人の不勉強の致すところ恥ずかしいのですけど。
あのランダムエントリーでも利益を出すATRストップで例えていただけるとうれしいのですが。

始めまして、Jakiと申します。
貴殿のブログは大変勉強になっております。
初心者なのでまだまだ勉強しないとだめだと思っています。
お忙しい中、ひとつ教授していただきたい件がありメールしました。
CCI(Commodity Channel Index)を使って、
+100及び-100で買われすぎ・売られすぎを判断するとの事のようですが、
その値を超えたらトレードをしないようにするコードの書き方を
御教授していただきたくメールしました。
また、+100及び-100はパラメーターで変更可能にするようにするにはどうしたらいいのか、
初歩的な質問で申し訳ありません。
何卒、明快なご指導をお願いします。

Jakiさん
こんにちわ^^
パラメータにするには、
{}の無いところ、#property・・・の下あたりに、
例えば、
extern double CCI_UpperLimit = 100;
extern double CCI_LowerLimit =-100;
として、
start()関数の{}内に、
int sign;
//シグナル計算でsignに1や-1などのシグナルを代入する
省略
double cci0 = iCCI(NULL,買いポジションを開く 0,14,PRICE_TYPICAL,0);
if(cci0CCI_UpperLimit) sign = 0;
もし、CCI(14)の現在の値が、CCI_LowerLimitより小さい、または、
CCI_UpperLimitより大きい場合、
signに0を代入。
としてあげると、シグナル計算でsignに0以外の数値が代入されていても、
CCIのフィルタ条件に当てはまったときは、signには0が代入されます。
そして、その後に、
sign が 1のとき買い注文を出す等のコードがつづきますね^^

始めまして、いつも楽しく拝見させていただいてます。
VQのEAのパラメータをいろいろ変更してバックテストしていた所、驚くほどすばらしく(?)右肩下がりの結果が出るパラメータがありました。
そのまま逆にポジションを取ったら、うまく右肩上がりになるのか実験してみたいのですが、どこをいじればいいのか、皆目検討もつきません。
図々しいお願いで申し訳ありませんが、ご指導いただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

慶次さん こんにちは
いつもEAの勉強の参考にさせていただいてます。
質問させてください。現在62SMA>200SMA>800SMAをトレンド発生とみなして5SMAと25SMAの交差するところで売買するEAを作成中なのですがコンパイルしてもエラーが出ないのでバックテストしてみたらTestGenerator: unmatched data error (low value 113.5300 at 2010.10.15 00:00 is not reached from 買いポジションを開く the least timeframe, low price 114.0910 mismatches)というメッセージが出て動かないので頭をかかえています。あまり難しくないEAだと思うのですが、ご教示願えないでしょうか?
//利食い損切りピプス
extern int TakeProfit = 100;
extern int StopLoss 買いポジションを開く =100;
//ロット数
extern double lots=0.1;
//移動平均の計算期間
extern int FastMAPeriod =5;
extern int SlowMAPeriod =25;
extern int A_SMA=62;
extern int B_SMA=200;
extern int C_SMA=800;
int bar,LastType;
int start()
//現在の移動平均線の値
double FastSMA0 = iMA(NULL,0,FastMAPeriod,0,MODE_SMA,PRICE_CLOSE,0);
//1つ前の移動平均線の値
double FastSMA1 = iMA(NULL,0,FastMAPeriod,0,MODE_SMA,PRICE_CLOSE,1);
//
double SlowSMA0 = iMA(NULL,0,SlowMAPeriod,0,MODE_SMA,PRICE_CLOSE,0);
//
double SlowSMA1 = iMA(NULL,0,SlowMAPeriod,0,MODE_SMA,PRICE_CLOSE,1);
//
double A_SMA = iMA(NULL,PERIOD_D1,A_SMA,0,MODE_SMA,PRICE_CLOSE,買いポジションを開く 1);
double B_SMA = iMA(NULL,PERIOD_D1,B_SMA,0,MODE_SMA,PRICE_CLOSE,1);
double C_SMA = iMA(NULL,PERIOD_D1,C_SMA,0,MODE_SMA,PRICE_CLOSE,1);
if(FastSMA0>SlowSMA0 && A_SMA>B_SMA>C_SMA) int sign=1;
if(FastSMA1 // オーダーチェック(ポジションなどのデータ)
int CurrentPosition=-1;
for(買いポジションを開く int cnt=0;cnt0)
bar=Bars;
LastType=1;
>
>
//売り条件 買いポジションを開く
if(bar!=Bars && LastType!=-1 && sign==-1 )
//売りポジションを取る
Ticket = OrderSend(Symbol(), OP_SELL, lots, Bid, 3, Bid+(StopLoss*Point), Bid-(TakeProfit*Point), “test”, 123, 0, Red);
if(Ticket>0)
bar=Bars;
LastType=-1;
>
>
>
// 買いポジションを開く ポジション有り
else
//ポジションの選択
OrderSelect(CurrentPosition,SELECT_BY_POS);
//もし買いポジションで売りシグナルがでたら
if(OrderType()==OP_BUY && sign==-1)
//手仕舞い
OrderClose(OrderTicket(),OrderLots(),買いポジションを開く OrderClosePrice(),3,Green);
//ドテン売り
Ticket = OrderSend(Symbol(), OP_SELL, 買いポジションを開く lots, Bid, 3, Bid+(StopLoss*Point), Bid-(TakeProfit*Point), “test”, 123, 買いポジションを開く 0, Red);
if(Ticket>0)
bar=Bars;
LastType=-1;
>
>
//もし売りポジションで買いシグナルがでたら
if(OrderType()==OP_SELL && sign==1)
//手仕舞い
OrderClose(買いポジションを開く OrderTicket(),OrderLots(),OrderClosePrice(),3,Green);
//ドテン買い
Ticket = 買いポジションを開く 買いポジションを開く OrderSend(Symbol(), OP_BUY,lots, Ask, 3, Ask-(StopLoss*Point), Ask+(買いポジションを開く TakeProfit*Point), “test”, 123, 0, Blue);
if(Ticket>0)
bar=Bars; 買いポジションを開く
LastType=1;
>
>
>
return(0);
>

saruoyajiさん
こんにちわ^^
TestGenerator: unmatched data errorは、
テストで使う時間足と稼動させる時間足のデータが違うときに出力されます。
1分足をもとに、各時間足を生成すると出なくなります。

シェア買いアプリ年間売上No. 1※の「カウシェ」、総額約22億円の資金調達(シリーズB)を実施

株式会社カウシェ(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:門奈剣平、以下カウシェ)は、2022年6月28日、Bonds Investment Groupをリードインベスターとして、SIG Asia Investment, LLLP(米国Susquehanna International Groupのグループ会社)、三井住友海上キャピタル、Sony Innovation Fund、モバイル・インターネットキャピタル、電通ベンチャーズおよび既存投資家から総額約22億円の第三者割当増資を実施しました。2020年11月および2021年11月に発表した資金調達とあわせ、これまでの総調達額は約32億円となります。「安い」「早い」といった効率性が重視されるECにおいて、カウシェは「楽しさ」を実現するECを創ることを目指し、今回調達した資金は、ソーシャル要素の強化に向け、エンジニアを中心とした人材採用に活用する予定です。

※「シェア買いアプリ年間売上No. 1」について:日本マーケティングリサーチ機構調べ/調査概要:2021年8月期_指定テーマ領域における競合調査

■急成長する世界および日本のEC化率について

■シェア買いアプリ「カウシェ」の成長および、目指す世界について

今後のカウシェは、「ソーシャルEC」要素の強化を図ります。

現在利用されている主なECは「即日配送」や「業界最安値」など、消費者に「早く、安く、商品を届けること」を重要視しています。その一方で、本来オフラインでの買い物における重要な要素である、「だれかと買い物をする楽しさ」を目指す事業者は多くありません。
カウシェは、オフラインの買い物と同様に、オンラインにおいても「楽しい買い物体験」を実現するため、今回追加調達した資金を元に、お客様同士、または事業者とお客様の相互交流といったアプリ内でのソーシャル要素の強化を目指します。これにより、オンラインなのに人の温かみが感じられるような体験の提供を実現していきます。

■カウシェ代表取締役CEO門奈

コロナ禍そして景気変動という苦しい時代の中で創業したカウシェは、複業社員や、日本各地・海外からのリモートという多様な組織体制を構築し、現在は総勢約100名※のチームへと成長をしてきました。ありがたいことに株主様にも恵まれ、新規投資いただいたVCの方々以外にも、既存投資家全ての方々に本ラウンドでも追加出資いただくなど、一貫してカウシェを信じ、応援してくださっていることに感謝し、また同時に今後も期待以上のパフォーマンスを出し続けること、改めて決意しております。
カウシェが掲げる『楽しさ』がキーになるショッピング体験の実現は、まだまだ日本でも大きく成功している企業がいない、チャレンジングな領域です。そんな中、我々はスタートアップだからこその創造性を発揮し、失敗を恐れず数々のトライとイノベーションを続けることで、プロダクトドリブンで真っ向勝負を仕掛けます。そして、今後も加速度的な成長を続けることで、2025年度にはGMV1,000億円を目指します。

■カウシェ採用情報
CFOをはじめとしたCxOやマネジメント、プロダクトマネージャーやエンジニア、事業開発など、様々なポジションでの募集をしています。詳細はこちらをご覧ください。
採用ページ
https://enjoy-working.kauche.com/
カウシェで働くメンバーの記事
https://enjoy-working.kauche.com/people/articles

■カウシェイベント情報 買いポジションを開く
7月には以下の採用イベント・技術発信イベントを実施予定です。

7月5日開催「シリーズB 22億円調達の資料裏側を公開!〜カウシェCXO総出の初イベント〜」
https://connpass.com/event/252242/
7月13日開催「KAUCHE Tech Talk #1 最速で0→1を乗り越えたエンジニアリングの裏側
〜 Backend、iOS、Android全て見せます〜」

https://connpass.com/event/252243/
7月20日「【Backend LT会】3社が向き合う解きがいのあるイシューとは」
(株式会社令和トラベル、株式会社エウレカ、カウシェの合同イベントです。)
https://connpass.com/event/252043/


■シリーズBラウンドの概要

  • 新規投資家
  • Bonds Investment 買いポジションを開く Group
  • SIG Asia Investment, LLLP
  • 三井住友海上キャピタル
  • Sony Innovation Fund
  • モバイル・インターネットキャピタル
  • 電通ベンチャーズ
  • 既存投資家
  • デライト・ベンチャーズ
  • SBIインベストメント
  • グローバル・ブレイン
  • ANRI
  • 千葉道場ファンド


■投資家からのコメント

  • Bonds Investment Group株式会社 パートナー 細野尚孝様
  • 今回リードインベスターとしてカウシェに参画することに、大きく心を躍らせております。弊社は、「スタートアップへの投資活動を通じ、大きな社会課題の解決に挑戦する。大きな事業を生み出し、成長させる。起業家とともに、技術とアイデアと意志をもってより良い未来を創造する。」を理念に投資活動を行なっています。カウシェは、今後成長著しい我が国のEC分野において、ソーシャルコマースというユニークな手法を用い、社会を変革していくスタートアップであり、同分野でリーディングカンパニーになる存在です。この実現に向け、共に挑む所存です。
  • SIG Asia Investment, LLLP Amber Liu様
  • SIGは、投資家という立場でカウシェに参画できることを大変嬉しく思っております。日本のEC業界は大きな可能性を秘めており、この分野からネクストユニコーンが生まれるであろうと考えられている中、ソーシャルECというビジネスモデルを日本市場に持ち込み、EC事業にソーシャル性とエンターテイメント性を付加するカウシェは、まさに”ライジング・スター”です。また私たちは、アーリステージのスタートアップであるにもかかわらず、従来の日本企業よりもはるかに柔軟で積極的な新しい働き方を創造する、若い創業者と経営陣の姿勢にも感銘を受けました。給与や新しいストックオプションの制度等も、メンバーを重要視しているという企業の姿勢が伺えます。私たちは、より多くの優秀な人材がカウシェに参画し、楽しく、お得で、安全なEC体験を通じて、消費者を驚かせていくことを、願っております。
  • 三井住友海上キャピタル株式会社 投資開発マネージャー 細谷裕一様
  • カウシェの提供するシェア買いは、「安い・早い」のみで評価しがちなECサービスにおいて、「だれかと買い物をする楽しさ」という新たな価値を創出しています。リアルな小売店舗にある新たな商品との出会いを提供してくれるシェア買いは、今後のECにおいて新たな潮流になると確信しております。社員に対して革新的な報酬制度も導入されており、ユーザーのみならず働く人に対しても魅力的な職場になっております。今回の投資を通じ、ECサービスを根底から変えようとするカウシェのチャレンジに力添えできることを大変楽しみにしております。
  • ソニーベンチャーズ株式会社 CEO 土川元様
  • カウシェの経験豊富な経営チームが打ち出す「楽しさ」を追求したユニークなサービスは、世界的に発展をとげているソーシャルコマース市場が、日本においても大きく花開くことを予感させます。画期的な顧客体験を提供し、新たな働き方を積極的に導入している当社の一層の成長に期待しています。
  • モバイル・インターネットキャピタル株式会社 シニアインベストメントオフィサー 苗春亭様
  • カウシェはコマース業界に大きな変化をもたらすスタートアップです。幅広いユーザー層から支持を受け、急成長していますが、「カウシェ」の面白さは、ユーザー本人が消費という経済活動へ積極的に参加できるという仕組みです。また、カウシェは、個人の力を最大限に発揮できる職場を目指しており、先端的な人事/組織設計にも取り組んでいます。このような取り組みに私たちは共感し、この度のファイナンスに応じることと致しました。独自性を更に磨き上げ、日本経済に大きなインパクトをもたらすことを期待しつつ、私たちは全力でカウシェを支援する方針です。
  • 電通ベンチャーズ マネージングパートナー 笹本康太郎様
  • 技術の発展や様々なステークホルダー間の関係変化もあり、ECサービスの提供価値やビジネスモデルには、まだまだ非連続な進化の余地がありそうです。また、いくつか想定される進化のドライバーの中でも、カウシェが注力する「楽しい買い物体験」は、とりわけ伸び代があり、また世の中にとっても意義深いチャレンジになりうる領域なのではと感じています。面白いタイミングで最高のチームとご一緒させていただけることを、大変楽しみにしております!
  • 株式会社デライト・ベンチャーズ マネージングパートナー 南場智子様
  • 「シェア買い」という、新たなショッピング体験を提供するカウシェに追加出資させて頂きました。門奈さんを始め、チーム一丸となって「楽しさ」を兼ね備えた購買行動を社会に定着させるべく本気で挑戦しています。働きがいのある会社にすべく、人事制度も拡充しながら、今後組織も大きく強化し成長して行くフェーズです。採用も強化しているので、是非力を貸して下さい。カウシェの挑戦をデライト・ベンチャーズは引き続き全力で応援していきます。
  • SBIインベストメント株式会社 投資部 マネージャー 橋詰潤様
  • 成長著しいカウシェに追加出資させて頂きました。BtoCの国内EC化率はまだ1割以下であり、2割の世界全体(中国は3割)と比較しても大きな伸び代があります。中国のソーシャルコマース拼多多(Pinduoduo)は設立からわずか7年で最もユーザー数が多い(年間8億人が利用する)ECに成長しました。「楽しさ」を実現するソーシャルコマースが日本においても普及すると信じて、カウシェは日々挑戦していますが、地に足がついてオープンに議論がなされるカウシェなら必ず実現できると信じております。引き続き応援して参ります。
  • グローバル・ブレイン株式会社 General Partner 立岡恵介様
  • 前回、前々回の資金調達に続き、今回もグローバル・ブレインから追加出資をさせて頂きました。カウシェは、「シェア買い」というコンセプトに、「楽しさ」をうまく取り入れてGMVを大きく伸ばしてきました。経営陣の事業運営のスピード感、急拡大を支える同社のオペレーション構築力は素晴らしく、近い将来、中国の拼多多(Pinduoduo)のように、日本を代表するECの一つになると確信しています。
  • ​ANRI 代表パートナー 佐俣アンリ様
  • 3回目ですね、カウシェチームにご出資させていただくの。素晴らしい成長率に目が行きがちですが、日を重ねるごとに優秀で前向きな仲間が増えていくことが本当によいなと思っています。創業から、急成長に耐える組織カルチャーを作るお手伝いをさせてもらっていますが、自信を持ってよいカルチャーを持ったチームができてきました。カウシェに興味ある方は複業からでもお待ちしていますよ!
  • 千葉道場ファンド パートナー 石井 貴基 様
  • 買いポジションを開く
  • シードラウンドより応援しているカウシェに追加投資いたしました!リリースより地道にプロダクトを磨き続け、多くのユーザーさまに「お得さ」だけではなく、ご友人や仲間たちとシェア買いをする喜びや楽しさも分かち合える、まったく新しいECプラットフォームに成長してきたと感じています。また、プロダクトだけではなく、組織や人事制度も素晴らしい挑戦を続けており、非常に多様性に富んだチームメンバーが活躍しています。2020年代を代表するメガベンチャーを目指して、「千葉道場」としてこれからもサポートさせていただきます。

■シェア買いアプリ「カウシェ」とは
ショッピングの醍醐味ともいえる「この商品、よくない?」「一緒に買おうよ!」といったコミュニケーションを、オンラインで実現するショッピングアプリです。商品を選び、割引価格での購入を決定後、その情報をSNSでシェアします。友人や家族など、1人以上が同商品の購入を決めると「シェア買い」が成立し、定価の最大70%引き(※)の値段でお得に商品を手に入れることができます。
※:2022年6月15日確認、商品及び時期により割引率は異なります。

【会社概要】
会社名:株式会社カウシェ
事業内容:KAUCHE(カウシェ) の運営
代表者名:門奈剣平
所在地:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目27-5 リンクスクエア新宿16階

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる